searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

harunoieさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雲の流れと自然の愉しみ
ブログURL
http://harunoie.livedoor.blog/
ブログ紹介文
天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。
更新頻度(1年)

343回 / 365日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2019/05/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、harunoieさんをフォローしませんか?

ハンドル名
harunoieさん
ブログタイトル
雲の流れと自然の愉しみ
更新頻度
343回 / 365日(平均6.6回/週)
フォロー
雲の流れと自然の愉しみ

harunoieさんの新着記事

2021年05月 (1件〜30件)

  • うっすらサンピラー

    梅雨前線は引き続き南海上に遠ざかっており、本州付近は日本海に中心のある涼しい空気を持った高気圧に覆われている。(日中の空)最高気温は20℃程度で、この時期としては気温は低め。晴れてはいるものの、中上層の雲が多い。遠景の山沿いでは、山頂の上に積雲が連なってい

  • 上空に寒気入り雲多い

    梅雨前線は南海上に遠ざかって、日本海に移動してきた高気圧に覆われている。北日本などでは上空の寒気の影響で雲多い。(水田の朝)田植えから数週間たち、苗も大きくなってきて、水田の水鏡も空を映し辛くなってきた。レンズ状の高積雲がいくつか現れている。寒気の影響で

  • 午前中は雲多いが、午後からはよく晴れてきた

    昨日太平洋岸を進んだ低気圧は、今日は遥か東海上に去った。(朝の空)昨日の昼頃から降り出した雨は、未明までにはほぼ上がった。ただ今日も、午前中は雲が多めの空模様となった。(夕方の日本海)午後からはよく晴れてきた。海辺の風は若干涼しめ。佐渡ヶ島は少し霞んでい

  • 薄雲広がる、皆既月食は・・・

    日本付近では梅雨前線は大きく南に下がっている。しかし東シナ海付近では北に盛り上がって来ており、前線上には低気圧が発生している。(朝の空)昨晩の雨は朝には上がったが、山沿い方面にはまだ発達した積雲が残っている。(昼の空)巻層雲が広がっており、昨日と同様、ハ

  • ハロ(暈)見上げる

    上空に寒気を伴う低気圧が日本海にあり東進している。日中、巻層雲が広がり、ハロ(暈)が見られた。この時期は太陽高度が高いため、ほぼ真上を見上げるような感じ。夜には、日本海の低気圧が接近してきて、強雨・突風の荒れ模様となった。

  • 高層雲広がり朧な空

    南海上の梅雨前線が九州付近で北に盛り上がり、前線上には低気圧がある。東日本の一部を除き、全国的に雲の多い天気となっている。高層雲が広がり朧な空だったが、日中は時折薄日が射し気温は上がった。

  • 美しきレンズ状雲

    上空に寒気を伴う低気圧が北日本をゆっくりと通過。東北地方から北は雲の多い天気となった。朝方まで雨が降り、日中も雲の多い天気となったが、夕方になると青空が見えてきた。日没前の海岸まで散歩する。空にはレンズ状雲がたくさん現れていた。わずかな時間でどんどん姿を

  • 雲多いながら日中は晴れる

    梅雨前線は南下し、本州付近からは離れた。一方、日本海には上空に寒気を伴った低気圧があり、ほぼ停滞している。朝夕は雲が多く俄か雨もあったが、日中は比較的よく晴れた。

  • 朝方は濃霧、白虹も見える

    梅雨前線上の東シナ海に低気圧が発生。九州では前線が北に上がってきて、大雨となっているところがある。昨日の雨が上がり晴れてきたため、朝方は濃い霧が立ち込めた。太陽と正反対の低い空には、白い弧状の雲のようなものが見えている。これは、霧によって生み出された白虹

  • 日本海の沖合方向から雲切れてくる

    引き続き太平洋岸に前線が停滞しているが、昨日よりはやや南下している。九州北部から中国地方、及び北海道北部では晴れているが、それ以外は曇り空となっている。(夕方の空)当地も厚い雲に覆われ、時々雨の降る天気となった。ただ、夕方には日本海の沖合方向から雲が切れ

  • 雲厚く朝夕は雨

    前線は太平洋岸まで南下した。北日本を除き雲に覆われている。当地も厚い雲に覆われ、朝夕は雨の天気となった。

  • 前線に沿って暖湿気流入

    北海道付近に低気圧があり、中心から前線が日本列島に沿うように延び、東シナ海から華南へと続いている。(夕方の空模様)前線に沿って暖湿気が流入。九州や東北地方などでは大雨となったところがあった。当地も南西の風が吹き、湿度の高い空気が入り込んだ。雲が厚く時々雨

  • 本格的な雨のシーズン間近か

    華中から朝鮮半島を横断し日本海へ梅雨前線が延びており、前線上の日本海には低気圧も発生している。当地は朝から厚い雲に覆われ、昼頃からは本格的な雨となった。週間予報でもこの先雨の日が多そうで、北陸地方の梅雨入りも近いかもしれない。

  • 雲やや増えて気温下がる

    昨日と同じような気圧配置だが、東日本では前線が南下して晴れ間が多くなった。当地では昨日よりは雲が多めの天気。気温も下がり暑くはない。夕方になると雲は少なくなり、昨日と同様きれいな夕日が見られる。佐渡ヶ島に落ち行く太陽。

  • よく晴れて夏日となる

    日本の南海上には東西に前線が横たわっている。全国的に雲が多いが、北陸から北の日本海側などではよく晴れている。当地もよく晴れて、最高気温は26℃まで上がり夏日となった。

  • 飛行機雲とハロ

    九州付近を停滞前線が横たわり、前線上には低気圧がある。中部地方以西は雲が広がっているが、東日本や北日本では晴れているところが多い。当地は晴れているが上層には薄い雲があり、飛行機雲が多数現れている。太陽の周りにはハロ(暈)が現れている。ハロと飛行機雲。夕方

  • 水田に映り込む巻雲

    日本海中部に高気圧があり東に進んでいる。全国的に雲が多いが、高気圧の中心に近い北陸地方では晴れている。当地は、ほぼ快晴に近い天気となった。日没寸前の太陽がくっきりと見えている。田植えが終わったばかりで、まだちょろちょろの苗の水田は、水鏡となって空をよく映

  • レンズ状高積雲

    昨日は、日本海北部の低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過した。今日は、西から高気圧に覆われてきて、北日本を除き青空が広がってきた。当地も、昨日までの黄砂飛来によるぼやけた空が、くっきりと晴れ上がってきた。高積雲がところどころにあり、太陽の近くではうっ

  • 曇り空の際

    日本の南海上に前線が停滞している。北日本と九州北部を結ぶ線の南側では曇り空となっている。(夕方の空)日本海側の当地も曇り空に覆われ日照が無かった。ただ、前線による雲域の北限に近く、夕方には北西方向の空は雲が切れてきて夕日が覗いてきた。

  • 青空に巻雲

    南西諸島から関東地方の沖合にかけて前線が停滞している。本州付近は関東地方を除きよく晴れている。晴れて気温が上がった。青空には巻雲が帯のように連なっている。

  • 二王子岳、蒜場山の雪形

    5月の連休中、新発田市付近から間近に望める二王子岳と蒜場山の雪形の状況を観察した。(2021年5月4日 新発田市菅谷から見た 二王子岳北西面)山頂の左下に「七の字」の雪形が見える。(2021年5月4日 新発田市小豆から見た 二王子岳南西面)山容の大きな二王子岳には、非

  • よく晴れて暖かくなる

    本州の南海上の高気圧に覆われ、全国的に気温が上がった。当地もよく晴れて、日中の最高気温は21℃台と昨日よりも6℃以上高くなった。二王子岳などの雪形を見に出かけてきた。山麓は新緑となっているが、標高1000m以上にはまだ残雪が多く見られる。

  • 発達した積雲系の雲多し

    オホーツク海に発達した低気圧があり、東日本から北日本では等圧線が込み合っている。(午後の空)当地では西南西の風が強めに吹き、発達した積雲系の雲が多く見られた。夕方には雲はかなり少なくなってきた。

  • 低気圧通過で荒れ模様

    日本海にあった上空に強い寒気を伴う低気圧が北日本を通過。(朝の海岸)低気圧の通過で朝から西南西の風が強まり、昼前には最大瞬間風速は20m/s近くに達した。午後には風向きは北寄りに変わり、風雨の荒れ模様の天気となった。

  • 晩春から初夏へ (歳時の記 皐月一)

    四月が終わり、暦は晩春から初夏へと移り替わりつつつある。日の出から日の入までの昼間の時間はすっかり長くなり、生活時間的にはもう夏と同じだ。サクラの時期は終わり、今はフジの花が彩を増してきている。近郊の田畑ではトラクターが動き回り、水が張られ出した田

カテゴリー一覧
商用