プロフィールPROFILE

北国の923さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
北国・津軽の風景
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/k92g3
ブログ紹介文
本州最北端にある津軽の中心都市城下町弘前市 その周辺の四季の風景を見て頂いて 一人でも多くの人に
更新頻度(1年)

51回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/10/28

北国の923さんのプロフィール
読者になる

北国の923さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 13,483位 13,154位 12,479位 12,459位 11,879位 10,795位 11,283位 980,064サイト
INポイント 0 10 30 20 20 30 20 130/週
OUTポイント 0 10 20 10 30 10 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 395位 397位 374位 377位 356位 320位 334位 32,933サイト
東北風景写真 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 148サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 36,372位 37,022位 38,582位 38,602位 38,770位 38,860位 35,763位 980,064サイト
INポイント 0 10 30 20 20 30 20 130/週
OUTポイント 0 10 20 10 30 10 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 680位 696位 720位 718位 724位 732位 653位 32,933サイト
東北風景写真 9位 9位 9位 9位 8位 9位 8位 148サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,064サイト
INポイント 0 10 30 20 20 30 20 130/週
OUTポイント 0 10 20 10 30 10 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,933サイト
東北風景写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 148サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、北国の923さんの読者になりませんか?

ハンドル名
北国の923さん
ブログタイトル
北国・津軽の風景
更新頻度
51回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
北国・津軽の風景

北国の923さんの新着記事

1件〜30件

  • 日本一の大銀杏

    日本海に面した深浦町その北金ヶ沢地区には日本一の大イチョウがある遠くから見ればそうでもないが近くに行くとその大きさと迫力に圧倒される国指定の天然記念物で樹齢1000年以上とされ高さ31m幹回り22mの巨大な物である幹からは沢山の気根があり「垂乳根のイチョウ」呼ばれ古くから神木として崇拝信仰され乳を授ける樹としても知られている大イチョウの中に入って行くと外の世界とは全く違う別世界が広がり心が洗われたかのようにとても新鮮で不思議な気持ちになってくる遅れ気味だった日本一の大銀杏は今が見頃で12月はじめ頃までは何とか楽しめそうだ日本一の大銀杏

  • 初雪

    昨日、昼過ぎにチラチラと舞い降りて来た雪積もるまでにはまだならなかった朝、窓を開けると屋根には薄っすらと雪庭の樹木にも真っ白な雪植木鉢の小さな花も少し重たそうに初雪を堪えていた太陽が当たって青空が見えると今年初めて積もった雪が溶け始めてきたこれから、毎日こんな朝を迎えられると良いんだけど・・・除雪車の音で目覚めるのは気が重いな初雪

  • 秋深まる弘前公園

    日本一の桜の名所弘前城のある弘前公園追手門前の外堀は桜の落ち葉が少しずつ増えてきている桜の花びらで堀を埋め尽くす花筏で話題になったが今は落ち葉筏となっている桜の葉の色付きも見るごとに色濃くなってきている公園の中に入ると見上げると色とりどりの紅葉が美しく見下ろすと落ち葉の絨毯がとても綺麗だ桜が咲いていたこれは春と秋に咲く十月桜可憐な小さいピンクの花びらが眩しく見える今に時期、同じ場所に数日後に来てみると全く違った風景を見せてくれる弘前公園どこを見渡しても深まる秋を感じるまた来週来てみようと思う秋深まる弘前公園

  • 最勝院 五重の塔

    弘前市銅屋町にある金剛山光明寺最勝院の境内にある最勝院五重の塔日本にある五重の塔では北限とされている国の重要文化財であるここには桜やモミジ、銀杏などの樹木が沢山あるので四季を通じて子供の頃から来ているが何度訪れても心安まる場所である今年は少し紅葉の色付きが遅れていたがここに来てようやく秋の五重の塔らしくなってきた今の時期は午前中よりは午後の少し陽が傾いた頃の方が肌寒くはなるが写真を撮る場合陰と陽の具合が私は好きだ山には雪が降り里には霜や氷の便りがあり今週末には雪の予報が出て、北国の秋色は深まるばかりである最勝院五重の塔

  • 中野もみじ山

    東北自動車道黒石ICを降りて十和田湖方面へ国道102号線を5分ほど走ると紅葉の名所となりつつある中野もみじ山が左手に見えてくる今年は少し遅れ気味で半分ほどの色付き具合だが東北の小さな嵐山と銘打ってか多くの人で賑わっていたここは何と言ってもおよそ20品種のもみじと樹齢100年以上の古木が130本ほどあるとされていて河原まで降りて近くで写真が撮れる不動の滝もあるもみじ山を囲むように中野川の流れと赤く染まったもみじがここの魅力でもあるだが弘前9代藩主津軽寧親公がもみじを移植する1000年以上も前に坂上田村麻呂がこの地が永く安泰であるようにと日本武尊を祀ったとされる中野神社には参拝せざるを得ない訳でもみじの色付きは今週末がピークとなるだろう中野もみじ山

  • 黒森山浄仙寺

    黒石市から国道102号線を十和田湖方面へ向かって落合温泉から八甲田方面に行く国道394号線を少し登ると黒森山に入る道がある山道を少し登って行くと浄仙寺が見えてくる紅葉が見頃と言うことで平日でも次々と観光客が訪れてきている境内に入って黒森山全体が見事に色付いていたどこを見渡しても黄色や赤の色合いが素晴らしいまた松の緑や青葉が紅葉をより綺麗に見せてくれて久々に来てみたが本当に良かったと思えた帰り際、日が差して来ると青空と銀杏の濃い黄色が見事にマッチしていて首が痛くなるほど見上げていた静かな黒森山浄仙寺の秋黒森山浄仙寺

  • 津軽白神湖の秋色

    世界遺産の白神山地へ繋がる岩木川沿いの紅葉がようやく見頃となって道路沿いの岩肌に赤や黄色に色付いた色鮮やかな樹木がしがみついているように見える西目屋村から津軽白神湖に向かう途中の田代地区真っ赤に染まったりんごは今週あたりから収穫がはじまる津軽白神湖少し水は濁って見えるがどこを見渡しても見事な秋の色だ地元に居ても中々紅葉の1番綺麗な時期にその場所に行くことが出来るとは限らない綺麗だなぁ秋色津軽白神湖の秋色

  • 岩木山の秋

    10月に入って半ば過ぎになると北国津軽も朝晩の冷え込みが厳しくストーブ無しではいられません先週岩木山にも初雪が降り秋本番となって岩木山に向かう道路の街路樹も赤く色づき山に近づくにつれ岩木山の中腹が赤くなっているのがハッキリしてくる日本一のリンゴの産地でもある弘前市今年も甘くて美味しいりんごが出来上がってきました日中と朝晩の温度差がりんごの甘さと色合いを一段と良くするので今週末あたりから収穫が始まる主力品種「ふじ」も美味しそうに色付いています最後になりましたが、先日の台風で被害に遭われた人たちが少しでも早く普段の生活に戻れますよう北国から応援しております岩木山の秋

  • 五重塔の彼岸花

    本州最北端の弘前市銅屋町にある最勝院五重塔秋彼岸は終わったが彼岸花が見頃となっている最勝院の境内では真っ赤に色づいた彼岸花が参拝に訪れたひとに秋の訪れを告げているこの花は秋彼岸の頃咲くことから彼岸花と言われているが別名「曼珠沙華」とも呼ばれている今年はいつもの年より2週間ほど早く先週末くらいから咲き始め今が見頃となっている境内のあちこちに600本ほどの花が咲いていて今月いっぱい楽しめそうだ五重塔の彼岸花

  • 弘前ねぷた

    毎年8月1日~8月7日に開催されている弘前ねぷたまつり3日目の今日、ようやく20分ほど写真を撮ることができた弘前ねぷたは国の重要無形民俗文化財に指定されていて、勇壮で幻想的な武者絵などが描かれた扇ねぷたと組ねぷた(人形ねぷた)の山車がある弘前ねぷたまつりは昨日の夜、審査結果を発表し大型本賞の最高賞である県知事賞は扇ねぷたに3年連続茂森新町ねぷた同好会が、組ねぷたには西地区ねぷた親交会が10年連続受賞した今夜は茂森新町ねぷたの出陣なくとても残念だったが短い時間でも結構楽しめた最終日の7日の夜は岩木川で今年のねぷたを燃やすなぬかびおくりが行われる弘前ねぷた

  • 蓮の花

    平川市猿賀神社の境内にある鏡ヶ池では今月20日から28日まで蓮の花まつりが開かれている今年はいつもの年より少し遅れているようで先週後半から咲き始め今日の好天で大きなピンクの花が少し目立つようになってきたそれでもほとんどが蕾で鏡ヶ池は大きな葉っぱの緑に覆われているこの蓮は「和蓮(われん)」と呼ばれる品種だそうで日本列島で青森県が北限とされている蓮の花は朝早くから咲き始め、咲く時にはポンと音がする咲き始めの濃いピンク色がとても綺麗だ綺麗に咲いた蓮の花でも昼を過ぎると少しずつしぼんでしまう鏡ヶ池の蓮の花はこれからが見頃となり8月に入ると池一面に咲く蓮の花を楽しめる蓮の花

  • 田んぼアート

    暑くなりそうでならなかったり暑くなったり南の方では大雨だったり気まぐれな天気が続く中田んぼアートで少し知られるようになった田舎館村今年のテーマ「おしん」が見頃になってきた36年前の昭和58年、NHKで放送された「おしん」の最も印象に残るとされる場面、7歳のおしんが奉公のため親元を離れて川を下っていくシーンだ植えられた稲が風に揺れると今にも動き出しそうな迫力のある出来映えだこの田んぼアートの田植えは5月26日に行われ紫稲やゆきあそびなど7色11種類の稲を使って作り上げた作品だ道路から見ても何となく絵柄が分かるが展望台から見るとやはりアートだこれから稲はもう少し伸びて穂が入いるともっと大きく風に揺れるから迫力が増すと思う田んぼアート

  • あじさいまつり

    弘前市を南下すると東北自動車道大鰐弘前インター近くの小高い丘の上に大仏公園があるその昔大仏ヶ鼻城と呼ばれていたが城主南部高信が津軽為信に滅ぼされた城跡で明治になって桜などを植えられ景色も良い事から地域の憩いの場所となっている公園公園内にはおよそ20種2500株の青や赤紫などの紫陽花が咲いていて見ていて楽しい超薄い青色や青空のようなきれいな青色同じ株なのに赤紫色の中に紫色が押合いながら咲いていたりまた花の周りに花びらのようなガクがあるガクアジサイなど色とりどりで楽しめるこのあじさいまつりは今月いっぱい開かれているあじさいまつり

  • ハナショウブ園

    北国津軽の梅雨も本格化して夕べはかなりの雨が降った雨上がりの弘前城植物園ではハナショウブが見頃を迎えているこのハナショウブ園には江戸系、肥後系、伊勢系や海外の改良の花およそ60品種が植えられているこの花はハナショウブの代表とも言える「江戸錦」この花はうす紫色の大きな花びらの中心にある黄色が可愛い「スカイアンドウォーター」この花はキショウブと間違えられるが黄色が薄めで中心の柄が少し違う「愛知の輝」弘前城植物園にはほかにスイレンや遠くから見ると煙のように見え、近くに行くと綿あめのようなスモークツリーなど草花をゆっくり見ながら楽しめるハナショウブは7月上旬までは大丈夫かなハナショウブ園

  • ラベンダーの香り

    弘前市の国道7号線の弘前バイパス高架下の信号から中心街まで3kmの北大通り中央分離帯に植えられたおよそ2万株のラベンダーが見頃を迎えている北大通りのラベンダーは今年で24年目となるがドライバーや道行く市民にはお馴染みとなり季節を実感するようになってきた厳しい冬を乗り越えたラベンダーは6月下旬から7月上旬にかけて最初の見頃を迎えるが10月下旬にもかれんな花を咲かせる弘前市では年に2度、刈り込みの作業を行って刈り取ったラベンダーの一部を市の道路維持課で無料配布しているラベンダーの香り

  • オープンガーデン

    早いもので6月も中旬国道102号線を黒石市内から十和田湖方面に向かう途中世界一の登り窯「烏城焼」の看板のある小道を登って行くと左手に色鮮やかなバラ園が目に入ってくるオープンガーデンパセリ畑であるこれは「春がすみ」3cmほどの白とピンクの花が仲良く花束のように並んでいるこれは「グランデアモーレ」ビロードがかった赤い花がバラらしいこれは「ショウゴエレガン」ラベンダーピンクの花びらにクリーム色のふりふりが可愛いオーナーの櫻庭美智子さんが8年前、最初に植えた真っ赤なバラが雨上がりに凛とした力強さを感じて、それから少しずつ増やしてきたバラ園手作りケーキ付珈琲を飲みながらゆっくり楽しみたい天気が良ければ岩木山も望める素敵な場所であるオープンガーデン

  • 北国の田んぼでは

    五月の中旬北国の田んぼでは田植え作業が盛んに行われている先週末から夏日が続いている津軽地方でも暑い日差しの中、作業が進められていた残雪の岩木山が田んぼの水面に映るこの田んぼでは「つがるロマン」と言う品種のお米の苗が植えられていた夕方になるとほぼ田植え作業が終わって岩木山に太陽が沈んでいく日中初夏を感じていても陽が落ちると急に辺りの空気が冷え込んできて今はまだ五月なんだなと思えてくる北国津軽北国の田んぼでは

  • 大鰐温泉つつじまつり

    北国津軽も5月の中旬になると色鮮やかな草花に彩られてくる弘前から車で20分ほど南下すると大鰐町がある天気に恵まれて初夏のような陽気の中、町の中心にある茶臼山では40種、1万5千本を超す色とりどりのツツジの花が咲き始めてきた俳句の句碑が立ち並ぶ俳句の小径に沿って咲くツツジは赤や白、紫など品種によって咲く時期がずれているのでいいまた山のモミジの緑が少しずつ色濃くなってきて町を見下ろす起伏の富んだ遊歩道を散策できる大鰐温泉つつじ祭りは明日から5月22日までだがツツジの花は下旬まで楽しめると思う大鰐温泉つつじまつり

  • 菜の花畑

    北国津軽の桜が終わり、りんごの花が咲きそして色鮮やかな黄色い菜の花が咲き始めました岩木山の西側の麓、鰺ヶ沢町建石地区では広陵な地帯に今の時期黄色い絨毯となる菜の花畑が広がっている岩木山の残雪と青空と黄色い菜の花を撮るために20年ほど前から通っているがいつ来てもいい風景だこの部分だけは岩木山がある分北海道の富良野に負けてはいないと思うのだが菜の花は今月下旬ころまで楽しめると思う菜の花畑

  • りんごの花が満開

    桜の花が終わり今、北国津軽のりんご畑はりんごの花が満開だこの花は主力品種「ふじ」の花津軽地方のほとんどのりんご畑からは岩木山が見えるこれが津軽だこの花は大きなりんごの「世界一」の花周りを囲むつぼみの赤と中心花のピンクの花びらがとても綺麗だこの花は緑色のりんごで「王林」の花花びらが少し大きいので撮りやすくてピンクで可愛いこれから津軽地方のりんご畑では受粉や花摘み作業で忙しくなるそして今月半ばからは田植えなど、農家の人にとっては収穫の秋まで作業が続くりんごの花が満開

  • 湯段の水芭蕉

    5月5日晴天に恵まれたこどもの日午前中から気温が上がり暑いくらいな時は山方面へ岩木山の麓、嶽温泉から少し下がった所にある湯段地区ここには30年ほど前から通っている水芭蕉の群生地がある今では遊歩道も整備され次々と人が散策に訪れてくる今年は雪解けが早かったので少し過ぎてはいるがまだまだ楽しめそうだしかし時々いるが遊歩道から群生地に入り込んで写真を撮っている年寄りがいたりする注意をすると逆切れされるので困ったものだ道路脇のオオヤマザクラが見頃なので岩木山と青空とピンクの桜がまた春らしい五月晴れの爽やかな一日だった湯段の水芭蕉

  • 弘前雪明かり

    ゴールデンウィークも後半に入って道路や鉄道の上りが混み始めてきた桜まつりで賑わう弘前公園は今、遅咲きの桜が次々と見頃を迎えている弘前雪明かり弘前市古木名木に指定されていて平成29年日本花の会により新品種として認定された淡いピンクの花びらが美しい鬱金(うこん)金と言うより淡い黄色と緑が混じったような珍しい色の桜だ東錦今が満開の鮮やかなピンクが眩しい10連休となった今年はあちこちのイベント会場が大混雑しているが遅咲きの桜が見頃の弘前公園はゆったりと楽しめるようになっているようだ弘前雪明かり

  • 日本一の桜並木

    ソメイヨシノでは日本一の名所弘前公園だが弘前市にはもう一つの名所があるそれは桜並木の日本一を誇るネックレスロード百名山の岩木山麓を一周する岩木環状線弘前市と鰺ヶ沢町に跨る県道30号線だ道路の両脇に植えられたオオヤマザクラが岩木総合運動公園付近で今見ごろを迎えている植えた時期や種類の違いで濃いピンクや薄いピンクの花が訪れた人を圧倒する県道から一本下がった農道にも植えらていて道路が狭くなっている分覆いかぶさって桜のトンネル道路となっているこの並木は標高が高くなる場所ではこれからが見頃となる平成から令和に元号が変わっても桜を楽しめる場所だ日本一の桜並木

  • 晴天の弘前公園

    満開の桜に雨が降り風が吹き日本一の桜の様子が心配だったが今日は朝から晴天で空気が澄んでいるのか岩木山がクッキリ外堀の桜は思ってたほど散っていなくて桜と花筏を楽しむ人で賑わっていた公園の堀には桜が散ると当然花びらで埋め尽くされる訳でこの風景は昔から見られていたがここ数年花筏と言われて人気を呼んでいる東内門傍にある樹齢およそ120年の日本最古のソメイヨシノは今が丁度満開を迎えていて見事な花を見せている今日は天気に恵まれて一番の人出になったと思う公園の周りの道路がもの凄く混みあっていて桜まつりだものなぁと弘前市民は思うのである晴天の弘前公園

  • 満開の弘前公園

    北国津軽を彩る弘前公園の桜今日は暖かいと言うより暑くて上着を手にした人が多く見られたと言う事で日本一の桜の名所弘前公園は外堀と園内が満開と発表があった今日夜から雨予報で観光に訪れた人たちには申し訳ないが桜と傘の花の満開が見られそうだそしてホコリもないので綺麗な桜を楽しめる事になる花曇りの今日も多くの人で賑わっている弘前公園西堀にある桜のトンネルは明日か明後日満開になって連休始めは外堀や園内の花吹雪と花筏を楽しめる弘前さくらまつり会場では令和元年イベントなどがあり5月6日まで開催されている満開の弘前公園

  • 弘前公園外堀の桜

    晴天に恵まれた弘前市気温は今日も18℃超えで少し汗ばむ陽気先週金曜日に開花となった公園の外堀と園内だが外堀の方は桜の開花が進み五分咲きと発表された弘前公園の桜はその日の午前と午後とでは桜の咲き加減が全く違う午前は五分咲きでも午後も2時を過ぎる頃は満開近くまで進む今日はお天気が良かったので昼前から多くの観光客が訪れていた夕方は昼以上に外堀の歩道を行きかう人で賑わっていた明日は更に20℃を超える予想となっていて外堀が満開になるかも知れない弘前公園外堀の桜

  • 弘前公園桜の開花発表

    北国と言えども23℃と24℃の日が続けば桜の蕾も一気に進み弘前公園では外堀と園内の桜の開花を発表した弘前公園は外堀・園内・西堀と桜の開花が少しずつ遅れて咲いていくが今年は外堀・園内同時の開花となった蕾から開き始めたばかりの花びらはピンク色がまだ濃くて初々しい園内の杉の大橋付近でも枝先から花がほころび始めて桜を間近で見ることが出来るので観光で訪れた人たちはカメラに盛んに収めていた弘前さくらまつりは明日開幕して新元号の令和元年5月6日まで開催されている弘前公園桜の開花発表

  • 弘前公園の桜は

    北国津軽の今日は暑い!何と23℃まで気温が上がり桜の名所弘前公園の桜たちは本丸の胴吹きと言われる幹の蕾が慌てて花を開き始めた外堀の桜の枝も遠くから見るとピンク色が濃くなって蕾の中に白っぽい桜の花びらが見えてきた本丸にある弘前しだれは石垣近くの花は見事に咲いていて先日弘前公園では弘前しだれの開花を発表したまた子福桜は遠くから見ても小さな花が咲いているのがハッキリ分かり今が見頃を迎えている弘前公園の桜は外堀が明日の午後か明後日開花となりそうだ弘前公園の桜は

  • 弘前城植物園

    先週はあちこちで満開の桜に雪が降ったりしていたがようやく桜の開花が東北南部に届いてきた今週末20日から始まる弘前さくらまつり会場の弘前公園は蕾が少し膨らんだ感じがする今日です見上げる樹木の花は梅や小福桜が見頃を迎えているが地面を見下ろすと弘前公園の中にある弘前城植物園四季折々の草花を楽しむことができるこの花は早春のブナ林を彩る花のひとつで「キクザキイチゲ」この花は初春に咲く「チオノドクサ」これは雪解けの湿地に咲く黄金色の華「リュウキンカ」これはマンサク科で小さくて下を向いて咲いている「ヒュウガミズキ」北国はこれからが春本番毎日色とりどりの花が咲き始めます弘前城植物園

  • 弘前公園桜の開花予想は

    日本一の桜の名所弘前公園4月に入っても雪が降ったりで中々春らしくならない気温が上がらないから桜のつぼみもまだまだ硬い弘前公園独自の開花予想は前回4月20日だったが寒い日が続いているため2日遅くなって4月22日開花予想となったそれでも少しずつ春らしくなって来ているこの花は「ロトウザクラ」桜の名前が付いているがモモの野生種だそうだこの黄色い小さな花は「サンシュユ」そして春と言えば梅の花小さな花々がこれから沢山咲いてくる北国の春弘前公園桜の開花予想は

カテゴリー一覧
商用