Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ゆうきさん
ブログタイトル
Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜
ブログURL
http://yuuki.officialblog.jp/
ブログ紹介文
頭の先から爪先まで、全診療科の薬物治療を行うのが薬剤師の仕事。そんなジェネラリストを目指します。
自由文
-
更新頻度(1年)

26回 / 269日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/01/27

ゆうきさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 455サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 455サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 455サイト

ゆうきさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゆうきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゆうきさん
ブログタイトル
Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜
更新頻度
26回 / 269日(平均0.7回/週)
読者になる
Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜
  • 卒後1年目で読んだ参考書 全88冊の総合レビュー【内科全般系】

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.卒業して薬局で臨床業務に取り組むようになって1年が経ちました.この1年で読んで勉強した参考書すべてをもう一度(ざっと)読み返し,いろいろな知識と1年分の経験が身についたうえで,改めてレビューをしなおすことにしました.レビ

  • 世界一潤沢に薬剤師がいる国で、なぜ薬剤師不足が起こるのか

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.またしばらく更新が空いてしまいました.いろいろと良縁に恵まれて,Rotary Clubの若手組織であるRotaract Clubに入らせて頂きました.薬剤師としての活動はもちろん,Rotaractの一員としても社会奉仕活動をしていけたらと思います.

  • バイタルサイン講習会を開催しました

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.5/12にバイタルサイン講習会を開催しました!講習会を開催すると決めてから,プレゼンする全てのスライド,実技指導の細部に至るまで,参加していただいた全員の方が「バイタルを取れるようになる」「薬剤師がバイタル・フィジカルアセス

  • 「レジデントのための 感染症診療マニュアル」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.今日紹介する参考書はものすごく著名な本なので,ご存知の方も多いかと思います.レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版 [単行本]青木 眞医学書院2015-03-23一度,めちゃめちゃな抗菌薬の処方をする医師のところに直接話に行っ

  • 「トップジャーナルから学ぶ 総合診療アップデート」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.私は英語の勉強も兼ねて,情報収集に英語の論文を読むようにしています.やはり情報収集において英語で読めるのと,日本語しか読めないのとでは比喩でなく100倍くらいの差があるように感じます.いやいや英語の重要性は十分わかってい

  • 0402通知について

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.年度が変わり,4月から卒後2年目となりました.今年度も,昨年以上にしっかり勉強して情報発信していくので,よろしくお願い致します.近況としては,緑豊かな山々と綺麗な水に恵まれた岐阜県から,コンクリートと人々で溢れかえった東

  • 「誰も教えてくれなかった胸部画像の見かた・考えかた」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.今日紹介するのは画像読影の参考書です.画像読影なんて薬剤師に必要なのか?なんて思う方はもう最早,このブログなんて読んでいない事でしょうから説明はいりませんね(笑)誰も教えてくれなかった胸部画像の見かた・考えかた [単行本

  • 「ブラッシュアップ 急性腹症 第2版」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.最近また患者さんの治療を考えていて,どうにも悩んだことがあっていくつか参考書を買って読み込んで勉強していました.気になることがあると,どうも目の前の事だけに集中してしまい,同時にブログの更新をすることが出来ていなくてマル

  • 「内科診断学」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.最近,たくさんの診断・症候学関連の参考書で勉強してきて,それをレビューという形でみなさんにお伝えしてきました.前回は症候学の代表的な参考書として「Dr.ウィリス ベッドサイド診断」をご紹介しました.今日も同じように辞書的に

  • Trovan事件から学んだこと

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.皆さんはTrovan®(trovafloxacin)という抗菌薬をご存知でしょうか.1998年にアメリカで販売され,瞬く間にアメリカ全土に広まった抗菌薬です.この薬が市場に出た時には,医師たちは「これは魔法の薬だ!」と色めき立ちました

  • 「Dr.ウィリス ベッドサイド診断」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.今までは全て読破してきた参考書しか紹介してこなかったのですが,今日紹介する本はまだ読破できていません.それでもぜひ紹介したいという思いが強すぎて,レビューを書いてしまいました.(笑)これからも毎日少しずつ読んで読破しよ

  • 「3秒で心電図を読む本」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.僕が患者さんへ投薬している時に必ず確認していることに,血液検査の結果があります.慢性疾患で長期的にかかっており,定期的に血液検査をしている患者さんはたくさんいます.そういった患者さんへ投薬するときは薬物治療をより安全に

  • バイタルサイン講習会を開催します.

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.最近は薬剤師がバイタルを取ることも珍しくなくなってきました.もちろん診断のためではなく,薬物治療の効果を確認するため,副作用の発現がないか確認するため,病態の評価のためなど,いずれも「薬剤師が薬物治療の評価を行うため

  • 「内科病棟・ER トラブルシューティング」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.今日紹介する本は、主に病棟管理やERでの対応に主軸を置いた参考書です.「薬局薬剤師が病棟管理とかER対応を学んで何に活かすんだ」と思われる方もいると思います.直接的には在宅の現場がまずそれに当てはまります.近年の医療

  • 「診察エッセンシャルズ」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.先日,「ほかの参考書に載っていない症状について学ぶのにオススメ!」として,この参考書を紹介しました.→「キーワードから展開する 攻める診断学」を読んだ感想ずっと鑑別疾患や症候の勉強をしてきて,患者さんから症状を訊いた

  • 「キーワードから展開する 攻める診断学」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.初診外来では患者さんから訊き取った症状,病歴,身体所見から病態の正確な把握をするため.診断に見逃しが無いか確認するため.継続外来では病期判断や病状の程度を把握して適切にフォローしていくために.そういった理由で,外来調剤を

  • 「ブラッシュアップ 急性腹症」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.みなさんが調剤のなかで確認する主訴のうち,最も苦手な症状は何ですか?ぼくは間違いなく「腹痛」です.主訴の聴取をした時には,まず緊急的な対応が必要な疾患を見逃さずにしっかり診断監査を行う事が重要です.確定診断を下す医師

  • 薬機法改正で求められる“薬剤師力”には何があるか

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.ぼくは日経DIのプレミアム版を定期購読していますが,1番好きな企画は「Inside Outside」です.日経DI 2月号のページも平成を通した薬剤師業務の変遷と今後の展望を語る素晴らしい内容でした.平成の薬剤師史を振り返って変わった事が列

  • 「小児の薬の選び方・使い方」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.小児科の難しさって何でしょうか.子どもの疾患の特徴としてまず挙げられるのは,進行がとても速いことですね.例えば発熱と下痢があると1晩で急速に脱水症が進行しますし,おむつかぶれも起こります.熱性痙攣を起こすかもしれませ

  • 「もう困らない 救急・当直」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.外来調剤という短い時間のなかで,適正に処方監査を行うために必要なスキルにはどんなものがあるでしょうか.もちろん薬剤の知識として薬理,薬物動態,製剤などの知識は必須です.薬剤同士の相互作用や用法,用量の確認のために一般的な

  • 帯状疱疹の治療戦略

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.帯状疱疹はよく遭遇するcommonな疾患ですよね.ところで帯状疱疹って分類分けすると何になるんでしょうか.症状は皮膚にでるので皮膚科疾患?それとも原因の水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella Zoster Virus;VZV)を主軸に置くと感染症?

  • 第104回薬剤師国家試験を控える受験生のあなたへ

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.今年の薬剤師国家試験は2/23と2/24なので3週間を切りましたね.ぼくが国家試験を受けてからもう1年が経つのかと思うと恐ろしさを感じるほど時間の流れは早いもんだなと思います.去年の今頃,何をしていたのかなとブログを振り返ってみ

  • 「内科レジデントの鉄則」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.世の中にはたくさんの診療科が存在し,それぞれ専門の先生方がいて,高度に細分化された医療を受ける事ができます.スペシャリストとして特定領域に“狭く深く”特化している専門医と異なり,ジェネラリストとして全ての診療科の薬物治療

  • 「この1冊で極める 不明熱の診断学」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.「ちょっと熱が高いです.少し怠さはあるけど,他に症状はないですね.お医者さんからは解熱剤だけだしてもらって様子見ようって言われてます.」こんな患者さんによく遭遇しませんか?夜間に急性で外来する患者さんで,こんな話

  • PSL(プレドニゾロン)の考え方,使い方

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.突然ですがPSL(プレドニゾロン)って難しくないですか?毎月行っている症例検討会に参加して,PSLの使い方,考え方って難しいなと思ったので勉強しました.ステロイドと切っても切り離せないのが副作用ですが,ステロイドの歴史を紐解

  • 日本在宅薬学会のエヴァンジェリストに認定されました

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.「薬局2.0から3.0へ」日本在宅薬学会は,在宅の現場での薬剤師業務の在り方を考えるのはもちろん,外来調剤でも「薬を飲んだ後までフォローする」事が薬剤師業務の本質だという考えのもと,さまざまな活動を行なっています.バイタルサ

カテゴリー一覧
商用