プロフィールPROFILE

犬山市さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
山など
ブログURL
https://inuyamashi.hateblo.jp
ブログ紹介文
登山などの趣味に関する記録です。
更新頻度(1年)

31回 / 210日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/10

読者になる

犬山市さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,362サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 30 0 0 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,951サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,301サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 47,136位 41,935位 36,453位 35,220位 33,850位 32,598位 29,496位 980,362サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 30 0 0 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 791位 689位 581位 565位 545位 507位 445位 11,951サイト
軽登山・トレッキング 60位 56位 41位 39位 38位 35位 27位 658サイト
登山 154位 130位 111位 107位 100位 90位 82位 2,301サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,362サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 30 0 0 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,951サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,301サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、犬山市さんの読者になりませんか?

ハンドル名
犬山市さん
ブログタイトル
山など
更新頻度
31回 / 210日(平均1.0回/週)
読者になる
山など

犬山市さんの新着記事

1件〜30件

  • 大峯奥駈道その6(小笹ノ宿→山上ヶ岳→五番関→大天井ヶ岳→四寸岩山→吉野→千股)

    那智から始まった登山も八日目。大峯奥駈道の最終日である本日は小笹ノ宿を出発して、まずは大峯山寺建つ山上ヶ岳へ。その後は大天井ヶ岳、四寸岩山を経て吉野を目指す……が、途中太腿の痛みに苛まれ吉野に辿り着いたのは夜中。しかも宿の予約は無い。故に奥駈道完歩を果たした後も、野宿場所を求めて更なる北上を試みる事に。

  • 大峯奥駈道その5(弥山→八経ヶ岳→行者還岳→七曜岳→大普賢岳→小笹ノ宿)

    那智からスタートした登山も七日目。本日は、荒天だった前日とは打って変わっての晴天で、八経ヶ岳に再び向かいご来光を見物。その後は行者還岳、七曜岳、大普賢岳と主要なピークを踏みつつ北上し小笹ノ宿にて幕営。この日は終日晴天が続き、歩いてきた釈迦ヶ岳方面の他、大台ケ原もよく見えました。

  • 大峯奥駈道その4(迷平→明星ヶ岳→八経ヶ岳→弥山)

    那智から始まった登山も六日目。前日予想していた通りの荒天により停滞を余儀なくされるが、一日動かないというのも気が滅入るというもの。明星ヶ岳、八経ヶ岳を越えて弥山まで移動してしまおうと重い腰を上げるが、途中カイロで低温火傷したりと散々な目に……抗生物質入り軟膏が役に立ちました。

  • 大峯奥駈道その3(証誠無漏岳→天狗山→大日岳→釈迦ヶ岳→楊枝ヶ宿→迷平)

    那智から歩き始めて五日目のこの日は、証誠無漏岳を出発し、笹原、岩尾根と変化に飛んだ尾根道をひたすら北上していく。天狗山、大日岳、そして巨大な釈迦像聳える釈迦ヶ岳。快晴の天気の下、これらのピークで展望を堪能しながら進むものの、翌日は天気が大きく崩れる予定で……。

  • 大峯奥駈道その2(蜘蛛ノ口→香精山→地蔵岳→笠捨山→行仙岳→持経ノ宿→証誠無漏岳)

    那智から始まった登山も四日目、この日は奥駈道の難所を通過します。蜘蛛ノ口の分岐に張ったテントを撤収し香精山。そこから岩場鎖場の続く地蔵岳を越えて、大峰山脈を一望できる笠捨山に登頂。更に行仙岳、倶利伽羅岳、轉法輪岳と仏教色の強い名のピークを踏みながら持経ノ宿。少し足を伸ばし最終的には証誠無漏岳で幕営しました。

  • 大峯奥駈道その1(七越峰→大黒天神岳→五大尊岳→大森山→玉置山→蜘蛛ノ口)

    那智から始まった登山は三日目に入り、いよいよ踏み入れた長大な大峯奥駈道の縦走路。この日は七越峰を出発し大黒天神岳、五大尊岳、大森山と初日から一筋縄ではいかない山々を越えて玉置山へ。玉置神社の神秘的な雰囲気を満喫しながら、この日は更に進み蜘蛛ノ口の分岐にてテントを張りました。

  • 熊野古道中辺路その2(地蔵茶屋→小口→小雲取越→熊野本宮大社→七越峰)

    大峰奥駈道に熊野古道中辺路を加えた長大な縦走。2日目の本日は地蔵茶屋跡から小口、小雲取越を経て請川に下山し、熊野本宮大社、大斎原を観光した上で七越峰を登頂し、山頂付近の展望台で幕営しました。

  • 熊野古道中辺路その1(那智駅→大門坂→熊野那智大社→那智高原→地蔵茶屋)

    那智駅に降り立ち、いよいよ9日間にも及ぶ長大な登山の始まりです。初日であるこの日は熊野古道中辺路歩き。大門坂を経て、那智の滝や熊野那智大社、青岸渡寺などを観光しました。那智山以降の大雲取越の区間は観光客が少なくなり、一転して静かな山歩きに。

  • 熊野古道中辺路&大峯奥駈道縦走 登山口までの道程(日本酒調達、高田本山専修寺、新宮観光など)

    長い長い登山の前日は、登山口である那智までの長い長い移動です。とは言え、ただの移動ではつまらないので、その過程で津市の寒紅梅酒造、新宮市尾崎酒造にて日本酒の調達。そして高田本山専修寺や熊野速玉大社、新宮城などを観光がてらに見物しました。

  • 【2019年11月】熊野古道中辺路&大峯奥駈道縦走についての記録

    2019年11月、熊野古道中辺路と大峯奥駈道の縦走に出掛けてきました。那智駅より大雲取越、小雲取越を越えてそのまま奥駈道の順峯に突入するという行程。途中停滞したり高取城行きの延長戦が生じたりして、全9日間というロングコースになりました。

  • 【2019年10月】御嶽山登山についての情報と記録

    2019年10月、御嶽山に登山してきましたので、その時の情報を書き記しておきます。コースは黒沢口一合目近くの黒沢里宮から始まり、油木美林、百間滝などを経て登頂。帰路は摩利支天山、継子岳などを経て開田高原方面に下りました。今シーズンは閉山となってしまいましたが、2020年度以降に登る際に参考にして頂ければと思います。

  • 日本酒の適切な保存方法とは? 生酒じゃなくても冷蔵庫に入れるべき理由

    日本酒を買ったのはいいけど、保存はどうする? 常温でいい? 冷蔵庫に入れるべき? いえ、よく分からなかったら冷蔵庫に入れて下さい。この記事ではその理由を解説しています。加えて、冷蔵庫に入らないのにうっかり一升瓶を買ってしまった時の裏技も伝授します。参考にして頂けると幸いです。

  • 初心者向け! 1000種類飲んだ私が伝授する、本当に美味しい、飲みやすい日本酒の選び方

    日本の伝統酒である日本酒。飲んでみたいけど、あまりにも種類が多すぎて何を買ったら良いのか分からない。初心者の方であれば尚更でしょう。そこで今回、これまで1000種類飲んだ私が本当に美味しい、飲みやすい日本酒の選び方を伝授致します。

  • 【お酒】初心者向け! 本当に美味しい、飲みやすい日本酒の選び方

    日本の伝統酒である日本酒。飲んでみたいけど、あまりにも種類が多すぎて何を買ったら良いのか分からない。初心者の方であれば尚更でしょう。そこで今回、これまで1000種類飲んだ私が本当に美味しい、飲みやすい日本酒の選び方を伝授致します。

  • 【登山道具】登山靴のお手入れ方法 (全革、部分革)

    あなたは登山靴のお手入れを適切に行えていますか? この記事では全革(オールレザー)、部分革の登山靴のお手入れ方法を防水加工、色合いの復元、ワックスがけ、消臭の作業を実際に手順を踏みながら紹介しています。是非とも参考にして頂き、あなたの愛用の登山靴を十年選手へと育て上げましょう。

  • 【日帰り登山】編笠山・権現岳(観音平から周回)

    2019年10月、八ヶ岳南端の編笠山と権現岳に家族登山してきました。スタートは観音平からのポピュラーな周回コース。当初は天気も曇りでろくに展望も無いだろうと半ば諦めていましたが、いざ山頂に着いてみれば東西南北あらゆる山々が望める大展望。つい家族を青年小屋に置いて単身、権現岳に足の方にも伸ばしてしまいました。

  • 【散策】中山道・鳥居峠を越える(藪原駅→鳥居峠→奈良井駅)

    前回、御嶽山から下山したものの、継子岳に寄り道するなど行程に変にアレンジを加えてしまった所為で予定していたバスに間に合わなくなり、やむなく麓の駐車場で野宿しました。 野宿に全く抵抗なくなっている辺り本調子に戻れてきているのかな。文明人からは遠ざかってるけど。 inuyamashi.hateblo.jp当然その日のうちには帰れなくなり帰宅は翌日となったのですが、せっかくの遠方の地。色々と動けそうな日中を電車移動に費やすというのもセンスないと思い、付け焼刃的に観光要素を盛り込みました。 それで何を観光するか。そりゃ木曽なんだから中山道の宿場町巡りでしょうと短絡的な思考に帰着。事前に入念な計画を立て…

  • 御嶽山 2日目(百間滝→御嶽山→継子岳→開田登山口→旭ヶ丘バス停)

    御嶽山の最高峰である剣ヶ峰へのアタックとなる、核心部に当たる日です。頂上付近は今も5年前噴火の爪痕が多く残るものの雲ひとつ無い好天。見える山々は無限大。それらを望遠+パノラマ写真で一つ一つ紹介しています。以降は摩利支天山、継子岳と経由していきますが、帰り道に使った開田口登山道が荒れていて…。

  • 御嶽山 1日目(黒沢里宮→油木美林遊歩道→百間滝展望台)

    まず登山口までのアクセスが長々と。実際の歩き始めは黒沢口のほぼ一合目からですが、道中には立ち並ぶ霊神碑などの信仰の山を思わせるような遺構が林立しており、舗装路ながらに楽しめました。山道に入ってからは通行止め疑惑のあった油木美林遊歩道を経て百間滝でビバーク。

  • 【泊まり登山】御嶽山(黒沢里宮→百間滝→御嶽山剣ヶ峰→継子岳→開田登山口→旭ヶ丘)

    前回の大菩薩で思ったよりも調子良く歩けたので、久々にテント泊登山しに御嶽山まで行ってきました。ここ暫くは登山の頻度が低く行っても日帰り程度だったので、重荷持っての登山は去年春の平標仙ノ倉以来。テントや寝袋、ザック等もその間物置の肥やしになってました。 www.yamareco.com暫くテントを担いでおらず体力的に少し不安だったので行き先選定に悩みましたが、小屋も多く閉山前で人が多そうな御嶽山を選択。噴火関連のニュースで目にする機会が多かった上、スキーでもよくこの辺りには来るので、なんか既に登った気になってしまっていましたが…よくよく考えてみれば山頂まで行った事は一度もなかったなと。

  • 御嶽山(黒沢里宮→百間滝→剣ヶ峰→継子岳→開田登山口→旭ヶ丘)

    前回の大菩薩で思ったよりも調子良く歩けたので、久々にテント泊登山しに御嶽山まで行ってきました。ここ暫くは登山の頻度が低く行っても日帰り程度だったので、重荷持っての登山は去年春の平標仙ノ倉以来。テントや寝袋、ザック等もその間物置の肥やしになってました。 www.yamareco.com暫くテントを担いでおらず体力的に少し不安だったので行き先に悩みましたが、小屋も多く閉山前で人が多そうな御嶽山を選択。噴火関連のニュースで目にする機会が多かったので、なんか行った気になってしまっていましたが…よくよく考えてみればまだ行ったことなかったなと。

  • 【散策】沼津周辺をレンタサイクルで周遊

    6月、沼津で入院している親戚の見舞いに行き、そのついでに周辺をレンタサイクル使って散策してきました。 単なる観光に加えてサイクリング、鉄道、アニメ聖地巡り、旧跡城跡巡りと結果的に闇鍋みたいな旅になってしまいましたが、日帰りの割には存外楽しめたので忘れない内に日記として記しておこうと思います。

  • 【散策】沼津周辺をレンタサイクルで周遊

    6月、沼津で入院している親戚の見舞いに行き、そのついでに周辺をレンタサイクル使って散策してきました。 単なる観光に加えてサイクリング、鉄道、アニメ聖地巡り、旧跡城跡巡りと結果的に闇鍋みたいな旅になってしまいましたが、日帰りの割には存外楽しめたので忘れない内に日記として記しておこうと思います。

  • 【日帰り登山】 南大菩薩・小金沢連峰(初狩駅→滝子山→湯ノ沢峠→大菩薩峠→裂石)

    病み上がりの足慣らしに、初狩駅スタートで大菩薩方面の縦走にチャレンジしました。本来であれば大菩薩嶺まで行きたかったのですが、大菩薩峠にてあえなく時間切れとなり下山となりました。無念。 この縦走のチャレンジを試みたのはこれが初めてではなく、これまで3回(途中コース変更は2回)ほど挑戦しています。以下、その時の記録のリンクです。 www.yamareco.co最初のチャレンジは滝子山を目指している途中で雨に降られて早々に断念。標高の低い所では雲が掛かっていなかったので、初狩駅に戻って高川山、九鬼山と明後日の方向に転進しました。乱高下する標高グラフが見どころ。 www.yamareco.coこちらは…

  • 【日帰り登山】 南大菩薩・小金沢連峰(初狩駅→滝子山→湯ノ沢峠→大菩薩峠→裂石)

    病み上がりの足慣らしに、初狩駅スタートで大菩薩方面の縦走にチャレンジしました。本来であれば大菩薩嶺まで行きたかったのですが、大菩薩峠にてあえなく時間切れとなり下山となりました。無念。 この縦走のチャレンジを試みたのはこれが初めてではなく、これまで3回(途中コース変更は2回)ほど挑戦しています。以下、その時の記録のリンクです。 www.yamareco.co最初のチャレンジは滝子山を目指している途中で雨に降られて早々に断念。標高の低い所では雲が掛かっていなかったので、初狩駅に戻って高川山、九鬼山と明後日の方向に転進しました。乱高下する標高グラフが見どころ。 www.yamareco.coこちらは…

  • 【備忘録】はてなブログで画像をクリックした際にオリジナルサイズで表示する、及び画像にリンクを貼る方法

    はてなブログでは通常、画像をクリックすれば拡大表示されます。しかし、画像の長辺が一定以上の大きさのサイズのものはオリジナルサイズよりも縮小されて表示されてしまうようです。 通常、画像クリック時はこのように表示される。拡大も縮小もできず細部がよく見えない。 そうなると一辺が長ければ長いほど小さく表示されてしまいます。当ブログの山行記録ではパノラマ写真を意識的に多く作って載せているのですが、せっかく作ったパノラマ写真も、これではただの細長く小さな写真になってしまいます。 じゃあどうしてそんな事になってしまうのか。デフォで実装されている画像ビューワでは画像の拡大縮小操作ができないんですよね。拡大縮小…

  • 【備忘録】はてなブログで画像をクリックした際にオリジナルサイズで表示する、及び画像にリンクを貼る方法

    当ブログの山行記録ではパノラマ写真を意識的に作って載せています。通常、何もしなくとも画像を選択すると拡大表示されます。しかし、画像の長辺が一定以上の大きさのサイズのものはオリジナルサイズよりも縮小されて表示されてしまうようです。 通常、画像クリック時はこうなる。拡大も縮小もできず細部がよく見えない。

  • 【日帰り登山】乾徳山(徳和から往復)

    乾徳山に家族登山に行ってきました。 乾徳山自体は2014年、2016年とだいたい2~3年周期で訪れています。割とポピュラーな山ですが、山頂付近は岩場鎖場などがあり中々険しいので、シーズン始めに足慣らししたい際には適した山だと思います。 前回、前々回の乾徳山登山の記録はこちら。どっちも似たような時期に登ってますね。 www.yamareco.com www.yamareco.com 普段は長い行程の途中の通過点だったりバスの時間に制約があったりでせかせか登山ですが、今回は家族+親戚の三人でスローペース登山でした。また伯父が車を出してくれるという事で終始時間を気にせず歩けました。

  • 【日帰り】乾徳山(徳和から往復)

    乾徳山に家族登山に行ってきました。 乾徳山自体は2014年、2016年とだいたい2~3年周期で訪れています。割とポピュラーな山ですが、山頂付近は岩場鎖場などがあり中々険しいので、シーズン始めに足慣らししたい際には適した山だと思います。 前回、前々回の乾徳山登山の記録はこちら。どっちも似たような時期に登ってますね。 www.yamareco.com www.yamareco.com 普段は長い行程の途中の通過点だったりバスの時間に制約があったりでせかせか登山ですが、今回は家族+親戚の三人でスローペース登山でした。また伯父が車を出してくれるという事で終始時間を気にせず歩けました。

  • 登山者の視点から見た中央快速線のトイレ設置、及びその背景の解説

    オレンジ帯のJR中央線、ついにトイレ設置へhttps://www.yomiuri.co.jp/economy/20190514-OYT1T50312/ 都心からの電車登山の機会が多い方にとっては朗報なのではないかと思います。 2019年度末より車内トイレの利用が可能となるE233系電車 私としても登山帰り、あったら助かるのに……と思う場面がしばしばありました。というのも、例えば大月から東京方面に直通すると乗り通した場合だと2時間弱かかりますし、新宿まででも1時間半です。登山となると長距離を乗り通す事が多いですし、乗車時間がそもそもとして長いんですよね。それがトイレ無しとなると、事前に済ませてか…

カテゴリー一覧
商用