searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ちゃるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
【就活中】女子大学院生の備忘録
ブログURL
https://charucha.hatenablog.com/
ブログ紹介文
理系(分子生物学専攻)の女子大学院生の備忘録です。 現在就職活動中で絶賛苦戦中です。笑 就活以外にも恋愛のこと、日常のことを備忘録として記録しているのでぜひ見に来てください*^^*
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/06/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちゃるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちゃるさん
ブログタイトル
【就活中】女子大学院生の備忘録
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
【就活中】女子大学院生の備忘録

ちゃるさんの新着記事

1件〜30件

  • 同棲しないと分からないことってあるよな。

    同棲生活がスタートして一週間が経ち、 彼に対して今まで気付かなかったことがすでに出始めている。 良い面も悪い面も。 付き合ってから2年強経つが、それでも一緒に住まないと分からないことなんて たくさんあるのだなと思い知った。 きっと彼も私に対して、何かしら感じているとは思うけれど。 今日このブログを書こうと思ったのは、 早くもここはなんだかなー、と感じる部分があったからだ。 彼は夜中に友人とゲームをやるということが発覚した。 毎日ではないけれど、この1週間で2回もそんな日があったのだから これまでもかなりの頻度であったのだろうと思う。 夜中にゲームすることは少し気になるけれど (その時間あったら…

  • Cohabit Blue

    引越しの日が近付いている。 荷造りと掃除を少しずつ進めているが、まだ実感が湧かない。 来月もその次の月も、まだこの家で生活しているような気がする。 明日はパートナーが私の家に挨拶にくる。 まだ実感が湧かない。 祖母が寿司を予約しても、リビングがいつもより綺麗になっていても どこか他人事のように感じてしまう。 引越したい気持ちと、まだこのままでいたい気持ちの両方が私を引っ張り合っている。 家に祖母、母、妹、愛犬がいるこの環境から パートナーと一緒に住むことで大変になることは、ほとんど増える一方だ。 金銭的負担はさる事ながら家事や慣れない二人暮らしの負担に、 果たして私がすぐに対応できるのか、大き…

  • ポンコツな同期と性格の悪い私

    会社の同期のポンコツさを見るたびに 私のプレッシャーは気付かないうちにどんどん大きくなっていたらしい。 先週の金曜から、不安が心の中で大きくなっていて、ついに今朝は朝ごはんが喉を通らなかった。 同じ部署の新入社員は私以外に1人だけ。 その男の子が他の人と感覚がズレているのは、同じ新入社員の私からみても明らかだ。 上司が彼をサポートする時間が私より明らかに長く、任される案件も私よりも作業の少ないものが多いように感じる。 それに何度も同じようなことを注意されているように見える。 それがなぜ私のプレッシャーに繋がるのか。 それは私も彼と同じ新入社員だからである。 私は彼をとんでもないポンコツだと思っ…

  • 同棲と家事と通勤時間と生活費

    彼氏と付き合い始めてから2年強が経ち、 彼から同棲の話を持ちかけてくれたのは 今年の5月。 私は大学2年くらいからずっと 母と妹と一緒に祖母の家に住ませてもらっている。 通勤時間は片道1時間20分。 新卒あるあるかもしれないけど、 どこに住んでるの?通勤時間長いね!引越したら?という会話を何度したことか。 確かに通勤時間が長いのは身体的にも精神的にも結構大変だ。 でも、家賃がかからないこと、家事をほとんどしなくていいこと、 帰れば愛犬がいて何かあれば家族とすぐ話せる環境は 片道1時間20分かける価値があると思うのは私だけだろうか。 彼の通勤先はこれまた遠いところにある。 東京までざっと2時間は…

  • 社会人1年目の私だからこそ、できること。

    お久しぶりです。 前回の3/31の投稿から1ヶ月強の時間が経ってしまいました。 4月から東京のとある会社に無事に入社し、 新入社員として頑張っています。 コロナの影響もあり、東京に通ったのは最初の一週間だけで、 それからはずっと在宅勤務です。 実際に会ったことはない人と画面越しに話をするのも慣れてきましたが、 やはり、テレカンでは雑談しにくく、親好を深めるには時間がかかりそうだなと思います。 緊急事態宣言の延長もあり、いつまでこの状態なのか不安ですね。 ところで、 同じ部署の同期に男の子が一人いるのですが、 その子の緊張している感じがまだ抜けず、私まで初々しいな~と思うという謎現象が最近起きて…

  • 家で暇すぎて動画を作ってみた。学生最後の日。

    新型コロナのせいで外出を控えないといけないわけですが、 ここ数日、暇すぎて困っています。 特に今の私は、学生でもなければ社会人でもない、ニートのような存在。退屈です。 そんな中、一昨日、唐突に動画を作ってみようと思い立ちました。 じゃん! www.youtube.com 初心者にしては、割とうまく出来たのでは…! それにしても、なんとも映えない映像は許してください。笑 動画作成に至るまでに私が考えていたことを、この後紹介します。 Peaceful Cuisineみたいな動画を撮りたい 私は毎日寝る前にYoutubeを観ていて、数多くのYoutuberをチャンネル登録していますが、 その中で一番…

  • 「結婚しないなら別れる」

    大学入学後、半年間だけ入っていたサークルの先輩カップルが結婚したらしい。 もう全然関わっていないので、私のことなんてとうに忘れていると思うが、 私の友人たちは何人かそのサークルに3年間所属していたので、話題になっていた。 一応ツイッターで先輩カップルをフォローしていたので、私にも結婚した情報は入ってきていたが、友人たちはサークルの人経由で詳しい情報を持っていた。 先輩カップルの彼女の方は早く結婚したかったらしく、彼氏に「結婚しないなら別れる」と言って、その後結婚したらしい。 私にとって「結婚しないなら別れる」というセリフは、将来言いたくないセリフの一つだ。 理由は二つ。 一つは彼女は結婚したい…

  • 自戒〜senseを磨く〜

    私は何者かになりたい、と思いつつも その思いは所詮、何者かに“なれたらいいな”、程度のものなのではないかと悔しく思う時がある。 何かに取り組んでみても、途中で飽きてしまって別のものをやり出したり、 思い返せば中途半端なことばかりで、私は何かを成し遂げたことがあっただろうか。 唯一私の中で継続していることといえば、ブログを書くことと絵を描くことくらいで、それも週に一回程度のものだ。 気合が足りない。 それに実績もない。 今まで勉強も趣味もやりたい時にやる、で何とかなっていたが世の中は成功するにはそんなに甘くないはずだ。 自分に負荷をかけた方がいい。 まずは4月からの本業を頑張りたい。 そして同時…

  • ブログ名変更と新ブログ開設のご報告

    そろそろ女子大学院生というブランド(?)を使えなくなるということで、ブログ名を変えました。 「何者かになりたい何者でもない私の日記」 5分くらいで考えました。笑 だけど、今とこれからの私を表している気がしていて、当分このブログ名でお世話になります。 元々このブログは中学から続いていた日記の代用だったので、この後も変わらず、 後で読み返して恥ずかしくなるような文章を書いていきたいと思います。(?)笑 そして新しく、知識をまとめた系の記事を更新するためのブログを開設しました。 「charubioのひとりごと」(こちらも5分でブログ名決めました。) charubio.hatenablog.com c…

  • 「忙しい」とか「疲れた」を口癖にしていませんか?

    「忙しい」とか「疲れた」という言葉は誰だって使ったことがあると思う。 でも、それを聞いて気分が良くなったり 「忙しいなんて(あるいは疲れるまで仕事するなんて)すごいな!」と尊敬したりする人はいるのだろうか。 職場の愚痴を言うのも同じことが言える。 愚痴を言う本人は相手に共感してもらうことでイライラをスッキリさせることができるけれど、 愚痴を言われた相手はどう思うだろうか。 私はついつい、疲れたとかイライラした話を親や彼氏に言ってしまうのだが、 反対に親や彼氏の疲れたとかイライラした話を全然聞くことができない人間だ。(ひどいやっちゃ) 毎度話を聞き流しながら私も同じことしてるな、やめなくちゃなと…

  • 修論発表の終わり

    先日、修論発表がついに、終わりました。 まだ実験は残っているけれど、これで一区切り。 3年間使っていたデスクや実験机、相棒のピペットマン、 そしていつも面白い同期や後輩たちとお別れする日がグッと近づいた気がします。 2月いっぱいまでは実験で研究室にいるけど、 3月の上旬はほとんど予定がなく、どうしようか迷っています。 4月から「お金はあるけど時間のない」社会人になるということでたくさん遊びに出かけたいけど、 今は「お金がないけど時間はある」なんだよな〜😇笑 とりあえず、運動はしよう〜っと💪 そろそろブログの名前変えようかな🤔

  • 理由をつけて環境を変えないことが逃げ

    石の上に何年いたって石という言葉が耳に痛い。 慶應の研究室ガイダンスが心に刺さると話題を呼んでいる。 (研究をはじめる前に知っておいて欲しい7つのこと https://togetter.com/li/1460908) 今の研究室に入ってから3年が経とうとしているが、 私は研究成果を形にできていないし、教授のやりたいことを代わりにやるただの兵隊さんになっていた。 実際に教授が兵隊さんになれと何度も私に言ったのを覚えている。 何だそれ、と怒りを覚えつつも抵抗すれば私の人格否定(人の命を救える(?)のになぜ共感しないのだ等)から始まり、機嫌が悪くなって面倒くさいことになった。 それにも関わらず、 私…

  • ダメって言われるとやってみたくなるのはなぜか

    誰しも親や先生、恋人に「〇〇したらダメだよ」「〇〇しないで」などと言われたことがあると思う。 そう言われると逆に〇〇に入る言葉を考えてしまうのは人間の性か。 私はそう言われる度に興味がダメと言われた方に向いてしまうタイプだった。 中学時代タブーのように扱われていた生理や性のことを一生懸命調べてみたり、 キャバ嬢のSNSを見てその生活を想像してみたり、 声をかけてくれた男性について行ってみたくなる。(怖くて一回もついて行ったことないけど) 振り返ってみたら私が興味を示すのは“性”に関わるものだった。 性に興味があるのは良いとして、なぜ私が自分でもダメだと思う方向を正当化して挑戦してみたくなるのか…

  • 修論に追われてます。

    2020年に入ってから修論を書き始め、 1月末(一応)の締め切りに向かって毎日、文章の順番とか地道な実験結果のまとめをやっています。 でも案外こんな風にパソコンに向かって文章を書いてる時間は嫌いじゃなくて、 むしろ実験をしてない方が精神状態が良いという笑 (実験はやる事がいっぱいなので合間を縫って修論を書いています) たぶんそれは実験は研究室のためで、文章を書くのは自分のためだと思っているからなんですけど😇 就職を控えた今、卒業がゴールになると“研究室として”やらなければならないことがどうでもよくなってくる現象に名前をつけたい。(無責任でごめんなさい) とにかく、週に一回は更新したかったブログ…

  • 少しアホな方が人生生きやすい説

    以前同じサークルの同期だっためちゃくちゃ頭の良い男の子がツイッターで 「死にたいけど死ねない」等のツイートを頻繁にしていて心が痛くなる。 きっとこの世界の矛盾や理不尽にとても敏感なのだと思う。 そしてツイッターで多くの人に発信しているのは孤独を感じているからだと予想する。 誰かに自分の存在に気付いてほしい、と訴えているように私には見える。 ただ、ツイッターでつぶやかれたその暗くて重い言葉に返信できる人は少ない。 彼と一緒にサークルで活動していた時は、彼は口達者でサークル内の流行語を次々と生み出し、複雑な問題の解決策もすぐに見つけられる頭が切れる人だった。 ただその反面、頭の切れない人に対する対…

  • 「自分」

    私は基本的に自分に自信がない。 それは以前から分かっていたことで、自信がないからこそ出てくる感情や行動がいくつもある。 例えば、私は大勢の前に立つと萎縮してナヨナヨしてしまう。 ナヨナヨする方が恥ずかしいことは重々承知なのにきちんとできないのは、ありのままの自分が一番恥ずかしいと思うからだ。 そして自分の意見を持っていても簡単に他人の意見に流されてしまう。 自分の意見のどこかに絶対に間違いがあると思うせいで強く主張できず、八方美人になる。 そして、1ヶ月で別れた初めての彼氏は私に蛙化現象が起きたことで振ってしまった。 蛙化現象とは両想いになった途端、相手を気持ち悪い存在に感じてしまう現象のこと…

  • 初めてのデイキャンプ🏕@ウェルキャンプ西丹沢

    結論から言います! ウェルキャンプ西丹沢、リピートしたい!! と、着いた瞬間から思いました!!笑 綺麗な山の景色と近くを流れる川 トイレもきれいで受付と売店も困らず、快適でした! それと特に私の中でポイントが高かったのは、 水道からお湯が出る所🚰!笑 寒い中食器や道具の片付けをする時にお湯で洗えるのがありがたかった😭 季節は秋🍁、ということでどうしても紅葉を観ながらキャンプがしたかった私は 彼に車を運転してもらい、西丹沢に向かったけれど 本当に来てよかったと思いました!(彼は運転ありがとう🙏) そして、実は初めての “デイ” キャンプ🏕 泊まりのキャンプと違って、テントやタープを建てなくても良…

  • 教授と大学院生が恋愛をするとこうなる

    最近私の研究室には教授の愛人がいる。 私と同い年で1つ後輩の女の子。名前を愛人ちゃんと呼ぼう。 特に教授と愛人ちゃんの仲が深まったのは修士2年の私の代が就活に入ってからであった。 私の研究室の学生は男性4人と女性4人。 その内男性1人と女性3人が今年の3月から就活で研究室にほとんど来れなくなった。 つまり、残されたのは愛人ちゃんと男性3人、プラス教授。 愛人ちゃん曰く話し相手が教授しかいなかったようだ。 私たちが就活を終え、研究室に復活した時には教授と愛人ちゃんはお互いタメ口。そして愛人ちゃんが教授の部屋にいる時間が異常な程多くなっていた。 教授と研究のディスカッションがしたくても愛人ちゃんに…

  • 手柄横取り人間vsゆるゆるマイペース人間

    自分が努力して積み上げてきたものを 最後に他の人に取られてしまうことはきっとどこの世界でもある話だと思う。 お腹の底から悔しさと怒りが込み上げる感覚。 そしてなぜそれを許してしまったのか、自分の無力さを痛感する。 私はたぶん、その対象になりやすい。 中学の部活と今の研究室で私はその対象になっている。 そんなことをされても強く主張できない私が悪い。 しかし、毎回私はその瞬間いきなり魂が抜けて俯瞰するように 「え、あの人そんな人間だったの、引く〜」 と冷静に判断してしまう。 なぜなら結局私が悪いのだと知っているからだ。 ゆるゆるとマイペースにやってたらガツガツしてる人に手柄を取られることだってある…

  • 友人関係は自分の鏡 〜友人の結婚披露宴に参加して思ったこと〜

    先日中学生時代の友人の結婚披露宴に出席した。 中学からはずっと会っていないはずなのに呼ばれ、さらに受付まで任されたので最初は驚いた。 友人の披露宴に参加すること自体初めてだし、受付も経験したことはない。 だからこそ、大学の友人や母親にどんな感じか聞いたりネットで調べたりしながら想像を膨らませ準備をしてきた。 しかし、その準備と膨らんだ想像は会場入りして早々に崩れることとなった。 新郎側の受付係から「ご記帳」という単語は一度も聞こえず、「ここに名前と住所書いて〜」という適当っぷり。 さらに一人は途中で煙草を吸いに出て行った。 そして出席者も適当な人が多かった。 ほとんどが袱紗を持たず、カバンから…

  • 私なりの「やりたいことで生きていく」

    最近、私がやりたいことはこれなんじゃないかと思うことがある。 それは高度な知識を使った情報に騙される人を減らすこと。 特に医療や美容で意味のない治療を高額で受けさせられてしまうような人に正しい情報を与えたい。 例えばコラーゲンは肌から入らないし、プラセンタは滅菌の過程でタンパク質が変性しているのに、大金をかけてしまう人。 がんになって藁をも掴む思いで効かない民間療法に時間とお金をかけてしまう人。 特に私の身近にいる人にはこんな風に騙されて欲しくないと思うから、私が知識を持って教えられる人になりたい。 そう考えて今の内定先(メディカルライター)を選んだ。 内定先には医療に関する情報をいくらでも得…

  • バイオ系は苦労する割に就職先は少ない

    バイオ特有もしくは私の大学院特有のことなのかもしれないが、 大学院の同期の過半数は専門と関係のない分野の就職先に就いた。 就職活動も苦労した人が多く、説明会や面接に行った会社の数が40をいく人が多い。 噂によると東大の生物専攻の人でも40社受ける人がいるみたいだ。 幸い私は研究職ではないものの、ある程度専門を活かした就職先を選ぶことができた。 しかし、IT企業やゼネコン、経営や営業になる同期を多く見ていると、私を含めてなぜ修士まで進んだのかよくわからなくなってくる。 特にバイオ系は実験室に行かなければ実験を行うことができないため家で研究を進めることはできないし、 細胞やマウスの世話で土日も大学…

  • すぐ不機嫌になる人が苦手(ただの愚痴ログ)

    タイトルのすぐ不機嫌になる人とは私の研究室の教授のことだ。 ちょっとのミスに付け込んで私を見下すように不機嫌になる。ため息をついて小言を言う。 私はこういうタイプの人間が嫌いだ。 逆に私が能天気なだけかもしれないけれど、今後どうにでもなるような小さなことに対して私は深い興味を抱かない。 誰にでもそういうミスはあるし、怒られるよりも「どんまい!」みたいな軽い気持ちの方が 「次は気をつけよう!」と前向きに思えるものなんじゃないかと思う。 ネチネチ引きずっている方が精神的に悪くなって次のミスを促す。 それに怒られるとミスをしたことに対して思考が停止してしまうことがある。 相手に不機嫌になられるとこっ…

  • 寂しさと欲望と理性

    深夜に彼氏からラインが来た。 「3割の人は不倫するんだって」 ギクリとした。 浮気はしていない、はずだ。 人によって浮気や不倫の定義は違うけれど、 少なくとも私は彼氏以外の人を好きになったり肉体関係をもったりしたことはまだない。 でも、私には浮気や不倫をする人の気持ちを理解できてしまう自分がいる。 自分が浮気をされたら悲しくて彼を恨んでしまうことは容易に想像できるのに、 それと同じくらい容易に浮気をする自分の姿も想像できてしまう。 これまでも彼氏に内緒で男性と数日間に渡るラインの往復やサシ飲みをしてきてしまっている。 この小さな犯行が今後大きくなるのではないかという危うさがある。 寂しさと欲望…

  • ドライブ中の眠気覚ましゲーム【2人以上でできるおすすめ3つ】

    最近彼氏が車を購入してからドライブデートの頻度が高くなりました🚗 私も運転免許を持っているのですが、 何せ彼の車であることもあって私は運転をさせてもらえず、 常に助手席に座っています(ありがたや🙏) デート帰りにお互い疲れた状態でも 彼が運転してくれるのですが、やはりどうしても眠たくなってくるもの。 そこで助手席の出番なのですが、長時間では話のネタも尽きてしまうので、 そんな時に私たちが行なっている眠気覚ましゲームを3つ紹介します!! 1.ローランドの解答当てクイズ No.1ホストで「俺か、俺以外か」などの独特の名言が有名なローランドさん。 そんな彼のツイッターには質問箱が用意されており、 一…

  • 【人生墜落映画 紙の月】お金とは、そして人間とは。

    本日の一本▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 紙の月(2014年公開) ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 主人公の人生が転落していく様子を描いた映画が大好きなので そういった映画を『人生転落映画』と名付けて感想をブログに書いていくことにする。 《あらすじ》 主人公は普通の銀行員として働く妻の梨花。 夫と二人、平凡な生活をしていた梨花だったが夫への不満からある日不倫をしてしまう。 そして不倫相手の借金のために客の預金に手を出したことで歯止めが効かなくなり、客から横領した金で派手な生活をするようになる。 しかしそんな生活も長くは続かず、不倫相手の浮気発覚や多額の横領がバレたことで…

  • ツイッターのフォロワーは増やせばいいってもんじゃないでしょ【自己啓発系アカウントにだまされるな】

    ブログ用にこっそりツイッターのアカウントを作った。 本垢が見る専用になっているのもあり、 ブログ関係なしに思ったことをツイートしている。 本垢でないアカウントがあることは思ったより便利だ。 有名人にリプを送っても友人に見られることはないし、キャンペーンの応募も気兼ねなくできる。 そんな自由なアカウント。フォロワーはまだたったの3人。 一応ブログの宣伝用にと作ったものなのでフォロワーを増やす必要がある。 でもフォロワーの増やし方ってどうするんだ? そう思った私はまずはブロガーっぽい人をフォローしてみた。 フォローする人を探していると世の中にはブロガー(何をブロガーと呼ぶのか…?)が多いものだと感…

  • 【失敗談】脱毛で医療ローンを組んでから後悔し始めた話

    7月の終わりに湘南美容クリニックで全身の医療脱毛の契約をした私ですが、 最近その契約に対して不安を感じるようになってきました。(遅い) 契約時の心境ブログ↓ お金がないけど医療脱毛で全身脱毛に挑戦してみた! - 女子大学院生の備忘録 クーリングオフ期間(契約後8日以内)はとうに過ぎており、1回分の全身脱毛を受け終わっています。 人生初めてのローン。 きっと親にバレたら怒られる。 そんな事も全く考えずに、するすると契約してしまった私が馬鹿なだけなのですが、 今回の件は良い勉強代だと思って毎月支払っていこうと思います。 そして、私みたいな人が少しでも減るように、 今まで私が「ローン」というものに対…

  • 性格ブスを治したい

    私は自分が性格ブスだと思う。 八方美人だし、できるだけ楽に楽しく生きていきたいと思ってしまう。 そして、見た目や学歴、実績でその人に対する態度を変える時がある。 私は社会人になる前に、この性格ブスを治す訓練をしなければならない。 今日は2時間だけの単発バイトに行ってきた。 私より2歳年下の高卒の男の子に指示を受けながらイベント会場の撤収作業。 普段のバイト先にもいる通信制高校の女の子が私よりしっかり仕事しているように、 やはり勉強ができることと仕事ができることは全く違う能力だなと感じる。 私にはまだまだ仕事ができる能力とか対人スキルが身についていない。 駅でバイトの人が集まってから現場に向かう…

  • 人生楽しんだもん勝ち【堀江貴文の言う「バカ」と私の性格】

    簡単には変えられない状況に陥った時、 いい意味でも悪い意味でも考えるのを面倒くさがってしまうのが私の性格だと思う。 例えば手術で輪郭が左右非対称になって滑舌も悪くなってしまった時、 最初はショックを受けたし結構気にしたけど、退院する頃にはどうしようもないからと悩まなくなった。 何食わぬ顔で大学へ行って、通じるように話した。 研究と遊びの予定が被った時は、基本的に先に予定があった方を優先してリスケすることはあまりない。 数ヶ月後の事を考えずに今を積み重ねることしか考えていない。 未来を予想することができないから、所持金の計算や貯金は長く続いた試しがない。 こんな感じで、与えられた環境や機会を「し…

カテゴリー一覧
商用