searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

葵さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「私の中でアイツ(毒親)は死にました。」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/watashinonakade
ブログ紹介文
毒親育ちのブログです。毒親育ちが毒親を捨てた(というか、心の中で抹殺)過程を書いていきたいと思います。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/02/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、葵さんの読者になりませんか?

ハンドル名
葵さん
ブログタイトル
「私の中でアイツ(毒親)は死にました。」
更新頻度
集計中
読者になる
「私の中でアイツ(毒親)は死にました。」

葵さんの新着記事

1件〜30件

  • 毒母は学歴史上主義

    毒母は学歴史上主義です。大卒かどうか、一流大学かどうかは気にしていなくて、通っていた高校の偏差値で人を計っていました。人の顔を見て頭が悪そうと平気で陰口を叩いていました。そして、勉強が出来る子は良い子、出来無い子は悪い子と決めつけていました。私は勉強が出来無い方でした。テストの点が悪ければ怒りました。私が中学生の時、テストの点が悪くて怒られました。これ以上怒られるのは嫌なので、「もっと点数が悪い子がいた。」と嘘をついて逃れようとしたら、毒母が怒り狂い、「点数が悪い子の名前は?!今からその子の家に電話して聞いてみるから!」と学校の連絡網と受話器を握り締め、叫びました。毒母の目は狂った人の目付きでかなりヤバかったので正直に答えました。「ごめんなさい、嘘をつきました。」と、慌てて謝りました。嘘をついたことで更に怒られ...毒母は学歴史上主義

  • 毒親のゆがんだ価値観を押し付けられる

    毒親、特に毒母は私の趣味や私のする事は反対をしてきました。私が美容院で髪を切れば「もっと短く切ればいいのに。」と。毒親の価値観はお金を払って切るのならショートカットにするのが普通なのです。ショートカットは寝ぐせが付きやすく、私に似合わないのでショートカットにはしたくないのです。美容院から帰宅した後は毒母の文句が飛んできてイヤでした。私が20代の頃、安室奈美恵のシャギーカットが流行り、私もシャギーにしたら、毒母が「髪がギザギザじゃあ、三つ編みが出来ないじゃないの!」と文句を言われました。三つ編みって(苦笑)。私の髪型で文句を言わないことはなかったと思います。後は、趣味でした。中、高校生の頃、好きなミュージシャンがいたのですが、その人は無名な人でした。無名な人を好きになるなんて、と毒母は否定的でした。毒母の中では有...毒親のゆがんだ価値観を押し付けられる

  • 学生時代は苛めに遭う

    私は小学生の頃、苛めに遭っていました。いじめが辛くて勇気を出して毒親に相談をしたら毒親2人が同時に責めました。「いじめられるお前が悪い!」夜遅いのに「今から(いじめっ子に家に行って)やり返しに行け!」と本気で家を追い出されそうに。「勉強が出来ないのが悪い!」「気が弱いからだ!」など、毒親二人の口撃は止まりませんでした。学校ではいじめで居場所が無く、家でも居場所が無く、私の中で足元から崩れ落ちそうな、ほぼ死を宣告されたようなものでした。とても辛かった。私には味方がいない。何か悩みが出来ても親に相談をしないと決めました。それは今もです。困った事があれば私の中で抱え込みました。私が外で悩みを打ち明ければ誰かから否定されるんじゃないかと思ったからです。辛く悩んでいる時に悩みや辛さを否定されるのは辛いし何の解決にもなりま...学生時代は苛めに遭う

  • 毒親あるある「夫婦仲が悪い」

    ウチの毒親は仲が悪い。言い合いや怒鳴りあいはよくありました。毒父、毒母ともにお互いの悪口を私によく言っていました。「ああいう所はお父さんそっくり。」等毒父の悪い所は私に似ていると何度も聞かされました。毒父は毒母の容姿に内面の悪口が中心。毒父は誰かを見下さないと生きていけない異常者。特に私がターゲットにされました。「お前は弱い。」「お前みたいに精神的に弱い人間は早死にする。」「将来は、ホームレスになる。」と言うのが口癖でした。子供の頃は毒親が絶対的な人だったので、私に対する否定的な言葉は間違っていないと1ミリも疑いませんでした。人格否定をされる度に不安になり、悲しくなり、泣いて目を腫らすこともありました。毒父は自分の弱さを認められず、自分が弱いのも会社で底辺な苛立ちを私にぶつけていたのかもしれません。大人なのです...毒親あるある「夫婦仲が悪い」

  • 毒親は私の自尊心を奪う悪魔

    子供の頃から私は毒親から私に対して否定的な言葉ばかり浴びせてきました。私と姉や周りの同級生たちと比べ、私がいかに劣っているか言っていました。そして、私の欠点ばかり言っていました。「勉強が出来ない。」「運動が出来ない。」「オドオドしている。」「何をやってもダメ。」褒められたことはありません。私はなんてダメな人間なんだろうと、全身に叩き込まれ、教え込まれ自信が無い人間になってしまったのです。なので、学生時代はイジメに遭っていました。私が何を話しても話に共感することは一度もありません。むしろ否定語で返してくるので話しても面白くなく、話さないでいると、話さない事で怒られる。口にしなくても、態度で私を見下し、否定的に見ているのをひしひしと感じていました。それは、毒姉もでした。毒親はしている事をそのまま受け継いでいるんです...毒親は私の自尊心を奪う悪魔

  • 夫と息子がインフルエンザに。

    私は今は結婚して夫と息子と幸せに過ごしています。最近、夫と息子がインフルエンザになり、私も感染してしまいました。息子→夫→私、と感染。毒実家住まいの時は、私が風邪を引いて誰かが風邪を引くと「お前が移した!」「心が弱い」健康管理がなってない!」と、なじられるのですが、(そういう毒家族も病気になるのに人の事は言えない)私はインフルの感染元の息子や夫には1ミリもなじる気はありません。夫や息子は悪くないですからね。むしろ、インフルになって辛かっただろうな、など心配の気持ちばかりでした。夫や息子と過ごしていると、ふとした事で毒実家での出来事を思い出してしまうのです。これからも、この日記で書いていくかもしれません。夫と息子がインフルエンザに。

  • 毒親の子も毒

    うちには姉がいるのですが、(姉なんて呼びたくないんですが)姉は毒親の影響で毒姉です。髪を引っ張ったり、イライラすると私に八つ当たり、毒父が私を殴るのでそれを真似て毒姉も殴るのです。私が何かして殴るのではなく、突然、不意打ちで殴るのです。毒母は私の欠点ばかり挙げ、なじるので毒姉も真似ていました。私が風邪を引けば大丈夫の一言は無く、むしろ批判されます。「移すな!」毒姉が風邪を引くと「お前が移した!」「お前が悪い!」と、なじられます。私が風邪で移されたとしても、感染のコントロールは誰にも完璧に出来ない。風邪の人を責めるのは間違いだと今は思います。当時は機能不全毒親家庭で毒親らの洗脳で何が正しくて何が間違っているのか分かりませんでした。毒姉はしたたかな一面があり、外ではいい顔をしているので友人が多く、多分家での素顔を知...毒親の子も毒

  • よく家を追い出された私。

    現代では、しつけや罰でも子供を外に追い出すのは虐待になり、誰かが通報すれば、子供は児相に一時預かりになります。私が子供だった頃、30数年前はどうだったか知らないですが。私は子供の頃、家から追い出される事がありました。学校の成績が悪いから、親の言うことを聞かないから等。外に追い出せば成績が上がると思っているのでしょうか?罰を与えれば親の言うことを聞くようになると思っているのでしょうか?ウチの毒親、頭が悪すぎ。子供にとって追い出されるのは死そのもの。家に入れてもらう為には大泣きして叫んで親を根負けさせることに必死。反省なんてしていられません。毒親は近所の目を気にするのでご近所迷惑になるくらい、自宅玄関の前で大泣きして叫べば入れてくれます。何度追い出されても反省もしませんでした。心の傷が深くなり、毒親への信頼が無くな...よく家を追い出された私。

  • やはり、運転がヘタな人の運転だと酔う

    社会人の時、同期でオオシマさんという人がいた。休みの日に同期の子達とドライブしようとなり、オオシマさんの運転で遊びにいくことに。なんと、オオシマさんの運転が荒かった。私が社会人になりたての頃は後ろの席の人のシートベルト着用は義務では無かったのですが、オオシマさんの運転が怖くてシートベルトを付けたら「俺の運転が信用出来ないのか?」と、キレた。オオシマさんは入社当初は爽やか好青年だった。少しづつ本性を現し、キレやすい人だと発覚。同期同士でトラブルを起こしていた。キレて暴言や暴力が絶えなかった。地方出身や高卒の人を見下す発言もしていた。私には時々見下すような冷ややかな目で見る、無視をする等、周りには見えにくい態度で意地悪をしていた。ただし、上司や先輩社員には爽やか好青年を演じているので彼らには本性を出すことはなかった...やはり、運転がヘタな人の運転だと酔う

  • 車に酔うのは毒父が運転がヘタだからと分かった。

    社会人になってから、仕事で車に乗せてもらうことがあった。本社に行くので上司と乗ることに。私は酔うので、気分が悪くなったらすみませんと伝えておきました。上司は嫌な顔一つせず、窓を開けてもいいですよと言ってくれた。イザ車に乗せて貰ったら、全然酔わない!上手な運転なら酔わない人だったんだ。上司はブレーキのかけ方が穏やかだし、道路が混んでいても全くイライラしていないから乗っている私はストレスにならない。ちゃんと他の車に道を譲っている。運転中のヒヤリ運転は無い。ああ、これが普通の運転なんだな、と知りました。車に酔うのは毒父が運転がヘタだからと分かった。

  • 家族でのお出かけは楽しくない。

    家族でのお出掛けは楽しくなかった。車で出かける事が多かった。車は大嫌いだった。渋滞に遭えば毒父は直ぐにイライラ。私に八つ当たり。(姉や毒母に当たらない)渋滞に遭えばクラクションを何度も鳴らす。(クラクション鳴らしても渋滞は解消しないのに)他のドライバーを怒鳴り散らす。「バカ。」「早く行け。」とか。右折レーンで追い越しをする。他の車には絶対に道を譲らない。これで、ゴールド免許なのはビックリ。毒父は仕事で運転をしている割に運転がヘタなので毒父の運転は酔う。ブレーキを踏むタイミングを取るのがヘタで急ブレーキが多いからだ。姉は毒母は酔わない。私が酔うと毒両親は「車に酔うのは気が弱いからだ。」「また酔ったのか(呆れ)。」と、辛辣な言葉を投げたり、バカにした目で見る。「大丈夫?」「どこかで休む?」なんて優しい声かけは無い。...家族でのお出かけは楽しくない。

カテゴリー一覧
商用