プロフィールPROFILE

まゆねーぜさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
抗がんライフー臆病な胆管がん患者の独り言
ブログURL
https://kouganlife.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
胆管がん、ステージ4、リンパ節転移あり。 患者目線で抗がん的な内容を提言、日常、病状、それに心理学。
更新頻度(1年)

57回 / 258日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/04/01

読者になる

まゆねーぜさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(IN) 12,440位 17,142位 19,685位 41,962位 24,726位 16,205位 13,635位 980,638サイト
INポイント 40 20 70 0 0 10 0 140/週
OUTポイント 70 70 150 50 60 80 40 520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 692位 745位 821位 1,037位 858位 751位 718位 13,149サイト
キリスト教 49位 49位 51位 72位 60位 57位 55位 818サイト
病気ブログ 250位 362位 419位 1,195位 541位 330位 262位 21,709サイト
胆管がん 1位 1位 1位 4位 1位 1位 1位 17サイト
がん 27位 32位 33位 52位 36位 31位 30位 958サイト
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,210位 15,243位 14,751位 14,769位 14,294位 13,581位 13,586位 980,638サイト
INポイント 40 20 70 0 0 10 0 140/週
OUTポイント 70 70 150 50 60 80 40 520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 523位 561位 563位 569位 572位 547位 552位 13,149サイト
キリスト教 48位 46位 46位 47位 50位 51位 57位 818サイト
病気ブログ 482位 515位 501位 504位 482位 454位 448位 21,709サイト
胆管がん 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 17サイト
がん 30位 33位 31位 34位 33位 32位 32位 958サイト
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,638サイト
INポイント 40 20 70 0 0 10 0 140/週
OUTポイント 70 70 150 50 60 80 40 520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,149サイト
キリスト教 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 818サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,709サイト
胆管がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 958サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まゆねーぜさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まゆねーぜさん
ブログタイトル
抗がんライフー臆病な胆管がん患者の独り言
更新頻度
57回 / 258日(平均1.5回/週)
読者になる
抗がんライフー臆病な胆管がん患者の独り言

まゆねーぜさんの新着記事

1件〜30件

  • こんな心理支援が欲しいかも ークリスチャンの視点から

    自分が癌患者となってわかったことが、たくさんありますね。今まで知らなかった世界だし、知らなかった視点でありました。私が大きく体験したことは次の4点です。1.癌告知(初期)は大規模災害の性質と似ている点が多い。  その後、日常文脈においても慢性的な展開がある点で異なる。2.年齢を重ねながら死を意識していくゆっくりとした過程が、一気に凝縮した形で強要される。3.癌という病は単純な因果関係では説明が不可...

  • 歯のお手入れは

    抗がん剤の治療中、歯科にクリーニングに行くべきか否か?迷いました。結局、私は、抗がん剤の最中、全く歯科にいきませんでした。もし歯科の治療が必要なら、出血や感染について注意するようにと主治医に言われていましたし、ケモ中は柔らかい歯ブラシに変えなさい、と指導されました。それほど、傷や感染は要注意なんだな、という印象をもちました。まとりあえず、幸いにも「歯科の治療」の必要がなかったのですけども。出血や感...

  • 地味に辛い。

    地味に辛いお話し。ご近所さんは、数ヶ月前にご主人を亡くされた、ご高齢のお独り暮らしの奥さんです。5年前に引っ越して来られて、ここを終の棲家にしよう、と暮らされています。そんなわけで、お独り身となられた彼女に声をかけ、何かあれば力になりますよ、と申しました。ご近所としてのよしみです。徐々に気軽になり、「ストーブを組み立てて欲しい」などと、呼び出されたり、テロ的に訪問されて、ツッコんだ愚痴を聞かされる...

  • 撮っちゃいけない

    最近、病院でよく見かけるのが、「承諾なく写真撮影や録音をしてはいけない」というポスターですね。”患者さんのプライバシーを守るため”と書かれています。確かに、他の患者さんが写ったものが、SNSに挙げられるのは問題です。だから、許可は必要なのかもしれません。ここで、チラリと診察室の医師の姿が思い浮かびました。医師は医師法によって、患者の情報を外に漏らすと刑法に抵触します。「刑法」ですから厳しいですね。それ...

  • ダウンのコートを

    ダウンジャケット、ユニクロで買いました。まぁ、ユニクロはそこそこなので、わりと好きです。去年まで着ていたコートは、胆汁で汚れてしまったんですね。クランクするのにだいぶお時間かかってしまったので、ずっとボトルがポシェットのようについてまわり、それを隠すために、長めのコートを着て歩いていました。世の中「春」だというのに、長めの分厚いコート、という姿でしたね。病院からはボトルを収めるポシェットをもらいま...

  • 意味づける

    抗がん剤治療が終わりました。これで、少し、副作用から開放されるかな、って思ったところ、目の周りの赤みが消えません。1クール目~3クール目あたりは、ゲムシタビンを打つたびに,現れては消えていったものが、だんだんに消えなくなって、そのまま残るようになりました。酒飲んで酔っ払ってるような、なんだか、ゴキゲンな顔つきになってしまった・・。あるいは、猿か。まぁ、メイクで隠せますけどね。私、脂性なんで、夕方に...

  • 腹の上の造り物

    今日は術後のことなど。術後のお腹は嘘のように、いろいろ作りものがこしらえてありました。長いファスナーか?と思われうような、縫い目。そして、左腹からは、3本の管が皮膚の下から出ていて、その先は3つのボトル。その管3本は、皮膚に縫い付けてあるところが3箇所。右脇腹からも管。これは腸瘻。この管も皮膚に縫い付けてあるところが1箇所。長いファスナーに、穴4つに、管の縫い付けが4箇所。お腹はこれだけですけど、...

  • 仲良くなる人

    血液検査の待合室で、二人の高齢の女性が隣り合わせで座っていました。落としたポシェットを片方の女性が拾ってあげたところから、会話が始まりました。その会話は、とってもほっこりとするものでした。お互いに自己紹介をして、仲良くなるんですね。自己紹介ですから、個人情報ですよ。住まいの地域も、年齢も、既往症も、今の癌の様子も、家族構成もみんな聞こえてしまいます。それでも、二人は親しくなり、友人になり、また会う...

  • お手紙

    今日は昔に頂いた手紙類を整理しました。高校のころ、大学のころ、働いていたころ。年賀状やら手紙やら。若い頃ほど、みな筆まめだったかもしれません。もっともラインなどなかったし、スタンプでごまかすこともなかったし、SNSで身分を隠したままコミュニケーションをとることもなかったし。狭いながらも、濃厚で、ガチな自分を背負って、時間をかけ、お互いに真剣にお手紙書いてたな、と思います。若い頃の手紙は、今読むとやっ...

  • 健康診断

    こんなに高度医療の病院にずいぶん通院してるのに、健康診断のがん検診を他の医療機関で受けることを推奨されます。不思議ですね。なんでや?と思います。ハイリスクなんだし、癌治療の一貫として全部みてくれたらいいのに。私の場合、胆管がんに関係する臓器周辺と、転移しやすい肺しか警戒してもらえません。マーカは指標にしかなりませんのに。ちなみに、私は、健康診断をきちんと受けてきました。がん検診は熱心にしてきたので...

  • 術前の人へ

    今日は手術前のことを。手術日か決まると、カウントダウンな感じがします。でも結構、両価的な気持ちでしたね。一刻も早く手術して欲しい気持ちと、手術日が来てほしくない気持ちと・・。さんざん紆余曲折してなかなか手術まで手が届かなかったので、進行性という病を考えると早く手術して欲しいですよ。早くなんとかして!と焦っています。一方、手術そのものへの抵抗感があります。とってもアンビバレントな落ちつかない気分でし...

  • オマエなんか死んだって構わない

    どうしても大切な用事があって夫と二人で出かけたのですけど、帰りが遅くなってしまい、電車はちょっとだけ混雑していました。もちろん、座席はいっぱいで、つり革につかまってる人がちらほら。私はヘルプマークをつけています。帰りはヘトヘトで、座って身体を休めたいところでした。周囲の座ってる乗客の視線を追うと、誰も一度は私のヘルプマークに目がいくんですね。だけど、あわてて視線をそらし、目を閉じる、あるいはスマホ...

  • マインドフルネスのススメ

    マインドフルネス、流行ってますね。ちょっとブームが去りつつありますけども。癌に対するエビデンスはありませんが、不安を低減する、気持ちを落ち着かせる、ストレスを低減する、といった効果があります。うつ的な気分になりやすい癌患者さんにはとてもオススメです。緩和ケアの先生からも勧められましたし。癌治癒の遠因としても、よろしいのかと思います。それに、マインドフルネスをやってる人(成人)は、前頭葉の神経発達が...

  • ニンニクのオリーブオイル漬け

    スーパーに、ご近所の農家さんと契約販売してるコーナーがありまして、ごっそり国産ニンニクが売りに出ていました。まるごと1個のニンニクではなくて、1片ずつより集めのものがネットに入っていました。B級品ですね。で、思わず買っちゃいました。丸ニンニク2個分の国産ニンニクが、1個分のお値段となれば、買いですよ。こんなときは、キラーンと主婦の目が光ますね。それを剥いて、フードプロセッサーにかけてみじん切り。ジ...

  • 共に生きることとは

    体調が悪くても、最近はその行為や予定を止めておく、ということをしません。体調が悪くても、できるだけ先送りしない。お洗濯も、皿洗いも、お掃除もします。大学にも行きます。それは、ヘトヘトになりることもありますね。シンドい~と思うことも。結果、ベッドに臥せってしまうこともありますが、なんとか、なんとか、動くようにしています。こんなふうに暮らしてると、かなり日常が今まで通りです。そうすると、夫なぞは安心し...

  • マージナル化を許さない

    人から大丈夫なのかと関心を持たれ続けることは、どのような病、障害の患者さんにとっても大きな力となります。その力は治癒に結びつきます。ところが、今「関心を持って下さい」となかなか、患者さんは要望することができません。なぜでしょうか・・。それは、日本の社会と担う人々の心理的傾向が大きく関わっていそうです。例えば、私が癌を知らせた時、外交辞令で「応援します。お大事に」的な回答を示した人たちは、回答でなく...

  • またまた、休薬

    またまた休薬です。白血球の数が足りませんでした・・。あー、せっかく病院に行って、血液検査をして、長らく待たされて、ようやく診察室に入ったら、「残念!今日は、ケモはなしね。」と主治医からの一言。私はあまり副作用が強くないらしく、軽微な部類なんだそうです。それでも、休薬。病院って時間がかかりますよね。血液検査をして、お昼を食べて、診察を待って、それだけで、結局、一日つぶれちゃう。までも、最近は、家から...

  • 怒りをコントロールする

    ある契約に疑問が生じて、コールセンターに電話したときのことです。コールセンターの方はとても丁寧でした。そして、契約に応じた窓口の人が、契約点数を稼ぐために、ちょっとした嘘をついたのがわかりました。そんな時、イラっとしますね。でも、クレーマーと思われることを恐れずに、きちんとお話ができてよかったと思います。今回の「怒り」は、コールセンターに電話するまでに、制御されていたので、良かったです。そんなわけ...

  • ほんとにいるんだ!

    今日は入院中のことなど。リハビリの時、だいぶ歩けるようになってきたので、リハビリ室から廊下に出て、長い距離を理学療法士さんと歩くことになりました。独りで廊下を歩くより、おしゃべりできる相手がいるのは嬉しいし、楽しいです。すると、廊下の向こうから、研修中の若い看護師の卵二名を従えた看護師さんがズンズン歩いて来ました。その先頭を歩く看護師さんはアラフォーぐらいかな・・。卵ちゃん達は目を伏せて、いそいそ...

  • ピアス

    社会活動が増えて忙しくなりました。時間が足りません・・ああ、こんなふうに、また生き急ぐのではないぞ、自分!と肝に命じつつ、今日のお題は、ピアスです。社会活動が増えたので、おしゃれに気をかけるようになりました。「おしゃれ」は化粧と同じように、自己実現であり、承認要求を伴った社会所属の方法であります。中には、承認要求が強烈で、奇抜なおしゃれをする方もおられますね。それも、周囲が不快に思わなければヨシで...

  • バイアス

    誰にだってバイアスはあります。それを念頭に・・。先日、義理の母が亡くなりました。様々な既往症がある中、穏やかに長生きしてくれました。もともと医者が大嫌いな人で、既往症について積極的な治療はしませんでした。医師から治療を受けたのは、感染症ぐらいですか・・。あとは食事制限のみ。癌も持ってましたね。ですから、驚くべきことです。。しかしだんだんと食が細くなり、栄養状態が心配され、このままでは半年はもたない...

  • 選挙

    皆様、選挙、行かれましたか?私は、夕方まで体調の悪さで悶々としていて、うっかりしてました。そういえば、今日は選挙カーがなくて静かだわって思って気が付きました。それから、エンヤコラと体を起こして行きましたよ。これが、最後の選挙になったら嫌だな、って思いました。今まで、なんて杜撰に選挙を思ってきたんだろう・・。私の大切な公民権。この世にいる証です。母が亡くなった時、どんどん身分が剥ぎ取られて行くのを見...

  • 口紅を買う

    なんてことでしょう。副作用のために休薬です。やはり、抗がん剤、なめてはいけません。強いですね・・。癌が育つのでは、と心配です。でも、心配を背負ったまま、帰宅するのは嫌ですから、ちょっとお買い物。無印行きました。化粧品売場で、いろいろ試し、結局口紅1本買いました。無印はお手頃な価格ですし。デザインがシンプルなのでわりと好きです。化粧って、実はとっても良い心理効果があるんですよ。「顔」って人間が実際に...

  • 良い徳性の人と交わる

    癌の方のTwitterを見て、気がついたことがあります。特に女性の癌の方に、ご自身のAC(アダルトチルドレン)や類似のことを言及する方が多いかな?と思いました。次に多いのは、近しい人の発達障害(あるいはグレイエリアと思わること)について。ただし、わたしの確証バイアスも手伝っているでしょうし、統計的に調査したわけではありませんから、あくまで日常的な閲覧の感想の域を出ないことを断っておきます。しかし、しかし。...

  • 復学の検討

    復学を検討しております。私の学友たち、ほとんど心理学徒ですが、今単位認定試験勉強の真っ最中です。去年の私は、大学生活も、大学院受験も、もちろん単位認定試験も、今期の科目登録もすべてぶっ飛んでしまって。私だけ命の崖っぷち。LINEやTwitterで、学友たちが勉強の進み具合をボヤいているとか、ゼミの教授に怒っていたり、学友にレポートの助けを求めている姿を見てベッドで泣いていたこともあります。それで、学友たち全...

  • 食生活の変化

    死を担保とされると、ほんとにライフスタイルって変わってきます。「死」ってすごい脅迫的です。そりゃそうです。退院後、変わったことは、2点。食事の内容と、睡眠時間。特に食事は変わったと思いますね。一ヶ月ほど前に食生活を点検して、あれ?がん予防の食事内容と普段の食事とあまり差がないではないか?と、思ったのですが、やっぱり徹底するとだいぶ違うのがわかります。・化学調味料をできるだけ使わない。・完全野菜の日...

  • 弁別の効果

    抗がん剤の副作用について。幸いに、私はそれほど副作用が強くないようです。それでもシンドイ・・。口内炎にならぬように、口を清潔にと指導されましたけども、感染症によって口内炎になるのではなく、内側から炎症がムクムクと発生する感じですね。ムクムクと発生し、チクチクとあちこっち痛いなーと思ったら、ある時なにか急激に消失していく・・そしてまたムクムクと・・の繰り返し。皮膚症状もそんな感じです。手のひらが真っ...

  • 良い心理職に会うために 

    癌で不安を抱えたり、気持ちが沈むことはよくありますね。私なんかもそうです。私の場合、大丈夫!と思ったり、悲しくて絶望したりと、やっぱり波が激しいです。そんな時、心理職に会うと良いかもですよ。今回は、良い心理職に会うためのことを少し・・。(その2、その3と続きそうです?)カウンセラーなのか、セラピストなのか、と言われますが、ぶっちゃけ同じと思ってダイジョブです。私も心理職を目指してた者ですが、大学院...

  • バスタオル

    今日はまた入院中の話など。入院のご経験のある方、シャワーって大変じゃありませんでしたか?時間の余裕がない、資材がないって感じで。私の入院していた病棟では、シャワーは一人あたり30分でした。病棟によって20分というところも。次の人が直前にいなければ20分枠を2コマとれて40分使えるとか、病棟によって文化も違うんですよね。検査入院やら緊急入院であちこちの病棟にお世話になって、病棟ごとのルールの違いを知...

  • 「私的な納得をしたのだ」の巻

    ブツブツと独り言です。ーーーーー癌が治癒した人の本を読んでおります。これを読んで安心したい、ってのが一番ですよね。ところが、その方々のおやりになったこと、プロセスはいろいろで、じゃあ、自分に適用させるには?と思うと、よくわからない、という感じ。そもそも、私の胆管がんの方はおられない・・。たぶん、多くの癌患者さんが、同じように「何をすりゃあいいんだ」と思われるんではないかしら。「何をすれば」は、さて...

カテゴリー一覧
商用