searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

きなこもちさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
猫と子どもと夫と私
ブログURL
https://nekokodo.com
ブログ紹介文
このサイトは、「私」こと「きなこもち」が、家族である猫のキムチや娘、夫との日常を手描きマンガで記したコミックエッセイサイトです。
更新頻度(1年)

117回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2019/05/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、きなこもちさんの読者になりませんか?

ハンドル名
きなこもちさん
ブログタイトル
猫と子どもと夫と私
更新頻度
117回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
猫と子どもと夫と私

きなこもちさんの新着記事

1件〜30件

  • 小さいうちからカメラ目線の子ほんまスゴ

    1歳からの娘の写真があまりにも無いことに気づいた私は、将来娘に怒られるかもしれないと大慌てで今現在の姿を記録に残すことにしました。 目新しいことはなくても、最近の娘はふとした遊び方や動きが面白かったりする…!と、いうことで動画で撮ることにし

  • 本来写真撮るの好きでもないねん…

    1歳4か月頃、ふと娘の写真や動画を見直していた時の事。 生まれてから1歳くらいまで沢山の「初めての○○」シリーズがあり、数えきれないほどのデータがあり微笑ましく見ていたのですが、ふと気づくと1歳に近づくにつれて物が無くなり、何なら1歳1か月

  • 近況報告(強いられているんだ!)

    ちなみに今、世界的にもあまりにこれまでの日常生活と状況が変わりがちな現状を踏まえて近況報告を致しますと、我が家では夫が在宅勤務をするようになり、平日は毎日リモートワークをしております。私達一家や身の周りの人達は変わらず元気にやれています。

  • 天真爛漫ガール

    もしも以前から見て下さっていた方がございましたらだいぶお久しぶりです。いつも娘がお昼寝している間に4コマを描いていたのですが、娘が唐突にお昼寝をしなくなり、1日の中で描くタイミングが掴めなくなったな…と思っていたらコロナだ何だとなり夫が早め

  • 流産手術当日③

    手術が終わると1時間の安静。その間補水のために点滴で補液もします。(術前の注射の時にはもうつけていたかも知れませんが記憶が曖昧) その後看護師さんに声を掛けられ止血のガーゼを抜いて枚数を報告したり術後の注意事項の説明を受けて5階へ。手術を担

  • KLC 流産手術当日②

    似たような処置を受けた事があるとはいえさすがに緊張してきたところ、ついに呼ばれて手術室へ。今回は採卵等とは違って卵子や受精卵に配慮す津必要がないので普通に部屋は明るい状態です。しかしあまりジロジロと部屋の中を見回すのもぶしつけなのでそそくさ

  • KLC 流産手術当日

    KLCでの流産手術当日。8:30に4階の自動受付で受付し、その後内診室へ。まずは前日に前処置で入れたラミナリアをさらに大きいものへと入れ替えます。ここから子宮口が開くのを待ちつつ採卵なんかの人達が終わるまで待つので数時間待ちます。 その後採

  • 経産婦特性:子宮口が柔らかい

    流産手術前日、手術の前処置のためにKLCへと来院しました。あわよくば予約の日までに自然排出されないかなぁなどと思いましたが、そんなは起こらず体調に何の変化もないままその日を迎えました。 この前処置というのは子宮口を拡げるためにラミナリアとい

  • 多分私は人として何か欠けている

    さて、KLCで流産手術をするにあたって2日連続で通院することになりました。(1日目に手術の前処置をして、2日目に手術)ということでKLCに通院する時にお願いしている一時保育に電話してみたら、ちょうどどちらも予約でいっぱいという事に…。とは言

  • 多分想像以上に他院で処置する人が多いんだなぁ…

    前回の心拍再確認から5日後、KLCを再び受診しました。 4階で受付後そのまま4階で待機、その後5階内診室前へ呼ばれました。内診されるも、やはり心拍は確認できず…。稽留流産の診断が下りました。診察室にて医師から説明。 稽留流産という事でこのま

  • あれっ、こういうもんだっけ…!??

    心拍が確認できなかった事を受けて、正直私は大して感慨もなく帰宅しました。 正直最初からHCGの値が悪くてあまり期待できなかったし、心臓が動いていないなら私の中では妊娠が成立すらしていないので、『妊娠しかかったけど染色体異常の受精卵だったから

  • BT32 KLC 心拍確認

    胎嚢確認が済み、その2週間後に心拍確認のために病院に訪れました。この時は採血が無いので4階で受付した後そのままそこで待機。その後5階の内診室前へ呼ばれました。 内診室に入ると、名前などの確認の後に「今日は妊婦健診ですねー。心拍があるかどうか

  • BT18 KLC 再判定日

    前回の判定日から11日後、再判定で病院へ向かいました。4階で受付、10階で採血した後9階で呼ばれるのを待ちました。すると、5階内診室前で待つように表示が…。私はてっきり診察室へ呼ばれると思っていたので、「え、何…怖い…」と思いつつも指示に従

  • 一方その頃娘は

    と、まぁKLCでの判定で 私達夫婦が わちゃわちゃしていた頃、一方で娘はある日「ばあば!」と、義理母さんの事を言えるようになりました。 ただ、言えるのは「これからばあばに電話するよー」なんて言っている時限定で、実際に本人に会うと絶対に言わず

  • これが複雑な乙女心ってやつかな

    KLCでの採決の結果を早速夫に報告すると、「β‐hcg:37.5とは…」と今いちピンときていないご様子の夫。そりゃそうだよねと思い「一応妊娠反応が出ていて、このまま出産まで行く可能性は38%くらいだって」と告げました。 私はてっきり夫がそれ

  • うーん、情緒不安定かな?^^

    診察室で採血の結果を聞いた時には「こらもうあきまへんわ…」と諦めムードだったのですが、診察室を出て会計のために待っていると いや…でも38%ってほとんど40%だし…40%ともなると半分切ってるとはいえまぁまぁ馬鹿に出来ない数字だよね…?これ

  • klc凍結胚盤胞移植判定日

    凍結胚盤胞を移植したら、本来はその7日後に採血して血中β–hcgの値を確認して妊娠の有無を確認します。が、私はこの時どうしても動かせない用事が入っていたので1日ずらして8日後に受診しました。 4階で受付、10階で採血、9階で待つ…といういつ

  • 言葉の学習過程

    ある日娘が唐突に「わー!おいしそー!」と言いだしました。 何故か必ず頭に「わー!」がつくし、一応食べ物に対して言っているのでそれなりに使い方を理解はしているようだけどこれはきっと親の口癖(?)の猿真似なんだろうなーと、小さく成長する娘の姿を

  • KLC 凍結胚盤胞移植日当日(D20)続き

    KLC凍結胚盤胞移植当日の続き。培養士さんからのその日移植する受精卵の説明が終わったらさらに待ち、40分ほどで実際に移植をする階へと呼ばれました。着替えてトイレに行くように指示されたりしているうちに自分の順番に。相変わらず薄暗い部屋にて無事

  • D20KLC凍結胚盤胞移植当日

    生理20日目、ついに凍結胚盤胞を移植する日です。指定された時間に来院し、まずは9階のカウンターで受付します。受付時間よりも前に来院した場合、先にカウンターに着いた人から番号札を取って適当なところで受付が開始され呼ばれるのを待ちます。(受付開

  • 笑ってはいけないKLC

    生理14日目、移植周期の2回目の診察に行きました。4階で受付してすぐさま10階で採血、そして9階で呼ばれるのを待つという定番の流れ。ホルモン値が良くて排卵日がここで確定出来れば私の場合大体ここで移植日が決定します。 しかしそれはそれとして、

  • KLC移植周期初診(D12)

    2019年5月にKLCの移植周期の初診に行ってきました。生理12日目での来院です。(自然移植周期。ホルモン補充などして移植する場合はもっと早くに受診するようです) 採卵周期に採卵・受精させたものを数日培養してすぐに子宮に戻すより、一度胚盤胞

  • 母の愛って偉大だなって

    体操教室で出会ったきちんとした2児のおかあさん。上の子の幼稚園への送り迎えや習い事の合間に下の子の習い事やお世話まで完璧にこなしてお疲れのようでした。 そういうことで、しかも本人が全然習い事の時間にも他の事をやったりして意義が見られなかった

  • 習い事って、費用の事しか考えた事なかった

    娘の体操教室にて。娘がまだろくすっぽ体操教室で指示行動が取れなかった頃、私はしばしば(これやる意味あるんか…?)と腐っていました。 なんと言ってもその体操教室、1歳児向けと言いつつ実際には通っている2歳近い子に合わせた内容を終始行うので、ま

  • 何か知らんが大好きみたいです

    離乳食を子どもに自分で食べさせる時、まあ尋常でなく床を汚すので事前に床に新聞紙やレジャーシートを敷いておくことが定番のポイントだと思われるのですが、我が家でもそれを実行してみたところ…。 猫達が何故か興味津々で飛び掛かり、新聞紙でもレジャー

  • 「話す」の定義とは…(哲学)

    娘が1歳2か月くらいの頃、彼女はまだ「ママ」とか「パパ」とか言いませんでした。早く言わないかなぁ…いつ言うのかなぁ…。とそわそわしつつ待ちながらも、まあまだまだ気長に待たなければかな…と思っていました。 するとある日、唐突に娘が私に向かって

  • ねぇそれ何してんの?見せてみ?何か撮ってるやろ?

    娘の1歳過ぎた辺りからの写真や動画が劇的に少なくなった事に気づき、このままでは未来の娘に合わせる顔がない…と焦り大慌てで娘の姿を記録することにしました。 今の時期なら喃語や幼児らしい動作が可愛いから、それをおさめよう…と、まずは動画を撮り始

  • 撮らなければという使命感がなくなるとこうなる

    久方ぶりに娘の生まれた頃の写真でも見てみるか…。と、携帯に入っている娘の写真や動画を見返して見ました。 これは初めてお座りした時、初めて歩いた時…。他にも何かをやろうとして出来かかって満面の笑みを浮かべるものなど、様々な娘の姿に思わず笑みが

  • 脈々と受け継がれる陰の気

    夫と二人で「おかあさんといっしょ」を観ていて、ふと「『おかあさんといっしょ』に仮に娘が出た場合、皆で踊るパートで一体どう行動するか、という話になりました。 私の見立てでは大体3パターンで、元気に踊る子、踊らないけど皆に混じって好きにする子、

  • 一気に入れ替わりすぎて少し寂しい

    もう去年の話になりますが、2019年3月で『おかあさんといっしょ』の体操のお兄さんお姉さん、『いないいないばぁ!』のゆきちゃん、『みいつけた!』のスイちゃんが卒業し、次の人と入れ替わりましたね。 その時はまだ娘に教育番組を観させ始めてまだそ

カテゴリー一覧
商用