chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • アルストロメリア

    アルストロメリア 今まで花の名前を特定するのに苦労したのは沢山ありましたが、この花を探すのに苦労したことはありせんでした。 我が家の周辺は、ヤマを切り拓いて大企業の社宅が建てられていたので、社宅に住んでおられた方々が社宅周辺の自然を利用して野菜畑や草花、果物の樹木など様々な趣味の方々が自然と付き合っておられたと見えて、その遺物が様々な形で残っている山地なので飽きの来ない場所です。 アルストロメニアは、現在は、花束やフラワーアレンジに多く利用され、花色が豊富で、色鮮やかなものからパステル調やシックな感じのものまで、多彩でエキゾチックな花です。ところが、我が家の側に沢山咲いてい..

  • 雨期の花 ノコギリソウ

    雨期の花 ノコギリソウ 梅雨入り宣言が出されたとたん 高温カンカン照りの夏日でびっくりしていたところ、昨日の夕方から梅雨…

  • ギボウシ

    ギボウシ 何時の間にかギボウシの花が咲いていました。庭石のたもとに植えていたところ邪魔になるほど株が増えてきたので、大溝横の砂留として役に立つようだと邪魔だったギボウシの株を植えていたのですが、ギボウシの成長に環境があったのか、庭に植えている株より増えていたのでした。 ギボウシの葉は地面から直接繁っていますが、花は茎を長く伸ばし、可憐な花を咲かせます。 開花は梅雨時に咲きますので雨に打たれた花弁は風情があります。 ギボウシ(擬宝珠)は、キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属の総称で、山間の湿地などに自生する多年草とあり、食用にもなるようです。

  • ニチニチソウ

    ニチニチソウ 我が家の庭には、春の草花はパンジー、夏の草花はニチニチソウが定番です。どちらも育てやすいからです。いつも通…

  • ヤブジラミ

    ヤブジラミ 大溝横の土手に白い花であるヒメジョオンが咲いています。その奥の方に、ヒメジョオンによく似た白い花が見えています。 その花は白い花で小さな花が集まっているようでヒメジョオンらしさがないなあと思いました。 草むらの中でしたので長靴に履き替えて傍まで近づくと、ヒメジョオンとは別物でした。 花だけ見るとノコギリソウに似ていますが、葉が全く違います。知らべて見るとヤブジラミ(藪虱)、セリ科ヤブジラミ属の越年草とありました。 和名の由来は、藪に生え、鉤状に曲がった刺毛によって果実が衣服につきやすいようすをシラミにたとえたもの。 日本全土に分布し、原野や道ばたにふ..

  • ヒメジョオン

    ヒメジョオン 庭の隅っこやあまり手の入らない場所に菊の花に似ている花が咲き出しました。ヒメジョオンです。漢字では姫女菀と書くようで。キク科ムカシヨモギ属の植物とあります。 「姫」は小さいを表し、「女菀」は「中国産の野草」を表すと言われ、それなりの理屈があり、植物の分類学者は、ちょっとした違いも鋭く反応するようです。 最近の鉄道沿線は雑草が生えている光景はあまり見たことはありませんが、空き地・空き家等に生える雑草群には結構背の高くなるヒメジオンが咲いており、鉄道の線路沿いにも広がったことから「鉄道草(てつどうぐさ)」と呼ばれたりした時代があったそうです。 父..

  • グラジオラス

    グラジオラス 我が家の道路沿いの花壇は保湿力がなく、カラカラなので草花を咲かせるには、それ相当の世話が必要です。怠けて…

  • カモジグサ

    カモジグサ 雑草と呼ばれている草は種々雑多ですがこの雑草は茂りに繁って如何にも邪魔な雑草と言わんばかりに背丈が高く穂状におじぎをして、「は…

  • オキザリストリアングラリス

    オキザリストリアングラリス 今年は、ムラサキカタバミがアッチコッチに咲いていると言いましたが、異常なほどに咲くので、調べ…

  • ムラサキカタバミ

    ムラサキカタバミ 今年は例年と違い、我が家の庭には異常なほどあっちこっちに赤紫色のムラサキカタバミが咲いています。 花は可愛らしい花とクローバーのような葉をつけるので、雑草として引き抜くのもどうかと思い、そのままにしていますとハート型の葉を茂らせ、初夏にかけて淡い紫色やピンク色の花を付けるのが大きな特徴です。見た目は可憐ですが繁殖力が非常に強く、邪魔だと思うと駆除がやっかいな雑草です。 ムラサキカタバミが属している「カタバミ」は、中南米や南アフリカを原産として世界に広く分布しており、その種類はなんと約850種類にものぼるとありました。 ムラサキカタバミの花言葉には「心..

  • アサガオ1号

    アサガオ1号 外出には車を…

  • ニチニチソウ

    ニチニチソウ 夏の草花の一つにニチニチソウが重宝がられています。 ハンギングプランターにニチニチソウを中心に花をいっぱい…

  • クチナシ

    クチナシ クチナシの花が咲き出しました。クチナシの新芽が出る頃になると、なぜかクチナシの…

  • インドハマユウ

    インドハマユウ 今朝、みそ汁の薬味に青ネギを野菜畑に採りに行くと、我が家の端の…

  • トウバナ

    トウバナ ヘデラを植えている鉢に1~2㎝位の小さな花が咲いていました。カズラのヘデラに花が咲いていると思って近づくとヘデラの葉っぱと全く違う葉が見えてきました。葉っぱを辿ってみるとヘデラではなく、全然別の葉っぱでした。茎の先に小さな花が次々と咲き塔のように見えているのでトウバナと名づけられたようです。 一見、ひ弱そうに見えますが、チョットしたところに生えているので繁殖力は旺盛のようです。 法要 友人が他界してから、力が抜けたというか、身体全体に力が入らないのは仕方がないのかもしれません。 この気持ちは、私だけでなく、特に肉親や親しい人に別れを告げ、立ち直るに..

  • ヒサカキ

    ヒサカキ 我が家では、神棚にサカキの代用としてヒサカキを年中供えています。我が家の神棚は、台所の隅に設置していますが、通常、仏壇は妻が、神棚は私がお供…

  • ポーチュラカ

    ポーチュラカ 温室で冬を越したポーチュラカの鉢をテラスの見える所においていると、思い出したように花がポツンと咲き出しました。花が咲いてから…

  • カズラ3態

    カズラ3態 「ハツユキカズラ」と「黄金錦」そして「ヘデラ」 我が家の門扉を開けて中に入ると大きい植木鉢に植えている3種類のカズラが迎えてくれます。まずは、テイカズラの一種「黄金錦」、「ハツユキカズラ」、そして「ヘデラ」です。 ハツユキカズラは、テイカズラの一種のようですが、葉の色が緑色だけでなく、ピンク、白と色とりどりの葉が伸びて私たちの心を癒してくれます。 大きめの植木鉢に植えていますので鉢物に水やりをする時、ついでに水やりをする程度で、4~50センチ程度に高めに設置していますのでカズラの先が地面につく程度に伸びた時にカズラを切る程度で年中原形を保っています。 ..

  • アカメガシワ

    アカメガシワ 我が家の側の山にアカメガシワの樹木が茂り、枝が…

  • ツユクサ

    ツユクサ 朝、野菜畑に行き、味噌汁の薬味に青ネギを2~3本採りに行くのが毎日の行動開始です。青ネギの側に雑草が生えていますが、葉っぱに筋があり、チョット気品のある日頃見ない草が生えています。今朝見ると、その筋入りの葉っぱの間から花が咲いているではありませんか! それも思いもよらぬツユクサの花が・・・・! 何かの間違いじゃないかと思いちょっと離れた場所にツユクサの花が咲いているので見比べてみると、花の形、葉っぱの形も同じでした。 ツユクサとは、露を帯びた草からくるようです。朝露を受けて咲き始め、 午後になるとしぼんでいます。 花は3枚あり、うち2枚は青で大きく、残り1枚..

  • スカシタゴボウ

    スカシタゴボウ 朝食用ネギを採りに畑に行くと、オクラを植えている畑にアッチコッチ大きな穴が開いていました。久しぶりにイノ…

  • ナンテンの花

    ナンテンの花 ナンテンの木は、すぐそばの山に点在していますが、我が家の裏庭の隅にも一本生えています。 気が付くとナンテンの葉の間から白い…

  • ヨウシュヤマゴボウ

    ヨウシュヤマゴボウ この地に居を構えて60年ほど経過するが、山の自然の変化を肌に感じ、街はずれで交通機関に不自由するが、住みやすい場所である。 特に同じ場所でも四季に応じて変化する自然の営みは、住んでいる者にとって心を癒してくれている。ただ、蚊やハエ、ヤモリや長い小動物に囲まれており、暖かくなると活発に動き回るのでイノシシの出没に比べると怖くはないが、それ相当の対策が必要である。 植物の中に、ヨウシュヤマゴボウが最近アッチコッチ生えてくるようになってきた。実か花か分からないような穂状に花が咲くので、そこだけ切り取って小瓶に差しているとなかなか瑞々しくて美しい。ところがよ..

  • ヒメイワダレソウ

    ヒメイワダレソウ 春の草花は、こんなに暑くなると パンジーやビオラなどは伸びきった茎が水分は含みながらもゲンナリしてきました。夏の花との交代期です。 花壇に植えているパンジーを根こそぎ引き抜くと、地面を這いまわっているヒメイワダレソウのツタがパンジーの根に絡みつき、一緒についてきてしまいました。 パンジーに隠れて、ヒメイワダレソウの花がパンジーの端に見え隠れしていたまで気が付かなかったのです。折角なのでパンジーだけ引き抜き、ヒメイワダレソウはそのまま繁ってもらうことにしました。 月に2回は訪れる「ともだちや絵本美術館」の通用口土手に一面に広がっています。我が家も引き..

  • トルコキキョウ

    トルコキキョウ 道路沿いの花壇にキキョウが毎年花を咲かせていましたが、キキョウを植えていることを忘れて花壇…

  • トルコキキョウ

    トルコキキョウ 道路沿いの花壇にキキョウが毎年花を咲かせていましたが、キキョウを植えていることを忘れて花…

  • ピーマンの季節

    ピーマンの季節 我が家には、ピーマンとパプリカを狭い家庭菜園に11本も植えています。 理由は二つ。 一つは、採っても取っても次々と成る。葉物野菜であるホウレンソウなどの葉物は、引き抜いたら、その場所が開いてしまう。すぐ別の葉物を季節がズレるので種を蒔くという芸当が出来ないので、雑草畑となってしまう。 二つ目は、朝の料理に簡単。2人暮らしだと朝畑に行き、1個または2個、縦に細く切り、ベーコンも同じように細長く切り、サッと炒め、塩コショーをパラりと掛けて出来上がり。パリバりとして美味しい。 パプリカは、色どりに適している。生でサラダとして食べてもいいし、油ものにも合..

  • ニンニクの花

    ニンニクの花 道路沿いの花壇にノコギリソウを植えています。その間から球根の芽が伸びてかなり大きくなっていました。 ご近所の方が「ニンニクが大きく…

  • 赤いサルビア

    赤いサルビア 毎年5月初めに植木鉢の草花を春バージョンから夏バージョンへ移行するのが恒例でしたので、何時もと同じような気…

  • 十二の巻

    十二の巻 はじめて十二の巻を見た時は、「シマシマ模様のきれいな盆栽だ。」くらいしか思いませんでした。 考えてみると父の時代…

  • アルストロメリア

    182E3828BE38199E381A8E3828DE38281E3828AE38182.jpg" target="_blank">

  • アジサイ

    アジサイ 春の季節は、様々な花に囲まれています。早春に咲くスイセン、梅の花に始まり桜やツツジ、キンセンカ、バラ・・・数えたらきりがない程、寒さを吹っ飛ばす花にめぐまれていきます。 また、梅雨を呼ぶ花菖蒲、アジサイ・・・と季節が変わるごとに自然界は美しさを失うことはありません。植物の一生を目の前にすると、雑草でも花を咲かせる輝きが終わるとあんなにきれいだった花弁も、しわがれて種子を残して枯れていくので、おろそかに捨てがたく、次代へ肥料として土に帰っていくので、新芽の側に眠ってもらっています。 アジサイは、我が家の庭には4種類の花が咲きます。紫陽花と書くように小さな花が集ま..

  • 花菖蒲

    花菖蒲 我が家の花壇は、現在、キンセンカ一色で覆われていますが、真っ白なカラー、ピンクのカタバミ、黄色いリシマキア、・・・と咲き乱れています。それに昨日から紫色を中心とした花菖蒲が加わりました。 気温も上がり、30どを越しており、高齢者にとっては気温の変化に対応できなくなってきました。 花菖蒲を見ると、アヤメは外側の花弁に網目模様がある。カキツバタは外側の花弁に白色の筋がある。花菖蒲は外側の花ビラに黄色の筋があると区別がきめ細やかに分けられています。 菖蒲は以前は「あやめ」と呼んでいましたが最近では菖蒲と呼ばれているのが多いようです。専門家としてはそれぞれの違いをほ..

  • オオタデ

    オオタデ オオタデは何年前から咲くようになったのだろうか? 妻が知り合いの方から頂いたオオタデの苗を花壇に植えてから我…

  • ニワゼキショウ

    ニワゼキショウ(庭石菖) 我が家の原っぱにポツポツと高さ10センチほどの茎がのび、直径1cmほどの花が真上を向いて咲いていまし…

  • タチアオイ

    タチアオイ 温室に1年ほど前から入れっぱなしにしていた鉢がありました。父が残した温室を壊すこともないので、冬越しの為に使っていますのでねたまに水をやる程度ですが、水やりの時、何を植えていたか分からない鉢にも、ついでに水ををやっていたところ、暖かくなって芽が出てきたので、温室からテラスに出し、目の届く所に置きキンセンカの鉢に水をやる時についでに水をやっていたところ、茎が伸びて花が咲きました。 慌てて何の花か調べることにしました。調べてみるとタチアオイでした。今までタチアオイとか植えた覚えはありません。花も大きく美しい花です。種がどこからか紛れ込んだものと思われます。折角なので..

  • おもやい花壇(バラ園)<br />

    おもやい花壇(バラ園) 荒尾市に「おもやい花壇」(バラ園)があります。バラに興味のある方々が応募して世話をされています。隣の市でつながっていますので大牟田市からも応募してバラの世話をされ40人ほどのみなさんと聞いています。 春と秋の2回バラ祭りがあっているようですが、今日、観に行くと満開を過ぎていました。それでも遅咲きのバラもあり見ごたえの花壇でした。 有明新報5月17日の社説 学校教育支援センター開設(柳川市)伴って 柳川に4月から学校教育支援センターを開設し、4月だけで38件があり、その内保護者から18件、学校から14件あったと報じてあ..

  • サツキ

    サツキ 例年ならば、5月になれば、サツキの花がギッシリと葉っぱが見えないくらい花で埋め尽くされているのですが、今年のサツキの花は、パラパラとしかしか咲いていません。 白色のサツキの花は隅の方に2個咲いていて、今から咲き始めるのかと待っていてもいっこうに咲かず、手で葉っぱをかき分けて花芽を探すけれど蕾らしいものもなく、5月中旬になってしまいました。従って道路沿いのサツキの生垣もパラパラで、門扉近くの10本ほどのサツキも全くダメでした。 この暑さで、花菖蒲が早々と膨らみ始めているではありませんか!

  • スペアミント

    スペアミント 我が家には、スペアミントが2か所に分かれて蔓延っています。放って置くとグングンと勢力を増し、他の草花や小さ…

  • ドクダミ

    ドクダミ 温室の周りにしつっこく生えるのがドクダミです。根が温室の外側から温室の基礎の下をくぐって中まで侵入し、温室の内…

  • リシマキア ミットナイトサン

    リシマキア ミットナイトサン グランドカンバーとして頂いていた花、育て方を知らないまま松の木の根元に置いていたところ、乾…

  • ベコニア

    ベコニア 昨年、ベコニアの鉢をベランダで世話をしていたのですが、寒い冬を除いて、花を楽しむことができ、半ば放置状態で鑑賞…

  • オルレア

    オルレア 今日は、第一土曜日、ともだちや絵本美術館での「えほんのじかん」の日です。駐車場から…

  • サンパラソル

    サンパラソル 昨年、娘「が珍しい花があった。」と一鉢アサガオ…

  • ツルバラ

    ツルバラ 温室の入り口の両側にツルバラを植えてから何年になるだろうか、なかなか伸びてくれません。しかも左側に植えているバ…

  • ビワ

    ビワ 我が家の周りには、山の麓に枇杷の木が一本ずつ離れて植えてあります。前に住んでおられた方がそれぞれ植えられたようです。我が家の側に植え…

  • ハルモミジ

    ハルモミジ モミジと言えば「秋」が定番ですが、我が家の紅葉は春なのです。今が紅葉の盛りなの…

  • ウノハナ

    ウノハナ 雑木を伐採してもらったのはいいのですが、春の新芽や春咲く花が見られなくなったのはチョッと寂しい気がします。 その中の一つに卯の花があります。 卯の花が盛りの時は、滝の流れのように真っ白い花が連なっていましたが、それでも伐採を免れた2~3本のお陰で改めて卯の花の滝を思い出したところです。 花を見ては、♬う~の花の匂う垣根に~♬ と口ずさみ、ウツギの事を漢字で書くと空木とも書くことも、中が空洞になっていることも知ったのはこの地で得たウツギのお陰でした。 ウツギがなくなって、ウツギのきれいさを知り、むやみやたらに雑木を切るものではありません。 そういえば、ア..

  • スイカズラ

    スイカズラ 我が家の横の山の雑木が、我が家の庭の上まで枝が伸びてきたので、ヤマの持ち主である会社が大溝横の雑木等を伐採し…

  • ムラサキカタバミ

    ムラサキカタバミ 我が家では、ムラサキカタバミが至る所に咲いており、精の強い花です。伸びても10㎝〜20センチ程度で葉は…

  • ユズの花

    ユズの花 我が家の道路沿いの庭にダイダイと柚子の木を一本ずつ植えています。ダイダイの花は沢山咲きましたが、柚子の方はちょ…

  • 黄金カズラ

    黄金カズラ 山の麓に住んでいると、名前の知らない植物だらけです。時間をかけて調べても、調べるのが目的で、それを整理するこ…

  • ハクチョウゲ

    ハクチョウゲ ハクチョウゲは常緑低木で、1センチぐらいの小さい華憐な花を咲かせます。漢字で書くと「白丁花」で、白い花が丁…

  • ユキノシタ

    &gt;ユキノシタ 我が家の書斎の前にはシダレ梅が植えてあり、その根元にはリュウノヒゲとユキノシタが繁っています。リュウノヒゲの花は、葉っぱに隠れて見えませんが、ユキノシタは、今が開花の盛りです。 ユキノシタは湿気のある所を好むらしく、我が家の横にはレンガ積みの大溝があり、かなり古い大溝なので、レンガ積みの間から沢山ユキノシタが生えていたので、石造りの流しに植えていると毎年花をつけるようになりました。 写真を撮る時、バックに青色の紙と赤色の紙を配置して、花が目立つように撮ってみました。花は、小さい人形のような形をしています。 ユキノシタは薬草として知られていますが、食..

  • セイヨウヒキヨモギ

    セイヨウヒキヨモギ 朝、雨戸をあ…

  • コモチマンネングサ

    コモチマンネングサ 我が家の先端に植えている梅の木の根元に黄色い絨毯状になっています。毎年咲くので、草取りを控えておくと …

  • クサイチゴ

    クサイチゴ 一雨ごとに合わせて暖かくなり、しかも、一雨ごとに雑草が繁茂しています。しかし、除草に精を出す元気がなくなり、出るのはため息ばかりです。 …

  • ハハコグサ

    ハハコグサ 庭の草が元気を出し始めると、必ずと言っていいほど生えてくるのが、ハハコグサです。露地の石垣の隙間からハハコグサが伸びだしてきました。 綿毛に包まれた小さな黄色い花と出合うと、「春が来たなあ。」と、しみじみと春の暖かさを噛みしめたりするのです。 何でハハコグサという名前がついたのか調べてみると、 歌にもでてきていました。 母子草 やさしき名なり つぼみもち―山口青邨 ハハコグサは、キク科ハハコグサ属の越年草で、アジアに広く自生しているようです。 葉も茎も花も、白い毛で覆われていて、いかにも柔らかい雰囲気があります。 俳人・山口青邨の句にあるように..

  • コオニタビラコ

    コオニタビラコ 団地内の道路を歩くと、道路の端に生えている草を取ってしまっている家とそうでない家があります…

  • アカバナユウゲショウ

    アカバナユウゲショウ 団地公園横の大溝渕に生えている赤っぽい小さな花が目に入りました。はじめて見る花です。検索サイトで調べると、カタカナで長たらしい名前が出てきました。アカバナユウゲショウと。何回も読み直していると「赤花夕化粧」と日本語になりました。赤い花で、夕方に咲くという意味なのでしょうか? 詳しく、調べられた記事がありましたが、赤っぽい花には間違いないようですが、ユウスゲのように夕方咲くわけでなく,、朝から咲いているようです。原産地はアメリカの熱帯地域が原産で乾燥気味の地域に広く帰化しているようです。日本には明治時代に観賞用の園芸植物として持ち込まれたものが逸出(逃げ出..

  • コメツブツメクサ

    コメツブツメクサ 団地公園の一角に子どもが遊ぶことが出来る場として滑り台や砂場があります。しかし、子どもが砂場で遊んでいるのを見たことはありませんが、イヌやネコの排せつ物などで非衛生的だと言われ、放置されているのが現状です。 遊ばないと自然に雑草の繁る場となってしまいます。久しぶりに公園に行くと砂場が一面に同じ草が広がっています。はじめて目にする雑草です。 調べてみると「コメツブツメクサ」とあり、名前の由来は、「米粒のように小さく詰め草の形に似ている」とありました。 もう少し、夢のある名前を付けてもらいたいものです。 ヨーロッパ - 西アジア原産で、日本では1930..

  • 水玉模様になったカラーの花

    水玉模様になったカラーの花 朝、雨戸をあけると小雨が降っており、真っ白な大きな花が目に入りました。カラーの花です。昨日までは、蕾んでいましたが、今朝、大きく開いたのでそばまで見に行きました。真っ白い花弁に水玉がたくさんついていて真珠のように見えました。 カラーの花が咲くのは、これで3つ目ですが、4つ目の蕾が膨らんできています。 グリンピース収穫 年末に、ホームセンターの花苗コーナーに寄った時、売れ残りのピース苗が数個安売りしてあったので購入し、我が家の温室横に植えていたところ、茎が繁って通れなくなったので、ひもで茎を寄せていたところ、風通しが悪くなり、..

  • ダイダイの花

    ダイダイの花 一昨年、梅の木やダイダイの木などの剪定の時期を誤ったので、花も咲かない、実も成らない一年が過ぎ、今年はやっ…

  • キスゲ

    キスゲ 宿根草の一つとしてキスゲがありま…

  • シャクヤク

    シャクヤク 春の花は豊富で、それぞれの特徴があり、優劣をつけがたい花ばかりです。 シャクヤクは、初夏の花の美しさの代表…

  • ハゴロモジャスミン

    ハゴロモジャスミン 温室の外側の角にハゴロモジャスミンが咲き出しました。よく芳香剤にジャス…

  • フジ

    フジ(山田のフジ) テレビで各地のフジの花の便りがあっています。例年ならば、我…

  • 八重椿<br />

    八重椿 数年前、広大な久留米のツバキ園に行った時、種類の多いのに驚きましたが、温暖化気候の為か、我が家の近所の山もツバキの木が生えているところは、例年になく咲き方がすごいようです。我が家のヤブツバキはもうとっくに終わってきますが、ブロック塀の横の八重椿の咲き方は尋常ではありません。次々と咲いては落花の連続で樹木の周りは赤い落花の花弁だらけになっていました。 大丈夫ですか!! 最近は、己の年齢をひしひしと感じるようになりました。もちろん、いつもヨボヨボ前のめりに歩いたりしているので如何にも年寄りが歩いていると思われているのは仕方がありません。無理して若者..

  • <br />ガーベラ

    ガーベラ 道路沿いの花壇にガーベラが咲き始めました。多年草なので育てるというより、毎年勝手に咲いてくれているといった方が…

  • チロリアンランプ

    チロリアンランプ 我が家に植えている6本の梅の木のうち1本だけが梅の実を食べることができる木で、あとの5本はもっぱら花を…

  • 満開「キンセンカ」

    満開「キンセンカ」 キンセンカもいろいろ種類があるのですね~。昨年までは数年間我が家の花の種を使っていたので…

  • アザレヤ

    アザレヤ 年末の12月中旬から何となく忙しくなり、庭もお正月を迎える準備をいたします。その一つに例年アザレヤの鉢を購入し…

  • アマドコロ

    アマドコロ 庭木の奥の方にヤブツバキを一本植えていますが、その根元に毎年アマドコロが1~2本咲いてくれます。花がスズラン…

  • ツリガネスイセン

    ツリガネスイセン 二ホンスイセンの花はもうとっくに終わっていますが、葉っぱは元気でした。花が終わってしばらくはそのままですが、その間、球根が太くなっている時期だと思います。 次に白いスズランスイセンが咲いていますが、続けて紫色のツリガネスイセンが開き始めました。どちらも花の形から名前を付けられたものと思われます。 フキを採る ご近所の方から「タケノコ」を戴きました。それも茹でた状態でいただきましたので、我が家は目の前の土手にフキが大きくなっていたので、採って茹でたのはよかったのですが茹ですぎてしまいました。 第2回目のフキ採りでは、茹で過ぎない..

  • 八重桜

    八重桜 記念樹として桜の木を植えるケースがありますが、テレビで若い時に友達同士で植えた桜を里帰りした方が桜の木の状態を見に来ておられる様子をテレビで放送されていました。 妻が退職する時、仲間と植えた山桜の開花状態を見に行きましたが、今年ははやく開花したらしく、もう花は終わっていました。そのかわり八重桜が満開でした。 八重桜はたくさんの種類があり、桜でも500品種以上あるとされています。八重桜の花色は種類によって違い、濃いピンク色や淡いピンク色、白色などがあります。 八重桜と牡丹桜は呼び名が違いますが、同じ種類で、八重桜は八重咲き品種の桜の総称で、牡丹桜は八重桜の別名とさ..

  • ツツジ咲く

    ツツジ咲く 今まで、サツキと思っていたのが早く咲き出したのでツツジかな? と思ったりしています。今年は、庭の一番手前に咲く、真っ赤なツツジが一番乗りで咲…

  • スイバ(スカンポ)<br />

    スイバ(酸葉[3]、蓚、酸い葉) スカンポ 我が家の大溝横の土手にスイバがいっぱい伸びてきました。子どもの頃はスカンポと呼ん…

  • ジシバリ

    ジシバリ 団地道路を歩いていると道路の端に黄色い花の群団がありました。きれいな花なので引っ張ると根ごとついてきたので、我…

  • キンセンカ

    キンセンカ 我が家の春の花壇はキンセンカが咲いています。例年は昨年咲いたキンセンカの種を保存しておき翌年その種を蒔くのですが、苗取りに失敗して新しく種を購入して蒔きました。苗の時は、例年と同じ大きさの苗でしたが、大きくなると葉っぱの種類が例年と変わっており、やっと花が咲き始めました。摘花をしていましたので脇芽が出て一株からたくさんの花が咲き始めています。数えてみますと40株~50株ほど植えています。色はキンセンカ独特の柿色の花です。 ピーマンとパプリカ ありあけ新世高校から野菜の苗を購入したとき、苗1本ピーマンは50円、パプリカは100円でした。販売当日は..

  • カラーが咲き始めました

    カラーが咲き始めました。 庭の隅に植えているカラーが咲き始めました。カラーの花の色は白だけと思っていたところ青っぽかった…

  • ヒナゲシの花

    ヒナゲシの花 毎月初めにお花のスケッチ絵葉書を関西の方から送っていただいています。たまに月が替わったことをうっかりしていると絵葉書が送られてきて「月が替わったんだ」と気が付くことがあり、己のボケを改めて進んでいることを自覚しているところです。 ヒナゲシは、団地のアスファルト道路の端から生える雑草に混じって数本毎年小さいながら咲いてくれています。道路端に咲く草花は、白色か黄色が多いのでヒナゲシの花がポツンと咲いていると目立ちます。路上を歩いていたときにスマホに収めた花と、送られてきた絵葉書の花が同じでしたのでびっくりしました。 冬野菜から夏野菜へ(ラディッシュを..

  • 白色のスミレ

    白色のスミレ 我が家の庭に春になると、決まってスミレの花が咲きます。それもほぼ同じ場所です。色はムラサキです。私はスミレはムラサキ色だと思い込んでいました。 団地高齢者ふれあいサロンで昨日、散歩しながら花見をしていましたが、私がしゃがんで草花を見ていると、背後から「スミレですね~」 と声をかけてくれました。首を上げるとふれあいサロンの方でした。「えっ!」とビックリしていると、スミレの花の色はムラサキだけでなくて白色、ピンクもありますよ」と教えていただきました。「先輩には聞いて見るもんだ。」とつぶやきながら、桜の花ばかりでなくて花見の時は下も見ながら歩かねばなりません。 ..

  • イモカタバミ

    イモカタバミ 我が家の花壇に、カタバミの花が幾種類か咲き始めています。自然に増えたものと頂いたものとゴチャゴチャになっています。屋敷中に広がっているのはムラサキカタバミで、畑の側に咲くのが黄色カタバミで、現在の花壇には、イモカタバミが勢力を増しています。 イモカタバミは、根を引き抜いてみると、他のカタバミとは違い、小さい芋のような塊りがついてきます。専門用語では球根性多年草とありました。原産は南アメリカのようで、帰化植物の一つです。 団地ふれあいサロンのお花見 毎月第1火曜日が団地ふれあいサロンの活動日ですが、桜の開花状態、天気情報で本日するようにな..

  • サギゴケ

    サギゴケ 一雨ごとに気温が上がり、春らしくなったと思ったら庭に生えている草が急に茶色か…

  • オランダカラシ

    オランダカラシ 雨が続いたので、大溝には溜まり水が残り、長靴でないと歩け…

  • タンポポ

    タンポポ いつものように、朝、居間の出窓のブラインドを上げると、イノシシが鼻で裏庭を突っ…

  • ニワトコ

    ニワトコ 先日、ご近所の方が犬の散歩から帰られたとき、門前で立ち話をしていると、クリスマ…

  • ハボタンのナノハナ

    ハボタンのナノハナ お正月飾りの鉢に小さい葉牡丹を植えこんでいました。正月が過ぎると門松の3点セットの松・竹・梅は外し、…

  • シラユキケシ

    シラユキケシ 今日は一日中小雨交じりで風の強い一日でした。大溝横の雑木を伐採してもらい、山肌は落ち葉が敷き…

  • スワインソナ・ガレギフォリア(ホワイトスワン)

    スワインソナ・ガレギフォリア(ホワイトスワン) 雨模様の天気でデスクワークに没頭しているとくたびれ、雨の切れ目に散歩していると、道端の雑草が一段と伸びています。雑草の中にところどころ ピンクの入った野草が茂っているのに出会いました。 カラスのエンドウの花です。ところが、その横にカラスのエンドウの葉っぱとほぼ同じ形の小さい葉っぱが茂っています。「カラスのエンドウの小型だな?!」と思って眺めていると花の色が真っ白でした。カラスノエンドウの花の色が白色とは今まで見たことがありません。「新種かなあ?」といつの間にか植物学者牧野富太郎になりきっていました。ワクワクしながら、スマホの検索..

  • ムラサキケマン

    ムラサキケマン 今朝、目を覚ますと、雨の音がしていました。野菜畑に行くと、溝に…

  • チューリップ

    チューリップ ここ数年、チューリップの球根は購入していなく、掘り上げていた前年度の球根を花壇に植えていました。昨年末も前…

  • つくし

    つくし 小学生の頃は、田舎に住んでいたので、道端などに雑草が生えているのは当たり前のことでした。現在の団地内…

  • ラデッシュ

    ラディッシュ 春らしくなると、植物が勢いづきます。屋敷中が勢いづきますので、今まで茶色っぽかった原っぱもジワリジワリと青…

  • スイセン

    スイセン スイセ…

  • スミレ

    スミレ 子どもの頃は、学校で習う植物程度しか関心はなく、田舎に住んでいたので田んぼの隅に咲…

  • 野イチゴの花

    野イチゴの花 朝、居間の出窓のブラインドを上げるとイノシシの来訪があったかどう…

  • ピースの花 今盛り<br />

    ピースの花 今盛り 年末に温…

  • ツルニチニチソウ

    ツルニチニチソウ 大溝横…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、mucchi-さんをフォローしませんか?

ハンドル名
mucchi-さん
ブログタイトル
つれづれなるままに
フォロー
つれづれなるままに

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用