searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

朗報さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hohrohgin
ブログ紹介文
キャンプ・ツーリングに林道ツーリング。関東中心に北海道、四国、九州も。スキーや食べあるきもあり。
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/09/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、朗報さんの読者になりませんか?

ハンドル名
朗報さん
ブログタイトル
放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング

朗報さんの新着記事

1件〜30件

  • パーツリスト 

    バイクのパーツリストが売り出されているのを知って、入手した。元々パーツリストはオーナーズ・クラブのゆーじさんにコピーさせてもらっていた。でも不人気車のパーツリストを買う人なんて、ほかにいないだろうと思ったのだ。私が購入しなければずっと死蔵されたままになるのではないかと。とどいたリストを見ると、ゆーじさんにコピーさせてもらったものと、年次がちがうようだ。上のコピーさせてもらったリストは1990ー10とあり、下の今回手に入れたものは1989ー11と記されている。今回買ったもののほうが古いようだが内容は一致している。31のページ。こちらは17の一致である。サービス・マニュアルとならべてみた。パーツリスト

  • イワタニのカートリッジ・ガス・ストーブ

    冬の車中泊用にイワタニのガス・ストーブを買った。カートリッジ式のガスだけでつかえる製品で、電池もいらない。車内でつかうときに換気が必要だが、とてもあたたかくて便利だ。使ってみた感じでは、-5℃でも着火する。そしてそれ以上の-7℃くらいでは火はつかない。いずれにしてもかなり低い温度から対応してくれるたのもしいストーブだ。窓を網戸にして換気をしながら、焼肉をしたりしている。イワタニのカートリッジ・ガス・ストーブ

  • EPIガスストーブの買い換え

    2011年から使用してきたEPSのガスストーブがこわれたので買いなおした。これまで使ってきたのはコンパクトなモデルなので、もう少し大きなものにしたいと思っていた。しかしICI石井スポーツに同じ製品しか在庫がなかったので、また同じものをもとめた。こわれたのは着火するボタンで、ここが反応しなくなってしまった。しかし約9年間も使用に耐えたのだから、耐久力はあると思う。バイク・ツーリングで林道をずいぶんと走ったし、車中泊でも何度いっしょに旅をしたのかわからないほど行動を共にした。バイクでは振動にさらされ、車ではボンベに装着したままでコンテナに放り込んで移動したりした。またこのガスストーブと旅をしようと思う。EPIガスストーブの買い換え

  • 2021スキー2日目・3日目ホワイトワールド尾瀬岩鞍

    12月25日金曜日。2021シーズン2日目・3日目のスキーにでかけた。行ったのはホームコースのホワイトワールド尾瀬岩鞍である。今回も前日からでかけて道の駅かたしなで前泊した。夜半から大雪の予報なので、いつも泊まる沼田より奥の片品までいっておくことにしたのだ。夜は寄せ鍋で一杯である。イワタニのカセットストーブ。換気が必要だがとても便利である。カセット・ボンベだけで火がついて、電池もいらないのだ。翌日の朝。夜のうちに雪が積もっていた。予報どおりの大雪である。この雪ではスキー場につづく急坂は登れないので、チェーンを巻いた。二週連続のチェーン装着である。FRのハイエースはスタッドレスをはいていても坂に弱いのだ。上の画像は国道のようす。この後でスキー場へのアプローチの急坂がある。シニア2日券8000円+デポジット料500...2021スキー2日目・3日目ホワイトワールド尾瀬岩鞍

  • 初乗りは墓参り

    2021年の元旦。バイクの初乗りは墓参りにいった。墓仕舞いをすることが親族会議で決まっているお墓にゆく。墓参りにゆくと、故人がとても喜ぶだろうと、この年になると感じるようになった。正月からおしきみや花がそなえられた墓は清々しい。朝は冷え込んだが昼前から日差しがあたたかくなった元日。最高気温は10℃だった。初乗りは墓参り

  • バイクの車検

    DR650の車検をとった。それと同時に、いろいろと気になるところがあったので、いっしょにメンテナンスもしてもらった。上の画像はスイング・アームの上に配置されているリヤ・ブレーキ・ホースを写したものだ。ホースをとめているプラスチック製のフックが経年劣化で割れてしまっている。部品がでれば交換したいと思ったら、見事に新品がでた。1990年型の30年前のバイクだが、輸出モデルはパーツが出やすいとはショップの方の弁である。いずれにしてもスズキ、やるじゃないか。他にリヤ・ブレーキのオーバー・ホール。オイルのにじむクランク・ケースのパッキンの交換。プラグの交換。オイルとオイル・フィルターの交換などをしてもらった。DRはさすがに古くなってきて、傷みもでているが、エンジンはまだまだいけますね、とはメカの方の弁だった。距離は110...バイクの車検

  • 2021スキー1日目ホワイトワールド尾瀬岩鞍

    2021シーズン1日目のスキーにでかけた。大雪のために関越道で車が立ち往生していた12月12日である。道路状況がよめないので、どこにゆくのかは決めずに家をでた。前日からでかけて群馬県沼田の道の駅白沢で前泊した。夜はカニ鍋などで一杯である。雪の降る予報だったが、日付が変わる頃まで星がでていた。翌日、車には2センチほどの雪がつもっていた。気温は-5℃。空は晴れているが今日・明日ともに大雪の予報だ。行こうと思っていたのは、水上の奥利根スノーパークかホワイトワールド尾瀬岩鞍だ。雪がはげしく降っていて道がきびしいなら、融雪道路でゆけるスノーパークで、そうでなければホーム・グラウンドの岩鞍と考えていた。その岩鞍のホームページを見てみると、今日からオープンで慣れていないのか、道路情報が更新されていない。しかし滑りたいのは岩鞍...2021スキー1日目ホワイトワールド尾瀬岩鞍

  • 2020大洗ツーリング

    初冬の田舎道をバイクでゆったりと走りたくて、久しぶりに茨城県にゆくことにした。12月12日。都内の最高気温は15℃になるとのことだが、茨城は冷えるかもしれないので、オーバー・パンツをはいてでかけた。茨城県にはいり、県道と国道をつないで大洗にむかう。大洗にゆくのは久しぶりだ。2007年までは北海道にゆくのにここからフェリーにのっていたが、新潟便に変えてから足が遠のいていた。しかし大洗は遠い。こんなに距離があっただろうかと思うほどだ。日がでてあたたかくなった。大洗マリンタワーをのぞいてから、となりにあるまいわい市場にはいる。ここでお土産を買った。13時になったので2015年に利用した、魚屋がやっている海鮮料理店のちゅう心にゆく。魚屋の右の路地をゆくと入口があるのである。4組ほど待っていたが、ひとりなので10分ほどで...2020大洗ツーリング

  • 下仁田タンメンツーリング

    テレビドラマの孤独のグルメに登場した、群馬県下仁田町のお店に、タンメンをたべにゆくツーリングにでかけた。11月末だが日なたはあたたかく、日陰はひんやりとしていた1日で、DRの朝の始動はキック8回だった。お店は下仁田駅近くにある一番という中華屋さんだ。着いたのは12時半すぎ。4人の方が行列していたが、15分ほどで席につくことができた。店内にはドラマの出演者のサインがある。テレビでは老夫婦が店をやっていて、見習いの若者がいたが、ご主人は引退されたようで、若者が調理を担当していた。注文をうけると、皮をのばして焼いてくれる餃子。パリパリの皮に熱々の餡がぎっしりだ。一口でたべると、口の中がたいへんなことになるが、美味しい。ひらたい餃子で、厚みが均一なのがよいようだ。タンメンは野菜がどっさりとはいっている。ただとても薄口。...下仁田タンメンツーリング

  • ハイエースのタイヤをスタッドレスに交換

    11月の末にハイエースのタイヤをスタッドレスに交換した。毎年12月にプロに依頼してきたが、混みあう12月よりも11月のほうが安いとのことで、早めの実施となった。料金は申し訳ないほどの低額だ。距離は92188キロ。例年ならスキー場がオープンする時期だが今年は遅れている。わずかにオープンしているスキー場は混雑しているようなので、十分に雪が積もってからゆくつもりだ。早く雪が積もってくれるとよいのだが。ハイエースのタイヤをスタッドレスに交換

  • 2020信州トランポ林道ツーリング4

    しだれ栗森林公園から岡谷にでて、国道20号線を東進する。気温は15℃に上昇した。国道沿いの長地小学校の交差点を北に折れて、右左折をくりかえすと、林道東山田線の入口のぶくでん橋につく。左折してぶくでん橋をわたるのだ。ここは林道ツーリング・ガイド・ブックをみてやってきた。ふくでん橋をわたると500メートルでダートになる。こんなところにマレット・ゴルフ場がある。他の県にはない競技だが、長野の人はこれが好きみたいで各地にあった。林道ツーリング・ガイド・ブックでは2、5キロで分岐にでるとあるが、4、2キロで到達した。右の広い道は行き止まりとのことで左にすすむ。平清水があった。やがてはげしい上りと下りがあらわれる。急坂を上りつめると頂上にでた。鉄塔がたっている。峠からくだってゆくと軽トラがとまっている。老人が何かしているが...2020信州トランポ林道ツーリング4

  • 2020信州トランポ林道ツーリング3

    3日目。茅野の公園の朝。6時すぎに起床した。晴れていて寒い。気温は5℃くらいか。カップめんの朝食をとり、公園を利用する人の邪魔にならない場所に、ハイエースを移動させた。DRはキック2回で始動した。久しぶりに林道を走って愛車も機嫌がよいようだ。7時すぎに出発する。今日は冬用のジャケットとグローブ、オーバー・パンツの冬仕様で走りだした。まず茅野の駅にゆく。この付近には古代遺跡がたくさんある。駅には国宝の土偶、仮面の女王の大きな写真があった。諏訪湖の南の岡谷の気温は9℃、10℃だったが、辰野にはいると6℃に下がった。辰野病院前の交差点から山に上ってゆくと林道王城枝垂栗線(りんどうおうじょうしだれぐりせん)の入口についた。ここは2008年にDR650のオーナーズ・クラブの例会で走っている。案内してもらってついていったの...2020信州トランポ林道ツーリング3

  • 2020信州トランポ林道ツーリング2

    高遠の町をでて道の駅南アルプスむら長谷にもどってゆく。途中にある白山トンネルをでたところを左に折れると、林道長谷高遠線の入口についた。林道看板と五郎山入口の案内がたっている。林道にはいって2、4キロ舗装路をゆくとダートになった。林道はフラットだが一部に深ジャリとヌタ場がある。いが栗がおちているので踏まないようによけていった。以前グループで林道ツーリングをした際に、栗のいがでパンクをした車輌があったからだ。すすんでゆくとオフロード・バイクが猛スピードで対向してきた。カッ飛んでいる。それが4台つづくから危険だ。相手が車体をコントロールできているのか見極めてすれちがう。バイク同士だからよけられたが、こちらが車だったらぶつかったかもしれない。もらい事故はごめんだ。ここはレース場じゃないんだよ。ダートを11、7キロ走ると...2020信州トランポ林道ツーリング2

  • 2020信州トランポ林道ツーリング1

    土日は雨の日がつづいた9月・10月。ようやく天候が回復しそうなので、諏訪湖周辺の林道を走りにゆくことにした。冷え込んできたし、キャンプ場はブームでとんでもなく混んでいるから、トランポでいって車中泊である。金曜日に仕事から帰ってきてハイエースで出発する。夜のうちに出られるのがトランポのよいところだ。車中泊地は長野県佐久市の道の駅ヘルシーテラス佐久南である。タイの刺身とミニ海鮮丼、それにステーキでひとり宴会をはじめる。これが楽しいんだよね。ヘルシーテラス佐久南はできたばかりの道の駅で、どこもピカピカだった。2日目。道の駅ヘルシーテラス佐久南の朝。快晴である。気温は10℃ほど。朝食はカップめんだ。荷物をまとめて出発する。むかうのは諏訪湖の手前の茅野だ。スマホ・ナビの指示ですすむと蓼科スカイラインは通らない。国道142...2020信州トランポ林道ツーリング1

  • 巡礼と芸術とマネーの別ブログ

    株主優待や街歩きなどをテーマにした『別ブログ』も運営している。バイクやキャンプ、スキーなどのアウト・ドアとはまた一味ちがう世界だ。天気の悪い日は街を散歩するのも楽しい。深山幽谷ではなくオープン・カフェのある街。株主優待でひつまぶし。神保町にむかう道。ステーキ&ハンバーグも株主優待。美術館にいったり、楽器店をのぞいたりも。『別ブログ』もご覧ください。巡礼と芸術とマネーの別ブログ

  • 2020群馬・栃木サイクリング

    天気の悪かった9月のシルバーウィーク。最終日は晴れたので群馬・栃木の南部をサイクリングすることにした。車で群馬県の『道の駅おおた』まで行って自転車で走りだす。群馬・栃木とも南部以外は山がちだ。つまり平坦なところだけをえらんでまわるつもりなのである。それで今日のお供は平地が得意なロードレーサーとなった。道の駅おおた、の近くにある世良田の東照宮にゆく。地図でここに東照宮があるのを知って見てみたいと思ったのだ。ここが徳川氏発祥の地だそうで、現在の東照宮の前の建物を、天海僧正が日光から移築したと説明があった。これは知らなかった。地図を見るとこの南に徳川町もある。伊勢崎の市街地をぬけて華蔵寺公園にたちよる。大きなカブトムシとクワガタがいてたのしい。ここは元々華蔵寺という大きなお寺のようだが、遊園地まである。ジェット・コー...2020群馬・栃木サイクリング

  • 2020只見キャンプ・ツーリング3

    2日目。5時45分におきると前のキャンパーはいなくなっていた。山にでものぼるのか早立ちしたのである。朝からむかいあってすごすのは嫌だったから、よかった。天候は薄曇り。まずコーヒーをいれた。朝食はそばである。乾麺を茹でて、持参の海苔をのせてざるそばにした。自分でつくったそばを、市販の出汁でたべても十分に美味しいが、昨日昼食にした、小嶋屋のそばと汁がいかにすばらしかったか、再認識することになった。オピネルのナイフは洗ってグリップを濡らしてしまうと、ブレードの動きがものすごく悪くなってしまう。たたむと開けなくなってしまうのだ。それでネギを刻むことができなかったのが残念だった。テントの撤収を開始する。オレンジのフライ・シートをとめているのは、古くなったトーストラップーー自転車のペダルにつける固定用のベルトーーである。バ...2020只見キャンプ・ツーリング3

  • 2020只見キャンプ・ツーリング2

    十日町から小出にでると、気温は35℃だった。汗がにじんでとまらない。六十里越えで福島県只見町にむかう。山越えのルートにはススキが群生していたが、30℃以上のきびしい気温がつづいた。国道沿いにJRの只見線がはしっている。電車が来ないだろうかと期待したが、残念ながら出会いはなかった。六十里越えトンネルをぬけて福島にはいると田子倉湖が見えてくる。前回も感じたが湖のながめがダイナミックだ。ただガードレールがすき間のあいたコンクリート・ブロックなのが怖かった。真っ暗なトンネルの連続する道をすすんで湖畔についた。ダムの堰堤をあるくことができる。田子倉ダムである。下流には発電施設が見えた。16時前に奥会津ただみの森キャンプ場に到着した。ここは以前は青少年旅行村だったが、リニューアルしたそうだ。バイク・ソロ・キャンプは900円...2020只見キャンプ・ツーリング2

  • 只見キャンプ・ツーリング1

    8月の最後の土日に今年初のキャンプ・ツーリングにゆくことにした。例年ならこの時期は夏休みで混雑するのだが、コロナ禍の今年は学校はもうはじまっているから、空いていると聞き込んだのである。宿泊地は2018年に利用して、とても気に入った奥会津ただみの森キャンプ場である。群馬県の道の駅こもちで休憩した。となりにやってきたのはタイガー・カラーのZ1で、思わず写真をとらせてもらう。風防にアップ・ハンドルなのが気になる。私なら風防なしのコンチハンにするな。しかしピカピカだ。大事にしているね。国道17号線を北上する。沼田で31℃、水上についても暑かった。三国峠をのぼり、標高800メートルをこえてようやく涼しくなる。三国トンネルをぬけて新潟県にはいると24℃になった。道の駅みつまたで休憩する。ここは近くにあるかぐらスキー場にゆく...只見キャンプ・ツーリング1

  • 利根川・銚子ツーリング

    8月の三連休。1日は府中・国分寺にサイクリングにいったのだが、別の日には千葉県の銚子にむけてバイクをはしらせた。千葉県我孫子市から利根川沿いをゆくつもりが、道をまちがえてしまった。周辺は大規模開発中で、成田スカイアクセスの線路脇に迷い込んだようだ。国道356号線の利根水郷ラインに軌道修正したが、だいぶ時間をロスをしてしまった。更に利根川沿いの滑川にある、板東三十三ヶ所の滑川観音、龍正寺によるつもりだったのが通り過ぎてしまう。それに気づかず、そろそろ龍正寺があるはずだと思ってすすみ、銚子についてしまった。銚子にあるやはり札所の飯沼観音、円福寺に到着した。ここは大きなお寺だ。五重塔もある。休憩なしで走ってきたので疲れてしまった。当日は35℃になる猛暑日でもあったので喉もかわく。水分を補給して観音様におまいりした。つ...利根川・銚子ツーリング

  • 府中・国分寺サイクリング

    8月の三連休。長野県に林道ツーリングにゆきたいと思っていたが、新型コロナ・ウィルスの影響で、彼の地は排他的な雰囲気だ。遊びにいって嫌な思いはしたくないので、近場で楽しむことにした。長野だけでなく、山形や岡山、徳島は、知事が自粛警察の元をつくったような発言や対応をしているから、しばらく行きたくないし、ふるさと納税もしない。当日は35℃になる予報だった。この日は都内の平地を走行するのでロードをお伴とする。目的地は府中の大国魂神社と国分寺にある武蔵国分寺跡である。いずれもいつかゆきたいと思っていた。ロードのチェーン・ホイールはストロングライト49D。自転車の顔となるチェーン・ホイールは趣味性を最優先させてこれをえらんだ。ロードレーサーといっても競技をやるわけではないので、カンパニョーロは避けたのだ。オール・カンパもい...府中・国分寺サイクリング

  • 鬼石・神流川ツーリング

    長かった梅雨があけた8月。バイクでツーリングにゆくことにした。目的地は渓流釣りでホームグラウンドだった群馬県神流町、旧万場町である。まず鬼石町の面処てんぐ家に立ち寄った。昼食に注文したのは上天ぷらざるうどんの大盛り。1400円。群馬は蕎麦よりうどんだろうと思う。大盛りをたのんだのだが量が多かった。エビが2本。舞茸天の香りがよかった。民芸調の歴史のある建物でよい店だった。ここではスズキDRビックを所有していると言うライダーと話をしたりした。旧万場町中心部の川原に到着した。日差しが強いので橋の下の日陰にバイクをとめる。神流川は増水して濁っていた。ここでずいぶんと渓流釣りをしたのだ。釣りはやめてしまったのだが。橋は歩行者用のものである。万場の町は営業している店が少なく、更地も増えて寂しくなっていた。車のとまっていると...鬼石・神流川ツーリング

  • 猪苗代湖一周サイクリング3

    会津若松の富士の湯をでて、スーパーで食材を買い、今夜の宿泊地の道の駅裏磐梯にむかう。距離は30キロで1時間でつくとナビは言う。ナビが案内するのは、細い道路や旧街道、田んぼの中のすごい道だった。桧原湖の近くにある、道の駅裏磐梯に19時に到着した。さっそく夕食をはじめる。まずは馬刺しにビールである。にんにくのきいた味噌ダレでたべる赤身がうまい。ランドナーの横で一杯やるのは格別である。つづいてステーキ。今日は体を動かしたから肉祭りである。ステーキを半分にカットして焼いてゆく。美味しそうに焼けたが、これが硬いのなんの。筋が多くて噛み切れない。因みにカナダ産牛ロース588円で25%引きだった。牛肉が硬すぎて顎がいたくなったので野菜でひと休みだ。残りのステーキ。細かくカットしないと食べられない。そういえば昨年の北海道トラン...猪苗代湖一周サイクリング3

  • 猪苗代湖一周サイクリング2

    峠をくだって湖畔にでた。自転車のブレーキはきかないから下りは怖い。若いときはなんとも思わずに飛ばしたものだが、今はできなくなってしまった。猪苗代湖の水がとてもきれいだ。水際の道をゆく。やがて秋山浜のキャンプ場にでた。野営は自粛してくださいと貼り紙がしてあるが、キャンプをしている人たちがちらほらといた。キャンプ場の中を通過してゆく。次は舟津浜だがここに最後の上りが待っていた。たしかに登りはみっつあると知っていたが、難所の金山峠を越えたので、坂道は終わった気持ちになっていた。三つ目の山は距離は短かったが、足にきているのできつかった。舟津の太田屋菓子店で、猪苗代湖一周のステッカーがもらえると聞き込んでいたから、どらやきと飲み物を買ったが、ステッカーはもらえなかった。情報が古かったのだろうか。ここで今日はじめてサイクリ...猪苗代湖一周サイクリング2

  • 猪苗代湖一周サイクリング1

    数年前から走ってみたいと思っていた、福島県の猪苗代湖一周サイクリングにゆくことにした。6月の金曜日に車に自転車をつんで出発した。栃木県矢板市の道の駅で前泊しようと思っていたが通り過ぎてしまった。どこかに適当な車中泊ポイントがあるだろうと思ったが、なくて黒磯をすぎてしまう。車中泊専門のサイト『車中泊まとめ』を見て、一般道から東北道の那須高原SAに入ることのできる駐車場をみつけ、そこに泊まることにした。SAに隣接する駐車場についたのは22時30分だった。セブンイレブンのサンドイッチとメンマで一杯である。那須高原SAにアクセスできる駐車場の朝。こんなところには誰もこないだろうと思っていたら、神奈川ナンバーの親子連れが私の後にやってきた。駐車場から徒歩でSAに入ることができるここは、穴場だ。SAでトイレをかりて7時に出...猪苗代湖一周サイクリング1

  • 群馬ツーリング

    新型コロナ・ウィルスによる緊急事態宣言が解除され、県をまたいだ移動ができるようになった。となると冬にスキーにいっている群馬県にまずでかけたい。スキー・シーズンにはゆけなかった、気になるスポットがあるのだ。まず立ち寄ったのは渡良瀬渓谷鉄道の大間々駅である。駅を見学していると電車がやってきた。渡良瀬渓谷鉄道は『わ鉄』の愛称があるようだ。レトロな電車もあった。電車ではなくてディーゼルかもしれない。アジサイと円空仏があると案内がでていたので、大間々駅近くの松源寺にもいってみた。アジサイが見事だ。円空仏を拝観している人はいなかった。ひとりで静かに仏さまの前に座らせていただいた。薗原湖をぬけて片品村の鎌田にやってきた。昼時なので食堂を物色しながら走ってきたが、いまひとつ決めきれない。そこで最近キャンプで人気のひろしが、テレ...群馬ツーリング

  • 昔の広告はタイムマシーン・自転車編

    ロードレーサーのチューブラー・タイヤが古くなったので買いにゆくことにした。行ったのはY´sRoad池袋店だ。しかし、スポーツ・サイクルの専門店なのにチューブラー・タイヤの在庫はないとのこと。これには驚いてしまった。チューブラーって人気がないんだね。そこでおなじ池袋にあるY´sRoadのチャーリー店にゆくと、ここには一種類だけチューブラー・タイヤがあった。ソーヨーのチューブラーだ。これを買うことにしたが、時代は変わった。時代も変化したが店も大変化している。今はたくさんの店があるY´sRoadだが、昔は一店舗からはじまったのだ。これは1974年12月号のサイクルスポーツ誌の広告だ。広告をだしているショップは、山とサイクリストの店、サイクル・メイト・ヨシダ。埼玉県志木市にあったサイクル・ショップである。ここが発展して...昔の広告はタイムマシーン・自転車編

  • リム・セメント

    私のロード・レーサーはチューブラー・タイヤを使用している。チューブラー・タイヤはチューブをタイヤで包み込んだ構造になっていて、その形状から丸タイヤともよばれていた。現代のロード・バイクはほとんどチューブの入ったふつうのタイヤ、クリンチャー・タイヤを装備しているが、私がロード・レーサーを組んだ30年前は、チューブラーにするのが当たり前だったのである。丸タイヤをリムにとりつけるのには、専用の接着剤が必要で、それがリム・セメントと呼ばれるものである。そのリム・セメントを近くのショップに買いにいった。私が何十年も通っていたショップは、店主の高齢化によってなくなってしまったので、ネットでしらべてはじめての店にいってみたのだ。店内にはいって若い店員さんにリム・セメントがほしいと言うと、その店員さんは年上のやはり若い店員さん...リム・セメント

  • 高輪ゲートウェイ・サイクリング

    ひさしぶりにロード・レーサーで走りたくなった。どこにゆこうかと考えて、上り坂のないルートを選んだ結果、山手線の新駅、高輪ゲートウェイ駅を見にゆくことにした。まず立ち寄ったのは神田明神だ。新型コロナ・ウィルスの緊急宣言は解除されたが、いつもより人出は少なかった。神田駅にも寄ってみた。この商店街のよい雰囲気に誘いこまれたのである。ビルの中をぬけてゆく。東京駅の横をゆき品川にむかう。今日は高輪ゲートウェイ駅を見て、川崎大師までゆきたいと思っていた。高輪ゲートウェイ駅に到着した。モダンなデザインの駅舎だ。しかし高輪ゲートウェイ駅よりも、高輪駅のほうがよかったと思うのは私だけではないだろう。駅は開業しているが、駅前は整備中で入れない。人通りも少なくてガランとしていた。山手線に高輪ゲートウェイ駅の前に新設された、西日暮里駅...高輪ゲートウェイ・サイクリング

  • 秩父ツーリング

    首都圏の緊急事態宣言が解除されたので、バイクでツーリングにゆくことにした。今年はスキー・シーズンが新型コロナ・ウィルスのために途中で強制終了されてしまい、その後は自粛期間となったので、これが数ヶ月ぶりの外出である。目的地は走りなれた秩父とした。地図も持たずに走りだしたが、まず顔降峠に立ち寄った。以前から何度も自転車で通っているところだが、バイクで走っても、かなりの急坂がつづく。あらためてきびしいルートだと感じる。DRの先に見える茶屋をいつも利用したが、この日もサイクリストが何人かいて、食事をしていた。そのうちランドナーでも来たいとおもう。バテバテになるのを覚悟してである。道の駅、あしがくぼ、で休憩する。ここはバイク・マニアが集まるところのようだが、私がついたときにはピカピカのヤマハTX650が1台いただけで、ほ...秩父ツーリング

カテゴリー一覧
商用