セブ邦友会のブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
セブ邦友会さん
ブログタイトル
セブ邦友会のブログ
ブログURL
https://cebuhoyukai.muragon.com/
ブログ紹介文
「セブ邦友会」はセブ在住日本人の皆様方の集いです、日々の活動内容を発信していきます
自由文
-
更新頻度(1年)

155回 / 300日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2018/12/27

セブ邦友会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 2,681位 3,255位 3,243位 3,712位 3,517位 3,769位 3,738位 975,682サイト
INポイント 200 120 140 80 120 140 110 910/週
OUTポイント 1,460 830 1,520 640 1,600 840 1,550 8,440/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 91位 112位 112位 127位 123位 130位 129位 35,167サイト
セブ島情報 2位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 274サイト
フィリピン情報 37位 40位 39位 40位 39位 39位 40位 975サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,549位 1,763位 1,595位 1,795位 1,649位 1,854位 1,633位 975,682サイト
INポイント 200 120 140 80 120 140 110 910/週
OUTポイント 1,460 830 1,520 640 1,600 840 1,550 8,440/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 40位 52位 44位 53位 45位 59位 47位 35,167サイト
セブ島情報 1位 1位 1位 2位 1位 2位 2位 274サイト
フィリピン情報 40位 42位 41位 43位 42位 43位 40位 975サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,682サイト
INポイント 200 120 140 80 120 140 110 910/週
OUTポイント 1,460 830 1,520 640 1,600 840 1,550 8,440/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,167サイト
セブ島情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 274サイト
フィリピン情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975サイト

セブ邦友会さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、セブ邦友会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
セブ邦友会さん
ブログタイトル
セブ邦友会のブログ
更新頻度
155回 / 300日(平均3.6回/週)
読者になる
セブ邦友会のブログ
  • フィリピンがアセアンでIQ最低国!前編

    私が初めてフィリピンの地を踏んだのは、今から47年前の学生時代に海外洋上研修で 沖縄、香港そしてフィリピン(マニラ)と回りました。 その当時の日本は1970年代が始まり、あさま山荘事件で学生運動も終息を迎え、オイルショックの荒波の中で日本経済が更なる高度成長の波に乗る為もが...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その11)

    NSO/現PSA に行って婚姻証明書を無事ゲット!さてと,次は NBI クリアランスで無犯罪証明を取得しなければならない。 何処に有るのかと 女房に 聞くと「知らない」と素っ気ない返事、それはそうだ、ボホール島で生まれ育った女房に聞いた私がアホだった。 インターネットで調へ...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その10)

    それから暫くして,ボホール出身のフィリピン人女性とひょんな事から知り合い結婚する事なり、ボホール島で結婚式を挙げセブの田舎で新婚生活を始めたが、ビザは半年毎の 観光ビザの延長を繰り返していた。 結婚生活も一段落し、その後女房の 実家であるボホール島に行く用事が 出来たので、...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その9)

    大丈夫か?と 思ったが,出たとこ勝負と思いつづ待つ事10分「出来たぞ!」と パスポートを 手に戻ってきた、見ると確かにビザの正規の シールが 貼られている 。 しかし、問題は手数料だ! イミグレーショから持ち帰って来たパスポートに添付されている半年間滞在延長のシールを確認し...

  • フィリピンの公的な社会保障制度

    フィリピンの公的な社会保障制度の枠組みと概要 フィリピンの社会保障制度は政府関係機関によって公的医療保険、年金が運営されている。高齢者、児童、障害者等を対象とした福祉サービスは主に地方自治体を通じて提供されている。なお、日本の介護保険制度のような仕組みは存在しない。 所管官...

  • 健康 虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法

            NHK・ためしてガッテン、2019年5月8日(水)午後7時30分放送より 虫歯予防の強い味方!歯みがき粉の“フッ素” スウェーデンで発見!新★歯みがき法 歯の健康を守る!「プロケア」のすすめ 最新の調査によると、虫歯のある人は40代でなんとほぼ100%!毎日...

  • セブ邦友会10月定例会報告

    10月6日(日)定例会が会場の「マクタン・吞ん気」に於いて行われましたので、その 内容を報告致します。 理事会報告 1)本日1名のオブザーバー参加者がいらっしゃってます。 2)当会の基本方針の一環であります、通算4回目となりますボランティア活動を行いま   した。   今回...

  • 第4回・ボランティア活動報告

    セブ・邦友会では過去にマンダウエ市・セブ市・ラプラプ市の公立小学校と既に3回ボランティア活動を行ってまいりました。今回もその一環として学用品・日用品を中心としたドネイションを行ってまいりましたのでご報告致します。 今回は10月5日(土)午前10時より、マクタン島コルドバに有...

  • セブ・ドタバタ騒動記(生活編その8)

    前回はマンダウエ市のJセンターモールに有るイミグレーションで6ヶ月延長の観光ビザを丸一日かかって、取得してから早5か月が過ぎようとしている。 晩酌をしながら「そろそろビザの延長に又出向かなければならないのか、ビザ延長は別に海外に居るのだから、義務として止むを得ないとしても長...

  • セブ・ドタバタ騒動記(生活編その7)

    クラーク空港から傷心を引きずってセブにやって来た私は、取り敢えずメトロマニラと マロロス以外ならとこでも良かったのだが、銀行編でも書いたようにセブにはPNB銀行の口座が有ったので、取り敢えずセブに行ってみようと思い来たまであった。 田舎の一軒家を借り、長期滞在の為の生活用日...

  • 会員紹介シリーズ (大谷さん)

    セブ邦友会では会員相互の親睦を深める意味で、会員さんを シリーズで紹介しています。                今回は会員の大谷昌幸(オオタニ マサユキ)さんを紹介します。 生年月日:1952年5月12日生まれ 67歳 出身 :東京都足立区 本籍地:埼玉県加須市 過去の職...

  • フィリピン【人口爆発】後編

                              サウスピーク編集部の記事より フィリピンの人口爆発問題 校舎が足りず、1つの校舎に2つの学校が共存する現状 人口が減少していく日本から考えると人口増加は良いことづくめに見えると思いますが、実際には人口増加が急激に起ることで...

  • (速報)フィリピン中央銀行が新しい硬貨を流通

                        PHILIPPINE NEWS AGENCYの記事より フィリピン中央銀行が新しい硬貨を今年の12月までに流通させ、デザイン見直し20ペソ紙幣廃止! ZAMBOANGA CITY- Bangko Sentral ng Pilipina...

  • フィリピン【人口爆発】前編

                     サウスピーク編集部の記事より 【人口爆発】フィリピンの人口増加と人口問題について セブ市にある公立の小学校。生徒は2,500名以上。フィリピンの新生児の数は日本の二倍以上。人口が増加し続ける若い大国 1945年当時、今から74年前のフィリピ...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その7)

    私は、ホテルのベッドの上で今日一日の出来事が走馬灯の様に蘇り、なかなか眠りにつく事が出来なかったが、やがて昨夜の睡眠不足と晩餐の緊張感からの解放と心地よい酔いも 重なり、深い眠りに陥った。 翌朝、昨夜は一度もトイレに起きることなく爆睡しスッキリした朝を迎えた。 部屋をチェッ...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その6)

    やがて、スコッチウイスキーオンザロックを半分ほど飲んだところで、隣のダイニングへ移動し夕食が始まろうとしている所にANAが現れた、彼女は私と両親がゲストルームで談笑している間に素早く着替えたようだ、眩しい程のショッキングピンクに胸から腹部に牡丹の刺繍が施されたノースリーブの...

  • セブ日本人墓地のお彼岸供養

    9月22日(日)恒例のリロアンにありますセブ日本人墓地のお彼岸供養が、石田武禅さんがお経を唱える中厳かに終了いたしました。 昨年亡くなった、セブ邦友会のメンバーであった故笠松氏を始め数多くの知人友人が眠るこの墓地でお彼岸供養をし参列者で故人達を偲びました。 「皆さん来年3月...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その5)

    イミグレーションでのビザ延長手続きも無事終え、ANAとの楽しい語らいの中での昼食後帰路に就いたが、マニラ名物の大渋滞にハマりマロロス方面の高速道路に乗ったのは 4時を過ぎていた、ホテルオーナーが心配したのかANAの携帯に電話が入り「ホテルの部屋をそのままにしてあるから、今夜...

  • セブ邦友会家族懇親会

    毎年2回行われております恒例のセブ邦友会・家族懇親会がマンダウエ市パークモールの向かい側にあります、タイムズスクエアの101に於いて今月19日(木)お昼より行われましたので、ご報告申し上げます。 この101は、同じタイムズスクエアにありますTOKYO TABLE(トウキョウ...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その4)

    30分も経たない内にその役員秘書がダイニングルームに現れた瞬間、レストラン内の客の視線が一斉に役員秘書に注がれた、細身で均整の取れた紛れもない知的なマガンダババエ(美人なフィリピン人女性)である。 (これはあくまでもイメージ画像で本文とは関係ありません) 彼女の名前は仮称A...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その3)

    私はバギオに行ってみようと思い立ち、高速バスに乗ったのだが、隣の座席のフィリピン人オヤジが私を日本人と見てしきりに話しかけてくる。 そして、山下ゴールドの話が一段落するとフィリピン人オヤジが私に「何処へ何しに行くのか?」と尋ねて来たので「バギオに遊びに行くが特に予定は無い」...

  • セブ長期滞在者の為の健康講演会

    セブ日本人会主催の和歌山県立医科大学医学博士、森岡先生によるセブ長期滞在者の為の 健康講演会が行われましたのでご報告致します。 講演会に先立ち、参加者全員を対象に血管年齢と血圧測定が行われました。 血管年齢測定は血管のしなやかさを測定する為、特に喫煙者の場合は喫煙後は血管が...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その2)

    いよいよフィリピン珍道中がスタート!勇躍、南国の熱い空気とむせ返る様なヤシ油と 排気ガスの混ざった、40数年ぶりのマニラニイノアキノ国際空港にさっそうと降り 立つも、知り合い一人いるわけじゃ無し、全くの文字通り「浦島太郎」状態であります。 その後、私は約3カ月間以上、ルソン...

  • セブ・ドタバタ騒動記(イミグレーション編その1)

    今回の新シリーズ、イミグレーション編では沼さんがフィリピンに住み始めてからの ビザに関するイミグレーションとの顛末を書き綴ってまいります。 先ずは、我々日本人がフィリピンに住み始めるに際して、避けては通れない査証(ビザ)に関して改めておさらいをしたいと思います。 【1】 3...

  • 会員紹介シリーズ (小野さん)

    セブ邦友会では会員相互の親睦を深める意味で、会員さんを シリーズで紹介しています。                今回は会員の小野 雅夫(オノ ツネオ)さんを紹介します。 生年月日:1947年8月13日生まれ  72歳 出身 :岩手県奥州市 本籍地:岩手県奥州市 過去の職業...

  • 少子高齢化で未曾有の国家崩壊へ(最終編)

                             Money Voice 鈴木傾城氏著より 少子高齢化で未曾有の国家崩壊へ, 落ちゆく日本を救うたった1つの方法とは? なぜ政治家も官僚も「子どもを増やす」ことに着目しないのか 子どもを増やす方向に政策を向けて全力で邁進すれば...

  • 少子高齢化で未曾有の国家崩壊へ(その2)

                            Money Voice 鈴木傾城氏著より 少子高齢化で未曾有の国家崩壊へ, 落ちゆく日本を救うたった1つの方法とは? 政府のやっていることは単なる「応急措置」! しかし、政府のやっていることは、根本的な少子高齢化対策ではなく、...

  • 少子高齢化で未曾有の国家崩壊へ(その1)

                             Money Voice 鈴木傾城氏著より 少子高齢化で未曾有の国家崩壊へ, 落ちゆく日本を救うたった1つの方法とは? 日本人は年間約40万人近くも消滅しており、この速度はさらに加速する。少子高齢化で未曾有の国家崩壊に落ちゆく...

  • セブ邦友会9月定例会報告

    9月1日(日)定例会が会場の「マクタン・吞ん気」に於いて行われましたので、その 内容を報告致します。 理事会報告 1)今回より新会員が2名新たに入会されました。   当会の方針としては、会員の募集は積極的には行っておりませんが、当会の活動方針   を十分にご理解頂いた上で加...

  • 「MLCC」とは?世界市場で 日本シェアNo1.

    「MLCC」とは?  世界市場で断トツシェアNo1.世界中で不足【積層セラミック コンデンサ】 今回はセブの話題から外れて、現在話題沸騰中のお隣の国、韓国に対しても留飲の下がる お話をさせていただきます。 現在、韓国への【半導体材料輸出規制】3品目であります「フッ化ポリイミ...

カテゴリー一覧
商用