searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

KOMOMONさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
技術者ワーママ からだの修理日記
ブログURL
https://blog.komomon.com/
ブログ紹介文
技術職のワーママです。初期乳がんが見つかって全摘、再建手術しました。うつになったりもしてますが何とか生きてます。
更新頻度(1年)

51回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/04/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、KOMOMONさんをフォローしませんか?

ハンドル名
KOMOMONさん
ブログタイトル
技術者ワーママ からだの修理日記
更新頻度
51回 / 365日(平均1.0回/週)
フォロー
技術者ワーママ からだの修理日記

KOMOMONさんの新着記事

1件〜30件

  • つくり話 再会⑨

    前回の続きです。 健人はその日から宣言通り優香に貼り付いていた。一軍女子から解放された彼女は元々仲の良かった女子グループに戻り、時々健人もその輪に混ざるようになった。登下校もSPのように彼女に付き添って、朝は家まで迎えに行っていたらしい。週末も家に行く、という申し出は彼女から丁重に断られたそうだ。 一方で彼はシュガーとして彼女とSNSでのメッセージのやり取りを続けていた。 あの一件があった日、彼女の投稿に新しいコメントがついていた。だがそれは好意的ではなく、恐らく「一軍女子」からの攻撃と思われるものだった。「彼を返して」「絶対に許さない」「早く消えろ」といった書き込みがされている。以前とは異な…

  • つくり話 再会⑧

    前回の続きです。 「情報」の授業で使うパソコンには、学校内のネットワークにつながるパソコン同士でメッセージを送れるソフトが入っていた。ただ、授業では使い方の説明はしていない。教えると友達同士で遊ぶので授業にならないからだろう。きっと誰かがソフトを見つけたに違いない。 パソコン部屋と呼ばれている情報教室は放課後も解放されている。たいていパソコン部の連中がダラダラ過ごしているが、特定の時期になると、授業の課題が終わらない学生が青白い顔でパソコンに向かう事もある。そんな事情もあって、彼が部屋に入っても誰も気に留めることはなかった。 彼はペンを床に落として、拾いに行くフリをしながら教壇の脇にあるパソコ…

  • つくり話 再会⑦

    前回の続きです。 優香からの返信は数日間来なかった。確かに知らない相手から中傷されている状態だと好んで見たくはないだろう。 彼女の過去の投稿を読んでみた。女子高生らしいケーキなどのスイーツに混ざって、花や夕焼けなどの景色の写真も投稿されている。そのうちの1つに、夕暮れ薄曇りの雲間から光の筋が差し込んでいる写真があった。その写真には「偶然撮れました、不思議な天気」とコメントが添えてある。 薄明光線と呼ばれるこの現象は『天使の梯子』とも呼ばれている。光の筋を伝って天使が降りてくる様子を例えた表現で、見ると幸せになるとも言われているそうだ。 彼はこの投稿にコメントをつけた。 「『天使の梯子』の写真、…

  • つくり話⑥ 再会

    前回の続きです。 結局次の週、『情報』の授業中に彼は簡単なゲームを作ってUSBメモリに入れていた。パソコンにつないでそのまま遊べるようにしてある。学校のパソコンのセキュリティーが甘くて助かった。 健人と優香は両脇から彼を挟んでコソコソ2人で遊んでいた。当然授業中の課題は彼のを見ているから直ぐに終わる。先生も一応課題を終わらせてはいるので見逃してくれているようだが、時々盛り上がってくると 「コラそこ、調味料コンビ。静かにやれよ。」 と注意されるようになった。サトウとシオで調味料らしい。この呼び方が気に入ったのか注意するのが嬉しそうだ。 「俺はむしろ被害者ですけど…」 と彼が不満そうに呟くと、 「…

  • つくり話 再会⑤

    前回の続きです。 彼と三木優香は高校2年生の同級生だった。特に親しいわけでもなく、仲が悪いわけでもない、お互い名前と顔が一致する程度の関係だった。 それが変わったのは『情報』の授業だ。パソコンを使ったプログラミングを学ぶ、というもので、私立の進学校で独自のカリキュラムとして必須化に先立って取り入れられた。 とはいえ、文系理系問わず全員必須、となると授業内容は初心者向けになる。既にこの時に独学でプログラミングを習得していた彼にとっては退屈な時間でしかなかった。課題がすぐに終わってしまい、暇を持て余した彼は、こっそり授業中にオリジナルのゲームを作って時間を潰していた。パソコンがずらりと並んだ専用教…

  • 一枚は一枚。

    今日は我が子のお話です。 先日骨折した我が子ですが、幸い元気で順調に回復し、1ヶ月弱でギプスも取れました。 (ギプスの話はまた別の機会で) ようやく激しい運動以外は普通に過ごしていい、という事になり、近場の散歩から少しずつ解禁しました。 せっかくなので、歩いていける近所のスーパーにお使いを頼む事に。 料理で使う大葉と、パンをお願いしました。大葉は1束、10枚のもの。野菜売り場のニンニク売ってる近くにあると思うけど、わからなかったら店員さんに聞いてね、とメモを渡しました。残りはお菓子買ってもいいよ、と念のため900円を渡して送り出す事に。 30分後、帰ってきた我が子。 レシート見せてもらったら奇…

  • つくり話 再会④

    前回の続きです。 三木との話を終えて自席に戻った彼は、ノートを取り出して三木との話と優香とのやりとりを整理した。彼女への思いと技術者としての仕事は別の話だ。客観的な事実を書き込んでいく。一通り書き込んだ後、コーヒーを淹れて席に戻り、考える。 最終的には仮想空間でアバターを使って生活する人達の世界を作るということだ。脳波でアバターを動かす事ができるのであれば、例えば現実世界で身体が自由に動かなくても仮想空間では思い通りに身体を動かせるようになる。 経済圏を作るということは、今まで制約があった人達もこの世界で働く可能性が出てくるということだ。もちろん消費する側としても経済活動に参加することができる…

  • 心から反省したこと

    我が子のお話です。 先月からコロナ禍で家の中に飽きてしまった我が子が、自転車で出かけるようになりました。 慎重な性格の我が子は、車にぶつからないような広い歩道のあるルートを通るようにしていたので、GPSを持たせていました。 ルールはきっちり守りたい我が子にとって、一人で近所を自転車で走るだけでも楽しかったようです。自分でコンビニに寄ってお菓子を買って帰ったりもできるようになりました。 在宅で会議がある時には静かにしててと伝えていたのですが、会議のタイミングでお出かけする、と出かけるようになりました。買い物にも慣れてきたようなので、お昼に食べるお弁当とパンを買ってきてとおつかいを頼んだのです。 …

  • つくり話 再会③

    前回の続きです。 ゴーグルの画面が真っ暗になり、メーカーのロゴが映し出されたところでゴーグルを外した。殺風景なスタジオで現実に引き戻される。 複雑そうな表情で三木がこちらを見ている。 奥から李がやってきて、笑顔でゴーグルを引き取った。 「佐藤さん、楽しかった?このスーツ、アクチュエーターが入ってて、ちゃんと感触も再現できるんです、すごいでしょ?ユウカとハグできましたね…三木さん、ユウカはみんなにハグするんだから気にしないで、僕もしたでしょ?」 「でも、佐藤くんは日本でずっと仕事してるし、ほら、家庭もあるし…」 モゴモゴ言っている三木を無視して、 「佐藤さん、奥にいるのでスーツ脱いだら僕に下さい…

  • つくり話 再会②

    前回の続きです。 「三木…?」 彼は優香の方をみて呟くように尋ねた。 「うん。佐藤くん、大人だ。 …やっぱり、佐藤くんがシュガー?」 優香は彼の顔を見ながら言った。 彼女も自分と同じようにどこかからアクセスしてるんだろうか。表情があまり変わらないのと、合成音声のような声が気になっていた。 「うん。もしかしたら余計なことしたんじゃないかとずっと後悔してた。三木に辛い思いさせたんじゃないかって…ごめん。」 優香は首を振ると 「ううん。シュガーは1番の味方だった。本当に嬉しかった。ありがとう。大丈夫。」 少し彼女の身体にノイズが見えた気がした。 「今はお父さんと一緒に仕事してるんでしょ?どんな仕事?…

  • つくり話 再会①

    シュガーの物語の続きのお話です。 三木に促されてスタジオの中に入ると、若い男性が奥から出てきた。 「佐藤さんですね、はじめまして。李といいます。三木さん、準備はできてますよ。今日のアバターは簡易スキャンでいいですか?」 「ああ、それでいいよ。 佐藤さん、李さんはインターンで来てくれてる学生さん。日本語上手だけどアメリカから来てくれてるんだ。」 李はスマートフォンを掲げると、笑顔で 「じゃあ、佐藤さん、アバター作るので顔の画像撮らせて下さい。いい顔して下さい〜」 と彼の顔の前でスマートフォンを動かし始めた。しばらく動かすと、スマートフォンの画面を確認する。画面に軽く触れた後、彼に画面を見せた。 …

  • つくり話 シュガーの物語⑦

    前回⑥の続きです。ちょい長です。 彼はまず、本業で関わっているプロジェクトリーダーに、SNSの監視システムがどうなっているかを確認した。 基本的には、不適切なキーワードを投稿した場合に、その投稿の表示制限をかけたり、悪質な場合には警告した上でアカウントを制限する仕組みはあった。あとはAIが問題となりそうな投稿にアラートを出し、サポートで人が文書を確認するシステムを導入中らしい。やはり、加害者側の制限に限定されていた。 一応被害者側のケアについて意見を聞いてみたが、 「確かにその手のサービスを導入しようとしているサービスは海外でありますよね、ただ、現時点ではプライバシー侵害で問題になったりしてる…

  • つくり話 シュガーの物語⑥

    つくり話⑤の続きです。マニアックな話なので読み飛ばしていただいても…次のお話からちょっと展開が変わってきます。またまた空いてしまいました。。。 自分の席に戻った彼は、背もたれに寄りかかるように座ると天を仰ぎながらため息をついた。 色々考えなければならないが、一番重要なのは三木が何のためにやろうとしているのか、本音を聞かないといけない。表面的に社会貢献や被害者救済といっても、会社の収益にどう繋げようとするのか、収益に繋がらなくても良いのか、だとするとどこを目指せばいいのかが分からない。とはいえ、提案の1つもせずに本音だけ聞き出すのは難しいだろう。 今まで多くのクライアントと仕事をしてきたが、初め…

  • 当たった〜!

    先日、嬉しいことが。 我が子は毎日風呂上がりにアイスを食べるのが日課になっておりまして、 ちょっと前に、スーパーで在庫処分的に売っていたガリガリ君を大量購入し、 ちょこちょこ消費していたのですよ。 そしたら、大人のガリガリ君(みかん)で当たりが出たんです。 我が子はもう一本もらう気満々でしたが、当たったのは 「大人なガリグッズ」 とのこと。 どうやら財布とペンケースらしいので、封筒に当たり棒と名前と住所を書いて送ってみました。 そして先日届きました! 大人です。ブラックです。一見ガリガリ君感ない感じ。作りもちゃんとしてます。赤城乳業さん、ありがとう😊 我が子にはちょっと早い気もしますが、時々学…

  • 新しい家族?

    初売りで安くなっているのを見つけて、思わず買ってしまいました。。。 アレクサです。 Amazon primeに入っているので、これで在宅勤務中に音楽を聴きたいなぁと。スマホのスピーカーでも悪くはないんですけどね、当分家での仕事が続きそうなので。。 よくCMとかですごく便利なイメージはあるのですが、便利にしすぎると我が子がうっかり誰かに電話したり買い物したりしそうなので、最低限の設定だけにしました。 色々遊んでいるのですが、 使ってみて気づいたこと… 結構アレクサ自由人?かも。 話が噛み合わなかったり、 テンポよく会話を続けないとスルーされたり、 色々聞き間違えられたりします。 まぁそれも可愛い…

  • あけましたね!

    2日になってしまいましたが、 あけましておめでとうございます🎍 去年は色々ありましたね。。 私は年末にかけて情緒不安定だったのですが、大掃除で少し落ち着きました。今年はステイホームで少しずつ掃除できたのも良かったです。 年越し前には近所で花火も上がってました。皆さんにおすそ分け。 5分くらいで終わる謎の花火。誰が上げてくれたのか分かりませんが、ありがとう😊 年明けて今年は初のオンライン帰省。 1年ぶりに両親と我が子の(画面越しに)対面でした。運動会の動画を画面共有出来たりして、意外と良かったです。1時間でお互い満足出来るし、親のITスキルにもよりますが、これはこれでアリかも? 今年は皆さんが穏…

  • 拾得物とクリスマス

    子供も冬休みに突入し、無事仕事納め(というより半強制的に有給をとれとのお達しが、)をし、大掃除三昧🧹です。 クリスマスには、ここ数年丸鶏でローストチキン作っているのですが、お腹に詰める野菜を切るのを我が子に手伝ってもらいました。大きくなって、ちゃんと戦力になってくれます。助かる〜。 で、野菜を切りながら我が子が突然、 「あ、ママ!そういえば学校で玉ねぎ拾ったの!体操服のポケットに入れたままだったの忘れてた!」 と叫びました。 学校で?玉ねぎ?体操服? どこから突っ込んでいいのかわからないのですが、とりあえず洗濯カゴに入っている体操服を慌てて確認しました。 すると これ。 いや…確かに玉ねぎっぽ…

  • 久々のお出かけ(検査のついで)

    検査で病院に行ったあとにちょっとお買い物して帰りました。 クリスマス前だと、海外のクリスマスグッズが売ってるお店があったりしますよね。なんだかホッコリします。 スノードームも素敵。 あんまりかさばるとクリスマス終わった後で後悔するので、コンパクトな物を買って帰りました。 キャンドルに火を灯すと、羽根が回って天使が飛びます。ボーッと眺めていると癒されます。 もうすぐクリスマスですねぇ。 クリスマスにも飾ってみようと思います。

  • 久々のお出かけ(検査結果)

    今日も先日の定期検査結果を聞きに病院に行ってきました。 30分ほど待って呼ばれて、診察室入ったら、 「うん、全然問題なかったですよ。血液検査もバッチリ👍」 って言われ、かるーく触診して解放されました。 問題ないのでいいんですけど、これ、電話じゃダメですかね?往復2時間かかるしコロナリスクはお互いあるし。 とちょっと思いつつ、病院を後にしました。 このまま帰るのはなんかもったいないので、またまた近くをぶらついてみました。 いつもの神社とは別の神社を見つけたので、お参りしました。 生まれてはじめての芽の輪くぐり。厄が落ちたらいいな。 そのあと、おみくじも引いたのです。ここ最近仕事が今ひとつだったの…

  • つくり話 シュガーの物語⑤

    ④の続きです。空いてしまいました。。。 採用が決まってから3ヶ月後、彼は三木の会社で働き始めた。 妻は初めこそ戸惑っていたものの、すんなり転職に賛成してくれた。というより、どちらにしても忙しくて家にいないなら、待遇が良くなる方が家計が助かる、という判断のようだ。正直早く帰れるようにはならないだろうから、割り切ってもらえたのはありがたいと思う。 休みは以前より取れそうなので、休日に少しでも家族サービスしないとな、と彼は考えていた。転職してしばらくは時間も取れるだろう。 メインの仕事は、SNSサービスにAIを組み込むプロジェクトだ。ユーザーの好みなどを把握し、興味を持ちそうな製品やサービスの広告を…

  • 久々のお出かけ(検査)

    久しぶりに乳がんの後日談を。 今日は乳がんの検査に行ってきました。 手術した方は問題ないのですが、反対側の発症のリスクがあるため、5年ほどは検査した病院に年1回検査に行きます。 電車で1時間くらいかかるので、正直コロナ禍の今は行きたくないのですが、放っておいて万が一のことを考えると、密を避けて行くしかない…のです。 ただ、電車はそこまで混雑しておらず、病院も今までと比べるとかなり待ち時間は少なくなりました。地方からも通ってる人が多いと聞いた事があるので、もしかすると長距離移動を避けるために地元の病院に移った人もいるのかも。 超音波、マンモグラフィー、血液検査を終え、所要時間が1時間。以前ならあ…

  • いっせーのー!

    我が子から聞いて衝撃を受けたことについてのお話です。 みなさん、小学生くらいの頃、色々な手遊びしませんでしたか? 指相撲とか、アルプス一万尺とか。 学校の休み時間とかに遊んだ覚えがあるんじゃないかと思います。 でね、 みんなで両手を握って差し出して、 「いっせーの!」 で親指を上げて、上がる指の数を当てるゲーム、やりませんでした? あれ、今「指スマ」って呼ぶんですって。知ってたらすみません。 今日、我が子に 「ママ、指スマ学校で流行ってるんだよ〜」 って言われて、夫と二人で 「は?指スマ?なにそれ?」 ってなりまして。 「それってどういう遊び?」 とたずねたところ、 「えっとねぇ、手をグーでこ…

  • 最強の目覚まし

    時々、どうしても眠くてたまらない、でもこれやらなくちゃ、って事がある時、ありますよね。 昨日はそんな日で、洗濯機を回して、洗濯が終わったんだけど、なんだかだるくてちょっと休みたい、でもガッツリ寝ると洗濯物干せないから、1時間位寝たいな〜という気分。 という話を夫にしたら、じゃあ我が子に起こして、と頼めば?と言われました。なので、目覚まし時計のアラームをセットして、これが鳴ったら起こして、とお願いしてお昼寝しました。 我が子はこういう約束は絶対に守ってくれます。ついでに親が昼寝するのはどちらかというと許せないタイプ。 そして1時間後。 ちゃんと「ママ〜、起きて〜」 と起こしに来てくれました。 ま…

  • てんやわんや

    予想外の事が起きると動揺しますね、って話です。 なんだか最近、昔のご縁復活キャンペーンのような不思議現象が続発中です。 以前一緒に仕事していてここ5年くらい連絡を取ってなかった方から突然連絡を頂いたり、同じように数年ぶりに連絡を受けた人から紹介があったり。ついでにオンライン同窓会しましょうみたいな話が出たり。 幸か不幸かコロナもまた増えてきて引きこもり生活なので、積極的にオンラインでお会いしようとしております。 それが何かを呼んだのでしょうか? 今朝、夫が私を起こしにきて一言、 「ねぇ、ショップの商品売れたみたいなんだけど…」 と動揺マックスな感じて伝えてきました。 ?何それ? ってしばらく考…

  • つくり話 シュガーの物語④

    ③の続きです。ちょっとマニアック。 三木と話した後にエージェントが合流して、人事担当者を含めた形式的な面接を済ませ、その場で彼の採用は決まった。通常、エージェントは紹介先の企業の面接には初めから同行するのが一般的だが、三木の希望で後から来てもらったそうだ。恐らくエージェントは自分を探してコンタクトを取るためだけに依頼したのではないかと彼は思った。 採用の決まった彼は、そのまま自宅に帰った。妻もフルタイムで働いており、娘は保育園で預かってもらっている。しばらくは誰も帰ってこないはずだ。 コーヒーを淹れてダイニングに座ると、三木からもらってきた資料に目を通した。パンフレットなどの事業内容や福利厚生…

  • 運動会と耳栓と。

    我が子の運動会のお話です。 今年の運動会は、感染対策で色々学校毎に工夫があるようです。 我が子の通う学校では、時間を短縮して開催、子供1人につき保護者1人しか入れない、という制約が。 個別級の子でも原則同じ、なのですが、イベントが苦手な発達凸凹さんたち、例年は後ろで保護者がベタ付きがデフォルトなのです。でも保護者は児童の席に近づかないで、とのこと。先生が対応します、とお手紙には書かれてました…いや…大丈夫なわけないですよね先生…。 多分ですが、保護者エリアに子供の近い場所に席が来るようにしてくれてて、先生がギブ!ってなったら待機してる保護者にパスする作戦だったんじゃないかと。でも…どう考えても…

  • カマキリさま

    虫が苦手な方、すみません。今日はカマキリの話です。 夫が今朝、すご〜くテンション低めで部屋に入ってきて 庭にカマキリがいる〜 と一言。彼は子供の頃からカマキリが苦手。 見に行ったら、庭の水道の流しにカマキリがいてガン見されました。 全く動かないので ん、生きてる?と見ていたら、 鎌を動かして流しを引っ掻いている。 カリっ、ツツー(すべる鎌) カリっ、ツツー。 … こっちガン見。 もしかして… もしかして、流しから出られなくなってる?? 何となく、 そこのオマエ、助けろ。 って言われている気がしたのですが、 手で持って運ぶのはちょっと怖い。 ということで、近くにあったスコップで上に上がれるように…

  • 天使通り越して教祖。

    久々に我が子のお話を。 発達ゆっくりめとはいえ、小学校も後半になりボチボチ言動が、落ち着いてきました。 会話が成立するようになって、すごくラクになったなぁ、と思うまでに。まだベタベタ甘えられたりしますが、それもいつまでなのか…ちょっと寂しくなったりします。 それはさておき。 義父の耳が聞こえにくくなったらしく、夫に補聴器の購入費用を負担してほしい、と義実家から要請がありました。 義両親も年金暮らしなので、夫もいくらかは出すつもりだったようなのですが、おねだりされたのが100万円(最高級品)。。。 調べたらもうちょっとリーズナブルで品質のいい物もあるようなので、負担するならきちんと調べて本当に必…

  • 職人気質

    今日は夫の話です。 コロナで学校行事が減り、在宅勤務が続いたおかげで、有給が溜まっておりました。 ありがたいことに年休取得を推奨される職場なので、夫と一緒に有給を取ることに。というより夫に取らされました。 なんでも、料理するのに新しい包丁と砥石(包丁を研ぐアレ)が欲しいので都内の専門店に買いに行きたい、とのこと。 ウチには包丁が割と豊富にあります。以前魚屋さんでバイトしていた夫は、魚を捌くのが得意。お刺身の盛り合わせも綺麗に仕上げてくれます。 妻としては魚料理のバリエーションが豊富なのはとても助かるしありがたい、のですが、そこまでしなくても…というのと、一人で行ってくれてもいいのだけれど…と思…

  • つくり話 シュガーの物語③

    ②からの続きです。 「そうか…君たちは聞いていないんだね。」 静かに三木は言うと、目を伏せたまましばらく黙り込んだ。顔を上げると 「すまない、僕は君たちが娘のことをどう聞いていたのか知らないんだ。学校からはどう説明があったのか先に教えてくれるかい?」 と尋ねた。 「僕たちが知っているのは、優香さんが突然高校に来なくなった事だけです。学校からは彼女は休んでいる、としか言われませんでした。噂では登校拒否だとか、自殺したとか色々言われてましたが、僕らが卒業するまで、何も分からないまま…」 「娘は生きている、自殺なんかじゃない。」 彼を真っ直ぐに見つめると、絞り出すように答えた。 「君は心配してくれて…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー