searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

harunoieさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雲の流れと自然の愉しみ
ブログURL
http://harunoie.livedoor.blog/
ブログ紹介文
天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。
更新頻度(1年)

343回 / 365日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2019/05/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、harunoieさんをフォローしませんか?

ハンドル名
harunoieさん
ブログタイトル
雲の流れと自然の愉しみ
更新頻度
343回 / 365日(平均6.6回/週)
フォロー
雲の流れと自然の愉しみ

harunoieさんの過去記事

1件〜30件

  • 晴れてくるが気温は低め

    梅雨前線は大きく南下し、本州付近は日本海に中心を持つ高気圧に覆われてきた。高気圧の中心に近い当地は、午前中は雲が多かったが、午後からよく晴れてきた。写真は、朝日が当たってきた早朝の枝豆畑。午後の海岸。雲はほとんど無くなった。ただ、高気圧から吹き出す風は冷

  • 高さで異なる雲の流れ

    本州南岸付近に梅雨前線があり、その上を低気圧が四国付近から関東方面へ東進している。日本海側の当地は、雨はほとんど降らなかったが、雲に覆われる一日となった。低気圧の移動に伴い地上付近の風向きが変わるとともに、上空の雲も高度によって異なる動きを見せた。我が家

  • 乱れた雲底

    黄海付近に低気圧が東進し、梅雨前線は九州北部まで北上してきた。朝のうちは、巻積雲や高積雲の下層に小さな層積雲の塊が散らばる程度で、青空が多く見えた。午後になると次第に雲が増え、夕方には雲底がむらむらと乱れた厚い雲に覆われだした。

  • 午後はすっきりと晴れ、鳥海山まで望める

    梅雨前線は大きく南下。東日本は日本海に中心を持つ高気圧に覆われてきた。朝のうちはまだ雲が多かったが、次第に青空が広がってきた。日中はまだ上層の巻雲が多かったが、夕方になるとほとんど雲は無くなってきた。今日も仕事帰りに海に立ち寄る。日本海の高気圧は冷たく乾

  • 上空に寒気入り込む

    梅雨前線は日本の南海上まで南下したが、北日本には上空の寒気に伴った低気圧がある。ここ北陸地方も、上空の寒気の影響で雲が多く、昼頃には俄雨が降った。夕方には、日本海方面から雲が少なくなってきたので、仕事帰りに関屋分水河口近くにある公園に寄ってみた。展望台か

  • 昼頃から雨、雨足強い

    梅雨前線は西から日本海まで北上。前線上に低気圧があり東進している。朝方は、ところどころ層雲が発生し、弥彦山などの山裾が雲に隠された。頭上は高層雲に覆われ日射しが無い。昼頃から雨が降り出し、午後から夜は雨足強く降り続いた。

  • 雲多いが、天気の大きな崩れなし

    梅雨前線は、東日本では太平洋側沿岸付近に停滞。当地は今日も曇り空の一日で、朝のうちは低い千切れ雲が通る時、弱い降雨があった。午後以降は次第に低い雲が取れていき、青空も少しだが見えてきた。夕方には、少しだが日射しも出てきた。しかし、明日は再び梅雨前線が西か

  • 前線やや南下で天気回復傾向

    昨日、日本海まで北上した梅雨前線は、太平洋側沿岸付近までゆっくり南下。当地は、昼頃までは雲の多い天気となったが、雨は降らなかった。鳥屋野潟湖岸から見た昼過ぎの空。右手の日本海方向から青空が広がってきた。

  • 北陸地方も梅雨入り

    梅雨前線は日本海沿岸まで北上、東北南部に懸かってきた。今日は各地で梅雨入りとなり、北陸地方でも梅雨入りが発表された。当地のある北陸東部は、どんよりと雲が厚く湿気の多いじめついた天気となったが、雨が降ったのは僅かな時間で、それほど大きな崩れとはならなかった

  • 梅雨入り前の最後の晴天か

    梅雨前線は、九州・四国付近まで北上してきた。週間予報では、明日以降、ここ北陸地方でも連日雨予想となっている。今日も最高気温が30℃を超え真夏日となる天気だったが、梅雨入り前の最後の晴天だったのかもしれない。

  • 晴天続き気温上がる

    本州は、伊豆諸島の東海上に中心を持つ高気圧に覆われている。九州の南にある梅雨前線が、北に盛り上がってきた。日本海側の当地は今日もよく晴れて、日中の気温は30℃を超えて真夏日となった。夕方の海岸も、空には雲が見られない。暑かったせいで、海岸には人影が多かった

  • よく晴れて、空には飛行機雲

    昨日、日本海にあった高気圧は本州の東海上に移動したが、まだ広く日本付近を覆っている。空はよく晴れて、飛行機雲の人工的な直線だけが目に付いた。我が家の2階から見た日没直前の佐渡ヶ島。この時期、日没時刻は19:00すぎとなり、日の沈む位置もかなり北寄りとなっている

  • 晴れたが気温は低め

    日本海に中心を持つ高気圧が、ゆっくりと南東へ移動している。当地は、よく晴れた一日となった。ただ、海から湿った気流が入り込んだため、朝のうちは海岸部などでは雲が多かった。弥彦山(左)は、頂上部が雲で隠れている。高気圧から吹き出す北風で気温は上がらず、日中の

  • 海岸防風林の植物

    梅雨前線は日本の南海上にある。大陸から高気圧が日本海中部に移動してきた。日の出が早い最近は、土日になると早起きして海岸など家の近くを散策している。我が家から日本海までは1㎞もないが、その間に数百mの幅の海岸防風林がある。クロマツが主体の林だが、江戸時代から

  • 雲多く蒸し暑い

    日本の南海上には梅雨前線が停滞。日本海北部に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が北日本から北陸地方に懸かっており動きが遅い。当地は、朝のうちは晴れたが次第に雲が増えていき、湿度の高い蒸し暑い天気となった。風のシアが大きく、上層と下層とで雲の動きが大きく

  • 佐渡ヶ島に沈む夕日

    引き続き日本の南に梅雨前線が停滞。日本海北部にも前線を伴った低気圧がある。当地は晴れて、最高気温も29.5℃と真夏日直前だった。今日も仕事の帰り、小針浜に立ち寄る。昨日より遅く着いたので、夕日が佐渡ヶ島の山並みに落ちる直前だった。暑かったせいで人影も多い。立

  • 小さな雲塊で出来た薄明光線

    日本の南海上には梅雨前線が東西に長く横たわっており、九州付近では北に盛り上がっている。日本海側の当地は、昼前後曇りがちとなったが、朝夕は上層の雲のみでよく晴れた。夕暮れの時間が遅いこの時期、天気がよい日の職場からの帰路にはよく、小針浜の駐車場に立ち寄り海

  • ポプラの柳絮飛ぶ

    伊豆諸島付近にあった低気圧は東に移動し、梅雨前線は南に下がった。当地は未明に雨が降り、午前中は雲がやや多かったものの、次第に良く晴れてきた。天気が良い日は、昼休みに職場付近を歩き周っているが、今日は、ボタン雪のような綿毛がたくさん飛んでいるのに出会った。

  • 凪いだ海面に空の明るさ映る

    梅雨は全体的に北に上がり、伊豆諸島付近に低気圧が進んできた。日本海側の当地も、厚めの高層雲などに覆われ、一日中ほぼ曇り空となった。気温は26℃台まで上がり、少し蒸し暑い。夕方の海岸は、珍しくほぼ無風。海面は凪いで、空の明るさの濃淡を映し込んでいる。40㎞程沖

  • 初夏の海岸でのんびりと・・・

    梅雨前線は、九州から四国の南で北上しており、その上に低気圧が発生してきた。前線から遠く離れた日本海側の当地では、天気の大きな崩れはなかった。朝から、飛行機雲など上層の雲が出ている程度。日中は巻層雲が広がり、暈(ハロ)が現れた。これは一般的な22°ハロだが、

  • 午後、内陸山沿いで雲発達

    本州付近は高気圧に覆われているが、関東地方の上空には寒気が入り込み、大気が不安定となっている。朝のうちは湿度が高く、弥彦山などの山裾には層雲が張り付いた。日中は海岸部ではよく晴れたが、午後、関東地方との県境の内陸方面で、雲がかなり発達しているのが遠望され

  • ニッコウキスゲ咲き出す

    本州付近は高気圧に覆われ、よく晴れている。当地も一日中よく晴れて、雲の無い夕暮れを迎えた。我が家の庭では、昨年に比べやや遅れてニッコウキスゲが咲き出した。

  • レンズ状の高積雲

    梅雨前線は台湾付近まで南下しており、本州付近は晴天域が広がっている。一日中よく晴れて、日射しが強かった。山沿いでは日射で積雲が湧いているが限定的。夕方、佐渡ヶ島が見える北西の空にレンズ状の高積雲が現れて、太陽の周りに色を付けていた。

  • 雨後の空

    日本付近は気圧の谷となっている。昨晩から朝方は雨となったが、日中は雲が多いながら青空も見られた。下層には、海上から侵入してくる湿った気流に乗ってやってきた、千切れ雲の塊が多くある。午後は再び雨となったが、長くは続かなかった。雨後の夕暮れの空。

  • くっきりとした暈(ハロ)

    北日本に中心のあった高気圧は東海上に去り、日本付近は気圧の谷となっている。上層の雲が多く、太陽はぼんやりとしている。日中は、くっきりとした暈(ハロ)が見られた。午後は、さらに雲が増え厚くなってきた。湿度が高めで蒸し暑く、夜には雨が降り出した。

  • 飛行機雲の影

    北海道付近に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が朝から昼前、北日本を通過した。当地は、未明から朝方雨となった。日中も上層の雲が多く、薄曇りのような感じが続いた。写真は、巻積雲に、さらにその上にできた飛行機雲の影が映り、黒い筋となって見えたもの。日中の気

  • ニセアカシアは盛りを過ぎ、シャリンバイが見頃

    千島の東にある高気圧はゆっくりと東に去り、日本海西部の前線を伴った低気圧が次第に近づいてきた。朝から昼過ぎまでは、ほとんど雲が無くよく晴れ上がった。日中の最高気温は26℃台まで上がった。海岸には、釣りをする人の姿が結構見られた。夕方になると、前線の影響で次

  • 晴れて気温上昇、初夏の福島潟

    日本付近は、千島の東に中心のある高気圧に覆われている。日本海側では、高気圧から吹き出す下層湿気の影響を受けず好天気。当地は、上層の雲がある程度で朝からよく晴れた。早朝、近所を散策。植えられた苗がまだ小さい水田では、風も無く水面が鏡となって周りの景色をよく

  • 香りのよいサンショウの葉

    日本海の低気圧は、弱まりながらゆっくりと北東に進んでいる。北日本から東日本は、千島近海に中心のある高気圧に覆われている。今日は、午前中雲が多く、山裾などでは層雲に覆われた所もあったようだが、昼からは晴れて初夏の青空が広がってきた。気温も21℃台まで上がり、

  • 曇り空の日続く

    日本海中部に低気圧があり、ゆっくりと東北東に動いている。ここ数日、気温が低く愚図ついた天気が続いている。今日も日射しが無く、朝晩は弱い雨が降る天気となった。日中の気温も16℃台止まりで肌寒かった。

カテゴリー一覧
商用