searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ゆうきさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜
ブログURL
http://yuuki.officialblog.jp/
ブログ紹介文
頭の先から爪先まで、全診療科の薬物治療を行うのが薬剤師の仕事。そんなジェネラリストを目指します。
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2018/01/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゆうきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゆうきさん
ブログタイトル
Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
Super Generalist 〜薬剤師ブログ〜

ゆうきさんの新着記事

1件〜30件

  • 症例6

    卒後3年目薬剤師の小林友稀です.「薬学生向けの参考書レビュー」の作成にあたり,また参考書を読み返したりで更新が空いてしまいました.あとは細かい編集をするだけなので,今週末には投稿できそうです.さて,今日は少し異色な症例です.腰痛で整形受診

  • 「考える腎臓病学」を読んだ感想

    卒後3年目薬剤師の小林友稀です.薬物治療を考える時に,腎機能について考えることは必須です.多くの薬が腎臓から排泄されますし,高齢者では腎機能が低下している事がほとんどですので,用量の調節が必要だったりします.腎臓について,その正常機能,病態生理が分か

  • 症例5の検討

    卒後3年目薬剤師の小林友稀です.症例検討のブログをたくさん上げていていますが,ここ最近,勉強になる症例に出会うケースが多いように感じます.今までも遭遇していて,気づかずにスルーしていたものが,症例検討を重ねることでアンテナが敏感になり,拾い上げるこ

  • 症例5

    卒後3年目薬剤師の小林友稀です.国試に出てきそうな症例を経験しました.教科書では絶対習いますし,すごく典型なので,今回の症例はあまり“謎解き”要素はないかもしれません.しかし,実体験で経験するとすごく記憶に残りますし,現象の理解の程度も深いので,それ

  • 症例4の検討

    卒後3年目薬剤師の小林友稀です.症例4の検討です.病歴,身体所見からまず頭に浮かんだのは家族性地中海熱(FMF)です.繰り返す発熱,胸痛...FMFは胸痛ではなく腹痛ですが,水様性下痢もあることから腹痛を胸のあたりの痛みと訴えた可能性もあります.ただFMFは消化

  • 症例4

    卒後3年目薬剤師の小林友稀です.今日,紹介する症例は,患者さんの周辺状況を把握する大切さを身に染みて感じた症例です.結果としては,良い結果となったので良かったのですが,患者情報がしっかり集められていなければ解決できなかったと思います.さて,熱発の原因

  • 卒後2年目で読んだ参考書 全43冊の総合レビュー

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.薬学部を卒業して薬剤師になってから,丸2年が経ちました.1年目が終わった時にもやったのですが,今年度もやります.卒後2年間で読んだ参考書,全43冊を今の目線で再評価し直した総合レビューです.タイトルがリンクになっ

  • 症例3の検討

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.症例3の検討です.電解質異常はわりと遭遇する頻度が高い割に,その評価は難しい気がします.単に私が苦手なだけかもしれませんが...さておき,今回は「高K血症」がテーマです.まず最初に思い浮かんだ原因はなんだったでしょうか

  • 「循環器内科グリーンノート」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.今日,紹介する本は,先日紹介した「循環器薬物治療ファイル」と共に,循環器疾患の治療管理では必ず確認している参考書です.循環器内科グリーンノート 第2版中外医学社2018-03-27まず,総論から始まるのですが,難易度としては,教科

  • 症例3

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.今回は,現在進行形で悩んでいる症例です.答えが分からないのですが,考えた過程と,関連する項目が勉強になったので,それのシェアを兼ねて,紹介する症例になります.原因が解明できたら,「検討編」に追記しようと思います.K高

  • 「異常値の出るメカニズム 第6版」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.薬剤師の外来業務のおいて,最も重要なのは治療効果の評価です.処方によって最大限のメリットが患者にもたらされ,そのリスクを最小限とするように薬物治療全体を俯瞰して管理する.これが薬剤師による薬物治療管理です.そして,そ

  • 「循環器治療薬ファイル」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.今日レビューする参考書は,循環器領域では有名な参考書です.循環器治療薬ファイル 薬物治療のセンスを身につける 第3版村川裕二メディカルサイエンスインターナショナル2019-03-19上記のAmazonリンクは第3版なんですが,私が勉強した

  • 脱水時にはなぜ頻脈になるのか

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.先日の症例2の内容を友人が見てくれて,いろいろと討論をしました.討論している中で「脱水の所見」についてフォーカスし,脱水時に頻脈になる原因について学生時代の資料なんかひっぱりだして勉強していました.その内容が結構

  • 症例2の検討

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.症例2の検討です.今回は皆さんも遭遇する機会が多い症例でしょうか.おそらく内容としては基礎的なものになるんでしょうが,個人的に教科書的な理論と臨床が結びついた!と興奮した症例だったので取り上げました.処方薬から見てみ

  • 症例2

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.面白い症例に出会いました.前回とはすこし毛色の異なる内容です.治療への介入ではなく,投薬時の「ん?」という違和感と,その理由が面白かった1例です.学生の皆さんは,得られている情報を1つ1つ解析して評価してみて下さい.時

  • 「同効薬、納得の使い分け」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.今回,勉強したのは同効薬の使い分けについて学べる参考書です.レジデントノート増刊 Vol.21 No.5 同効薬、納得の使い分け〜根拠からわかる! 症例でわかる!羊土社2019-05-23研修医や若手医師をメインターゲットにした,レジデントノー

  • 症例1の検討

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.症例1の検討です.まずは継続処方の内容から評価していきましょう.Alzheimer型認知症に対する薬ですが,内服なしです.抗認知症薬は進行抑制が限界で,認知機能を向上する効果はないですよね.その上,薬価も安くはないので(例えば

  • 症例1

    施設在宅の患者さんを引き継いで,最初に悩んだ症例です.皆さんならどこから介入しますか?症例180歳女性.施設入所.現病Alzheimer型認知症,高血圧,褥瘡(臀部上部,NPUAP:StageⅢ)処方ミヤBM細粒1g,チキジウム(10) 2cp,ベリチーム配合顆粒 1g 2× 朝夕食後

  • カテゴリ「症例検討」について

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.新しくカテゴリ「症例検討」をつくりました。私が担当している患者さんでCommonな症例だけど参考になる専門書や参考書が少なく,対応に苦慮した症例を提示します.私の対応が正しかったなんて口が裂けても言えませんが,良かった例も悪

  • 「抗菌薬の考え方、使い方ver.3」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.最近,なにかと世間を賑わせた岩田健太郎先生の本です.抗菌薬の考え方、使い方Ver.3宮入 烈中外医学社2012-03-30「抗菌薬の考え方、使い方 Ver.3」です.実は私,岩田先生のめちゃめちゃファンです(政治的な発言は置いといて.

  • 再開

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.気づけばまた更新が途絶えてしまっていました.また少し環境が変わってバタバタしていたのですが,ようやく落ち着いてきたのでしっかり再開したいと思います.いそいそとインプットも続けていたので,従来通り参考書レビューも順次して

  • 卒後1年目で読んだ参考書 全88冊の総合レビュー【内科全般系】

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.卒業して薬局で臨床業務に取り組むようになって1年が経ちました.この1年で読んで勉強した参考書すべてをもう一度(ざっと)読み返し,いろいろな知識と1年分の経験が身についたうえで,改めてレビューをしなおすことにしました.レビ

  • 世界一潤沢に薬剤師がいる国で、なぜ薬剤師不足が起こるのか

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.またしばらく更新が空いてしまいました.いろいろと良縁に恵まれて,Rotary Clubの若手組織であるRotaract Clubに入らせて頂きました.薬剤師としての活動はもちろん,Rotaractの一員としても社会奉仕活動をしていけたらと思います.

  • バイタルサイン講習会を開催しました

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.5/12にバイタルサイン講習会を開催しました!講習会を開催すると決めてから,プレゼンする全てのスライド,実技指導の細部に至るまで,参加していただいた全員の方が「バイタルを取れるようになる」「薬剤師がバイタル・フィジカルアセス

  • 「レジデントのための 感染症診療マニュアル」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.今日紹介する参考書はものすごく著名な本なので,ご存知の方も多いかと思います.レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版 [単行本]青木 眞医学書院2015-03-23一度,めちゃめちゃな抗菌薬の処方をする医師のところに直接話に行っ

  • 「トップジャーナルから学ぶ 総合診療アップデート」を読んだ感想

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.私は英語の勉強も兼ねて,情報収集に英語の論文を読むようにしています.やはり情報収集において英語で読めるのと,日本語しか読めないのとでは比喩でなく100倍くらいの差があるように感じます.いやいや英語の重要性は十分わかってい

  • 0402通知について

    卒後2年目薬剤師の小林友稀です.年度が変わり,4月から卒後2年目となりました.今年度も,昨年以上にしっかり勉強して情報発信していくので,よろしくお願い致します.近況としては,緑豊かな山々と綺麗な水に恵まれた岐阜県から,コンクリートと人々で溢れかえった東

  • 「誰も教えてくれなかった胸部画像の見かた・考えかた」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.今日紹介するのは画像読影の参考書です.画像読影なんて薬剤師に必要なのか?なんて思う方はもう最早,このブログなんて読んでいない事でしょうから説明はいりませんね(笑)誰も教えてくれなかった胸部画像の見かた・考えかた [単行本

  • 「ブラッシュアップ 急性腹症 第2版」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.最近また患者さんの治療を考えていて,どうにも悩んだことがあっていくつか参考書を買って読み込んで勉強していました.気になることがあると,どうも目の前の事だけに集中してしまい,同時にブログの更新をすることが出来ていなくてマル

  • 「内科診断学」を読んだ感想

    卒後1年目薬剤師の小林友稀です.最近,たくさんの診断・症候学関連の参考書で勉強してきて,それをレビューという形でみなさんにお伝えしてきました.前回は症候学の代表的な参考書として「Dr.ウィリス ベッドサイド診断」をご紹介しました.今日も同じように辞書的に

カテゴリー一覧
商用