searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

リュウちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

渓流でとにかく大物を釣るにはどうしたら良いか?! そして、思い出になる鱒を釣ろう! そしてそして、写真に綺麗に収めよう!!

ブログタイトル
東北渓流(その他たくさん)釣行
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/twenty010719
ブログ紹介文
東北の渓流(その他たくさん)にて大物求めて日々精進。 鱒の気持ちになって考えよう。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2017/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リュウちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リュウちゃんさん
ブログタイトル
東北渓流(その他たくさん)釣行
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
東北渓流(その他たくさん)釣行

リュウちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 大船渡 イワナ時々ヤマメ時々ラーメン

    今シーズン3度目の出撃は岩手県大船渡以前から気になる川があったので情報もなしに入ってみた。川名は知らない(調べてない)。一つだけ言えるのは、とあるラーメン屋さんをナビしたら道沿いに綺麗な、流れが良さげな川があった。ただそれだけだ。高橋はそんな適当な理由で川に入る。AM6:00ということで入ってみた。山岳渓流並の足場、岩の大きさ強弱の激しい流れ、所々にある淵崖っぷち。嫌いじゃないむしろ好き。コケの生えた岩に、はみ出してる根が存在感を出す樹木達。山の中の釣りの醍醐味である。でも横にすぐ道路である。車を置いて、入れるポイントを探しながら下流側へと下る。初見の川は、どこから入ろうか?そう考えるだけで気持ちが高ぶる。早く投げたい、釣りたい。そんな気持ちを押し殺し、じっくりと入るポイントを探す。中々入りやすい入渓地点へ入る...大船渡イワナ時々ヤマメ時々ラーメン

  • 天気予報 雨100%の中

    3月10日今シーズン二度目の出撃は雨の予報100%気が滅入る数字だ。だが、限られた時間の中でしか釣りが出来ないのでとりあえず朝早く起きてみる。AM4:30どうやら小降り。ポツポツした程度なら我慢出来る。パパッと身支度を整えて沿岸河川へと向かった。相変わらず濁ってる川だが間違って良いサイズが釣れてくれるはず。AM5:50日の出厚い雲のせいか中々薄暗い。使用ルアーはDインサイト44最初のポイントでは反応が渋すぎて中々喰ってくれない。D-Sline4gに替えてみるも反応がない。こういう時こそ足で稼ぐ、釣れそうなポイントまでガンガンとランガンスタイル。またルアーをDインサイト44(チャート)にすると、淵の手前の流れでぐわんっ!っとうねる魚体を確認したと同時にファイトっ!!高橋「よっ!ナイスっ!」軽やかなアワセが決まった...天気予報雨100%の中

  • 2020シーズン 開幕戦

    にほんブログ村2020年渓流釣りが解禁を迎えた。高橋は解禁直後いつもの川へと足を運んだ。日の出の時間夜中に雪が降ったどこか幻想的で寒そうだが、そんなに寒くない。川に入る準備を整え、ロッドを持つと不思議な感覚に陥った10月のヒメマスから釣りをしていないのだが「あれ?つい最近も釣りしてたような・・・」待ち遠しい解禁のはずだが、最近まで川で釣りしてたような感覚の自分がいた。まずはいつもの淵へ入る。使用ルアーはスミスのボトムノックスイマー2解禁直後はこのルアーがよく効く。ファーストヤマメ今年もありがとうございます、そしてよろしくお願いします。続いてスミスのD-Slineでこの時期悪くない型が飛び込んできてくれました。Dインサイトでも激しく早めにアクションかけると食いきれないのでのそのそと底を這いずり回すようなアクション...2020シーズン開幕戦

  • 【サクラマスの軌跡】~最終章 和賀川~

    <ahref="https://fishing.blogmura.com/trout/ranking/in?p_cid=10858379"target="_blank"><imgsrc="https://b.blogmura.com/original/1135620"width="140"height="240"border="0"alt="にほんブログ村釣りブログトラウトフィッシングへ"/></a><br/><ahref="https://fishing.blogmura.com/trout/ranking/in?p_cid=10858379">にほんブログ村</a>前回、釣具屋店長Kさんに相談した高橋は和賀川へ足を運ぶ。2016年6月8日この日ももちろん寝れないまま和賀川へ行ったのを覚えている。どこへ入るか...【サクラマスの軌跡】~最終章和賀川~

  • 【サクラマスの軌跡】~第三章 米代川~

    にほんブログ村前回に引き続き、第三章秋田県米代川編をお送りします。2016年4月高橋とRさんはサクラマスの聖地秋田県米代川へと遠征した。現場に着いてまずコンビニで魚券を購入した。当日の下見分と翌日の2日分だ。1日3500円という破格の値2日で7000円とは・・・痛い出費だが致し方ない!釣れれば良いんだ釣れれば!!時刻はお昼とりあえず有名ポイントを下見、調査。初見のためどこをどう入ったら良いか分からず適当に入る。よく見ると対岸に人が多い・・・Rさん「対岸だったな・・・」高橋「そうだな・・・でもまずやってみっぺ」とりあえずスプーンやらなんやら投げ続けた。だが反応はなかった。Rさんはアタリらしいアタリがあったっぽいが魚影が確認出来なかったのでなんともいえず。とりあえず、このポイントは後ほど対岸に回り込んでやってみるこ...【サクラマスの軌跡】~第三章米代川~

  • 【サクラマスの軌跡】~第二章 閉伊川~

    にほんブログ村あけましておめでとうございます。今シーズンもよろしくお願いします。前回のサクラマスの軌跡、第一章追波川に引き続き第二章、閉伊川編突入です。時は前回と同じく2016年、4月2月に追波川でしこたまやられた高橋とRさんはT花さんを交え3人で閉伊川に乗り込んだのであった。この時期は雪代で増水、やや濁り気味で今思えば最高のコンディションだったと言える。当時は水量多いなー程度の記憶。この時高橋はイトウクラフト、蝦夷スプーン18gを使用していた。蝦夷は凄く良いスプーン。渓流でも良く釣果をあげていた。ただし、蝦夷は色が剥げるのが難点だった・・・3人で色んなポイントを叩いた。そして、出会いが訪れたのはホント急だった。T花さんがなんかのドギツイカラーのスプーンをクロスにキャストし、ターンし終えた後、スプーンを回収する...【サクラマスの軌跡】~第二章閉伊川~

  • 【サクラマスの軌跡】~第一章 追波川~

    にほんブログ村前回の序章に引き続き、サクラマスへの道程を。時は2016年、2月14日。世間はバレンタインデーそんなことはどうでもいい高橋とRさん。高橋にとっては初めてのサクラマスチャレンジ。サクラマスへの第一歩を踏み出した。深夜に車を走らせ向かった先は宮城県、追波川。状況は厳しいと知りつつも心は先走り早く!早く!とサクラマスを追いかけた。有名ポイントに着くと周りはすでに竿を振っている。対岸にも人が多い。まず追波川の広大な景色、流れに面を食らう。幅が広いっ!恐らくスプーンで遠投、コツコツとボトムを狙っていくスタイルが良いだろうと感じた。まずは小手調べでスプーンを投げる!投げる!投げ続ける!すると、根掛かり多発。どうやら追波川はルアーの墓場と化していることだろう。周りからはキャストの音しか響かなかった。時期が悪いこ...【サクラマスの軌跡】~第一章追波川~

  • 【サクラマスの軌跡】 ~序章~

    にほんブログ村渓流もオフシーズンとなりました、みなさまお疲れ様です!タイトルの通り、オフシーズン時は初サクラマスへの道程をこと細かくお伝えしていきます。時は遡ること高校生アングラーだった時代。自転車に乗りながらRさん(当時17歳)はこう話す。Rさん「サクラマス釣りてぇなー、知ってるか?」と。当時サクラマスについて語られた時期があった。その頃から高橋はサクラマスに期待を抱き、釣る事を夢に描いた(かなぁ)。それから時は過ぎていき2015年~大きく心情が変わったきっかけはMaster´sRさんが「サクラマス釣りてぇ~」から・・・と思われる。この頃高橋もサクラマスに対する思いは少なからずあった。高橋「渓流釣りしていてやっぱ行き着く先はサクラマスなのかなー」と言った記憶がある。覚悟を決めたのは行きつけの釣具屋さんの201...【サクラマスの軌跡】~序章~

  • 2019 十和田湖ヒメマス

    にほんブログ村先日、十和田湖のヒメマスを狙いに高橋は車を走らせた。予定外の2連休に弟子も一緒に連れてった。2日、夕方着和井内は夕暮れでもわいわい賑やか湖を覗くと・・・群れがいる。去年より水位が下がってるとはいえ遥かに状況が違う。一旦十和田市に行き秘密のケンミンSHOWでも取り上げた十和田のバラ焼きというものを食した。司というバラ焼きでも有名なお店店内、店員さんの雰囲気、味、全てが最高という一言に尽きた。そして、十和田湖に戻り車中泊。高橋は寝れなかった。深夜1:00頃、誰か場所取りしてないのか確認したところ、一級ポイントに既に誰かが場所取りをしていたので、こんなところで負けてられるか・・・と高橋も場所取りした。ポイントを取れた安心からか、ほんの少しの仮眠に成功したzzzzzzAM4:00高橋は動き出す。釣りの準備...2019十和田湖ヒメマス

  • 2019 お疲れ様でした

    にほんブログ村本日で渓流シーズンは終わりの方も多いと思います。お疲れ様でした!!高橋は9月、残り1ヶ月というとこで大物秋ヤマメ狙いで至るところに入りましたが、全てスカす。画像と共に解説したいと思います。9月上旬秋田の友人Doさんと共に沿岸河川へと足を運ぶもチビヤマメ。沿岸河川で高橋がイワナをヒットさせる。hitlure︰DコンタクトTSアワビ中旬良さげな淵だがイワナでした。ここも沿岸河川スッカリ秋ヤマメ模様ですね!欲言えばもっと大物釣れて欲しかったです。そしてMaster´sT花さんはホームリバー本流上流域にて尺山女魚をヒット!おめでとうございます!お昼にヒットされたようで、おそらく山女魚のオヤツタイムだったでしょう笑下旬ホームリバー本流にて、とある箇所で山女魚が溜まっていたんですが、このサイズが限界でした。ダ...2019お疲れ様でした

  • 8月総集編 その3

    にほんブログ村8月下旬。雨が降った。そこそこの大降りの雨にホームリバーも増水。その次の日には休みという好条件の中釣りが出来ることに高橋は歓喜した。「この日を逃したら後は天気に恵まれないのかもしれない。」そう思い込ませ、久々に本気出した。ホームリバーが川で増水した時は高橋はダウンで攻める。流れの押しが強く、アップで攻めてもうまくDコンタクトやDインサイトをトラウトに長くアピール出来ないからだ。ダウンだと喰わせるタイミングを作ることが出来る。※押しの強い流れに限る。ということでホームリバー入渓。まずは泡立ってる流れをサイドから攻める。釣れない。やはりこういう増水時はダウンあるのみ!上流に回り込んで釣り下り作戦!すると、型の良いヤマメが釣れた。ほらね?アップでも釣れるだろうけど、ダウンの方が喰いが良いのですよ。そんな...8月総集編その3

  • 8月総集編 その2

    にほんブログ村8月中旬、高橋はすごく迷った日があった。ホームリバーで40ヤマメを狙うか・・・それとも確実に、サイズ関係なくヤマメを釣り上げ、釣りそのものを楽しむため沿岸河川本流か・・・迷いに迷った挙句、家から車を出る直前まで迷い、ハンドルを切った。向かう先は沿岸河川本流。本能で無難な釣りを求めてしまった事は今となっては大正解だったと言える展開となった。渇水という状況とはいえ、ホームリバーとは比べられないほど水質が良い。この日は濃霧でもあり程よく水温も低いおかげか入渓地点からいきなりヤマメが釣れた。久しぶりのヤマメだった。hitlure:Dインサイト44TSアワビここから程よく良さげなサイズのヤマメ達が遊んでくれたりたまにイワナも釣れる。そして訪れる大場所。何年か前、尺ヤマメを釣ったものの写メ撮ろうとして撮る前に...8月総集編その2

  • 8月総集編 その1

    にほんブログ村お久しぶりです高橋釣り道、8月総集編をお送りします。まずは上旬雨が降らずド渇水の中。高橋はホームリバー本流を攻めていました。あまりの渇水のため色んなところをウェーディング出来る。この時期からホームリバー本流は40クラスのヤマメが遡上してくる狙いも慎重になる。朝から暑く、いざ本流へ入渓すると、「ぬるっ・・・」水温が今まで以上に高かった。「こんなんで釣れるのかよ・・・」案の定、何も釣れない。朝一のポイント選びを完全に外した。真夏の朝一、ポイントを外すと完全にその日は釣りたいものが釣れない。それでも粘っていると、あいつが釣れる。そうニゴイだ。ニゴイを釣るのには少しコツがいる。いつもよりスローにリールを巻けばいい。ドフっ!としたアタリがなんとも心地が良い。40を優に超えるニゴイは高橋を楽しませてくれた。ニ...8月総集編その1

  • 内陸河川 人首川

    にほんブログ村7月17日高橋は内陸河川、人首川へと初調査しに行ったのである。チビヤマメがワラワラといる中ここぞ!というポイントでは良型のヤマメが遊んでくれる。hitlure︰Dインサイト44ヤマメアワビ高橋の目は間違っていない・・・違うポイントでも、ここにはいるんだろ!というとこでやはり出てくる!しかも一投目で出てくる。高橋が投げるポイントは間違っていない・・・!!ここでもしっかりと良型のヤマメが出てくる!初めてのポイントでもしっかりと釣れてくれる!良さげな渓流だ。しかしチビヤマメがいたるところにいて多い。そして何より・・・蜘蛛の巣が多すぎる・・・最高のポイント、間違いなく蜘蛛の巣も一緒にひっついてきました。草を避けると顔面に蜘蛛の巣。避けようがない。竿に絡まる蜘蛛の糸、気付けば手の甲に蜘蛛。キャストすると僅か...内陸河川人首川

  • 三陸河川 Doと共に

    にほんブログ村7月9日秋田のアイツがまたやってきた。高橋の大学の友人Doさん!今年もやってきた、ということで三陸河川を攻めることに小ぶりなヤマメ達が高橋とDoさんに釣れる!釣れる!!写メに残すほどでもない!どんどん上流へ向けて歩きます。高橋が入ったとこないところまでどんどん釣り上がります。断崖絶壁となってきました・・・。それでも釣れてくれますヤマメ達と数匹のイワナちゃん達断崖絶壁でもDoさんはなりふり構わず進むとです。笛をピッピッピッピッと鳴らします高橋。。奇跡的に1点の脱渓ポイントを発見!!これを逃したらおそらく帰れない!さすがのDoさんも危ないと判断し一緒に上がってくれました。帰り道が辛かったとです。ロッドを肩にかけ歩くアングラーはおそらく東北で数名であろう笑ポイントを少し下流へ移動します。すると高橋が!今...三陸河川Doと共に

  • 沿岸河川 本流 支流

    にほんブログ村7月3日高橋は久しぶりにMaster´sT花さんと釣行。2人で釣りするのは実に・・・1年振りだろうか。ワクワクが止まらない。この日は眠れなかった。まずは沿岸河川本流7月からあゆ解禁となった河川だあゆ釣り師達が本流を握わわせてる。どこもかしこもあゆ釣り師だったそんな中高橋は尺に若干満たないイワナを釣り上げるhitlure︰Dコンタクト50ヤマメアワビ本流を攻めた後は支流へ逃げた高橋とT花さん最下流からズンズンと釣り上がる。久しぶりのカワサバとのご対面hitlure︰Dインサイト44チャートT花さんもテンポよくヤマメやイワナを釣り上げたhitlure︰ボウイ50SYMG気持ちの良いヒットandバラシを繰り返しよく釣ってくれたT花さんに対し高橋はそんな対して釣れなかった。T花さん「インサイトじゃなくてD...沿岸河川本流支流

  • 閉伊川 サクラマス その6

    にほんブログ村6月25日、高橋は何故か閉伊川へ訪れた黙って和賀川へ行けば良かったのに・・・今シーズンラストのサクラマスは閉伊川へ行きたくなった。前々日と前日の雨で良さげになっているだろうと予想した。車を走らせてるとそこまで水量は増えてない。高橋は閉伊川でサクラマスを釣ったポイントへと向かっただがとある支流が激濁りその下流域はその支流の激濁りのせいで激濁り。急遽Uターンし閉伊川の上流域へと向かう。チラホラとアングラーが見え隠れする。初めてのポイントへ入った雰囲気は良さげなのだが、何も反応がない。いたるところに淵があるので攻めてみてもやはり反応がない。やはり黙って和賀川へ行っておくべきだったと後悔した高橋なのであった。超越者達の釣果情報はこちらからポチっとどうぞ↓↓↓にほんブログ村閉伊川サクラマスその6

  • 本流調査 その2

    にほんブログ村6月12日高橋はホームリバー本流域を攻めてみた。まだまだ遡上している大イワナがいるだろうと読んで張り切ってみた。まずは実績のあるポイントですると軽トラに乗ってるおっちゃんに話しかけられたおっちゃん「どーだー?釣れでっか?」高橋「ボチボチですねー!ここではあんまりやらないですけど」おっちゃん「そうがー、おめぇ喋り方がこっちのもんじゃねーな?・・・あっ!おめぇ何年か前にこごででっけぇイワナ釣った兄ちゃんか?!」高橋「あ、そーです!あの時のおっちゃん!よく覚えてましたね笑」おっちゃん「いやぁ忘れねぇ、あんなでっけぇイワナ見だのおらはずめでだっだもんな!あの時の兄ちゃんだっだが、そうがそうがー!」その時おっちゃんに撮ってもらった写メがある笑こいつクラスをまた釣りたくて今回も来たんです。おっちゃん「頑張れよ...本流調査その2

  • 和賀川 サクラマス

    にほんブログ村6月4日高橋は岩手県北上市に流れる和賀川を訪れた。この時期サクラマスが遡上してくることは分かってる。北上川下流から猛者達を押しのけて遡上してきたに違いない。いつものポイントへすると先行者が・・・せっかくここまで来たんだ。黙って引き下がるかよっ!!高橋「おはようございます!後から入って良いですかー?!」すると先行者は「えぇ、良いですよ。私はこれで終わりますから」高橋「ありがとうございます!!今年はサクラどうですか?!」「ダメですね、ここ数年私は釣れてないですね」高橋「そうでしたか(´・ω・`)」(僕ここで釣ったことありますよー!)って叫びたかった。高橋「どうも┏〇ペコリ」と挨拶をし、キャストし始める高橋だったのだが。なんも反応がないまま陽射しが強くなる一方だった。和賀川サクラマスを諦め横に流れる支...和賀川サクラマス

  • 沿岸河川本流

    にほんブログ村5月29日前日から雨が続きこの日も雨模様。沿岸河川本流を攻める。朝から雨が振り続ける中、高橋は川の中へ入っていった。高橋はとにかく雨が嫌いだ雨に濡れながら釣りすると手が冷えるし、身体が冷えるし、良いことがない。写メもうまく撮れない。本来ならこの日は釣りをしたくない。だが高橋にとってこの5月末、川止めになるこの河川で釣りをする、ということは例え雨に濡れようとやる価値があった。Dコンタクト50ヤマメアワビを装着。本流はDコンタクト!さっそく一投目で尺に満たないイワナが釣れた。その後も程よくヤマメやイワナが釣れていくがサイズがイマイチ。水質はほんの少し濁り気味。目を凝らすと2匹の大物がユラユラと泳いでる姿を確認。高橋「?!(サクラマスに違いない・・・)」仲良さげに泳いでる・・・。ホントに目を凝らさないと...沿岸河川本流

  • 砂鉄川

    にほんブログ村5月18日高橋は岩手県一関市砂鉄川を訪れた。入ったことのない川だったので少し挨拶がてら竿を振った。16:00入渓しやすいところがあった。さっそく一投目、力強い引きが高橋の手に伝わった。高橋「いきなりっ?!」hitlure︰Dインサイト44TSアワビサイズは29cm・・・どう測っても尺には満たなかった。その後もいたるポイントへルアーを通すと反応がよくヤマメの食い付きが良い。たまに稚鮎が攻撃したりして針にかかってしまった。ごめんなさい。すると水深のあるポイントへコイが悠々と泳いでるのが確認出来た。高橋「サクラマスじゃないのかよー」少しだけ期待した高橋だったか、?!何やらコイとも違う個体が泳いでる・・・高橋「サクラマスじゃね・・・??」高橋は躍起になって追った。そして引っ掛けた笑高橋「デカい!!」高橋「...砂鉄川

  • 本流大調査

    にほんブログ村5月14日高橋は中途半端に目が覚めホームリバー本流へと足を運んだ。10:00本流in燕が水面ギリギリを飛び交っている様子を見て確信した。もはや入る時間間違っているだろ、と。だがこの時期、この時間帯でも大イワナ(50over)を釣った実績がある。このポイントではないが。さっそく調査開始である。するとすぐ元気なヤマメが飛び出してきたhitlure︰Dコンタクトヤマメアワビ本流ではDコンタクトを主に使用している高橋インサイトよりもコンタクトの方がイワナが好きなアクションしているからだ、と思ってる。狙いは大イワナ。インサイトでも釣れないこともないが、コンタクトの方がやや反応が良いし実績があるのは確かである。あとはひたすら歩く。歩く。。。釣れない時間が続く。高橋は基本歩かない。だって、帰り疲れるから。ワンポ...本流大調査

  • 閉伊川 サクラマス その5

    にほんブログ村5月9日令和初のサクラマスフィッシングへ岩手県宮古市に訪れた。今回はMaster´sT花さん、Rさんと3人での釣行。3人での閉伊川サクラマスチャレンジは実に4年ぶり?となる。閉伊川へ向かってる最中の車内はノリノリで軽快だった。5:30ポイントへ到着。Rさんが平成最後にサクラマスを釣ったポイント高橋も入るならここは外せないと思った。前々日の雨の影響で水量は多め、水質はエメラルドグリーンのやや濁り気味。完璧。風は強い(嵐を呼ぶ男高橋)まずはT花さんを先行させるRさんは前釣ったやり方でT花さんの上流をスプーンでボトムを狙う。高橋は二人の間に入りDコンタクト85で中層を狙う。サイドから攻めて徐々にダウンクロスへと角度を変えていきます。Rさんに目をやると竿がしなってる!!一瞬ドキっとしますが根掛かりでした。...閉伊川サクラマスその5

  • 閉伊川 サクラマス その4

    にほんブログ村4月29日平成最後となるサクラマスフィッシングへ岩手県宮古市閉伊川を訪れた0:00終わりの仕事から寝ずに目的ポイントへ車中泊。この日にかける想いは計り知れず高橋は薄明るくなる頃冷えと戦いながらただひたすらにルアーを投げた。チェリーブラッドで反応がなくDコンタクト85でも反応なくボトムを狙いバッハ18gで反応なく〆にチェリーブラッドを何度も何度も同じとこへ投げたが何も成果を挙げることは叶わなかった。川の流れ、エメラルドグリーンの良い濁り具合、水量。共に完璧であろう日で何も成果を得ず。まぁ、閉伊川というのはこうあうものさ。帰り道、アングラーがいたるところにいたみんな釣れてないのかな?まず身体を癒すべく湯ったり館で温泉に入ることにした。湯っくりしすぎた。そして、ホームリバーでチビヤマメと戯れて終わった。...閉伊川サクラマスその4

  • 閉伊川 サクラマス その3

    にほんブログ村先日、Master´sのRさんとT花さんが閉伊川を訪れていた。そしてRさんが平成最後の・・・サクラマスを釣りおった!!本人からコメントいただいております↓↓↓朝一に先行者に叩かれたポイント。水深のある流れ。シンキングミノーとディープミノーでは反応がないから、Rクロスでボトム狙いにしたら「ドフッ!!」っときたね。先週のバラシがあるからさー、ランディングまでヒヤヒヤだったわ笑上流側から駆けつけてくれたT花さんとがっちり握手。フレッシュランの54㎝小ぶりだけど十分満足!日本海側と違って個体数も少ないし、釣れなくてツラい事の方が多い閉伊川だけど、こんなに水が綺麗な川でサクラが狙えるんだぜ!俺は閉伊サクラが一番好きだわ!!以上、Rさんからのコメントでした!お見事でしたね!高橋も後に続けれるようしつこくサクラ...閉伊川サクラマスその3

  • ライバルは己自身

    にほんブログ村前回の閉伊川のその後、高橋が好きな沿岸河川上流へと足を運んだ。ここはヤマメが程よく遊んでくれるし、そんなスレてもいない。よく入る入渓地点からすぐさまヤマメが飛び出してくる。hitlure︰Dインサイト44TSアワビそこからいつもいじめてるポイントで何故か釣れなくなる。??おやおや、今日は留守かい?装着しているルアーはいつものDインサイト44TSアワビ。いつもの脱渓地点まで1匹のヤマメしか釣れないという散々な結果。いやいや、ちょっと待って。これじゃ気分よく帰れない。カラーチェンジDインサイト44バックチャートヤマメいつもの脱渓地点をさらに超えて未知のポイントへすると釣れる。イワナも釣れるhitlure︰Dインサイト44バックチャートヤマメふと頭がよぎる。「ライバルは自分だ」とMaster´sRさんが...ライバルは己自身

  • 閉伊川 サクラマス その2

    にほんブログ村4月16日高橋は1人で閉伊川を訪れた。前日にMaster´sRさんが閉伊川で雨降りの中頑張ってヒット&バラシをしてフックにサクラマスのウロコがひっついていた。ということで雨降った後の閉伊川に期待した高橋であったがAM5:00濁りすぎである。そこまで雨降ったか??濁りのついでに枯葉は水中をうようよ漂わせてやがる。投げたら間違いなく枯葉が引っ掛かった。毎回枯葉が引っ掛かる上にストレスも溜まる。釣りにならないでござるこれ。一回表ピッチャー高橋投球数12降板である。すぐさま支流へと頭を切り替えた。次回はこのあとの沿岸河川支流の話しを。超越者達の釣果情報はこちらから↓↓↓にほんブログ村閉伊川サクラマスその2

  • 閉伊川 サクラマス

    にほんブログ村来たる日が来た。高橋サクラマス遠征閉伊川。withMaster´sRさんとうとうサクラマスシーズンです。Master´sRさんは只ならぬ意気込みRさん「ゼロ理念だ」Rさん「邪念0、甘え0、癒し0、釣果0上等っ!!」高橋は無我の境地(中途半端)で挑む。4月9日、ほんのり夜空が明るくなる頃に本流イン。下流域から攻め、まず感想。「寒いっっっっ!!!」下半身まで川に浸かった高橋らは低水温で体力を奪われた。ポイントを移動、少しずつ上流行こうぜ作戦。サクラマスの遡上と同じように高橋らも遡上作戦。Rさん「そしていつの間にかウチらがサクラマスを越しているんだろ?」その通りである!第二ポイント、藁や木やらで投げづらい上に掛けてもキャッチしづらいポイント。流れは良さげだが釣れず。最初のポイントに戻って釣れず。第三ポイ...閉伊川サクラマス

  • 魚を見る眼

    にほんブログ村前回の沿岸河川支流釣行の続きである。沿岸河川から離れホームリバーその一の上流へと向かうが魚影なし。ちょろっと投げて見切りを付けた高橋とRさん。ホームリバーその二へ移動Rさんが40~イワナを叩き出した川であるこれかな??この支流でいつもRさんがダウンでネチネチ釣り上げる。だが、この日は反応がイマイチであった。ポイント移動。普段あまりやらないポイントへ移動。高橋は高校生以来のポイント何気ない流れからRさんはヤマメを釣り上げる。高橋は良さげな流れでも釣れずここでも引退会見を開かねばならない流れになるのかと追い込まれる。言い訳させてほしい。雪も降って寒いんです。この状況で出せ!という方が難しいですよ。でもヤマメを危なく釣り上げたので引退会見は撤去出来ました。ふと上流へと足を運ぶ高橋とRさん。そこでRさんは...魚を見る眼

  • 嵐を呼ぶ男

    にほんブログ村先日、Master´sRさんと沿岸河川支流へと遠征してきた。この沿岸河川ではほぼほぼRさんが足を運び調査してきたのだが、まだ入っていない支流、区間があるということで高橋を交えいざ実践!ならぬ、実釣!まずはお互いイワナやイワナをヒットさせる。angler︰高橋hitlure︰Dインサイト44TSアワビangler︰Rさんhitlure︰ボウイ42Sだが大きい影が見当たらない。そもそもこの日は寒かった。Master´sMさんが雨を呼ぶ(引き連れる)男ならば、高橋は嵐を呼ぶ男。前回の釣行、強風注意報に続きこの日は爆風。Mさんと2人合わされば台風の出来上がりである。とにかくこの時期の強風は寒い!釣れない!そんな中訪れた40overチャンス淵。高橋「ここで釣れなきゃ引退だ引退!」Rさんはしっかりとイワナを出...嵐を呼ぶ男

カテゴリー一覧
商用