chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ぽんきち
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/04/01

1件〜100件

  • Vol.4067 梅雨の晴れ間

    今日は一日中雨の予報が朝から快晴。3日ほどブログをサボってしまった。ブログが滞ると読者の皆さんはけろけろがよっぽど忙しいか、ぽんきちの具合が悪いかと心配される。いやいや、忙しくもないし、元気です。降り続く雨のせいでしょうかね、、、。今朝は6時過ぎか

  • Vol.4066 ついにスマホへ

    ちょうど2年ほど前ブログにこんなことを書いた。そして先日KDDIから直電がかかってきて「今お使いの電話、通称ガラパゴスケータイは来年3月で使用できなくなります。ただいま機種変更特別キャンペーン中でして、今なら機種変更代、電話本体代金がかからないばかりか

  • Vol.4065 初夏の庭

    空梅雨なのかなぁ、、、。今日も朝から太陽が眩しい軽井沢。庭にもそろそろ夏の花が咲き出した。これは長野で開発された一重のバラ「安曇野」フタマタイチゲ。よくニリンソウと呼ぶ人がいるが、フタマタの方が圧倒的に強い。クレソン from サイクライ山荘。花が咲くと茎

  • Vol.4064 白馬・黒部の旅2

    白馬・黒部の旅第2弾。今日は白馬・岩岳の様子。近年スキー・スノボ客の減少により全国津々浦々にできたスキー場の経営は火の車だ。冬場の営業だけでは十分な収入が得られないためこれまでオフと言われていた季節もリフトやロープウェイを運行させて集客に力を入れている。そ

  • Vol.4063 休日のご褒美

    久々に仕入れや人に会う予定もないスケルトンな一日は掃除、草むしりに加えて昨年来(骨折のせいで)伸び放題になってしまった庭の木々の枝落とし、そして極めつけは「幹割り」 一日中働いた後は夕方からトンボの湯でゆっくりと汗を流し、帰宅後はすぐに久しぶりの二人っき

  • Vol.4062 幹割

    何の予定もない定休日、ついにあの山梨の幹を割ることにした。もう半年もブルーシートをかけたまま放置していた。推定一つの重さは100kgくらいか。自分のチェーンソーで切るのは困難、町の貯木場に運ぶとしてもどうやって動かしたら良いものか、、、。そもそもこのくらいに

  • Vol.4061 白馬黒部の旅1

    白馬黒部の旅を数回に分けてご紹介したいと思う。まずは軽井沢から白馬へのルート。白馬と言うと遠いという印象があるが、思ったよりかなり近い。上信越自動車道を長野ICで降りすぐに県道31号(別名オリンピック道路)を利用すれば2時間足らずで辿り行ける、はず。しか

  • Vol.4060 長野のトリセツ

    本屋で面白そうな本を見つけた。旺文社の「長野のトリセツ」トリセツとは不思議なネーミングだが、長野県を「地勢」「交通」「歴史」「文化・産業」の視点で図解を多用して実に分かり易く分析している。地図好きのぽんきち垂涎の一冊。軽井沢図書館などに掲げられてい

  • Vol.4059 梅雨冷

    梅雨に入っても長雨にならず晴れれば湿度も低く比較的快適である。しかし、朝夕はそれなりに冷える。梅雨冷だ。まだ北の高気圧と南の高気圧が鬩ぎあっていて、今のところ北が優勢なのだ。我家では先週やっとコタツを片付けたのだが、こう寒いと夜は暖房も欠かせない。そんな

  • Vol.4058 クレマチス

    雨の中、店のクレマチスが満開になっている。クレマチスはもっとも成功した花のひとつだ。 移転と同時に広い敷地内に様々な草木を植えてきた。一部はうまく育たず枯れてしまい、育ってきてはいるもののシャクナゲ、ツリバナや紅山法師のようにほとんど花が咲かないものもある

  • Vol.4057 夏栗鼠

    こんにちは、軽井沢の森のりすどんです。つい3月まではあんなにむくむくの毛で覆われていたのが、もうすっかり衣替えも終わって夏仕様に変わっている。すっきり身軽になって森の枝から枝に飛び回る。さて、この季節は森のどこかに巣があって子育てをしているはずなんだが

  • Vol.4056 作物愛

    きゅうりの花が咲きだした。きゅうりには雄花と雌花があり、これは雄花の方。こちらは雌花。茎の間からでてきた時から小さな小さなキュウリが花の下に付いている。虫が雄花から運んだ花粉を雌花に付けるとキュウリの実がどんどん大きく成るしか仕掛けだ。今この子どもきゅ

  • Vol.4055 ぶんぶく茶釜

    上ノ原の新店舗を見ぬまま義母は亡くなった。その義母が自宅で使用していた茶釜はもう使う人もいないので軽井沢に運び込み、引き取ってくれる人をずっと探していたが、重さ10kgもある鋳物のぶんぶく茶釜を欲しがる人も現れないまま5年。インテリアとして飾るようなもので

  • Vol.4054 巣立ち間近?

    10日ほど前(恐らく)昨年と同じ日に同じ場所で生まれたシジュウカラの雛の巣立ちが近い。もう成鳥と同じくらいまで大きくなっている。この時期になると親鳥はあまり頻繁にエサを運ばなくなり、少し離れた梢でいつもと違う鳴き声を放つ。恋の季節のさえずりは 「ツィ

  • Vol.4053 松代PAで朝食

    上信越自動車道松代SAで朝食。小さなSAだがここの食事は安くてなかなか美味しい。早く家を出てここで名物のとろろごはんを食べたいところ、これまで開店が8時だったのでなかなか立ち寄れなかった。ところがコロナの影響?でどういうわけか開店が7時となり利用しやすくなった

  • Vol.4052 信州満喫プロローグ

    水木と連休をいただき意外と長い爽やかな初夏を楽しんできました。まずは白馬・岩岳ロープウェイ山頂付近にできたMountain Harbor へ。1200m超のウッドデッキから眺める白馬三山は絶景。ここでニューヨーク・シティベーカリのクロワッサンドを食べるところから旅が始

  • Vol.4051 梅干し漬け

    6月8日梅干し作り開始。昨年よりなんと2週間以上早い。昨年は史上最悪と言われるほど全国で梅の実りが悪く、いつも頼りにしていた信州産は全滅。和歌山の南高梅を入手したのが6月20日過ぎだった。今年は梅の出来も上々。昨年は不作だったにも関わらずどう言うわけか最高の梅

  • Vol.4050 緑窓

    緑が眩しい季節だ。一時は早梅雨で気が滅入る日々が長く続くのかと思ったが、ところがどっこいなかなか本格的な梅雨がやって来ない。これは幸運だ。とにかく梅雨の前の新緑と乾いた心地良い風が何より快適。これこそ軽井沢高原の醍醐味だ。朝起きると玄関の窓は緑に染まって

  • Vol.4049 支柱立て

    最近は平日でも結構忙しいので畑仕事は定休日の水曜日になってしまう。先週は苗を植え、今週は支柱を立てた。キュウリこのところ晴れの日が続き、作物たちも順調に育ってきている。どうやら梅雨入りは来週になるらしい。昨年は梅雨入り後8月の上旬までほとんど雨が降りっ

  • Vol.4048 今日のけろけろ

    2日ぶりに晴れた軽井沢は爽やかな風が吹いています。春ゼミの大合唱が始まりました。今日は週末。全27種のお惣菜を御用意してお客様のご来店をお待ちしています。窓越しに新緑が眩しい季節になりました。今日の一押しは「イカの地中海風夏野菜炒め=150g/450

  • Vol.4047 シジュウカラ誕生

    店のお隣の郵便ポストの中で今年もシジュウカラが生まれた。2年連続。昨年の巣にちょこっとだけ手を入れてちゃっかり入居。そのまま産卵、抱卵に入った。そして昨日殻を割って出てきた。生まれたばかりの雛はこのように毛が無くて赤黒い。目は開いていないので明るさと音にし

  • Vol.4046 KABUちゃんの季節

    夜でも暖かくなりいよいよ待望の「KABUちゃん」の季節がやって来た。「KABUちゃん」とは今年の3月に清里で買ってきた小型ピザ釜。水曜の夜はこれで外ゴハンだ。ピザ窯だからピザしか作れないわけがない。これはつまり薪オーブンなのでオーブン料理ならなんでもで

  • Vol.4045 連続投稿ダニ

    仕事が急激に忙しくなった4月29日から5月5日までの1週間ブログを更新できないままGWが終わってしまった。これではいけない!?(何がいけないのかわからないが)と思い5月6日から連続投稿を始めた。かえるのひとりごとは原則日曜日はお休み。月曜から土曜まで投稿を続けるこ

  • Vol.4044 法師温泉・長寿館

    5月の連休の疲れを癒すため法師温泉に行ってきた。山の中の秘湯と言うイメージがあるが、軽井沢から2時間ほどで行ける。国道17号を降り、猿ヶ京を過ぎたどん詰まりの谷の奥にひっそりと佇む一軒宿が長寿館である。旧三国街道沿いにあり、このまま山を登ると三国峠、その先

  • Vol.4043 おぎのやの立ち食いそば

    時々食べたくなる立ち食いそば。軽井沢近辺ではJR軽井沢駅の「おぎのや」くらいしか店がない。蕎麦屋ならどこにでもあるが、この立って蕎麦をすするスタイルが懐かしく、まぁなんと言っても安いのである。かけそばなら370円、天ぷらでも470円。軽井沢駅の立ち食いそば

  • Vol.4042 作付け

    水曜日の貴重な晴れの日、仕入れに行ったついでに小諸の「小林農園」で野菜の苗を買い、店に帰ってきて休日返上で苗を植えた。6月13日まで野菜苗の特売中。小林さんとは開店以来の長いお付き合い。店の小さな畑も時々見てもらいアドバイスをもらっている。「おらんちの苗

  • Vol.4041 佐久の草笛

    ぽんきちの蕎麦の基準点「佐久の草笛」に久々に行った。ここはお昼は地域に多くある工場への出張者が多く、いつも混んでいるのでしばらく敬遠がちになっていたのだ。値段が安く美味しく、ボリュームもあるので地元社員が好んで出張者を連れてくるようだ。もちろん地元にも人

  • Vol.4040 林檎園と浅間山

    佐久平の林檎園からみた浅間山。この方角から見る浅間山は左3分の1が黒斑山に隠れて軽井沢から見るのとちょっと形が違って見える。佐久平に広がる林檎園では今摘果の真っ最中。摘果とは花が咲き終わり枝枝に実り始めた実を間引く事だ。これを怠ると小さな実ばかり沢山成って

  • Vol.4039 畝完成

    長雨が切れた5月18日にやっと畑を耕すことができた。5月9日に腐葉土や土壌改良土を投入はしたものの、雨が続き古い土を掘り起こし混ぜることがずっと出来なかったのだ。しかしこのままでは苗を植えることはできない。畝作りが必要だ。仕事の合間をに畝を作るぽんきち。鍬で

  • Vol.4038 コーナーガーデン

    ロイヤルプリンス通りからけろけろキッチンに入るコーナーは小さな花壇になっている。かつては雑草と雑木が生い茂り、手の付け様が無いほど荒れていた。店を改装してこのコーナーに新しく看板も設置した後せっせと雑草を抜き、土を入れ、草木を植えてやっとここまでになった

  • Vol.4037 CALDI 出店

    佐久のイオンに待望のCALDIがやってきた。これまでもよりは上田のアリオ、または高崎のイオンと遠かった。コーヒーはもちろんのこと輸入食材、ワイン、スパイスなど店で使えるもの多い。コロナの影響でフリーコーヒーサービスは中止中だが、十分楽しめる品揃えだ。ワイン

  • Vol.4036 プロ?のBBQ

    自称BBQのプロである。店の商品にBBQコースを作り、売っているのだからプロを名乗っても良いだろう。今日は自称プロが自宅で味わうBBQをご紹介。ツルヤの牛肉に自家製焼肉だれ(和牛が食べられない料理長用)ハワイアンポーク(パイナップルとココナツミルクでマリネー

  • Vol.4035 蓮華躑躅と雪笹

    庭の蓮華躑躅(レンゲツツジ)が咲いた。自宅の庭は小さいが春の訪れとともに順次花が咲くように草花を育ててきた。園芸店で買ってきたものもあるいが、もともとこの森に自生していたものも多い。3月末のスノードロップから始まり、クロッカス、レンギョウ、ユキヤナギ、ヒ

  • Vol.4034 招かざる客

    店を終え、佐久・小諸に仕入れに行き、食材を店に降ろして帰ってきた。あとは風呂に入り、夕食を食べながら取り置きのビデオでも見て寝るだけ。料理長が入浴中ふとテレビの外付けスピーカを見ると、、、何かいる。何か大きな、嫌~な波長を発する虫のようなものが。近づ

  • Vol.4033 糠漬け登場

    たっぷり栄養を与えて大好きなビールまでもらってぽんきちの糠床は大喜び。最近の暖かさも手伝って糠はぷっくり膨らんでいます。ぽんきちの「糠漬けの宝石箱」ついに登場です。今年初の甕出しです。野菜は定番となったきゅうり、かぶ、にんじん、なす、みょうが、ゴーヤ

  • Vol.4031 黄色い粉の正体

    5月上旬から晴れた日が続いていたが、ここに来て雨ばかり。カラカラに乾いた森に雨が降り水溜りに黄色い粉のようなものが浮いていた。先日タイヤ交換をした時車体の黄色い粉について聞いたところ山下自動車のYさんは「駐車場の近くに松の木ない?」 「これ、松の花粉だよ」

  • Vol.4031 山椒しゃぶしゃぶ

    山椒しゃぶしゃぶの季節がやってきた。知る人ぞ知る軽井沢の春のご馳走だ。材料はシンプル。薄口醤油ベースのつゆ、豆腐、白菜、椎茸。香りの強いネギ、春菊、三つ葉などは使わないのがポイント。肉をしゃぶしゃぶしたところに若芽ごと少量鍋に入れ、肉と一緒に頬張る。山椒

  • Vol.4030 糠床起こし

    例年とほぼ同時期の5月14日糠床を起こした。糠は毎年11月には働くなる。気温が低すぎて発酵しないのだ。12月には表面にラップを敷き粗塩を厚く撒いて冬眠をさせる。糠が床につくのだ。糠が寝ている12月~5月上旬まではまさに軽井沢の冬に当たる。ラップを剥がし

  • Vol.4029 2nd Street

    佐久に2nd Streetが昨日5月15日にオープンした。ビデオレンタルなどで業績を伸ばしたGEOグループの中古買取販売専門店だ。全国に700店舗もあるんだって。昨年までここはカインズグループのベイシアファッションだった。いつ行ってもガラガラであまり魅力的なものは売ってい

  • Vol.4028 最高級信州牛

    自分用のBBQの肉を出入りの肉の卸売り業者さんに頼んだ。届けられた信州牛のサーロインがこれだ。包みを開けてびっくり。サシがびっしり入っていて真っ白ではないか。こんなの頼んだっけ??? 厚さ1.5cm、重さ500gと注文はしたけれど。これは信州牛A5ランクの最

  • Vol.4027 登利平のとりめし

    仕入れのため群馬に降りると時々買って帰るのがこの「登利平の鳥めし」この弁当は揺るぎない上州のソウルフード。群馬県内に26店舗、埼玉に5店舗、栃木に1店舗。残念ながら長野を含む他県には店舗はない。中は極めてシンプル。たっぷりのご飯の上に海苔がちょこっと、その

  • Vol.4026 一番の季節

    毎年のことだが、ゴールデンウィークは怒涛のように押し寄せてきて過ぎ去るとそこに春がやってきている。今に始まったことではなく毎年GWの軽井沢は春と言うには少し早すぎ、若葉も萌え切らず、BBQをするにも気温が低すぎる。もちろん花はコブシとレンギョウくらいしか咲いて

  • Vol.4025 タイヤ交換

    もうそろそろタイヤを交換してもよいだろう。最低気温が0度以上となり、雪や道路の凍結の恐れがなくなった。毎年タイヤ交換は連休明けになる。タイヤを交換すると燃費も良くなり走行時の騒音も少なくなり快適。最近車に黄色い「粉」が積もって見苦しい。これは黄砂なのかと

  • Vol.4024 畑始め

    いよいよぽんきちの「オラの畑」作り始動だ。畑の土は毎年良くなってきている。最初の年は礫が多く、痩せた土だったので店の改装ついでに軽トラック一杯の黒土を入れてもらったが、それだけでは畑の土にはならず、市販の培養土、モミ、腐葉土、牛糞などを入れた。それでも耕

  • Vol.4022 薪長者?

    連休前にある別荘人のお客様から「薪の切り落としがまだ残っているから使うならもってっていいですよ」とのお申し出があった。「まだ」の意味は一昨年伐採をした際に栗を中心に大量の薪を頂いたからだ。実は昨年からその話はあったのだが、例の骨折のせいで薪の運搬など有り

  • Vol.4023 春の浅間山

    連休明け、仕入れのため立ち寄った小諸の農産物直売所「浅間のかおり」から見た浅間山。山腹の半分まで緑が広がり始めている。空は青く澄み渡って刷毛で描いたような雲が広がっていた。浅間山麓にもやっと本格的な春がやってきた。佐久平では農家は大忙しだ。ここに広がる畑

  • Vol.4021 初BBQ

    今年の初BBQは5月6日。おそらく過去最遅。7日ぶりの休日は家の掃除、洗濯、布団干し、そして空っぽになった食材仕入れ。木曜は暖かかったのでようやくBBQをやる気になった。今年は3月に暖かい日が多かったものの4月は寒い日が続いた。我々のルールでは夜の気温が

  • Vol.4020 あってりチャージ

    疲れた時は中軽井沢駅前の「あってり麺」濃厚でありながら和風のダシがしっかり香る独自のラーメン。ぽんきちは疲れてくるとこのラーメンを食べる。そして知る人ぞ知るのがここのカレー。実はすごく旨いのである。ラーメンと一緒に食べるとお腹がいっぱいになってしまうの

  • Vol.4019 怒涛の一週間

    4月29日からの7日間の連続営業が終わった。疲れた、、、、。ブログを始めて16年、開始当初を除き7日間もブログを休んだことは無い。それほどハードな毎日だった。【毎日予約の入った人気のお持ち帰りパエリア】それと言うのも、今年のGWはパートタイムスタッフを雇わな

  • Vol.4018 丁字桜

    店の前の桜が咲いた。え?これがサクラ?これは原種桜の一種「丁字桜ーチョウジサクラ」 花の形が「丁」の字を逆さにしたように見えるから。普段見慣れているあの「ソメイヨシノ」は江戸時代に生まれた園芸種。日本全国同じDNAを持ったクローンなのだそうだ。花は淡いピン

  • Vol.4017 GWの営業

    軽井沢の今朝の気温はプラス1度。だいぶ暖かくなってきました。しろたんもそろそろ衣替えの季節です。さて、遅くなりましたが、今年のGWの営業についてお知らせいたします。4月28日(水)  定休日4月29日(木)~ 5月5日(水)まで連続営業5月 6日(木)  代休営

  • Vol.4016 キラキラガレージ

    火曜日に群馬に下り仕入れをしたついでにCOSTCOに寄った。せっかく会員になっているので山を下りた時は大抵買い物をしてくる。はっきり言って行かなきゃ買わなくて済むものも買ってくる。料理長がちょっと前に近所の別荘で見つけた外用LEDライト。小さな電球がたくさんついて

  • Vol.4015 桜草

    今年は庭の日本桜草が4月19日に咲いた。過去(18年間)最速だ。温暖化の影響なのだろうか。カタクリも早々と開花。しかし開花直後の氷点下8度には勝てず、敢無く凍死。植えてから15年。一輪目が咲くまで8年、今年やっと咲いた二輪目までさらに4年。花は一夜で枯れて

  • Vol.4014 ウグイスカグラ

    店の厨房の前にある「ウグイスカグラ」が咲き出した。軽井沢に遅い春が来た。漢字では「鶯神楽」と書く。鶯がこの花の枝で神楽を踊って春の訪れを喜ぶのだそうだ。今日火曜日は臨時休業、山を降りて終日連休のための仕入れだ。ぽんきちは踊っている場合ではない。

  • Vol.4013 雪浅間

    昨日の雪には驚いた。昼前突然空が暗くなったと思ったら強い風とともに激しく雪が降った。丸い小粒の雪だから「霰」と呼ぶのかもしれない。その後それが嘘だったように晴れて一日中強風が吹き荒れた。夜の気温は3度。佐久平に仕入れに行き食材を店に搬入している時も、今度は

  • Vol.4012 梅酒も出たよ~

    梅干しに続いて梅酒も甕出ししました。今回の梅酒は一昨年令和元年と21年前の平成12年のブレンド。右手の色の薄いものは令和元年と平成29年のブレンドです。梅酒もウィスキーと同じでブレンドすると独特の味と香りになります。左側の「古酒」は色も琥珀色、味は蜂蜜

  • Vol.4011 辛夷凍る

    最近の軽井沢の寒いことと言ったら、、、。今朝も氷点下一度。最高気温は10度の予報。4月9日にアップしたデリシア横の辛夷の大木は、、、。一昨日の水曜日に確認したらこんなになっていた。10日の朝は特に寒くて氷点下5度まで下がった。こうなるとせっかく開花した辛夷の

  • Vol.4010 新築優良物件

    令和3年4月完成のけろけろ不動産新築物件のご紹介。即入居可能です。 間取りはワンルームですが、シジュウカラ様なら8羽の幼鳥が育てられる広さ。南向きの風通しいの良い樅の幹、地上2.5mの好立地。巣箱の上部には茂みがあり直射日光や風雨を遮ってくれます。周囲は静

  • Vol.4009 居酒屋けろハウス

    軽井沢の師と仰ぐ大先輩を招いて小さな宴。「お酒を持って行きます」とおっしゃたので楽しみしていたらなんと信州の地酒を5本も。飲み比べをしながら楽しくやりましょう、と。料理長自慢の酒のつまみが次々と。これは旬のソラマメとカニにだしジュレ。珍しい青梗菜の

  • Vol.4008 巣箱を作る

    休みの日に巣箱を作った。簡単な設計図はだいぶ前に描いていた。定休日はいつもそれなりに忙しい。朝はいつものようにりすどんと小鳥のエサやり、薪ストーブの掃除、ドリップコーヒーをゆっくり入れて朝食、それから家の掃除、料理長は洗濯。この日はその後ツルヤで仕入れ、

  • Vol.4007 4千回に想う

    浅間山がいつもより噴煙を上げ、4月も中盤に差し掛かったのに今朝の気温は氷点下8度。うっかり咲いてしまった辛夷は花びらが凍ってしまいました。さて、そんな中、当ブログが4千回を超えました。たまたまエイプリルフールを挟んでしまったので4千回云々の話は書けなかっ

  • Vol.4006 渾身の梅干し!?

    昨年の初夏に漬けた梅干しができました。過去最高の出来栄えです。昨年は例年頼りにしていた長野市の知り合いの農家の梅が全滅。已む無く値の張る「紀州南高梅」で仕込みました。ところがどうでしょう、この大きさ、色合い、柔らかさ、香り。大きいものは直径4cmもあります

  • Vol.4005 辛夷咲く

    例年より2週間ほど早く軽井沢で辛夷が咲き始めた。これはデリシアの駐車場横の大木。よく切られずにここまで大きくなったものだ。町木だから残ったわけではないだろう。今年の冬は暖かかった。そして雪も少なかった。10年ほど前は4月に入っても残雪が至る所にあり、辛夷や

  • Vol.4004 苺のリゾット

    苺のリゾットを作った。毎年苺の季節になると友人を招いて振る舞うの恒例。今年は少し遅くなった。苺のリゾットと言うと初めて食べる友人たちは一様に驚く。イタリアンと苺とリゾットとコメがごっちゃになって頭のなかがぐるぐるしてしまうに違いない。だいたい世間のイタ

  • Vol.4003 白鼻しろたん

    朝、森のレストラン(エサ台)を見ると見慣れないリスがいる。あっ、鼻が白い!!!「は? オラのことかぃ?」「オラはしろはなのしろたんダニ、ハナだけじゃなくてヒゲもしろいダニ」「さいきんこのレストランをみつけたダニ。これからもよろしくおねがいしとく二ー」

  • Vol.4002 フキノトウ

    遅い軽井沢の春の野にフキノトウが出てきた。地下に張り巡らされた地下茎から地上に出た花芽がフキノトウだ。地上に出るとすぐに花を開く。開く直前か、開いた直後が収穫期。蕾は固くしまっているが、、。あっという間に大きくなり、こうなってしまうと食用には適さな

  • Vol.4001 お得なBistro Bird

    美味しい焼き鳥とつまみが美味しい中軽井沢の人気店「Bird」に異変アリ。ちょっと前から週末のみ「「ビストロ・バード」として店主の知り合いが焼き鳥ではなく、ビストロ風の小皿料理やお手ごろなワインを置く店として営業が始まっていたが、最近は週末のみ焼き鳥バード、

  • Vol.4000 謎のKMDSとは

    まずはお詫びをしなければならないと思います。軽井沢で発見された新種の病原菌、KMDSなどは一切実在しません。毎年恒例のエイプリルフールですのでくれぐれもお間違いの無いように。しかしながら昨今の軽井沢での乱開発は目を覆う勢いです。日々大量の自然林が破壊され、

  • Vol.3999 KMDS発生

    軽井沢で新種の病原菌が発見された。発見間もないためまだ正式の名称は発表されていないが、仮称「軽井沢菌」と呼ばれている。この病原菌に感染するとKMDSと呼ばれる特異な症状が現れるという。KMDSとはKaruizawa Mental Disorder Syndromes(軽井沢精神疾患症候群)の略で

  • Vol.3998 赤城千本桜公園

    暖かくなったとは言えまだまだ春が遠い軽井沢から桜満開の群馬・赤城千本桜公園にやってきた。今まさに春真っ盛り。どこまでもどこまでも桜並木が続く。ここで朝炊いて自分で握ったおにぎりを食べながらお花見。商売をしているとなかなか見頃の桜は見られない。今年は

  • Vol.3997 早春の庭

    軽井沢はやっと早春の息吹を感じられるようになった。ぽんきちの庭の草花をご紹介。軽井沢の春を代表する桜草はやっと目を出したばかりだが、例年よりだいぶ早い。しかし、ここ数年は暖冬なので言うなれば「平年並み」となるのか。かつては連休も5月になってから開花したが

  • Vol.3995 のびのびりすどん

    こんにちは。カルイザワのもりのりすどんです。とおきよっつうところではサクラもさいているらしいが、ここはまだふゆ。はなもみどりもないだに。さて、ちょこっとせのびをしてからぽんきちがよういしたあさごはんでもたべにゆくとするか。ん、なんだぽんきちがカメラを

  • Vol.3994 野沢菜漬補足

    これはいつも食べているツルヤの野沢菜。先日「本物の野沢菜」というタイトルでブログを書いたが、その後銀座NAGANOが発酵、いや発行している小冊子で野沢菜漬けの特集があり、読んだらこれがなかなか奥が深い。少々補足が必要と思った。さて、野沢菜の始まりとは、

  • Vol.3994 信州手打ちそば最高地点

    国道142号線、野辺山高原。この辺りはいつも諏訪方面に向かいつつ右手に壮大な八ヶ岳連峰を眺めながらさっと通り抜ける場所。左手のこのお蕎麦屋さんに気付く事はなかった。国道沿いによくあるドライブイン。「信州蕎麦」と看板にあっても「どうせ観光客目当ての粗悪蕎麦

  • Vol.3993 Frog Can Crusher

    さて、何年前に買ったものか、、。或いは人から貰ったものか。忘れてしまうほど昔からあるかえるの缶クラッシャー。アルミ缶をちょっと手で潰してこのように装着。足で踏むと簡単に潰れて、、。こんなにコンパクトに。容積は恐らく4分の1ほどになる。ロング缶だっ

  • Vol.3992 アニバーサリー

    3月22日は我々の結婚記念日。レストランでコース料理でも食べようかと思ったが、最近人出が多いようなので日曜日に自宅でささやかなお祝いをすることにした。セルクルで以前買い置きしていたブルゴーニュ、ちょこっとオードブル、パン、サラダ、そしてビーフステーキ、、

  • Vol.3991 手作り餃子

    久々に餃子を作った。定期的に餃子が食べたくなる。間が空くと禁断症状が出る。もはや餃子中毒と言っていいだろう。店がヒマなので午後じっくりと皮まで手作りしてみた。地粉中力粉250g熱湯300cc軽く捏ねて30分寝かせてから4等分にして、そこからひも状にして

  • Vol.3990 秋間梅林

    水曜日群馬県安中市の秋間梅林に行ってきた。何を隠そう3度目の訪問である。最初は2012年。その時はまだつぼみばかりで花見にならず。2度目は一昨年。2012年と同じ日に行ったところとっくに花が散っていて悲しい思いをした。今年はネット情報を確かめて天気の良かっ

  • Vol.3989 八ヶ岳山麓

    車で2時間ほどで行ける八ヶ岳山麓は軽井沢と違い明るく開放的だ。かつてはメルヘンチックな清里が若者たちに人気だったがブームが去った後、大人も楽しめるスポットが次々に現れた。 萌え木の村に久しぶりに行ってみた。いつの間にか規模も大きくなり、店舗も増えていた。遠

  • Vol.3988 KABUちゃんで初ピザ

    さて、数日後待ちきれずに初ビザを焼いてみることにした。専用のテーブルにぴったり乗っかっている。必要なものはそこらで拾ってきて細かく折った森の小枝。皮手袋、ペレット用のスコップ、粉や灰などを掃くほうき。安定燃焼のためにはペレットは有用。薪ストーブ用の温

  • Vol.3987 ピザ窯KABUちゃん

    先日清里に行った時「萌木の村」のあるショップで「ポータブルピザ窯」を見つけた。実際見つけたのは料理長の方である。ぽんきちがトイレに行っている間に発見して店長まで呼んで微に入り細に入り使い方の説明を受けていた。もう買う気満々である。殆ど衝動買い。29800

  • Vol.3986 八ヶ岳もいいな

    冬休みも終盤、2月の末に八ヶ岳山麓の親友の別荘を訪ねた。3年ぶりになるか。当時はまだ木も殆ど植えられず、ほぼ荒地のままだった庭も綺麗に出来上がり、テラスからの眺めは格別だった。残雪がまぶしい甲斐駒ヶ岳。小高い丘の上の家からは庭の栴檀の木越しに畑や田んぼ

  • Vol.3985 祝医学部合格

  • Vol.3984 あれから10年

  • Vol.3983 薪との戦い

    手強い薪との戦い。幹から太い枝が分かれ出ている玉切りは要注意。繊維が枝から横に深く入り込み複雑に絡み合っていて、一筋縄では割れないことが多い。根気のいる長期戦になる。案の定タガネが飲み込まれる。強引にあらゆる手を尽くしてなんとか三分割はできた。問題は

  • Vol.3982 けろけろキッチン再開

    大変長らくお待たせしました。けろけろキッチン本日再開です。 今日のカウンター品揃え。日替りお弁当、玄米御飯、ヨーグルトカリー、トマトカリー、ポークシチュー、牛筋煮込み、カスレ、お豆腐小判焼き、すきやきつね袋、鶏と卵の香酢煮、つくねの栃尾揚げ包み、切り干

  • Vol.3981 ♪あー冬休み

    長かった冬休みもあと二日で終わり。月曜日から営業再開。しかし月曜日に店に出かけて行っていきなり店を開店することは不可能。金曜は仕入れ、土日で仕込みをしてからの開店となる。この数日で休みボケを改善してシャキッと働き始めたいものだ。さて、今年の冬休みは軽井沢

  • Vol.3980 小桝園の河豚料理

    冬休み毎年恒例の南知多「小桝園」の河豚料理満喫の旅。今年も行ってきた。今の料理長は星野リゾートのOB。その縁もあって今年で3年連続の遠征だ。 まずは前菜の盛り合わせから。知多沖は豊穣の海。河豚はもちろんのこと、タコ、穴子、鯛、鰻、鰯に鮑、何を食べても旨い。

  • Vol.3979 営業再開

    今年も元旦から始まった長~い「冬休み」もいよいよ終了が近づいてきました。今年は例年よりちょっとだけ長く3月7日までお休み。8日月曜から通常営業を始めます。県内ではこの数日新たな感染者は出ていませんが、首都圏の緊急事態宣言はさらに2週間延長されました。昨年

  • Vol.3978 コーヒータワー

    リフォーム後ブラインドの脇がストンと空いてしまって何だか頼りない。かつてこの場所には高さ175cmのキュリオケースが鎮座していたのだ。料理長が炬燵でずっと通販雑誌を眺めている。何やら良さげなものを発見した様子。目がキッチンと雑誌を行ったり来たり。そして、この

  • Vol.3977 小作のほうとう

    清里の甲州ほうとうの人気店「小作」に行った。ほうとうは料理長の大好物。土鍋で焼いて出てくるまで15分ほど。さすがに本場のほうとうは旨い旨い。ぽんきちが頼んだのは豚肉ほうとう。ちょっと見肉が見当たらないが、底の方にこれでもかとバラ肉が入っている。他にはかぼち

  • Vol.3975 納戸も何度も

    キッチンの裏側にある「納戸」の総仕上げが始まった。納戸は、引っ越してきた当初はちょっと気取った「書斎」のつもりだったこの小部屋はいつもモノに溢れ収集がつかない。書斎から「物置」へ、そして物置よりは少し体裁の良い「納戸」へと何度も何度も繰り返しリノベを繰り

  • Vol.3974 ラクサ

    シンガポールの国民食「ラクサ」 最近はカップヌードルでも出ているほどだ。そのラクサのインスタント麺を知人からもらった。ただ茹でて食べるのはもったいないので、鶏肉やコリアンダーがあるときに食べようと思いながらずっと棚の中で眠っていた。冬休み、食べ物も減って

  • Vol.3973 吉野家の新作

    冬休みもいよいよ最終盤に入り、ここは病院通いが続く。料理長が検査で長引くときはぽんきちは好きなものを食べさせてもらう。好きなものって? 普段二人では入れない、料理長が普段食べないもの、牛丼屋。吉牛は学生時代、サラリーマン時代とお世話になりっぱなしで、旨い

  • Vol.3972 水温む

    湯川の水も温む季節。昨日の軽井沢の最高気温は17度、最低も5度ほどだった。まさに早春を思わせる天気だった。今朝は最低1度、最高3度だと言う。暖かいのか寒いのか???それでも ♫は~るのおがわ♪ とは程遠く、岸辺も茶色いまま、花はどこにも見られない。やはり緊

  • Vol.3971 電柱と浅間山

    軽井沢図書館の2階から見た浅間山。町内でも絶好の浅間ビューなのにその姿を「見事」に遮る電柱、電線、、、、。2013年に完成した新駅と隣接する図書館は44億円もの予算を投じて作られたが、建物は立派なものの目の前の電柱にまでは気が回らなかったようだ。なんとも残念な景

  • Vol.39cc 職人館

    ずっと食べたいと思っていた「職人館」のお蕎麦を手繰る事が叶った。職人館の営業は定休日:水曜・木曜(祝日・GW・8月は営業,1月2月は不定休) つまり土日祝祭日営業、水曜定休、冬季休業のけろけろにとって非常に難度の高いお店なのだ。早速お蕎麦をいただく。武骨

  • Vol.3970 牡蠣のパエリア

    牡蠣が旬なのでパエリアを作ってみた。牡蠣は水分が多いので多めの油で長めに炒めて水分を飛ばしてから米と玉ねぎ、ニンニクなどを炒める。初めて作ったがまずまずの出来。海老やムール貝が入らないと彩が単調なのでパプリカを菱形に切って多めに入れた方が見栄えが良かった

  • Vol.3969 大谷地鉱泉

    御代田の大谷地鉱泉に初めて行ってみた。世間の皆が「あそこのお湯は超熱い」と言うので熱湯が嫌いな料理長とはずっと行けずじまい。ひとりで行く機会もないままになっていた。今回は料理長が病院の検査で3時間もかかると言うので単身トライすることになったのだ。国道18号の

  • Vol.3968 ネルドリップ

    長野駅のHANDSでネルドリップを買ってきた。日常的にコーヒーはコーヒーメーカーで豆を削り、ペーパドリップでお任せ抽出。豆が良ければそこそこ旨いが、せっかく良い豆に出会えてもウチのコーヒーメーカーでは豆の力を引き出せない。ところが、コーヒーメーカー用のポットは

ブログリーダー」を活用して、ぽんきちさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぽんきちさん
ブログタイトル
かえるのひとりごと
フォロー
かえるのひとりごと

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用