searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

花、野鳥、風景、の写真さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
花、野鳥、風景、の写真
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/okabe19445050
ブログ紹介文
写真付きで日記や趣味を書く。
更新頻度(1年)

39回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/03/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、花、野鳥、風景、の写真さんの読者になりませんか?

ハンドル名
花、野鳥、風景、の写真さん
ブログタイトル
花、野鳥、風景、の写真
更新頻度
39回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
花、野鳥、風景、の写真

花、野鳥、風景、の写真さんの新着記事

1件〜30件

  • 紅葉の里山に野鳥撮影に出かけたが

    11月中旬になり冬鳥の、モズやジョウビタキが見かけられるようになったので里山に出かけましたが、野鳥にはほとんどで会えませんでした、水辺で遊ぶ、セキレイが撮影出来ました。キセキレイ、少し大きなハクセキレイに追い回されていました、ハクセキレイキセキレイを追い回して餌をついばんでいました、もみじの紅葉がちょうど見頃です、紅葉の里山に野鳥撮影に出かけたが

  • 野鳥が少ないので花を撮影しました

    7月~9月は野鳥が少ないので花の撮影にしました、月下美人と、カトレア、子供の頃は里山で沢山採れたアケビです。アケビの実は珍しいと思います、割れて開いている中のバナナみたいな実を食べます。ガビチョウですエナガです月下美人の花です、咲いている時間は数時間、午後9時ごろから明け方までです、我が家で咲かせた、ランの花です、1か月ぐらい咲いています、野鳥が少ないので花を撮影しました

  • ミソサザイの巣(5)

    前回、7月2日から19日も経ってしまいました、雨の日が多くミソサザイの巣が気になりながらの毎日でした、7月20日天気予報で午後夕立ちがあるかもしれない、でしたので午前中に済ませるために朝、早くに出かけました、今回は巣の確認だけでなくハイキング(3時間ぐらい山道を歩く)コースで野鳥を撮影する計画にして、小型カメラを使用しました、ミソサザイの巣は健在でしたが子育てをしたような様子は見れませんでした、たぶんメスに気に入ってもらえなかったのでしょう。ハイキングコースでは、カケス、オオルリ、キビタキの姿は確認できたのですが、撮影まではできませんでした。キセキレイがフェンスに止まり迎えてくれました、ミソサザイの巣、なんとか姿を保っていましたが、子育てをしたようには見えませんでした、来年に期待、都会より遅く花が咲いていました...ミソサザイの巣(5)

  • ミソサザイの巣(4)

    7月2日梅雨の晴れ間、1日の夜、関東も大雨が降ったのでミソサザイの巣が流されていないか気になったので行ってきました、駐車場に着くとすぐにミソサザイのさえずりが聞こえてきました、今日は出会えそうな予感がしました。駐車場のすぐ近くの遊具でさえずっていました、今日は天気が良く森の中全体が明るかったので巣が明るく撮影出来ました、撮影できなかったけど出入りは確認木の枝に止まり長くさえずっていました、ビデオ撮影もうまくいき、満足しました、直径50cmぐらいの大木が倒れていました、芯が空洞になっていますが、やはり自然の力を見せつけられた思いです、ミソサザイの巣(4)

  • ミソサザイの巣(3)

    ミソサザイの巣(3)6月29日、2週間ぶりにミソサザイの巣、確認に行ってきました、沢の水量は多くなっていましたが、1時間見守って巣に出入りを確認できました、今回の写真です、前回の写真です、ミソサザイの巣(3)

  • ミソサザイの巣

    6月8日にミソサザイの巣を新しく見つけて、今回は雨で流されることは無いと思っていましたが、甘かったです、6月15日(一週間後)行ってみたら、またしても雨で増水して巣が使えなくなっていました、幸いなことにすぐ近くに新しい巣を作っていました、こんどは流れ落ちる反対方向で淵の水面から50cmぐらい高いところです、6月8日に見つけて巣です、増水して巣が見えません、新しい巣です、逆光になるので写真撮影には不向きです、(フラッシュを使うわけにはいきません)今度こそひなの巣立つのが見たいものです、ミソサザイの巣

  • ミソサザイの巣

    ミソサザイの巣を5月26日投稿しましたが、6月になって確認に行ったら、昨年と同じに、大雨で増水して流されてしまいました。6月8日に別の場所に巣を見つけに行きました、3月にミソサザイを見た沢です、運よく見つけることが出来ました、海抜1000mぐらいの所、まだ山つつじが咲いていました、キセキレイ、ジャンプして空中で虫をくわえています、ミソサザイの下の小枝の下に巣があります、大雨でも流されないでしょう、オオルリのメス、オスも5~6回見かけましたが、雑木林の中で撮影まで行きませんでした、ミソサザイの巣

  • コマドリ

    4月24日今年コマドリが撮影出来ました、この日は落ち着きのない動きで納得のいく撮影が出来ませんでした。もう少し落ち着いた写真が撮りたく再度撮影に行きました、なんとか落ち着いた写真が撮れました。コマドリ

  • ミソサザイ、とクロジ

    ミソサザイの巣を見つけました、巣の材料をくわえて巣の中に入りました、ビデオ撮りだからできた写真です、クロジもいそがしく歩き回っていたのでビデオ撮りの写真です、良く見ると、口に巣材をくわえています、巣材を置いて巣から出てきたところです、クロジです今回の方が羽につやがあったようにみえました、ミソサザイ、とクロジ

  • オオルリ、アカゲラ

    最近のカメラはビデオ撮りが出来るので便利です、望遠レンズで撮影しても野鳥のさえずりが録音できるマイクが内蔵されていて、使い勝手が優れています、ただ写真にするか、ビデオにするか迷うことがあり困っています、今回は両方がうまく撮影出来ました。今年は数多いオオルリに出会えましたが、羽の色、体形、さえずり、など1羽ずつ特徴がありました、ドラミングの音で見つけ、ビデオにもドラミングの音が録音できました、オオルリ、アカゲラ

  • キビタキ

    キビタキとエナガとコサメビタキが撮影出来ました、一羽のキビタキが同じ枝でポーズを変えて撮影させてくれました、エナガです、撮影の時は気ずかなかったのですが、口で虫を捕えていました、この時期なので、ひなに運んでいく事が考えられます、コサメビタキです、ホバーリングで舞っている虫を捕えています、キビタキ

  • 里山で

    里山がなくなり民家のとなりからすぐ、イノシシやクマなどが見かけられるように変化した場所(自動車の通る道)を歩いていたら、小さなささやぶから、コジュケイが現れました、子供のころは、麦畑のさくのあいだを5~6羽で群れて歩いていたものです、最近のコジュケイは大きくなったように見えました。2羽いました、車の走る道路を横切って逃げてしまいました。里山で

  • キビタキ、オオルリ

    連休はコロナ自粛でどこにも出かけませんでした、このままだと運動不足で筋肉が落ちてしまいそうです、自粛が延長され、特に県堺を超えることはNGのようなので、神奈川県で野鳥撮影のできる場所を選んで、8日に出かけました、今日はラッキーなことに夏鳥のキビタキ、オオルリがポーズを作ってくれました、少し遠かったけどなんとか撮影できました、夏鳥の代表格、キビタキです、3年まえに初めて撮影した野鳥でした、そしてとりこになりました、可愛い花が咲いていました、名前はわかりません、山つつじです、子供のころは花を食べたものです、オオルリです藤の花が色添えになりました、太陽の光が当たっている羽の色がオオルリの美しい(本当の)羽の色です、キビタキ、オオルリ

  • コマドリ、撮影成功

    4月22日コマドリが撮影できなかったので、連休前に撮影しようと24日でかけました、薄曇りの寒い朝でしたが撮影出来ました、くしくも昨年撮影した日と同じ4月24日になりました。コマドリです、姿とさえずりも綺麗な野鳥です、(さえずりでは、ミソサザイ、ウグイス、コマドリと言われています)クロジです、キツツキの仲間、アカゲラです、遠い、高い木の上でドラミングをしていました、ミソサザイです、5月になるとペアー探しで、石の上などの目立つところでさえずります、コガラです、冬鳥の代表ルリビタキ、まれに渡らないで涼しい高原で夏も過ごす個体もいるそうです、ゴジュウカラです、動きが早く撮影のむずかしい野鳥です、コマドリ、撮影成功

  • コマドリが撮影したくて

    4月22日コマドリが撮影したくて高原に行きました、残念ながら、さえずりを2回、姿はカメラを、かまえるひまがないくらい現れただけでした、ソウシチョウ(相思鳥、侵略的外来種に指定されている外来種だそうです、つがいを1羽ずつにすると呼び合うことからなずけられた名前だそうです、)コガラ、シジュウカラに似ていますが、のどから胸の黒い模様が小さめです、ゴジュウカラ、ミソサザイ、姿は地味ですが鳴き声は大きく、とてもきれいな声です、冬鳥の代表、ルリビタキ、高原は涼しいので渡らないで過ごす(渡らない、個もいるそうです)コマドリが撮影したくて

  • 近くの公園での撮影

    新型コロナの影響で車で少し遠い高原などに出かけられず、近くの公園での撮影しかできない環境です、6kgぐらいあるカメラを担いで散歩は少し大変です、でも撮影と散歩による体力作りを両方とも実現させるために頑張っています、4月16日撮影したシメ4月17日に撮影したウグイス、河原の木立で警戒するさえずりの一瞬がとらえられました、同じ河原でエナガが数匹いそがしく動いていました、4月19日いつも地面で、えさを見つけているセグロセキレイが、電線に止まっていたので、撮影しようとしたら舞い立つ瞬間になりました、シャッタースピードが遅かったです、エナガが桜の木に群れていました、同じ桜の木にキツツキのなかま、コゲラも姿を現しました、近くの公園での撮影

  • ウグイスの高なき

    コロナビールスで運動不足になっています、解消するために散歩を始めました、初日はカメラを持たずに公園を歩いていたら、ウグイスが撮影にちょうどいい高さでさえずっていました、翌日から小型のカメラを持って散歩することにしました、二日目は釣り堀の魚をねらって、カワセミがいました、三日目にようやくウグイスの高なきに巡り合えました、高なきと言ってもウグイスのこと近くに木の枝が多くフォーカスに苦労しました。カワセミが釣り堀の杭に止まって小魚を狙っていました、公園の一角にある古民家、柵の中に入れず外からの撮影でした、ウグイスの高なきです、体を伸ばしてさえずっていました、少し背中のウグイス色がみえます、いつもやぶの中でさえずっていて、姿を見せることはまれな小鳥です、ウグイスの高なき

  • 雪の積もった都民の森

    3月28日(土)関東地方は遅い雪が降りました、この時期冬鳥はいなくなり、まだ夏鳥は姿を見せません、そこで雪の積もった場所なら冬鳥がまだ姿を現すのではと思い、雪の積もった都民の森に行くことにしました、30日午後、ようやく道路が通れるようになったので、31日出かけました、前回も雪は積もっていましたが今回の方が多かったです、そして思惑ははずれ、野鳥は姿を現しませんでした、野鳥の立場で考えれば、雪で、えさの取りずらい所に現れないのは当たり前でした。20cmぐらい積もっていました、都民の森で会った人はスタッフ以外はパトカー1台だけでした、ホウジロが出迎えてくれました、高い木の上にいた、ゴジュウカラがやっと撮影できました、動きからはキバシリかな?と思って撮影したがゴジュウカラでした、木々はもう春を感じさせ、芽吹きが進んでい...雪の積もった都民の森

  • 一昨年近くの公園で撮影したレンジャク

    一昨年近くの公園で撮影したレンジャク

  • 近場の公園で

    近場の公園で一昨年レンジャクが3月27日に撮影できました、今年は季節が2週間ぐらい早い感じなので、3月のはじめから調査に行っていたのですが、巡り合えず23日に行ったら、カメラマンから5日ぐらい前まで(18日ごろ)8羽ぐらいきていたがここ5日間は姿を見せていないとのことでした、24日寒い(2度)朝でしたが7時ごろから1時間半ねばりましたが姿を現しませんでした、手ぶらで帰るわけにもいかず公園を一周して帰りました。オナガが遊んでいました、長い時間ポーズをとってくれました、桜の蜜をついばむひよどりこずえでさえずるモズいそがしく餌をさがすコガラ近場の公園で

  • 都民の森

    16日(月曜日)天気が不安定の予報、17日(火曜日)に自宅から60Kmぐらいで行ける、都民の森に出かけました、海抜1,100mぐらいですがまだ冬が残っていました。三頭大滝付近の山、もみの木に雪が乗っかていました、三頭大滝、氷と雪が積もっていました、ハイキングコースの土手につららがありました、50cmぐらいです、まだ冬と思っていたら、ミソサザイが響く声でさえずり始めました、枝のすぐ下には雪が積もっています、この沢沿いから雪がハイキングコース上に積っていたので引き返しました、カケスが4~5羽現れました、子供のころ(60年ぐらい前)冬に仕掛けを作って捕まえようとしたが、うまくいきませんでした、カケスは縄張りがあり同じ時間に回ってきます、ちょうど学校に出かける前に来るので、毎日確認してから学校に行きました、寒い朝は仕掛...都民の森

  • 甲斐市、キツツキにチャレンジ

    前回甲斐市に撮影に行ったときキツツキと4回会ったが撮影出来ませんでした、その日に見た餌探しをした大木が気になり今度こそ撮影できることに望みをたくし、早朝でかけました、残念ながらキツツキは遠くでドラミング音だけでした。珍しい野鳥が撮影出来ました、以下掲載します。キバシリ、自分はじめて撮影できました、ゴジュウカラです動きの速い野鳥です、なんとか撮影できました、今回はウソがポーズをとってくれました、今シーズン4回目、ラッキーでした、富士山はどこから見ても美しい山ですね、ネコヤナギみたいな目が吹いていました、直径20cmぐらいの太い木でした、甲斐市、キツツキにチャレンジ

  • 山梨県甲斐市にレンジャクを探しに

    以前、甲斐市でヤドリ木が沢山ある場所が頭に浮かび、もしかしてレンジャクに会えればラッキー、出かけました、レンジャクには会えず、キツツキに会えたのだがーーー。キツツキが餌を見つけた証、空は真っ青、コガラ、動きが早く、また小さい野鳥で撮影がたいへんでした、撮影を始めてすぐにウソのメスが撮影できましたが、オスを見つけるのが遅れ、にげられてしまいました、車での帰り道、途中で桜の木に数羽群れている野鳥を見つけ道路端に車をとめ、ウソが撮影できました、オスです、キツツキは4回会うことは出来たのですがシャッターを切るまでは出来ませんでした、逃げ足が早かったです。山梨県甲斐市にレンジャクを探しに

  • ベニマシコ、コゲラ、エナガが可愛く

    3月3日良い天気になりました。新型コロナで運動施設が使えないので、野鳥撮影に行きました、今までに撮影した野鳥ですが、今回は可愛く撮影できたように思います。ベニマシコ、高い木で新芽をついばんでいました、カヤクグリ、初めて木の枝に止まってポーズをとってくれました、何かのたまご?ルリビタキのオス、いつも高い木の幹をつつきながら動き回っていますが今回は地面に近いところでポーズをとってくれました、エナガ、目が可愛い野鳥です、ベニマシコ、コゲラ、エナガが可愛く

  • イカルが群れで木の実をついばんでいました

    2月21日ミヤマホウジロを撮影したく出かけましたが、19号台風で荒れたため全体の1/3ぐらいしか開放されずミヤマホウジロにはあえませんでした。代わりにイカルが木の実をついばみポーズをとってくれました。イカルです、とても大きくかんじました,ヤマガラです、目がかわいい小鳥です、ジョウビタキです、背中の羽がきれいに写せました、帰り道、ロウバイが咲いていました、イカルが群れで木の実をついばんでいました

  • ベニマシコ、ウソが撮影できました、

    ベニマシコ、ウソが撮影できました、今年は木々の芽吹きが早く、ベニマシコも高い木の芽をついばんでいました、カヤクグリが出迎えてくれました、ベニマシコのオスが低い木の実をついばんでいました、撮影にはちょうどいい場所でした。ベニマシコのメスも同じところで木の実をついばんでいました、今回はルリビタキにあまり会えず1回だけで高い木の上に逃げられてしまいました、ウソのオスです、高い木の上のため、いまいちです、ウソのメスです、ベニマシコ、ウソが撮影できました、

  • ルリビタキに沢山会えました、

    今シーズンは、昨シーズンにルリビタキに会えた場所でも会えないことが多かったが、今日は沢山会えました、またベニマシコも前回、夕方の動きと違い早朝のせいか、活発に動き回っていました。林の中からアカゲラのさえずりが聞こえてきたので素早く撮影しましたが、二枚しか撮影できず奥ににげられたルリビタキが石垣のコケをついばんでいました、初めての光景です、ルリビタキの羽の色がきれいです、満足できる写真になりました。ルリビタキに沢山会えました、

  • レンジャクを撮影

    レンジャクを撮影することができました、やどり木を見つけてレンジャクを見つけましたが見つからず、50mぐらい離れたところにトンビがいました、30分ぐらい、近くの林を歩いて来るとトンビはいなくなっていました。前のヤドリ木を見上げるとレンジャクが10~15羽ぐらい群れていました。離れた場所にいたトンビいきなり、うんちで歓迎、このうんちでヤドリギが繁殖するのだそうです、ポーズでだいぶ変化しますね、レンジャクを撮影

  • 笠雲富士

    2月3日、山梨県山中湖村に野鳥撮影に行きました、道志村経由、平野方面から行きました積雪が山の斜面に有るので、南面の平野、別荘地に上がりました。ルリビタキのメス、別荘地から見た富士山湖畔の木にとまっているトンビ湖畔からの笠雲富士富士山から少し離れて写してみたがまだ全体が収まらなかった、朝、別荘地から撮影したことを思い出して急いで車で移動、間に合いました、しかも二重に発展していました。笠雲富士

  • カワセミのダイビング

    カワセミのダイビング渓流の宝石といわれる、カワセミのダイビングが多く見られるチャンスにめぐまれました、ところが写真にするのは大変くろうしました、カワセミのダイビング

カテゴリー一覧
商用