深夜版 孤高の千葉グルメ 酒場放浪記
読者になる
住所
出身
ハンドル名
孤高の千葉グルメさん
ブログタイトル
深夜版 孤高の千葉グルメ 酒場放浪記
ブログURL
https://chiba-sakaba.com/
ブログ紹介文
千葉市を中心に大小様々な酒場、居酒屋を行ったり来たり ツマミ、お酒の美味しい店を愛してます
自由文
-
更新頻度(1年)

76回 / 296日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2018/12/24

孤高の千葉グルメさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 24,171位 21,721位 21,646位 21,694位 20,114位 18,817位 22,122位 975,046サイト
INポイント 0 0 10 10 0 30 10 60/週
OUTポイント 80 180 50 110 100 160 130 810/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 491位 450位 444位 442位 406位 368位 448位 29,828サイト
千葉食べ歩き 10位 10位 10位 11位 9位 8位 8位 183サイト
食べ歩き飲み歩き 17位 16位 18位 17位 13位 11位 14位 340サイト
居酒屋料理(グルメ) 5位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 195サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 11,848位 11,872位 11,622位 10,474位 10,754位 10,944位 11,130位 975,046サイト
INポイント 0 0 10 10 0 30 10 60/週
OUTポイント 80 180 50 110 100 160 130 810/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 273位 271位 264位 231位 244位 248位 243位 29,828サイト
千葉食べ歩き 10位 10位 10位 10位 10位 10位 10位 183サイト
食べ歩き飲み歩き 6位 6位 6位 4位 4位 4位 4位 340サイト
居酒屋料理(グルメ) 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 195サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,046サイト
INポイント 0 0 10 10 0 30 10 60/週
OUTポイント 80 180 50 110 100 160 130 810/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,828サイト
千葉食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 183サイト
食べ歩き飲み歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 340サイト
居酒屋料理(グルメ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 195サイト

孤高の千葉グルメさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、孤高の千葉グルメさんの読者になりませんか?

ハンドル名
孤高の千葉グルメさん
ブログタイトル
深夜版 孤高の千葉グルメ 酒場放浪記
更新頻度
76回 / 296日(平均1.8回/週)
読者になる
深夜版 孤高の千葉グルメ 酒場放浪記
  • 中央区本町の居酒屋ダイニング、本町厨房 TETSU流 名物若鶏の半身焼きに子羊のソテー、四川風麻婆茄子まで、お酒が進むツマミ尽くしな名店

    前日の晩ご飯に「誕生日祝い」と称し、散々カニを堪能 迎えたこの日は、私の誕生日当日 ですが、翌日が子供の学校である事から、あまり遅くなることもできず、近場でサッと頂ける晩ご飯へと出向くことに とは言え、日曜日の夜 日頃から日曜日の店選びには苦悩している上、この日の気分は海鮮類では無く肉 焼肉のような、脂滴る系では無く、肉バルのように赤肉やジビエをガッつきたいのですが・・・ 千葉駅界隈に「肉バル」を

  • 祝、誕生日! 年に1度の贅沢とばかりに、かに道楽 千葉駅前店へ 特別懐石『蘭』にて、蟹刺し・焼き蟹・蟹しゃぶ・蟹寿司と、豪華かに三昧を堪能!

    10月最初の土曜日 実はこの翌日に、私の誕生日を控えておりまして 本来なら、誕生日当日のディナーを祝って貰うものの、当日は日曜日 翌日には子供の学校もあり、のんびり出来ないことから、1日前倒しにしての誕生日ディナーを頂く事に とは言ってみたものの、子供を連れて行けるお祝い的なディナーなど、そうそう見つかるものでも無く 加えて、小麦を食べないカミさんがいることを考えると、イタリアンなども選択肢からは

  • 都賀のお座敷ダイニングカフェ醍醐にて久々のディナー サンマに秋茄子ついでにフォアグラと、秋の味覚を楽しむ、カジュアルなイタリアンディナー

    9月2回目となる3連休 その中日となるこの日は、家族総出で外食へ 今でこそ成長したため、連れて行けるお店も数増えてきたものの、少し前まではお店の作りや雰囲気など、選べるお店は限られるばかり そんな頃から、子供連れ幾度とお世話になってきたお店の一つ それがこちら、 都賀駅から徒歩7~8分、都賀スポーツセンター近くのカジュアルイタリアン 「お座敷ダイニングカフェ醍醐」となります ※ 空腹をこじらせての

  • JR新浦安駅からバスで5分、埋め立てエリアの焼鳥店、炭火串焼 慶鳥 予想外に高クオリティな料理に思わず驚愕の鶏料理専門店!

    台風15号の襲来から2日目 停電した家を諦め、前日をホテルで過ごし、迎えた翌日 今日こそは電気の復活を・・・ と願っては見たものの、その気配はいつまで経っても感じられず 私1人なら、漫喫でもネカフェで済むものの、子供とカミさんがいてはそうもいかず 前日は早目の決断を選んだことから、なんとかホテルが取れたものの、2日目となるこの日は、千葉市内のホテルどこにも空きは無し 楽天トラベル等を探しに探した末

  • 京成千葉駅から徒歩1分、鮮魚が自慢の居酒屋 おんじゅく丸 自慢の刺し盛り始め「これぞ千葉酒場!」と呼びたい、雰囲気抜群な居酒屋

    予想だにしなかった、台風15号の打撃を受け、絶賛停電中となってしまった我が家 ガス、水道については無事ながらも、電気が使えない事には ・シャワーは使えない ・調理器具もNG ・エアコンなんてもっての外(ちなみに、日中の気温は34度) となってしまったことから、この日はホテルへ宿泊することに 千葉市に生を受け、約40年 まさか自分の家がある千葉市内のホテルに宿泊する日が来ようとは・・・ ただ、せっか

  • JR船橋駅から徒歩8分 路地裏で見つけた最高過ぎる焼鳥、大富 品質抜群の地鶏を、最高の焼き加減で味わうお任せ串に、〆のご飯まで絶品尽くし!!

    この日は久々、仕事関係の友人と飲みに出る事に 両者の家からちょうど中間となる船橋でお店を探すことになったのですが 駅からは少し離れるも、以前より気になっていた焼鳥店があり、そちらを訪れることに 事前に予約を入れつつ、JR船橋駅を降りて14号方面に徒歩7~8分 駅前の歓楽街から、住宅街へと移り変わる通り沿いで、小さく看板を掲げるこちらのお店 「焼鳥 大富」となります 外から見る限りでは、暖簾のお陰で

  • 西千葉で鮮魚と言えば、やっぱり世炉思食 驚愕の金谷産アジフライに牛すじカレー 更には、飲み放題も実は凄かった!?

    創業30年を越す老舗の居酒屋ながら、今年の4月まで未訪問・・・ と、恥ずべき失態を犯していた、西千葉の居酒屋「世炉思食」 これまで長らく、足を運ばずにいた罪を悔い改めるべく ※ 「ルパンの娘」の影響ではありません ここ数ヶ月は、月1~2ペースで足を運んでいるのですが・・・ その中でも今回は、過去の訪問では食べる事の叶わなかった、驚愕の二品に遭遇 更には、あらためて知った驚きのサービスの存在を紹介す

  • 中央区道場北、大通り沿いの焼肉店、その名も焼肉商事! アットホームな店内で頂く厚切りワイルドな焼肉、中でも牛タン&レバーは必見!!

    8月最後の週末という事で、この日は家族での外食へ 特に何を打ち合わせた訳では無いものの、偶然にもカミさんと同時に 「焼肉、食べたい」と意見が合致 ここ数ヶ月、焼肉といえば「にくがとう」な日々が続いていたのですが せっかくの金曜日という事もあり、この日は趣向を変えた焼肉を頂くことに 自宅からすぐ近くの大通りを、高品交差点を越えて、国道51号方面へ 同通りに差し掛かる少し手前、ラーメン武蔵家やBIGB

  • 気分はまるで工場見学?本千葉駅前にオープン、ワイワイジーファクトリー 店内醸造のオリジナルビール各種を飲み比べ!

    前回の記事で紹介した、本千葉駅すぐ近くにお店を構える、焼鳥店 「鶏晶」を訪れた帰り道のこと この日は子供もおらず、久方ぶりの夫婦水入らずな時間 このまま帰ってしまうには、せっかくの機会だけに勿体ない といった話になったものの、両者ともに鶏晶のフルコースを堪能し、お腹は一杯 これ以上、なにかを食べる余裕は無いものの そうは言っても、まっすぐ帰るのも勿体ない そんな状況下で、駅前をフラついていたところ

  • 本千葉で見つけた隠れた焼鳥の名店、鶏晶 大人の隠れ家と呼ぶに相応しい焼鳥店で頂く、絶品過ぎた鶏のフルコース

    子供が泊まりがけの夏合宿に出掛け、カミさんと二人晩ご飯を頂くチャンスとなった、2日目のこと 前日は、富士見町でお寿司を堪能したことから、翌日は肉を頂くことに 普段、我が家で肉と言えば焼肉が中心 ですが、焼肉店の多くは子供連れでも問題なく訪問できることより、今回の候補からは却下 続いて肉料理といって、思い浮かぶのは焼鳥 我が家に於ける焼鳥の最高峰といえば、もちろん汐見丘の「やのまこと」 ですが、こち

  • 中央区富士見町の寿司店、鮨 田むら 格式高そうな外観も、実は普段使い出来る良心的価格&コースは飲み放題付き5000円から!

    子供が習い事の夏合宿へ、二泊三日にて外出 残されるはもちろん、私とカミさんの二人のみ ここぞとばかりに、またもや普段子連れでは伺えないお店を訪問することに 候補に挙げていたお店は多数あるものの、お盆明けの週ということもあり、同時期に休みを取らなかった飲食店が続々と夏休みに 結果、元々予定していたお店の多くには振られてしまったものの、その次点として候補に挙げていた、 こちら、富士見町の鮨 田むらを訪れてみる事に 富士見町のど真ん中という立地に加え、格式高そうなお店の作り これらのイメージから、高級店であるものと考えていたのですが、以前同店前で頂いたチラシによると、思いの外リーズナブルなお店である事が判明 とは言え、子連れで伺えるか否かは判断できず、ひとまずは時期を見て・・・ としていたところに舞い込んできた今回のチャンス という訳で、事前に予約を入れつつ、開店時刻となる18時ちょうど、鮨 田むらを初訪問するものとなったのです。 千葉富士見町の中心街、格式高そうな寿司店 鮨 田むらをコースで予約し初訪問 という訳で、カミさんと二人、初訪問となった千葉 富士見町の鮨 田むら 事前に電話で予約を入れた際に、 『コースがありますが、いかがしましょうか?』 と尋ねられており、今回はそちらのコースを予約することに 尚、同店のコースは ・3500円 ・4500円 と2種類が用意され、それぞれ飲み放題を+1500円で付けることが可能 飲み放題メニューの方は こちらの通りで、生に始まり焼酎も注文が可能 カミさんの方はどうせ、ハイボールしか注文しないことを考えると、飲み放題で十分 との話になり、4500円のコースに加え、1500円の飲み放題(120分)をお願いするものとなりました。 ちなみに、通常メニューはこちらの通りで まずはお寿司屋さんらしく、お勧めメニューが並ぶ鮮魚から 今時期の鮮魚として、 ・活け鯖 ・鰯 ・生たこ などが名を連ねています これらに加え、新子やハモなどもあれば、追加注文も考えたのですが・・・ ひとまず、コースの内容が分らないので、追加の有無は後ほど検討することに 続いて、お酒のメニューですが、

  • 船橋が誇る激辛鍋、四川火鍋専門店 みやま 予約困難な超人気店で頂く、真夏の暑さ吹き飛ぶ激ウマ火鍋!

    一週間ほど前、友人から一通の連絡が 「船橋のみやま、キャンセルが出たんだけど、どう?」とのこと みやま・・・だ、と!? この季節に・・・? 当然ながら、有無を言わさず即答! そう、船橋のみやまと言えば、現在押しも押されぬ人気過ぎて、予約困難な火鍋の専門店 その人気ぶりは、船橋だけに留まらず、千葉県いや関東全域にまで、名声が届くほどとのこと 私も長らく足を運んでいるお店ではあるものの、近年はその人気ぶりが只者では無くなってしまい、 ・完全予約制 ・予約は早くでも4~5ヵ月待ち ・新規の予約は現在受付けておらず と、常連さんの予約ですら困難を究めるお店となってしまいました かく言う私も、前回訪問したのは1年前 初訪問が6年以上前の事となるので、長らく足を運んではいる身として、 現在の人気ぶりは喜ばしい半面、なかなか足を運べないお店となってしまったことに、一抹の寂しさを感じる部分も... いや、それでもこうして、訪問できる機会が得られるのなら十分じゃ無いか そんな訳で、世間はお盆の真っ只中となる8月中旬 夏の暑さを、更なる熱で吹き飛ばすべく、向かった先は京成船橋駅 同駅から線路沿いを歩く事数分、脇道に入ると看板が見えて来るはず・・・ あれ、見えてこない(汗) もしや、私の所有する高度なスキル 「臨時休業」がこの日も発動したのか?と、不安を感じながらも、薬膳の香りがする先へ進むと・・・ 四川火鍋専門店 みやまの姿を発見 ですが、もう看板すら、灯してません(笑) まあ、完全予約のお店で、且つ訪れるのも常連さんばかりとなれば、看板に灯を付ける必要も無いのでしょう という訳で、1年ぶりとなるみやまにて、最高峰の火鍋を前に汗を流してみようと思います。 京成船橋駅すぐ側、線路沿いの脇道を入ると香る、薬膳の風味 四川火鍋専門店 みやま そんな訳で、約1年ぶりに訪れるものとなった、船橋の火鍋専門店みやま この日、お店を予約した時刻は19時 同時間の5分ほど前にお店へ着いたものの、店内は当然ながら私たちの席を除き、既に満席 以前は18時~21時の営業時間だと記憶していたのですが、

  • 千葉駅前に8月オープンの新店、シカゴピザ×肉バル ミートギャングを初訪問! ラクレットチーズたっぷり1ポンドステーキは、目で舌で楽しめる逸品だった

    毎週恒例となる、日曜日の晩ご飯 久々に家族三人での外食となるのですが、せっかくならば未訪問のお店を・・・ と、情報を検索していたところ、見たことの無い新規オープンとなるお店の情報を発見 しかもこちらのお店、8月4日オープン・・・ ・・・今日やないか!! お店について詳しく調べて見ると、ジャンルとしてはいわゆる、肉バルになるとのこと しかし、ただの肉バルには留まらず、 ・シカゴピザ ・チーズフォンデュの凄そうな奴 などを頂けるとの事 肉バル、と呼ばれるお店に対して、これといって良い印象は持てずにいたものの (まあ、千葉に限っての話にはなるでしょうが) メディアで話題となっているシカゴピザが、千葉で頂けるとあらば一大事 開店初日での訪問となるため、様々なトラブルが起こることくらいは想定のウチとし、向かった先は富士見町 かつては「K's通り」と呼んでいたものの、現在の正式名称は「ラ・ピエール通り」とされている通り ※ この名前で分る人はいないでしょうが、マックやセガ、にくがとうやアドアーズが並んでる通り 同通りの1Fが薬局になったビル、そちらの7Fにオープンしたてホヤホヤとなる新店、 ミートギャング~肉屋一家となります 事前に得られた情報は、 ・シカゴピザ ・チーズフォンデュの凄そうな奴 この2点のみ あとは、この先何が出てくるものか、神のみぞ知るところ エレベーターで7Fに降り立ち、いざ扉を開けてみると、そこには・・・ まさかの、まさかの出会いが待っていようとは、この時の私は想像もしていなかったのです。 千葉駅前、ラ・ピエール通り(?)に8/4オープン、シカゴピザ×肉バル ミートギャングを初訪問! 肉バル兼シカゴピザ 更には、凄そうなチーズフォンデュ どうも人気者ばかりを集めてきた、パンダだらけの動物園 そんな空気を感じる反面、やはり人気者の魅力を一度は味わってみたい と、オープン初日に突撃を果たしてみた、千葉富士見町の肉バル、ミートギャング ネットからの予約が可能となっていたため、念のために予約を行い、お店の方へ 7Fに降り立ち、店のドアを開けると共に、予約の旨を伝えようとすると・・・

  • ついに成就! 千葉市最強のアジアン料理、バグース 念願のディナーへ初訪問!絶品揃いの創作アジアン料理は、夜の部こそ最強だった!!

    私の中で長らく「千葉市最強のアジアン料理」 というポジションを確立してきた、穴川のバグース ランチでは頻繁に足を運んでおり、その都度味わう料理に幾度と舌鼓して来たのは下記の通り ランチでも満足度が高い品々を味わえるお店 これを夜に、お酒と共に頂いた暁には、更なる感動が味わえるのでは・・・ と、目論んできたものの、 ・お店周辺に最寄り駅がない ・夜だと子連れになる(辛いものが多いアジアン料理は子供に不向き?) ・日曜日はお休み(我が家で夜の外食は日曜が多め) 等の理由から、いつか行こうと願いつつも、叶うことなく早3年 しかし、ついにそのチャンスが訪れたのです! この日は土曜日、普段なら子供の習い事の都合で外食に出づらいものの、夏休みの都合でお休み また、先日バグースのランチへ訪問した際、 ・デミソースのオムライス ・シュリンプソースカレー など、辛みのない料理が、夜にも提供されている事を確認済み 加えて、ソース系で辛味を与えている品については 子供でも食べられる様、ソースを別添えに出来るとの有り難い情報もチェック これまで、なかなか夜には足を運べなかったバグースながら、万全の準備を整え、ついに訪問の機会を得るものとなったのです という訳で、この日の晩ご飯はバグースにて、 念願だった初ディナーを頂くものとなりました いつか行こうから早3年、稲毛区役所向かいの最強アジアンダイニング、バグースで念願の初ディナー 8月最初の土曜日 千葉では各所で花火大会が行われている他、地域のお祭りや盆踊りなどもあちこちで開催 その影響もあってか、なかなかタクシーが掴まらなかったものの、電話を掛け続けること3軒目にてようやくタクシーを確保 念には念を入れるべく、事前に予約を入れながら、お店に着いた時刻は18:30 花火の影響もあってか、幕張方面に向かう道路が混雑を見せている中 我が家は花火になど一切目もくれず、これより激ウマアジアン料理と共に、大玉を打ち上げるものとなりました ランチ帯では、連日賑わいを見せている店内ですが、前述した通りこの日は各所で花火大会が開催

  • 千葉駅から徒歩圏、裏千葉の新店「和のか」に早くも再訪! ハズレ無しのおつまみ揃いながら、3種の「ほっけ」料理は必食の品々ばかり

    久々に、学生時代の同級生らと千葉駅界隈で飲みに出掛けることに 気分的にはガッツリ肉を食らいたい私 対する友人はと言うと、頑なに 「アッサリした和食が食べたい」と、年寄り染みた姿勢を崩さず まあ、長年の付き合い故に、 この夏場には間違い無く、和食を希望するであろうことは目に見えていたのですが(笑) さて、とは言え千葉駅から徒歩圏となる飲食店で イイ感じに大人がシッポリ出来る場で和食を食べる となると・・・なかなか候補が・・・ あ、あった。 しかも、つい最近、家族で訪問したばかりだ そんな訳で、友人の希望に従い向かった先は、中央区新町 いわゆる「裏千葉」とも言われるエリアになるのですが、同エリアについ先日オープンしたばかりの新店 「旬彩旬肴 和のか」となります この7月、「おでんでんでん 裏千葉店」の跡地にオープンした同店 開店2日目に、家族連れで初訪問を果たしたのですが 上記の記事でも触れている通り、 オープン2日目のお店ながらも、頂く料理のクオリティ、お酒のバリエーション そしてご主人&奥様の気さくで心地良い接客に至るまで、大満足を得たお店でもあります つい10日ほど前に訪問したばかりで、早くも再訪・・・ というのはスパン的に早いかな、と思う反面 せっかくなら和食好きの友人に紹介したい、といった事情もあり、早くも再訪を果たすものとなったのです。 千葉駅徒歩7分、裏チバエリアの新店「旬彩旬肴 和のか」にアッサリ和食を求め、早くも再訪 友人と予定を立て、和のかへと向かうことが決まった時点で、時刻は17:30 念のために、と予約の電話を入れておき、お店へ到着したのは18時を少し回った所 この日は平日となるので、さすがにこの時間であれば、まだ空いているだろう・・・ と思いきや、すでにカウンターには数組のお客さんの姿が 加えて、私たちの予約したテーブル以外にも、予約の札が置かれており、数分後には満席が確定している賑わいぶり 長年営業している老舗ならともかく、飲食店の多い裏千葉エリアとは言え、大通りには面していない通り

  • 西千葉で見つけた、隠れ名店 居酒屋 半歩へ早くも再訪! 名物の炉端焼き以外も満足出来る絶品揃い、とうもろこしの唐揚げは別格の存在感!?

    子供を夏休みイベントのキャンプへ送り出した二日目のこと 前日は、カミさんと二人、子供を連れては訪問出来ないお寿司屋さんの方へ 続く2日目もまた、子連れはNGとの事で諦めていた、某中華の名店を予約し訪問・・・ の予定でいたものの、この日の朝から大トラブルが発生(汗) そのトラブル処理に、一日中追われてしまい、帰宅したのは20時手前 予約していた中華の方へは、泣く泣くキャンセルを伝えたものの、 さて・・・自分たちの晩ご飯をどうしようか、との話に この時点で20時 しかも日曜の夜とあっては、選択出来るお店も僅かばかり 近くでサッと食べ、飲み、帰宅出来るお店・・・ そんな条件下で、パッと思い浮かんだのがこちら 先日、以下の記事でもご紹介した 西千葉の炉端焼き居酒屋、半歩となります つい半月前に初訪問したばかりのお店ですが ・頂く料理 ・お酒 ・接客 と、どこを取っても非の打ち所が無い良店 しかも、日曜でも営業している上に、事前に電話を入れたところ、空席も確保 前回訪問からのスパンは短めとなりますが、それだけあしげく通いたいお店という事で、再び半歩を訪れてみることとなりました。 月2ペースでも通いたくなる料理&接客の隠れ名店 西千葉駅徒歩8分、半歩へ早くも再訪 今月上旬に、子供を連れ一家三人で初訪問したばかりとなる、西千葉の半歩 あれからわずか半月あまりながら、早くも2度目の訪問に というのも、こちらのお店 前回の記事でも触れた通り、とにかく何を食べても美味いお店でして 加えて、店員さんの接客も素晴らしい上に、イケメン&美女揃い ※ 私はイケメンでは無く、美女の方担当 一体なにをどう営業すれば、そんなお店になるものか? 深まるばかりの謎を解き明かしたく、再度の訪問を決行するものとなりました さて、同店の名物とも言うべきは、当然ながら炉端焼き 炭火でジンワリ熱を受けながら、ふっくら香ばしく焼き上がる魚たち これを味わえるのは、西千葉に数あるお店の中でも、ここ半歩だけである事は言うまでもありません

  • 千葉駅から徒歩5分の個室風居酒屋、日本橋 かなえや 魅力的な鮮魚と肉料理に加え、接客も◎な雰囲気良い駅チカ店

    週末の晩ご飯という事で、この日は家族で 「沖縄ダイニング 琉歌 千葉店」を訪れてみたものの・・・ メニュー上ではアレコレ気になる品が見つかりながら、イメージとの違いに悩まされ 更には、私たちの席近くに蔓延した異臭?の影響もあり、お腹一杯を迎えること無くお店を退店 この時点で時刻は19時を少し回った所 翌日は子供の学校も休みという事で、カミさんが 「もう一軒、なんか食べてから帰りたい」との話に とは言ってみたものの、さすが週末の19時台 思いつくお店はどこも混雑している事が予想される中、ふと脳裏に浮かんだのがこちらのお店 旧三越のお向かいにある飲食ビル こちらの地下1Fにお店を構える「日本橋かなえや」となります 同店は、同じく富士見町界隈にお店を構える ・独眼牛 ・くらのあかり これらと同じ系列の居酒屋さん どちらのお店も訪問済みながら、印象の良いお店という事で、機会があれば訪問したかったお店の1つとなります はしごで立ち寄るにはいかがなものか?とは思うものの、せっかくの機会という事で、こちらで軽く腹ごしらえを狙ってみるものとなりました。 JR千葉駅から徒歩5分、旧三越向かいのビル地下1F 日本橋 かなえやを初訪問 そんな訳で、子連れながらも2軒目をはしごするものとなった週末の夜 特に予約も無くお店を訪れるものとなった、日本橋かなえやですが・・・ 幸い、個室席に僅かながら空きがあるとのことで、そちらへ通していただくことに 店内はさすが週末と言うべきか、それともお店のポテンシャルからか 私たちが案内された個室は確かに空いていたものの、そこを除けばほぼ満席の大賑わい 加えて、店内を縦横無尽に動き回るスタッフさん達からも鋭気が溢れており、その盛況ぶりが伝わってきます ひとまずはメニューの方から まずは和食のお店らしく、日本酒がズラリ 物珍しいお酒が揃う訳では無さそうですが、定番をしっかり抑えた取り揃えとなっております 飲み比べセットなども提供されているので、お酒好きには楽しみが多そうなレパートリーですね 続いてのメニューでは、 果実酒に梅酒、そしてワイン お隣に移ると焼酎一覧となるのですが、こちらのメニューには ・天使の誘惑 ・百年の孤独

  • JR千葉駅から徒歩5分、沖縄ダイニング 琉歌 千葉店を初訪問 定番の沖縄料理に一手間加えた創作料理が味わえる沖縄料理店

    7月に入りはしたものの、梅雨前線のの影響からか パッとしない日々が続く中 せめて晩ご飯だけでも、梅雨の明けたカラッとした感じを味わいたい カラッとした雰囲気の晩ご飯・・・沖縄料理だな と、謎の結論を導き出し、この日の晩ご飯は家族で沖縄料理店へ向かうことに ご近所で沖縄料理店と言えば、モノレール天台駅すぐ側にある「石敢當」 が、真っ先に思い浮かぶのですが、せっかくなら未訪問のお店を選ぶことに という訳で、この日向かった先はJR千葉駅 ヨドバシカメラの向かいとなる、飲食店がひしめくビル 同ビルの5Fにあった沖縄料理店「ちゅらり」が昨年11月にリニューアルした、 こちら「沖縄ダイニング 琉歌」を初訪問してみることに ちなみに、同ビルのエレベーターは、各フロアに停車するのでは無く なぜか、各フロアの間に止まる作りとなっております(笑) よって、5Fを目指しエレベーターに乗ったのみ関わらず、何故か階段を登りお店の方へ。 沖縄料理ちゅらりが昨年リニューアル 沖縄ダイニング 琉歌 千葉店へ初訪問 という訳で、一足先に夏気分を味わうべく訪れた、沖縄ダイニング 琉歌 実は一週間前にも、一度こちらのお店を訪れるべく、訪問前に予約の電話を入れたのですが 『現在満席となっており、ご案内できるのは20時以降となってしまいます』 といった返答を受け、一度は訪問を断念 あらためての翌週、今度は事前に予約を入れた上での再訪となりました ちなみにこの日は週末という事で、2時間制とのこと 前回電話した際にも満席だった通り、なかなかの人気店である様子が伺えます そんなお店の内装ですが、 この日通されたのは、店内奥の座敷席 掘りごたつ調のテーブル席となっており、総勢30名ほどが収納可能な広いスペースになっております 見渡す限り、特に沖縄感は見えてきませんが、各テーブルの間にはスクリーンが設置 個室と言うほどでは無いものの、広々した空間で食事を頂くことが出来ます そんな小上がりの一番奥に通されたのですが、ここで早くも異変が到来

  • 遅れてきたマイブームこと、西千葉の海鮮居酒屋 世炉思食 絶品過ぎるスーパー6品盛りをも越えた、極上生ウニに大興奮!!

    2ヵ月ほど前に初訪問して以来、その魅力にドップリとハマってしまった西千葉の海鮮居酒屋、世炉思食 気付けば、ここ2ヵ月の間に、すでに4~5回お店を訪れているほど、 ・料理の美味しさ(とにかく魚は段違い) ・レパートリーの豊富さ(何度行っても飽きさせない) ・お店の広さ(いつ何時でも、受け入れて貰えます) ・営業時間(深夜でも訪問できるのは最高) この様に、私が望む「居酒屋に求める要素」の全てを叶えてくれるお店でもあります そんな中、この日は遅ればせながら「父の日」の祝いがてら、実家の両親を誘い、世炉思食を訪れることに 日頃、大したものを食べている訳では無いながら、魚(特に鮮魚)にだけはウルサい、私の父 そんな年寄りをも納得させる鮮魚となるのか、世炉思食を訪れてみました。 初訪問から2ヵ月、早くも5度目の訪問となった西千葉NO1海鮮居酒屋、世炉思食 この日は日曜日の早い時間となる、18時過ぎにお店の方へ 事前に団体さんの予約が入っているとのことで、座敷席には空きが無かったものの、テーブル席なら案内可能となり、そちらへ通されることに さて、まずはメニューの方ですが・・・ レギュラーメニューに関しては、過去の記事でも触れておりますので割愛し、 この日のお勧めメニューの方をチェックしていこうと思います まずは鮮魚の方ですが、 世炉思食を訪れるからには、外す事が出来ないのが「スーパー6品盛り」 この日のメニューには、馬刺しや甘エビ、更には今時期に旬を迎える鰯なども名を連ねております そして、千葉と言えば・・・の金目鯛 加えて、いったいいつまで豊漁が続くのか?と、千葉の漁師さんがこぞって不安がる鰹などを中心に鮮魚が提供されるとのこと そして、もう一枚 こちらも同じく、本日のお勧めメニューとなるのですが、 ここで発見し、頼まずにはいられないのが「極上 生うに」 北海道は利尻産の、最高級生うにが、お値段なんと・・・1200円!! 「好きな魚はなんですか?」 と尋ねられても、魚にはそれぞれ旬がある以上、それぞれに順位付けなんてとても・・・

  • 西千葉駅すぐ近く、炭火焼鳥鉄板・志合せ屋・串焼十八番を初訪問 ゆったり広い店内で頂く焼鳥&鶏料理に鮮魚も発見!!

    週末の晩ご飯という事で、家族総出で外食へ ただこの日は、子供の帰宅が遅く、事前予約が出来なかった事から、帰宅の時間を待ちお店に予約を入れることに 当初、候補に挙げていたお店へ電話するも、現時点ではすでに満席とのこと 仕方なく一軒目を諦め、以前より気に掛けており候補として挙げていた、西千葉の小洒落たお店へ電話してみると、席に空きがあるとのこと それではと予約をお願いし、お店に向かうべく地図を確認すると・・・ あれ?思ってたお店と、場所が違うw どうやら、西千葉にある別のお店を予約していた様です(汗) とは言え、この時点で時刻は19時近く 今更予約をキャンセルし、別のお店へ・・・と手を掛ける様な時間でもなし 間違って予約してしまったとは言え、同じ西千葉 しかも未訪問のお店とあらば、これを機会に・・・と向かった先がこちら、 炭火焼鳥鉄板・志合せ屋・串焼十八番となります 西千葉駅西口(14号側)から、ロータリーを左折した居酒屋が建ち並ぶ通り こちらに2~3年ほど前にオープンしたのが、志合せ屋・串焼十八番 オープン当初はランチ営業を行っており気に掛けていたのですが、気付いた時にはランチは終了 結果、今日に至るまで訪問機会なくいたお店となります こちらは店名通り、焼鳥をメインにしたお店と察していたものの、 こちらを見ると、鮮魚やお刺身も扱っている様子 先日訪問した、都賀の「炭火焼き とりや」と同じ雰囲気を感じます また、学生の多い土地柄からか 1280円の飲み放題が行われているのですが、こちらはなんと、時間無制限とのこと 加えて、唐揚げ&餃子の食べ放題が1500円で提供されているなど、学生には嬉しいサービスじゃないでしょうか では早速、志合せ屋・串焼十八番の店内へ まさかのミスから、西千葉駅すぐ近くの焼鳥店「志合せ屋・串焼十八番」を初訪問 外から見る限りでは、そこまでの広さを感じなかったものの、いざお店に入ると、 縦に長い作りとなっており、想像していたよりもだいぶ大きな店内となっております 入ってすぐの左右には、合計20名程のテーブル席 更に突き当たりには、これまた20名は入れそうな小上がり席が設けられ、団体さんでも余裕ある作りとなります

  • 西千葉のチャーハン専門店、幸せのれんげで初ビール! お酒と共に頂く中華おつまみ&一品料理に、〆のチャーハンまでを堪能してみた

    約1ヶ月前に、西千葉へオープンしたチャーハン専門店「幸せのれんげ」 こちらのお店は、開店準備の早い段階から、看板を掲げていたこともあり 私や、その界隈の食べ歩き好きの中では、早々に期待を寄せていたお店でもあります 同店で提供されるチャーハンについては、 こちらの記事でも紹介している通り、すでに2度の訪問を済ませ、ある程度の感触は掴んだものとなります が、しかし。 ディナータイムの訪問時に目にしたメニューによれば 同店で提供されるのはチャーハンだけに留まらず、多数の中華系一品料理やおつまみも取り揃っているとのこと そう、チャーハンのみで満足しているウチは 幸せのれんげが与えてくれる「幸せ」の全容を知るには程遠いのでは無いか!? かねてより抱えていた、そんな疑問を解き明かすべく、三度目の訪問を敢行 しかも、この日の目的はチャーハンでは無く、お酒 そして、お酒と共に頂ける数々のおつまみを味わうべく オープンから1ヶ月ながら、今度はお酒メインに幸せのれんげを訪れてみたのです ※ 焦って外観の写真撮影を忘れたため、以前の記事より引用させて頂きました 早くも三度目の訪問となる、幸せのれんげ 三度目にしてようやくお酒とおつまみ類をオーダー 前回の訪問時に、様々なおつまみ、一品料理を確認したものの 車での訪問かつ、子供連れであったことから、お酒を頂かずチャーハン(&ラーメン)のみを堪能した、幸せのれんげ さて、三度目の訪問となるこの日は かねてより同店について、再三の議論を繰り広げてきた友人2名と、計3名による訪問となります それではまず、同店の夜メニューについてですが、 連日のランチでは、2~3種のチャーハンが日替わりメニューとして提供されているのに対し 夜のメニューで提供されるチャーハン類は ・炒飯 ・あんかけ炒飯 ・スープ炒飯 と、3つの形態で炒飯が提供されております 更に、各炒飯共に3~5種のバリエーションを誇っており 「炒飯専門店」の名に恥じない、豊富な炒飯を頂くことが可能

  • 都賀駅東口エリアで稀少な鮮魚&焼鳥店、炭火焼 とりやを初訪問 鶏と同じく鮮魚もお勧めながら、広めの座敷が子連れにも優しい居酒屋

    本ブログでも、毎度おなじみとなってきた、私の通っているジムのトレーナーさん この日は、同トレーナーさんの家族と、我が家とで飲みに出掛けることに 両家の家からほど近く、且つお店選びも容易である事から、都賀駅方面へ トレーナーさんと二人であれば、店選びも余裕ながら、この日は両家とも子供連れ という訳で、子連れでも訪問しやすい、座敷の広めのお店を探した結果、 都賀駅東口から徒歩3分ほど 郵便局お隣に10年ほど前からお店を構える焼鳥店、炭火焼 とりやを訪れることに こちらのとりや、以前からお店の存在は目にしていたのですが、あまり飲みに出る事の無い都賀エリアだけに、私は初訪問 幸い、トレーナーさんは過去に訪問があり、なかなかのお勧めとの話から、こちらを選ぶこととなりました お店の前にはA看板が立てかけられているのですが、 前述した通り「とりや」と焼鳥メインの雰囲気を出しているにも関わらず こちらに記載されているお勧めメニューは鮮魚ばかり 鮮魚も鶏も一様にお勧めとの話の元、こちら「炭火焼 とりや」を訪れてみます。 チェーン店居酒屋並ぶ都賀駅東口の、貴重な個人経営居酒屋 炭火焼 とりやを初訪問 という訳で、二家族での晩ご飯を頂くべく訪れることとなった、都賀の「炭火焼 とりや」 この日は、夕方18時に予約を入れた上でお店を訪問 平日~週末であれば混み合っているとの事ですが、この日は日曜日 都賀界隈でお店を営む飲食店オーナーの多くも 「日曜の夜は暇」と声を揃えているとかの通り、この日も先客はおらず私たちのみ 店内は、テーブル席と小上がりを中心とした作りになっており、 外から見る外観よりも、奥行きのある店内となっていて、テーブル席に加えカウンター席も完備 小上がり席は掘りごたつ上となっており、二家族での利用でも、十分過ぎる広さとなります それでは早速、メニューの方へ 1ページ目を開くと、まずドカンとお出迎えするのがこちら、 まぐろの中落ち、となります マグロ好きであれば、誰もが一度は憧れるであろう 骨身に付いた中落ちを、スプーンで削ぎながら頂くこちらの品 そのお値段はなんと・・・700円!!

  • 東千葉、ゆず庵に夏季限定の新メニュー「トマトすき焼」が登場! その他、期間限定の握りと共に飲み放題を味わってみた

    少し前に、地域新聞へと同封されていたチラシ ※ 私、こう見えて地域新聞(の、ご飯部分)は毎回チェックしてます そこに挟まっていたのがこちら、 すぐご近所となる、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店、ゆず庵 同チラシによると、夏季限定メニューが始まったとのことで、その名も「トマトすき焼」だとか 数年前より、都内を中心に広がりを見せている同メニュー とは言え、保守層多い千葉では、まだ見かける機会の少ない変わり種のすき焼でもあります 以前より一度は食べてみたいと思っていたのですが、その1度目がゆず庵・・・ 若干の不安はあるモノの、まあご近所だし 子供は子供で、好きなものがオーダーできる食べ放題は楽しみのひとつ という訳で、夏の新メニューであるトマトすき焼を頂くべく、 この日の晩ご飯は、東千葉のゆず庵を、家族で訪れるものとなりました 住所的にはは東千葉も、駅から徒歩15分 ゆず庵東千葉店へ夏季限定メニューを求め訪問 今年2月、雪が積もり車が出せない中 徒歩で伺える数少ないお店という理由から、数年ぶりに訪問した、東千葉のゆず庵 それ以来となるので、そこまで久々感はありませんが、ディナー帯での訪問となれば実に数年ぶり 徒歩で伺えるご近所・且つ食べ放題ではあるものの、頂く料理の一つ一つが 「食べ放題」の域にすっぽり収まる品ばかりである事から、私の中では、積極的に足が向かないお店でもあります とは言え、今日の目的は、数年前に話題となっていた「トマトすき焼」 本来は冬の変わり種鍋として需要を高めそうな品ではあるモノの、ここゆず庵では何故か夏季限定メニューとして登場 ただ冷静に考えてみると ここゆず庵は「しゃぶしゃぶ食べ放題」のお店となるので、果たしてすき焼までもが美味しく頂けるのか 今更ながら、疑問が浮かぶものとなります なお、同店のお鍋は全5種ある出汁の中から 2つを選ぶことが出来るシステムとなります ここで私は、迷わず「火鍋」を選びたいものの、カミさん&子供はNG 結果、トマトすき焼と昆布だしという、無難極まりない2種の出汁がセレクトされる結果に ここで「火鍋」を選ばせてくれないことも、私がゆず庵に足を運びたがらない理由だったりするのですが...

  • 都賀の炭焼き居酒屋、祭りやにて再び肉祭りへ!フォアグラ&2種のカルビに舌鼓も、名物「マル秘焼きそば」の秘密に驚愕!

    以前から興味は持っていたものの ・情報が全く無い ・電話番号すら分らない などの理由より、訪問を果たせずにいた、都賀(北貝塚交差点近く)の居酒屋、祭りや 今年二月、同店の店主さんと「知り合い」だというジムのトレーナーさんと共に初訪問を果たし 肉祭りなるイベントにて、その美味さを骨の髄まで堪能するものとなりました 後日、その話をカミさんにした所、当然の如く 「私も連れて行け!!」 となったものの、肉祭りの開催時期が分らず、早数ヶ月 数日前に、再びお店の前を通った所6/15~23まで、再度肉祭りを開催するとの予告を発見! となればコレはチャンスという事で、今度は家族総出にて 都賀駅から徒歩10分ほどとなる、北貝塚交差点近くにお店を構える 「炭焼き居酒屋 祭りや」へ、二度目の訪問を果たすものとなりました。 JR都賀駅から徒歩10分 北貝塚交差点近くの居酒屋、祭りやで二度目の肉祭りへ突入! 前回の訪問が2月となるので、実に4ヵ月ぶりとなる、都賀の祭りや この日は土曜日という事で、事前に予約を入れて訪れるものとなりました。 向かった時刻は18時、ということで、各テーブルには「予約席」の札が置かれているものの まだ先客はおらず、1番手にて肉祭りに馳せ参じるものとなりました 今回は子連れという事で、店内奥の座敷席へと通して貰いつつ、まずはメニューへ この日のお勧めメニューには、以下の通り マグロやアジといったお刺身に加え、自家製鯖のスモークなど、気になる品を発見 ポテトサラダやチリスープはともかく、もずく酢にまで「自家製」の文字を見つけると、これもまた気になってしまいます とは言え、今日のメインは「肉祭り」 当然、味わうべきメインとなるのはこちら、 肉祭り限定の4品となります 前回はこちらの4品を男二人で全て頂いてしまい、かなりの満腹を迎える結果に 対し、今日の男手は私1人のみとなるので、ペース配分には細心の注意を払わなければなりません その他、レギュラーメニューは以下の通りで 炭火で焼かれる焼魚各種や焼鳥類 居酒屋の定番メニュー一通りを揃えつつも ・麻婆豆腐

  • 作草部最強の1人飲みコース! もつ焼き一炷香(イッチュウコウ)で頂くまぐろ&レバー、麺処まるわの裏メニュー葱油拌麺、これぞ漢のはしご酒!

    子供とカミさんが、共に夜まで出払ってしまい、久々の1人晩ご飯 さて、どうしようかと悩み、近所の寿司屋も脳裏をよぎったのですが 先日、私のホームこと、作草部の麺処まるわよりTwitterにて、裏メニュー更新のお知らせが 6月の新たな裏メニューに名を連ねたのは 「葱油拌麺」という、聞き馴染みの無い品となるのです はて・・・どんな品になるのか(どうせ美味いに決まってるけど)、 念のために、まるわ店長からの続報を待っていると・・・ !!これは・・・良い!! 絶対食べるべき、いや食べずにいたら、きっと後悔する!! そんな具合に、ビジュアル1枚で私の胃袋を掴んで離さない新メニューの登場 ただ、待てよ。これっていわゆるまぜそばなんだけど・・・ 以前にとあるプロが 『まぜそばはツマミ、ラーメンは〆』と語っていたことを思い出したのです これは、ただまぜそばとして味わうのでは無く、ツマミにすることが至高の味わいでは無かろうか? となると、そのツマミを更に美味しく味わうには、一足先にガソリンを注入した方が、一層味わいも深まるのでは!? そんな邪念がよぎり、向かった先はモノレール作草部駅 同駅からモノレール沿いに2分ほど進んだ通り沿いにある、こちらのお店 立ち飲み居酒屋 もつ焼き「一炷香(イッチュウコウ)」にて、ガソリンを補充 そして、本日の二軒目として、同じく作草部の「麺処まるわ」へ向かう、1人はしご酒を敢行するものとなったのです。 モノレール作草部駅から徒歩2分 立ち飲み居酒屋 もつ焼き一炷香(イッチュウコウ)へ 家族が出払っているのを良い事に、ここぞとばかりに独り飲みを敢行 その一軒目として向かった先が、恐らく作草部エリア唯一となる立ち飲み酒場、一炷香となります 同店は看板からも伝わる通り、新鮮なモツを使った ・もつ焼き ・もつ刺し これらをメインに提供する、立ち飲み居酒屋 最近は、立ち飲みと称しつつも、椅子や寄りかかれる席を用意しているお店が増えている中、こちら一炷香は完全立ち飲みスタイル 最大で5~6人が並べるカウンター席に加え、テーブルが2卓 元ソムリエのご主人が、一人で切り盛りする、硬派な立ち飲み酒場となります

  • JR西千葉駅から徒歩1分、線路沿いに移転&リニューアルの登戸の滝 リーズナブルなお値段、温かな雰囲気に癒やされる老舗居酒屋

    毎週恒例となりつつある、週末の家族での外食 先週は、鮮魚を求めて西千葉駅前の「世炉思食」を訪ねたのですが 今週はカミさんが 「美味しい揚げ物が食べたい」とのこと 揚げ物にも様々あるわけですが、千葉~西千葉界隈で子連れでも気軽に行けるお店 ということで、この日の候補に挙げたのがこちら JR西千葉駅の西口から、線路沿いに千葉方面へ徒歩1~2分 昨年同地に、移転&リニューアルオープンを果たした「登戸の滝」を訪れてみるものとなりました。 JR西千葉駅線路沿いに昨年移転&リニューアルオープン 登戸の滝へ移転後、初訪問 という訳で、この日訪れたお店となるのが、西千葉駅すぐ近くの登戸の滝 同地に移転したのは昨年のことで、それ以前はもう一本海側の通りにて (居酒屋等が多く並ぶ通り) 営業を行っていたお店となります 更に遡れば、同店の店名からも分かる通りで こちらのお店、古くは登戸一丁目にて営業していた、老舗の居酒屋さん 私の実家からもほど近くだったため、登戸時代には何度と足を運んでおりました その後、西千葉に移転オープンしてからは、リーズナブルなお値段、雰囲気の良さも相まって 「千葉大生、卒業生御用達」とも言われる居酒屋に 一方、千葉大と縁もゆかりもなければ そんな若者が集う雰囲気に相まみえることが苦手な私は、お店とも徐々に縁遠く・・・ なってしまっていたのですが、前述した通り、現在の店舗へ昨年移転 以前に比べると、学生では無い身でも訪問しやすいお店になったとの話から、本日の訪問に至りました 既に移転から1年が経過してしまったものの、初訪問となった現在の店舗ですが、 お値段の安さや、お通し・チャージといったシステムの無いリーズナブルさは変わらず 1本80円からの串揚げ、300円から注文できるおつまみ類は今も健在 そんな様子を確認しながら、店内の方へ テーブル上のグランドメニューは、 名物となる串揚げを中心に、居酒屋の定番らしい品々がリーズナブルな価格で提供されております 続いて、本日のお勧めメニューですが、こちらは店内ホワイトボードに この日のお刺身には、 ・さんま(初物!?) ・赤貝 ・真子ガレイ

  • 千葉の焼肉界に旋風巻き起こす、にくがとう千葉店へ早くも再訪! 「週3」で通っても後悔しないコース&アラカルトを一挙連投!

    5月最後の土曜日に、千葉富士見町にてヒッソリとオープンした新店 「焼肉 にくがとう千葉店」 すでに、開店当日に訪問&絶品過ぎる肉の数々については、孤高の千葉グルメ本編にて報告済みではあるのですが、 こちらの記事を投稿したその日、麺処まるわの店長と作草部~西千葉界隈のお店へと飲みに行く予定だったものの、 『それよりもにくがとうに行きたい!!』との展開に(笑) その結果、前回訪問から中1日という強行スケジュールの中、 先日オープンしたばかりの「にくがとう千葉店」へ、早くも2度目の訪問を迎えるものとなりました。 前回訪問から中1日(笑)早くも2回目の訪問となるにくがとう千葉店にて、今度はコースを食べてみた 当日の朝、急遽2度目の訪問が決まったにくがとう 営業時間前に予約を入れる形となった為、ネットより事前予約を行い、お店の方へ この日、入店した時刻は19時ちょうど 私の中では既に「超人気店になるべきポテンシャル」を持つお店ではあるのですが、お店側は派手な告知や宣伝を行っていないこともあり、この日の先客は4組ほど 前回の訪問時に、色々話を聞かせてくれた店長さんが私のことを覚えていてくれたらしく (この短期間に2度も予約入れているのだから、それも当然でしょうかw) 前回のお礼を伝えながら、席の方へ通されるものとなりました さて、この日のオーダーですが、朝イチに寝ぼけながら予約を入れたためか どうやら、コースを予約してしまっていた様でして(汗) 合流したまるわの店長にその旨を伝えた所、 『せっかくならコース、頂いちゃいましょう』との話に という訳で、この日提供される料理の一覧がこちら 前菜のキムチ&ナムルから始まり、肉刺しの盛り合わせと握り そこから一品料理が続き、焼き物の方は ・特上タン ・ハツ ・イチボの一枚焼き ・ハンバーグ ・ランプロック その後、一旦サラダで小休止を挟みながら、 ・ランプ ・ふんどし ・リードヴォー と、3品の焼き物へ そして最後は、 ・〆のコムタンスープ ・トマトソースの冷製パスタ

  • 西千葉駅前、小洒落た雰囲気で頂く鮮魚&お酒 SAKE-FISH SAWASUKE シーフードカレーは西千葉で頂く〆の新定番!?

    日曜の昼間から家族で出掛け、夕方近くに一旦帰宅 汗だくになるまで遊び尽くし、ひとっ風呂を浴びた所で、外食へと出ることに とは言ってみたものの、この日は日曜日 千葉方面や都賀方面の飲食店は休みが多く、となると選ぶ先は・・・西千葉しかありません 西千葉の駅近郊には、意外な程に日曜営業している居酒屋が多く、先日も本ブログで紹介した こちらの「世炉思食」を筆頭に、家族連れでも足を運びやすいお店が複数存在 そんな中、せっかくならば未訪問のお店を訪れてみようといった話に という訳で向かった先は、西千葉駅前 ロータリー内のファミリーマート、その2Fにある こちら「SAKE-FISH SAWASUKE」を訪れてみるものとなりました。 西千葉駅ロータリー内、鮮魚でお酒が自慢の居酒屋、SAKE-FISH SAWASUKEを初訪問 本日、家族総出で向かった先となる、SAKE-FISH SAWASUKE こちらのお店は、その店名が語る通り ・鮮魚 ・お酒 これらをメインに掲げる居酒屋ダイニングとなります お店がオープンしたのは2~3年前と記憶していたのですが、どうやら来月6月で3周年を迎えるとのこと またこちらの店主さん、以前は「世炉思食」で勤務されており、その後独立されたのだとか なんにしても、ご近所でありながら、機会に恵まれず未訪問のままだったお店のひとつとなります それでは、メニューの方から まずはアルコール類ですが、定番のビール&ハイボール、サワー類に加えて 充実した地酒が自慢の通りで、有名処から通好みまで、多数の取り揃えに 更に驚くのが、そのお値段 上記にある日本酒は、どれも全て450円にて提供されているのです 品揃えが豊富なのは日本酒だけで無く、 私の愛する焼酎でもご覧の通り 品数については、先ほどの日本酒より劣るものの、こちらも全て450円にて提供されております そんな品数豊富なお酒と共に頂くおつまみもまた、豊富な取り揃えに 卓上に置かれたお勧めメニューでは、 お酒同様にお店の看板となる鮮魚を使った、様々なおつまみが並びます そして、豊洲から仕入れている

  • 京成船橋駅近くの人気韓国料理、丸い月を初訪問 驚愕のボリュームなのに5000円!? コスパ抜群のセットメニューを食べてみた

    鎌ケ谷で開催される、 「日本ハムファイターズVS読売ジャイアンツ(2軍)」 同試合を観戦した帰り、船橋に立ち寄り、そのまま晩ご飯を頂く事に ただこの日は、淡々とした試合運びとなり、船橋に着いた時刻は16:30 飲みに向かうにもまだ、飲食店も多くは開店前の時間帯 そんな中、共に野球観戦していた友人から 「焼肉が食べたい」とのリクエストを受け、お店探しに 船橋で焼肉、といえば真っ先に浮かぶのは将泰庵 ですが、同店は基本予約が必須の人気店となり、飛び込みで向かうにはちと厳しい人気店 そこで思い浮かんだのが、昨年も同試合の観戦後に向かったものの 「今日は予約で全席満席」と断られたこちらのお店、 京成船橋駅から、徒歩5分程の路地裏にお店を構える 韓国料理店「丸い月」というお店になります こちらのお店、訪問経験は無いものの、ネット上での評判が良く、以前より気に掛けていたお店のひとつ 加えて、昨年訪問した際には、予約で満席となってしまっている姿も目にしており、ますます興味が高まるお店となります という訳で、昨年のリベンジをすべく、この日の晩ご飯は「丸い月」を訪れてみるものとなりました。 京成船橋駅から徒歩3分 船橋の人気韓国料理店、丸い月を1年越しで再訪問! この日、お店に着いた時刻は16:45 近隣の居酒屋等が開くには、まだ早い時間ながら、こちら「丸い月」はランチから遠し営業を行っているとのこと とは言え、韓国居酒屋だけに、お店独自のルールが設けられているケースも多数 恐る恐る、ドアを開けて覗きこんでみると 『いらっしゃいませー』 との声に迎え入れて貰う事に成功 いや、油断するにはまだ早い 昨年も同タイミングで訪れながら、全席予約で満席と断られている訳です 2人が入れるのかを確認してみると 『大丈夫ですよーどうぞー』 と、2年連続の敗北を喫することなく、店内へ招き入れられることに成功となりました 1年越しに訪問成功となった店内はこんな感じ 1F席に加えて2Fにも客席があるとのことで、外から見るよりも広い店内となっております という訳で、早速メニューの方へ

  • 千葉、富士見町の小料理居酒屋 馬肉料理くつろぎ処 旬菜ちよで頂く、和牛すき焼 旬の食材に囲まれつつ、千葉では唯一の「凍結酒」も!

    週末の晩ご飯 我が家ではここ最近、子供の習い事の都合も合って、外食に出るケースが多いのですが この日もまた、例に倣い外食にて済ませることに 前日にカミさんへ「何食べたい?」と質問すると 『落ち着いた感じで、すき焼系が食べたい』との返答が すき焼、かあ・・・ 千葉ですき焼が食べられるお店、といって思い浮かぶのは ・MA~なべや ・どん亭 ・温野菜 こんなもんでしょうか? 後は、前述したお店らよりクオリティを上げた ・木曽路 ・船場 パート2 なども思い浮かびますが、同2店ですき焼を食べる様な、祝い事など何も無い、ただの土曜日 ネットを検索しても、これ以上の答えが見つからないものの、これまで訪れたお店の中に、 「実はすき焼もやっています」 そんなお店が無いものかと、自身のブログで検索してみると・・・ あった。 しかも、思いもしなかった意外なお店に! そちらのお店と、もう一つ候補に挙がった「MA~なべや」、どちらに行きたいかカミさんに聞いた所、行ったこと無い方にしたいとのこと という訳で、前日のウチに予約を入れ、あくる夕方 向かった先は、千葉、富士見町 ナンパ通りを「とらや」で曲がり、中心街に向かったすぐのビル 同ビルの3Fにお店を構える 「くつろぎ処 旬菜ちよ」となります こちらのお店、昨年11月に訪問して以来となるのですが、 同店では、福島産の馬刺し、馬肉料理を中心に海鮮なども幅広く提供する割烹となります しかし、あらためて見直したメニューの中に「すき焼」の存在を発見 やっぱメニューを画像に残しておくの、重要だなあ そんな想いを噛みしめつつ、お店の方へ。 富士見町のど真ん中ながら、知る人ぞ知る個室居酒屋 馬肉料理くつろぎ処 旬菜ちよ この日、お店を訪れた時刻は18:30を過ぎた頃 会社勤めのお客さんが中心となるお店なので、土曜日の夜となれば静かなものか・・・ と思いきや、そんな私の予想は及ばず、店内は早い時間から賑わいを見せている様子 事前に予約を入れておいたことが幸いし、この日は個室へと通されるものとなりました さて、気になるメニューの方ですが、

カテゴリー一覧
商用