住所
-
出身
-
ハンドル名
マリ婚さん
ブログタイトル
コレを嫉妬というのでしょうか。
ブログURL
https://onnanokoaruaru.hatenablog.com/
ブログ紹介文
友人(?)に彼氏が出来たことに嫉妬し、「彼女より先に結婚してやる」と息巻くオンナのブログ
自由文
更新頻度(1年)

98回 / 124日(平均5.5回/週)

ブログ村参加:2018/10/17

マリ婚さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(IN) 3003 2736 2740 2706 2578 2581 2508 949110サイト
INポイント 110 120 120 90 120 110 120 790/週
OUTポイント 3140 3030 3320 3180 3870 3350 3610 23500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 27 26 27 27 26 28 24 24952サイト
婚活・結婚活動(本人) 12 11 11 11 11 12 12 1815サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 417 438 456 470 503 550 541 949110サイト
INポイント 110 120 120 90 120 110 120 790/週
OUTポイント 3140 3030 3320 3180 3870 3350 3610 23500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 12 12 12 12 13 13 13 24952サイト
婚活・結婚活動(本人) 11 12 12 12 13 13 13 1815サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949110サイト
INポイント 110 120 120 90 120 110 120 790/週
OUTポイント 3140 3030 3320 3180 3870 3350 3610 23500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 0 0 0 0 0 0 0 24952サイト
婚活・結婚活動(本人) 0 0 0 0 0 0 0 1815サイト

マリ婚さんのブログ記事

?
  • 返信②嫌がらせ?本気?

    興味のない人からの恐怖のメールに、無視を決め込むことも簡単だが、とっても丁寧にお断りのメールを書いた私。 余計な事をしたと後悔したのは翌日だった。 返信が届いたのだ。 『マリコさん、メッセージをありがとうございました。 ご理解のない親御さんをお持ちのようで御苦労なさっているのですね。 良かったら私が説得にあたりましょうか? こんな事をいうのもおかしいのですが、これまで交際した女性の親から、毎回気に入られています。』 詳細は伏せたが、だいたいこんな感じだ。 ぞぞぞぞぞ~~~~っ(;´Д`) なに? もしかして嫌がらせ? 本気なの? 私が変な良心を振りかざしたばかりに? いいや、今度こそ無視しよう…

  • 返信①みんなこんな時、どうしているんだろう。

    たくさんのメッセージが届くようになってから、全員に返信をするのはやめたのだが、恐怖のメッセージが届いていた。 名前は「恐怖さん」でちょうどいい。 『メッセージを送った恐怖です。 こちらは誠意を持ってマリコさんにメッセージを書いています。 返信を頂けないのはどういう理由でしょうか。 誠実な返答をお待ちしています。』 ちょっと変えたけどだいたいこんな感じ(-_-;) こういう風に、察しないというか、相手が悪いと責め立てるような性格だから、いつまでも独身なんじゃない? と、自分を棚に上げるから私はいつまでも独身なのでしょうか(-_-;) この人のプロフィールを読み返してみたけど、年齢も職業も年収も(…

  • ネット婚活⑭いつまで続けるの(-_-;)

    自転車さんと会うと決めたは良いが、なんかメッセージのやり取りを続けようとしてくるのが困った。 学生時代ドイツ(の全く聞いたこともない街)にホームステイしていたことがある事、最近出張でドイツに行ったので訪ねたかったが、アクセスが悪く行くことが出来なかった事など、自慢しているようで、なんかどんくさいというか、素朴な坊っちゃんなのだろうか?と思わせた。 「マリコさんは誰に似ているんですか?」 と聞かれたので、私は頻繁に言われる40代の女性タレントの名前を挙げた。 その女性タレントは、決して美人過ぎないし、かと言ってブサイクでもない 「似ている」と言っても図々しくない程度の、所謂ちょうどいい似具合のタ…

  • ネット婚活⑬とうとう初対面(;゚∀゚)=3ハァハァ

    自転車さんに連絡すると、私にとってはとても好ましい返信が来た。 自転車さんは、ロードレースに出場するのが趣味らしい。 『冬は基本的に身体を作っています。 暖かくなったら全国各地のレースに出場するのが常です。 マリコさんはスポーツは?』 自慢ではないが全く出来ない。 興味もない。 ママチャリでちょっと遠くの街を散策することは好きだが、スポーツではない。 散歩も好きだが、ウォーキングとなると話は別だ。 『スポーツは正直苦手です。 学生時代はテニス部でしたが、万年補欠でしたよ^^;』 嘘をついても付き合いが始まればバレることなので正直に書いておこう。 返信するとすぐにまた返信があった。 ちょ…、ラリ…

  • 院長⑥まさかの金づる扱い???

    ネット婚活に手を出しながらも、ワタシにはまだ身近にリアルな紹介話があり、希望を捨てたわけではなかった。整骨院を経営するマツダ先生だ。 施術の時、彼はまた前回と同じような話をはじめた。 「◯◯大学の推薦枠があったんですが、自分より成績が少し下のヤツに譲ったんですよ。 先生達も、自分は一般で受かるだろうからゆずったらって。」 はあ…(-_-;) その推薦枠を逃したばかりに、医者への道が絶たれてここにいると言いたいのか。 十分な人生のように思えるが、本来目指していた自分の姿との乖離が大きいからか、兄との比較なのか…。 夫婦となって、私はこの人の自尊心を満足させてあげることが出来るだろうか。 などと考…

  • ネット婚活⑫26歳くんの退場と、ご新規さん入場

    26歳くんからまたメールが届いていた。 『オススメの本は読みましたか? 年齢的にきっとツライことがあると思いますが、ヤケになったりしないでくださいね。 そんな時にオススメの本をご紹介します。』 と、心理学者が書いた自己啓発的な本が紹介されていた。 えーと・・・なに(-_-;)? どこか自己啓発サークルの回し者? もしやこのような男性は他にもいるのだろうか。 婚活という場を利用した勧誘目的の男性。 いや、しかし勧誘目的にしてはあまりにもヘタクソ。 まあいいや(・_・;) もう26歳くんに返信するのはやめておこう。 26歳くんなんかどうでも良くなるくらい、魅力的な人からのメールが入ってきた。 34…

  • ネット婚活⑪ 「身の程知らずが!」

    始めたばかりだが、たくさんメールが届いて喜んでばかりもいられなかった。 詐欺写真を載せたことで本当にたくさんのメールが届いているのだ。 年齢は関係なかったのだろうか。 ほとんど私の希望と合わない人ばかりなので、読むのが苦痛にすらなってきた(;´Д`) 逆の立場なら、せっかく勇気を出してメールして、無視されたらツライだろうと思い、必死でお断りのメールを書いているのだが、写真詐欺という自分で撒いた種のせいで、追い込まれている。 …もうお断りメールをするのはやめておこう。 返事がなければ脈が無いことはわかるだろう(-_-;) 写真詐欺のくせに何を調子こいているんだと思ったであろうか。 そうなのだ。 …

  • ネット婚活⑩ヨイショされていい気になる

    高収入さんに疑心暗鬼になっているところへ、すごく感じの良いメッセージが届いていた。 39歳で関東在住。 関東在住かぁ…。 内容は詳しく書けないが、私のプロフィールを詳細に読んだことがよく分かるメッセージだった。 好きな男性のタイプに書いた内容にも触れて 『そんな男性でいたいといつも意識しています。』 とある。 解せないのは、検索機能には所在地を入れる欄があるのだが なぜ関東の人がこんな地方都市の女性のプロフィールを検索しようと思ったのかだ(~_~;) …と、思ったが 『(私の住んでいる地域)には出張で月に一度行きます。 仕事の後の食事が毎回楽しみです。 先月は取引先の方と◯というお店に行きまし…

  • ネット婚活⑨コピペの気配がヒシヒシと…

    次は高収入さんからのメールだ。 実はこの人、ちょっと違和感がある。 『今日は挨拶回りで◯市内をまわったよ。 今引っ越しの準備を勧めています。がんばるね。』 いきなりタメ口だし、私が書いたメールに対する返事では一切無い…よね? 私がこうして複数人とやり取りをしているのだから、相手もそうなのだと思う。 しかしもう少しバレないように気を配っても良いのでは(-_-;)? 少なくとも私は会ってもいない相手にいきなりタメ口など無理だ。 私は私のペースを崩さないようにしよう。 『転勤はご挨拶回りに引っ越し、色々と大変ですね。』 改めて高収入さんのプロフィールを見直すと、(まだ見ぬルックス意外は)条件にぴった…

  • ネット婚活⑧女性の気持ちをわかっているつもり?

    『姉たちからのオススメなので、間違いありません。 また、30代の女性にはこんな本が良いのではないでしょうか。』 それはかなり古いエッセイだった。 恐らくタイトルだけなら聞いたことがあるかもしれない、30代女性は40歳までにこういう風に生きて行かなければならない的なタイトルの本。 26歳のボクちゃんが、35歳の私に生き方を説く(-_-;)? 女性の気持ちをわかっているつもりだったりして? いや、もしかしたら彼は恋愛心理学やコーチングを勉強中で、これ系の本を読み漁っているのかもしれない。 な~んてね( ゚∀゚ )ははは(乾いた笑い) 26歳くんからのメールで思った。 本を勧めるという行為はなんと傲…

  • ネット婚活⑦ 複数の小姑が色々と…

    どんな返事が来るかと期待して、仕事に励んだ後に帰宅すると、またしてもわんさかメールが届いていた。 うわぁ…モテ期( ゚∀゚)? ↑ アホ と、写真詐欺を働いている事も忘れて調子に乗っていた。 あ、26歳くんからも返事が来てる(*´ω`*) 『年上の方、大歓迎です。 ボクには姉が3人いますので、年上の方の方が安心します。 ぜひこれからよろしくお願い致します。』 姉、三人…。 いきなり小姑が三人いる告白かよ(;´Д`) 『ボクからのご挨拶に、オススメの本を紹介します。』 え(;・∀・)? オススメの本は、若い女の子が好きそうな、スピリチュアル系の本2冊だった。 …(-_-;) どうしたらいいの? …

  • ネット婚活⑥写真偽装の効果はてきめんに

    写真の偽装をしたおかげで、たくさんのメッセージがどんどん届き、メールを開くのが楽しみで仕方ない。 最初にくれたこの26歳、メールの返事をしておこうかな。 写真では普通の青年のような気がするが…。 とりあえずお礼を書いた後、足しておこう。 『かなり年上ですが大丈夫ですか?』 っと。 もうひとり、え~と… 写真がないが、めちゃくちゃ高収入なのが気になり、返信することにした。 42歳で本当にこんな高収入の人がこの地域に住んでるわけ(゚A゚;)? そんな企業があるの? でもさ、写真もないのにメッセージ返信するなんて、収入目当てってバレバレじゃない? メッセージにはなんて書いてあるかな? 『〇〇に勤務し…

  • ネット婚活⑤詐欺を働いた結果

    勇気を出して修正しまくった写真をアップすることにした。 エイッ(;・∀・)! すると、あらあら不思議。 (別人の)写真をアップしたことで、(このサイト内での)お気に入りサインがいきなり何通も届いた。 しかも本来の希望通り30代後半の男性が多い。 驚いたのは、26歳の男性からメッセージが届いたことだ。 いや、さすがにそんな若者はちょっと…^^; と思ったが、なんだかもったいないのでやり取りすることにした。 そうか、ワカモノも(別人だけど)こんな美人の写真なら、検索の指が止まるのも当然かも知れないな。 へっへっへ( ゚∀゚) 詐欺…? と、多少罪悪感があったが、男性の写真を見ても、ほぼ誰かわからな…

  • ネット婚活④修正したプロフィールは…

    プロフィールを見直した所で、私にはアピールできる事が無い。 よし、写真を出して、一種の奇特な人に見つけて貰おう。 とは言っても身バレするわけには行かないので、真実の顔は晒せない。 本当は許されるとは思っていないのだが、1年ほど前に海外旅行先で撮った、すごく写りの良い写真を、更に(大きく)修正する事にした。 これなら景色からもバレない。 修正と言っても、フォトショップなどではない。 ワードの編集機能だ。 モニター上で拡大して、黒を使って目を大きくしたりまつ毛を足したり、白で目の中に星を作ったり、消しゴムで顎も削っちゃえ! 都合のいいことに、元の大きさに戻すとちょっと画質が落ちて、ピントがボケた感…

  • ネット婚活③(私の)田舎の30代独身に対する評価

    話は飛ぶが、私が育った田舎では、20代で結婚しない(出来ない)ということは(誤解を恐れずに書くならば)肉体的、精神的、或いは人格的に重大な疾患(欠陥)があると思われても仕方がない風潮だった。 いくら全国的に初婚年齢が上がっているとはいえ、きっと今でもさほど変わっていないだろう。 数年前、親戚の叔母が、母に私のお見合い話を持ってきた。 叔母「マリコちゃんにお見合いがあるんだけど。」 母「マリコ30歳過ぎてるんだけど、大丈夫かしら?」 叔母「えっ!そうだっけ?じゃあもう結婚は諦めたほうが良いよ。」 母「そうよね。ウチに帰ってきて貰って、行く行くは私達の面倒見させようと思う。 ◯◯(近所の縫製工場)…

  • ネット婚活②私に興味を持ってくれた人々

    登録してすぐに、私のプロフィールを見た男性から、お気に入りであることを知らせるサインが数通送られてきていた。 確認している間にも、メッセージが数通届いたヽ(`▽´)/ 登録した途端に反応があるなんて! こんなにモテるなら、早く登録すればよかった。 ところが期待はあっさりと裏切られた…というより期待しすぎたが正しいか。 誰一人、私が希望する条件に当てはまっている人はいないのだ。 どうしてだ(゚A゚;)? 私のプロフィールを読んでいないのだろうか? 希望の所在地や年齢(30歳~45歳まで)もはっきりと書いてあるのに、どうしていきなり名も知らぬ地方の ①56歳(農業,婚歴無し) からアプローチされる…

  • ネット婚活① いよいよ手を出す

    婚活ブログの中でも良く登場するので気になってはいたのだが、とうとうネット婚活に手を出すことにした。 本当はそこには手を出したくなかったのだが、マツダ先生との約束が決まらない事で危機感が募ったのだ。 身バレに関しては、写真さえ載せなければ大丈夫と口コミに書かれてあったり、写真もぼやかせば結構ごまかせると書かれてあったり、最終的には写真がなくても大丈夫って…(;´Д`) とりあえず写真ナシで登録することにしよう。 ポチポチ ポチ ぽ …。 …ねえ、みんなコレちゃんとやったんだよね? 私はもう、登録の段階でへこたれそうになっているのだが…。 細かい選択肢でイチイチ手が止まる。 例えば希望年齢。 何歳…

  • 院長⑤それはちょっとした犯罪では?

    「食事でも…」 と言おうとして、次の客の登場で口をつぐんだマツダ先生。 心なしかマツダ先生もちょっと悔しそうだった。 それにしても次から次へと患者がやってきて、なかなか繁盛しているようだ。 これなら結婚後の生活も安泰そうではないか。 うふふ(゚∀゚) 早くデートの約束をしたい。 だが決して焦らないようにしなければ。 帰り際マツダ先生が 「あ、マリコさん」 というので、食事の日程を詰めるのか?と期待して 「はい(・∀・)!」 と元気に振り返ると 「領収書はちょっと多めで書いた方が良いんじゃないですか?」 と言ってきた。 「え、いやいいです(;・∀・)」 考えもしなかったが、私が個人事業主なので領…

  • 院長④今度…何を言おうとしたの?

    彼の話はまだまだ続く。 「幼い頃から自分が兄よりもなんでも出来が良かったんですよ」 とか 「兄がいつも嫉妬していました。」 それに加えて 「高校時代にラグビー部だったんですが、ケガをして、ほぼ決まっていたスポーツ推薦が受けられなかったんです。」 あれ、医者になるつもりだったのに、スポーツ推薦って…。 時々話が合わなくなるが、とにかく文武両道でなんでも出来た(る)と言いたいようだ。 マツダ先生はこうしてずっと自分の人生の不満を、自慢に置き換えながら生きているのだと思った。 医者になる希望は叶わなかったが、親の土地に自分の医院まで建てて貰って、恵まれた人生だと思うのだが。 よく思う。 (私を含め)…

  • 院長③難関大学ダブル合格する能力

    ピピピピ( ゚д゚;)ハッ! タイマーが鳴って、私の電気治療が終わったらしい事がわかった。 やっと私の番がやってきたのだ。 「おまたせしました~」 いえいえ、眠っていたのですぐでした^^; マツダ先生は施術しながら話し始めた。 「レイコさんとはお仕事がご一緒なんですか?」 、職場は同じだが職種は違う事、一緒に働くうちに気が合って仲良くなったことなどを話した。 「ここを開業されたってすごいですね^^」 照れたように語り始めた。 「うちは祖父と両親と兄が医者なんです。 「ボクも現役の時に◯◯大学と◯◯大学に(両方難関大学と言われる大学)…」 えっ! 難関大学にダブル合格(゚A゚;)? 「受かると言…

  • 院長②初対面に眠ってしまう

    予約の時間に整骨員に行くと、待っていたのは顎ヒゲを蓄えた笑顔のオジサンだった。 キョロキョロ(・∀・)))? 院内には彼しかいないようなので、彼が紹介相手だとわかった。 いや~ヒゲというのは見た目年齢を必ず上げるのだなぁ。 しみじみ(・_・;) いや、ヒゲが原因ではない。 34歳というのは、実際もうかなりのオジサンだということだ(;´Д`) ゲンジツゲンジツ(-_-;) や、でも私、こういうヒゲが似合うルックス、嫌いじゃないかも。 切り替え早い 名前は(仮名)『マツダ整骨院』なので、マツダ先生としよう。 マツダ先生は初対面ながら、とても感じの良い人だった。 客商売と言ってしまえばそれまでだが、…

  • 院長①カラダを触ってもらいに…。

    占い師からは「しばらく紹介は無い」と言われていたのだが、別れたことをすぐにレイコちゃんに報告すると 「待ってた♡!」 と言って、すぐに次の紹介話を持ってきてくれた(*´∀`) やっぱりあの占い師、当たらないわ(# ゚Д゚) はるかちゃんに報告しなくちゃ。 あの分け隔てまくりの態度と、(はるかちゃんに対する)エロい行為。 う~む、振り返っても、なぜそんなに人気があって予約が取れないのかわからない。 ブツブツ(●`ε´●) レイコちゃんが次に紹介してくれた男性はこんな人。 「行きつけの整骨院の先生なんだけどさ、34歳でバツ無しだよ( ´∀`)!」 お、それは貴重だね。 「しかも自分の親の土地に建て…

  • 「彼氏」㊹別れの告げ方はそれぞれ?

    サクライくんからデートの確認だと思われるラインが届いた。 別れ話をするのは本当に気分が重い。 どんなテンションでメッセージを書けば良いのか。 と思いながら開いたラインにはこう書かれていた。 『こんばんは 家族や会社の人に相談してよく考えたんだけど、僕たちはあまり合わないと思う。 別れましょう。 今まで楽しかったです。』 あれ(;・∀・)? 次回のデートで別れ話をするつもりが、なぜか向こうから言われてしまった。 彼は私とのことを家族にまで相談していたのか。 お互いそう思っていたということで、手間が省けて良かったのだが…。 それにしてもラインで別れ話するって、ちょっと幼くない? 年令に関係なく、今…

  • 「彼氏」㊸別れのセリフを考える

    「どれ、みてあげよう。」 占い師のモミモミは、なんだかとても怪しく見えたが、私の心が濁っているからかもしれない。 などと思っているとはるかちゃんが 「あの、結構です(゚A゚;)!」 と、ちょっと毅然として言った。 ど、どうなるの(゚A゚;)ゴクリ? 占い師は途端に不機嫌になって 「じゃあコレで終わり。3,500円ずつ」 と言った。 あ、そんな感じね(-_-;) 占い師の妻から静かに 「ありがとうございましたm(_ _)m」 と頭を下げられ、私達はそそくさと退散した。 帰りのエレベーターでの会話は 「見えてたよね?」 「奥さん、イヤじゃないのかな?」 「冷たい視線が注がれていたよ。」 「ぎゃ~…

  • 「彼氏」㊷見えてるよね?

    それって ja.wikipedia.org ってやつですよね(;・∀・)? こんな使い方もしちゃっていいの? っていうか、私のときと全く違って、かなり丁寧ですわねぇ。 ちろりん(―_―;) 更に占い師ははるかちゃんの身体の事を見始めた。 「胃腸が弱いね。」 自分しか知らないはずの事を当てられはるかちゃんは驚いて 「そうなんです! 最近仕事が忙しいのもあるんですけど、お腹の調子が良くないし、ご飯も食べられないんです。もともと胃下垂だからたくさんは食べられないんですけど。」 はるかちゃん、情報提供多いから(;´Д`) 「どれ、見てあげようかね。」 え(;・∀・)??? 占い師はそう言うなり、立ち上…

  • 「彼氏」㊶Oリングだよね?

    今の彼氏と別れるかどうか悩んでいるはるかちゃん。 また私と同じような事を言われるのだろうと思っていたら 「う~ん、あんたがいい女だから、男が離さないんだろうねぇ。」 などと言うではないか。 「この男とは前も別れたね?」 「なんでわかるんですか(@_@;)?」 「見えたからね」 み、見えた(ー_ー;)??? 透視とかってこと? どうして私のことも見てくれないのよ! 「何度も浮気されて、その度に別れても許してくれって言われて…。」 あ、はるかちゃんたら自分から占い師に情報提供しちゃったよ(;・∀・) それって占い師の常套手段…などと言えるわけもない。 はるかちゃんは続ける。 「何度も浮気されて、そ…

  • 「彼氏」㊵見えないフリとかしてないよね?

    「もし別れたら次の相手は^^;?」 と尋ねると 「すぐに出てくる」 と答えてくれた占い師。 なんとしてもここだけは掘り下げたい。 「どんな所で知り合うとか、わかりませんか?」 「なりふり構わず気になる男がいたら電話番号聞いたり誘ったりすれば良い。」 と、これまたフフンと笑って言った。 バカにされているのかしら 「紹介とかどうですか?」 と喰い下がってみたら 「まあそれが一番良いけど…紹介はしばらくないだろうね。」 そうか、さすがのレイコちゃんもネタが尽きたかしらね(-_-;) 「他には?」 占い師は私の恋愛について興味がなさそうだ。 当たり前か。 その後は仕事の事を聞いて、合計で10分ほどだっ…

  • 「彼氏」㊴次の相手は…

    邪心が見透かされそうな気配するする占い師には、先に私が見てもらった。 はるかちゃんの方が切羽詰まっているし、本来主役ははるかちゃんなのだから、先にして欲しかったのに、占い師が 「あんたが先ね」 と勝手に決めたのだ。 何か考えというか、感じとってのことなのだろうとドキドキした。 「恋愛というか、結婚と仕事の事を…」 占い師の横では妻であろうか、大変慎ましい感じのする女性が控えていて、生年月日を聞き取って、四柱推命の統計でサラサラと紙に書き、渡してくれた。 そんなの占い好きの私には見慣れた、聞き慣れた情報で、それほど新しく仕入れたいものではないのだが…。 「今付き合っている人とはどうですか?」 四…

  • 「彼氏」㊳スピリチュアル好きの中年オンナ

    来週会う予定なのだが、新年早々のデートはどこに行こう。 と考えてはみたものの、特にワクワクしているわけではない私だった(-_-;) サクライくんも同様なのか、年が明けてからは、頻繁だったラインも一日一回程度になってしまった。 私は既に仕事が始まっていたので恋愛にかまけている場合ではなかったのでちょうどよかったのだが…。 (先月はあれだけかまけていたくせに) そんな時、仕事仲間のはるかちゃんから誘われた。 「占いに行きたいんだけど、一人じゃ心細いからついてきて~(´∀`*)」 「私も占いに行きたいと思っていたところよ~\(^o^)/」 二つ返事でOKした。 サクライくんとの今後について、指南して…

  • 「彼氏」㊲今年も仲良くしようね…?

    年末、ランチの提案が意に沿わないということで、声を荒らげたサクライくん。 ランチはしないまま別れた。 最悪の年末だった。 サクライくんは年末年始、大好きな家族と過ごすことが嬉しくてたまらない様子だったが、私も大晦日とお正月、特に家族の仲が良くもないが、ほぼ義務なので実家で過ごした。 紅白で名も知らぬ若手アーティストを見ながらも今後のことを考え、気付けばゆく年くる年が始まっているという不毛な時間だった(ー_ー;) 慌ててお風呂に入り、さっさと寝ようと準備をしていた時のことだった。 意外にもサクライくんからのラインが届いたのだ。 「明けましておめでとう!今年もたくさん仲良くしようね!」 今年もたく…