searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

FOLLOWSHOTさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
動画法
ブログURL
https://followshot.info/
ブログ紹介文
動画制作・ビデオ撮影に役立つ知識や使えるテクニックについて書いていきたいと思います。
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、FOLLOWSHOTさんの読者になりませんか?

ハンドル名
FOLLOWSHOTさん
ブログタイトル
動画法
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
動画法

FOLLOWSHOTさんの新着記事

1件〜30件

  • やはりおかしい大河ドラマ「麒麟がくる」

    撮影はコストとの闘いですから、そのために現場に応じた撮影方法を撮るのは当然のことです。しかし、それが画面のクオリティに影響するとなると話は別です。日本のドラマを代表する大河ドラマとなれば尚更そうだと思うのですが、いかがでしょうか。

  • 思考の三分法│世界観・ストーリー・ドラマ

    映画作品は「世界観・ストーリー・ドラマ」この3つの要素で成立しています。この「三分法」は、他のコンテンツやサービスなどビジネス全般に広く当てはめることができる、非常に優れた「思考のモノサシ」だと私は思っています。回は映画『TENET テネット』予告編を足がかりに、「世界観・ストーリー・ドラマ」とは何か考えます。

  • 大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影で納得がいかない点

    大河ドラマ「麒麟がくる」の第一回放送を見て、その画面(撮影)に疑問を持ちました。公式YouTube動画の画面を引用して具体的に述べます。

  • 動画マーケティングの基本戦略

    マーケティングのための動画を企画するにあたって、テーマの次に考えるべきことは、動画の表現の型と制作方法、この2つです。この2つは、いわば「戦略」ですから、複雑に考えては意味がありません。まずはできる限り単純に考える必要があります。

  • プロカメラマンの資格とは何か?

    誰もがプロ並みに撮影できるカメラを手にできるようになっった現在、カメラマンとはただ「写す人」をさす言葉になりつつあります。そんないま、プロカメラマンを名乗る資格があるとしたら、それは何でしょうか?

  • 動画編集のやり方に悩む初心者への13のアドバイス

    私たちは動画を見るとき、無意識にではありますが、カットの切り替えに必然性を求めています。だから意味が感じられないカットつなぎには違和感を感じるのです。サイズやアングルが違えば「視点の切り替え」のためだと納得できます。

  • 商品動画の正しい作り方

    商品をプロモーションするには、どんな動画を作ればいいのでしょうか? その方程式を解くと、大事なのは商品よりも人であるという逆説的な解が導かれます。だとすると、CMのようにプロを出演者に起用することが商品動画のいちばんのポイントとなるのでしょうか?

  • 業者を比較する方法│映像制作・動画制作・ビデオ撮影

    今回は宣伝エントリです。映像制作業者として私どものような「ワンオペ型」プロダクションを選んでいただくメリットをご説明いたします。御社で動画制作をお考えの際の一助となれば幸いです。

  • インタビュー編集での3つのポイント

    インタビュー動画制作では、何種類ものカットを撮るようなことはまずありません。したがって、編集にはそれほどテクニックを要さないイメージがあります。しかし、実際はそういう姿勢ではよいインタビュー動画は作れません。今回はインタビュー編集でのポイントを考えます。

  • インタビュー撮影での目線について

    インタビュイー(インタビューされる人)の目線は、インタビューシーンの印象を大きく左右します。今回は、目線による印象の違いと、現場でどうやって目線を作るかについて考えます。

  • インタビュー撮影での目線について

    インタビュイー(インタビューされる人)の目線は、インタビューシーンの印象を大きく左右します。今回は、目線による印象の違いと、現場でどうやって目線を作るかについて考えます。

  • 役者の演技に学ぶ会話術

    仕事における会話は演技の一種です。演技のプロといえば役者ですから、役者のよい演技を分析すれば、仕事の会話術に役立つはずです。結論からいうと、演技とは視線・しぐさ・セリフ、この3つの総称であり、会話でもそれらを意識するだけで格段に「話せる」ようになります。

  • デジタルネイティブに死を

    デジタルネイティブというのは、生まれたときからIT環境下にある若い世代を指す言葉ですが、私は非常に問題のある言葉だと思っています。なぜなら、その字面が若者はITスキルが高いという幻想を振りまくからです。

  • カット割りの基本とは何か│動画批評(1)

    そもそも、カット割りは絶対にしなければならないものではありません。カット割りをする必要がなければ、ワンカットで見せればいいのです。では、カット割りが必要なのはどんな場合でしょうか。

  • 面白い会社案内ビデオの作り方

    面白い会社案内ビデオを作るための大切なポイントは何でしょうか? 私は情報の見える化に尽きると思っています。

  • 記録ビデオ撮影を内製化してはいけない3つの理由

    「今度のイベント、ビデオで記録を残しておきたいから、社内の若手に頼もう」そんなふうにお考えになる経営者の方は多いと思います。確かに、内製で済ますことができればコストは抑えられます。でも、それは絶対に間違いです。

  • 学校案内ビデオを自己満足にしないための4つのポイント

    学校案内ビデオは4つの要素で成立しています。これらひとつひとつについて、自己満足な表現になっていないかをチェックするポイントを考えます。

  • 起承転結の意味とYouTube動画の構成法

    起承転結という言葉は、普段よく使われる割には定義が曖昧です。ここでは、動画構成のモノサシとして実際の制作で使えるよう、起承転結をできるだけ簡潔に定義してみたいと思います。さらに、それを使って実際にYouTube動画の構成を分析してみます。

  • 講演やセミナーを動画で資産化する3つのメリット

    音楽好きの方にはすぐご理解いただけると思うのですが、コンサートを会場で見るのと、後から映像で見るのは、まったくと言っていいほど違う体験です。どちらにも良い点があるので、ライブにも参加し円盤も買うといった方も多いと思います。この「直接体験する

  • インタビューで絶対にやってはいけない3つのこと

    インタビュイー(インタビューの相手)が能動的に話すインタビューこそ、良いインタビューだと私は考えています。インタビューの目的は相手から情報を得たり、相手の気持ちや本音を訊いたりするものですが、強いられたり、いやいやだったりする言葉からそういうことができるとは到底思えません。

  • 動画制作における映像と言葉の関係とは│私の動画制作法(4)

    動画制作における映像と言葉(字幕やナレーション)の関係を、「認知」と「描写」、2つの観点から考えてみました。

  • YouTube動画の空間構成と時間構成│私の動画制作法(3)

    「空間構成と時間構成」というのは、動画データの圧縮法から思いついた私独自の用語です。YouTube動画の構成法と、従来の映画・テレビ的な映像構成法を比較するときに有効だと思っています。

  • ワンオペ映像制作のアドバンテージ

    時代は「映像制作のワンオペ化」へ急速に向かっていると実感しています。そして、それはとてもいいことだと私は考えています。

  • 舞台収録の基本と、マルチカメラのトレードオフ│私の動画作法(2)

    普通の劇場やホールは「プロセニアム型」、つまり観客が舞台を「正面から鑑賞する」タイプですから、そこで行われる出し物は正面から見た場合に最も見栄え良く見えるよう(意識的にであれ無意識にであれ)演出されています。ですから、それをビデオ撮影する場合、メインカメラの位置は客席(後方)中央が正しい、ということになります。

  • インタビューのコツと撮影で注意すべきただ1つの点│私の動画制作法(1)

    インタビュー撮影のポイントを何かひとつに絞るとしたら、私はインタビュイーの「背景」以外にはありえないと思います。インタビュー画面のクオリティは、どんな背景を選ぶかによって決まるといっても過言ではありません。

  • 動画編集で私が大切にしている3つのこと

    動画編集は、作文にとても似ています。単語をつないで文を書き、要旨ごとに段落で区切ってひとつの文章をつくるイメージは、カットをつないでシーンをつくり、シークエンスごとに整理しながらひとつの動画作品を完成させるイメージと重なります。

  • 続・ライティング論│“ピアノマン写真”の秘密

    当時この写真を見て、日本のある写真家が「素人が撮った写真ではない」と、ヤラセを疑いました。確かに、男の表情といい写真の雰囲気といい、映画の一場面のようです。

  • ライト不要のライティング論

    ここではライティングを影のコントールと捉え、照明機材を使わない場合にも役に立つライティング論として簡潔にまとめてみたいと思います。

  • 映像と音声は別のモノであるという意識が薄れてきている

    ビデオや動画と呼ばれるものは、映像と音声という「別モノ」がペアになって成り立っているものですが、わたしたちは普段それを忘れがちです。スマホで簡単に動画が扱えるようになって、余計にその「忘却」が進んだ気がします。

  • 技術が陳腐化したとき、名場面は過去のものになるか?

    機械・道具による「技術」は例外なく陳腐化するのに対し、その「技術」をうまく用いた「表現」は、陳腐化を免れることが可能です。

カテゴリー一覧
商用