プロフィールPROFILE

ブーケさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブーケ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ki-ko_001
ブログ紹介文
気の向くままに!!
更新頻度(1年)

304回 / 365日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2018/07/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブーケさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブーケさん
ブログタイトル
ブーケ
更新頻度
304回 / 365日(平均5.8回/週)
読者になる
ブーケ

ブーケさんの新着記事

1件〜30件

  • ナイトライダーの花は

    落ち着いたダークレッドの花、クロツバキ(黒椿)・ナイトライダーの花言葉は「気取らない優雅さ」です。ツバキ科ツバキ属のクロツバキ・ナイトライダーは日当たりが良く水はけの良い場所を好み花は少し小さめです。これからの季節、シックな花を毎年楽しませてくれます。ナイトライダーの花は

  • ハナカンザシの花は

    小さなピンクの蕾から白い花に変わりますハナカンザシ(花簪)の花言葉は「思いやり、光輝、変わらぬ思い、明るい性格」です。キク科ローダンテ属で別名ローダンテ・アンテモイデス、白い可愛い姿から冬の妖精とも言われています。高温多湿が苦手で水はけの良い土を好み、日当たりが好きなハナカンザシは花は水に当たらないように気を付けてあげますと可愛い花を毎年楽しませてくれます。ハナカンザシの花は

  • ギョリュウバイの花は

    チェリーピンクの小さな花ギョリュウバイが花を咲かせていました。花言葉は「華やいだ生活、素朴な強さ」です。フトモモ科レプトスペルナム属(ギョリュウバイ属)で別名ティーツリー、レプトスペルナムのギョリュウバイ(マヌカ)は蜜をミツバチから採取し、マヌカハニーとして販売されています。常緑低木で日当たりの良い場所を好み、花は梅の花を小さくしたような形で、葉はギョリュウに似ています。ギョリュウバイは地植えや寄せ植えなどでも楽しむことができます。ギョリュウバイの花は

  • レウイシアの花は

    オレンジの花びらに縁が黄色のレウイシアが花を咲かせていました。花言葉は「熱い思い、ほのかな思い、熱い思慕」です。スベリヒユ科レウイシア属で別名イワハナビ(岩花火)のレウイシアは多肉の葉を持ち乾燥気味が好きな植物です。今の季節からは鉢花で園芸屋さんで出回り、日当たりの良い窓越しで土が乾いてから葉にかからないようにお水をあげると良いようです。常緑多年草ですので細い葉と可愛い花を楽しませてくれ、色も他にピンクや白など多くあります。レウイシアの花は

  • サイネリアの花は

    チェリーピンクの花が次から次へと咲きます、サイネリアの花言葉は「喜び、希望、華やかな恋」です。キク科ペリカリス属で別名フウキザクラ(富貴桜)フウキギク(富貴菊)フキギク(蕗菊)は葉の形が蕗の葉に似ているところから名が付いたようです。今の季節カラフルな色のサイネリアはブルーや白、淡いピンクなど多くの色の種類を持ち蕗に似た大きな葉の間から小さな花を半球状にいっぱいに咲かせ楽しませてくれます。サイネリアの花は

  • ディモルフォセカの花は

    鮮やかなオレンジ色の花、ディモルフォセカが花を咲かせていました。花言葉は「明るい希望、富、すこやかな人」です。キク科アフリカキンセンカ属で別名アフリカキンセンカ(阿弗利加金盞花)ナマクワランド・デージーは日が当たりますと花が開き、曇や夕方になりますと花を閉じてしまいます。一年草で高温多湿が苦手なディモルフォセカは今年は暖冬のせいか、もう咲き始め初夏ぐらいまで可愛い花を楽しませてくれます。ディモルフォセカの花は

  • メローシャワーの花は

    八重咲きの淡いパープルの小さな花プリムラ・マラコイデス・メローシャワーの花言葉は「運命を開く、初恋、気取らない恋、素朴」です。サクラソウ科プリムラ属で別名オトメザクラ(乙女桜)のプリムラ・マラコイデス・メローシャワーは葉の裏からほのかなメロンのような甘い香りがかすかにします。冬から春ぐらいまで鉢花で室内で楽しむことができ、多く水を上げすぎますと根腐れを起こしやすいので、気を付けなくてはと思います。また花が済みましたら茎の下から切ってあげますと他の茎から次の花を咲かせてくれます。メローシャワーの花は

  • ハーデンベルギアの花は

    淡いピンクのコチョウラン(胡蝶蘭)を小さくしたような花のハーデンベルギアの花言葉は「幸せが舞い込む、運命的な出会い、過去の愛、奇跡的な再開、思いやり」です。マメ科ハーデンベルギア属で別名コマチフジ(小町藤)のハーデンベルギアはフジ(藤)のように垂れ下がったように花を咲かせます。常緑つる性植物ですが寒冷地では冬の間は室内に入れたほうが良く、場所によってはトレリスやフェンスに絡ませたりすることもでき、また鉢花ですと行灯仕立てなどで楽しむことができます。ハーデンベルギアの花は

  • カルセオラリア・ミダスの花は

    袋のような黄色の花カルセオラリア・ミダスの花言葉は「私の伴侶、援助、あなたに私の財産を捧げます、幸福」です。ゴマノハグサ科カルセオラリア属で別名キンチャクソウ(巾着草)スリッパーフラワーのカルセオラリア・ミダスは夏の暑さに弱く一年草扱いになっています。今の季節鉢花で出回りますが、冬の間は室内の日が当たる場所で管理されたほうが良いようです。花は雨にも弱いですので、春になって外に出す場合は雨に当たらない場所で、花を楽しむことができます。カルセオラリア・ミダスの花は

  • スイートルビーの花は

    鮮やかなピンクの花、ルクリア・スイートルビーの花言葉は「優美な人、しとやか、においの魅力、清純な心」です。アカネ科ルクリア属で別名アッサムニオイザクラは花の形が桜の花に似ているところから名が付いたようです。高温多湿が苦手ですのでお水を多くあげ過ぎますと、根腐れを起こしてしまいますので、お水の管理は気を付けたほうが良いようです。また寒さには弱いですので冬は室内に入れてあげ夏は直射日光は短時間にしたほうが良いようです。少し難しいお花ですが、管理をうまくすれば芳香花の綺麗な姿を毎年見せてくれます。スイートルビーの花は

  • フブキシラタマの花は

    茶花のツバキ・フブキシラタマ(椿・吹雪白玉)が花を咲かせていました。花言葉は「控えめな美、控えめな愛」です。ツバキ科ツバキ属のツバキ・フブキシラタマは白地に紅の吹きかけ絞りの品の良いお花で、一輪でも存在感があり、茶室などで楽しむことができます。寒さに強く11月頃から3月頃まで一重のお花を次から次へと毎年見ることができます。フブキシラタマの花は

  • ハチフクジンの花は

    ピンクのハナキリン・ハチフクジン(花麒麟・八福神)が花(苞)を付けていました。花言葉は「純愛、逆境に耐える」です。トウダイグサ科ユーホルビア属で別名キスミークイックは花に見えます苞の形が唇に似ているところから名が付いたようです。多肉植物のハチフクジンは日当たりの良い窓辺の暖かい場所を好み、お水は土が乾いた頃にあげるだけで良く、環境が整えば一年中花(苞)を楽しむことができます。ハチフクジンの花は

  • ヒポシルタの花は

    オレンジの花を咲かせますヒポシルタの花言葉は「敬慕、古き良き時代」です。イワタバコ科ネマタンサス属で別名キンギョノキ(金魚の木)は蕾に見えますオレンジ色の萼が開きますと金魚に似た形の花を咲かせます。多肉質の綺麗な緑の葉の間から鮮やかなオレンジの花を鉢花で毎年楽しませてくれますが寒さには弱いですので冬は室内で管理してあげると良いかもしれません。ヒポシルタの花は

  • クモマグサ・ラージホワイトの花は

    白い小さな花のクモマグサ・ラージホワイトが花を咲かせていました。花言葉は「活力、自信、深い愛情、愛らしい告白」です。ユキノシタ科ユキノシタ属で別名セイヨウクモマグサ(西洋雲間草)ヨウシュクモマソウ(洋種雲間草)は白い2センチぐらいの可愛い花を毎年楽しませてくれます。育てることが難しい日本の高山に咲くクモマグサとは違い、ラージホワイトはヨーロッパ原産のクモマグサの品種改良で高温多湿が苦手なようですが寒さには強い植物です。クモマグサ・ラージホワイトの花は

  • ミニパイナップルの花は

    パープルの小さな花のパイナップルの花が顔を出していました。花言葉は「あなたは完全です、完全無欠」です。パイナップル科アナナス属で別名ホウリ(鳳梨)は6月頃から7月頃に花を咲かせますが、温室では今の季節花を見ることができます。観賞用として小さな実の間から花を楽しむことができ、実の頭の部分の葉の塊を土の上に乗せただけでも根が出てきますので、観葉植物として育てることもできます。ミニパイナップルの花は

  • ペーパーホワイトの花は

    白い綺麗なスイセン・ペーパーホワイトが花を咲かせていました。花言葉は「自己愛、神秘」です。ヒガンバナ科スイセン属で別名シロバナスイセン(白花水仙)フササギスイセンのペーパーホワイトは副花冠も白く真っ白なお花です。薬草として日本に渡ってきたようですが、今は園芸屋さんでも手に入り冬のこの季節寒さに強く、室外で綺麗な花を毎年楽しませてくれます。ペーパーホワイトの花は

  • ブライダル・ブーケの花は

    ピンクのフリルが可愛い、アザレア・ブライダル・ブーケの花言葉は「あなたに愛されて幸せ、愛の楽しみ、恋の喜び」です。ツツジ科ツツジ属で別名セイヨウツツジ(西洋躑躅)オランダツツジ(阿蘭陀躑躅)のアザレア・ブライダル・ブーケは大輪で八重咲きの花を咲かせます。今の季節、花の咲いた状態で園芸屋さんに出回りますが、霜に当たりますと花がしなってしまいますので、室内で管理されたほうが良いようです。毎年この季節可愛い花を楽しませてくれます。ブライダル・ブーケの花は

  • クィーンローズの花は

    チェリーピンクの小さな花が可愛い、カランコエ・クィーンローズの花言葉は「幸福を告げる、たくさんの小さな思い出、あなたを守る、おおらかな心」です。ベンケイソウ科カランコエ属で別名ベニベンケイ(紅弁慶)のカランコエ、クィーンローズは厚みのある葉の間から小さなバラに似た花をたくさん付けてくれます。多肉植物ですので、お水は土の表面が乾いてからあげると良く、日に当てないと茎だけが伸びてしまいますので窓越しの日のあたる場所が良いようです。この季節小さな花をたくさん咲かせ長い期間楽しませてくれます。クィーンローズの花は

  • タカラブネの実は

    赤い実をたくさん付けます、マンリョウ・タカラブネ(万両・宝船)の花言葉は「寿ぎ、徳のある人、慶祝、財産」です。サクラソウ科ヤブコウジ属で別名タチバナ(橘)のマンリョウ・タカラブネはマンリョウ(万両)のなかでも大きな実をたくさん付けるタイプです。7月頃から8月頃に小さな白い花を咲かせ、今の季節密集した濃い緑の葉の間から赤い実を楽しませてくれます。タカラブネの実は

  • サクラカゲツの花は

    ピンクの小さな花が可愛いサクラカゲツ(桜花月)が花を咲かせていました。花言葉は「一攫千金、富、幸福を招く、不老長寿」です。ベンケイソウ科クラッスラ属で別名フチベニベンケイ(縁紅弁慶)カゲツ(花月)でカネノナルキ(金のなる木)としても流通しています。葉は多肉で光沢があり、花はピンクの小さな花を半球状に咲かせ、寒さには弱いですので冬の間は室内に入れてあげ、お水は土が乾いたらあげるぐらいが良いようです。縁起が良いと言われて、この季節出回り楽しませてくれます。サクラカゲツの花は

  • パキスタキス・ルテアの花は

    黄色の苞の間から白い花を咲かせます、パキスタキス・ルテアの花言葉は「飾らない心、素朴、美しい娘」です。キツネノマゴ科ベニサンゴ属で別名ウコンサンゴ(鬱金珊瑚)のパキスタキス・ルテアは寒さに弱く暑さに強い植物です。細い茎の先にキャンドルのような形の苞を長い期間付け、その間から白い羽のような花が咲き楽しませてくれます。パキスタキス・ルテアの花は

  • レッド・パウダーパフの花は

    半球状のフワフワと柔らかい感じのレッド・パウダーパフが花を咲かせていました。花言葉は「高潔、澄んだ心」です。マメ科ベニゴウカン属(カリアンドラ属)で別名オオベニゴウカン(大紅合歓)は熱帯性常緑低木で12月頃から4月頃まで花を見ることができます。日本では石垣島などで見かけることがあるようですが、日本の場合は植物園の温室などで花を楽しむことができます。レッド・パウダーパフの花は

  • レッドフラミンゴの花は

    赤いフリルが綺麗なハイビスカス・レッドフラミンゴの花言葉は「私はあなたを信じます、繊細な美」です。アオイ科フヨウ属で別名フソウカ(扶桑花)のハイビスカス・レッドフラミンゴは寒さには弱いですので10月頃から4月頃までは室内で管理されたほうが良いようです。赤いフリルで2段と豪華なレッドフラミンゴは温室ですと、一年中綺麗な花を楽しませてくれます。レッドフラミンゴの花は

  • ペンタスの花は

    チェリーピンクの星型の花、ペンタスが花を咲かせていました。花言葉は「願い事、希望が叶う、誠実」です。アカネ科ペンタス属で別名クササンタンカ(草山丹花)のペンタスは多年草ですので、冬越しさえ上手く管理してあげますと、綺麗な花を見せてくれます。花が済みましたら切り戻してあげ、挿し木でも育つペンタスは大きな木になり、花をたくさん咲かせ楽しませてくれます。ペンタスの花は

  • リンデルニア・ブルーの花は

    ブルーのとても小さな花、リンデルニア・ブルーが花を咲かせていました。花言葉は「あなたを慕っています」です。ゴマノハグサ科リンデルニア属で別名ヒトミソウ(瞳草)エクボソウ(笑窪草)のリンデルニア・ブルーは常緑多年草で横に這うタイプですので、切り戻した時に挿し芽にしてあげますと増やすことができます。日当たりが好きで、グリーンの綺麗な葉の間から小さな花を咲かせますリンデルニア・ブルーは「天使の涙」とも言われています。リンデルニア・ブルーの花は

  • マラコイデスの花は

    チェリーピンクの小さな花プリムラ・マラコイデスの花言葉は「運命を開く、気取らない愛、素朴」です。サクラソウ科プリムラ属で別名オトメザクラ(乙女桜)ケショウザクラ(化粧桜)のプリムラ・マラコイデスは夏の高温多湿が苦手なので、一年草扱いになっています。今の季節風通しの良い、日のあたる場所に置いてあげ、花柄や枯葉をまめに摘んであげますと可愛い花を楽しませてくれます。マラコイデスの花は

  • アネモネ・オーロラの花は

    ピンクのグラデーションが綺麗なアネモネ・オーロラが花を咲かせていました。花言葉全体は「はかない恋、恋の苦しみ」でピンクは「待ち望む」です。キンポウゲ科イチリンソウ属で別名ボタンイチゲ(牡丹一華)ハナイチゲ(花一華)のアネモネ・オーロラは八重咲きの球根植物です。花柄を摘んであげ霜に当たらなければ、柔らかい花を春頃まで次から次へと楽しませてくれます。アネモネ・オーロラの花は

  • ノースポールの花は

    白い小さな花、ノースポールが花を咲かせていました。花言葉は「冬の足音、誠実、高潔、清潔」です。キク科フランスギク属で別名クリンサンセマム・ノースポールは冬の寒さには強いですが高温多湿が苦手な植物です。園芸屋さんではゴールドクレストとガーデンシクラメン、ノースポールが寄植えで販売されているのをこの季節よく見かけます。花の期間も長く、ガーデンなどでも楽しむことができます。ノースポールの花は

  • クラリンドウの花は

    個性的な白い花を咲かせます香りの良いクラリンドウの花言葉は「大きな希望」です。クマズラ科クサギ属で別名クレロデンドルム・ウォリッキー、グレープバニラのクラリンドウは寒さには弱い植物ですので、冬越しをうまく管理してあげますと毎年花を咲かせてくれます。花が済みましたら、赤い萼が星型に開いて可愛い中の実が顔を出し、花の形のような姿を楽しませてくれます。クラリンドウの花は

  • エンジェルベイビー・ラブポケットの花は

    白い可憐な花、デンドロビウム・エンジェルベイビー・ラブポケットの花言葉は「わがままな美人、天涯の花を持つ」です。ラン科デンドロビウム属(セッコク属)のデンドロビウム・エンジェルベイビー・ラブポケットは香りがよく、水苔が乾いたらお水をあげるぐらいで、育てやすい植物です。根がいろんなところから出てきますので、株分けをしてあげ水苔で巻いてあげますとまた可愛い花を咲かせてくれます。レースのカーテン越しの日のあたる場所に置いてあげますと毎年花を楽しむことができます。エンジェルベイビー・ラブポケットの花は

カテゴリー一覧
商用