和菓子の国の人だから
住所
出身
ハンドル名
和菓子の国の人だからさん
ブログタイトル
和菓子の国の人だから
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yasu_alpha_s2
ブログ紹介文
日本中にあまたある和菓子をコツコツ紹介。 まぁ、関西中心ですけど…
自由文
-
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/07/08

和菓子の国の人だからさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,770サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
スイーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,762サイト
和菓子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 257サイト
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 94,316位 66,215位 66,271位 972,770サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
スイーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 667位 402位 408位 9,762サイト
和菓子 圏外 圏外 圏外 圏外 21位 15位 14位 257サイト
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,770サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
スイーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,762サイト
和菓子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 257サイト

和菓子の国の人だからさんのブログ記事

1件〜30件

  • 172(広島)福山 柚餅

    当ブログ初の広島の和菓子。これで19都府県目達成で~す!福山市は広島の最東端、岡山県寄りに位置する城下町。水野勝成が築いた福山城が駅前に威容を誇る広島第二の都市。そんな福山の名物和菓子が柚餅です。<大和屋本店の店構え>~福山市宝町6~福山駅から西へ数百メートル。創業は明治5年(1872年)の老舗。この日は平日の午前中ということもあって周囲に人通りは少ない…。<柚餅>見た目はゼリーのような綺麗な色。固さはちょうど練り羊羹のような感じ。味は意外と甘めなので、もうちょっと柚子の爽やか感があっても良いかも。賞味期限は余裕の一ヶ月。(税別800円)ちなみに、今回の福山は青春18きっぷで岡山を訪れた際のおまけ。今度は広島市の和菓子を買いたいな…。172(広島)福山柚餅

  • 171(岡山)倉敷 むらすずめ

    倉敷と言えば美観地区ですが…先日、青春18きっぷで福山から~岡山へと移動する際にコレを買いたさに倉敷で途中下車。購入後すぐ次の電車に飛び乗ったので、倉敷らしい風景は目にしませんでした。<橘香堂の店構え>~倉敷市阿知2丁目~倉敷駅から駅前の元町通りを南へ数百メートル。美観地区の少し手前にある5階建て?のシュッとしたビル。創業は明治10年(1877年)の老舗です。<むらすずめ>ふわっとしたクレープ状の生地に程良い甘さの粒あんがベストマッチ。これは間違いない!賞味期限は一週間。(税込み4個入り650円)美味すぎてどんどん食べてしまう…。もっと買えば良かったな。そして、やっぱり美観地区にも行けば良かったかも…。171(岡山)倉敷むらすずめ

  • 170(岡山)岡山 むかし吉備団子

    も~もたろさん、ももたろさん♪おこしにつけた、きびだんご、ひとつわたしにくださいな♪でお馴染みの「きびだんご」。知らない日本人は居ないんじゃないでしょうか?<廣榮堂の店構え>~岡山市中区中納言町~岡山駅からは南東へ2キロぐらい。路面電車の岡電東山線、中納言停留所前にあるお店。創業は安政3年(1856年)という文句のつけようがない老舗です。でも本店店舗はこの通り、建て替え中。すぐ近くの仮店舗で営業中です。<むかし吉備団子>最近のスタンダードなきびだんごは実は黍(きび)が入っていないそうですが、これはちゃんと黍が入っているんです。これぞ本物のきびだんご!とはいえ、見た目には全く区別がつきません。スタンダードなのと比べると食感はほんの少~しだけ固め。言われなければ食べても黍が入っているかどうかも全く分かりません。甘さ...170(岡山)岡山むかし吉備団子

  • 169(岡山)岡山 大手饅頭

    さて、今回は備前、岡山を代表する和菓子です。なんでも、日本三大饅頭の一つなんだそうですが、誰が決めたんでしょうか?<伊部屋の店構え>~岡山市北区京橋町~岡山城から旭川沿いに南へ徒歩10分。路面電車の岡電東山線沿いにあるお店。店頭の唐破風が目を引くいかにも歴史がありそうなお店。創業はなんと天保8年(1837年)と180年の歴史を誇る老舗です。<大手饅頭>池田の殿さまの茶会にも供されていたという一品。岡山の和菓子といえば、県民以外ならきびだんごを思い浮かべますが、県民は大手まんじゅうだそうです。まさに岡山を代表する和菓子です。画像でご覧の通り、皮は申し訳程度で、超薄いというより、あんこ丸見えのシースルー状態。肝心の味の方は、滑らかなこしあんは意外と甘いけど、美味しい。濃~いお茶と合いそうです。賞味期限は一週間。(税...169(岡山)岡山大手饅頭

  • (岡山)岡山 不老餅

    さてさて、5年ぶりに岡山の和菓子の紹介です。その時は旧美作国の津山の和菓子でしたが、今回は旧備前国の岡山。岡山と言えば池田氏31万石の城下町、和菓子が美味しいに違いありません!<翁軒の店構え>~岡山市北区表町3丁目~岡山駅から歩いて10~15分の表町商店街にあるいかにも歴史があり気な落ち着いたお店。それもそのはず、創業は明治22年(1889年)と130年の老舗です。上品な年配の女将さんが親切に応対してくれました。<不老餅>岡山の和菓子といえば、県民以外なら誰しもきびだんごを思い浮かべますが、この不老餅も有名です。丁寧に一つ一つ包まれた上品な外見が目を引きます。餅粉で出来ているのとは思えない、メレンゲの様にフワフワした不思議な食感の餅菓子。胡桃もいいアクセントになっています。甘さ控えめの上品な味です。フワフワ食感...168(岡山)岡山不老餅

  • 167(京都)八幡 田舎ぼたもち

    前から気になっていた国道1号線の洞ヶ峠付近の茅葺屋根の茶店風のお店。先日、天王山、勝竜寺城を訪れた帰りにようやく訪れました。洞ヶ峠と言えば、山崎の戦いの際、光秀の寄騎大名の筒井順慶が日和見を決め込んだ場所として有名ですからね。(史実は違うらしいです。)<洞ヶ峠茶屋の店構え>~八幡市八幡柿ケ谷~郊外型の店舗が軒を並べる国道1号線で茅葺屋根が異彩を放ちます。創業は昭和25年(1950年)。メインは蕎麦や丼ものを出す食事処のようですが、ぼたもちも有名です。<田舎ぼたもち>名物のいなかぼたもちです。なんといってもこの大きさ。コンビニおにぎりの1.5~2倍くらいあるでしょうか。もちろん、粒あんの量も半端ない!いつものお皿に載せて撮影すると、写るのは、ほぼあんこのみ。味の方も間違いない。確かに甘いけど、意外としつこくない。...167(京都)八幡田舎ぼたもち

  • 166(大阪)十三 みたらし団子

    久々のブログ更新です。そういうことで、今回は十三名物、いや大阪名物のあれです。あれ…。<喜八洲総本舗の店構え>~大阪市淀川区十三本町~阪急十三駅の西口から出るとそこは…いきなり商店街の真っただ中。そんな人通りの多い駅前にど~んと掲げた金看板のお店。大阪臭プンプンです。試しに裏手に回ってみると落ち着いたなまこ壁と「酒饅頭五代目家元」の石碑がありました。ただ創業は昭和23年(1948年)と意外に新しい。まぁ、古けりゃいいってもんじゃないですよね。<みたらし団子>大阪人でこれを知らない人はいない?有名なみたらし団子です。ところが、久々に食べてみると…弾力があるというか、堅めで粉っぽい。蜜は甘さ抑えめと言うか、やや水臭い。あれ?喜八洲ってこんなんでしたっけ?でも焦げ目の香ばしさは中々でした。(税込み1本98円)<酒饅頭...166(大阪)十三みたらし団子

  • 165(滋賀)近江八幡 ういろ

    ういろうと言えば…当ブログで以前紹介した名古屋や小田原が有名ですが、滋賀県の湖東地域(近江八幡、彦根など)も負けていません!そういうことで、今回は近江八幡市のこちらのお店を訪問しました。<紙平老舗の店構え>~近江八幡市本町3丁目~近江八幡を代表する新町…にある市立郷土資料館から南西へ200Mほど。創業は和菓子が安永年間(1772~81年)、紙屋として始まった屋号は400年超という文句なしの老舗です。<ういろ>名前は「ういろう」ではなく「ういろ」。この辺り、本家といわれる小田原の某店に遠慮したのでしょうか?2切れ入りパック(税込み\210)と試しに買いやすいお値段です。さて、まずは「白ういろ」を実食。食感はベチャベチャせず、粉っぽくなく、ほど良くしっとり。甘さも安っぽくなく、控えめな甘さ。米の味が感じられる気がす...165(滋賀)近江八幡ういろ

  • 164(滋賀)近江八幡 でっち羊羹

    今回は近江八幡名物の丁稚羊羹です。ヨッ!待ってました~!<和た与の店構え>~近江八幡市玉木町2丁目~創業は江戸末期の文久3年(1863年)。丁稚羊羹が有名な老舗です。丁稚羊羹と言えば、当ブログで以前紹介した大阪府能勢町の水羊羹タイプ、兵庫県明石市の水羊羹と練羊羹の中間タイプ、そして、これはそのどちらともタイプが違う蒸し羊羹タイプ。私の持つ丁稚羊羹のイメージは正にこれ!<でっち羊羹>お皿に載せたのは1/2切れ。殺菌効果のある竹の皮で包まれたこの形、高級感とはほど遠いこのペラペラ感…。小麦粉と小豆を練って蒸した中身には竹の皮の縞模様がくっきりと残ります。ThisisDECCHIYOKAN!弾力は皆無で餡の塊のような素朴な食感。しかし、甘さはごく控えめで竹皮の香りがほのかに香る上品さ。凄く地味で素朴な味ですが、なんと...164(滋賀)近江八幡でっち羊羹

  • 163(滋賀)安土 負けずの鍔

    信長の安土城で有名な旧蒲生郡安土町。残念ながら2010年に町村合併で近江八幡市に併合されたそうです。そんな旧安土町で有名な和菓子のお店へはオートバイでの湖東ツーリングの際に立ち寄りました。<万吾楼の店構え>~近江八幡市安土町常楽寺~JR琵琶湖線安土駅前に聳え立つお店。創業が明治43年(1910年)という老舗和菓子店です。その威容は幻の安土城天守を思わせる?そんなわけないか…。<負けずの鍔>まずなんといってもこの意匠。信長の愛刀の鍔『まけずの鍔』を象った2色あん入り最中。名前の縁起の良さから縁起物として、受験生にも大人気だとか。最中の皮は程良く馴染んで私好み。中身は小豆の粒餡とうぐいす餡?甘さは思いのほか甘めですが、受験生の勉強で疲れた頭にはちょうどいいかも。(税込み\150)信長ゆかりの旧安土町で、これからもず...163(滋賀)安土負けずの鍔

  • 162(滋賀)野洲 しのはら餅

    先日、湖東ツーリングに出掛けた際、近江八幡から草津への道すがら立ち寄りました。<梅元老舗の店構え>~野洲市野洲~国道8号線、県道2号線どちらからも大きく外れた辺鄙な所にあるように感じますが、実はお店の前を通る道は旧中山道。近くには背くらべ地蔵や行事神社もあり元々は野洲でも指折りの繁華な場所だったようです。小洒落た建物ですが、創業は明治18年(1885年)という老舗です。<しのはら餅>羽二重餅にきな粉をまぶした餅。この辺りは近江米が有名で、鏡餅の発祥の地ともいわれ、「餅の宮」と呼ばれる篠原神社にちなんで名付けたようです。(税別\130)羽二重餅はとことん柔らかく、口の中で溶けるので、歯がなくても大丈夫かも。きな粉の香ばしさとに黒糖がアクセントになっている感じです。賞味期限は20日ほど。「餅の宮」篠原神社や国宝本殿...162(滋賀)野洲しのはら餅

  • 161(滋賀)草津 うばがもち

    近江草津の名物と言えば「うばがもち」。当ブログでもこれは避けては通れません!先日、バイクツーリングで湖東を訪れた際に立ち寄ってきました。<うばがもちやの店構え>~草津市追分一丁目~1号線の国道大路交差点にあるお店。創業は永禄年間(1558~69年)というから、非常に長い歴史があります。ただし、お店は時代の流れか広い駐車場のあるドライブインのような造りです。このあたり、勝手にちょっとがっかり。店内は喫茶スペースと販売スペースが明確に分かれています。店員さんはとても愛想が良かったです。<うばがもち>同封の由来書きによると、織田信長に滅ぼされた近江源氏の佐々木義賢の三歳の曾孫の養育のため、乳母が売り出したのが始めとか。安藤広重、葛飾北斎が浮世絵に描いたり、近松門左衛門が浄瑠璃に取り上げたことでさらに名物となったそうで...161(滋賀)草津うばがもち

  • 160(岐阜)高山 草饅頭

    久々も久々…、半年ぶりのブログ更新です。昨日、今日と一泊二日で岐阜県の高山市へ行ってきました。小京都と呼ばれる飛騨高山には、多くの老舗和菓子店がありそうですが、スケジュールの都合で唯一こちらのお店を訪問できました。<とらや老舗の店構え>~高山市上二之町~高山陣屋前から宮川を渡り、2本目の通りを北へ約200Mぐらいにあるお店。創業は江戸末期の天保元年(1830年)と180年以上の歴史があるそうです。歴史ある高山の町並みに相応しい、いかにも老舗らしい店構え。その意外とこじんまりした店内には次々とお客さんが訪れていました。<草饅頭>草饅頭の他にも色々とバラ売りやセットがありますが、初回なので王道の草まんじゅうを購入しました。賞味期限は4日程だそうです。(税込み6個\777)まず見た目ですが…こんなに濃い~緑色は初めて...160(岐阜)高山草饅頭

  • 159(大阪)天王寺 甘納豆

    最近、甘納豆って見かけませんよね?先日、父親の誕生日に箱入りの甘納豆を購入しようと思ったら…あれ?ない、ない、ない、売ってない!結局、梅田大丸の銀座鈴屋で購入。どうせなら大阪の甘納豆屋で買いたい…ということで、平日の休みを利用してこちらのお店に行ってきました。<青山甘納豆の店構え>~大阪市天王寺区北河堀~四天王寺の南門から南へ200~300メートル。庚申堂の東側にあるお店。創業は大正13年(1924年)と100年を超える老舗です。店内に入ると、ご主人と女将さん?が仲良く接客してくれました。ちなみにこちら平日の9~17時の営業なので、一般のサラリーマンには少々訪れにくい…<甘納豆>こちらで売られている小袋入りの甘納豆は小豆、斗六、青豌、金時の4種類に加えて、これら4種が入った「お好み」。初めてなので、今回は無難に...159(大阪)天王寺甘納豆

  • 158(愛知)名古屋 うす皮饅頭

    愛知県の和菓子第3弾です。名古屋にはういろう以外にも美味しい和菓子が色々あって、これもその一つ。<山本屋の店構え>~名古屋市中区栄1丁目~地下鉄東山線伏見駅から御園通りを南へ200~300M。大衆食堂のような外観に、店内もタイル張りの床に使い込まれたショーケースは木枠と、昔懐かしい雰囲気です。創業80年余りということなので、昭和初期でしょうか。<うす皮饅頭>小豆の食感を残した、たっぷりの粒あんをごく薄の皮で包んだこれぞ薄皮饅頭。あんは甘さ控えめの上品さ、うす皮は見た目を良い意味で裏切るモチモチ感。しかも、徳川家康公に献上されたという塩瀬総本家の本饅頭(\432)と同じタイプながら、圧倒的にお手頃な庶民派価格。(税込み\130)これはなかなかいい。強いて弱点を挙げるなら、持ち帰りが難しいのでお土産には向かないとこ...158(愛知)名古屋うす皮饅頭

  • 157(愛知)名古屋 ういろ

    愛知県の和菓子第2弾は、名古屋の代表銘菓ういろうの紹介です。名古屋には青柳総本家、大須ういろ、餅文屋総本店など、ういろうを扱うお店が数多くあります。<雀おどり總本店の店構え>~名古屋市中区栄3丁目~地下鉄名城線の矢場町駅から東へ徒歩2~3分。道幅の広い大津通りに面し、目の前に松坂屋やパルコもある繁華街のお店。創業は江戸末期の安政3年(1856年)と150年超の老舗です。店内には飲食スペースもあって、甘味だけでなく、おむすび定食やお茶漬けなどの食事メニューもあります。<ういろ>今回は黒糖味をチョイス。適度なもちもち感があり、黒糖特有のコクは残しつつ、甘味は控えめで上品。派手さはないけど、老舗の安定感あり?なお、賞味期限は1週間ほど。(税別\360/半棹)さすがは老舗の心遣い…。店頭でういろを買ったら、お茶と一口う...157(愛知)名古屋ういろ