chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
YukihaCL
フォロー
住所
フランス
出身
日進市
ブログ村参加

2017/11/11

1件〜100件

  • 「クラリネットの高音が汚い!」と言われる!その原因を突きとめてみよう♪

    部活動などでクラリネットをやっていて、先生や先輩に 「高い音が汚い!」 「高い音をもっと良くして!」 なんて言われたことはないでしょうか? クラリネットの高音は、本来なら美しい音が鳴るはずなのですが、どこか上手くいっていないと、固い音だったり、キンキンした音になってしまって、思わず耳をふさぎたくなるような音になってしまうこともあります。 ということで今回は、クラリネットで高音を出したときに、汚い

  • クラリネットのリードって何からできてるの??

    クラリネットのリードは自然の木材でできています。 なので、1本1本吹き心地は違うし、気温や湿度などにも影響を受けます。 そんな変化の多いリードですが、一体何からできているのでしょうか? 今回は、リードを作るための木材に注目してみたいと思います! リードはどんな植物できてるの? クラリネットのリードは葦(あし)というイネ科の植物でできています。 その中でもダンチク(暖竹)という、とても高くて、竹の

  • クラリネットのリードを長持ちさせるにはどうしたらいいの??

    クラリネットのリードは自然の木材でできているので、何度も使っているとだんだんとヘタってきて、使えなくなってしまいます。 最近ではリードの価格も急上昇したこともあり、なるべくならリードを長持ちさせて使いたいですよね? ということで今回は、リードを少しでも長持ちさせるためにやると良いことを書いてみます♪ 良かったら参考にしてみてください! ローテーションで使う リードは、一度に長時間吹き続けたり、毎

  • クラリネットのスワブをお手入れしよう♪

    クラリネットの管の中をお掃除するために使う「スワブ」ですが、何度も使っていると汚れてきてしまいます。 なので、時々洗ってあげることで、清潔に保つことができ、スワブについた汚れがクラリネットの中に入ってしまうのを防ぎます。 ということで今回は、クラリネットのスワブのお手入れ方法を書いてみます! 手洗いしよう! スワブは基本、手洗いをすると良いと思います! なぜ手洗いの方が良いかというと、洗濯機に入れ

  • クラリネットのトーンホール(穴)をふさぐときに気をつけること♪

    クラリネットは、楽器に開いている穴「トーンホール」をふさいだり開けたりして音を変えます。 そのトーンホールのふさぎ方によっても、指の動かしやすさや音色まで変わってきます。 ということで今回は、クラリネットのトーンホールをふさぐときに気をつけることを書いてみたいと思います♪ 指の腹を使おう! トーンホールをふさぐときは、基本指の腹が穴の真ん中にくるようにします。 指の腹は、ぐるぐるしている指紋の中

  • キィが変色??クラリネットのマウスピースを買ったばかりは気をつけて!

    新しくクラリネットのマウスピースを購入したとき、ピッカピカのマウスピースを手に入れて、気分もルンルン♪になると思います! しかし、そこでちょっと気をつけてほしいことがあります。 今回はそんな、新しいマウスピースを購入したときに気をつけてほしいことを書いてみたいと思います! キィを変色させる? クラリネットのマウスピースは、エボナイトという素材でできています。 このエボナイトはその特性から、作られて

  • クラリネットのストラップを使うメリットとデメリット☆

    首からかけて、楽器を支えるストラップ。 サックスはストラップがないと演奏できませんが、クラリネットはストラップを使っても使わなくても、どちらでも演奏することができます。 でも、クラリネットが吹きやすくなるなら、使ってみたいですよね? ということで、今回はクラリネットのストラップを使うメリットデメリットを書いてみたいと思います! ストラップを使うメリット 親指が楽になる これがストラップを使う、一番

  • クラリネットってどんな木でできてるの?

    クラリネットは木でできた木管楽器の仲間ですが、クラリネットはどんな木で作られているかご存知でしょうか? クラリネットの温かい音色を作り上げている木は、一体どこからきて、どんな性質があるのでしょう? 今回はクラリネットを作るための木について書いてみたいと思います! クラリネットは何ていう木でできてるの? 現在使われているクラリネットのほとんどは、「グラナディラ(アフリカン・ブラックウッド)」という

  • クラリネットの音を出す直前、何を気をつける??

    クラリネットを良い音で鳴らすために、色々なことを考えたり気をつけたりすると思います。 理想の音を鳴らすことはとっても難しいことですが、それができたらクラリネットを吹くのがもっと楽しくなりますよね! 良い音を出すためには、良い準備をすることがとても大切! ということで今回は、良い音を鳴らすための準備、音を出す直前にどんなことに気をつけると良いかを書いてみたいと思います(o^―^o) 理想の音をイメー

  • クラリネットを吹くと雑音が入る?そんなときはここに気をつけよう☆

    クラリネットを美しい音で演奏したいのに、なんか「ザーッ」という雑音が入ってしまうという方もいらっしゃると思います。 せっかく良い演奏ができていても、雑音が入ってしまったら全てが台無しですよね? どうして雑音がはいってしまうのかがわからなくて、悩んでいる方も多いです。 ということで今回は、クラリネットを吹いているときに雑音が入ってしまう原因を書いてみたいと思います! 良かったら参考にしてみてくださ

  • 部活動にクラリネットの新入部員が入ったらどうする??後輩へ教え方をご紹介します!

    部活動では、学年が上がると、かわいい後輩たちが入部してきます☆ あなたは先輩として、後輩にクラリネットを教えることがあると思います。 教え方によっては、後輩たちをうまく育てることもでき、後輩たちからかっこいい先輩として尊敬されたり、感謝されちゃったりするかもしれません。 そしてその後輩たちがまた新しい後輩を育て、、 とどんどんつながることで、部活動全体のレベルもどんどん上がっていきます。 でも、何

  • お腹の支えを使うとこんなに良いことが!クラリネットの吹き方をもう一度見直してみよう♪

    クラリネットを吹くときに、お腹の支えを使うことはとっても大切です! お腹の支えを使っているかどうかは、外から見てもよくわからないので、なかなか意識がいきにくいかもしれませんが、プロの奏者はお腹の支えをしっかり使うことで良い音を鳴らしています♪ ということで今回は、お腹の支えを使うとどんな良いことがあるかを書いてみたいと思います(^^) 音が安定する お腹の支えがないと、音はゆらゆら揺れてしまい、不

  • クラリネットの楽器ケースってどんな種類があるの??

    クラリネットを持ち運ぶための楽器ケースですが、色んな種類のものがあります。 かわいいものやかっこいいもの、丈夫なものや持ち運びに便利なものなどなど、、 楽器を購入したときにもついてくると思いますが、自分に合った楽器ケースを別で購入することで、移動が楽になったり、クラリネットを持ち運ぶのも楽しくなっちゃいますよね♪ 今回は、クラリネットの楽器ケースの種類がどんなものがあるのかを書いてみたいと思いま

  • クラリネットのリガチャーってどんな素材があるの??素材による音の違いを知ってみよう!

    クラリネットのマウスピースにリードを固定するための器具を「リガチャー」といいますが、このリガチャーというのは、色々な素材でできたものが売られてます。 この素材によっても音色が変わってくるので、自分に合った、自分好みのリガチャーを使うことで、自分の力を発揮しやすかったり、他の奏者との違いを出すことができたりと、より自分らしい音色で演奏することができます。 もちろんリガチャー1つ1つによって性格は違い

  • クラリネットの練習に行き詰まったらどうする?楽器を吹く以外の上達方法を知ろう♪

    「クラリネットが上手くなりたい!」と思って練習を続けていても、行き詰まってしまい、どうしたら良いのかわからなくなることもあると思います。 楽器を吹くことだけが、上達への道ではありません。 他にも上手くなるための方法は色々あるので、練習に行き詰ったら、楽器を吹く以外の色んな方法も試しながら上達していくのも大切なことです♪ ということで今回は、練習に行き詰ったとき、楽器を吹く以外にどんなことをすると良

  • クラリネットの発音ってどんな種類があるの?

    クラリネットでは、音が出る瞬間の「発音」というのはとっても大事! 音のイメージをほとんどを、発音が決めてしまっていると言っても過言ではありません。 発音は色々な種類があり、どう演奏したいかによって発音の仕方も変わってきます。 ということで今回は、そんなクラリネットの発音のやり方をいくつかご紹介したいと思います! 基本の発音方法 まずは、クラリネットの基本となる発音方法をご紹介します! まずはマウス

  • 本番に向けて!クラリネットのリードはこうやって育てていこう♪

    クラリネットのリードは葦という木材でできていますが、これは自然のものなので常に変化します。 袋から開けたばかりの新品の状態から、何度も使って古くなるまで、リードには寿命があります。 そんなリードを上手く育てていくことで、本番でリードが良い状態で演奏することができたり、長持ちさせたりすることができます。 ということで今回は、クラリネットのリードの育て方を書いてみたいと思います! クラリネット奏者はそ

  • クラリネットで高い音をpできれいに出すには??

    クラリネットで、高い音をきれいに出すのって難しいですよね? 高い音は、どうしてもキンキンしたきつい音になってしまったり、音程がぶら下がってしまったり、なかなか上手く当たらなかったりします。 その中でも、高い音をpやppなどの小さな音できれいに出すことは、ものすごく難しいんです! ということで今回は、クラリネットで高い音をpできれいに出すコツを書いてみたいと思います! 息のスピードを速くする pで小

  • クラリネットでいざ本番!本番前にはこんなことに気をつけよう☆

    コンサートに出演したり、コンクールに出場したりと、クラリネットをやっていると、人前で演奏する機会もあるかと思います。 勉強でもスポーツでも、何でもそうだと思いますが、本番で自分の力が100%出すことはとても難しいことです。 緊張してドキドキしたり、ハプニングが起こることだってあります。 そんな中でも、一発勝負を成功させるために、事前の準備が必要!! ということで今回は、クラリネットで本番を迎える

  • クラリネットのレッスンを受けてみよう!みんながレッスンを受け始める理由はこれだ☆

    クラリネットのレッスンを受けてみたい!と思ったことはありませんか? わたしはクラリネット講師として、色々な方にクラリネットのレッスンを行っているのですが、皆さんそれぞれ色んな目的や理由があってレッスンを受けています。 今回は、そんなクラリネットのレッスンを受け始める理由で多いものをいくつか書いてみたいと思います♪ 部活動や楽団で他の人よりも上手くなりたい 部活動や楽団などには、大抵クラリネットを吹

  • クラリネットのタンギングが速くできるようになるコツを教えます♪

    クラリネットをやっている方で、「タンギングがなかなか速くできない!」という方も多いかと思います。 タンギングが追い付かないせいで、曲のテンポについていけなかったり、せっかくの良い曲が台無しなんてこともあるので、タンギングを速いテンポでもできるようにしておくことは、とっても大切なことです。 ということで今回は、クラリネットのタンギングが速くできるようになるコツを書いてみたいと思います♪ まずは基本を

  • クラリネットをもっと上手になろう!日々の練習ルーティーンをご紹介♪

    クラリネットをもっと上手に吹きたい!! クラリネットをやっている方なら、きっとそう思うのではないでしょうか? クラリネットは急に上手になるものではないので、少しずつ練習をしなくてはいけません。 そして、その練習の仕方を考えることもとても大切なことです。 ということで今回は、日々の練習のルーティーンについて書いてみたいと思います☆ 日々の積み重ねが大きな力に クラリネットを上達するために大切なことが

  • クラリネットの調整って何?どのくらいの頻度で出せばいいの?

    楽器をメンテナンスしてもらうことを「調整」といいますが、皆さんはクラリネットを調整に出していますでしょうか? 調整という言葉は聞いたことがあっても、実際はどんなことをしてもらうのかよくわからない、どのくらいの頻度で楽器屋さんに持っていけばいいのかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。 ということで今回は、クラリネットの調整について書いてみたいと思います♪ 修理と調整って違うの? 楽器が壊

  • その息、まわり道してませんか??クラリネットへの息の入れ方を再確認しよう!

    クラリネットは息を入れて音を出しますが、その息の入れ方もとっても大切です! 入れ方によっても、音色や音程が変わったりします。 わたしがレッスンをしていても、せっかくしっかり息を吸えているのに、その息が楽器に上手く入らずに流れが止まってしまっている方を良く見かけます。 それだととてももったいないですよね? ということで今回は、吸った息をクラリネットに上手く入れるために注意することを書いてみたいと思い

  • 無意識でやってるかも??クラリネットにとって良くないこと5選

    クラリネットは繊細な楽器です。 丁寧に扱ってあげないと、音が出にくくなったり壊れてしまったりします。 もしかすると、自分では気づかないうちにクラリネットに良くないことをしてしまってるかもしれません。 あなたのその行動がクラリネットを泣かせてしまっているかも? そんなことにならないように、今回は気づかないうちにやってしまっているかもしれない、クラリネットにとって良くないことを書いてみます! これに気

  • 小学生からクラリネットが吹ける?クラリネットを習ってみよう!

    小学生で楽器を習うなら、ピアノを選ぶ方が多いと思います。 しかし、ピアノは一度にたくさんの音を出すので、音符がたくさん並んでいて楽譜を読むのもとても大変、、 それでもピアノが楽しくて続けられる子は良いのですが、中には、弾きたかった曲がなかなか弾けなくて嫌になってしまったり、飽きてしまう子も少なくないです。 そんな中、同じ楽器でもクラリネットなら、ピアノのように和音を演奏するのではなく単音(1つの

  • クラリネットのマウスピースをくわえる深さで音が変わる??自分にぴったりの位置を見つけよう!

    クラリネットはマウスピースをくわえて音を出します。 そのくわえ方はとっても大事で、くわえる深さによっても音が変わってきます。 でもどんなくわえ方が良いのか、よくわからないという方もいらっしゃるかと思います。 ということで今回は、クラリネットのマウスピースをくわえる位置について書いてみたいと思います! 上と下でくわえる深さが違う? クラリネットのマウスピースは野菜を斜めにカットしたような、先が尖った

  • 【初心者さん必見!】クラリネットの持ち方を教えます!

    クラリネットの初心者の方で、クラリネットを上手く持てず、吹いているときにグラグラ動いてしまったり、変な力が入ってしまっている方を時々見かけます。 クラリネットの持ち方次第でも、吹き心地や音色がグンっと変わってくるんです! ということで今回は、基本の基本、クラリネットの持ち方について書いてみたいと思います! 親指に指掛けを乗せよう クラリネットの持ち方で大切なことは、まず右手の親指で楽器を支えること

  • ドイツのバーデンバーデンにあるブラームスハウスへ!

    ドイツのバーデンバーデン(Baden-Baden)は温泉保養地として知られる街です。 クラリネットの重要な作品も多く書いた、作曲家ヨハネス・ブラームスは、30代のころ人気作曲家としてウィーンに住んでいたのですが、1865年から1874年の夏の間だけ、このバーデンバーデンで過ごしていました。 それはなぜかというと、、 この街に住んでいたクララ・シューマンに会うため! クララ・シューマンはピアニストで

  • 2022年明けましておめでとうございます!今年もクラリネットを楽しく吹いちゃおう♪

    2022年、明けましておめでとうございます! 昨年は大変お世話になりました。 今年もマソンクラリネット教室をどうぞよろしくお願いいたします。 昨年は、わたしがフランス留学から帰国して、クラリネット教室を始めて2年目となる年でしたが、たくさんの方々に支えられてここまで続けられております。 ありがたいことに、この1年間でクラリネット教室での生徒様も増え、コロナ禍でなかなか演奏の場がなくなってしまってい

  • 親子コンサートの裏側を覗いてみよう!親子コンサートを作り上げるまで

    「0さいからのコンサート ファミリアとたのしむふゆのおんがくかい」が無事に終演しました! お越しくださった方々、お世話になった方々、本当にありがとうございました★ 今回はこの親子コンサートの裏側、コンサートを作り上げるまでの準備や本番の様子などを書いてみたいと思います! 前回の親子コンサートから 私たちTrio familiarは2月に緑文化小劇場で親子コンサートに出演させていただきました。 その

  • 【クラリネット初心者さん必見!】小指のキィ、上手く使えてますか??

    クラリネットにはキィがたくさんついていますが、特に小指で押さなくてはいけないキィがたくさん! 右と左の小指を上手く使うことで、音を上手くつなげることができます。 初心者の方だと特に、この小指の使い方を知らずに演奏している方も時々見かけるので、とても勿体ないです。 ということで今回は、クラリネットの小指で押すキィの使い方を書いてみたいと思います♪ 小指で押すキィを確認★ まずは、小指を使って押すキィ

  • プライムツリー赤池の「4周年音楽祭」!クラリネットと再生ピアノで演奏♪

    わたしの地元日進市にあるプライムツリー赤池という大型ショッピングモールは、今年オープン4周年を迎えました。 その記念イベントとして行われた「4周年音楽祭」で、クラリネットを演奏させていただきました!! そのときの様子を書いてみたいと思います☆ プライムツリー赤池って? 写真:https://www.prime-tree.jp/information/about/ プライムツリー赤池は、2017年に

  • クラリネットのロングトーンで音が続かないのはどうして??その原因を突き止めよう!

    音を長く伸ばすロングトーンですが、初心者の方だと特に、これが上手くできないという方もいらっしゃるかと思います。 最後まで息がもたなかったり、途中で音が揺れてしまったり、かすれて良い音が続かなかったり、、 音を伸ばすだけなのですが、これをしっかりやろうとすると意外と難しいのです。 ということ今回は、ロングトーンの音をきれいに長く伸ばすコツを書いてみたいと思います! まずはしっかり息を吸おう! やっぱ

  • クラリネットのトーンホール(穴)に水が溜まる!?その原因と対処の仕方を教えます!

    クラリネットを吹いていると、トーンホール(穴)から水が溜まることがあります。 こうなってしまうと、音に「ぷるぷるっ」という水の音が入ってしまったり、音が出なくなったり、リードミスの原因になったりしてしまいます。 怖いですよね?? クラリネット吹きは、このトーンホールの水には常に注意しなくてはいけないのです。 ということで今回は、トーンホール(穴)に水が溜まる原因と対処法を書いてみたいと思います♪

  • クラリネットでタンギングをするとあごが動いちゃう??その原因と解決方法を知ろう!

    初心者の方がクラリネットでタンギングをするときにやってしまいがちなことは、音を切るときにあごが動いてしまうこと!! タンギングのときにあごが動いてしまうと、音の切れ目が切れ目がぼやけてしまったり、リードミスをしてしまったり、音色や音程が悪くなったりと良くないことだらけ、、 そうならないためにも、今回は、タンギングをしたときにあごが動いてしまう原因と解決方法を書いてみたいと思います♪ あごが動いてし

  • レッスンの裏側を覗いてみよう♪クラリネット講師はこんな準備をしています!

    わたしはクラリネット講師として、クラリネットのレッスンを行っています。 レッスンでは、それぞれの生徒様に合わせたレッスンを行うため、レッスン前に準備をしております。 限られたレッスンの時間の中で、少しでも生徒様に楽しみながら上手くなっていただきたいのです! そして、レッスンが終わった後にも、今日のレッスンでどんなことができたか、生徒様の反応はどうだったかというレッスンの反省もしております。 今回は

  • クラリネットをしっかり響かせよう!響きのある音の出し方をマスターしよう♪

    クラリネットの心地よい響きのある音って素敵じゃありませんか? 美しい楽器の響きが聞いている人まで伝わって、感動を与えてくれます。 クラリネットで、そんな豊かな響きのある音で演奏したいですよね? ということで今回は、クラリネットで響きのある音の出し方を書いてみたいと思います♪ 自分の音の響きを聞こう! まず最初に、クラリネットで豊かな響きのある音を出すためにとても大切なことは、自分の音の響きをよく聞

  • クラリネットを吹いていると、息漏れをしてしまう??その原因を突きとめよう!

    クラリネットを吹いているときに、マウスピースの横から息が漏れてしまっている方を時々見かけます。 自分では息が漏れないように吹いているつもりなのに、なぜかシューシューと息が出てきてしまう、、 そんな悩みをお持ちの方のために、今回は、クラリネットの息漏れの原因と、その解決方法を書いてみます! よかったら参考にしてみてください♪ アンブシュアを横に引きすぎている 息漏れの原因で多いのが、アンブシュア(口

  • 音の変わり目に上手くタンギングを入れよう!クラリネットのタンギングをもっと良くするコツ★

    クラリネットで曲や音階を吹いているとき、音の変わり目でタンギングをしようとすると、なんだか汚い音になってしまったり、違う音が入ってしまう、、という方はいらっしゃいませんでしょうか? 「同じ音でタンギングをするときは上手くできるのに、音が変わるところでタンギングをすると上手くいかない!」ということがあります。 せっかく基礎練習で一生懸命同じ音のタンギングを練習して、速くクリアにできるようになったとし

  • クラリネットのレジスターキー、上手く押せてますか?

    クラリネットの裏側のトーンホール(穴)の上についているキーを「レジスターキー」といいます。 このレジスターキーを左手の親指で押すことで音が変わるのですが、トーンホールをしっかりふさぎながらレジスターキーを押さなければいけないので、これが結構難しい! これを上手く押せていないと、音が出にくかったり、指の動きがスムーズにいかなかったりと、演奏に支障が出てしまうことも多いです。 ということで今回は、レジ

  • 愛知県豊明市のかわいい音楽教室☆ファミリアミュージック&カルチャースクールを覗いてみよう!

    (写真:ファミリアミュージック&カルチャースクールHPより) 愛知県豊明市に2021年6月にオープンした、『ファミリアミュージック&カルチャースクール』! とってもかわいいピンクの音楽教室では、ピアノやギターを始め、様々な楽器を習うことができたり、ヨガなどのコースも開講されています。 さらには、お部屋をレンタルすることもできるんです♪ ここの代表は、わたしが中学校から一緒にクラリネ

  • クラリネットのコルクグリスの塗り方をマスターしよう!

    クラリネットの管と管をつなぎ合わせる部分をジョイント部分といいますが、これをスムーズにつなげるために塗るのがコルクグリス! 滑りやすくするためのオイルで、クラリネットを組み立てるときにコルクの部分に塗って使います。 初心者の方だと、このコルクグリスの使い方がよくわからないという方もいらっしゃるかと思います。 ということで今回は、コルクグリスの塗り方を画像付きで説明していきたいと思います♪ コルクグ

  • ちょっと気になる??吹奏楽の強豪校あるある

    たくさんの学校の吹奏楽部が毎年参加する吹奏楽コンクール。 そんな吹奏楽コンクールで毎年のように都道府県大会、支部大会、全国大会と駒を進める、吹奏楽の強豪校と呼ばれる学校があります。 他の学校の部活の様子を覗くことはなかなかないと思うので、強豪校がいったいどんな活動をしているのか、どうして強豪校なのかがわからないということが多いかと思います。 ということで今回は吹奏楽の強豪校あるあるをご紹介したいと

  • リズム感を鍛えるにはどうしたらいいの?

    「あなたはリズム感が悪い!」なんて言われたことはありませんか? リズム感とはリズムを感じる能力ですが、音楽をやる上でとっても大切な能力の1つです。 リズム感が悪いというのはなかなか自分では気づきにくいので、人に言われて初めて気づいた!なんてことも少なくありません。 リズム感良く演奏できればさらに演奏の質が上がるとわかっていても、「どうしたらリズム感って良くなるの?」と、リズム感を良くするための練習

  • クラリネットで “分散和音” を練習しよう!

    「分散和音」というのをご存じでしょうか? 和音が同時にいくつかの音を同時に鳴らすのに対して、分散和音とは、和音をバラバラにして1つずつ鳴らすことをいいます。 ピアノやギターなどの楽器は、いくつかの音を同時に鳴らすことができるので和音を演奏できるのですが、残念ながらクラリネットでは一人で和音を演奏することができません。 なので、クラリネットでは和音ができない代わりに分散和音が多く使われ、曲の中で効果

  • かわいいクラリネット用品を使っちゃおう☆キャラクターつきのものをご紹介!

    クラリネットって、見た目が黒くてなんだかちょっと地味なイメージもあったりしませんか? でも大丈夫!! クラリネットを演奏するために必要な、かわいいクラリネット用品がたくさんあるんです♪ 自分が好きな色や柄を選んで使えば、女の子は特にテンション上がっちゃうのではないでしょうか? 中でも、キャラクターつきのものはかわいくて大人気☆ 人気のキャラクターのデザインがついたクラリネット用品がたくさん登場して

  • 【生徒募集中】クラリネットのオンラインレッスンを受けてみよう!

    マソンクラリネット教室では、クラリネットのオンラインレッスンを行っております。 レッスンを受けてみれば、クラリネットをさらに上達できるはず! 今回は、マソンクラリネット教室でのオンラインレッスンの様子やレッスン料金、メリットデメリットなどを書いてみますので、レッスンを受ける際のご参考になればと思います♪ オンラインレッスンの特徴 実際に会わなくても、お仕事や学校などが忙しい中でもクラリネットのレ

  • 管楽器奏者が腹腔鏡手術を受けてから、再び楽器が吹けるまで♪

    わたしは先日、子宮筋腫の摘出のために腹腔鏡手術を受けました。 手術のときのお話はこちらからどうぞ↓↓ 腹腔鏡手術はまだ割と新しい手術法で、これからこの手術を受ける方はどんどん増えていくかと思います。 この手術はお腹に穴を開けるので、わたしのような管楽器奏者にとっては、 「どのくらいの痛みなんだろう?」 「手術後どのくらいで楽器が吹けるようになるんだろう?」 「お腹に力を入れても大丈夫なの?」 なん

  • クラリネットの音の跳躍って、どうやったらきれいにつながるの??

    クラリネットで美しいメロディーを美しく演奏するためにとっても大切なのが、音の跳躍をきれいにつなげること! 音と音の距離が離れているときでも、滑らかに美しく演奏できると、それだけでもう演奏のレベルがグッと上がります♪ でも、それって意外と難しいんですよね、、 今回は、音の跳躍をきれいにするコツを書いてみたいと思います! 喉を開こう! 音の跳躍をきれいにするためにまず大切なのは、喉を開くこと! 例えば

  • クラリネットのリガチャーのつけ方をマスターしよう!

    クラリネットのマウスピースにリードを固定するための器具を「リガチャー」といいます。 リガチャーは小さな部品ですが、このリガチャーのつけ方もとっても大事! つけ方によっては、吹き心地が変わったり、リードの振動の仕方にも影響が出てくるからです。 ということで今回は、リガチャーのつけ方を書いてみたいと思います。 リガチャーのつけ方 さあ、一緒にリガチャーをつけてみましょう! まずは、リードをマウスピース

  • 値段が安いクラリネットと高いクラリネットって何が違うの??

    クラリネットをこれから購入したいと考えている方にとっては、どのクラリネットを購入したら良いか悩みますよね? クラリネットと言っても、種類はいっぱいあるし、お値段もピンキリ、、 もちろんお値段が高いものの方が良い楽器ということはわかっていただけるかと思いますが、よくわからないものにそんなにお金をかけることもできませんよね? 「見た目はどれも同じに見えるけど、値段によって何が違うんだろう?」 「趣味で

  • クラリネットの「シ♭」がカスカスした音になっちゃう!?そんなお悩み解決します

    クラリネットの音の中でも特に鳴らしにくい音、それは「シ♭」ではないでしょうか? しっかり鳴らそうとしてもカスカスした息の音ばかり出てしまって、良い音がなかなか鳴らない、、 そんな悩みをお持ちの方も多いかと思います。 ということで今回は、シ♭を良い音で鳴らすコツをお教えいたします! 右手で下管をふさごう シ♭の運指を運指表で見ると、左手の親指と人差し指のみを使う運指が一般的だと思います。 この指は、

  • 管楽器初心者さん必見!チューナーの使い方教えます♪

    管楽器を始めたら購入してほしいものの一つに「チューナー」というのがあります。 良い音程で楽器を演奏するために使う、とっても便利な機械です。 初心者の方からプロの方まで幅広く使われるチューナーですが、管楽器初心者さんにとっては「なんだか使い方がよくわからない」という方もいらっしゃるかと思います。 ということで今回は、管楽器のチューナーの使い方を書いてみたいと思います♪ チューナーって何? チューナー

  • そのリード、薄すぎない?厚すぎない?

    クラリネットのリード選びって大変! 同じ箱の中に入っているものでも、1枚1枚ちょっとずつ違うので、自分に合ったリードを選び抜かなくてはいけません。 わたしがクラリネットのレッスンをしていると、 「そのリード、ちょっと薄すぎじゃないかな?」とか 「厚すぎだから、もう少し薄いリードを使うといいんじゃないかな?」 なんていうことがよくあります。 まだクラリネットを初めて間もない方だとそれが、なかなかわか

  • クラリネット初心者さんにおススメのマウスピースをご紹介♪

    クラリネットを吹くために大切なマウスピースですが、初心者の方がマウスピースを購入するとき、 「種類がたくさんありすぎて、どのマウスピースがいいのかわからないんだけど?」 「楽器に元々ついているマウスピースを使えばいいんじゃない?」 「マウスピースってネットで購入してもいいの?」 なんて、色々な疑問が出てくるかと思います。 ということで今回は、初心者さんにおススメのマウスピースをご紹介したいと思いま

  • クラリネットがこわれるのってどんなとき?その原因を知ろう!

    「クラリネットこわしちゃった」なんて曲がありますが、クラリネットも壊れるときがあります。 長く続けているほど、壊れてしまう機会も多いものです。 でも、どうしたらクラリネットが壊れてしまうのか、よくある原因を知っておけば、未然に防ぐことができるかもしれません。 ということで今回は、クラリネットが壊れるよくある原因をいくつか挙げてみたいとおもいます! クラリネットを落とす クラリネットを落としてしまう

  • クラリネットのスタンド買うなら、K&Mがおススメ!

    クラリネットを置くのって、意外と場所がなかったり、何度も置いたり取ったりするのって大変だったりしますよね? そんなときに便利なのが「スタンド」! スタンドがあれば、好きな場所にクラリネットを立てておくことができるんです。 今回は、そんなクラリネットのスタンドの中でもわたしがおススメする「K&M」というスタンドをご紹介したいと思います! K&Mってどんなブランド? K&M(K

  • クラリネットの「ド」はピアノの「ド」と違う音が出る?移調楽器って何?

    クラリネットを吹いていて、 「あれ?ピアノの音とちょっと違うな?」 なんて思った方はいらっしゃいませんか? そうなんです!! クラリネットで鳴らすドレミは、ピアノのドレミとは違う音が鳴ります。 ということで今回は、B♭クラリネットの鳴る音について書いてみたいと思います♪ 移調楽器って? 「移調楽器」という言葉を聞いたことはないでしょうか? 「移調楽器」というのを辞書で調べると、 "実音と

  • クラリネットでよく使う高音の運指はこれだ!

    クラリネットはとても音域の広い楽器です。 なので、時々高い音も登場します。 その時のために、高い音の運指も覚えておく必要があります。 ということで今回は、クラリネットの「アルティッシモ音域」とも呼ばれる高音域の運指の中でもよく使われるものを載せておきます! 高音域の運指はとてもたくさんの種類があるので、ここに載せるのはそのほんの僅かですが、まずはこれで音を出す練習をしてみてください。 そして、ク

  • リードケースってどれがいいの?プラスチック製品とガラス板のものを比較

    リードを収納しておくための「リードケース」。 リードケースを使う目的は、 ・リードをまとめて持ち運ぶため ・リードを良い状態に保つため ・リードを取り出しやすくするため 絶対になくてはならないというものではありませんが、できれば持っておくと便利なものです! しかし、リードケースの種類はたくさんあるので、どれを購入したらいいのか迷ってしまう!という方も多いのではないでしょうか? ということで今回は、

  • 知っておくと便利!よく使うクラリネットのトリルの運指を教えます♪

    クラリネットを吹いていると、曲中で「トリル」が出てくることがあるかと思います。 トリルとは、"主音符と2度上の音とを急速に連続して往復する奏法" 2つの音を急速に往復しなくてはいけないということで、ピアノのような楽器の場合は2つの音がすぐ隣にありますが、クラリネットの場合は必ずしもそうではありません。 なので、指使いを知っておくことがとても大事!! ということで、クラリネットで

  • 管楽器を演奏するための、息の使い方をマスターしよう!

    管楽器を吹くために大切なのが、「息」! 息を楽器に吹き込まなければ、管楽器の音を鳴らすことはできません。 なので、息の使い方を知っておくことが、良い音でしっかり楽器を鳴らせることにつながります。 ということで今回は、管楽器を演奏するための息使い方を書いてみたいと思います! まずはリラックス☆ 息をしっかり吸うためにとても大切なのが、リラックスをすること!! 体に変な力が入ってしまうと、上手く息を

  • クラリネットのリードが欠けてしまうのはどうして??

    クラリネットをやっている方でよくあるのが、 「リードの先端が欠けてしまう。」 リードというのはクラリネットの音を出すために振動するとても大切な部分で、先端が少しでも欠けてしまうと、使い物にならなくなってしまいます。 なので、とっても大切に扱わなければいけない部分なのです。 でも、どうしてなのかわからない!という方のために、クラリネットのリードが欠けてしまう原因を書いてみたいと思います♪ 前歯を当て

  • 新しいクラリネットを購入したときに気をつけたいコト

    新しいクラリネットを購入したばかりは、ピッカピカのクラリネットを前にウキウキ♪ワクワク♪ もう吹きたくてしょうがない!という気持ちになるのではないでしょうか? しかし!! 新しいクラリネットというのは細心の注意が必要!! 購入したばかりの新しいクラリネットを急に吹きすぎてしまうと割れてしまうことがあるからです。 せっかく買ったばかりの楽器が割れてしまっては、本当に悲しいと思います。 ということで

  • クラリネットで良い音色を出すために大切なことは??

    クラリネットは、木の温かみのあるとても素敵な音色を出すことができる楽器です。 温かくて、ふくよかで、柔らかくて、時には突き刺すような激しい音も、、 しかし、良い音を出すことは簡単なことではありません。 良い音を出すというのは、プロも一生追求しなくてはいけない課題なのです。 ということで今回は、クラリネットで良い音を出すために大切なことを書いてみたいと思います♪ 出したい音をイメージできるように

  • クラリネットを吹いて音程を合わせよう!周りの人と音程を合わせるコツはこれだ

    吹奏楽やオーケストラ、アンサンブルなど、複数で演奏するときは、周りの人と音程を合わせて演奏することがとても大切になってくると思います。 音程が合っていないまま演奏すると、せっかく良い演奏だったとしても、残念ながら聴いている人にとっては不快に聞こえてしまうこともあります。 ということで今回は、人と音程の合わるコツを書いてみたいと思います。 チューナーは人と合わせる前に使う 音程を針で示してくれる便利

  • クラリネットのスケール本(音階教本) をやってみよう☆おススメのスケール本をご紹介します

    クラリネットを上手く演奏するために、とっても大切な練習が音階練習!! 音階はすべての基本。 音階練習をすることで、良い音色を手に入れたり、指の動きが良くなったり、調性や音楽の進み方を感じられたり、とても良いことだらけです♪ 音階練習をやるために必要なのが「スケール本」です。 スケール本は色んな人が書いているので、楽器屋さんに行くと色んなものが置いてあるかと思います。 「いっぱいありすぎて、どれを買

  • 「良いリード」の選び方をご紹介します♪

    クラリネットを演奏する上で欠かせないのが、リード。 マウスピースにつけて振動させることでクラリネットの音を出す、とても大切な部分なので、リードが良いか悪いかで演奏にとても大きな影響を及ぼします。 しかし、良いリードを選ぶことって、実はとっても難しい! 特に、まだクラリネットを始めて間もない方は、どれが良いリードなのかを判断するのが難しいかと思います。 ということで今回は、良いリードの選び方をご紹介

  • クラリネットのマウスピースを大切にしよう!扱い方やお手入れ方法、買い替え時などをご紹介

    クラリネットのなかでもとっても大事な部分、「マウスピース」!! マウスピースは、直接口で加える部分ということで、音色や吹き心地にとても大きく影響してくる部分です。 そんなマウスピースを大切に扱いたいですよね? ということで今回は、マウスピースの扱い方やお手入れ方法などを書いてみます♪ マウスピースの扱いに注意! マウスピースって、実はものすごく繊細で壊れやすいんです! マウスピースの扱いで、よくあ

  • 管楽器奏者が腹腔鏡手術を受ける!~子宮筋腫を取る

    先日7月に、以前からあった子宮筋腫の摘出のために腹腔鏡手術を受けてきました! 腹腔鏡手術というのは、お腹に穴を開けてカメラを入れ、モニターを見ながら手術をするという割と新しい方法。 お腹を切らなくてもいいので、回復がすごく早いんです! ということで今回は、クラリネット奏者であるわたしが腹腔鏡手術を受けた様子を書いてみたいと思います! わたしの体験談が少しでも誰かの役にたてば嬉しいので、興味のある方

  • 初心者がクラリネットを購入するならどれがおススメ?お値段、用途別にご紹介します!

    「クラリネットを購入したいけれど、どれがいいんだろう?」 そう悩んでしまわれる方もいらっしゃるかと思います。 クラリネットのメーカーはいくつかあり、値段も特性も違う様々なモデルのクラリネットが販売されていて、そこから自分に合った一本を選ばなくてはいけません。 クラリネットを購入したいという方の中でも、 「安くていいから趣味で始めるために購入したい!」 「部活動で使う、マイ楽器がほしい!」 「この先

  • クラリネットは気温や湿度に影響を受ける?

    クラリネットは自然の木でできた楽器です。 グラナディラという木材を数年間、乾燥してできたのがクラリネット♪ 自然のものなので、どうしても気温や湿度に影響を受けます。 人間の体調が毎日違うように、クラリネットの調子も日々変わっていくんです! でも、そんなにクラリネットの調子が変わってしまうのにどうやって対応したらいいの? と思われる方もいらっしゃるかと思います。 ということで今回は、気温や湿度によっ

  • 美サイレント本山で2つの七夕コンサートを開催☆

    美サイレント本山で、クラリネット2本とピアノのグループ「Trio familiar」での七夕コンサートが無事に終演しました! コロナで大変な中でも、ほぼ満席というお客様にお越しいただき、とても嬉しかったです! ということで今回は、コンサートの様子を書いてみます 一日に2公演で大忙し 今回の七夕コンサートは一日に2つのコンサートを行いました。 11時〜は親子向けコンサートで、14時〜は大人向けのアフ

  • 美しいタンギングを目指そう!クラリネットのタンギングの練習法

    クラリネットのタンギングを上手くやるのって難しいですよね? 慣れないうちは、どうしても音が当たらなかったり、雑音が入ったり、音の長さがバラバラだったりと、上手くいかないことが多いかと思います。 ↓↓タンギングのやり方を知りたい方はこちら そんな難しいタンギングも、正しい方法で練習していけば、ちゃんとできるようになります! ということで今回は、日ごろの練習におススメのクラリネットのタンギングの練習法

  • もしかして損してるかも!?意外と大事なクラリネットの指の位置

    クラリネットを吹くとき、クラリネットのトーンホール(穴)を指でふさいだり離したりすると思います。 そんなときに大切になってくるのが、指の位置!! どうしても指でふさぐことばかりに気がいってしまい、特に穴をふさいでいない時の指の位置が良くないという方が多いんです! 指が速く動かなくて悩んでいた方も、これを知れば今までよりも素早く指を動かせるかと思います。 ということで今回は、「指の位置」について書い

  • クラリネット4重奏で夏メロをお届け♪みよし市のカーデンでコンサート

    愛知県みよし市のカーデンさんでのクラリネット4重奏のコンサート、「キラふわコンサート」が無事に終了しました! たくさんのお客様に囲まれながら楽しい時を過ごさせていただきました! 本当にありがとうございました☆ 今回はこのコンサートの様子を書いてみます♪ 前回のコンサートから約半年 コロナの影響でなかなかコンサートが開催できない日が続きましたが、緊急事態宣言が開けてようやく少しずつコンサートができる

  • クラリネットの音階練習をたくさんやろう♪効果的な練習方法をご紹介します!

    音階練習はクラリネットが上達するためにとても大切な基礎練習です。 なぜなら、曲の大部分は音階からできているから! 音階をしっかり練習しておけば、どんな曲にも活用できちゃいます♪ しかし、音階練習はただ何度もやっていれば上達するわけではありません。 ということで今回は、効果的な音階練習のやり方を書いていきたいと思います! まずはレガートで吹いてみよう では、用意した自分の音階の楽譜を、まずはゆっくり

  • クラリネットの置き方に気をつけよう!正しい置き方はこれだ!

    クラリネットはとっても繊細な楽器!! なので、演奏しない時の楽器の置き方にも注意が必要! 今回は、正しいクラリネットの置き方を説明していきます♪ テーブルに置くとき ↑こちらがテーブルなどに置くときの正しい置き方です! ポイントは、 ・ベルをテーブルから出すこと ・向きを間違えないこと ・マウスピースの先端に注意 ベルはテーブルから少し出すようにします。 出しすぎると落ちてしまうので気をつけましょ

  • クラリネットで美しい音を奏でるには、〇〇を開くことが大切!?

    クラリネットの美しくて響く音。 そんな音を出したいですよね? タイトルにある、「クラリネットで美しい音を奏でるには、〇〇を開くことが大切!?」 の○○の答えを先に言うと、クラリネットの美しい音を奏でるためにとても大切なことは、、 喉を開くこと!! どうして喉を開くことが大切なの? 喉を開くって何? なんていう疑問があるかと思います。 ということで今回は、「喉を開いてクラリネットを演奏する」ことにつ

  • クラリネットのレッスン料金はおいくら??

    新たにクラリネットを始めてみたい! 部活動でクラリネットをやっていて、もっと上手になりたい! 昔クラリネットをやっていて、またやりないなあ。 などの理由で、クラリネットのレッスンに興味がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? ただ、レッスンを受ける時に気になるのは、やっぱりレッスン料金ではないでしょうか? 今回は、マソンクラリネット教室のレッスン料金をご紹介します(o^―^o) お得な月2、

  • クラリネット講師、マソン優貴葉はこんな人♪

    こんにちは! クラリネット講師のマソン優貴葉です。 わたしは12歳でクラリネットと出会い、これまでクラリネットと一緒に歩んできました! 楽器との出会いって人によって様々だと思いますが、今回はわたしのクラリネットとの出会いなどを含めた自己紹介をしてみたいと思います♪ 楽器が大好きな小学生 リコーダーが大好きな小学生! ずっと吹いていても飽きず、色んな曲を吹けるようになるのがとても楽しかったのを覚えて

  • クラリネットのリードミスってどうしてするの?リードミスを減らす方法はこれだ!

    クラリネット初心者の方は特に、クラリネットを吹いている時に思いがけず「ピーッ」とか「キャッ」とかいう音が鳴ってしまうことはないでしょうか? これを「リードミス」といいます。 大事な本番でリードミスをやってしまうと、クラリネット奏者はとても落ち込みます、、 特に、大勢で演奏するオーケストラや吹奏楽での演奏の時、静かな場面や大事な旋律でリードミスをしてしまうと、悪い意味で大注目を浴びてしまうこともあり

  • 自分にぴったりのリガチャーに出会おう!クラリネットのリガチャーの購入方法を教えます♪

    リガチャーは、リードをマウスピースに固定するための器具ですが、この小さなものが意外にもクラリネットの吹き心地や音色に大きく影響してきます。 楽器に付属しているリガチャーを使うのも良いですが、もっと良い音色、吹き心地を求めるのであれば、自分に合ったリガチャーを購入することをオススメします! しかし、リガチャーといっても、いろんな種類のものがあるので、どれを購入したら良いのか悩んでしまうかと思います。

  • クラリネットのレッスンってどんなことをするの?レッスンの様子をご紹介!

    クラリネットのレッスンに興味があるけれど、実際どんなことをするかわからない、不安だという方もいらっしゃるかと思います。 今回は、クラリネットのレッスンでやること、レッスンの様子などをご紹介したいと思います。 レッスンの持ち物 まずはレッスンに持っていくものをご紹介! ・クラリネット ・リード ・スワブなどのお手入れ用品 ・楽譜 ・レッスン代 ・筆記用具 ・(譜面台) 楽器は基本的に自分のものや学校

  • 吹奏楽部ってどんな部活??活動内容はこんな感じ♪

    中学校や高校、中には小学校でも「吹奏楽部」がある学校は多いと思います。 吹奏楽部には興味があるけれど、実際どんな活動をしているのかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。 ということで今回は、中学、高校と吹奏楽に所属していたわたしが、吹奏楽部はどんな部活なのかを書いてみたいと思います♪ 吹奏楽部ってどんな部活? 吹奏楽部は楽器を演奏する部活です。 しかし、ただ楽器を演奏して上達するだけで

  • クラリネットのリガチャーってどれがいいの?吹き心地の違いがこんなにある!

    クラリネットのリードをマウスピースに固定するための器具をリガチャーと言います。 実はこのリガチャー、たっっくさんの種類があるんです。 素材が金属だったり、皮だったり、紐のものもあったり、、 締めるネジだって、1つのもの、2つのもの、ネジが手前にくるもの、奥で締めるもの、、 様々な種類の中から自分に合ったものを選んで使うのですが、リガチャーによって吹き心地や音色が全然変わってきます。 今回は、わたし

  • 【クラリネット初心者必見!】クラリネットの高音をきれいに出すコツ☆

    クラリネットの初心者の方で、「高い音がなかなか上手く鳴らなくて困っている」という方もいらっしゃるかと思います。 わたしがレッスンをしていると、この問題に悩んでいる方も多いです。 ということで今回は、クラリネットの高音をきれいに出すコツを書いていきたいと思います! 息の方向 高音をきれいに出すためにまず確認したいことは、息の方向! クラリネットの高音を出すためには、息の方向を少し上の方に向けること

  • クラリネットって子供でも吹けるの?習い事でクラリネットを始めたい!

    「子供に楽器の習い事をさせてあげたい!」 そんなお父様お母様も多いのではないでしょうか? 子供のうちに楽器に触れておくことは、脳に良い影響を与え、自信となり、成長していく上でとても大切なことを学ぶことができます。 楽器の習い事の代表は、やっぱりピアノ! ピアノは子供に習わせたい習い事ランキングでは常に上位に入っています。 しかし、習い事というとどうしてもピアノに目が行きがちですが、楽器というのはた

  • 碧南エメラルドホールでオペレッタ「メリー・ウィドウ」♪

    先日、愛知県碧南市の碧南市文化ホール エメラルドホールにて行われた「メリー・ウィドウ」の公演に参加させていただきました。 キャストは様々なところで活躍されている素晴らしい方々! 素敵な方々と共演させていただけて学ぶことがたくさんありました。 今回は「メリー・ウィドウ」について書いてみたいと思います! 「メリー・ウィドウ」ってどんな作品? 「メリー・ウィドウ」はハンガリーの作曲家フランツ・レハール

  • クラリネットのマウスピースパッチって何?どうやって貼るの?そんな疑問にお答えします!

    クラリネットのマウスピースは、そのまま吹くと前歯がツルツル滑ってしまって、安定しません。 そんな時に活躍するのが、マウスピースパッチ!! 今回は、マウスピースパッチとは何か、どうやって貼ればいいのかを書いてみたいと思います! マウスピースパッチって何? マウスピースパッチは、クラリネットのマウスピースに貼るシールのようなもの! ↓↓こんなやつ 色んなメーカーの色んな種類のマウスピースパッチがあっ

  • クラリネットの種類ってこんなにあるの?クラリネットの家族をご紹介します♪

    クラリネットといっても、色んな大きさや形のものがあるのをご存知でしょうか? それぞれのクラリネットは出る音も違うんです! 今回はクラリネット族と言われる、クラリネットの家族をよく使われる順にご紹介したいと思います! B♭クラリネット(ベークラリネット) 写真:ビュッフェクランポン公式サイト まずはB♭クラリネット。「べークラリネット」と読みます。 普通のクラリネットというのは、このB♭クラリネッ

  • クラリネットをしっかり片付けよう!片付け方やスワブの通し方を教えます♪

    クラリネットを吹き終わったら、ケースにしまって片付けると思いますが、この片付け方も大事! 今回は、クラリネットの片付け方を写真付きで解説したいと思います♪ リードをしまおう! まずは、使っていたリードを片付けます。 リガチャーのネジを緩めてリードをはずしたら、リードについている水分はしっかりとっておきましょう。 リードはリードケースへ、リガチャーはとりあえず安全なところに置いておきます。 スワブを

  • 【初心者必見!】クラリネットの「ラシ」の移行のコツはこれだ!

    クラリネットの初心者さんにとって難しくなかなかできないのが、「ラシ」の移行なんじゃないでしょうか? どうしてもこの2つの音が滑らかにつながらなかったり、思うように鳴ってくれないこともあるかと思います。 この「ラシ」が上手くつながれば、曲も上手く吹けるのに、、なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。 ということで今回は、クラリネットの「ラシ」の移行のコツを教えちゃいます! 左手人差し指の位置に注

  • 国際結婚って意外と大変??フランス人と日本で入籍するまでの道のり

    2021年1月に入籍して、マソン優貴葉になりました! 今後ともよろしくお願いいたします。 お気づきかもしれませんが、苗字がカタカナということで、相手は外国人。 パリのラーメン屋でバイトしていた時に出会ったフランス人です。 フランスで出会いましたが、わたしは留学期間が終わって日本へ帰国、夫は日本に興味があって日本で仕事がしたいということで、日本で入籍することになりました。 「夫も就労ビザをもっている

  • クラリネット初心者におススメのリードはこれだ!リードの買い方や取り扱い方法を教えます♪

    クラリネットの音を鳴らすためになくてはならないのが、リード! リードは葦でできていて、これを振動させることで音が鳴るんです♪ 初めて見るた方は「アイスの棒みたいなものをどうしたらいいんだろう?」と少し戸惑うかもしれません。 でも安心してください! 今回はクラリネット初心者さんのために、おススメのリードや扱い方などを細かく書いていきたいと思います。 リードってどんなもの? (参照:http://ww

  • クラリネットってどうやって組み立てるの?楽器の組み立て方や注意することを教えます!

    クラリネットって、ケースに入ってるときはバラバラに分解してありますよね? つまり、組み立てないとクラリネットは演奏できない! しかし、クラリネットはとても繊細な楽器なので、組立て方にも注意しないと楽器が壊れてしまったり、上手く音が出なかったりします。 今回は、クラリネットの組み立て方を写真付きで説明していきます! 楽器の修理屋さんに聞いたお話もあるので、特に初心者の方はしっかり覚えていってください

  • 【初心者必見!】クラリネットの「シ(A)」の音がなかなか出ない時どうする?鳴らすコツを教えます♪

    初心者の方にとって出すのが難しい音。 それは、全部の指をふさいで鳴らす「シ(A)」の音! 「ドレミファソラ」といい感じに出せるようになって、あれクラリネットって簡単じゃん♪なんて思い始めたその時! じゃあ次は「シ」だと思って運指を見ると、、 「え!?こんなにたくさん穴をふさぐの!?」 そうなんです。 シの音は両手の小指まで全て使います。 この音が鳴らなくて、なかなか先に進めないという方も多いかもし

  • 何か楽器を始めてみたい!クラリネットを始めるメリットとデメリットはこれだ!

    何か楽器を始めてみたいなあ! なんて思ったことありませんか? 楽器を始めると、 好きな曲を演奏できるようになって楽しいし♪ できることが増えると自信になるし♪ 家族や友達にも自慢できちゃうし♪ 音楽の友達ができるかも♪ 楽器と言っても、ピアノやギター、ドラムやサックスなど、、色々な種類の楽器があります。 どの楽器がいいかな?自分に合ってるのはどれだろう?なんて悩んでいる方もいらっしゃるのでは? と

  • クラリネットのレッスンを受けてみよう!名古屋のマソンクラリネット教室は他と比べてココが違う♪

    こんにちは! 名古屋でクラリネットのレッスンを行っているマソンクラリネット教室です♪ クラリネットのレッスンを受けてみたいけど、どこがいいかな?と悩んでいる方! マソンクラリネット教室は、他の教室と比べてココが違う♪ 今回はそんな、他にはない、マソンクラリネット教室の魅力を挙げてみたいと思います! レッスン場所は名古屋市内のスタジオから選べる! 音楽教室に通うとなると、普通は音楽教室の建物があって

ブログリーダー」を活用して、YukihaCLさんをフォローしませんか?

ハンドル名
YukihaCLさん
ブログタイトル
クラリネット教室 Rue de la clarinette
フォロー
クラリネット教室 Rue de la clarinette

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用