chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
腕時計喫茶 https://www.wristwatch-tearoom.com/

コレクションとしては「?」な「微妙な時計」を中心に集めています。体験主義的なレポートやコラムをお届けします。所有していない時計の批判はしません( ー`дー´)

大人の常識、紳士の嗜み。腕時計の世界は奥深かく未だ入り口をウロウロ。持ち前の探究心で人とは違う目線の腕時計情報を目指しています。高級ブランド、手頃なファッションウォッチ、出処不明の怪しい時計にも幅広く目を向けていくつもりです。データより感性で勝負!

suna_fu_kin
フォロー
住所
中央区
出身
尼崎市
ブログ村参加

2017/12/28

1件〜100件

  • シチズンのインディーズ魂が炸裂する「シチズンコレクション レコードレーベル」

    キワキワの過去作復刻を中心に、どんどん面白くなるシチズンコレクションの「レコードレーベル」。 今回はその全貌を俯瞰しつつ、このコレクションの「楽しみ方」を考えてみたいと思います。

  • 『腕時計喫茶』が記事投稿本数「400本」を達成しました!!

    ついに!!(やっと??)弊ブログ「腕時計喫茶」は今回の投稿で記事投稿本数「400本」を達成しました。これも偏に読者の皆さまのお陰…というワケで、恒例の「プレゼント企画」やってみたいと思います。「大喜利」が得意なアナタ!!是非ともご参加を(笑)

  • 男の身でシチズンのクロスシー「LIGHTinBLACK」2022GREENEDITION(EE1007-59W)を買う(機能編)

    シチズンさんのレディス腕時計、クロスシー「LIGHTinBLACK 2022GREENEDITION(EE1007-59W)」を購入した時計オタクの男が、見た目によらずハイスペックな機能面を、可能な限り解りやすく解説しました。マニュアル代わりにブックマークよろしく!!

  • 結局「転売ヤー対策」なんて無駄なのかもしれないと思った話

    ちょっとした出来事から、ロレックスマラソンに纏わる「転売ヤー対策」なんて、土台無理なんじゃないかと思えてきました。 今回はそんな失意を込めたお話です。

  • 男の身でシチズンのクロスシー「LIGHTinBLACK」2022GREENEDITION(EE1007-59W)を買う(見た目編)

    以前、弊ブログでも取り上げたシチズンさんのクロスシー限定モデル。男の私が自分で使うことはないでしょうが…無駄に旺盛な探究心が発動して、この度、めでたく購入と相成りました(汗) やはり、目の前で見ると情報量が圧倒的。今回は腕時計好きのオッサンの目で見た、レディス時計の「ガチなレビュー」でございます。

  • 「チプカシ沼へようこそ!!」カシオスタンダードから『絶対満足の10本』を選ぶ

    腕時計の「満足」を考える時、コスパの良さは外せないファクターです。今回は所謂「チプカシ」の中から「グッとくる10本」を幅広い視点でチョイス。腕時計の高騰が止まらない昨今、尚更沁みる「チプカシ」の世界をご堪能下さい!!

  • プロスペックスの「X」はダサいのか??

    今回は巷で色々言われちゃうことの多いセイコープロスペックスの「Xマーク」について、私の考えを書かせていただきました。 果たして「Xマーク」はダサいのかダサくないのか…一緒に考えてみませんか??

  • 第二回「実録スウォッチストア訪問記」

    さて、通算2度目の「スウォッチストア」訪問行ってきました。目当てはもちろん「ムーンスウォッチ(オメガスウォッチ)」。 今回は何か予感が…私のシックスセンスが吉兆を告げるのです。買える気がする!!(根拠なし)

  • ティソ『シースター 1000 36MM』を女性にお勧めしたい「10の理由」

    買ったばかりのティソ「シースター 1000 36MM」を連れて帰省。男性女性、沢山の人に会ってきた私。期間中、異様に好評だった「シースター」。中でも女性の反応は抜群!! ってなワケで、こりゃあ本気で女性にお勧めせねばなるまいと思い「10の理由」をまとめてみました。

  • 「島津タイマー」を腕時計で考える

    余りのバカバカしさに世間を「ポカ~ン」とさせた「島津タイマー問題」。 今回は小悪党感満載の本件を、私の聖域「腕時計」の事象に例えて考えてみました。「子会社のしたことですから」じゃあ済まないですよ~??

  • 男女とも本気で使える白ダイバーズ(ティソ シースター 1000 36MM)

    辛抱できずに買ってしまったティソさんの「シースター 1000 36MM」。今回はその辺りで言い訳半分のレポートなのですが…解ったんです。 この時計、世にも珍しい「男女ともに本気で使えるダイバーズ」なのかもしれないということが!!

  • 「PRX」もいいけど「シースター」もね!!(TISSOT シースター 1000 36MM)

    今回はティソの2022年新作「シースター 1000 36MM」のお話です。「PRX」にも感じましたが、最近のティソは気軽に買える価格はそのままに、満足度の高い時計が目白押し。 さて、小さくて可愛らしいダイバーズ「シースター 1000 36MM」の印象は如何に??

  • 腕時計好きの男もグッとくる「クロスシー daichi コレクション(EE1007-59W)」

    今回は珍しくレディスの腕時計を取り上げました。シチズンさんのクロスシーから「daichi コレクション」の限定モデルのご紹介です。 もちろんいつものように、マニアックな独自視点満載でお送りします。

  • 「ロレックスマラソン」を一括りで考えてはいけない

    某メディアで拝読した「ロレックスマラソン」に関する記事について、私の個人的な感想を書かせていただきました。 とにかく長いのでヒマを見つけてお読み下さい。

  • ユニクロカラーで考える「色で失敗しないムーンスウォッチの選び方〈後編〉」

    ユニクロカラーで考える「色で失敗しないムーンスウォッチの選び方」の後編。今回は「火星」から「冥王星」までの計6本で「似合いのカラー」を探しました。これさえ読めば「ムーンスウォッチ(オメガ スウォッチ)」のコーデ術は貴方のものに!!

  • ユニクロカラーで考える「色で失敗しないムーンスウォッチの選び方〈前編〉」

    ユニクロさんの「色番号」に対応させた「ムーンスウォッチ」各モデルのカラーコーディネートを考えてみました(前編) アクの強いデザインが多いですからねぇ~。 失敗しないお買い物のためにも、何かのご参考になればと思います。

  • カラーダイヤル化と不景気の関係を考える(ジン556)

    「不景気になると地味な色が流行る」そうですが、腕時計だけは例外のようです。 今回は昨今のカラーダイヤルブームに見る腕時計の「可愛い化」と「不景気」の関係について書いてみました。

  • 「タンクマスト ソーラービート」は小さくてもメインを張れるメンズウォッチだった(WSTA0059)

    小さくても侮るなかれ!!カルティエさんの「タンクマスト ソーラービート(LM)」は男が着けてこそ色気が爆発するメンズウォッチなのでした。 今回は「ソーラービート」が私に促した「パラダイム・シフト」についてのお話です。

  • 小さくなって獲得した「大きな魅力」(ティソ PRX 35mm)

    ティソさんの人気モデル「PRX」に新たに加わった「35MM」。40ミリから大幅にサイズダウンしたことで、一体どのような変化が起きたのか…今回はその辺りをまとめてみました。

  • 第一回「実録スウォッチストア訪問記」

    8月とは思えぬ涼しい日に、思い立って渋谷の「スウォッチストア」さんまで行ってきました。 案外、こういう思い付きが幸運を呼んだりするものですが…果たして、ムーンスウォッチゲットは成るか!?

  • ミルガウスのオーナーで良かったこと

    魅力あふれるラインアップで世界中を魅了する「ロレックス」。その中でもひときわ異彩を放つのが「ミルガウス」です。 今回は「ミルガウス」を持つことで得られる数々の僥倖について、現オーナーの立場から書いてみました。

  • ムーンウォッチの再評価に「ムーンスウォッチ」が果たす役割

    まだまだ買えそうにない「ムーンスウォッチ」ですが、この切ない時間を最大限利用して、このブームの意味と、仕掛け人「スウォッチグループ」の巧みな戦略について考えてみようと思います。

  • 新型スーパーオーシャンに見る「ブライトリングの本気度」

    ブライトリングの「新型スーパーオーシャン」。手広く4サイズ展開という気合の入ったニューモデルからは、ブライトリングの新時代を切り拓く意志と決意が見て取れます。果たして、どんな魅力を湛えた腕時計なのでしょうか??

  • 「カシオーク」がフルメタル化された件

    いよいよG-SHOCKの「2100シリーズ」もフルメタル化。何時か必ず出してくると予測はしていましたが、いざ出てくると…さすがに似ている(笑)今回はそんな「カシオーク」の完全体についてのお話です。

  • 「ムーンスウォッチ騒動」はその後どうなったのか??

    ちょっとした社会現象にまで発展した「ムーンスウォッチ騒動」。そういえばあれからどうなった??入荷状況は??…ってなワケで現状と今後の展開などについて考察してみました。

  • セイコーがある幸福(キングセイコーとプロスペックスに思う)

    本年作の「キングセイコー」と「プロスペックス」を使ってみたら、そこにはじんわり沁みる「幸せ」が待っていた…みたいなお話です。

  • 約ひと月『Save the Ocean』な「SBDC165」を使い倒した結果…

    「Save the Ocean」モデルのプロスペックス「SBDC165」購入からひと月が経過しました。そろそろ冷静に「最初の評価」を下せる段階に入りましたので、偉そうに色々書いてみました。いや…マジで良いですよ。プロスペックス!!

  • 久々に突き刺さった『プロパイロットX キャリバー400』

    人当たりの良い「復刻」も大好きですが「今」を写し取ったかのような尖った時計の出現を待ち望んでいる私。そこの現れたオリスの「プロパイロットX キャリバー400」は、まさに「キレッキレの今」を表現した心躍る一本です。

  • 新作「34mm」はあっという間のソールドアウトでした(クロノブンキョウトウキョウ)

    去る21日は「クロノブンキョウトウキョウ」さんの新作「34mm」の発売日でした。公式サイトで繰り広げられる「早い者勝ち」に不肖の私も参加してみましたが…その顛末と反省文がコチラです(笑)

  • 夏の「タンク」はNATOで使おう!!(ソーラービート WSTA0059)

    「タンク マスト ソーラービート」に標準装備のストラップはおよそ夏向きとは言えないので、換装することにしました。何がいいかなぁ…夏だしなぁ…やっぱアレしかないですか??

  • やっとこさ「タンク マスト ソーラービート」を手に入れました!!

    2月に予約していたカルティエのタンク マスト「ソーラービート」をようやく入手しました。コロナ禍で製造が遅れたとのことで、待たされた分、確実に思いは募っていました。さて、世界最高峰のジュエラーが作る「ソーラー時計」の印象や如何に??

  • 新生「レンジャー」が面白そうなのだが??

    チューダーから新しい「レンジャー」が登場しました。前作「ヘリテージ レンジャー」が退場してからそれほど間を置かずに行われた「再復刻」。そこにはどんな意味があるのか…何にせよ妙にソソる新生「レンジャー」について考えてみました。

  • 使い続けて解った「キングセイコー(SDKS)」がキングな理由

    2022年7月8日、全国発売が開始される「キングセイコー(SDKS)」。 購入から半年、左腕で味わってきた私が、その奥深い魅力をお伝えします。 「セイコー」の頭に「キング」が付く意味…皆さんと一緒に考えてみましょう。

  • 「ムーンスウォッチ」と「AIKON #tide」にまつわるお話

    「SDGs」の取り組みも単なるお題目から「実践」へ移行したようです。腕時計にもその流れが目立つようになってきました。今回は「ムーンスウォッチ」と「アイコン #タイド」を中心に環境に配慮した腕時計の魅力について書きました。

  • 「HODINKEE」を読むと無性にセイコーが欲しくなる(SBDC)

    「HODINKEE」さんで読む海外発の「セイコーネタ」の暑さたるや「真夏の大阪も顔負け」…というワケで、このところモロに感化された私も、夏空と半袖が似合う「旬なセイコーダイバーズ」を一本を入手してしまいました。今回はそんなお話です。

  • ノルケインは腕時計業界の『明けの明星』になれるか?

    初手から妙に気になる時計をリリースしてきた新興ブランド「ノルケイン」。本日は「ケニッシ」のムーブメントを搭載したモデルの実物を拝見してきましたので、その印象と「ケニッシ搭載」がもたらす、今後の飛躍の可能性について考えてみました。

  • ムーンスウォッチに煽られて「ムーンウォッチ」を購入した男

    このタイミングで「ムーンウォッチ」を買いました。ムーン「ス」ウォッチじゃないですよ?? とはいえ、スウォッチ・グループの策略にまんまと乗せられたような気もする私。まぁ良いか…後々ネタになりそうだし(笑)

  • 【小ネタ喫茶】「ムーンスウォッチの売り方」「たこ焼きが食べたいのに」「売り手の義理人情」

    今回は【小ネタ喫茶】でございます。狂おしいばかりに「たこ焼き」が食べたい男の話と、古い任侠映画の世界のような「腕時計ブランドの内部事情」。そして話題の「ムーンスウォッチ」の売り方についても、勝手に考察してみました。

  • 『ムーンスウォッチ(SO33M100など)』に予想される「功罪」

    勝手に「ムーンスウォッチ騒動」と名付けたくなるほどの出来事だった「ムーンスウォッチ」の発売日(汗) 今回は、これってオメガさんにとってはどの程度のメリットがあるのかなぁ~なんて、誰でも思い浮かびそうな疑問を元にゆる~く考察してみました。

  • 腕時計は嫌いが好きのはじまり

    今回は「嫌い」だったはずの腕時計が、いつのまにか「好き」に変化した実例を紹介して、その心理的な部分を考察してみました。ほら!!人に対してもそんなことあったりするでしょ??そんな感じのお話です。

  • 今夜決定!!【記事投稿350本記念プレゼント】抽選実況

    日記を書けば3日も保たない根性なしの私が、好きな腕時計ネタとはいえ「投稿350回」を達成した偉業(?)を記念して開催した「プレゼント企画」。今夜その抽選を行いました。今回はそのご報告になります。幸運のオリエントは誰の手に!?

  • 腕時計界隈の視点でロシアを臨む

    平和の有り難さが身にしみる日々が続いています。 ほぼ「腕時計専門のブログ」を主催する私ですが、今回はあくまでも腕時計関連に絞った視点で、戦争の及ぼす様々な影響を書いてみました。

  • 膨張するコレクション、手放せないのは「男」だから?

    はてなブログさんの「今週のお題」を頂戴しました。曰く「わたしのコレクション」。 そもそも収集の「癖」なんてものは他人から見れば「奇行」に過ぎないもので、何かを無心に溜め込む行為はいかにも「男性的」に思える…そんなお話です。

  • 歓迎!!新品のオールド「復刻モデル」

    過ぎ去った時代へのオマージュ「復刻モデル」は、腕時計好き(特にオッサンたち)の魂に的確にヒットするアサシンです。 とはいえ、腕時計はオッサンだけのお楽しみではないはず。 若い人たちにとっての「復刻もの」の価値と、その意味も合わせて考えてみました。

  • こんな販売スタッフからは買いたくない

    だいぶ昔の話になりますが、某デパートの某高級腕時計ブランドのブースで、有り得ない販売スタッフさんと遭遇しました。 私の中で「最悪の接客体験」として刻まれる記憶の一端をご披露します。

  • 特別な時代の音楽、そして腕時計

    想い入れの強い時代を並走した数多の「音楽」と数多の「腕時計」。 他とは異なる特別な繋がりを感じるそれらに、未だ感じる「新鮮な感動」の正体とは。 そんなアンティークや中古品の腕時計だけが放射する「魅力」についてのお話です。

  • 仕事場で使った8本の腕時計から「心理状態」を探る

    元気のない時は派手な時計を選んだり、慎重になりたいときにはクラシカルな時計を選んだり… 本日は「心理状態に左右される腕時計選び」がテーマ。私の手持ちを例に、実体験中心でまとめてみました。

  • 「読みたい」と言われ戦慄する

    とある御仁から「君のブログ読ませてよ」と言われてビビった私。いやいや!!あなたのような「本物」に読まれたら…どうなっちゃうの??みたいなお話です。

  • 時計を売り払ったら、欲しい時計がある

    目安ですが、24本までコレクションを圧縮しなければならない私。キープで考えている時計以外は基本「売る」ことになります。売れば多少は実入りがある。懐が温かくなれば新しい時計が買える…って、あれれ??

  • 大した時計が買えないからこそ、このブログは続く

    記事投稿「350回」を達成しました。長かったような、あっという間のような…継続の秘訣を聞かれたら、大した腕時計が買えない「ウサ」をぶつけてるから…とでもしておきますか(泣) というわけで、通算3回目の「プレゼント企画」をやらかしたいと思います。お気軽にご参加下さい♬

  • 2022年版、復刻『キングセイコー』を買いました!!

    手に入れました「キングセイコー復刻」。レギュラーモデルになって、チープになったんじゃないかと心配しましたが…いやはやとんでもない!! 「キングセイコー」…兄貴メチャクチャ格好良いっす!!

  • 【小ネタ喫茶】「寒いねん!!TOKYO」「ボールウォッチ(汗)」など全3本

    本日は『小ネタ喫茶』でございます。巷をザワザワさせているボールウォッチさんの「企画モデル」についてのお話を中心に、全3本でお届けします。

  • 腕時計デザインの「真似」はどこまで許される?

    今回は腕時計の魅力の大半と言っても過言ではない「デザイン」のお話。 商売ですから独創性を犠牲にして「売れ筋」に傾倒するのは概ね解る。けれど、そればっかりだとち~っと悲しいなぁ~みたいな内容です。

  • 建国記念日なら「セイコー」は仕方がない

    「建国記念日」でした。ならば「日本のブランドを堪能すべし」と向かった先は銀座の「セイコードリームスクエア」さん。 せめて「この日だけは国産主義で!」と肚に決め、私が目指したセイコーの「話題作」とは?

  • 手持ちの腕時計を減らす「メソッド」

    集めるともなく集まってしまった腕時計たち。納得できる形でいかにスマートに数を減らすことができるか…ここしばらくの私の課題です。まずは「24本」を目標に、やってやるって!(越中詩郎)…まぁ、50本くらい手放すことになるんですがねぇ。

  • 誕生日なので自分を甘やかしました

    誕生日なんですよ!この世に生まれ育った喜びを現すには「買うしかない!」ってことで、腕時計を予約してきました。思えば、ブルガリ「エルゴン」以来の「ジュエラー時計」かぁ…

  • GVのミルガウスが「200万円」って?

    「変態ロレックス」ミルガウスの並行価格高騰が止まらないですねぇ。あんなに人気なかったのに、アンタ立派になって…ってな、オーナーの感慨は置いといて…やっぱりおかしいですよ。ただの「3針、ノンデイト」ですもん。

  • 【小ネタ喫茶】2022年2月3日「腕時計の『持ち方』を誉められる」「1年以上も走れますか?」など3本

    思い付いたらすぐ「小ネタ」。久しぶりの「小ネタ喫茶」でございます。今回は腕時計の「持ち方」を誉められた話と、1年以上も走り続ける「ランナー」の話。そして、惜しみなくプロの技を教えてくれる「若い師匠」の話の3本です。

  • 腕時計を人に勧める難しさ

    腕時計の楽しさを知りすぎる余り、無意識に「エバンジェリスト」になってしまう場合があります。 あれって結構危険ですよ~みたいなお話です。

  • Chrono24で「神々の遊び」に興じてみては?

    腕時計の世界的マーケットプレイス「Chrono24」さんの『Watch Collection』機能はスゴイ。手持ちの腕時計を登録するだけで、簡単に「実物資産」としての市場価値を割り出してくれちゃいます。目を背けたくなる「現実」も見えちゃうんですけどねぇ…

  • 銀座「並木通り」を歩けば(オリジナルマップ付き)

    ストレス満載、私の東京転勤生活。ですが、楽しいことが全くないわけではありません。その数少ないメリットの一つが「腕時計を見に行ける街が多い」こと。 今回は腕時計好きにとって、特に眩い街「銀座・並木通り」について書きました。

  • 久しぶりの「ジャガー・ルクルト」でも「変わり種」を選んでしまう男

    何やかんやでジャガー・ルクルトの「レベルソ」を手に入れました。それも、敢えて「アウトサイダーなヤツ」をです。何で普通の「レベルソ」じゃないのって?今回はその辺りの経緯を書いてみました。

  • 「贋作」が腕時計の文化を破壊する

    腕時計の歴史と未来を蔑ろにする「ブランドコピー品」の存在。特に二次市場への影響は無視できないものがあります。このまま「贋作」に好き放題させて良いのか…私自身の憤りと共に、卑劣なコピーに対抗する心構えを書きました。

  • フレデリック・コンスタントの『ハイライフ』が刺さる

    クラシカルな様式を大切にしながら、真面目な時計作りを是とするブランド「フレデリック・コンスタント」。今回は若い層からの支持も期待できそうなラグスポ風味の『ハイライフ・コレクション』についてのお話です。

  • 本当は止めたい『ロレックス・マラソン』

    涙と失意の「42.195キロ」…「ロレックス・マラソン」に疲れ果てた男たちへ。

  • 『マネー・ボール式』腕時計集め

    「貧者の理論」とも呼ばれるメジャーリーグの「マネー・ボール理論」。究極の「やりくり上手」とも言える手腕に共感しまくりの私が目指す、ビンボーなりの「腕時計の楽しみ方」とは?

  • あと5センチ背が高ければ欲しい腕時計

    今回は今風の標準的なケースサイズについての考察と、ケースサイズと体格の関連性について書きました。ついでにもう少し私の体格が良ければ買ってみたかった時計についても、ここにまとめておきます。

  • 帰省中も腕時計を見に行ってしまう病

    ようやく帰省が叶いました。久しぶりに会う懐かしい顔、顔、顔。僅か2泊3日の行程でしたが、やるべきことを詰め込んで沢山の人に近況報告ができました。そんなタイトなスケジュールを縫ってでも、腕時計を見に行っちゃう私は、筋金入りの変態なのでしょうか?

  • それでも「腕時計」を推し続けたい

    明けましておめでとうございます。本年最初の投稿ははてなブログさんの「お題」を借りて「私が腕時計を推す理由」みたいなものを書いてみました。高級腕時計のセールス自体は好調みたいですが「文化」として見たら今後どうなるか…怪しいですからねぇ。

  • 正直!来年狙いたい「腕時計5選」

    とにかく手持ちの腕時計の数を減らそうと、地道な準備に頑張っている私。同時に「減らしたら今度は何を買おうかな♫」なんて呑気に考え、とりあえず来年に欲しい腕時計を「5本」選び出してみました。

  • 腕時計の本質は「ジャズマスター」が教えてくれた

    腕時計にも「適材適所」があります。単純なドレスコード以外にも、今の自分の立場を敢えて「記号化」する役割を担うこともあるのです。今回は私自身の経験から、意外な時計に窮地を救われたお話です。

  • 【2021年回顧】入手した腕時計を振り返る

    師走の忙しさが本格的になる前に、毎年恒例(?)「腕時計・散財回顧」を書かせていただきます。先を見越して我慢を覚えた結果でしょうかね…例年に比べたら今年はかなり少ないです。たったの「5本」ですもん!!

  • 力と技のパネライ

    似てる…似てるけど違う。それがパネライ「ラジオミール」と「ルミノール」。 革新的な技術の数々を盛り込んで生まれた「技」のラジオミール。 さらに困難な状況でも耐えうる強さを手に入れた「力」のルミノール。 その姿は幼少の記憶に刻まれた異形のヒーローを想起させます。 「そうだろ!一文字!」「その通りさ!本郷!」オレたち二人でダブル「パネライダー」だ!」

  • 腕時計の放出は「自由契約」か「ノンテンダー」か

    膨らみすぎた腕時計コレクションから、数十本の放出を決意しました。支配下の腕時計を値踏みしつつ、冷酷な判断を下さないといけない私はまるで…プロ野球チームの「GM」みたいじゃないか!?…みたいなお話です。

  • ロレックスだけが混んでいる「腕時計売り場」に思う

    ソーシャルディスタンスを守るデパートの腕時計売り場を行けば、そこにはいつもの「ロレックス行列」。 大人しく自分の番を待つ姿に日本人の国民性を見るも、果たしてその先にお目当てはあるのか… いや、皆さん。ほんの少し視野を広げれば、ロレックスに劣らぬ腕時計たちが貴方を待っているのですよ…ってなお話です。

  • ルミノール マリーナ(PAM00723)のブレスレットを調整するぞ!

    ルミノール マリーナのブリッジ型ブレスを調整しましたので、その手順を記録しておきます。ちなみに調整方法でググっても全くヒットしませんでした。世界のどこかで需要があるかもしれないと考え、今回は英文対訳付きにしてみました。

  • 人生最後の「デカ厚」を我が手に(ルミノール マリーナ)

    ♫散々迷って寄り道人生~♫って誰の歌でしたっけ?…って、私が本年最後に選んだ腕時計。それこそ散々悩んで迷って迷って選び抜いた一本。それが「パネライ ルミノール マリーナ」です。ある意味、一番エグいところに突撃した私の心中は如何なるものだったのか…お話しましょう。

  • 腕時計で「ヒヤッ」っとしない方法

    寒い冬の朝は腕時計を着けるたび「ヒヤッ」っとしますよねぇ。自分の熱が移るまで結構長い時間左腕だけが寒かったりします。腕時計は大好きですが、あれは嫌だなぁ…今回は腕時計で「ヒヤッ」っとしない方法を考えます。

  • 「新日本プロレス本社」がお隣さんになってた話

    久しぶりに買ったプロレスグッズ「DOUKI ミニ鉄パイプ」が届きました。送り主はもちろん「新日本プロレスリング株式会社」。その住所を確認してビックリした私。だってそれって…目の前じゃん!!

  • 銀座で気持ちが大きくなった漢のブルース

    「ホイヤー02」搭載の「モナコ」が欲しくなって夜な夜な枕を濡らした私。ついに購入を決意し「銀座」へと赴いた私が、長い逡巡の末に手に入れた一本とは!…みたいなお話です。

  • 狂おしいまでに欲しくなる『モナコ』(CBL2113.BA0644)

    「ホイヤー02」の「モナコ」を見に行きました。四角い時計(カレ)が大好きな私ですが、ならば無視できないのが「モナコ」という時計。「モナコ」を知らずして四角を語ることなかれ…って、実は過去に2度も「モナコ」を買ったことのある私…今回はその辺りの事情も絡めて「ホイヤー02モナコ」の素晴らしさを書きたいと思います。

  • 腕時計を見に行く際に着ける「腕時計」

    専門店やブティックに腕時計を見に行く楽しみには、腕時計そのものとの出会いとは別に、お店の店員さんとのちょっとした会話があります。それは腕時計を「もっと好きになる」きっかけにも。今回はそういう「良好な関係」を築くためのちょっとした知恵のお話です。

  • はてなブログさんの今週のお題「お気に入りの靴下」を拝借します。そういえば、毛糸の靴下履いてる子供って見かけなくなりましたね。しもやけができたって話も聞かないし…温暖化ですかねぇ。

  • 宇宙飛行士になって自分だけの「ムーンウォッチ」を手に入れるチャンス到来!?

    20歳若かったら、本気になっていたかもしれない、JAXAの「宇宙飛行士新規募集」。大幅に緩和された条件も相まって話題を呼んでいます。月にも行けるかもしれません。となると、その時着けている腕時計は無条件で「ムーンウォッチ」になるんじゃないの?みたいな妄想話です。

  • 実物を見るべし!触れるべし!(シチズンの「Series 8」)

    ずっと気になって悶々としていたシチズンの「Series 8」を見てきました。シチズンさん的にはかなり振り切ったデザインの機械式腕時計。それはさながら「和風ラグスポ」の真骨頂といった感じでした。シチズン、来てる!!

  • 次の世代に素敵な腕時計を遺すために

    信じられないくらい状態の良いアンティーク時計に出会ったときに感じる、前のオーナーさんとの「繋がり」。よくぞ大事に使ってくれましたと「感謝」する気持ちも湧いてくるってもんですよね。私が自分の腕時計を手放す際も、そんな気持ちの良いバトンタッチをしたいなぁ~って感じのお話です。

  • 取引はくれぐれも慎重に!

    Amazonで「SARB033」が「1万5800円」で売られているのを発見!!安い!安すぎる!!って、これってホントはどうなの?っていうお話です。

  • 弱点のない腕時計に潜む弱点(ポルトギーゼは最初の一本になり得るか)

    「IWCの腕時計」は最初の一本になり得るか?というテーマで「ポルトギーゼ」を例に考えてみました。玄人受けの良いIWC故に、腕時計の初心者には「難しいブランド」と思われてるような気がするなぁ~みたいなお話です。

  • グランドセイコーの公式が重すぎる

    グランドセイコーの公式ページが重すぎて見られない状態が続いています。前からこんなに重かったっけ?セイコーさ~ん。治して~(´;ω;`)

  • 腕時計とコオロギ(レビュートーメン「クリケット」)

    はてなブログの「今週のお題」から「秋の歌」です。歌と腕時計かぁ…歌う…腕時計…あぁ!アレがあったわ!ってなワケでして、レビュートーメンの「クリケット」に纏わる小話をさせて頂きます。

  • 手持ちの中から「好きな腕時計10選」

    はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選」を拝借。私は「好きな腕時計10選」として書きました。手持ちの中から「たった10本」を選び出すという、忖度なしの「ガチンコ企画」で挑みます!

  • 腕時計の「赤文字盤」は意外と汎用性が高い

    はてなブログの今週のお題「赤いもの」を拝借します。一応「腕時計ブログ」ですから、ここはズバリ「赤い文字盤」。ウチのコレクションでも珍品の部類に入る2本を晒してお話します。

  • 腕時計の「フェアプライス」を考える

    腕時計の「適正価格」について、私が思うところを書きました。どちらかと言うと、個々人が目の前の腕時計に対して付ける「評価としての価格」のことです。ホント人それぞれですし、一概には言えませんが…みたいな感じのお話です。

  • 【小ネタ喫茶】2021年11月3日「SW500じゃなかった!」「25年ぶりのパーマ」など3本

    「小ネタ喫茶」です。1本目はジンの「903」にとんでもない勘違いをしていた話。2本目はパーマで薄毛を隠そうとする悲しい男の話。3本目は管理職の覚悟を漫画から得たというお話です。

  • セイコーの機械式旅団「プレザージュ」を考える

    セイコーの手頃な機械式腕時計ブランドである「プレザージュ」。本日は「プレザージュ」という「小洒落た括り」に対する私の想いと、実際に現物を取材して感じた「奥深い魅力」について、ほんの触りをお話します。

  • 「モンブリラン」獲ったどぉー!

    ひょんなことからオークションで、 そこそこ年季の入ったブライトリングの「モンブリラン」を落札しました。これも縁ってヤツかなぁ~と感慨に浸りつつ、ぼちぼちレビューして参ります。

  • 私が「腕時計にハマる」10の理由

    はてなブログ10周年を記念したお題「私が◯◯にハマる10の理由」に乗っかって書きました。ハマるっていうか、実際は首まで浸かっている感じなのですが…良い機会ですので、そこそこ真面目に「どうして腕時計なのか?」を振り返ってみました。

  • 無手勝流「ドレスウォッチ」のススメ

    見た目の地味さ故に、どれも同じに見えてしまうのがドレスウォッチの辛いところ。その良し悪しを見極めるには、使う側の経験とセンスも必要です。 腕時計好きとしての成長の果てに、ようやく解るドレスウォッチの魅力がある…本日はそんなお話です。

  • 今なら解る「ETA問題」

    腕時計業界を長年混乱させてきた「ETA問題」。スウォッチグループ以外の腕時計メーカーに本質的な問題提議をぶつけ、その後の業界を少なからず変質させた大事件について、今の私が思うことを書きたいと思います。

  • 「上がりの時計」でキレイに上がれるのか?

    時計人生の最後にその集大成として「上がりの時計」が欲しくなる…腕時計好きなら理解できる話です。ところがどんなに上がりに相応しい一本だったとしても、それですんなり上がれるかといえば…どうでしょうねぇ~っていうのが今回のお話です。

ブログリーダー」を活用して、suna_fu_kinさんをフォローしませんか?

ハンドル名
suna_fu_kinさん
ブログタイトル
腕時計喫茶
フォロー
腕時計喫茶

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用