searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
TETSU JUKU
ブログURL
https://kuri2013.hatenablog.com/
ブログ紹介文
勉強法や高校入試突破の秘訣、塾から見た種々の教育問題について語ります。
更新頻度(1年)

162回 / 365日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2018/03/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、masterkryさんの読者になりませんか?

ハンドル名
masterkryさん
ブログタイトル
TETSU JUKU
更新頻度
162回 / 365日(平均3.1回/週)
読者になる
TETSU JUKU

masterkryさんの新着記事

1件〜30件

  • 英語で高得点を取るために

    定期考査や入試で高得点を取るためには、英作文系の問題がきっちりとできないといけない。だから、私は普段の授業で絶えず英作文をさせている。しかも、完全英作文が中心だ。基本文かた応用まで様々なレベルの英作文をさせる。しかし、英作文の問題も次の通りでいろいろな形式がある。 ①普通の英作文 ②指示英作文 ③整序英作文 ④場合英作文 ⑤自由英作文 最近の流行りは⑤の場合英作文だ。定期考査では非常に出題が多い。 たとえば、「駅への道を尋ねるときの英文を書きなさい。」という問題だ。 これくらいだと丸暗記で済むのだが、そんな単純なものばかりではない。いろいろあってなかなか難しい。また、語数指定が付くこともあり、…

  • 「あつ森」がスタートでも良い

    先日の小6の授業で深海魚の説明をしていたのですが、その時の会話です。 先生:リュウグウノツカイって知ってるか? 生徒:あつ森で釣った。*あつ森:ゲームソフト 今の生徒らしいですね。(笑) どうもこの「あつ森」というゲームはかなり詳しくいろいろなものが登場するようなのですよ。ですから、プレイしている子供はいろんなジャンルにおいて、名前だけは知っているようなのです。ですから、これはこれで悪いことではありません。さて、気になるなるのはここから興味が広がるかどうかなのです。名前を知ってから更に知りたいと思うかどうかのです。でも、そんな子供は少ないようです。ゲームを進めることに必死になり、それ以上深めて…

  • やる気スイッチとは…

    忙しいので本日反応が多かったツイートをあげておきます。 やる気スイッチと言う前に、生活リズムを整えたり、正しい姿勢で座ったり、えんぴつをしっかり握るということが大切で、それがやる気スイッチかもしれない。 進学塾TETSU/奈良市鳥見町1-2-11/とりみ通り

  • 六等星の医師の話(再掲)

    本日も再掲です。約1年ほど前の記事です。 ************************************** 手塚治虫の傑作「ブラックジャック」に『六等星』という物語がある。大きな病院に勤めるベテランの外科医だが、非常に地味で全く目立たない存在なのである。実際、外科医としての仕事も自身が手術を執刀するのではなく他の医師の助手ばかりをしているのである。周りからも、うだつの上がらないベテランという認識で相手にされていない。古臭い言い方だと「窓際」だろう。まさに六等星なのである。 ある日、その病院で院長が亡くなる。次の院長の座を狙っている実力のある二人の医師が、院長選の資金として病院の金を…

  • 入試前に親ができることは...(再掲)

    以下3年前の記事です。同じことを書くのも勿体ないので、再掲しました。 ************************************** 奈良県内の私立高校入試まであと19日となりました。益々緊張感が高まる時期ですが、不安なのは生徒だけでなく親も同じです。下手すると、親の方が落ち着かなく情緒不安定にっているケースも珍しくないでしょうね。子供のために何かしてあげることはないか、どんな声をかけてあげればいいのか、などと本当に悩みます。下手なことを言ってしまっては、子供の機嫌を損ねる可能性もありますし、不安を増長させてしまう危険性もあります。かといって、元気がないと放ってはおけませんからね…

  • 本当の難問などそれほどない

    難しいのではなく、知らないだけ 難しいのではなく、ややこしいだけ 難しいのではなく、考えていないだけ 難しいのではなく、問題を読んでいないだけ 難しいのではなく、勘違いしているだけ 難しいのではなく、基礎が分かっていないだけ 難しいのではなく、面倒くさがってるだけ 難しいのではなく、慣れていないだけ 本当に難しい問題はそんなにたくさんありません。問題が難しいと思ったときは、だいたい上記のどれかなのです。複数当てはまることも珍しくありません。これらを解消するには正しい方法で勉強を継続的に行うことです。大切なのは正しい方法と継続的とおうことです。不安定な雑な勉強ではいけません。終わらせることを目標…

  • This is a pen.から思うこと

    This is a pen.などとは日常生活で言うことは無い。不自然だ。こんな不自然なことを教えているから日本の英語教育はダメなんだ。という論調あるいは似たような論調の意見によく出合います。そのへの文化人とか批判的なインテリの人が好むような意見ですが、私は全然そんな風には思わないのです。そもそも学校も塾もですが、英会話を教えているわけではないですからね。我々は英語という言語とその背景にある文化を教えています。それを通して、同時に母国語や母国の文化を再認識しているのですすよ。学校で長年英語を教えているのに英語が使えない話せないのは、もちろん教え方にも問題はあるとは思うんですが、生徒たちは、ほとん…

  • 雪の龍田大社

    昨日の朝は久しぶりに雪でした。いつも見ている景色が少し雪が積もるだけでごろっと違って見えますから、面白いものです。せっかくなので出勤前に三郷町にある龍田大社に参り、雪の頂いたお社を写真に収めてきました。参道にも5センチほどは積もっていたと思うのですが、既に足跡がいくつもりあり、先に雪の中を参拝してる人がいたたようです。 それにしても神社に雪は似合いますね。 進学塾TETSU/奈良市/鳥見町/とりみ通り/富雄 現在、新入生を募集しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 危険な幼稚なユーモアセンス

    先日「吉田沙保里もコロナには勝てない…」と言った内容のツイートを見てむしょうに腹が立ちました。しかも、どこかの塾の先生だから、更に腹が立ったのです。「あの強い吉田沙保里でさえコロナに勝てないのだから、誰もがかかる危険性があるので注意しましょう」とう意図のツイートでした。言いたいことは分かりますが、吉田沙保里さんに失礼ですよね。どうも世間一般に彼女を人間扱いしないような発言が多いのですよ。確かにレスリングの時の強さは素晴らしく、驚く程の強さを感じます。でも、ウイルスに対する強さはレスリングの強さとは全く違うわけで、たぶん、本人はユーモアのつもりでツイートしたのだと思いますが、全然ユーモアではない…

  • ブラックジャックから学ぶ仕事の仕方

    ブラックジャック「はるかなる国から」 この話は打算的に患者を選ぶ医者の話である。心臓の難病を治療するためにスウェーデンから日本の大病院の大教授のもともに患者がやってくる。マスコミもこの手術には大注目で、成功すれば医者としての権威は更にが上がり有名になることができる。病院もはやり大儲けに繋がるだろう。同じ難病の日本人の患者もその大教授に手術をお願いするが、その患者を見捨てて注目度の高い患者を選ぶ大教授。その断られた方の患者の手術を引き受けるのがブラックジャックだ。ブラックジャックではよくある物語のパターンである。 当然のごとく、大教授の方は失敗し患者は亡くなる。ブラックジャックの方は見事に成功す…

  • 書店を歩き回ると刺激がある

    誰にでもスランプがあり物事が上手くいかなかったり、頭も全く冴えずアイディアが全く浮かばずにもやもやすることがある。こんな時はじっとしていてはいけない。自室に閉じこもったり、いつもと同じ行動をとっていてもダメだ。いろいろと変化をつけ刺激を与える必要がる。人によって効果のあるものはそれぞれ違うと思うがとにかく行動することが大切だ。私の場合は書店に行くことがそれにあたる。書店の中をぐるぐると歩き回り、並んでいる雑誌や本を目にするだけでも刺激が多い。本のタイトルを読むだけで驚くほど気持ちが盛り上がることも珍しくない。美しいイラストの文庫本の表紙を見て良い気分になることなど頻繁にある。もちろん仕事のヒン…

  • そこに愛はあるんか?

    kuri2013.hatenablog.com 先日もブログに書きましたが、厳しすぎる採点が後を絶たないのですよ。ツイッターを見ていると次から次へと厳しすぎる採点で✖をつけられら0点をつけられた答案が話題になっています。私が最近見たのは漢字テストでしたね。止や払い、文字の歪みやバランスがおかしいだけでことごとく✖にされていました。ツイッターには答案の画像があげられており、親もどうすればいいか分からなくて困っている内容のツイートが添えられていました。 そこであるフレーズが思い浮かびました。 それは「そこに愛はあるんか?」というテレビCMでよく聞こえるあのフレーズです。あのCMはおもしろいですが、…

  • 狭い勉強ではダメだ

    入試問題には明らかな傾向はあるが、その傾向が全てではない。傾向はあくまでも傾向であって、その傾向の問題しか出ないというわけではない。ここ数年間出ていなかった単元が突然出ることもあるし、今までに見たことのない出題形式が登場する可能性も十分にある。それは受験するまで分からない。だから、傾向だけの狭い学習ではなく、幅広く学習しておくべきだし、あらゆる出題形式に備えておくべきだ。もちろん、傾向は大切にするべきだが、それだけにならないようにしておく方が良い。「傾向以外の勉強をするのは損」という考えの生徒がたまにいるが、間違いなく大失敗するだろう。だから、自分が受ける学校の過去問だけでではなく、いろいろな…

  • 初詣2021

    今年はコロナもあり、大きな神社ではなく小さい神社へ初詣をしてきました。このブログでも何度も取り上げている奈良県御所市(ごせし)にある高鴨神社です。小さくて一般的な知名度は高くないですが、全国賀茂社の総本宮にあたり、知る人ぞ知るそれはもうたいへん格式の高い神社なのです。ご祭神も「迦毛之大御神」といい、たいへん神格の高い神様です。大御神の称号を戴くのは三柱しかなく迦毛之大御神はその一つです。境内にある摂社も名だたる大神ばかりでそれはもうありがたい神社なのです。 境内の池の上に作られた舞台にはみぞれとなった雪が残っており、本殿の屋根の雪は融けて水となって流れていました。人はまばらですが、ほどほどに参…

  • 明けましておめでとうございます。

    明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 進学塾TETSU/奈良市/鳥見町/とりみ通り/富雄/小5~中3/自習室/進学塾

  • 2020年も終わりかけています

    皆さん、こんにちは、こんばんは。進学塾TETSU塾長栗本です。 さて、忌まわしい2020年が終わろうとしています。本当にトンデモない一年でした。これほど不安と絶望が交錯する年も初めてです。もちろん学びも大きかったわけですが、たいへん苦労をしましたね。2021年には期待したいですね。良い年となるように全開でいきたいと思っております。 このブログにはたくさんのアクセス頂きましてありがうございます。おかげさまで前回の記事が1500本目となりました。ブログは今後も続けますが、私自身がそろそろ飽きてきているのですよ。ブログ上での新しい取り組みも必要ですよね。何かに挑戦したいと思います。 2020年はお世…

  • 勉強は時間も質も両方大事

    「勉強は時間よりも質だ」とよく言われます。その通りです。でも、その高い質の勉強をするためには、きっちりと時間をかけて訓練しなければなりません。たくさん試行錯誤をしなければなりません。失敗から学ぶ必要があるのです。でも、そうなると必然的に時間はかかります。いきなり高い質の勉強などできないのです。高い質の勉強のためにはしっかりと時間をかける必要があるのです。よって、勉強には質も時間もどちらも大切ということです。まずは、時間をかけることです。しかし、目標や時間を決めることです。そうすると自然に質は高まり、その上で試行錯誤を繰り返すのです。 進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみどおり

  • そんな思いをしてまで部活をする意味は…

    不快な思いや怖い思いをしてまで部活をする意味はあるのだろうか… 先日、生徒が部活のことを語ってくれた。部活の厳しさやしんどさをいろいろと語ってくれたのだが、その後で顧問に対してのことも語りだした。どうやら顧問が異常に怖いらしいのだ。厳しいだけではなく怖いというのだ。失敗したときやメンバーの足をひっぱるようなことがあれば驚く程厳しく指導されるという。怪我をしても休めない。辞めようとすれば叱られ、ひどい言葉を浴びせられると言うではないか。そんな思いをしてまで部活を続ける意味や価値はあるとは思えない。明らかにパワハラであり人権侵害である。なぜ、そのようなことが罷り通っているのか、放置されているのか……

  • 掲示物一枚からでも学べる

    うちの塾は掲示物が多い。多分どの塾よりも多いと思う。教室は控えめにしているが、廊下にはたくさん掲示している。有名なことわざや、偉人の名言、漫画の一コマ、授業の心得や、勉強法に関すること、高校のポスター、生徒募集…様々なものを掲示している。狙いは何かと言えば、掲示物から情報を手に入れ、そして言葉の一つでも学んで欲しいからである。塾に来るたびに見ているとそのうち覚える。嫌でも覚えるのである。言葉を一つでも覚えれば何も覚えなりは良い。絶対に良い。そして掲示物一つからでも学べるということを知って欲しいのだ。掲示物一枚からでも学べるんだという学びは、学習姿勢を大きく変えることになる。勉強は学校や塾あるい…

  • 間もなく1500

    最近、ブログの更新頻度が高いのですが、理由は2つあって、一つは単にパソコンの調子が良いことです。ユーチューブ動画でパソコンを速くする方法を見たのですが、その通りにやってみるとかなり速くなって、同時にやる気も起こしてくれました。そして、もう一つの理由は忙しくなってきたことですね。忙しくなるといろいろ思うのですよね。ブログも書きやすくなるのです。 ところで、このブログは塾を開校したときに開設したのですが、おかげさまで結構長く続いております。基本的に同じような事ばかりを書いてますが、何かを伝えたいという思いと、考えを整理するという狙いもがります。頭にあるもやもやとしていることを文章にすることですっき…

  • 新入生を募集しています!

    進学塾TETSUでは、現在、新入生・冬期講習生を募集しております。説明会は随時行います。お気軽にお問い合わせください。 お申し込みは電話、ホームページのどちらでも結構です。 ・勉強の仕方を学びたい方 ・まともな授業を受けたい方 ・勉強の面白さを知りたい方 ・勉強部屋を欲しい方 ・勉強する意味を知りたい方 そういう方は是非進学塾TETSUへお越しください。 募集の詳細はホームぺージをご確認ください。

  • 歴史は人生をかけて学べ

    歴史は人生かけて学んでほしい。いや人生かけても学びきれない。歴史ってそれだけ膨大だし、深いし、幅も広い。僕らが学校や塾で習っている歴史なんてのは、ほんの一瞬のことだし、一つまみ程度の内容だ。だからよく分からないし、面白くもない。100年くらいのことを1時間かけて勉強するんだから、無理もない。そんな勉強は本当はつまらないんだけど、学生時代はがんばって覚える。結果、高得点が取れ面白いように思う。でも、大きな勘違いをしているに過ぎない。歴史の本当の面白さなんて何も分かっていないんだ。僕も覚えるのは得意な方だったからちょっと覚えているからといって、随分と長い間勘違いしていた。 30歳過ぎのある日、映画…

  • 教科書を読むということ

    教科書を読むとはどういうことかを分かっていない生徒は多い。英語や国語だと文を最初から最後まで読むが、理科や社会になると一部しか読まない生徒が多い。社会などは太字で書かれた付近しか読んでいない生徒が多い。いや「見ているだけ」と言った方がいいかもしれない。それでは教科書を読んだとは言えないし、そんな読み方ではわかりにくく、理解も及ばない、どうしても丸暗記になってしまうから、苦痛が消えない。社会や理科は教科書の本文だけを読めば良いということではない。特に社会や理科は図やグラフ、イラストや写真などが豊富だ。それらにもきっちりと目を通す。本文と照らし合わせて確認したほうがいい。そうすれば本文理解につなが…

  • 昔からよく言われていますけどね…

    先日、ついていたテレビ画面をぼんやり眺めていると、何の商品なのかは忘れましたが、血圧が130超えたといって大騒ぎをしているCMがあったのですよ。私は基本的にCMを含めてテレビ情報は半分以上が嘘だと思っているので、こういうCMは大嫌いですし、害悪だらけだと思っています。そもそも血圧の適正値は人によって様々でしょう。130という数値が高い人も低い人もちょうど良い人もいるのです。体の大きさや年齢でも大きく違うのですから、あのようなCMは間違った情報を垂れ流しているとしか思えません。 世間一般で広く割れているからといって正しくはないということは常に意識して欲しいですね。何かの間違いで、誰かの意図で流さ…

  • 与えるだけでは無理

    最近、こういう本がたjさん出ていますね。なかんか良い感じがするのですが、どうでしょうか?我が子に言葉を覚えさせたいと思って購入する保護者が多いと思いますが、国語が苦手な子供、語彙の少ないこどもにこれを与えても多分無理でしょうね。まず、読むかどうかの問題がありますし、読んでも力がつくかどうかは分かりません。マンガでわかるとは書いてますが、苦手な子供はマンガさえ読めないことが珍しくないのです。最近の複雑なマンガを読める子供は相当優秀だと思います。 では、どういう子供に向いているかという言いますと、高学年ですね。10歳までと書いていますが、中学生以上の生徒に効果があると思います。実際に中学生以上にな…

  • 捨てることができない温度計

    我が家の浴室には湯船に浮かべる温度計がある。ラッコをかたどったものでピンク色で20センチ弱の大きさだ。長女が生まれたときに買ったものである。長女は今24歳だから、24年もの間ずっと浴室にある。今はもちろん使わないが、なぜか捨てる気になれない。私は風呂をよく掃除するが、いつもそっと置いておく。しかし、昨夜は、どういうわけかその温度計が気になって手に取ってみた。温度計はカビに覆われていまい、かわいいラッコの顔も分からなくなっている。みじめな姿だ。私はスポンジを取り洗剤をつけて磨いてやった。どんどんきれいになっていく。かわいいラッコの顔も現れた。きれいになったラッコの温度計を湯舟に浮かべてみた。生ま…

  • ブラックジャックを読んで思ったこと

    診断を間違えた若い医者に「おまえさん、あと百人もオペをすれば一人前だ」とブラックジャックが言う場面がある。(勘当息子)どれだけ優秀でも経験していないと分からないことはがある。また、経験の多さは勘をするどくさせるものだ。医療の世界など特にそうだろう。患者は一人一人違うわけだし、同じような症状に見えても違うことは珍しくない。判断がややこしい場面は多い。そこを見極めるのは勉強だけではない。経験なのだ。この一言は経験の大切さを物語る重い一言だ。 教育の世界も同じ。やはり、経験のある先生の勘はするどい。生徒がノートに文字を書いている様子からでも、いろいろなことが分かる。家庭環境や友達関係なども見抜く先生…

  • どうして「受験者数」と言えないのか…

    ツイッターでニシダイ先生もつぶやかれたていたのですが、大手塾では受験者数のことを「弾数(たまかず)」と呼ぶことが結構普通にあるのですよ。私の前の職場にもそういう言葉遣いの先生がいました。もちろん、内部でしか使いませんが、嫌な言葉ですよね。愛情どころか生徒を人と思っていないような発言です。こういう言葉遣いは内部でも反発がある場合もあるので、全員が全員というわけでもないですが、塾全体がそうなっている塾もあるでしょうね。言葉遣いはその人や組織の内面を表しています。どんだけ言い訳しても、そんな言葉が軽々しく出るということはそれが本音なのです。偉そうに教育論を振りかざしていてもその言葉一つで見限っていい…

  • 予習をして「不思議アタマ」になろう

    復習はもちろん大切ですが、予習も大切なのですよ。特に教科や授業内容によっては予習がたいへん有効になります。 ですから、安定して復習ができるようになれば、次は予習に挑戦してみるといいと思います。何も全教科予習する必要はありません。特定の教科に絞るといいと思います。できれば苦手教科、課題教科、成績を上げたい教科にするといいでしょう。 予習とは事前学習です。次に進むであろう単元や問題をあらかじめ読んだり、考えたりしておくことです。同じ意味で「下調べ」「下読み」という言葉もあります。授業で初めて目にするのではなく、事前に目を通すことで理解をスムーズにするために予習を行います。文系科目は特に効果があるよ…

  • その言葉遣いでいいの?

    少し前、次女が教育実習 で1カ月程中学校に行ってたのですが、学校業務の大変さを目の当たりにし、また、実際にその現場で働き疲労困憊してましたね。実習が終わって「学校では働きたくない」と言ったくらいですから、よほどでしょう。学校側が抱える問題、教育実習制度そのものが抱える問題が複雑に交錯し大変さに拍車がかかっているような気がしましたね。 さて、そんなことよりも気になったのが、次女が「言葉遣いが酷い先生がいる」と言ったことですね。先生同士の会話なのですが、あきらかに人権感覚を疑うありえない言葉遣いがあったようです。(その言葉は伏せておきますが)その先生は全体的に荒っぽい言葉遣いで声も大きく、著しくデ…

カテゴリー一覧
商用