searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

たそがれ君さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
たそがれ君の地球めぐり
ブログURL
https://tg-fun.com/
ブログ紹介文
世界3周、世界約40ヵ国100都市をバックパッカーで巡った「たそがれ君」のブログです。
更新頻度(1年)

358回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2018/12/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、たそがれ君さんをフォローしませんか?

ハンドル名
たそがれ君さん
ブログタイトル
たそがれ君の地球めぐり
更新頻度
358回 / 365日(平均6.9回/週)
フォロー
たそがれ君の地球めぐり

たそがれ君さんの新着記事

1件〜30件

  • 夏・習作 ルノワール

    印象派を代表するフランス画家、ピエール=オーギュスト・ルノワールの作品(1868年頃)です。芸術モデルのリーズ・トレオ(当時20歳)を描いた作品です。リーズ・トレオは、20作を超えるルノワール作品に登場する定番モデルです … "夏・習作 ルノワール" の続きを読む

  • 黄昏、ベネチア クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1908年頃)です。1908年9月末、67歳のモネは、静養する目的で、妻アリスとともにイタリアのベネチアを訪れました。この都市に魅了されたモネは、ベネチアに約2カ月滞 … "黄昏、ベネチア クロード・モネ" の続きを読む

  • ジヴェルニーの日本の橋と睡蓮の池 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1899年頃)です。1883年にジヴェルニーに引っ越してきたモネは、庭に池を作ります。池の周りを花や木や潅木で囲み、睡蓮を植え、日本風の木製の橋を架けました。その後四 … "ジヴェルニーの日本の橋と睡蓮の池 クロード・モネ" の続きを読む

  • クルーズ峡谷(灰色の日) クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1889年頃)です。モネはフランスの中央高地にある小クルーズ川がクルーズ川に合流するフレスリーヌで、20点ほどの作品を描きました。そのうち9点はほとんど同じ構図で、光 … "クルーズ峡谷(灰色の日) クロード・モネ" の続きを読む

  • アンティーブの朝 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1888年頃)です。モネは1888年初めには南仏コート・ダジュールのアンティーブに滞在し、30点ほどの絵画を描きました。アンティーブは、小さいリゾート町です。それでは … "アンティーブの朝 クロード・モネ" の続きを読む

  • サッセンハイムのチューリップ畑 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1886年頃)です。モネはオランダのチューリップ栽培地の南端に位置するサッセンハイムと呼ばれる地域を中心に、満開の花畑を描いた5枚の作品を制作しました。本作はその中の … "サッセンハイムのチューリップ畑 クロード・モネ" の続きを読む

  • ボルディゲーラの別荘群 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1884年頃)です。本作はボルディゲーラの別荘の庭を描いたものです。モネはこれを「地上の楽園」と呼び、「他のどこにも似ていないこの土地は、純粋なファンタジーであり、世 … "ボルディゲーラの別荘群 クロード・モネ" の続きを読む

  • マンヌポルト(エトルタ) クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1883年頃)です。モネは1883年2月ノルマンディー海岸の漁村であるエトレタで過ごし、海岸と3つの奇岩(アヴァール門、アモン門、マンネポルト)を題材に多くの絵画を描 … "マンヌポルト(エトルタ) クロード・モネ" の続きを読む

  • エトルタの嵐の海 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1883年頃)です。本作の舞台は冬の日の嵐の海で、背景の崖はフランス北西部のエトルタにあります。モネはホテルの窓から本作を描きました。それでは具体的に見て行きましょう … "エトルタの嵐の海 クロード・モネ" の続きを読む

  • ラヴァクール クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1880年頃)です。ラヴァクールは、モネが1878年から1882年に住んでいたヴェトゥイユのセーヌ川対岸に位置する町です。ヴェトゥイユの自分の庭の真下から、セーヌ川越 … "ラヴァクール クロード・モネ" の続きを読む

  • 解氷 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1880年頃)です。この時期、妻カミーユが亡くなり、モネは精神的にショックを受けていました。そんなモネに転機が訪れます。完全に凍りついていたセーヌ川の氷が解けて、流氷 … "解氷 クロード・モネ" の続きを読む

  • ヴェトゥイユの雪の効果 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1879年頃)です。本作はヴェトゥイユの教会の雪景色を描いたものです。単色の色を素早いタッチで重ねており、非常に軽快な作風はヴェトゥイユ時代の独特の描き方です。雪の白 … "ヴェトゥイユの雪の効果 クロード・モネ" の続きを読む

  • サン=ラザール駅:列車の到着 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1877年頃)です。サン=ラザール駅はパリの主要ターミナル駅の1つであり、1837年に建設されたパリで最も古いターミナル駅です。モネはこの駅を題材にたくさんの絵を描き … "サン=ラザール駅:列車の到着 クロード・モネ" の続きを読む

  • 昼食 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1873年頃)です。この作品は、アルジャントゥイユの家におけるモネ家族の生活の一端を、わずかな痕跡しか残さずにシンプルに描いています。それでは具体的に見て行きましょう … "昼食 クロード・モネ" の続きを読む

  • 国会議事堂下のテムズ川 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1871年頃)です。モネは、1870年から1871年にかけて初めてロンドンに滞在した際、ロンドンの霧に魅了されました。画商のルネ・ギンペルに「霧がなければ、ロンドンは … "国会議事堂下のテムズ川 クロード・モネ" の続きを読む

  • トルヴィルの浜辺 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1870年頃)です。本作はモネが1870年の夏に制作した5つのビーチシーンの1つで、モネは、妻カミーユと息子ジャンと一緒にトルヴィルで過ごした数週間の間に描いたもので … "トルヴィルの浜辺 クロード・モネ" の続きを読む

  • 昼食 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1868年頃)です。モネの将来の妻であるカミーユとその息子であるジャンがテーブルに座っている様子を描いています。シーンは安らぎと快適さをテーマとしており、モネの暮らし … "昼食 クロード・モネ" の続きを読む

  • セーヌ河岸、ベンヌクール クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1868年頃)です。1868年の春、モネはパリの百キロ以上西のセーヌ川添いの町ボニエール・シュル・セーヌ近くのベンヌクールに滞在し、そこでセーヌの水辺の光景を描いた作 … "セーヌ河岸、ベンヌクール クロード・モネ" の続きを読む

  • 干潮のエーヴ岬 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1865年頃)です。本作は、20代半ばのモネがサロンに初挑戦し、初入選した2作品の一つで、モネが生まれ育ったエーヴ岬近郊の美しい浜辺の風景を描いたものです。それでは具 … "干潮のエーヴ岬 クロード・モネ" の続きを読む

  • オンフルールのセーヌ河口 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1865年頃)です。本作は、本作は、20代半ばのモネがサロンに初挑戦し、初入選した2作品の一つで、屋外で描いたものではなく、パリのアトリエで描いたスケッチをもとに描い … "オンフルールのセーヌ河口 クロード・モネ" の続きを読む

  • モネの家の庭、アイリス クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの晩年の代表作(1900年頃)のひとつです。パリ郊外のジヴェルニーで購入した自宅兼アトリエに建造した庭に咲くアイリスの花々を描いたものです。 モネは、自ら「私は花のおかげで画 … "モネの家の庭、アイリス クロード・モネ" の続きを読む

  • 【2021年度版】Rakuten UN-LIMIT VI活用術

    楽天モバイルが、とてもお得なスマホプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を展開しています。 ————————&#8 … "【2021年度版】Rakuten UN-LIMIT VI活用術" の続きを読む

  • 睡蓮の池、バラ色の調和 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1900年頃)です。パリ郊外のジヴェルニーで購入した自宅兼アトリエに建造した庭の池と、そこに咲く草花や睡蓮を描いた作品です。それでは具体的に観て行きましょう。太陽の移 … "睡蓮の池、バラ色の調和 クロード・モネ" の続きを読む

  • ロンドンの国会議事堂、霧を貫く陽光 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1904年頃)です。モネは、冬のロンドンの霧が織り成す独特の雰囲気やその風景に魅了されていたと言われおり、「好みは冬だけだ。霧が無ければロンドンに魅力はないだろう。霧 … "ロンドンの国会議事堂、霧を貫く陽光 クロード・モネ" の続きを読む

  • ジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1897年頃)です。1896年の8月から翌1897年の同月頃にかけて制作された21点からなるセーヌ川連作のひとつで、セーヌ川とエプト川の合流地点まで平底船で乗り付け、 … "ジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝 クロード・モネ" の続きを読む

  • ルーアン大聖堂、扉口とロマン塔、陽光 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの代表作(1893年頃)です。本作はモネの有名な連作「ルーアン大聖堂」の全33作品の内のひとつです。ルーアン大聖堂は、フランス北西部、セーヌ=マリティーム県のルーアンにある大 … "ルーアン大聖堂、扉口とロマン塔、陽光 クロード・モネ" の続きを読む

  • 陽を浴びるポプラ並木 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1891年頃)です。本作は、連作「積みわら」に続き制作された、連作「ポプラ並木」の中のひとつで、セーヌ川の支流であるエプト川岸に植えられたポプラ並木を描いています。蒼 … "陽を浴びるポプラ並木 クロード・モネ" の続きを読む

  • エプト川のほとりのポプラ並木 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1891年頃)です。本作は、連作「積みわら」に続き制作された、連作「ポプラ並木」の中のひとつで、セーヌ川の支流であるエプト川岸に植えられたポプラ並木を描いています。ポ … "エプト川のほとりのポプラ並木 クロード・モネ" の続きを読む

  • 積みわら、夕日 クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1891年頃)です。モネは「積みわら」の題名で、多くの作品を描いており、25作にも及びます。それらは、1890年の夏の終わりから1891年の春の間に描かれたものです。 … "積みわら、夕日 クロード・モネ" の続きを読む

  • 舟遊び クロード・モネ

    印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの作品(1887年頃)です。本作はモネが自身の邸宅兼アトリエとして購入したジヴェルニーの家の近郊にあるセーヌ川支流エプト川で、船を浮かべ優雅に余暇を過ごす婦人たちを描いたもの … "舟遊び クロード・モネ" の続きを読む

カテゴリー一覧
商用