住所
出身
大阪府
ハンドル名
TAKIママさん
ブログタイトル
ハハコグサ ~ふたりが飛び立つその日まで~
ブログURL
https://www.takimama.com/
ブログ紹介文
ドイツ在住 二児の母です。 ドイツと日本を中心とした、子連れでのお出かけ、旅行の記事を書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

47回 / 50日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2019/04/02

TAKIママさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 全参加数
総合ランキング(IN) 22,785位 23,642位 21,553位 21,558位 20,063位 18,654位 18,697位 960,787サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 20 100 0 100 70 90 340 720/週
PVポイント 240 370 860 130 620 180 580 2,980/週
旅行ブログ 1,283位 1,319位 1,191位 1,200位 1,137位 1,063位 1,057位 42,619サイト
子連れ旅行 13位 13位 13位 12位 11位 11位 10位 633サイト
子育てブログ 1,348位 1,378位 1,313位 1,305位 1,276位 1,193位 1,185位 65,147サイト
海外生活ブログ 1,322位 1,376位 1,279位 1,276位 1,223位 1,145位 1,125位 35,233サイト
ドイツ情報 26位 26位 25位 25位 24位 24位 26位 825サイト
今日 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 13,669位 12,270位 11,524位 11,237位 10,512位 8,793位 8,658位 960,787サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 20 100 0 100 70 90 340 720/週
PVポイント 240 370 860 130 620 180 580 2,980/週
旅行ブログ 659位 591位 561位 547位 501位 401位 402位 42,619サイト
子連れ旅行 8位 9位 9位 9位 7位 4位 4位 633サイト
子育てブログ 1,276位 1,157位 1,089位 1,082位 1,013位 856位 850位 65,147サイト
海外生活ブログ 1,137位 1,033位 973位 956位 906位 761位 758位 35,233サイト
ドイツ情報 31位 28位 27位 27位 25位 22位 22位 825サイト
今日 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 全参加数
総合ランキング(PV) 5,990位 5,944位 5,764位 6,044位 5,264位 5,268位 5,249位 960,787サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 20 100 0 100 70 90 340 720/週
PVポイント 240 370 860 130 620 180 580 2,980/週
旅行ブログ 447位 437位 430位 453位 402位 397位 392位 42,619サイト
子連れ旅行 11位 11位 8位 10位 9位 9位 9位 633サイト
子育てブログ 337位 332位 321位 334位 295位 296位 298位 65,147サイト
海外生活ブログ 317位 314位 304位 312位 288位 284位 279位 35,233サイト
ドイツ情報 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 825サイト

TAKIママさんのブログ記事

  • 【断崖絶壁】ヴィアマーラ渓谷【スイス】

    アルプス山脈で北と南が分断されていたはるか昔、人々が馬やラバを引いて通った交易路の一つで、Via malaとはレート・ロマンシュ語で悪路を意味します。 現在、アルプス越えのルートは高速道路とトンネルにとって代わり、ヴィアマーラ渓谷は断崖絶壁の険しさと神秘的なヒンターライン川を楽しむ観光地となっています。 渓谷の下まで階段が設置されてあり、降りて行く事が出来ます(冬季は閉鎖) 321段の階段を降りて行くとすぐ下を流れる川の爆音に包まれ、天を覆うように切り立つ両壁に挟まれて細い空を見上げる形になります。ここを身一つで通った先人達の無謀さや努力に唖然とする。 こんなとこ、どうやって通っていったの。 …

  • 【百の谷】チェントヴァッリは二国をまたぐ。

    イタリア北部、スイス南部にまたがる渓谷はチェントヴァッリ(百の谷)と呼ばれ、山肌に小さな村が張り付くように点在する素朴な風景が見られます。 夏には高級保養地としてヨーロッパ中から観光客を集めるマッジョーレ湖の北西部に位置します。 公共交通機関が通っていないので山間の村を訪れるには、車しか手段がないのですが、それだけに観光地化されていない(むしろ過疎化している)ありのままの人々の暮らしが見えてとても興味深いんです。 といっても、暮らしぶりは建物や庭の様子から窺い知ることは出来るんですが、誰にも会いませんでした。朝早かったからかしら。 どのお家も谷に向かうようにして建てられていて、ここで暮らす人は…

  • 【平家の隠れ里】祖谷渓谷 徳島県

    1184年屋島の戦いで源氏に敗れた平氏一門、幼い安徳天皇が祖母である二位尼に抱かれて、西の海に身を投げたという話は有名で、それが平家の最期であったと語り継がれています ところが海に入水した安徳天皇は影武者で、本物の安徳天皇は平国盛に守護され祖谷の地に隠れ住んだというもう一つの平家物語が伝えられています。 そんな平家伝説の残る祖谷渓谷と大歩危小歩危を最高気温を更新した真夏に訪ねた時のレポートです。 まず、祖谷渓谷 大歩危小歩危って? 読めますか? 私は訪問の日が近くなるギリギリまでなんと読むのか分かりませんでした。 祖谷渓谷はイヤケイコクまたはイヤダニと呼ばれています。大歩危小歩危はオオボケ …

  • 【BIOってナニ?】ドイツのオーガニックスーパー【Alnatura】

    オーガニックが生活に浸透しているドイツで、売り上げも店舗数も右肩上がりに伸びているオーガニックスーパーです。 中型のスーパーマーケットで、生鮮食品から酒類、日用品、化粧品まで何でもあって、オーガニックでここまでの品揃えはさすがオーガニック先進国ドイツだなぁ。と感心します。 自社のPB商品も多くの種類を販売しており、一般の(BIOでない)スーパーにもこのAlnaturaの商品をよく見かけます。 ドイツでオーガニックはBIOと表示され、厳しい認証制度をクリアしたものだけがBIOを表示できます。 ドイツのBIO認証については詳しくまとめられたこちらをどうぞ↓ om-yogaberlin.com 我が…

  • 【コスパよし!】マインツ駅前の便利ホテル【Hotel Königshof】

    マインツ中央駅の前にある、ホテルケーニヒスホフです。 ケーニヒスホフの『ケー』の部分を『ク』の口の形で発音すると伝わりやすいと思います。 長男、次男と3人で一泊し、次の日、マインツから鉄道で出かける予定だったので、とにかく駅に近い所を探しました。 ここは、場所が良く、部屋は清潔で快適、朝食も美味しく、スタッフの対応もいい。その割に良心的な料金で泊まることが出来て、当たり!の宿です。 マインツ中央駅 場所はこうです。マインツ中央駅の前で駅に背を向けて立ちます。 駅から見た駅前の光景。 駅前はバスとトラムの乗り場になっていて、その向こう左側にHotel Königshofが見えます。 赤レンガみた…

  • ヴィースバーデンのアスレチックに挑戦【Kletterwald Neroberg】

    子どもとヴィースバーデンに行って来ました。温泉保養地として発展した街、ヴィースバーデン。美しい街並みと、温泉で有名です。ライン川をはさんでマインツの対岸に位置し、交通の便も良くフランクフルトからも日帰りで行くことが出来ます。 ヴィースバーデン (Wiesbaden) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州の州都である。15の温泉源および鉱泉源を有しており[2]、ヨーロッパで最も古い温泉地の一つである。 ヴィースバーデン - Wikipedia www.wiesbaden.de ヴィースバーデン中央駅 今回はネロベルクに行き先を絞ります。ネロベルグとはドイツ語でネロ山の意味。ヴィースバーデンの市街地から…

  • 【ドイツ鉄道】迷走するDBの悲哀。

    ドイツ鉄道。 Deutsche Bahn(ドイチェ・バーン) 通称 『DB』と呼ばれます。 日本のJRですね。 ドイツに旅行に来たらお世話になる可能性の高いDBですが、JRと同じように考えてはいけません。 まぁ 遅延の多い事! ドイツ人て時間に正確じゃなかったの?? しかも6分以内の遅れなら遅延にはカウントされないそうです。 そんなら乗り換え時間5分のチケット買わせるなよ! 私は通勤でDBを利用したりしているわけではないので、ひと月に一回乗る機会があるかどうかくらいなんですが、最近乗ったDBで全くの時刻表通りに運行された電車は記憶にありません。 DBを使って移動される場合は、なるべく余裕を持っ…

  • 【大事なのは機動性】子連れ小旅行の装備は如何に。

    日本でGWの頃、ドイツでも長男の学校は2週間の休みでした。 ドイツはイースターです。 で、日本では平成が令和に変わる頃に私も子ども2人連れて小旅行に行きました。 前回までに書いたヤツです。 ぶっちゃけると、マインツで前泊しているので全行程は2泊3日でした。 初日は夜まで夫と友人も同行していて、1泊目の夜からはワンオペでしたが、2泊目の夜に友人家族と合流したので、3日目の昼は他に大人が2人いる状況でした。 だから、どこで何するか?という事より、どう動いたら普段の生活リズムと大きくかけ離れずに過ごせるか。という事のほうが気になります。 まぁ、無理でしたけど 調整しきれない。 しかし、9歳長男と4歳…

  • 【子連れコブレンツの一日】Kletterspielplatz Fort Bleidenberg【ライン下り⑥】

    今日は子どもと遊ぶ日。 車で来ていた友人に荷物を預かってもらい、大人3人 子ども5人で出発! ユースホステル前の遊具にハマっていきなり動かない子ども達。 何もなくても似た年頃の子が5人集まれば楽しいもんねぇ。 Deutsches Eck ドイツの角 ユースホステルの前の広場からは対岸のコブレンツの街が良く見えます。 モーゼル川がライン川に流れ込む地点はDeutsches Eckと言ってドイツの角と呼ばれる、コブレンツの名所です。 子ども達もつま先立ちで眺めています。 「昨日、あれくらいの大きい船に乗って、あそこに着いたー」と自慢げな次男。 まぁ まわりは聞いちゃいないけどね。 そのままわちゃわ…

  • 【Koblenz】君は要塞ユースにたどり着けるか。【ライン下り⑤】

    コブレンツに時間通りに到着しました。 雨です。 20時過ぎ、食事は船内で食べたので後は寝るだけ、すぐにでも宿にたどり着きたい所ですが今夜の宿は対岸の山の上にある要塞の一部を利用したユースホステル。 そこに向かうには船着き場からワンブロック歩いた先のケーブルカーに乗っていけば近くまで行けます、しかしこの時間はもう営業が終了しています。 タクシーを拾えるかもしれないと思って、近くの車の多い通りまで出ますがタクシーを捕まえられそうなところは見当たりません。 だよね、ドイツだもんね。 前日にネットで調べてメモっておいたタクシーに電話します。 しかし自分たちが今いる場所を上手く伝えることが出来ません。 …

  • 雨のラインクルーズ ビンゲンからコブレンツへ。【ライン下り④】

    今回の旅のハイライト、ラインクルーズの船が到着! 16時30分 ビンゲン発 20時10分 コブレンツ着 3時間40分の船旅。 長いな。 区間はもともとコブレンツまでと決めていて、時間をどうしようかなーと思っていましたが、早い時間はこの区間の予約が取れなかったので最終のこの時間になりました。 この時期、ドイツは21時くらいまで明るいし、一日をリューデスハイムで過ごすことが出来たので結果この時間にして正解でした。 船内は全て食事の出来るテーブルと椅子のある座席になっていて、席は自由席です。 両サイドが見える船首に近い前方の席か、後方の席が一番いいと思われます。 一番前ではなかったけれど、かなり前の…

  • 【Bingen】ライン川沿いに広がる公園が楽しい!【ライン下り③】

    船の時間が迫ってきました。 線路を越えて船の乗り場に向かう次男、手にはまだアイス。 リューデスハイムから対岸の街ビンゲンに渡る船に乗ります。 今から乗るのはこの船。 「あー!!黄色の傘のついた船だ!!」と子ども達が大興奮。 これいろんな船が行きかう中で、あの傘付きの船に乗りたいって始めから言っていたんだよね。良かったね、希望の船に乗れて。 駆け足で乗り込む私達。大きな船って楽しい! さっそく船上テラスを目指すが、テラスに出たとたん次男 「おしっこ!」 はいはい、Uターンして階下のトイレへ。 身障者用のトイレもある、広くてきれいなトイレでした。 船内全て新しくてきれいだったな。 このリューデスハ…

  • 【Rüdesheim am Rhein】ワイン畑を背負うライン河畔の街【ライン下り②】

    今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 はい、リューデスハイムです。 ライン川に面してかわいらしい街並みとワイン畑が広がり、ラインクルーズの船が多く発着するので、街の規模に対してたくさんの観光客が訪れるようです。 フランクフルトからも近いので、ここをラインクルーズの起点にする人は多いと思います。 この後、対岸のビンゲンに船で渡る予定だったので、船の時刻表確認とチケットを買うために船会社のオフィスを目指します。 観光案内所のすぐ隣にチケットオフィスがあり無事にそこでチケット購入できました。 船は日中一時間毎に出ているようです。 対岸に渡るだけの短距離チケットなので、船に乗る直前に乗り場で購入も…

  • リューデスハイムに到着したら鴨の親子の引っ越しに遭遇した。【ライン下り①】

    今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 ユネスコ世界遺産にも登録されている、ライン川流域のリューデスハイムからコブレンツまで、母子3人で旅して来ました。 ライン渓谷中流上部(ラインけいこくちゅうりゅうじょうぶ、Reine Gorge)は、ドイツの世界遺産の1つ。ラインラント=プファルツ州の都市であるコブレンツとビンゲン・アム・ラインの間のライン川の65キロメートルの渓谷のことを指す。登録範囲は、272.5平方キロメートル及び緩衝地帯は、約346.8平方キロメートルに及ぶ。 ライン渓谷中流上部 Wikipedia まずはフランクフルトから西へ約40キロの街マインツから、リューデスハイムに向かい…

  • ブロガーを疲弊させるグーグルアドセンス

    グーグルアドセンス苦戦中にて、ちょっとブログはお休みします。

  • 【動物が近い!】みさき公園 大阪府泉南

    みさき公園は関空よりも南、大阪府と和歌山県の境付近 岬町にある複合型レジャー施設です。 園内にはイルカショーも行われる水族館、動物園、遊園地、夏季限定のプールなどの施設があります。 当時2歳の次男と、イルカが大好きな友人、名付けてイルカ姫と行った時のレポートです。 www.nankai.co.jp 南海電鉄みさき公園駅と大阪湾の海岸線に挟まれるような丘陵地にあり、園内アップダウンが激しいです。 さらに各施設が広い園内に散らばっていて、ベビーカー押す母ちゃんは大変だよ! ま、次男は興奮していたのか思った以上には歩いてくれましたけどね。 イルカ姫がぎゃーぎゃーうるさいので、まず最初は水族館のある…

  • 【バルト海】ドイツには北部にしか海がありません。

    夏の短いドイツで、日差しが少し強くなってくるとドイツ人家族が大挙して押し寄せるのが、ドイツ北部の海岸線 バルト海です。 日本と比べて真夏でもそんなに暑くはならないので、海に入ってガンガンに泳ぐスタイルではなく ビーチで日光浴、ボートでぷかぷかとのんびり過ごしている人が多い印象です。 小さな子を泳がせられるような遠浅の海岸は少なく、水質も素晴らしくキレイ!という訳ではないのですが、子どもは砂遊びをしたり、打ち寄せる波に少し足をつけてみたり、子どもって、泳ぐより砂遊びの方が実は好き。に一票! って、まだ自力では泳げないですよね大抵は。 キレイな砂浜のまわりには自然公園が整備されているところも多く、…

  • 【イースター】エッグハントに狂喜するドイツの子ども達

    今回はお出かけではなく、ドイツの子ども達にとって楽しみで仕方がない日 イースターについてです。 イースターはドイツ語ではOstern(オースタン)といい、国民的な祝日として学校も仕事も休みになります。 復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Πάσχα、ラテン語: Pascha、フランス語: Pâques、英語: Easter、ドイツ語: Ostern、ロシア語: Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭。 復活祭 - Wikipedia キリスト教の復活祭ですから、キリスト教に所縁の無い私にはほとんど興味なし、…

  • 【ベルギー】裸足で歩くと?【Hoge Kempen National Park - Lieteberg】

    ベルギーは Zutendaal(ズーテンダール)にある一風変わったナショナルパークです。 パーク内にトレイルがあるのですが、これを裸足で歩きましょう。というアクティビティをやっています。 私達が行ったのは2015年春。 まだまだ肌寒い季節で、裸足で長時間外にいるなんて考えられない気候だったのですが、挑戦している人は案外多かったです。 実際歩き始めてみると、足裏が刺激されるのかそんなに足が凍えそうに冷たくなるなんて事は無かった。家でずっと座ってPCに向かってる方が足は冷える。 当時よちよち歩きの次男も一緒に歩きました。 トレイルの距離はけっこうありますが、いろんな地面が出てくるので飽きることなく…

  • 【SIGG】ドイツで買った水筒、あれっと思ったので調べてみた。

    以前に書いた記事で紹介した長男の使っている水筒。 www.takimama.com スイスのSIGGというメーカーのものです。 同じ商品のリンクを記事内に貼ったのだけど、よく読んでみると使われている素材が違うかもしれない。 長男の水筒はステンレス素材なんです。あ 違う! きっとアルミだと思う。アルミ製。 それに対して記事に貼った商品には樹脂製と書いてある。 これです↓ SIGG(シグ) ワイドマウス スポーツ 0.75L ホワイトタッチ 00070058マグボトル 水筒 水筒 樹脂製ボトル アウトドアギア価格:2851円(税込、送料別) (2019/4/18時点) 楽天で購入 樹脂製・・・・じ…

  • 【外で遊ぼう!】私の考える子供服。寒い季節編

    前回に引き続き子どもに着せているものを紹介します。 私達の住んでいるドイツは緯度で見ると北海道くらいに位置し、北国です。 積雪量はそんなに多くないものの、9月末くらいから4月くらいまで天気の悪い日が多く、寒いです。 ですので日本で子育てされている方にはほとんど参考になりません。 あぁ あまり参考にならない子育て記事を次々とアップするというのが当ブログの本領でしたね。そうでした。 私が子供の衣類を選ぶうえで気を付けているのは前回書いた通りです。 www.takimama.com では順番に上からいきます。 帽子 いろんなタイプを持っていますが、最近は手作りすることもあります。 私が使いやすいなと…

  • 【機能性重視】私の考える子供服。暖かい季節編

    今回は普段子どもが身につけている物で、選んで良かったもの、気に入っているもの、私が気を付けている事などを紹介します。 お出かけに限らず、学校や幼稚園に行く時など普段からよく使っている物です。 頂いたお下がりや、リサイクルショップで買ったものが多い我が家ですが、私が、自分で選ぶなら気を付けているのは以下の事。 子どもが自分で脱ぎ着出来るか、しやすいか。 トップスは被りよりも前開きするもので、しかもボタンではないのを選んでいます。 靴は靴紐ではなくテープタイプです。 手入れが楽、もしくは必要の無いもの。 基本的には洗濯機で洗えて、特別なケアをしなくていいもの。こちらの洗濯機はラフなので傷みにくい丈…

  • 【ハイデルベルグ】遊べる動物園 Zoo Heidelberg

    子どもと一日遊べるハイデルベルグの動物園。 トラもゾウもシロクマもいる比較的大きな動物園です。 2018年春に8歳長男、3歳次男と行って来ました。園内に充実した遊具広場があって、赤ちゃんから大人まで楽しめます。 私達は入園してタイミング良くオットセイの餌やりの時間に間に合い、オットセイのユーモラスな動きに癒されました。そして、餌の魚を奪おうと横でじっと機会を伺うサギから目が離せない! 子どもに食べ物を持たせて歩くのも危ないですね、どこから何が狙っているかも分からない。 とか言っておいて、これ実は緊張感のない私がやられました。 ハヤブサかな? いや違うかトンビか? プレッツェル片手にボーっとして…

  • 【大阪の定番】子どもの室内遊び場【ATCあそびマーレ】

    大阪 南港ATCにある室内遊び場です。 対象年齢は12歳まで。 夏は熱中症が心配だし、冬は寒いしで外遊びが出来ない時ってありますよね。 そんな時はこういった室内で子どもが思いっきり遊べる施設はありがたい。 現在拡張されて、4階と5階部分に施設があります。 広いからお友達と誘い合わせて行くのにもいいと思います。 atc-asobimare.jimdo.com 施設内では小さな子どもだけ(たぶん2歳まで)が利用できるコーナーがあって、赤ちゃんを安心して遊ばせることが出来るのもいい。 我が家は次男が小さい時に長男はこのコーナーに入場できなかったから、もう下の子を上に合わせるしかない。なので下は年長の…

  • 【お忘れ物はありませんか?】インスブルックの泊って良かった宿とスワロフスキー。

    インスブルックには長男が生まれてから何年か住んでいたわけですが、転居後もお友達を訪ねて遊びに行ったりした事が何回かあります。 その時に宿泊して良かった宿を紹介します。 aDLERS Hotel Innsbruck インスブルック中央駅から徒歩1分。 近くに大きなショッピングセンターもあり、立地がまず最高です。 比較的新しいホテルなので施設内はキレイでおしゃれ! コネクティングルームも使えるので家族旅行にもいいと思います。 www.booking.com 次男を妊娠中の私と当時3歳の長男とふたりで宿泊しましたが、いい気分転換になり、長男もママと特別にお泊りするという事でいつもよりはしゃいでいまし…

  • 【チロル】アルプスど真ん中【インスブルック】

    インスブルックはオーストリア チロル州の州都で、まわりを山に囲まれており冬にはウィンタースポーツの一大基地となるヨーロッパアルプスの都市です。 長野県松本市大町町とは姉妹都市。 過去に2回冬季オリンピックを開催しているので、インスブルックの人に自分は日本から来た。と言うと年配の方は「サッポロ!」それ以下の年代の方は「ナガノ!」と反応してくれます。 街の南側に立派なスキージャンプ台があり、スキージャンプの主な大会が頻繁に開催されているので日本人ジャンパーも有名です。 「カサイ!」とか「フナーキ!」とか、私よりよく知ってる。 www.innsbruck.info このインスブルックを訪れる観光客は…

  • 【オーストリア】いちご狩りに行こう!【インスブルック】

    みなさんはイチゴ好きですか? 我が家は家族全員イチゴが大好きです。 そんな我が家の長男がまだハイハイの頃によく行ったいちご狩りが出来る農園を紹介します。 場所はオーストリアのインスブルック。 ははは、遠いですね。 まぁ、ヨーロッパでもいちご狩りに行けるよ。と参考程度になれば幸いです。 ドイツでもオーストリアでもいちご狩りが出来る所は各地にあります。 ただ車がないといけない場所が多く、今回のここは車がなくてもバス利用でアクセスできるのでお勧めです。 ドイツやオーストリアでいちご狩りに行きたい場合、宿の人など地元の人に聞くのがコツです。 あと地元産の野菜や果物を扱う市場で聞くとかですかね。 あまり…

  • 【子連れの宿選び】大阪で泊るならこのエリア。

    えっと、私は何を書こうとしていたのでしたっけ? ・・・大阪の宿泊施設について書こうとして梅田で遭難したんでしたね。 大阪駅・梅田のいわゆるキタと呼ばれる地域は宿泊施設も多く、交通アクセスも良く、『どこにしたらええか よー分からんわ』っていう人はとりあえずキタエリアにしとけば間違いないです。 でも書けない、なにせダンジョンだから。 という事で大阪で泊るならどのエリアが便利か?という事を大阪駅 梅田以外で検証します。 その他USJ目的で大阪に行って、USJにしか行かないという方はUSJ付近のホテルに泊まったらいいと思います。 家族で泊るのに評価が高いホテルは軒並みUSJ付近に集中しています。 では…

  • 【梅田ダンジョン】巨大地下迷宮を攻略【できるわけがない】

    梅田情報カメラ 大阪での宿泊施設について書こうと思い、JR大阪駅周辺をウロウロしていたら遭難してしまいました。 リアルでは大丈夫ですよ!私は大阪人です。目瞑ってても歩けます。 しかし、記事にしようとしたら出来ない、ブログ上で道案内するのは無理です。 大阪の中心、旅行者がまず訪れるであろう大阪 梅田について、注意喚起と楽しみ方を紹介します。 まず、なぜ『梅田ダンジョン』と呼ばれるようになったのか。 梅田地下街(うめだちかがい)とは、大阪市北区梅田地区地下を利用した世界有数の都市型迷路である。増改築が繰り返されたことによって極めて複雑な構造となっており、遭難する者が後を絶たない。 https://…

  • 【日本の原風景】世界遺産 白川郷

    2018年 岐阜県の白川村にある白川郷を訪れました。 ユネスコの世界文化遺産に登録されている、『日本昔話』が現実にあるかのような合掌造りと呼ばれる茅葺屋根の家が並ぶ集落です。 集落とは書いたものの、世界遺産登録されている地域は白川郷に限っても上白川郷と下白川郷があり、庄川沿いに広い範囲で合掌造りの集落が点在しています。 全てを歩いて散策すると結構な距離です。 山に囲まれた集落は長閑で広々としており観光客が多くても、子連れで観光しにくいという事はありません。カフェや飲食店もボチボチあります。 現地に行ってしまえば子供ものびのびと散策できると思うので、白川郷にたどり着くまでの交通情報を主に書いてみ…

現在の順位 :22,785
close