chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
"Log Day's Log" in 75 http://co2ta22.blog.fc2.com/

沖縄・名護の気まま暮らし。戯言混じりで好き放題、御託並べて書いております。予告なく長期昏睡状態(掲載停止)に陥りますこと何卒ご勘弁下さい。

凡骨さん
フォロー
住所
名護市
出身
東京都
ブログ村参加

2017/02/26

1件〜100件

  • 唐突ですが、暫くの間…………

    できるなら…。野暮で無利益な仕事は請負いたくはない。けれど、致し方ない事情が重々あって羽交い絞め…。て、訳で。唐突ながら…。ひと月、いやふた月み月か…それ以上。いずれかの後…。また、御目文字にあずかりたく、ご贔屓お忘れなくお願い申し上げます。(女言葉ながらご容赦)   ...

  • うちなーぬ世のはずなのに…515と100ドル札

    言わずもがな50年を迎える515…。相当の時代を生きた沖縄の、沖縄人(びと)。それぞれの、それぞれな思いは、悲喜こもごも。例え、そこに想いを馳せたとしても、移住人の俺が到底及ぶものじゃない…。いかにもと、シッタカ面決め込んで沖縄を語る輩が居る。余計な手出しして、引っ掻き回す奴が居る。ズカズカと土足で島に上がり込んでは、やってることが、あのアメリカと変わらない本土人。もうとっくに、口語では死んだはずだけれど...

  • 道中守り

    随分と過ぎた日の思い出話。小さな俺に爺さんが…。何かにかこつけては作ってよこした御守りがある。俺の身を案じての心意気。中学の頃までは、通学カバンにぶら下げてたが…。高校生になって…止めた。大学に入り独り住まいを決めて、家を離れる時に…。「これ、着けろ」と渡してくれた道中守り。それもいつしか失くしてしまい…。記憶にしか残っていない。なんとかかんとか思い出して再現した道中守り。自作。右は…。一代守本尊として...

  • 帯紐…神田結び

    ご承知のことだが…。着衣の仕掛けとして、紐あるいは帯がある。縄もあろうか…。縁日の寺社に参拝する事例の時や初詣とかの時…。代々延々、当家の参詣作法。 しきたりがある。印半纏を纏った上から帯をきっちりと締め、正装に身構える。でも最近…。そういう機会が滅法減った。沖縄に移り住んでは、そういう機会が随分と減ってしまった。余計に、このコロナ過で、参詣に向かうことも憚るようになり…。さてと…。半纏に帯の話。決まり...

  • 「人生の方針」…宣言書

    ”Policy of life”とか気取って口にするけれど…。誰しもにそ~いうのはあるはずで、俺にも、そういう望みを全うしたい意気込みがある。ここに棲家を設けてすぐに…。玄関横に掲げた自作の‟人生方針の宣言書”  My LifeI Goofy Stance Not RegularRight for MeYes,Goofy LifeFree and Easyと書いた。スケボやスノー・サーフボードの乗り方。足の置き方がある。左足を前(滑る方向)に置くスタイルを「レギュラースタンス(Regular St...

  • 前掛けの功徳

    帆布前掛けが好きで、集め始めてから随分になる。酒蔵に酒屋さんに八百屋さん、魚屋、米屋、味噌屋から運送屋に呉服屋さん、油屋、炭屋…。そのほか色々に山ほど貯まった。仕事着のひとつ、汚れ防止や怪我の保護具としてだけでなく…。商い品や、大店の大紋をでかでかと描いた意匠。店の看板の役目が大いにある。そんな意匠に魅せられて、コツコツと集め続けている。それには三大条件があって…。厚手の木綿帆布生地と、藍染に白抜き...

  • エンダーチキンの結末

    ブランド名を冠するのはちょっぴり気が引ける。エンダー…A&W。タイトルに引っぱり出した訳であえて…。観光客が‥。サロンパスの味だとかなんとか、新発見でもしたかのようにブログに載せている。そんなにまで喰いつくほど珍しいネタなんだろうなぁ。対してウチナーンチュは当然…。取り立て、話の題にもしない。それより第一、好んで飲む奴がいない。俺自身、ルートビアは決して嫌いじゃない。でももし、誰かから「飲まない?」っ...

  • 大盤振る舞いのニューヨークカット

    賭けごとの話ですが‥。決して、御法度の博打や賭博でなく、仲間内のジャレごと、あくまでも身内の遊戯でご理解頂きたい。爺さんの陰もあるが、親父もおふくろも、かるた遊びが大好きだった。”花札”今時分、家庭のカードゲームと云えばトランプだろうが、俺の家ではババ抜きよりも好んだ。何かにつけて誰ぞが「札やるか!」と言えば…。一家総じて、真ん中座布団一枚に、車座に集まって、立膝ついて興じたものだ。大学に入り麻雀を覚...

  • 摩訶不思議の事実

    流大医学病院に…。以前は隔月、今は三か月毎に定期健康診断を受けに行く。副腎摘出と、微細振動(不整脈)手術をうけてからの行事になった。毎回、血液と尿採取。血圧だのなんだの定例の測定をして…。その結果を内科、病理専任の先生から診断を受け、審判を下される。食生活には気を遣っている方だが、正直、栄養バランスとかには疎い。食事指導も受けて献立も考える…頑張ってる俺自負礼賛。朝食は…。もう半年も前からのコレ一筋に...

  • 凌雲院(屋部寺)さんの角大師

    名護の屋部にあるお寺。凌雲院さんのことは、県内隅々、離れて本土の方々までにご存じの方が多い。そんな評判は、なにせ、たくさんの御利益があるからだだそうだ。歴史は…。琉球王朝は第二尚円王時代にまで遡り、元禄時代1692年の建立。歴とした古文書に記され、凌雲和尚の名を冠した由緒ある臨済宗派の寺院。沖縄の宗教背景や崇拝文化から、寺院でなく拝所・御願所として親しまれていて…。地の人は元より、多くの人達も屋部寺と身...

  • おおっいい塩梅…健身球

    時々だけれど…。マウスだのペンタブを長く使ってると、手の筋肉が異常に痙攣したりする。マウスの種類を変えてみたりしたけれど、改善効果無し。ほったらかしといたら益々に酷くなった。あれこれ思案している中に、思い出したものがあって…。かなり前に持ってきてくれた…台湾人の友人のお土産。あの時は、俺がまだ、随分と若い時分のこと…。「脳神経とかへの刺激効果で、ボケ防止には持って来い」…だと本気風の冗談抜かしやがった...

  • 八つ乳

    沖縄に来て、昔取った杵柄で、我流の三線を覚えた。恐れ多くて古典こそ近付かなかったけど、座曲ならまあそこそこ弾ける。下手の横好きってやつだ…。元は?と云えば…。14,5の頃から、おふくろの影響で、三味線の手習いをしたことがある。…というより強制的に。400年の歴史をそうは簡単に習得できるもんじゃなし…。長続きはしなかったけれど、一応は弾けた。けれど、本道を覚えるより先に…。襖の向こうから聞こえる大人同士の戯れ話...

  • 襟字を角字で決める

    新調の半纏の大紋は書けた。さてと次は、腰柄と襟字を決めなきゃな…。前からずっと籠字で染めてたが、今度は嗜好を変えようと…。で、角字で納めることにした。縦横同寸、同じ桝目に文字を羽目付る。これにも決まりごとが沢山あって、その流儀を守らなきゃ格好悪くて仕方ない。虫食いでボロボロな、家伝の印幡帳。おそるおそる広げては、さてどうしたもんか…。方眼紙を前にあれこれ思案六方。角字は文字で表す柄である。読ませるも...

  • 久々に大紋を書く…

    今年の除夜会には、ちゃんとお参りしたいもんだ…と思っている。コロナの性で、ここ2年、落ち着いて初詣のところじゃない。去年は、那覇の中心に行くのが怖くて、普天間宮までで先に行くのを止めた。八社参りもできてないし、首里の十二支巡りも出来ず仕舞。つい先頃から、第7波だとか言ってるけど、師走までに一体何波押し寄せる?…。なんて冗談半分も、本当になったら困るのだが…。年の半分も過ぎないのに…。いまから初参りの段...

  • お気に入りの「シャック」

    リタイアした俺が、仕事する部屋とは言えないけれども…。現役時代の誼とか付き合いとか恩返しのつもりで、頼まれ作業をする場所。それ以上にも、趣味的な手作業とか小間物細工に夢中になる場所。俺流に「Shack(シャック)」と呼んで気に入っている…直訳なら小屋だけど、そういう小部屋。大きく開口するガラス窓がある。気候の良い時季には心地いい風が吹き込んで来る。暴風の時は、ガラスを仇のように打つ雨と風…時に飛んでくる木...

  • うりずんの空 鳥気分 名護の街

    座り仕事が立て込んで、長雨も過ぎてうりずんの季節になった。というのに…。今年は浜下りにも、まだ行けてない。何をする?…とうのでなく、この季節がとても好き、待ち遠しかったのである。おそらく、沖縄の人は皆…。こうしていても埒が明かないので、ドローン担いでエイゃっとばかりに飛び出した。21世紀の森。市民球場の上空も遠慮なく飛ばさせて頂きました。やっぱり海はいい。爽快!!久々の鳥気分。動画もパノラマ写真も萬...

  • ロシアより…

    WO-7の「ロシアより愛を込めて」・・・古~い映画を思い出した。いやいや、そんな楽しい話題じゃない。ひと月前のことになるのだけれど、ロシアから突然メールが届いた。モスクワの近くに住む女性で、木彫り細工の小物を自作して販売する店を開いている。かれこれ1年前に、この女性から「Kuksa」を何回かに幾つか購入した。そんな彼女が何用なのか、唐突なメール。Hi! ○○○Perhaps you know that Russia is in a difficult situati...

  • 購入御希望…お問い合わせ大募集‼ ”Yamaha Magzam”

    知人からたつての願望です。つまり掲載代行。「バイクを売りたい」と…。それならジモティにでも加入すればいいものを…でもそうはしたくないらしい。そこで‼ここに御紹介・展示するバイク。「ヤマハ・マグザム(Yamaha Magxam)」マグザムのコンセプトといえば、”タンデム・アーバンクルーザー”。2人乗りする時の快適性に重点を置き、低く構えたデザインが特徴。ソロとタンデムライディングの重心による操縦性の変化を最小限に抑え...

  • 沖縄と琉球…親鶏と卵に似た話

    ”沖縄””おきなわ””オキナワ””Okinawa”・・・”うちな~”って…。何の頓着も無しに口にする。同じくらいに”琉球”を冠した表記も当たり前にある。心底、意地悪な俺は…。沖縄大好きで博識で…本土から移住してきた方々に、悪戯丸出しの質問をしたことがある。この島の名は「沖縄」が先?「琉球」が先?…どっちでしょ??あてずっぽうで当てた人は何人かいたけれど…。そのほぼ、迷わず”琉球”の返事の多いことか。漢字の体裁や呼称のイメー...

  • 生存率85% 234分の34

    錦絵であろうが版画であろうが浮世絵の資料収集をしている。一つに絞った画題をテーマに、蔵物を広い範囲から検索してはいるのだが…。今、集中中?のテーマは「傘」。アンブレラである。画中に描かれている「傘」さえあれば、その全てを集めて資料にする。江戸の浮世絵師 著名な鈴木春信の作をご覧になった方も多いと思う。春信といえば...。江戸の三美人(明和三美人)の内の一人、笠森お仙(鍵屋の看板娘)をモデルに沢山の作品...

  • 無性に鶏が喰いたくて…

    昔からそうだけど、自前の胃袋に悪癖が潜んでる。食の欲求が突然に襲ってくる。昨日の晩「鶏が喰いたい!!」の、唐突な所望。街に出ればグリルチキンなら行きつけの店もあるし、直ぐに手に入る。健太で間に合わせてもいいのだけれど、年の性だか何だか、最近、コロモを纏った奴が苦手になったし…。コロナかって思うと更に外出も引っ込み思案。どんより冬場のお天気も、たまたま今日は晴天なので…。Aプライスで仕入れた一羽が冷蔵...

  • 新顔さん仲間入り

    今戸焼の「○〆の猫」のお話は、ずいぶん前に書かせて頂いた。江戸時代、浅草の外れ隅田川の土手沿いに窯があり…。堤防沿いの粘土で作られていた土人形。瓦や茶碗の焼き物職人が手慰みに作っていたと云われて…。江戸、明治を経て昭和の戦後に途絶えたのだが…。とある民芸愛好の方が、古い記録収集から作法も独学でコツコツと…再現して今がある。お名前は、私からは差し出がましいので控えておきます。今戸焼人形は「○〆の猫」だけで...

  • 何卒、なにとぞ。御利益、ごりやく。

    年明けも野暮用が重なって…。やっとこさ、初詣。でも第六波が襲来の真最中なので、例年の八社参りも首里十二支回りも止めにした。ご参拝の方々の姿も少なかろうと…。唯一、”天久宮” 様にだけは。新しい貼札(千社札)を納め…。持参の福銭(御重縁)に御祈祷念を入れて頂いた。何卒、御利益、御利益。七社四寺分のお参りを、ここ一社にまとめて一心に。今年はお願い事も多すぎた。「お前、願い事多すぎるぞ」…天から声が降りてきた...

  • 秋の空から

    去年10月。この季節、秋晴れには景色が輝く。凪いだ海面には程よい暖かな日が反射して、時に眩く…。引き潮には、ブラックライトのように、浅瀬の珊瑚礁を映し出す。深緑色に落ち着いた山々も好きだ。飛んだ。撮ったぞオラの街。一枚画郭に収まらないから目いっぱいのパノラマ撮影。ここでクイズ。「本部の半島付け根から嘉津宇岳も望み、右には恩納の景色まで。さて…。ドローンが飛んだ場所はどこでしょ?高解像度の画像あり〼。PC...

  • 火が付いた?捕らぬ狸の●●●

    数年前からチョコチョコと集めてた古銭。中でも特に「琉球通宝」に興味があった。そもそもは、薩摩と琉球の歴史背景を調べるところから始まった。手頃な出物を見つけてはヤフオクで…。それがここ最近、価格が急上昇…!!何かの気配を感じるのだjけれど、そんな骨董界の裏事情は皆目見当もつかない。そんな折、とある情報通からの耳打ちニュース。どうやら…。「中国の市場で注目が集まりだした」‥‥ってことらしい。日本の売り手も買...

  • 4年目の忘れな草

    4年前だったか?…と言っても確証がない。花や庭園をテーマにした羽地地区のイベントを歩いた。丹精込めた庭園作りや趣味の草花をテーマに、お宅の方々が自宅を開放して展示する。地区に点在するお庭を散策と下らないおしゃべりをしながら、足で、車で回る…。そんな中の一軒で出会ったご婦人。とてもお綺麗なしっとり感の溢れる、年頃と合わせ‥‥いわば好みの女性だったのだけれど。話が弾むうち、プレゼントして頂いた。琉球固有種...

  • 今更ながら…

    昨年暮れにいろいろと野暮用が重なり…。近所でコロナ感染の騒動も起き…。なんだかんだと気ぜわしく、年賀状を差し出し終えたのもつい先日のことで…。松の内には済ませなきゃと思っていたことがこんな様。少し落ち着いたところで、とはいえ世間は第六波の襲来で混乱気味ではありますが…。こんな折り、申し訳なくも、ご年始を申し上げます。本年も、気ままにしかお目通り致しませんが、どうぞご贔屓頂けますよう。よろしくお願いいた...

  • ご視聴頂ける方限定です・・・”Prove It All Night”

    数々のBruce Springsteeの名曲の中で、10曲の内に入れているこの「Prove It All Night」直訳すれば”一晩中証明する”...。和訳では”暗闇に突っ走れ”とも付けられているけれど、ワタシ的には全く意に合わないと感じているのだが...。夜、彼女を助手席に乗せて、とある目的に向けて走る途中...。自分の夢、意志、覚悟...を切々と語り訴える、その一途な証明。俺の愛を分かってくれ......そんな曲想。20代の自分を重ね合わせ...。情景...

  • 思いがけない古書一冊

    古い本を整理しようとまさぐっていたら...。懐かしいのが見つかった。思いがけない一冊。とっくのとうに忘れてた....。大学1年生で、休みの度に那覇に渡ってきては仲間と屯っていた時分。復帰して早々に出版されたと...牧志の本屋で見つけた。表題のそれだけ聞いて、丁度、艶ものに走りかけてた時分。面白くもあり手にした一冊。「首里城内の女たち」山里永吉 著  沖縄文教出版(株)昌達印製・・・有限公司...台湾の工場で印刷...

  • 琉球スギ

    1ヵ月も過ぎてしまったけれど...。くら寿司で新しいネタが出ると聞き、何が何でも行こう!!...と意気込んではみたが...。時流の四文字熟語「不要不急」がチラついて躊躇した。琉球スギ。熱帯域のサンゴ礁域や岩礁域に生息する。頭が少し平たくて、吸盤こそ付いてないけれど、コバンザメのような外観の魚。それもそのはず、コバンザメ科だそうな。南洋では珍しく脂ののった白身で、食感がカンパチに似ているからと...。「リュウキ...

  • 銭形平次にでもなってみるかっ!

    我が家に、使えもしない古銭が山ほどある。引っ越しの時に捨てられず持ってきた...。色々あって、でも寛永通宝が一番多そうだ。寛永13年から鋳造されはじめて、国内初めての本格的な鋳造貨の公銭(官銭)。約230年もの間(1636~1866頃)で最も長く流通した銭。-----------------------------------------------------------------------------------維新以降も貨幣として明治中期頃まで実用されて...。昭和26年頃までは、単位(文...

  • 「琉球通寶」・・そのまた闇の話のスピンオフ

    前回の「琉球通寶・・・薩摩闇支配のそのまた闇」を読んで頂いていたなら話は早いが...。加えて...。ワタシの、琉球(沖縄)側に加担するような偏見・偏屈な表現は、前回も今回も同じであるが...。邪推とお受け取り頂いたならば重ねて、切にお許し願いたい。ただ...。決して悲観的、感傷的では無いが...。琉球・沖縄の歴史....。その隅々に、そこはかとなく”せつなさ”を覚えてならない。・大海孤独の島国が、一国として存在し続けるた...

  • 「琉球通寶」・・薩摩闇支配のそのまた闇

    後付だけれども...とんでもなく長い話になりました。どうか飽きずに最後まで...どうか。---------------------------------------------------------------------------------”琉球通宝(琉球通寶)”という古銭をご存じだろうか?ご覧になった方もあると思う...。通貨自体の詳細は後廻しにするが...。俗に”當百(当百)と呼ぶ小判型”と”半朱と呼ぶ円板型”がある。---------------------------------------------------------------...

  • 「北谷菜切」という名刀

    テレビゲームというような、近代若者の世界など、とんとかけ離れたワタクシである。ひょんな切っ掛けだった...。公民館に屯して、スマホゲームに夢中のガキどもから、その名前を聞いた。「北谷菜切」......なんとも聞き覚えのある名前だった。”天華百剣 -斬-”。 まさかゲームの世界にその名前(名称)が挙がっているとは...。元々は、アニメ&ゲーム雑誌の”電撃G's magazine”に掲載が始まった...とのこと。そして4年ほど前に、美...

  • グァバもバンシルーも赤も白も好き!

    JAのやんばるファーマーズに出掛けた。ミネラル水を買うために週一に、ボトルを下げて行く。ドラゴンフルーツとマンゴーが販台を席巻してた。ゴールドバレルはすっかり姿を消したし、パインもそろそろ佳境を過ぎる。そのパインの甘酸っぱい香りに変わり、グアバがトロピカル臭この上ない香気を放ち、辺りに充満...。数は少ないけれど、この季節、楽しみなフルーツ。洋名はグァバ。和名はバンジロウだが...。ウチナーグチでは、和名...

  • こたつ記事..に独り言

    出版業界の隠語で”こたつ記事”という。例えばあるライター(記者や物書き商売の人達)が...。実体験でもなく、取材や調査もしていないのに...。例えばネタ元から得た情報でも、裏取りもしていないのに...。ネットやテレビ、雑誌・新聞の紙面など、メディア情報だけを掻き集め...。さも、自分が発信元であるかのように再編成して書く記事のこと。つまり、机上だけで完成させた記事になる。由来の肝の、そこを”炬燵”に例えたのがさも日...

  • 金メダルを噛んだおっサン

    俺もそこそこ生きてきた。身勝手な正義感を振りかざし、ヤンチャナこともしでかした。でも、世の中、こうやって見ていると、ど~考えても俺より馬鹿。煮ても焼いても喰えない馬鹿。死ななきゃ治らない馬鹿が居る。否定はあって当然、自分勝手、独断と偏見の土台だが...。世の中の馬鹿を自作の振るいに掛けて、これまで十三人がいる。で、先日。新たに一人が増えた。この際、敬称は付けないが・・・名古屋市長の河村たかし五輪、女子ソ...

  • "なごむん”の・・・はて?使い道

    ”なごむん”が届いた! 5000円分の商品券。事前告知があったかどうか、それすらも知らず...。いきなりの送り届け。市長改選を控えての今どき作戦!?...とは言い過ぎの口は噤んでおこう。逼迫している地域経済の一助になる効果の程はこの上、間違いない。市政の英断を気持ちよく拝領させて頂きたい。有り難い気持ちは溢れんばかり。だけれど...。使うかどうか、どうしようかと迷っている。使わなければ、お商売の方には大変申しな...

  • いまさら?・・句読点

    いまさらだが、句読点に立ち止まった時があった。毛筆文化の時代、句読点はもともとなかった訳で...。明治の時代に教育システムを整備する中で、平等に理解できるようにと句読点が使われ始めたらしい...。つまり”子どものため的”を優先する改善だった。子どもの頃、母親から書き方の作法をぎっちりと教えられた。六つ子の魂、百なんとか...六歳ではなかったはずだが...。①目上の方に対する文章では...。場合によっては”句読点をつ...

  • 騒々しくなってきた...台風・熱低合わせて4個

    9号に続いてどうやら10号も確実にこっちを狙ってる。打ち消し合う事なんて無理な相談だろうから...。二つが合わさったら一体ど~なるんだろうね。ちっちゃい1個もうねうねと列島方向へ。このまま元気にならないで消えてくれればいいのにさ..。太平洋高気圧も偏西風の吹き具合もどう踏ん張ってくれてんだ?気圧の外縁沿いに攻めてくる感じ...。離れてく1個も合わせてこの時期4個。ちとばかり賑やかになってきた。   ...

  • ついつい徹夜...SurferGirl

    何ヶ月振りのテンションなので、作り始めたら止まらずになり...。昨日から、火が付いたようにずっと...。近眼、老眼を酷使した。目薬差しながら...何やってんだかなぁ...。気が付けばとうとう朝!?我ながら疲れた。呆れた。    作り始めた切っ掛けがベサニー・ハミルトンだったから...。やっぱり彼女はいつの間にか作ってる。     ...

  • ベサニーをイメージしたのだけれど・・

    ライフワークにはしているけれど、余程気が向かないと作れない。イメージトレーニングとでも言うか、ライディングを頭に刷り込む準備作業が必要な訳で...。YouTubeとかVideoとか、納得いくまで見る時間。先日急に、気でも狂ったか!?...自分でもそう思う時が来て...。何ヶ月振りに台に向った。そして、生まれたこの娘達。ロングボードは形が好きだな、俺として...。ベサニーを、もう幾つか作りたかったけれど、イメージが途中で切...

  • 初ふんどし

    唐突だが・・・。「褌(ふんどし)」を、締め込みされたことはあろうか?男子、陰部を包み覆う下着。”衣”偏に”軍”。つまり戦国時代からの兵士の衣装である。どこかの地方には「男児13歳になると褌を締め・・・」という古くからの謂れがあり・・・。当たる年になり、それまでのフリチンから男子の証明、大人の仲間入りを許される儀礼だそうな。ワタシにとっての儀礼・・・。それに値する初体験は小五の夏で、在所の氏神様の祭礼の、御神輿の担ぎ...

  • 今昔考・・・アンダー事情

    初心顔の、虫を見て奇声を上げる中学生も、はにかみながらも”VIO”を知っている。当たり前に”T

  • 今昔考・・・”落書き”という遺伝子

    便所の落書きで思い出すのは、若狭海浜公園のホームレスが占領していた時代。たまたま立ち寄って、あの惨状に思わず怯んだ。あれから随分経ったが、どうなったのやら・・・。県内、何度か公衆トイレに厄介になったことがある。沖縄のトイレは大人しい。管理され、綺麗に保たれて・・・”落書きも”珍しい。数ヶ月前、まん防の隙間を縫って都内に赴いた。故郷を離れて、最早十数年。今どきの都会の落書き事情をマジマジと見た。ご利用になっ...

  • 十八番”A・M・P”

    遠く、現役時代・・・。アウトドアを主軸事業にする会社をやっていた。北軽井沢の浅間山山麓にキャンプサイトを所有し、各地でも移動イベントを開いた。関東方面限定だが、名はそこそこ知れ渡っていた。1年、四季を問わず多彩なイベントを開催したが・・・。学期休暇ともなると、首都圏のマセガキどもが、親子連れだって押し寄せてくる。イベント初日には、次々やって来る参加者をスタッフ総出で出迎え・・・。通例で、”ウェルカム・ドリン...

  • 6号の落とし子

    6号の吹き返しも収まった。暴風雨圏の端っこだったにも関わらず、長い間雨風に叩かれた。なんともしつこい台風だった。お天気の合間を見て、後片付けをすることにした。吹き散らかされた葉っぱの掃き集め。へし折られた枝の切断とかとか・・・。中でも一番厄介なのが”琉球きょうちくとう”または沖縄夾竹桃。5年くらい前、浜で拾った奇妙な種が、こんなに大きく茂るとは思いもしなかった。毎年、初夏頃から白い花を付け、とんでもない...

  • 続 蕎麦談義・・・二八そばの二八

    最初に余談だが・・・。蕎麦を麺に仕立てることを「打つ」という。「蕎麦粉に水を加えて捏ね上げ整形した玉くを木槌で打つ」という工程が古書に書かれているそうだ。蕎麦粉には製粉過程で一番粉から三番粉、末粉まであって・・・。一番粉を使った、色が白目の蕎麦を「更科そば」というのはご存じのこと。蕎麦を打つ時は一般に、”つなぎ”の小麦粉(うどん粉)を配合する。蕎麦粉が多いとモソモソするし、小麦のグルテンが、モチモチ・ツル...

  • 秀逸絶品!ぶっかけ蕎麦・・・蕎麦談義

    本土で”そば”と言えば、大抵が”蕎麦”を指し・・・。沖縄で”そば”と言えば、沖縄そばのこと。絶対的なソウルフードである。”中華そば(支那そば・ラーメン)”との対比で”日本蕎麦”と呼び・・・。”和蕎麦”とは”沖縄そば”との対比で分別して、そう呼ぶ。 住み慣れてそこそこ長くはなるけれど、冒涜!!と思われても・・・。沖縄そばが苦手。パサパサ感が喉を越していかないアレが、未だに克服できない訳で・・・。どぅしても、やっぱり喰い馴れた...

  • おひとつ、いかがですか?

    先ず最初に、どうかお許し下さい。アイキャッチ画像で誤魔化しました。本文内容にはほど遠く、姑息な手段を使ったこと、誠に申し訳ございません。日頃、暇にまかせて、何気に浮かんだ”戯れ言”を書き貯めました。ただ、文字羅列しただけの記事のこと、お読み頂けるかの心配もあったわけです。でももしも、共感なり、お気に召して下さって・・・。何かの折りに、お使い頂けるのも幸甚に思うこと。と言うわけで、お呼び止めするために、...

  • 李子柒に恋して・・・

    李子柒(Li Ziqi)発音は”リー・ズーチー”。既にご存じの方も多いと思う。中国四川省綿陽市(の郊外)に住むビデオブロガー(YouTuber)である。数えれば、もう5年,6年・・・。あの時、偶然に見つけてそれ以来、ず~と見守り(?)続けている女性。彼女がYouTubeに「李子柒 Liziqi」チャンネルを開設したのが2017年の7か8月頃。それより少し前、動画アプリの”美拍(MeiPai)”に投稿している映像を見つけたのが切っ掛けだった。彼...

  • 暴風真っ最中に”グスミチBBQシチュー”を作る

    外は暴風で、外出予定を先送り・・・。暇ができちまった。なにしよう???そうだっ!ちょっと前に買ったアレを思い出し・・・。俺のオハコを作ろっ!!!料理時間もそこそこ掛かるので、時間潰しにはもってこい。普段、グスミチも、そんなに安くはない。たまたまスーパーのサービス・ディに出くわした。汁物よりもっぱら煮込みが好物なので・・・。「グスミチBBQシチュー」を作る。「豚軟骨のBBG風煮込み」です。圧力鍋を使えば20分程度で...

  • ”JOINT TYPOON”

    ただ今6号が接近、通過中。7号は遙か西方で、西に移動中。去年の6号は、確か8月半ばだったけれど、ともかくこのシーズンに入るとなにかに気掛かりな台風情報。日本の気象観察技術は世界中でも誇れるものらしい。Made in Japanは高品質に違いないけれど・・・。反面で、”軍事用に開発・製造されたものに勝る類はない”と・・・偏見が強い。重、軽工業品はじめ、化学や光学、電子製品に至るまで、全てに当てはめる悪癖がある。有事想定...

  • 玲瓏豆腐

    「玲瓏豆腐」と書いて”こおりとうふ”  お断り:文字ソフトによりけりで正確に表示されない可能性があります。なにせ古文書の字。広辞苑では「玲(れい・りょう)瓏(ろう・る)」・・・なのだが”こおり”と読む。夏場、何かの来客のある度に、お袋が作っていた豆腐料理。お袋の十八番だったようで、もてなしの度に、大人に混じってご相伴にあずかった記憶が残っている。小さい時分から「こおりとうふ」としか耳にしなかったので・・・。...

  • マイ箸・マイ匙・マイはがし

    一時期、エコ志向の時流まっただ中で「マイ箸」が流行した。凝らしたお洒落な箸袋に高価なお箸を入れて、使うより先に、俄エコ派を気取ってた・・・。八重洲のサラリーマンが、地下鉄出口の階段で滑って転び、途端、スーツの内ポケに入れてたマイ箸が折れ・・・。体に刺さってYシャツが真っ赤っか・・・・衝撃的な、ブレーキングニュースを目の当たりにしたことがある。今でも、取り上げられる機会は少なくなったれど・・・。密かなところでは、...

  • 分類番合 788

    愛車の「分類番号」は ”788” 自動車の車両番号標には・・・。上段に、「使用本拠地の地域名」と「分類番合」下段に、「ひらがな一文字」と「一連指定番号」が表記されている。軽だから、プレートは黄色。などと、知ったかぶりも、声高にも言えない話。実は、自分の車が”788”だと知ったのは・・・忘れもしない7ヵ月前の高速道路でのこと。交通機動隊のお巡りさんが「珍しい」と、指摘で判った新事実。そうっ!!速度違反で検挙された日!...

  • 悔しくも笑えた空騒ぎ

    まだ、本土に棲んでた頃のこと。親父の遺品整理とかなんとか、雑用の中、埃まみれのくすんだ紙箱を見つけた。 それはそれは・・”お宝”(になるはずの)箱大発見!!肉筆画や版画を写した2Lサイズの白黒写真が50数枚。あのそのつまり、いわゆる・・・。春画とか枕絵とか艶絵・・・春宮図とも言ったりする例のヤツ。<※掲載画像の表示は限りなく自己規制しております> <↑Clickは好奇心にお任せします>「あれは何?」・・・。それとなく...

  • ”招き猫”・・・「丸〆猫」:完!!

    「今戸焼」も「今戸人形」も・・・。最後の生粋人形師、尾張屋・金沢春吉によって一時は再興されたものの・・・それも絶えた。今に、今戸焼創業500年の看板を揚げる老舗が一軒だけ残っているが、商いの実態は無い。さてと、歴史,由来の云々はひとまずここで置くとして・・・。お題にした「丸〆猫」の由縁を明かしたいと思う。そもそも招き猫。片手で招く仕草のその姿態に「金銭や福徳を招き入れたい」との願を込めた象徴なのだが・・・。今戸焼...

  • ”招き猫”・・・「丸〆猫」:序!!

    「招き猫」商売繁盛願掛け、縁起物の陶器製の置物。どなたもご存じの・・・。前脚の右を挙げている猫は金運を、左を挙げている猫は客を招くとされている。ちなみに、ウケ狙いで、両脚(手)を挙げているのは“欲張りすぎ(お手上げ万歳)になるのが落ち”だから嫌う人が多い。名の通った産地は愛知県三河地方の常滑とか瀬戸。石川県には九谷焼のものがあるようだ。「招き猫」の発祥の由来だが・・・。東京(つまり江戸)に集中して数ヶ所あ...

  • シートを替える

    2ヵ月近くも遅く、やっと梅雨が明けた。いきなりティーダが息を吹き返し~のカンカン照り。こういう時はバイクに限る。海風を羽織って、一気にツッ走る心地良さ・・・・・・あぁ快感。だが、一つ問題点が残っていて・・・。やっと、このクソ熱い中、ちょっとしたカスタム作業。というのも、前から準備は完了していたのだけれど、長雨の間、ど~しても手に着かなかった。愛車”Thai Honda Super Cub JA6(100+25)cc Tanadiet-CustomDesign...

  • 煎酒(いりざけ)

    「TKG」。お忘れではあるまいか、”卵かけご飯”鶏の種類や産地、品質から火が付いた。一時、盛大な流行様・・・根強いブームは今も続いている様子…。さても白飯に割り入れて、そこに追い足すものは何をご所望ですか?出汁ですか?醤油ですか?まさかのお塩?。ワタシは…。卵が何処々々、種類が何々というよりも、絶対、醬油派である。醬油と言えば…。今でこそ、醸造製法や原料、産地特徴などで何と種の多いことか…。「濃口」「薄口...

  • 屋部寺”御朱印発給”顛末…追補

    直接ではないのですが、屋部寺に関してご質問が集まっている…とのこと。「追補」で記事を起こすことにしました。ただ、ここにお答えできるのは薄~く知り得る範囲でしかないことをご勘弁願いたく…。更に探求されたい場合は学者、研究者をお頼り下さい。①屋部寺は檀家、門徒など全く無関係で、特定の宗教、宗派に限りません。仏教と土着の民俗信仰、琉球神道も一部には混在するごとく、沖縄流のチャンポン文化が集約した信仰形態で...

  • 屋部寺”御朱印発給”顛末…其の2(完)

    「御朱印」とはそもそもなんぞや…。神社仏閣に参詣をした、その証拠として、押し頂く「証明書」である。元は、仏教の布教の深まりとともに、全国各地の寺社仏閣・霊場をを修行行脚する慣行が始まった…。その行者達は、自らの写経に信心を集中し、その象徴を参詣の証として奉納(納経)した。代わりに寺院からは「納経の受取証明」として、院号あるいは本尊名などに朱印を押した書き付けを頂いた訳だが…。時代が進んで、参拝者が証...

  • 屋部寺”御朱印発給”顛末…其の1

    名護市の屋部集落に、こじんまりひっそりながら、威厳を誇って佇む寺院をご存じではあるまいか…。地域の名で「屋部寺」と呼び親しまれているが…。正しくは、開祖の凌雲和尚の名を拝して「凌雲院」という。屋部(当時は村)の拝所として、地域住人の浄財によって建立された。開山は江戸の初期。元禄五年(1692年)そして現在、330年もの歴史があり…。土着信仰の聖地として、県内外から広く参拝者を集める寺院、御願所である。寺にま...

  • 一丁札

    出来た!新調の千社札。コロナ禍明けに千社詣を思い立ち…。そういえば、納札も残り少なくなったから、注文をしなければと…。新しい意匠で、下絵を描いた。これまでと趣向を変えて子持ち枠を外し苗字と名を捩った丸印。彫りと摺り、一貫でお願いできる、ご贔屓の店がある。元浅草の 「長尾」さん。浮世絵版画師の内では有名な彫り師(親父)と摺り師(息子)。家内仕事で御母さんも彫り師。昔気質の…江戸職人がそのまま生きてるって...

  • 本飛切…入りました

    先日の回に、「紋日」の記事を書いた。今回は「飛切」のことをお題にしようと思う…。縦23センチ幅10センチ程の桜の版木。「本飛切」と彫ってある。”とびきり”とか”とびっきり”とは…。”天狗飛び切りの術”と、剣法では高く飛びあがって相手に切りつけること…らしい。良く耳にするのは、”並外れて優れていること。最上。極上。無類”を形容する動詞として使う。江戸末期から明治、大正の初期の呉服屋、酒屋、穀物屋などでは…。貴重...

  • ひょんな口癖

    隔月サイクルで、琉大病院に定期の健康診断を受けに行くのだけれど…。その時の出来事。いつに明けるかこの長雨…その日も雨模様。全部の診察を終えて1時間、帰る時間にもまだ降っていた。そこそこ強めの雨脚。正面出口のガラス越しに、ザザ降りの様子が目に入った途端…。「俺、”○○○○○ヨッ!!”」って…口走った。(ようだ。)ひょんな口癖。雨に濡れるのが決して嫌いなわけじゃない。でも、若い頃、いつかしらからの条件反射。その...

  • 本日「紋日」で御座います…

    このコロナ禍で…。緊縮営業を強いられている様々な業種の御店主、あるいは責任者の方。飲食系の方は尚更かと…。ワタクシもリタイア前がどっぷり同じ系統の職業で、他ならない心労だろうこと、お察しします。全く以て、一本芯の通らないフニャフニャ行政。つい先日…。”国立競技場でビールを売る”…??!!あのニュースには仰天しましたけどね! スポンサーにだけは腰を屈める低姿勢。思わず、知ってる限りの罵詈雑言、口走ってしま...

  • 組踊の女形(オヤマ)

    ”琉球舞踊”…という名で、民俗舞踊は勿論観たこともあるのだけれど…。沖縄に移住して暫く…。「お前、”組踊”を観たことある?」と聞かれた。正直そこで初めて、”組踊”のことを知った。受け売りだが…。江戸時代中期、琉球王府の踊奉行職だった玉城朝薫は…。江戸上りの際に、江戸や上方各地で能楽や歌舞伎などを見聞しながら…。琉球古来の芸能や故事を基礎に、本土芸能を融合して「組踊」を創作・完成させた。そこで…素朴な疑問がよぎ...

  • 面の差し替え

    「プロフィール」。略して「プロフィル」とか「プロフ」とか…。「人物紹介」「人物評」のことなど誰でもご存じだけれど…。語源は…。ラテン語の「輪郭を描く」を意味する言葉で…。これが「人の横顔・外形」を意味するようになり、「人物紹介」を差す言葉までに至った。すっかり忘れていたけれど…。ブログを始める数年前に、その道の先輩から教わった。でも「プロフィール」の発音が英語でなくフランス語の発音だと知ったのは…つい最...

  • 鯉口襦袢

    コロナ禍で厳しかったけれど、正月、今年も「普天間宮」に参じた。千社詣には当然、初詣だろうといつも通りの寺社参拝の正装で…。肌着は真っ白な鯉口。敢えて黒の股引きと腹掛けを着け、印袢纏を羽織って正絹の献上帯を締める。岡足袋履いて雪駄を突っ掛けるのがワタクシ流。誰彼と無く…こういう合わせ方を”江戸前スタイル”といったらしい。そんな言い方はどっちでも良い。まずもって…。沖縄で、本土の祭り衣装など一般的ではない...

  • 夫婦刷毛…千社詣の道具もう一つ

    下箱ともうひとつ肝心な道具があって…。特殊な専用の刷毛を取付けた長い竿。高い場所、それも出来るだけ他人様の札よりも高い場所が御利益も多いというので…。つまり、長さを競うのだが…。曲がりの強さも釣り合わなければ役に立たない。  継ぎ竿か振出し型。船釣り用の、まだ現役のファイバー製の振出し竿をかなり強引に、無理矢理おしゃかにして・・・。竿一本に仕立てることにした。ガイドを取り除き、リールシートも外し、竿の全...

  • 下箱・・・千社詣の道具立

    神社やお寺の壁や柱や伽藍にも、所狭しと行儀良く貼られた千社札。納札、貼札、題名札とも呼ばれる。神社仏閣には墨一単色でスミ刷した札を貼るのが儀礼。一丁札(説明省略)を原寸に大きさも決められている。題名札が貼られている間は、参籠(サンロウ:宿泊参拝)と同じ功徳があると・・・。日帰り参拝者が身代りに自分の札を貼った事から始まった。社寺主の許可を得て、御朱印を頂いた上で千社札を貼るのが本来正式な作法である。 ...

  • 籠目の小物入れ

    そして籠目の小物入れ。贔屓にしている浅草の小物屋さんに無理矢理頼み込み・・・。細工職人に、縦型にわざわざ仕立てて貰った誂え品。真田紐で、袢纏を着た上から袈裟懸けにぶら下げる。寺社にお願いする千社札(センシャフダ)は、貼札(ハリフダ)とか納札(ノウフダ・ノウサツ)というのだが・・・。ここ最近急速に、貼らせて頂ける寺社がめっきり減った。その訳は、ここでは長話になるので省略するが・・・。代わりに、板貼りにして納...

  • 千代掛

    お祭りやお参りに、財布だのスマホだの小物は合切袋とか、巾着袋に入れて下げる。煙草入れなどは、腰帯に着けるのだが・・・。袢纏にポケットなど一切、付いてない。したがって身の回り品を持ち歩く袋物などを重宝するわけだ。これが又・・・。それぞれ銘々に、粋を込め、自慢げに振舞うのも祭事の妙味。ワタクシは、以前に紹介した合切袋(合財袋:ガッサイブクロ)。その他に、千代掛(チヨガケ)と籠目(カゴメ)の小物入れを重宝する...

  • 合切袋と念珠とウィスキーの瓶

    さてと、ワタクシのお参り道具。必需の合切袋(あるいは合財袋とも書く)と数珠と、そして手水の瓶。合切袋には、御朱印帳と神社仏閣の所在地図やら何やら情報資料を入れている。御朱印帳は、お寺用と神社用に振り分けて二冊。儀礼作法を守っている。一冊は、高知県産の竹箋をつなぎ合せた逸品。また一冊は、東京墨田区伝統工芸のうるし紙で装丁したこれも逸品。数珠は天然素材の星月菩提樹で、浄土真宗の蓮如結びの片手念珠だが、...

  • 千社詣、待ち遠しさも・・・いつ??

    一心あって、千社詣を再開しようと・・・。一段落して小休止していた千社参り。丁度、コロナ感染が蔓延しそうな気配の時。寝っ転がって天井向いて、ふと・・・「今だっ!!て」と思い立った。横道に逸れるが・・・。沖縄で、真摯な心持ちで伝統の無い千社詣のお方など皆無だし。仮に居たとても、流行追っかけのエセ者や浮かれた観光客ばかり。旅の恥は掻き捨て・・・とばかり好き勝手で荒らし回る。神社寺院でも、無作法な参拝に困惑。対策にも...

  • のぞき・・・ひさしぶり

    去年、12月早々に年賀のご挨拶。それ以来・・・。あれは、それなりの事由があって早終いをしたのだったけれど・・・。ひさしぶりにのぞいて見ると、あれから半年も過ぎている。イメージ画像も、手近に適当なのが見つからずに代用品で・・・。のぞきはのぞきでも”股のぞき”ご存じの天橋立の名物を拝借してお茶を濁させて・・・いや照れくささをオチャラケで誤魔化させて頂きました。で、多忙に多忙を重ねた野暮用もそこそこ片づき、余裕も見えて...

  • 尚早ではありますが・・・。

    極めて早々ではありますが・・・。本年は之までと致します。この一年、ご高覧頂けた皆様方に心より御礼申しあげます。今日、ご挨拶申しあげて、罰は当たりますまい。コロナ渦中、未だ先行き不安定な世情が、来る年こそと快気への願いを強めるばかりです。くれぐれも御慈愛され、ご健勝でお過ごし頂けますよう。どうぞ良き年をお迎えくださいまし。...

  • 誂え直し

    今年の納月も間近。沖縄に移ってからというもの長い間、祭礼の正装をする機会もなく過ぎている。何度かは機会があったのだけれど・・・。島の祭事に着るともなると、辺りから驚異の目に刺されて痛いやら、居辛いやら。いつ時だったか、反社の関わり者のように疑われたこともあった。異文化を持ち込めば、それは確かに浮く。それっきり・・・。毎年、虫干しだけは繰り返し、鏡の前だけで決め姿。でも、一家相伝とまでは大袈裟だが・・・。年...

  • かりそめながら・・・密かな願望記念日

    羊でもあるまいし・・・。中二の女子連が頭を内に輪になってワァキャァ。どうやらやっぱり携帯アプリのネタで盛り上がってる様子。渦中に飛び込んで・・・。知り合いの1人が教えてくれた変造アプリ。今じゃフツー過ぎるらしいのだが・・・。この年だ、遅れ切ってるのは百も承知している。そそられながら、照れながらレンズを向いて指先が動く。幾年月振りか、ワクワクの初体験。カシャッ!!(スマホ設定音)実は内心、ムラムラと・・・。そし...

  • 読書と、うたた寝の狭間

    6年前に植え付けた琉球キョウチクトウが思いのほか葉が茂り、シンボルツリーだったアレカヤシを席巻している。そのお陰で、塩梅丁度の日陰を作ってくれ・・・。その樹間がこの上ないハンモックの御用達の場所になる。鉄パイプのポールも建てた。木漏れ日の心地良い温かさと、程良い紫外線の刺激を受けながら・・・。な~んも考えずにブランブランと揺れるのが至極の時である。そして気分を良くしながら本を読む。今、読み込んでいるのは・...

  • 細工物

    昔取った杵柄というやつ。ステンドグラスの作法を使って、銅ワイヤーとハンダ細工で作るフィギュア。でも俺自身ボードには乗らない。勿論持ってもいない。特にタイトルを付ける訳でもなく、誰かに差し上げようなんても思わない。YouTubeを何回も見直したり、映画で見た気になるスクリーンショットを形にする。切っ掛けは”Bethany Hamilton

  • もしか、もしやそうだったとしたら・・・。

    浜に打ち寄せる波の音も静まった。久し振りにと浜に出た。俺流”ビーチ・ウォッチング”。ふっと思い立っては、シーグラスや流木とか、珊瑚の欠片を拾いに出掛ける。何を作ろうとか、どこに飾ろうとか差し当たって計画してる訳でもないけれど・・・。風の止んだ後は、お宝に巡り会うことも多いから。ごみにも・・・。何日か続いた北風のせいで、かなりいろんな物が打ち上がっていた。ぼそぼそと歩きながら見つけた「フィン」・・・漂着物にし...

  • 新しい遊び相手

    トライクを売り払ってから空席になっていたオモチャの席。輸入契約してから少し時間が経ったけれども無事に我が家にやってきた。って言うか、横浜に入ったのが5月、日本仕様にマイナーチェンジして6月には沖縄に着いていた。半年も過ぎて、今頃記事に上げる・・・つまりサボってた理由の内訳。ベースはSuper Cub1000 タイホンダ製タイのカスタムプロデューサーがファクトリー系の改造を加えた一品。ディアブロという名前にサブネーム...

  • Kuksa・・・ブログ放ッたらかしまんまの今日

    放ったらかしたまんまのブログ。決してネタが無かったわけでなくて、そんなのはワンサカあったのだけれど・・・なんとなく。気付けば半年も何も触らずに・・・自堕落なことです。Kuksa・・・ククサ。ご存じの方も多いはず。フィンランド北部のラップランドからロシアの一部に渡ってに住んでいたサーミ(サーメ)人。たまにラップ人とも呼ばれることがあるがこれは蔑称。彼らの伝統的なカーヴィング技術で作られるマグカップ。主に北欧で育つ...

  • Patagoni○製トロ箱

    ”a”だけを”○”にしてみたところで、彼の”Patagonia”なのだが…。有急有要な用事もさし当たりないので…自粛時間のDiying。Logoをパクってトロ箱を作った。ちょこちょこっと…。直ぐ近くの浜に出掛けたり、秘密の山の陰とかで、つかの間のセミ・キャンプを楽しむ。道具は必要最低限しか持たない主義で…。セッティングもバラシも、手際良くをモットーにしている。とはいえ、そこそこに小物や小道具の数があるので、運搬も、大がかりでな...

  • 上等じゃねぇかっ!

    前に、近所に住んでいた、本土から流れ着いた連中がいた。男2人に女が1人。にわか立ち上げのスムージー・カフェとかを開いて営業していたけれど…。早々から客足も少なくて流行ってはいなかった。その内に立ち行きならなくなって夜逃げ同然でどこかに消えた。噂で、どこかの焼き肉屋でバイトで働いているとかなんとか聞いたけど…。ついこの間、生まれた本土へ帰って行った…とよ。分かりきってた結末だけど…。こういう類の連中に何人...

  • キム・テリ…たまらんです。

    ご存じも沢山とは思うのだけれど…。金 泰梨(キム・テリ)/Kim Tae Ri韓国の女優。1990年ソウル生まれの30歳。2012、3年くらいから活動を始めたらしいけれど、映像で知られるようになったのは2014年くらいから…。彼女を初見したのは韓国TVMが製作したテレビドラマ「Mr. Sunshine」2018年にTVと同時配信されたNETFLIXでのことだった。主演はイ・ビョンホン(チェ・ユジン/ユジン・チョイ役)その相手役になるコ・エシン役が彼女。...

  • 俺、どこか病んでいる?

    ユニクロのワッフルボクサーで履き心地が良くて、一番気に入ってて色違いで6枚。…んなことを書こうと思ったとは違う。今朝、起きて直ぐのベッド横に落ちていた俺のパンツ。事件現場風のそのままの現状写真。夜着は、パンツ一丁に上に鯉口シャツを羽織るだけだが…。夕べ、風呂を上がって履き替えてそのままのはず。おやっ?として…。股間がスースーする感に、まさぐってみればそこにある、萎れたソーセージを触った。あっれ?やっぱ...

  • 新横某所にて…

    ナンバーも取れた。自賠責にも加入した…。横浜、新横近くにあるとあるガレージ。ついこの間、タイから入荷したばかりの1台をセッティング中。2日あればほぼ…。Only Meの「Tokyo Street」が完成する。本当は飛んで間近で見ていたいのだけれど…。このご時世、自粛、自重が第一だから、今最先端のリモート鑑賞。数時間毎に着配信の動画を見てはワクワクの真っ最中。メカニックの邪魔ばかりしながら…。ここで沢山の写真とか、動画にし...

  • ノウコウセッショクッ!

    近所に男子高校生がいる…。確か…2年生。たま~に登下校の道ばたで顔を逢わせたくらいで、名字は岸本だけど名前までは知らない。学校が休校になってからは余り姿も見ることが無くなり、きっと家に籠もりっきりなんだろう…。大雨が過ぎた翌日…。気温は多分26、7度にも上がってたと思うが快晴、心地いい風もある。浜辺に流木を拾いに出掛けた。おや?先客が・・・。凪いだ海の遠くをボケ~ッと見つめながら座ってる男子。高校生。岸本...

  • 俺、やっぱりメットも買う!

    彼女を俺の勝手でフッた…。その反動?その衝動?そんなんじゃ無いが…。寂しさのあまりバイクを買った。輪っぱのトライクに乗ってた時の…「SPARCO WTX-5W」昔々の、カートにハマっていた時のフルフェイス。 でもお前…。今度は2輪に跨がるのに…。HANSのセットクリップが付いてるような、四輪のレース仕様を被る気か?後ろ見られて、変だって思われるか、聞こえてくるか…。どっちにしようと面白くは無い。今年の春先に、BELL社が新モ...

  • 出艇準備

    コロナ感染も、沖縄では暫く感染者も増加無し。全国的にも、非常事態宣言下の生活が浸透した成果のようだ…。あちこちで自粛緩和の動きが望まれて、そう遅くない時期にそ~なるかも知れない。ぼちぼち、出艇の準備。5m越えの長尺のシーカヤックを、愛車のジムニーで運ぶとなるとそれなりの手はずがある。これに先ず…。道路交通法で、車長の10分の1以上を越えて貨物を積載・運搬移動する場合の「制限外積載許可書」本土では、あっち...

  • 鼠径部…秘話

    太ももの付け根の部分を”ソケイブ”というのはご存じのこと。漢字にすると「鼠径部」とか「鼠蹊部」と書く。”ネズミ”の通る”小さなミチ”???何やら意味深に思えるが…。あの付け根の中央付近から、如ッと伸びているアレのこと!?一見確かに、ネズミにも例えてもおかしくはない。それはともかく…。親しい友人が流大付属病院に入院してた時、お見舞いついでの戯れ言。ソコに関した話題。不整脈の手術のために、太もも部分の頸動脈か...

  • 俺、バイク買う!

    遊びの相棒だったリバーストライク。「Want-It」(ウォンイット」)自分好みにカスタマイズ。いじりまくって結構キメタ(つもり…)。ナンバー付けて公道を走れる唯一最後の仕様車で…。プチ自慢すれば、沖縄でオンリーワン。   連んで走れる仲間も楽しみにしていたけれど…それも、とうとう叶わなかった。4年と少し…そこそこ走り回って楽しませてくれた。けど…癖の強さにトラブル大好きなヤンチャな娘。取り扱いには少々…いや随分...

  • ウチキャンプ飯/ノンフライ・カレーパン

    GWも開けた…。普段に戻った日々も、外はやっぱり静か…自粛を保っている感じ。良いことには違いないけれど、いつまで続くのが心配、心細くもなってくる。そんな今朝、やっぱり簡単なウチキャンプ飯。揚げないカレーパンを作る。[材料]*8枚切り食パン 1枚 …8枚切りなところが味噌。*レトルトカレー …やっぱり大塚のボンカレー 3種の内では甘口がお薦め。*バターもしくわはマーガリン …少し。*パン粉 …ちょっと。[作り方]①...

  • ウチキャンプ飯/マイ(コロナ)ブーム

    不急不要の外出自粛。そんな自粛自粛が癖になり…。なんだかこのところ、外出拒絶症に陥った。こうも刺激の遠ざかった状況で…。日毎の朝飯も、なんだか代わり映えもせず、美味しく味わう風も遠のいた感がする。気分一転と…。近所の浜にタープでも張り出して、野営でもしようかと思った。虫干しかねてテントを張って一晩の庭先キャンプ…とも考えた。けれどが…なんだか出不精癖が邪魔をする。愛用のキャンプ用具を引っ張り出して…。ト...

  • 「アビガン」…

    日本国内のメーカーが作る薬剤の「アビガン」「オルベスコ」「フサン」はCOVID-19治療薬として既にある。中でもインフルエンザ治療薬の「アビガン」は最も注目されていて…。国際的にも沢山の世界から供給が望まれて、貴重な国際貢献にもなる。なのに未だに未承認。「アビガン」は、芸能人とか著名人御用達ではあるまいに…。沖縄から総スカン喰らったあの石田純一は…。集中治療室の一歩手前の危篤から、アビガン投与後に快方に向か...

  • 時間潰し…また1本

    緊急事態宣言も延長が決まった。宣言が発出されて…。「6日じゃ無理じゃないか?」と勝手な皮算用。いずれは外出禁止令などになるような、そんな危惧も少しあったけれど…。。その頃から、時間潰しに始めたパラコードノット。若かりし現役の頃…。ボーイスカウトの活動とか、ブッシュクラフトのセミナー主催とか…。キャンプサイトを運営する傍ら…アウトドアが仕事だった。経験上…。その昔に取った杵柄。何十種類もの中、忘れたノッチ...

ブログリーダー」を活用して、凡骨さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
凡骨さんさん
ブログタイトル
"Log Day's Log" in 75
フォロー
"Log Day's Log" in 75

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用