プロフィールPROFILE

朗報さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hohrohgin
ブログ紹介文
キャンプ・ツーリングに林道ツーリング。関東中心に北海道、四国、九州も。スキーや食べあるきもあり。
更新頻度(1年)

81回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/09/01

読者になる

朗報さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(IN) 29,369位 27,242位 27,224位 29,691位 29,690位 32,329位 35,939位 980,751サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 10 40/週
OUTポイント 120 120 50 10 20 30 70 420/週
PVポイント 250 750 460 680 630 620 560 3,950/週
バイクブログ 328位 287位 284位 339位 345位 396位 444位 11,422サイト
林道ツーリング 9位 9位 9位 10位 11位 12位 15位 142サイト
キャンプツーリング 29位 27位 28位 29位 29位 32位 33位 337サイト
旧車バイク・絶版バイク 9位 9位 9位 9位 10位 11位 14位 268サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 16,910位 16,506位 19,103位 20,200位 19,795位 19,505位 17,848位 980,751サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 10 40/週
OUTポイント 120 120 50 10 20 30 70 420/週
PVポイント 250 750 460 680 630 620 560 3,950/週
バイクブログ 242位 240位 273位 302位 297位 289位 266位 11,422サイト
林道ツーリング 6位 5位 7位 9位 8位 8位 8位 142サイト
キャンプツーリング 37位 36位 36位 35位 37位 38位 38位 337サイト
旧車バイク・絶版バイク 9位 9位 10位 10位 11位 10位 8位 268サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(PV) 4,785位 4,551位 4,687位 4,628位 4,687位 4,679位 4,545位 980,751サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 10 40/週
OUTポイント 120 120 50 10 20 30 70 420/週
PVポイント 250 750 460 680 630 620 560 3,950/週
バイクブログ 60位 54位 58位 56位 56位 55位 55位 11,422サイト
林道ツーリング 3位 2位 3位 3位 3位 3位 3位 142サイト
キャンプツーリング 8位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 337サイト
旧車バイク・絶版バイク 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 268サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、朗報さんの読者になりませんか?

ハンドル名
朗報さん
ブログタイトル
放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング
更新頻度
81回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング

朗報さんの新着記事

1件〜30件

  • タイヤをスタッドレス・タイヤに交換

    12月に入ったので車のタイヤをスタッドレスに交換した。作業は今回もプロにお願いした。料金は格安で2500円といつもと同じである。この値段でやってくれるなら自分でやることはないと思う。距離は83321キロ。これでスキーの用意はととのった。タイヤをスタッドレス・タイヤに交換

  • 2019千葉キャンプツーリング3

    2日目。千葉県南房総市、オレンジ村オートキャンプ場の朝。6時に起床した。夜はあまり冷えなかった。10℃を下回らなかった感じだから南房はやはりあたたかい。コーヒーを飲んでから、カップめんの朝食をとる。わたしの他にソロ・キャンパーはこのポルシェの人くらいしかいなかった。まわりの人たちは朝から焚き火で食事をつくっている。それも楽しみなのだろうが、私はバイクで走るのを優先させたい。荷物をまとめ、7時半にDRの始動にかかる。まわりのライダーたちの視線を感じながら、デコンプをにぎり、空キックでピストンの位置をさぐりながら、キックする。4回でかかったがストールし、8回目でエンジンはアイドリングをはじめた。いちばんでサイトを出発する。オレンジ村の場内の道。第二サイトはこんなみかん畑の道をゆく。HPに、ひたすらキャンプツーリング...2019千葉キャンプツーリング3

  • 2019千葉キャンプツーリング2

    今日のキャンプ地は南房総市千倉にあるオレンジ村キャンプ場だ。養老渓谷からは勝浦にでるのが近いのだが、なみはなにある店にゆきたいので、大原にでて海岸線を南下した。お日様はでているが走っていると薄ら寒い。気温は14℃から17℃ほどだった。目的地は四季という食事処だ。2015年に利用して、とても美味しかったので再訪したいと思っていた。4年もたっているので営業しているのか不安だったが、店は以前のままにあった。店内にはいり、女将さんに、前に来たときのおすすめの海鮮丼がとても美味しかったのだが、今もあるのかたずねると、もちろんあります、とのこと。大と小があり、私は前回小をたべたことを知って、今回は大をためすことにした。注文するとお茶と野菜の南蛮漬け、イワシの煮物、漬物がだされる。サンマのつみれ汁のお椀。そして10分ほどで海...2019千葉キャンプツーリング2

  • 2019千葉キャンプツーリング1

    11月。千葉県にキャンプ・ツーリングにでかけた。首都高と京葉道路をつかって千葉にはいる。当日は冬用のジャケットに薄いオーバー・パンツをつけていたが、それがちょうどよい気温だった。蘇我から茂原街道を南下して道の駅ながらで休憩する。グローブを冬用にしなかったのは失敗で、手が冷たくなってしまった。道の駅にはあわび弁当や伊勢えび弁当があった。昼はこれにしようかと思ったが、再訪したいお店があるのでやめておく。しかしこれは魅力的だった。台風で水害のあった茂原を通過したが、浸水した畳や家財道具が大量にあって、遊びでやったきたことが心苦しくなるような状況だった。養老渓谷にある素掘りのトンネルにゆきたいが場所がわからない。走っていると養老駅にでた。トンネルは遊歩道にあると聞いていたので、中瀬遊歩道にはいるが、道は決壊していて通行...2019千葉キャンプツーリング1

  • 2019万沢林道ツーリング

    2019年の11月初旬。群馬県の四万温泉から野反湖にぬける万沢林道を走りにいった。渋川市にある道の駅おのこで休憩する。群馬は冷えていて、冬用のジャケットに薄いオーバー・パンツという初冬スタイルでちょうどよかった。台風の影響で林道にはいれるのか心配していたが、ゲートは開いていた。万沢林道には3年連続で来ているが完走したことがない。一昨年は閉鎖されていて、去年は15キロ地点で通行止めだったので、そこから引き返している。それで今年こそは走りぬけたいと思っていた。落葉がつもっているが紅葉には早い林道をゆく。路面は去年とおなじくツブの大きな石がゴロゴロとしている。山からくずれてきた石を道に敷いているのだろう。落石がゴロゴロとあり荒れたダートをゆく。急な上りもあり、ハンドルをとられながらすすんでいった。林道を上ってゆくとジ...2019万沢林道ツーリング

  • 焼き物ツーリング

    9月。茨城県と栃木県に焼き物ツーリングにでかけた。まずむかったのは茨城県筑西町にある板谷波山(いたやはざん)記念館である。入場料は200円。板谷波山は近代陶芸家の先駆者とよばれる陶芸家である。記念館には波山の生家と作品、都内田端にあった工房が移築されている。波山はちかくにある筑波山からとった号なのだそうだ。記念館の見学をおえて、駐車場にある地図をみてみると、下館駅に佐藤忠良の作品があるとのこと。彫刻家の佐藤忠良は大好きなのでいってみることにした。駅前に作品はあった。ジーンズの女、という彫刻作品だ。思いがけなく忠良の彫刻像に出会えてよかった。ご興味のある方は『佐川美術館』もどうぞ。下館は文化的な町で、青木繫のセラミックの絵もあった。こちらは代表作の海の幸。昼時となったので茨城の人気チェーン店の板東太郎にゆくことに...焼き物ツーリング

  • 2019北海道トランポツーリングをおえて

    2019年の北海道トランポ林道ツーリングは8月30日の夜にはじまり、9月8日におわった。利用したフェリーは8月31日の新潟・小樽便と9月7日の小樽・新潟便である。天候にはめぐまれた。バイクの走行予定がおわるまで雨にはふられなかったのだ。走りたかった林道は、新冠林道。新興松川林道。釧路湿原の細岡展望台周辺の林道、団体栄西和農道、道道1060号線クチョロ原野塘路線。厚岸湿原にある、林道糸魚沢線、リルラン林道、風澗林道、林道町界線。落石と温根沼のあいだにある落石線林道、落石林道、落石循環林道、九番沢林道。これらはいずれも未走行の林道だった。からまつの湯に近い虹別林道は何度か走ったことのあるルートで、ナイタイ高原にある不二川迂回林道も未知のダートだった。ゆきたかった秘湯は、川北の湯、からまつの湯、幌加温泉、芽登温泉だ。...2019北海道トランポツーリングをおえて

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング15

    10日目。新潟ゆきフェリーの朝。5時半に起床した。ロビーのテレビでは今夜台風が関東に上陸すると伝えている。カップめんの朝食をとり、朝風呂にはいった。新聞をよむと昨年の北海道の地震から一年とある。ブラック・アウトから一年だ。9時の下船予定だがおくれた。9時半に新潟に上陸する。来るときにたべそこなった、万代バスターミナルの立ち食い蕎麦屋のカレーが気になるが、まだ時間がはやい。昨年も利用した十日町の蕎麦屋、小嶋屋にむかうことにする。新潟から越後川口に南下して国道117号線にはいると、国宝の愛染明王の案内がある。ここに立ち寄ってゆくことにした。妙高寺というお寺だ。本堂におまいりするが、この日は残念ながら愛染明王はご開帳されていなかった。愛染明王は戦前国宝だったが現在は重文だ。歴史のあるお寺だった。十日町の市街地にある小...2019北海道トランポ林道ツーリング15

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング14

    9日目。道の駅あさひかわの朝。雨。5時半に起床した。気温はあたたかくて20℃ほど。道の駅にとまっていた自作キャンパー。木でつくったシェルをトラックにのせている。運転席の上がバンク・ベットで荷台の上はリビングだろうか。道の駅は繁華街ではない地域にある。散歩をかねて中心街に朝食をとりにゆく。早朝の人気のない旭川市街。旭川駅。松屋で朝食をとったが美味しくない。吉野家やすき家のほうが味がよいと思う。290円。素材がよくないのだろう。朝から営業しているのはロッテリア、ドトール、松屋しかなかった。今日は17時のフェリーで北海道をはなれる予定だ。それまで旭山動物園にゆくか、札幌の近代美術館にするかでまよう。去年買った年間パスポートがあるので動物園にゆくことにした。9時の開園と同時に旭山動物園にはいった。チケット代はかからなか...2019北海道トランポ林道ツーリング14

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング13

    8日目の午後。神田日勝記念美術館をでると昼時となっていた。昼食は帯広のローカル・カレー店のインディアンにゆきたい。帯広にゆくと遠回りになるが、旅ではやりたいことをしないと悔いがのこるので、インディアン西18条店にむかうことにした。インディアンはルーが何種類もあり、辛さやトッピングもえらべるシステムなので、注文にまよう。ライスは並が280グラム、大は400グラムとのこと。そこでインディアン・ルーのハンバーグ・カレーの並を注文した。料金は637円である。カレーはマイルドなものだった。凝った味つけではなく、毎日たべられるふつうのカレーだから、帯広のソウル・フードとよばれるのがよくわかる一皿だった。☆5点満点平均3点で3、3点。帯広は暑かった。信号待ちで直射日光にあたると汗をかくほどだ。14時に道の駅ピア21しほろにも...2019北海道トランポ林道ツーリング13

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング12

    8日目。道の駅ピア21しほろの朝。晴れ。6時に起床した。トイレのすぐ前で泊まったが、朝になって道の駅のはずれに移動してバイクをおろした。すると地元ナンバーのキャンピングカーの老人に話しかけられる。車からバイクをおろしていると私は人気者になるのだ。老人は最近キャンピングカーを買って楽しみだしたそうだ。バイクを積んでいるなんてすごいとおっしゃる。私は車中泊をしながら林道ツーリングや野湯めぐりをしていることを話した。すると老人は、地元の人間よりも、本州からきている皆さんのほうが無料の温泉や泊まる場所、観光スポットにくわしいと言う。たしかにそうかもしれない。今日は芽登温泉にゆくつもりだと話したら、老人は芽登温泉を知らなかった。カップめんの朝食をとり7時半に出発した。走るとすずしい。ジャケットの下はTシャツだが、長袖シャ...2019北海道トランポ林道ツーリング12

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング11

    7日目の午後。じんぎすかん白樺で食事をおえて中札内美術村にもどってきた。やってきたのは相原求一朗美術館だ。重厚な建物は帯広にあった銭湯を移築したものなのだそうだ。展示は六花亭が依頼した北海道の山々をえがいたコーナーからはじまる。山もよいが北海道の風景画が魅力的だ。絵には作者のひたむきさと寂寥感がある。人気のある襟裳岬をモチーフにした作品。岬に家が一軒だけたっている。展示室。興味のある方は『相原求一朗展川越市立美術館』と『相原求一朗美術館』もどうぞ。中札内美術村にはもうひとつ個人美術館があった。真野正美作品館だ。小泉淳作と相原求一朗が目的だが、六花亭の事業に敬意をあらわすために、見てゆくことにする。こちらにはまったく毛色のちがう作風の絵がならんでいた。なつかしい、昭和の北海道を漫画のようなタッチでえがいたものだ。...2019北海道トランポ林道ツーリング11

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング10

    7日目。道の駅しらぬか恋問の朝。晴れ。5時半に起床した。冷え込んでいて霜がおりていた。気温は12、3℃だろうか。カップめんの朝食をとる。天気は明日からくずれだすようだ。早朝の道の駅。道の駅の裏にある海。バイクを車につむ前に、林道走行でついた泥をざっと流しておいた。車のフロント・ガラスについた虫ものぞいておく。バイクを積み込んだ。車内の整理をして7時半に出発する。今日は中札内美術村にゆくつもりだ。白糠のホクレンで車の給油をする。9、1K/L。141円。グリーン・フラッグを手に入れた。国道38号線で浦幌から豊頃にすすみ、ハルニレの木で休憩した。車はビック・シングルのDRとちがってすべるように走る。コーヒーを飲んだり、音楽をききながら運転するのはとても楽だ。道道210号線をゆくと2017年に走った小花林道の入口があっ...2019北海道トランポ林道ツーリング10

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング9

    6日目の午後。開陽台をでてからまつの湯にむかう。道道150号線と道道505号線で養老牛温泉にゆく。その奥にからまつの湯と虹別林道があるのだ。からまつの湯につくと車が3台とまっていた。リタイヤした長期旅行者のものだ。ここに居ついている雰囲気がある。露天風呂にゆくと食事に使用した鍋や皿に湯がはられて放置されている。洗う前に汚れを浮かせているのだろうか。公共の場にこんなものを置くのはマナー以前の問題だ。せっかくのよい気分がぶちこわしである。気持ちは落下したが湯につかり、空をみあげた。木にかこまれているのはコンクリートの源泉槽だ。今日の湯はぬるかった。からまつの湯は熱い湯を上にある源泉槽にためて、そこから流すことで湯温を調整していると、北海道の方のブログで読んだことがある。それで車の3人組がバルブをあけて湯を調整してい...2019北海道トランポ林道ツーリング9

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング8

    6日目。道の駅しらぬか恋問の朝。5時半に起床した。寒い。気温は17℃。テントのライダーはまだ寝ている。道の駅でテントを張るのはマナー違反だから、夜があけたら撤収するべきだ(ハイエースの長期間駐車は棚に上げておく)。車のエンジンをかけてスマホを充電しながら朝食のカップめんをたべ、メモをつけたり地図をみたりした。車の位置を変えて7時すぎに出発するが、テントの人間はまだ寝ている。どうかしているね。今日は野湯めぐりをするつもりだ。その間に林道もはしりたい。釧路から道道53号線を北上してゆくと、鶴居村に丹頂鶴が4羽いた。今日のひとつめの目的地は川北の湯だ。国道274号線から道道13号線となるべく道道をつかって虹別にむかう。虹別からは道道885号線で開陽台方向にすすんだ。蕎麦の白い花のさいている畑があった。直線の多い道道を...2019北海道トランポ林道ツーリング8

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング7

    厚岸漁協の直売所のエーウロコをでた。午後のターゲットは落石と温根沼のあいだにある林道だ。さっき走ってきた国道44号線をもどり、道道1127号線、道道142号線とつないで落石線林道の入口についた。上の画像の手前が落石線林道で奥は九番沢林道である。まず落石線林道をはしり、九番沢林道はあとでゆこうと思っていた。落石線林道のでだしはフラットでとても走りやすい。暗い森と、明るくひらかれた部分がある。そして古い熊のフンがひとつあった。5、5キロの林道でのこり1キロとなった地点からジャリが入れられていた。これが深ジャリでハンドルをとられる。ずっと上りなので、ゆっくりとした一定のペースをたもち、肩に力をいれずに、ハンドルに手をそえるようにして通過した。深ジャリを走りきり落石線林道の出口に到着した。つづいて落合駅方向にはしり落石...2019北海道トランポ林道ツーリング7

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング6

    5日目。道の駅しらぬか恋問の朝。天候は晴れ。気温は19℃。車とバイクは駐車場のいちばんはずれにとめておいた。カップめんの朝食をとり、バイクにもオイルを250cc補充した。DRは古いバイクなのでオイル上がりをおこしている。走るとオイルが燃焼室に上がってガソリンといっしょに燃えてしまうのだ。それで定期的にオイルのチェックが必要になる。道の駅に隣接する海岸。水道があったので飲料水をくませてもらった。看板には大量の水の持ち帰りは禁止とあるが、小さなタンクに一杯なら問題ないでしょ。駐車位置をかえて7時に出発した。道の駅で連泊する場合、毎日場所を変えることにしている。誰かがみているかもしれないから、ずっと停めっぱなしにはしていないというアピールだ。考えすぎかもしれないが。今日の最初の目的地は厚岸湖と霧多布湿原のあいだにある...2019北海道トランポ林道ツーリング6

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング5

    4日目の午後。釧路から国道391号線を北上し、遠矢の駅から左折して釧網本線にそってすすんだ。3キロほどでゆくと踏切があり、そこをわたって細岡展望台につづく林道にはいる。浮きジャリのダートの林道だ。湿原にゆくので平坦なのかと思っていたら、道は山にのぼってゆく。林道はジャリがいれてありよく手入れがされていた。やがて頭上を木が生い茂る暗い森林帯となった。森の中をすすみ、あと2キロほどで細岡展望台につくというところで、人が歩いていた。単独の若い女性だ。会釈をかわしてぬいたが、いるはずのない場所に人間がいるのも気味がわるいものである。細岡展望台から歩いてきたのだろうか。ハイキング気分で?クマはこわくないのだろうか、いや人間の男のほうがおそろしいのではないかと、いろいろと考えてしまった。林道を8、5キロはしって細岡展望台に...2019北海道トランポ林道ツーリング5

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング4

    4日目。道の駅うらほろの朝。6時に起床した。寒い。昨夜は毛布を2枚かけて寝たのだが足がでていて冷えてしまった。シュラフはあるが袋からだすのが面倒で毛布をかぶったのだ。北海道では寝床を整えてから眠らないといけないと思う。長袖シャツにライディング・ジャケットを着て車からでた。朝食はカップめんだ。道の駅は森林公園とキャンプ場に隣接しているので見にいってみた。上の建物は管理棟だ。野営場にはライダーが3人いた。大型バイクとカブの旅人だ。近年クロス・カブのライダーは激増しているが、私も年をとったらこれにしようと思っている。浦幌から50キロ強はしり道の駅しらぬか恋問にやってきた。駐車場が広いのでここを拠点にしようと思っていた。道の駅のはずれでバイクをおろす。ここには以前ローソンがあったが閉店していた。道東自動車道の庶路ICの...2019北海道トランポ林道ツーリング4

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング3

    3日目の続き。新冠林道が通行止めだったので、東南にある三石ダムにつづく三石関連林道と美河ピラシュケ林道をはしることにした。道道71号線をすすむと牧場に鹿がたくさんいる。鹿牧場なのかと思ったら、野生の鹿がお食事中だった。バイクを止めると鹿たちは走り去ってゆく。その牧場の本来の住人のサラブレッドたち。道道71号線から道道1025号線とつないでゆくが、道道1025号線にはダートが3キロあるとツーリング・マップル(以下TM)にある。それがどんな道なのか興味をひかれていってみた。道道なので幅広ダートなのかと思っていた。しかしじっさいにはふつうの林道と変わらない。やがて道は上りとなり山越えとなった。丘越えとも言える起伏だ。その道の真ん中に大きな熊のフンがある。私がこれまでに見たフンの中でも最大級のものだ。オスのもので数時間...2019北海道トランポ林道ツーリング3

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング2

    3日目。3時半に船内放送が入った。小樽の天候は晴れ。気温は17℃で、船は定刻の4時半に小樽港に到着予定とのこと。向かいのベットのライダーはまだ寝ている。飲みすぎではなければよいのだが。トラック・乗用車から下船がはじまり、4時40分にフェリーをおりた。小樽は雨上がりなのか路面がぬれている。札樽道にのると道路はかわき左に石狩湾がひろがった。胸のすくような広々とした風景だ。それを見て北海道にきたなとあらためて思った。大都会の札幌を走りぬけて輪厚PAで休憩する。北海道のPAやSAにはトイレしかなかったが、ここには店が2件もできていた。苫小牧港のマルトマ食堂にやってきた。北海道の初日の朝食はここのホッキカレーと決めていたのだ。しかしなんと休み。日曜日は休業のようだ。ガッカリ。そこで近くの市場にゆくと朝の6時前からやってい...2019北海道トランポ林道ツーリング2

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング1

    8月30日の金曜日。くもり時々雨。仕事から帰って北海道トランポ林道ツーリングに出発した。フェリーは明日の昼12時発の新潟~小樽便だ。時間はあるので国道を北上してゆく。上越国境の峠道、三国峠をさけるために群馬県の月夜野ICから関越道をつかい、新潟県にはいったところにある土樽PAで車中泊をすることにした。ここはスキーでもたびたび泊まっているところである。スーパーとコンビニで買ってきたもので遅い夕食とした。走行距離170キロ。2日目。新潟県土樽PAの朝。寒くて目が覚めた。気温は19℃。網戸を開けたままで寝ていたので冷えてしまったのだ。昨日の都内の最高気温は雨なので27℃ほど。35℃もあるような猛暑日ではなかったが、それでも気温差が大きすぎて体がついてゆかない。カップめんの朝食をとり出発の準備をする。バイクの右のスペー...2019北海道トランポ林道ツーリング1

  • 2019北海道トランポ林道ツーリング

    9月の第一週に北海道トランポ林道ツーリングにでかけてきた。バイクを車につんで車中泊をする旅である。新冠の林道からスタートした。林道をめぐり、夜は車にとまる毎日。これがとてつもなく楽しい。釧路湿原のダート。細岡展望台につづく林道。コッタロ展望台にむかう幅広のフラット・ダート。霧多布湿原の林道。天候にはめぐまれた。落石駅から音根沼にぬける林道。朽ちた林道看板。からまつの湯。上の浴槽。虹別林道。からまつの湯から西別岳にむかう。夕暮れの牧草地。屈斜路湖畔林道。林道が第一目的だが美術館もまわった。中札内美術村。露天風呂には鹿がやってきた。幌加温泉。鹿追の神田日勝記念美術館。旭川ではいってみたかった居酒屋を利用した。通行止めの林道も多かったが満足のゆくツーリングができた。北海道ツーリングにゆくと毎回思うが、今回も夢のように...2019北海道トランポ林道ツーリング

  • 2019年の北海道ツーリング

    2019年の北海道ツーリングは9月の第一週の予定だ。今年はソロでトランポ林道ツーリングである。新潟・小樽便を利用し、主に道東の未知の林道を走りたいと思っている。どんな旅になるのだろうか。天気がよいといいのだが。2019年の北海道ツーリング

  • 2019福島山形キャンプツーリング2

    2日目。あだたら高原キャンプ場の朝。右の白いテントが夜になってやってきた女性のもの。フライ・シートを設置せずに寝ている。キャンプ場にはファミリーやグループもいる。場内には野花が一面にさいていた。利用者のバイク。朝食はカップめんだ。撤収を開始する。アリが行列をしていてテントに入ってくる。それを追い出していると、気づかぬうちに虫に腕を2ヵ所さされてしまった。アブのようだ。そこがかぶれて腫れてくる。長いことキャンプをやっているが、こんなことははじめてのことだった。ここにもGS1000のカスタム車がいた。昨日道の駅にいたバイクに似ているが、こちらはキャスト・ホイールだ。GSの他にZ1ーRやマッハもいた。土湯トンネルをぬけて国道115号線をゆくと旧道に道祖神かお地蔵様が見えた。立ち寄ってみると馬頭観音しか判別できなかった...2019福島山形キャンプツーリング2

  • 2019福島山形キャンプツーリング1

    8月。福島・山形にキャンプ・ツーリングにでかけた。当日通過する埼玉県や栃木県の予想最高気温は36℃。那須高原までゆけば気温はそんなに高くないだろうと考えて、東北道で高温地帯をパスすることにする。高速を北上してゆくと、栃木県の大谷PAから渋滞していたので、ここで休むことにした。この先は渋滞14キロとのこと。PAで水分を補給し、渋滞を覚悟して出発するが、5キロほどでながれてくれた。那須で高速をおりるが、気温は予想以上にたかく、高原なのに32℃もある。白河まですすんでもうだるような暑さだった。白河ではラーメンの有名店のとら食堂にゆく。白河の郊外にお店はあり、混んでるだろうとは思っていたが、すごい人だった。お店の人によると1時間半待ちとのことなので、即座に断念する。また空いている日をねらってリベンジするばよいのだ。とら...2019福島山形キャンプツーリング1

  • 絶品ジンギスカン 旭川の大黒屋

    この訪問記の2016年までは以前あった本店の記事で、現在その店舗はなくなっており、2018年の記録は五丁目店のものである。2011年の北海道ツーリング平日の19時過ぎにお店につくと順番待ちとなっていた。さすが評判店である。私の前に4人並んでいたが、運よく5分ほどで席につくことができた。まず生ビール400円をたのんだ。ジンギスカンはひとりで2種類は十分に食べられるとのこと。そこで生ラム600円とハーブラム700円を注文した。野菜はサービスである。ビールを飲んでいるとジンギスカン鍋がセットされ、まず生ラムが運ばれてきた。肉はミディアムで食べられるので焼きすぎないで下さい、と言われるが、ラムのミディアムは食べたことがない。早速焼いて食べてみた。肉はくさみはまったくなく、ラムとは思えないもの。とてもやわらかい。これをミ...絶品ジンギスカン旭川の大黒屋

  • 2019群馬夕立ツーリング

    7月の末。群馬県下仁田町にツーリングにでかけた。当日は猛暑日で最高気温は35℃ほど。油照りということばそのもので、バイクで走れば風があたるが、とまると日差しが強くてたえられないほどの陽気だった。埼玉県の嵐山町で給油をする。空は晴れわたり今日は雨は降らない予報だった。今年は公私ともに忙しくてツーリングにいけていない。この日が今年の初ツーリングだった。群馬県下仁田町は、デレビ・ドラマの孤独のグルメの舞台となった町だ。ドラマに登場した飲食店が目的地で、つまり孤独のグルメ巡礼ツーリングなのだった。しかし群馬県に入ると進行方向に雲がわきだして、富岡町では雨が降りだしてしまった。カッパはあるが着たくないので、街道筋にあった子供のおもちゃの店で雨宿りをさせてもらった。空は雲でおおわれている。しばらく待つと雨はやんだのですすむ...2019群馬夕立ツーリング

  • 札幌でお得なランチ 味処酒房なかむら

    2012年の北海道ツーリング。札幌にやって来た。昼食は地元の方の情報で味処なかむら。居酒屋がメインだがランチもやっていてそれが美味しいとのこと。場所は札幌市電の資生館小学校前のすぐ近く。雑居ビルの2階だ。平日のお昼にお店に入るとサラリーマンが食事をしている。何がおすすめなのか女将さんに聞くと、お腹が空いているならカツ丼がいいとのこと。満腹になりますよ、と。カツ丼は日本一のボリュームと壁に貼ってある。私は年だからそんなに量は求めない。他はと聞くと、とんかつ、ひれかつ、メンチカツがいいとのことで、メンチカツ定食650円をお願いした。厨房からメンチカツを揚げる音が聞こえだした。メニューをあらためて見てみると、ここは揚げ物が得意のようで、他に唐揚げや、ザンキ、チキンカツ等もあるが、いずれも値段は650円だ。どれも美味し...札幌でお得なランチ味処酒房なかむら

  • 苫小牧の市場近くの人気店 マルトマ食堂

    2011年の北海道ツーリング今日は苫小牧からフェリーに乗って北海道を離れる日だ。とても寂しい。でもその前のお楽しみ、マルトマ食堂で昼食だ。ここは有名店でテレビでも紹介されているし、バイク用の地図、ツーリング・マップルにも何年も前から掲載されている。以前から来たいと思っていたのだが、苫小牧にフェリーがつくのは夜だから、早朝から昼過ぎまでのこの店の営業時間にあわなかったのだ。苫小牧の市場近く、漁港の前にある店に土曜日の10時半につくと行列している。しかしひとりなので、10分ほどでカウンター席につくことができた。何にするか迷ったが、ホッキカレー1000円とホッキ汁400円をたのんだ。店内は本日のおすすめ、2400円のところを1200円で提供する海鮮・半額丼が半分、それにホッキカレーが半分といった感じ。カウンターの前に...苫小牧の市場近くの人気店マルトマ食堂

カテゴリー一覧
商用