プロフィールPROFILE

青猫さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

よかったら共感して頂ける方にコメントなど頂けたら嬉しいです^−^

ブログタイトル
義実家の介護とゴミ屋敷と葛藤と
ブログURL
https://kaigo119.site/
ブログ紹介文
義両親の介護が同時スタート!! 介護にはゴミ屋敷もついてきた・・・! リアルな情報と愚痴の記録。
更新頻度(1年)

72回 / 312日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/01/10

青猫さんのプロフィール
読者になる

青猫さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 17,275位 17,271位 17,303位 17,281位 17,315位 15,313位 16,286位 978,421サイト
INポイント 20 10 10 10 0 30 10 90/週
OUTポイント 80 430 760 180 170 250 410 2,280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 817位 812位 812位 804位 801位 763位 795位 31,411サイト
ゴミ屋敷 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 37サイト
介護ブログ 115位 108位 109位 109位 111位 93位 100位 5,500サイト
義理の親の介護 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1位 34サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 4,895位 4,553位 4,432位 5,262位 5,089位 4,841位 4,602位 978,421サイト
INポイント 20 10 10 10 0 30 10 90/週
OUTポイント 80 430 760 180 170 250 410 2,280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 389位 370位 360位 416位 407位 393位 381位 31,411サイト
ゴミ屋敷 2位 2位 2位 3位 2位 2位 2位 37サイト
介護ブログ 49位 49位 45位 52位 48位 48位 48位 5,500サイト
義理の親の介護 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 34サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,421サイト
INポイント 20 10 10 10 0 30 10 90/週
OUTポイント 80 430 760 180 170 250 410 2,280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,411サイト
ゴミ屋敷 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 37サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,500サイト
義理の親の介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、青猫さんの読者になりませんか?

ハンドル名
青猫さん
ブログタイトル
義実家の介護とゴミ屋敷と葛藤と
更新頻度
72回 / 312日(平均1.6回/週)
読者になる
義実家の介護とゴミ屋敷と葛藤と

青猫さんの新着記事

1件〜30件

  • 義母の退院 老健でブチ切れた

    義父の施設の準備をしながら、 義母の退院にも付き添っておりました。 義母の退院日は 要介護認定調査日の次の日でした。 詳細→義母 要介護認定調査 要介護3取得への挑戦 慌ただしい。 義母は、以前にいた老健にお世話になることになりました。 そういや、義母の入院前にいたショートステイに 置いたままの荷物がありましたね。 これは先日、ショートステイの方から連絡があり、 義実家まで車で運んで来てくれたのです。 受け取りのために義実家には行ったけど、 車のない青猫一家ですので、大変助かりました。 父母がそろって入院している間に 夏は過ぎ去り、季節は秋です。 ワタシは義母の退院と、老健の施設入所に付き添いました。 家で預かっていた義母の秋冬物や、 それに買い足した下着や洋服等を持って行きました。 ちなみに義父母関係の買い物費用は、すべて青猫家の家計から 出しております。 こんな風に、義父母への買物のレシートを透明な袋にツッコんで置いてある。 交通費も結構かかるので、介護記録も一応記録しています。 ちなみに、 これまでかかった金額は数えないようにしています。 あまり高額にならないように工夫して 気をつけておりますが、だんだん増えて行くレシート達・・・。 これまで一度も、 誰からも支払われておりません。 まあ、家計は夫の収入ですので、 仕方ないと思ってます。夫の両親だし。 しかし、青猫としては色々手伝ったあげく、 そのあたりを無視されると面白くは、ありません。 要するに ワタシのしている労力 を一番評価してほしい!! あなたに褒められたくて (集英社文庫) 余談だけどこの本、めっちゃ良いです。 健さんの気持ちががじわじわときます。 夫もこの本を読んだはずだけど褒め下手。 読んだだけかよ!! 義母は無事に退院しました。 病院から大量の薬と注射等を受け取ります。 老健の施設の方も 迎えに来て下さって退院を手伝って下さいます。

  • 義父 有料老人ホームへの入所準備

    老人ホームへ入所する義父 結構することがあります。 まず、することは 入院している義父に、「有料老人ホームU」のことを 説明することである。 ワタシは、先に病院に行った夫に 義父への手紙をたくしました。 耳が遠く、認知症もある義父には、書面を見せることがベストです。 もちろん手紙は、私が書いた。 内容はというと、 近場で受け入れてくれそうな老人ホームがあったこと。 ホームの特徴、パンフレット。 夫がここの入所を見学して、検討していること。 入所を考えてほしい事。 である。 「おやじ、青ちゃんの手紙、読んでいたよ。」 病院から帰った夫はそう言って、 もう施設は決まったしと、満足そうにしているけど、 こんなもんは、決定とは言い難い。 どうせ夫は、義父に 老人ホームの話はちゃんとしていない。 したとしても口頭が多いので、義父にちゃんと伝わっていないことが多い。 なので、ワタシがまた最終確認を取りに行く。 後から、「こんなのは了承していない!」等、文句を言われるのは御免である。 もう、すっかり認知症のパターンが わかってきた青猫である。 老人というのは、自分の都合の悪いことは、忘れるもんである。 入院中の義父に 「お義父さん、施設のパンフレットは見ましたか?」 と聞いてみる。 案の定、義父は 「ワシは施設に入るなんて言ったかな?」 と、とぼけている。 「お義父さん、ワタシの手紙は読んでいませんか?」 青猫ののツッコミに、義父、黙り込む。 どうもここの家族は、肝心なことになると 話を逸らす。 「おとうさん、施設が気に入らなかったら、 夫さんに伝えるので、言ってください。 ただ退院して、家に戻ると足が心配です。

  • 義母 要介護認定調査 要介護3取得への挑戦

    前回、義父の施設入所が決まり、準備を始めようと 思ったところに、電話がかかってきた。 ケアマネKさんからである。 「お義母さんの要介護認定を入院中にすることになりました。 付き添いはできますか? 認定調査員と日時を打ち合わせしてください。 あと、調査が終わりましたらすぐ退院になります。」 特養にエントリーするのに、認定調査を義両親に受けたいと Kさんに、お願いしていたからである。 詳細→夫へのイライラ 新しい目標 Kさん、仕事が早いですな!!感謝!! ついでに、義父の施設についての決定も Kさんに伝えました。 詳細→施設見学 長ベスト 認定調査・・・勝負の時がやってきた。 認定調査の方とも連絡を取り、日取りが決まる。 ここは、 誰が何と言おうと ワタシが付き添うことにする! 夫は、ええ恰好しいだから、まかせられない!! 詳細→夫へのイライラ 新しい目標 夫にも、言い渡した!! 現在要介護2の義父母だが 今回は、 義母の要介護3取得への 挑戦である。 これは大事である。 要介護3は、特養への足がかり!! ちなみに、要介護3っていうのは、以下の状態が基準になります。 ① 1人で身の回りの作業ができない(掃除、食事、身だしなみ等) ② 1人で立ち上がることができない(片足の立位保持も含む) ③ 1人での排泄が困難 ④ 物事の理解の低下や不安行動が見られる ざっと見ると、義母は該当している様に見える。 しかし、中には、義母ができることもある。 ・食事は1人で食べれるし、(好き嫌いは激しいが) ・立ち上がりは、つかまるところがあったら、 何とか1人で立てるかも・・? 元気な日は、できるかもしれない。 ・④の状態は、認知症の有無の状態に思える。 しかし、義母は、認知症とは言い難い。 具合が悪いとボンヤリしてるけど。 基本、話すと、受け答えはしっかりしている。

  • 施設見学 長ベスト

    病院から退院を迫られた義父。 義父の入れる施設を 早くに決定しなくていけない事態です。 前回、ワタシとケアマネKさんが検討したのは 有料老人ホーム施設「U」 という所です。 そこの施設長さんと、電話でお話しすることが、できました。 ・受け入れは可能だが、入所は10月過ぎになってしまうこと。 ・見学がすぐできること ・入所が決まったら、色々用意するものがあること。 そんな説明を丁寧にしてくださいます。 優しそうな女性施設長さんです。 ご年配っぽい。穏やかで明るい話し方です。 なかなか、良い感じかも!! そこは有料老人ホームの割には、お手頃価格の施設です。 建物は、多分、古い。 でも、この施設長さんは穏やかな話し方で、 大手とは違うアットホームな感じがする。 義父に合いそうだ。 電話の声と話し方で、大体の判断を 決めがちなワタシである。 すぐに見学日を決めることができました。 この電話の後、職場の夫にすぐ電話連絡を入れます。 「お義父さんの施設の見学日が決まったよ。 平日だから、〇日にワタシが見て来るよ。 良い所だったらそこで、すぐお願いしようと思う!」 あまり話をすすめない夫(面倒くさがり屋)を アテにしても仕方ないので はりきって動くことにした。 時間もないしね。 なんてったって、施設Uの一番の利点は 「入所費用」が0円である所です。 つまり、もし義父が施設生活に 馴染めなかった場合、 退所しやすい! (ここは退所費用は、かかってしまうけど。まあ、仕方ない。) ちなみに、世間の老人施設は、 入所時に費用のかかる施設がほとんどです。 とっても高いところはウン千万も・・・・! そんな施設に入って、途中で出たくなった場合、 庶民は死ぬしかないよ・・・・。

  • 夫へのイライラ 新しい目標

    前回、病院で大暴れしてくれた義父 もう、いつ何が起こるかわからない状況です・・・。 もちろん、夫にも伝えました。 病院との話し合いのこと、 退院後、保健施設に入ることが ほぼ絶望的に なってしまったことを。 「お医者さんが、 『息子さん(夫)が困っている様に見えなかった』 って話していたよ。」 そんなことも、話したのですが・・・・ 「俺も困ってるけどなあ・・・・? 俺って、余裕がある風に見えるのかな・・・?」 夫は、 まんざらでもない風につぶやいた。 いや、誉めてないから!! 夫は、義両親の介護が始まっているのに どこか、 他人事な態度 をカマすことが多い。 正直、格好つけてる場合ではない。 矛盾している様だけど、 青猫は、「恰好良い」ことは好きです。 生き方、ファッション、言葉、スタイル、 色々あるけども、美学があるのはシビれる。 しかし、 全てのジャンルにおいて、 外面だけの恰好良さなんて、 通用しない。 と、思います。 特に、 介護の世界においては、それはけっこう難しい。 慣れも必要だし、困ることも多いからね。 だから、介護においては、 問題点を、目一杯アピールする というのが、 私の中で定着した、福祉をお願いする上で、大事な態度である。 どの世界でもそうですが、 色々調べて希望を言わないと、 願いは叶いません。 1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました 新品価格 ¥1,815から (2019/10/21 00:39時点) 財力がある場合は、必死にならなくても良いかもです。 しかし、ウソ等は言ってはいけません。

  • 病院での話し合い 暴れる義父 

    ケアマネKさんから、お電話があった。 「病院でお義父さんの話合いを、することになりました。」 話し合いの当日、青猫が病院に行くことになった。 話合い前に 義父の所に行き、挨拶をする。 義父の様子は普通だけど、 「足が痛いのに、塗り薬だけで湿布をくれないんや・・・」 と訴えてくる。 義父の話をひととおり話を聞き、時間が来たので 病室を出て、待ち合わせ場所の 病院のロビーに向かう。 先に来ていたのはケアマネKさん。 それからすぐヘルパーのTさんが来る。 この話に出てくるヘルパーさんです。→誉め言葉と余計なひと言 鬼女の生まれる理由 会うのは久しぶりです。挨拶をする。 あとは訪問看護師さんを待つだけですが、 渋滞で来るのが遅れるらしく しばらくそのまま、待つことになりました。 ヘルパーのTさんは一気に話してきます。 「青猫ちゃん!お義父さん、大変だったね。 施設に入るのを検討されてるんだってね。それでいいよ!! あのお義父さんは、もう家では無理だよ。 1人でなんでもやりたがるから、 家に帰っても、そのうち転んで骨折するよ。 そうしたら、すぐに寝たきりになる!! もう目に見えているから! 絶対施設がいいよ!!」 ・・・・ プロっていうのは、 明確な意見をはっきり言うものだな と思う。 とりあえず保健施設で考えていることを 青猫が話すと ケアマネKさんが、気まずそうに言い出した。 「それが青猫さん、 ちょっと、お義父さんが保健施設に入るのは、 難しいかもしれません・・・。」 なんでなんで!? それは困る。めっちゃ困る。 「お義父さん、たまに大声を出しますよね・・・。 僕は見ていませんが、そんな所があると聞いています。 老健は人が多いので、大声を出す方はちょっと・・・。 老健でも、認知症のフロアーなら受け入れは大丈夫なんです。

  • 無人の義実家 虫の嵐

    義父母のお見舞いを終え、 ゴミ屋敷である義実家に行きます。 夏休みは帰省していたし、帰省後も 子供の小学校、義母の退院、入院等で なにかとバタバタしていました。 夏休み中、夫は自分の実家に行った様だけど、 何かと心配なんである・・・。 詳細→夫の苦悩 雲古ポエム そもそも、夫は自分のゴミ屋敷実家に対して あきらめモード大全開 きっと最低限のことしかしていない。 まあ、ワタシも夏休みはゆっくり過ごさせて 頂いたので、 文句は言わない。 帰省中は介護から離れて、楽しかったな。 ワタシにとっても夏休みだった。 とにかく、夏休みっていうのはいいもんだよ。 大して学校好きでもなかった昔の青猫は、 夏休みは大好きでした。 夏休みの楽しみは お昼のドラマ を見ること。 そう、学校に通っていたら、 中々見れない時間帯に放送される 昼メロってゆうやつです。 今では全然そんなのは見ないんだけどね。 華の嵐 DVD-BOX 第1章 デジタルリマスター版【昭和の名作ライブラリー 第3集】 特にハマったのは 「華の嵐」 最初におばあちゃんの家で一緒に見たら 一発で、夢中になりました。 このドラマの女優さん、 高木美保さんの気高いお嬢様っぷりに 非常に憧れておりました!! ファッション的に、ゴージャスなのも良かったし、 ヒロインが怒った時に 「おだまりっ!!」 と、言うんですよ。 もうこんな言葉、一生使う気がしない。 言ったとしても、なんかこう、 普通のヒトだと、 「言葉負け」しそう。 ああ、お嬢様って、いいな~。 本来、ワタシはゴミ屋敷なんぞよりも こんなシチュエーションに魂惹かれる元乙女です。 しかし、今となっては、 ゴミ屋敷の身内となっているから

  • 義父のお見舞い 家に帰れない

    前回、 義母は退院した翌日に、また再入院と なってしまいました。 しかし、今度は 義父の入院先にお見舞いに行くことにします。(ゴミ屋敷のウンコ君も気にはなるが、人間の方が先!) 複数の介護は、行先が多くなり、 頻繁には通えません。 ワタシは夏休み後には、義母とは会ったので 今度はお義父さんなのです。 そもそも、ワタシは「お義父さん係」。 (別にきちんと決めた訳ではないが。気持ち的に。) しかし、義父の入院先の市立病院は 青猫の家から結構遠い。 電車を乗り継ぎ、徒歩15分ほどかかる距離です。 子供達が学校に行っている間に向かいます。 病院の義父の病室にいくと お義父さんは、ベッドで うつらうつらして眠っていました。 青猫 お義父さん!お久しぶりです。 と、声をかける。 (寝てるのを起こすのは申し訳ないんだけど、 病院の距離を考えると、そのまま帰るのもアレなので しっかり起こします。) 「あぁ、青ちゃんか・・・・」 義父が目を開け、笑う。 横になったまま、話し始める。 「もう参ったわ。 看護婦に、家から急に病院に連れてこられてな・・! びっくりしたわ。」 機嫌は悪くないらしい。 青猫 8月は暑くて、体調崩しちゃったんですね。 お加減はどうですか? 「うーん、具合はマシになってるけどな。 でも最近は、みんながリハビリせえって ウルサイんや・・・。」 訴えてきた。 青猫 リハビリはした方がいいですよ。 筋肉、おちちゃいますしね。 「だって痛いし、足が動かへんもん。 もうアカンわ。」 もともと足の弱いお義父さんだけど、 この入院で、さらに足の弱りが、加速したらしい。 青猫 痛いのは辛いですよね・・・。 でも、お義父さん。 リハビリは大事だそうですよ。

  • 写真立てと毒づき Back to the hospital

    前回の話から続きます。 退院した義母。 大量の荷物と共に、ショートステイに 病院から、そのまま入所しました。 その入所した夜、 夫のスマホに義母からの、着信がありました。 青猫に尋ねてくる夫。 「オカンが、写真立てがないって 言ってきた。知らない? 『青ちゃんが知ってるはずや』 って言っているんだけど・・・。」 ええ!? 知らないよ!! なんでそうなるの!? ↑ 義母が探している写真立てはこんなの。 義妹の孫(義母にとってはひ孫)の写真が入っている。 ワタシが知ってるワケがない。 今日の義母の入院中の荷物はまとめられていたし、 施設から渡された荷物は、 全く確認するヒマもなかった。 詳細→義母の退院 そして、その周辺 義母だって、その様子を見ていたのに!! (義母に認知症の症状はありません。) しかも、青猫は 夏休み中の帰省から帰ったばかりで 写真立てがどこにあるのかすら、全くわからない。 夫に聞くと、 病院には、写真は持っていってない という。 じゃ、あの施設から渡された荷物の中なのかな? ワタシは触ってすらいないよ。 ちなみに、ショートステイの施設の男性スタッフさんが、全部 車に積み込んでくれた。 詳細→義母の退院 そして、その周辺 結局、これは嫌がらせに近い。 たぶん、写真立てが 見当たらないのは事実だと思う。 でも、義母は今日退院したばかり。 そして、とにかく朝から調子が悪そうだった。 あの大量の荷物を、 全部探したとは思えない。 結局、全て悪いことは 青猫のせいにしたいらしい。 裏メッセージは、 「青ちゃんが施設まで来ないから、こうなったんや。」 「すぐに荷物の中を探しに来い」

  • 義母の退院 そして、その周辺

    夏休みの終わるギリギリで 関西に戻った青猫親子です。 新学期 (河出文庫) 「子供達の宿題、間に合って 良かったな・・・・・。」 と、久しぶりの登校にホッとしていたら ケアマネKさんから、お電話が来た。 近況を話し、本題はというと 「お義母さんの病院から連絡を受けまして、 近日中に退院して欲しい とのことです。」 もう退院!? 予定よりも早いよ・・・・。(9月末だと聞いていたけど) 最近は病院も一杯なので、退院を急かされる傾向にあります。 夫にも頼まれ、 「退院前の話し合い」に、ワタシが行くことになりました。 施設入居者が退院する時は、関係者で引継ぎを行ったりします。家族、ケアマネージャー、介護施設のスタッフ、看護師、医師等で病状や状況について話し合います。 話し合いの日は、退院の前日でした。 義母の病院に早めに行き、 義母の入院代を早めにお会計をすることにします。 (退院当日だと、バタバタするので。) 最初に、病院の会計カウンターに行くと 「請求書は病室にあるので、確認してください。」 と言われ、義母のいる病室に向かいます。 夏休み明けなので、義母に会うのは約一か月ぶりです。 病室の義母のベッドの閉まったカーテン越しに 「お義母さん。」 と、声をかけると 「青ちゃん・・・。入ってええよ。」 と小さな声が聞こえます。 うん!? なんか、弱弱しい・・・・? 義母が、ベッドに横たわっています。 薄目を開けていて、気だるげです。 なんちゅうのか、いつものこう・・・ 義母特有の 猛々しさがナイ。 詳細→義母との対話 姑豹と嫁猫 反応が薄い というのか。 他に元気のない時もあったんだけどね。 詳細→義母@入院中

  • 夫の苦悩  雲古ポエム

    さて、 夏休み中義父母の2人が入院となりました。 義父は、熱中症も原因だった様ですが 「うっ血性心不全」 という診断名だそうです。 鬱血性心不全とは・・・ 心不全とは、さまざまな原因により心臓のポンプ機能が損なわれた状態。ポンプのはたらきが低下して肺や末梢の組織にむくみが生じて、息苦しく感じるのがうっ血性心不全といいます。主な症状は、呼吸困難です。義父の場合、老化により心臓の機能が落ちたのが原因らしい。 入院期間は、まだ未定。 義母も、手術が成功したとはいえ、 退院は9月後半くらいになりそう。 実家に帰省中の青猫親子は、関西に戻るのは 8月末です。 そんなことで、 夫が一人で 自分の両親の対応することになります。 夫からは、たまに青猫にメールや電話が来ます。 色んな不満がある様です。 遠方にいるワタシは、ひたすら相槌をうつだけです。 夫 オカンの病院にバスタオルを2枚買って 持って行ったら、病院ですぐに失くされた!! 急いでたからデパートで買って、高かったんだよ。 絶対盗まれたよ! ドロボウ病院だよ・・・。 青猫 そりゃ、ひどいもんだね・・・。 なんでも、 入院先病院の看護師さんから、タオルを持って行った翌日くらいに 「失くしてしまいました。」と電話があったらしい。 紛失の速度が速くてびっくりする。 しかし入院は物がなくなるリスクが高い。高い物は買わない方が良いね。 夫 両親2人とも入院したのに、 ケアマネさんから連絡の一本も来ないんだよ! 青猫 う~ん、ケアマネさんも忙しいからね・・・。 最初のケアマネDさんが、こまめに連絡をくれたのに対し、 次のケアマネKさんは、用事のある時のみ連絡が来る。 これが夫にはやや薄情に感じる様子だけど、 こっちも連絡していないしね。 特に用事がないのなら、青猫はどっちでもいいと思う。

  • 夏の知らせ 義父の誕生日

    夏休み、 実家で、休みを満喫し始めた青猫親子です。 義父母の事はやや心配ではあるものの、 田舎の生活に、子供達は嬉しそう。 しかし、8月初旬のうちに、 夫から連絡が入る。 「オカンが入院した。」 やっぱり、要介護老人だけはある。何かは起こる。 今度はどうした!?(昨年末から3回目の入院である。) 夫「胆嚢の手術をすることになった。」 胆嚢(たんのう)・・・・・ たんのうは ナシの形だ おっかさん 消化液の 袋だよ。 どうでもよい短歌しか、思いつかない・・・・。 義母は糖尿病なので、合併症が起きやすい。 今回は、胆嚢に問題が出て、 施設から近くの病院に即入院となった。 大変だと思うものの、 話を聞くと、そんなに重篤な手術でもないらしい。 夫だけでも大丈夫というので、 ここは、まかせることにする。 しかし、手術か・・・・。 義母の入院は、あまり珍しくない。 糖尿病の関連の入院も以前からあった。 ひざの手術や骨折の治療とかで、これまで何度も入院している。 しかし、今回は内臓の手術である。 大丈夫かな。 入院期間が長くなりそうだな・・・ と、思う。 こうなると、 夫が義母の方に行く機会が増えるだろうから、 義父の所にいく機会は必然的に減るだろう。 これも心配である。 ワタシの目からは、義父の方がどうにも、 ヨロヨロしている。認知症だし。 懸念されることはあるけれども、 とにかく出来ることは、しようと思う。 実は 8月は義父の誕生月でもあります。 そこで、 例年通り、プレゼントと手紙を送ることにします。 義実家は、お誕生日会をしないご家庭らしいのですが 私はプレゼント位はと、毎年送っております。

  • 8月の帰省 ブログの夏休み

    随分、更新が途絶えてしまいました。すみません。 ツイッターでは、事情をお知らせしておりましたが、 ワタクシ、夏休み中に実家に帰省しておりまして、 思う様に実家のパソコンに触れなかったのが 更新の途絶えた原因です。 (ああ、自分用のモバイルPCが欲しい。貧乏だから躊躇しております。) なんとか前回のブログ更新は、実家でしたものの コレ→誉め言葉と余計なひと言 鬼女の生まれる理由 この中のこの絵、 ↓ 実家のパソコンで、描いたんですよ。 しかし、実家のマウスで描くと線が震える。(要介護マウス?) この出来上がりで精一杯だったという・・・・ 「このマウスで描くのは、もう嫌!」 と、ワタシの創作意欲がダダ下がりに なってしまいました。 「いや別にアンタの絵は、もともと下手クソだし、 イラストが売りでもないんだから、 別に何も気にせんでええがな!?」 と、ツッコミを入れたくなる方は、結構おられると思う。 「いや、このブログは、ワタシの真剣な自叙伝ですので、 手は抜きたくないんですよ。」 「ワタシは、誰もいない静かな部屋で、 ブログ執筆をするのを好みます。環境は大事ですね。」 と、爽やかに言い切る青猫さん。(何のインタビューなのか?) ・・・・ 客観的にみると 芸術家でもない癖に、芸術家肌な 困ったヤツである。 と、まあ、くだらない言い訳は置いておいて、 子供の世話をしていたら、8月はあっという間です。 青猫家では 夏休み中に、遠くのワタシの故郷へ(北の方) 長期帰省するのは、毎年の恒例行事です。 理由はというと 気候も良いし、過ごしやすいから という一言につきます。 まあ、子供がいると特に長すぎる夏休みなので、 要するに持て余すんですね。 時間的にも気持ち的にも。

  • 誉め言葉と余計なひと言 鬼女の生まれる理由

    夏のある日、ワタシは義実家の2階で 衣類の整理をしていました。 まだまだある洋服山。 不必要な衣類をひたすらゴミ袋に突っ込んでいました。 湿気は高く、エアコンもない室内の中で。 ひたすらに。 そこに、おなじみのヘルパーさんが作業中2階の部屋に 義父の洗濯物を干しに入ってきました。 この方は義実家に一番よく来てくれるヘルパーのTさんです。 ベテランさんで、特にしっかりしている方です。 ワタシは毎週、義実家に行き毎回4~5時間程 掃除をしているので、ヘルパーさん方とはよく会います。 Tさんは、 ものすごい勢いで、ごみ袋に不要な衣類を突っ込んでいるワタシに 「青猫嫁ちゃん、よくやるね・・。」 と声をかけてきました。 考えたら、ヘルパーさんと完全に2人きりになることは 今まで、あまりありませんでした。 青猫 だって片付けないと足の踏み場がないですよ。 ごみ屋敷だし、あまりにも汚なかったらヘルパーさんに お願いできないできないし。 ワタシはヘルパーさんを頼るしかないんです。 ヘルパーTさん 青猫さんは、ちゃんと介護しているよ!! うちの事業所で、みんな青猫嫁ちゃんのこと絶賛しているよ。 そうなの?照れるなあ。 なんか嬉しいこと言ってくれるなあ~。 しかし、絶賛といわれるほどのことを ワタシはしているんだろうか? 青猫 ワタシは、同居とかできないので・・・。 だから、通っているんですよ。 同居の方が大変でしょう? 何よりも、義父母との同居を 恐れているワタシである。 ヘルパーTさん 同居は、また別問題だけどねえ・・・。 でも、こんなに来てくれるお嫁さんは珍しいよ! 青猫 じゃ、ウチのような環境の場合、皆さんどうしてるんですか? ヘルパーTさん 放って置くヒトが多いね。 青猫 動けない人を放っておくと、死んじゃうじゃないですか?

  • 年上の友達 介護談話

    青猫、久しく会っていない友達が何人もおります。 子供が産まれてから忙しかったというのもある。 もともとマメな性格でもないし。出不精。 しかし、1人目の猫子が赤ちゃんの時は、 会えていました。 一緒に外出できる赤ちゃんだった。 しかし、2人目の猫太が発達障害児。 ずっと目が離せなくて大変な子だった。 気持ち的に余裕が全然なかったな・・。 実家は遠いし、夫に子供達をたまに預けると 家がエライことになります。 家事・育児を夫に協力させるために妻が仕掛ける言葉のかけ方。 (10分で読めるシリーズ) なぜ、夫に預けると数時間で家がひどい有様になるんだろうか・・!? 家じゅうがおもちゃで散らかり、 ウンチ型USB加湿器 UK-001BR はたまた床には〇ンチまでが ついている有様・・・!! (オムツ変えるのが下手くそ!) 一回で懲りました。 夫は料理上手だけど、片付けはダメ。 義実家の皆さんに、そこは似た模様・・・。 やっと子供達が小学生になったと思ったら 今度は、介護である。 介護が始まり、しばらくした頃、 1人の友達からお手紙をいただきました。 レターセット 封筒 10枚 便箋 8枚 封緘シール15枚 クラフト紙 箔押し レトロ アンティーク調手紙 高級感 上質感 ビジネス 招待状 結婚式 お祝い手紙 挨拶状 お礼状用 美しいレターを、久しぶりに目にしました。 この手紙のお友達は、以前青猫がアパレルで働いている時に 先輩だった方です。 青猫よりも年上(10才位?)で とっても素敵な方。 「しばらくぶりに会いませんか?」 丁寧な言葉づかいに心が洗われます。 メールアドレスもご存知なのに、 お手紙とは!! 行くに決まっている!!

  • 化け猫の生霊 タクシーの怪

    暑い毎日です。 夏と言えば、怖い話(怪談、心霊物)の人気が出る季節。 まあ、青猫は、フツーの暮らしをしてきたので、 とりたてて霊感を感じるとか、ドラマチックな 霊体験はあまりございません。 でも、しばらく生きていると ちょっと不思議なことは 起きたりもします。 そんな話。 大したことはないんだけどね。 実はワタシ、生霊を無意識のうちに 飛ばしてしまうことがあるらしい のです。 吉屋信子集 生霊―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫) 特に顕著だった時は、 結婚前に、とあるブラック企業に勤めていた時。 ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書) とにかく忙しい会社で、朝から晩まで働いていました。 職種はというと、製造販売系の会社で総合職として採用されていました。 新卒入社のワタシは、結構マジメに頑張って働いていました。 しかし生来、体力の方は、イマイチなワタシは どうにも体がついていかず、辛かった。 シフト制の休日は、 家で眠っていることが多かったのです。 ねこ先生クウとカイに教わる ぐっすり睡眠法 (コミックエッセイ) ひどい時なんて、夕方まで寝ていました。 顔色も悪く、やつれていた。 (若さでカバーしてたけど、体調を崩していた。) その会社は毎日、 誰かが働いているシフト勤務の体制だったのですが、 どうやら、青猫は、 寝ている間に会社へ 休日出勤していたらしい。 何のこっちゃ?と思われるでしょうが、 会社の同僚達から、青猫の休日の日の 会社内で目撃証言が続いたのです。 「青ちゃん、休日出勤していたよね!?」 「青ちゃんが階段を上っていったのを見たよ。

  • ティータイム イン ゴミ屋敷  キーパーソン問題

    暑くなってきました。 エアコン嫌いの義父。 義実家はさらに暑いです。 暑いと色々臭いが出てきます。 ニオイに敏感な私は、ところところで 臭い発生アイテムを発見しては、 捨てたり、掃除したりを繰り返しています。 マスクから半分鼻を出して、原因を特定します。 犬になった気分です。 アルコール除菌スプレーを持ちながら 各所を拭いて回ります。 ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー 500mlスプレー入り こんな、お洒落な除菌スプレーが欲しい。 なんというのか、気持ちが上がるような気がする。 義父は扇風機を出してきました。 やっぱり暑いのだな。 義父の部屋のTV前には、500mlのペットボトルの お茶が6本程、床に置いてあります。 Happy Belly 緑茶 500ml×24本 [Amazonブランド] 新品価格 ¥1,596から (2019/7/17 09:42時点) 喉が渇くんだろう。 冷蔵庫まで取りに行くのが面倒なので 常に身の回りに置くことにしたらしい。 そんな義父、トイレに行くのも、面倒になった様子。 以前にも書きましたが、 義父の部屋には尿瓶がわりにしているボトルが置かれています。 いわば、尿処理エリアがある。 詳細→ヘルパー契約 in ゴミ屋敷 足が悪いので、間に合わなさそうな時は、そこで用を足すんだって。 その横に、新たに液体の入った2ℓのペットボトルが 3本ほど置かれています。 う~ん、これは、一見お茶に見えますが、 中身は尿だな。きっと。 一応、フタをしているから放って置いている。 (義父はそのあたりの干渉を嫌います。) ある日、 新しいケアマネさんが義実家に話をしに来ることになりました。 青猫も義実家に行きました。 玄関に入った途端、 義父に怒鳴られました。 「どうなっとんのや!?さっきデイサービスの車が 迎えに来たんや! 用事があるからって、帰ってもらったけどな!!」

  • ケアマネージャー交代 と ジェンダー問題

    それは、義母が老人保健施設に入って 間もなくのことでした。 とてもお世話になっている ケアマネージャーのDさん 詳細→ケアマネージャー、登場 から、連絡を受けました。 「私、月末に仕事を辞めることになりました。 申し訳ないのですが、次のケアマネに引き継ぎますね。」 ええ~!! Dさんが、辞めちゃう!? ちょっと待って!! とても親切で、お仕事のきめ細やかなDさんが 辞めちゃうなんて!! ワタシはDさんのことが、とても好きなのです。 どのぐらい好きかというと 来世で結婚したい位、好き♥ (今は同性だけど) Dさんは、笑顔も可愛らしく優しい。 お洒落だし、お仕事もできるステキな女性。 ケアマネジャーさんは、Dさんが最初で他の方は知らないけど、 でも正直、これ以上のケアマネさんが、 今後、現れる気がしません。 こんなにそう思えるのは、ひよこが最初に見た物を親と思い込む「刷り込み」みたいなものなのでしょうか・・。 Dさんはいつも、義父のところを頻繁に訪ねてくれて、 常に先回りをして、細かな色んな場合の プランを計画してくれていました。 きれいな字を書き加えた、カレンダーの予定表を 義父の部屋に貼ってくれていました。 義父の長い話にも付き合ったり、 義父が問題を起こすたびに解決策を 色々考えてくれました。 しかし、そんなDさんにも、義父は怒鳴ったことも あったか・・・。 詳細→褥瘡と逆上 山々の怒り ひょっとしてDさん、 義父を担当するのを嫌になっちゃった・・・・? 理由を聞くと 「お家の都合で、仕事自体を辞める」 らしい・・・・。

  • ゴミ屋敷の考察 洋服の整理

    色んなことが起きても、 ゴミ屋敷掃除は、ずっと続いています。 義実家を、 「ゴミ屋敷」 とブログで連呼する 嫁として、 かなり微妙なワタシ。 でも、義母も自分でそう言ってたし、 「屋敷」とつけているから、サービスしていると思う。 ところで、ヒトは一体どんな家を「屋敷」と呼ぶのでしょうね・・・? ワタシの勝手な「屋敷」のイメージは ・まず庭が広い。池があって良いレベルの広さである。 ・立派な門がある。 ・洋館なら、ドアにライオンとかの飾りがある。 From the Anvil 33019ライオンの頭のドアノッカー???アンティークピューター ↑こんなの ・家が広い。(庭をいれて敷地100坪以上) ・和風の家なら、庭とかに玉砂利があって、室内に「お茶室」がある。 平屋で広い作り、素敵な木材などを使用された家!! そして、そこには、家政婦さん等がいて 庭の手入れなんかしてくれる!! ああ、妄想がどんどん広がってきたよ!(楽しい) 青猫実家も、今の家も、決してお屋敷には該当しないのです。 少女漫画を読むのが大好きな青猫。 妄想だけでも、現実世界から逃避中。 でも、友達の家がお屋敷だったことはあったよ。 (ドアにライオンはなかった。お部屋が30室くらいあった。) 「屋敷」について調べると 以下のような記述に出会いました。 1 家が建っている一区切りの土地。家屋なども含めていう。 2 土地も広く、りっぱなつくりの大きな家。邸宅。 義実家は普通の一軒家なす。狭くもないし、すごく広くもない。 庭は小さい。古い。 だから、上でいったら1の意味の屋敷になる。 それでも、 掃除していくと、結構広い事に気付きました。 いつまでたっても、 片付かないのはその証拠!! だから、「ゴミ屋敷」で合っている。 夫は、ジブンの実家を

  • 金ボケ、スタート!! ご近所さんへの迷惑

    前回、義実家に銀行員が来て 手続きをしてくれました。 詳細→やってきた銀行員 梅干しの証明 その次の日の夕方、義父から電話が来ました。 「昨日の銀行員さんが、通帳届けてくれたんや。」 珍しく機嫌良く、電話をかけてきた義父。 銀行の来訪は約束だから当然ですが、 義父の機嫌が良いのはこっちも嬉しい。 ああ、よかったなと 青猫は気持ちよく、寝た訳ですよ。その夜。 まあ、いつも気持ちよく寝てるんですけどね。 ところが翌日の早朝、義父からの電話で 叩き起こされました。 なんだなんだ!? 発表すればするほど、和歌が下手になる。 「ん」から始まるのも妙かと思うけど、ここを見る人は 青猫に上手さを求めてないだろうから、気にしないことにする。 受話器を取るなり、 「一体ワシの通帳はどないなっとるんや!? もう手元にカネはないし、あれがないと困るんや!!! 〇×●▽■・・・・!!!!」 ・・・昨日、戻って来たっていったじゃん。 「おとうさん、昨日、通帳が戻ったって、」 一応、青猫、声を張り上げますが、多分聞こえてない。 わめきつづける義父。 「とにかく困るんや!!〇×●▽%~!!」 いきなり、ブチっと電話を切られた。 いよいよお金がらみのボケがはじまったか。 昨夜はまともだったのに。 いや、しかし、 お金にクリーンな青猫なのに、 誤解されたままなのは、とても嫌。 ワタシ、使ったお金のレシートとかも取っているし、 義父に頼まれた義父の公共料金等の振り込み等も 記録してるんですよ。はっきりいうと面倒なんだけどね。 しかし、外は大雨だし、本日は予定もある。 どうしたものか、 義実家に行くべきか、煩悶していたら また電話がかかってきた。

  • やってきた銀行員  梅干しの証明

    義実家にいる義父。 時おり、認知症が出て来る状況です。 ところで、認知症には4段階あるそうです。 ざっくり分けると 初期・・・記憶障害、感情障害、人格の変化が現れはじめる。 中期・・・見当識障害、判断力の低下、失認、失行失語、計算力障害が顕著になる。 後期・・・記憶障害が激しくなり、徘徊・妄想など周辺症状がひどくなる。 末期・・・日常生活全般に関して介助が必要になる。寝たきりに近い。 ワタシが判断すると、 義父はこの所、初期から中期に差し掛かっている様に思える。 相変わらず義父から電話はよくかかってくるし、 詳細→春の大型新人 電話魔デビュー とてもエラそうになることもあります。 詳細→俺様の賞状 ゴーマン症状 しかし、 まともになることもある。 まるで、カオス。 そんな義父が「銀行に行きたい」と、言い出しました。 「ばあさんも入院したし、色々かかるやろ?」 マトモな状態のお義父さんは、色々心配してくれているらしい。 「自分の定期預金を普通貯金に変更したい」 と言う。 お義父さん名義の定期預金の証書は 現在手元にある2通。 (1通は義父が保管。もう一通は義母の隠していた袋に入っていたもの) 総額にして100万ちょっと。 今後のことを考えると、確かに普通預金の方がいい。 「これを普通貯金にしたいんですね。 ワタシ一人で銀行に行くのでも大丈夫かな? ちょっと銀行に確認してみますね。」 歩くのもやっとな義父を 銀行まで連れて行くのはかなり大変そうなので なるべく避けたい所存です。 しかし、今回はがんばる義父。 「いや、ワシが行かないといけんのや。 もっと金があるはずやから!! きっとワシが通帳の支店に行けば確認がとれるはずなんや!」 今は義母が持っている定期預金のことらしい。 しかし、その銀行は結構、遠い。 ちなみにJA系の銀行である。

  • 施設と社交性 変わらない習性

    病院から退院した義母 一旦、介護老人保健施設(老健)に 入りました。 今回は10日間の短いお試し期間です。 詳細→介護老人保健施設への申し込み 施設洗濯問題 面倒を見る側としては、 立地の遠い前のショートステイよりも 比較的行きやすい場所にある今の老健に変わって欲しい という都合があります。 それというのも、 施設に入っても、何でもおまかせというワケにはいかないのです。 例えば、義母が軽い風邪をひいても、すぐに電話がかかってきます。 病院にすぐ連れて行ってくれと・・・! ええ!すぐ!?・・・じゃないとダメ・・・? ワタシは風邪は、ゆっくり寝て治せばいいと思うけど。(病院嫌い) 施設の都合もあるらしい。 結局、良い施設でも、遠いと何かと不便。 (ウチは車の運転をしないので余計に) 安心・快適 高齢者施設ガイド2019 (日経ムック) 新品価格 ¥1,000から (2019/6/20 10:40時点) しかし、施設に入るのは人間。 やはり義母にも、色々感情はある。 そして、いくつになっても、社交性はモノをいいます。 そんなことをエラそうに言う青猫こそ、 社交性があまりなかったりするのですが・・。 ショップ店員等してみて、ちょっと克服したような気もしますが基本内気。 仕事になると、饒舌になる青猫。 こんな接客で結構高い服を売っていたという・・・。売上成績は割と良かった。 場所が大阪だと余計に気合いが入っていました。 (周りがみんな、話すの上手だから負けたくなかった。) 多少強引でも、話をしに行く姿勢は実を結ぶ。 様に思う。 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール 【会話がとぎれない!話し方シリーズ】 そんなワタシから見て、 義母は社交性は、結構ある。 基本おしゃべりだから。

  • 義実家にしてもらったこと 介護へのモチベーション

    このところ、疲れて怒ってばかりのワタシですが、 たまには良い事も書きたい。 こう、初心に還るような。 爽やかな感じで。 義両親の介護に対して、 疲れ気味のワタシには介護に対する モチベーション(原動力) が必要。 そうです! 恨み言が多いこのブログ。 たまには、義両親の良いところもふりかえって みようではありませんか!! う~ん、 義父母とワタシにまつわる良い話・・・ 考え込むなって。 (この場合、夫や孫を除いたエピソードになります。) 今はゴミ屋敷の義実家でも、 結婚当初は、そんなことはありませんでした。 まあ、当時から非常にモノは多かった。兆しはあったな・・・。 しかし、あの時、ゴミ屋敷だったらワタシは夫と結婚したかな?微妙。 結婚する前と最初のあたりは、義実家にお邪魔していました。 挨拶の時とお正月等。 義父や義母の料理をふるまって頂きました。 当時、「お手伝いしましょうか?」と声をかける青猫に、 「いいからいいから!座って待ってて!」 と言ってくださいました。優しい。 台所、2人位しか入れなかったしな・・・・。 そうそう、義実家で出される食事は 毎度、量が多くて びっくりしました。 沢山用意して頂きました。 例えば、 たこ焼きを御馳走して下さるというので、 ワタシが義実家の座卓で焼いていたのですね。大量のたこ焼きを。 ワタシはその時、関西人じゃないので、 たこ焼き作りは珍しくて、楽しかったです!! アイリスオーヤマ たこ焼き器 レッド ITY-18A-R 新品価格 ¥1,136から (2019/6/17 10:52時点) 結婚した時に「たこ焼き器」もプレゼントして頂きました。 その時は、義実家で200個位のたこ焼きを作りました。 出された御出汁につけてたこ焼きを食べ始めたら、 続けて食卓におかずが、どんどん出されます。

  • 義父の王国  気持ち貯金の枯渇

    前回、義父がやや傲慢になってきたことを書きました。 こういったことは、 年寄りには、ありがち な事らしい。 オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群 最近では、こんな状態を 老害 とも、言いますね。 老害: 子ども世代は逃れられない 老害とは・・・高齢者、年長者であることを理由に、若者に理不尽な要求などを行う人のこと。自分が絶対だと思い込むのが特徴 「老害」は今は国語辞典に載っていない言葉だけど そのうち載るようになるんだろう。 最近、普通に耳にするし、パッと聞いて理解できる。 それぐらい蔓延っているらしい。 傲慢老人が。 しかし、昔から老害と呼べる老人は存在したのだろうけど 現在ほどは、いなかったようにも思える。 きっと「老害」を迎える前に亡くなる方が多かった。 ワタシが強調したいのは ここ最近まで、 義父は、こんな人じゃなかった ということです。 少なくとも、私の前では。 しかし、心の中のことは知らない。 家庭内のことも。 義父は会った当初から耳が遠く、 話があまり通じないような所は、ありました。 そんな義父に、義母とその子供達は ツッコミを入れていることが多かった。 ワタシも話し上手な方ではないから、 そこでいじられる義父には同情していました。 義父は大人しく、子供達にお菓子をくれる良いおじいちゃんでした。 決して亭主関白 といったタイプではなかったのです。 しかし、義実家を制する義母はいなくなった(施設に入所中) 子供達もほとんど来なくなった 来るのは、やさしい介護関係の人達。 良心的な近所の人達 息子の妻(青猫) 業者さん達 義実家において、 義父の天下がやってきたわけです。

  • 俺様の賞状 ゴーマン症状

    一人暮らしを満喫中の義父です。 まあ、満喫中と言ったら すごく楽しんでいるみたいですね。 多少語弊があったかもしれません。すいません。 正直、義父は老化も進んでおりますので 体の具合が絶好調というワケではありません。 しかしですよ。 義父の大好きな暑い季節がやってきました!! 義父にとってエアコンは敵!! 生粋の夏男です!!(夏生まれ) 使う冷房器具は扇風機です。 アイスクリームが大好き!! 暑くなると、行動的になります。 気分も開放的になります!! 俺最高!!やっほー! ・・・・と、そこまでは行くわけはない。すいません。 年末に義母が倒れ、入院したので 義父の一人暮らしは、急に始まりました。 当初、義父は 「誰も来ない」 「食べ物もない」 と近所の人に嘆いていたらしいのです。 (近所の人から聞いた) しかし、青猫は来ていたんだけど・・・ 近所の方も「ちゃんと来てくれてるのにね・・・。」とフォローしてくれましたが。 ・・・・どうも義父の中では、 ワタシは数にカウントされていないらしい 来ても来なくても0なら、行かなくてもいいのかな。 実の子供達は相変わらず義実家には行きません。 もともとゴミ屋敷だったから、 来客自体が極端に少ない家だったらしい。 それでも夫は、月に1回義実家まで迎えに行って、(家の前まで) 義父の病院に付き添っているし、 私達家族もたまに行くし、 他の孫も義実家に顔を出すこともまれにあるらしい。 義妹はしらんけど。 この状態を義父が望んでいるかは知りませんが、 半年経つと、状態は様変わりしました。 ・毎日1回宅配されるお弁当(お昼前) ・週3回のヘルパーさん(1回、1時間位) ・週2回の看護師さん ・週2回のデイサービス ・週1回の生協の宅配 ・週1、2回、4時間位ゴミ掃除にくる青猫 ・たまにくるケアマネDさん ・近所の人も義父の所に様子を見にくることがある(義父が呼び出すことも有る) 結構、人が来る家になってきたよ。 いや、毎日来てるよ。すごいな。

  • 介護保険負担限度額認定証を申し込んでみた。

    介護にはお金がかかります。 施設等にお世話になると余計にかかる。 親の介護には親のお金を使おう! ――あなたを救う7つの新ルール―― しかし、依然として夫と義妹の仲は悪く、 義実家のお金の問題は停滞中。 詳細→つい先送りしがちな義実家のお金の問題 について やっぱり誰も動かないな。 義母も義妹に何も言ってないな。 詳細→義母との対話 姑豹と嫁猫 ま、こんなのは想定内です。 夫にも、「義母の通帳」は 介護保険負担限度額認定の申請に必要だと伝えますが、 義妹とは話したくないらしい。 挙句の果てに、夫は 「青ちゃんからも妹に言ってよ」 と私に言ってきますが、 そんな損な役どころは御免です。 なぜ、私が義実家の金銭問題で動かないといけないのか。 ただでさえ色々してるのに。 私が言っても、 「通帳を狙っている兄の妻」 と認定されて、余計に義妹は通帳は離さなくなるでしょう。 夫よ、女同士でそれやると揉めるよ? おそらく、青猫が義妹に直接話しに行ったら 義妹は、ひるむだろう。 でも、たぶんそれだけでは収まらない。 おそらく、青猫が次に義妹に会う時は 泥試合、間違いなし 短気な人が乗ってます マグネットステッカー 新品価格 ¥950から (2019/6/3 12:32時点) 断言できる。 ワタシは礼儀のない人間が大嫌いなのです。 あの義妹だって会えば、多少は感謝の言葉を口にするのだろうけど それは、余計にワタシの怒りに火を注ぐことになる。 ワタシは口だけで事が済むと 思っている人間はさらに嫌い。 怒りの日 新品価格 ¥3,240から (2019/6/3 12:35時点) どう予想したって、怒るだろう。私は。 歯止め効かなさそう。 もともとは、穏やかな睡眠好きな楽天家だったのに。 こんなワタシに誰がした?

  • マダムの施設服 夏物への衣替え

    5月になると、めっちゃ暑くなりますね。 そうです、衣替えの季節です! 衣替えは、結構大変ですね。 今回は、義母の分の服も用意するのです。 義妹はアテにならないから。 義母が施設に入った時、義妹が義母の洋服を用意した様ですが 「ゴムの伸びきったズボン」 などが複数あり、義母が履けず、慌てて買いに走る羽目になりました。 最初に施設の義母を見舞った時なんて →この時ですよ!!→新年、ゴミ屋敷との闘いを決意! うちの夫のバーバリーのセーター を義母が着ていました・・。 [バーバリー] BRIT バーバリーブリット ニットセーター 3シーズン 秋冬 カシミア メンズ ブランド【XL】【並行輸入品】 新品価格 ¥32,400から (2019/5/28 00:06時点) ↑こんな感じのセーター。 「そのセーター!私の母が夫に プレゼントしたものなんだけど・・・!?」 (おそらく以前、夫が義実家に泊まった時、着替えて置いていたのだろう) と、 言葉がノドから出そうになりましたが、ガマンしました。 しかし、脱力したな。あの時は。 今、バーバリーなんて、なかなか手に入らないのに。 私の母も、まさか夫にプレゼントしたのに 義母が着てるなんて想像もしないだろうな・・・。 夫の服はメンズで大き目です。だから義母が着れないこともない。 しかし、義母はバーバリーも価格も知らんのだろうな。 どうせ、 目についた服を適当に着た。 だけなんだろう。 施設で無造作に、ぐるぐると洗濯されてるであろう高価なセーター・・・ 非常に微妙な気持ちではありますが もう、返してもらう気もありません・・・・。 とにかく、てんやわんやの義実家です。 なので、服好きなワタシなので、 義実家のあまりのだらしなさに イライラしてしまいます。 ついでに、ゴミ屋敷にバーバリーを置いておく夫にも。

  • 介護老人保健施設への申し込み 施設洗濯問題

    入院中の義母 数値的なことはよくわかりませんが、結構元気そうです。 入院期間もそろそろ終わりそう そこで、 退院後、どうするか?問題 が出てきました。 入院前はショートステイにいたので、 そのまま元のショートステイに戻ると思っていましたが、 どうもアカンらしい。 世の中、甘くありません。 ショートステイというのは、文字通り、 短期間の利用の方が多い施設です。 というゆうことは 時期により、予約で一杯になる期間もあるのです。 施設利用者が緊急入院しても、ショートステイのベッドは 空いたままではありません。 時期はGW(ゴールデンウイーク) この時期にショートステイを 申し込む方は多いのだそうです。 GW中に退院予定の義母なので、どこに行くかを考えないといけません。 やっぱり、世の中は老人が増えているんだね。 漂流老人ホームレス社会 (朝日文庫) 新品価格 ¥648から (2019/5/23 00:05時点) しかし、同居は無理!! 今の状況だけでお腹いっぱいです。 神様、お願いします!! すぐ神社に行って神頼みをする青猫です。 ケアマネDさんは、最初、以下の提案をしてきました。 義母→義実家に戻って在宅介護にする。ヘルパーさんに来てもらう。 義父→GWがあけたら、義父にショートステイを体験させていく(現在の所、総合的に義父の老化の方が深刻な為) うん・・・・ 普通の人なら、それで良いのだけど、 この夫婦はそれが難しいのがネック。 まず、 義父は、どこにも行かないと言い張っている。 めっちゃガンコだからなあ。何かきっかけがない限り、 難しそうだよ・・・。(褥瘡でも動かなかったし。) 詳細→褥瘡と逆上 山々の怒り 義実家で夫婦2人で過ごせたら良いのだけど

  • 介護による子供への影響  行動の鍵

    世の中にはパターンがあります。 風が吹けば桶屋がもうかる うちも、そんな感じです。 介護が始まれば、子供が困る この場合、子供といっても、 義両親にとっての孫を指しているのですが、 正直、子供も孫も困っています。 私達夫婦の介護で引き起こされた夫婦喧嘩も、 詳細→義父発狂 修羅の感染 子供にとって、かなり大迷惑に違いないのです。 ただ、家庭内のことは、 これから青猫夫婦が気をつければ何とかなる。 (と信じたい) それとは別に、 子供の預け先がない問題 に頭を抱えていました。 私が義実家や義母の所に行った時、 息子の小学校の帰宅時間前に戻れないことが 多かったのです。 詳細→複数の案件 息子が、小学校から帰宅しても家に誰もいない。 親戚など近くにいない。 家に入れない。 どこかに行くこともできない。 「介護は時間通りに終わらない問題」 が波及したのです。 なぜ私は、時間通りに家に戻れないのか!? それは、私が急いでいても、 年寄りの話は長すぎる ということに尽きます。 <カルビー>かっぱえびせん匠海(たくみ) 10枚入 終わらない。止まらない。 介護~♪かぞくもんだい! (かっぱえびせんの曲調で。ちょっとムリがあるかな・・。) 時折、帰り道に義実家の近所の人に話しかけられることもあります。 (優しいが、話の内容は大体苦情めいたもの・・・。) なぜか、義父が帰り際になると困ったことや病状を訴えかけてくる。 (なんで最初に言わないの!?) 困った。帰れない・・・・!! 本当に時間がかかる。 普通の子供なら、多少時間が遅れても 大丈夫かもしれません。 でも、ウチは違います。

  • 匣撲滅RPG

    千里の道も一歩から と言いますが ゴミ屋敷掃除も、 目の前のひとつのものを、捨てるところから始まります。 義実家のゴミ屋敷掃除 ある程度、進んでいるものの、相変わらず、 まだ先が見えません・・・。 ゴミ屋敷は、人が住んでいなかったら一気に捨てることができますが、 うちの場合は義父もいるし、自分の物でない限り 何が出てくるかもわかりません。 ひとつひとつの落ちている物、箱、カゴ、袋を 確認しながら捨てて行く作業を、 1週間に1度のペースでやっていました。 そんな作業をしながら 不思議な気持ちが止まりません。 なぜ、ワタシはここにいるんだろう・・・? そもそも、血のつながらない他人の、 大して馴染みもない家にいる。 ここは、別世界です。 そして、その家の物を、当然の様に漁り、 処分して、掃除している!! ただただ、不思議 その設定に、ツッコみどころは沢山あります。 その家の人は、どうしてそれを許しているのか? 他人に物を触られる嫌悪感はないのか? それとも、 ワタシに絶対的な信頼を置いているのか? もちろん、真実の理由があるのは承知です。 みんな、興味もないし、しんどいし、やりたくないから。 しかし、本当に妙に思います。 私なら、他人に 自分の家の物を触られるのは、嫌だ。 特にしまいこんだ物なんて。 この、のっぴきならない設定 これは非現実に近い世界だ。 ただ、片付ける。 普通に住める家を目指して、やらないといけない。 私は、どつぼに、はまったらしい・・。

カテゴリー一覧
商用