searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

artyⅡさんのプロフィール

住所
東区
出身
福岡県

自由文未設定

ブログタイトル
ほとんど一人旅Ⅱ
ブログURL
https://arty0417a.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
前ブログ「ほとんど一人旅」の続きです。 ほとんど海外一人旅で撮った写真をお見せするブログです。
更新頻度(1年)

201回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2017/12/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、artyⅡさんをフォローしませんか?

ハンドル名
artyⅡさん
ブログタイトル
ほとんど一人旅Ⅱ
更新頻度
201回 / 365日(平均3.9回/週)
フォロー
ほとんど一人旅Ⅱ

artyⅡさんの新着記事

1件〜30件

  • ナポリ ピエトラルサ国立鉄道博物館3

    2019年9月30日~10月6日のイタリア、ナポリ旅行記です。今日も、ナポリ ピエトラルサ国立鉄道博物館(←リンク貼っておきます)で撮った写真です。2つめの展示室です。E444. 001(1965-1975年製造)。1967年に運航されはじめたイタリア国鉄最初の高速電気機関車で最高速度180km/hだそうです。この色合い好きです。少し離れてぱちり。こちらの展示室は比較的新しい電車の展示なのかと思ったら違いました。E623. 106 1931~1932年...

  • ナポリ ピエトラルサ国立鉄道博物館2

    2019年9月30日~10月6日のイタリア、ナポリ旅行記です。今日も、ナポリ ピエトラルサ国立鉄道博物館(←リンク貼っておきます)で撮った写真です。機関車の写真はあと2台だけにします。妙に三角っぽくて形が私好みだったのは、Locomotive R370. 023です。ウイキペディアにも説明がありました(←リンク貼っておきます)。「イタリア国鉄R370蒸気機関車は、イタリアのイタリア国鉄(FS)の950mm軌間の路線で使用された山岳鉄道用ラック...

  • ナポリ ピエトラルサ国立鉄道博物館1

    2019年9月30日~10月6日のイタリア、ナポリ旅行記です。海外旅行に自由に行けなくなってから、滞ったままの旅行記を書く気に全くならなかったんですが、旅行に行けないからこそ、過去の旅行の写真でも見直してみようかと思ってちょこっとだけナポリ旅行記にもどります。いえ、お寺の写真ばっかりなのに少し飽きたのかもしれません(笑)。ナポリ旅行はほぼ2年前、旅行記は2021年2月に書いた、国立カポディモンテ美術館の記事が最後...

  • 浄土宗総本山 知恩院 2

    2021年7月の京都旅行記です。今日も浄土宗総本山 知恩院で撮った写真です。知恩院さんのHPのリンク貼っておきます。HPからお借りしたマップです。方丈庭園の案内マップです。赤い印は係員の方が説明しながら書いてくれました。方丈庭園から山亭庭園に歩きます。素敵な雰囲気なんですが、雨のせいであまり歩きたくない気分です。こちらが入り口です。「山亭は霊元天皇の長女、浄琳院宮吉子内親王のお住まいを拝領し、移築したもの...

  • 浄土宗総本山 知恩院 1

    2021年7月の京都旅行記です。京都旅行、智積院さんの次は知恩院さんに行きました。グーグルマップではこのあたり。八坂神社さんの近くです。頂いたパンフレットによると、「浄土宗総本山知恩院は、浄土宗の開祖、法然上人がお念仏の実教えを広め入寂された遺跡に建つ由緒ある寺院です。正式名称は、華頂山知恩教院大谷寺です。江戸時代、浄土宗を信仰した徳川家康公が当寺を京都における菩提所と定めたことから寺領が拡大され、現...

  • こっそりお出かけ

    ここのところばたばたしていて旅行記滞っていますが、こっそりお出かけしたので写真お見せしましょう。いろいろ制限がある地域(まあ、住んでいる所もそうですが)なので、見たらすぐにわかるでしょうけど、あえて地名は書かないでおくことにします。久しぶりに飛行機乗りました。予約していた便が運休になるというのが数回おこって特典旅行発券してくれたUAさんにはお手数おかけして申し訳なかったです。地元からのフライトはバス...

  • 真言宗智山派 総本山智積院 2

    2021年7月の京都旅行記です。今日も智積院で撮った写真です。智積院さんのHPのリンク貼っておきます。智積院さんのHPからお借りした境内マップです。大書院の中庭です。上の写真の右奥の建物をぱちり。屋根をズーム。新しい建物なのでかわいい瓦がはっきりみえます。講堂の外廊下です。鐘楼堂です。「「智専の鐘」といい、平成10年(1998年)に、旧宗立智山専門学校同窓生の集まりである智専会によって鐘とともに建立、寄進された...

  • 真言宗智山派 総本山智積院 1

    2021年7月の京都旅行記です。2021年7月の京都旅行、比叡山と坂本地区、三十三間堂あたりを目指すことにしていました。まずは初日に坂本地区、翌日に比叡山、3日目に三十三間堂と、ざっくりとした計画。実はこの旅行の時は大雨で、翌日は新幹線も止まるくらいでした。とりあえず坂本地区にでかけて、いつものように鶴㐂そばさんでお蕎麦を頂いたのですが、雨の中ではとても散策する気分にはなりませんでした。お蕎麦屋さんを出て京...

  • 山の辺の道

    2021年6月の奈良旅行記です。石上神宮から、山の辺の道コースを歩いてみることにしました。下のマップはわかりやすそうですが、実は神社とお寺以外はよくわからず、なんかほとんど田舎道を歩いただけで半分くらいで挫折して車道を進んだという残念な結果になりました。ちなみに私が参考にしたのは、てくてくまっぷ奈良⑨の桜井敬~大神神社~長岳寺~石上神宮~天理駅という、「山の辺の道コース約16km」です。興味がある方はこちら...

  • 石上神宮と鶏さんたち

    2021年6月の奈良旅行記です。天理参考館の近くにある石上神宮に向かいました。グーグルマップではこのあたり。車道を通っても行けるはずですが、矢印が出ているということは車道より距離が短いかもと「山の辺の道」を通ってみました。山の辺の道は後から少し歩いてみたので写真がでてきますが、JR・近鉄天理駅からJR・近鉄桜井駅までの約16キロメートルです。古代にあった、奈良盆地の東の山すそを縫うように、三輪山の麓から石上...

  • 天理大学附属天理参考館「アンデスの器」を見てランチ

    2021年6月の奈良旅行記です。今日まで天理大学附属天理参考館で撮った写真です。やっと一番の目的であるアンデスの器の部屋にやってきました。中南米のミュージアムでさんざん見たものとはいえ、日本語の説明がついているのは新鮮ですし、久しぶりのアンデスの世界ということでとても興味深かったです。クピスニケ。鐙型注口壺です。「クピスニケとは鐙型注口壺を主体とした土器様式をさす名称として定義された概念である。鐙型注...

  • 天理大学附属天理参考館 3

    2021年6月の奈良旅行記です。今日も天理大学附属天理参考館で撮った写真です。世界の考古美術のコーナー。布留遺跡という天理市周辺では最大、旧石器時代から現代まで続く複合遺跡で見つかった埴輪などから、古墳時代の祭場の様子を復元したそうです。祭壇がもう少しわかるように撮るべきでした。並べてある円筒埴輪が好きなタイプ。盛装男子埴輪(古墳時代後期、群馬県高崎市八幡原町)「冠をかぶり、紙を結って頬の横にたらし、...

  • 天理大学附属天理参考館2

    2021年6月の奈良旅行記です。今日も天理大学附属天理参考館で撮った写真です。ブラジルへの移民と伝道に関する展示です。あまりよく見ませんでしたが、とても苦労されたのは容易に想像できます。開拓時代の住居です。家族単位で契約労働者として雇われコーヒー栽培を行ったそうです。ログハウスな建物はいい感じですが、住み心地は気象やまわりの環境にも左右されるのでどうだったのかはわかりません。畳はなくても靴をぬぐ生活を...

  • 天理大学附属天理参考館1

    2021年6月の奈良旅行記です。今日から天理大学附属天理参考館で撮った写真です。すでに終わっていますが、「器にみるアンデス世界」という展示をみるために行きました。海外旅行をしている時は、考古学博物館とか人類学博物館にはよく行っていたのですが、ここのところ全く機会がありません。4月に奈良を旅行した時に桜井駅にはってあったこのポスターを見て行きたいと思いました。チケット売り場をすぎて展示室前のホールの床です...

  • マンホールの蓋採集と天理への移動

    2021年6月の奈良旅行記です。法隆寺から来た時と同じようにバスと近鉄電車で戻るつもりだったのですが、JR法隆寺駅まで歩いてJRで帰ることにしました。法隆寺iセンターで見た案内に、ポケモンマンホールがJR法隆寺駅にあると書いてあったからです。5種類あります。法隆寺iセンターの前です。結構目立ちます。ズーム。残り4種類です。ちなみにこれが通常のマンホールの蓋です。カラーバージョンもありました。確か法隆寺の門の近...

  • 三十三間堂の推し

    今日もちょこっと京都の写真です。今回の京都旅行の目的、私の最重要課題は、三十三間堂(HPのリンク貼っておきます)の再訪です。先月行ったばかりなんですが、二八部衆の中から私のお気に入りを選ぶ事でした。先月決めきれなかったので今度こそと頑張りました。さんざん迷って迷って、一人選べました。それだけのことでも大満足。写真は撮れないので、どこかで画像を拾おうと思いましたが、いまいちなのしか見つからなかったのと...

  • 臨済宗妙心寺派大本山妙心寺

    奈良旅行記は写真編集が滞っていますので、つなぎを入れます。先日酷暑の京都に行ってまいりました。福岡も暑いですが、京都の夏もきびしいです。わかってはいたのですが、へろへろになって、冷たいお蕎麦とかき氷で乗り切りました。別に真夏に行かなくてもよかったんですが、今回のお目当ての場所は2つ。そのうちの一つ、妙心寺の写真です。ここは2度目です。案内所で、山内図のマップが30円で売られていますので買っておくとわ...

  • 中宮寺跡と法起寺

    2021年6月の奈良旅行記です。ランチタイム。なんとなくよさそうなレストランを選んで行ってみたのですが、それほど遅くない時間だったにもかかわらず売り切れで入れませんでした。予約しておかないといけなかったようです。法隆寺近くにはあまり選択肢はないのですが、まだもう少し散策したいのでなんとなく目についたところにはいりました。柿の葉寿司のセットです。柿の葉寿司ズーム。3つくらいで十分だと思います。美味しくな...

  • 法隆寺2

    2021年6月の奈良旅行記です。今日も法隆寺で撮った写真です。法隆寺のHPのリンク貼っておきます。中門と回廊で囲まれたエリアです。実は法隆寺では写真少な目です。というのは、説明板やいろんな場所に撮影禁止マークがあったからです。でも建物の写真も撮っちゃだめなのかなぁ・・・?と疑問に思って係員に聞いてみたら、「写真大丈夫ですよ。」、「五重塔はこのあたりからがきれいに撮れますよ」とか言われました。撮影禁止マー...

  • 法隆寺1

    2021年6月の奈良旅行記です。5月の奈良旅行の時から気になっていた法隆寺に行くことにしました。法隆寺のHPのリンク貼っておきます。法隆寺はこのあたり。JRの法隆寺駅からは少し距離があるようでしたので、近鉄電車で新王寺駅、JR王寺駅前から62系統のバスで法隆寺に向かうことにしました。近鉄田原本線の車両はレトロでローカルなイメージ。近鉄の新王寺駅はJRの王寺駅と隣接しています。駅前に微妙な犬の像(笑)がありました。...

  • 談山神社4

    2021年6月の奈良旅行記です。今日まで多武峰 談山神社で撮った写真です。談山神社拝殿です。「朱塗舞台造拝殿は1520年の造営です。」拝殿の左隣にある楼門です。角度をかえてもう一枚ぱちり。手水舎です。横からみると鶴のくちばしから水がでるようになっていました。拝殿の透廊です。紅葉の頃は素晴らしい眺めなのではと思います。外のもみじをズーム。紅葉と違った美しさです。赤っぽい実がなっています。拝殿の中はこんな感じ...

  • 談山神社3

    2021年6月の奈良旅行記です。今日も談山神社で撮った写真です。たぶん明日まで続きます。末社 龗神社(龍神社)です。パワースポットと書いてありました。龍ヶ谷の古代「岩くら」と「龍神社」この瀧と岩くらは、古神道の信仰の姿を今に 残した、霊地です。古代信仰では、神聖な岩に、天上から神を迎え、祭祀を行いました。上の写真で視線を上にずらして撮ったものです。お社あたりをズーム。末社・比叡神社本殿「1627年造営 の一...

  • 談山神社2

    2021年6月の奈良旅行記です。昨日に引き続き、談山神社で撮った写真です。神廟拝所 (旧・講堂)「定慧和尚が679年、父・鎌足公供養のため創建した妙楽寺の講堂で、塔の正面に仏堂をつくる伽藍の特色をもち、内部壁面には羅漢と天女の像が描かれている。現存のものは1668年の再建である。」中はこんな感じです。上の写真の左側です。壁の絵は羅漢たちかな?壁画部分をズーム。狛犬さんたちがなんともかわいらしいです。玉眼、寄木造...

  • 談山神社 1

    2021年6月の奈良旅行記です。5月は奈良駅近くのホテルに泊まりましたが、この時は大和八木にしました。なんとなく神社仏閣にお腹一杯な気分なのに、何故に奈良が続いたかというと、天理大学附属天理参考館で「器に見るアンデス世界」という企画展(すでに終了)を見に行きたかったからです。中南米に行ってないので禁断症状(笑)でました。とはいえ、この旅行の後半に行きましたので、しばらくは「神社仏閣」が続きます。いつもは...

  • 高野山 金剛峯寺

    2021年5月の奈良&高野山旅行記です。長くひきづってきましたが、今日まで高野山金剛峰寺(←リンク貼っておきます)で撮った写真です。大塔の鐘・高野四郎です。「お大師さまが鋳造を発願され、真然大徳の時代にようやく完成したと伝えられています。現在の銅鐘は1547年に完成したもので、直径2.12メートルの大鐘で、日本で四番目に大きな鐘であったことから高野四郎と呼ばれるようになりました。」桜の花をぱちり。愛染堂です。13...

  • 高野山 金剛峯寺 西塔~大塔あたり

    2021年5月の奈良&高野山旅行記です。今日も高野山で撮った写真です。高野山金剛峰寺さんのHPのリンク貼っておきます。背が高い木大好きです。ちょっと細目ですが、すくすく伸びていて気持ちがよいです。決して鳥居がミニチュアなわけではありません。鳥居の正面からぱちり。狛犬さん達もズーム。鳥居をズーム。奥の建物は山王院です。鳥居と反対側から撮った山王院です。「山王院は御社の拝殿として建立された、両側面向拝付入母...

  • 高野山 大門から中門、金堂

    2021年5月の奈良&高野山旅行記です。高野山の奥の院に参拝した後、バスで大門に向かいました。前日、奈良の町を散策した時は暑くて暑くて大汗かいてビールとかき氷を楽しんだのですが、この日は雨模様なだけでなく、この気温。かなり寒く感じて散策したい気分はゼロでした。ガードレールあたりからの眺めです。曇ってはいますが、霧はなくてわりと遠くまで見えました。山肌の大きな切り株をぱちり。無造作に木の枝のような杖がお...

  • 南海電車で高野山、いつものようにまずは奥の院

    2021年5月の奈良&高野山旅行記です。奈良でのんびりするつもりだったのに、旅行直前になって高野山に参拝したい気分になりましたので、最終日は大阪に移動して、南海電車で高野山に向かいました。高野山は何度も行っていますし、ブログにも書いたので似たような写真ばかりです。高野山、金剛峯寺さんのHPのリンク貼っておきます。高野山はこのあたり。大阪に移動して、なんば駅から、南海電鉄さんを利用するのですが、いつも高野...

  • 蓮華王院、「三十三間堂」

    いろいろ滞っていますが、旅行記をまとめる時間がないので、またまた写真集です。先日京都旅行で行った延暦寺の写真をアップしましたが、今日は三十三間堂の写真です。特にガイドブックとか見ていないので、社会や歴史の教科書で出てきた名前を見ると訪問の候補にはいってしまいます。春の京都旅行で、前を通ったにも関わらず、時間がなくて入れなかったので、今回行くことにしました。三十三間堂さんのHPのリンク貼っておきます。...

  • 比叡山

    奈良旅行記の途中ですが、写真の編集が間に合っていないので、現地からシリーズを入れることにします。写真を小さくしていないのでちょっと重くなっているかもです。京都に来ています。今日は大雨の影響で新幹線が止まったりしていて、まだ雨は続くようなので帰れるかちょっと心配なんで、とりあえず新幹線が動かなかった時用に飛行機の予約も入れておきました。祇園祭の山鉾巡行は今年も中止だそうですが、京都駅に提灯飾りがあり...

カテゴリー一覧
商用