プロフィールPROFILE

ブログ・ヤコブの梯子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブログ・ヤコブの梯子
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tonnmatenngu6
ブログ紹介文
天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。 相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセ
更新頻度(1年)

860回 / 333日(平均18.1回/週)

ブログ村参加:2016/12/29

ブログ・ヤコブの梯子さんのプロフィール
読者になる

ブログ・ヤコブの梯子さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 28,738位 27,624位 27,647位 20,119位 17,396位 15,401位 15,384位 977,815サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 0 40/週
OUTポイント 20 80 70 80 60 100 80 490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 459位 440位 440位 321位 272位 241位 243位 13,104サイト
スピリチュアル・精神世界 90位 90位 89位 75位 66位 60位 63位 2,400サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,295位 14,288位 13,649位 12,961位 12,652位 12,437位 11,788位 977,815サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 0 40/週
OUTポイント 20 80 70 80 60 100 80 490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 146位 137位 135位 125位 127位 119位 117位 13,104サイト
スピリチュアル・精神世界 29位 26位 24位 21位 22位 22位 21位 2,400サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,815サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 0 40/週
OUTポイント 20 80 70 80 60 100 80 490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,104サイト
スピリチュアル・精神世界 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,400サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブログ・ヤコブの梯子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブログ・ヤコブの梯子さん
ブログタイトル
ブログ・ヤコブの梯子
更新頻度
860回 / 333日(平均18.1回/週)
読者になる
ブログ・ヤコブの梯子

ブログ・ヤコブの梯子さんの新着記事

1件〜30件

  • 日記

    秋の彩り。そうだ、あそこにもモミジが有った、と言うことでそのお寺に行ってみた。標高が有る山寺ですので、ある程度紅葉が進んでいた。写真を見るに、これは色の混ざり具合がちょうど良かったのでは、いつも旬はずしなので、今日は天候ともラッキーだったようです。このお寺、十年ほど前に心霊スポットの噂となり、写真撮ると白い靄がどうたら。しかし俺は鈍感、そんなのかんけいね~。日記

  • 人間はピアノの鍵盤。

    縦の意識次元と、横の形態ビジョンを一緒したのが斜め、七節目。この斜めを横にしたイメージが、ピアノの鍵盤。人間は神の鍵盤のようなもので、低次元から高次元までの音色を弾くことで運命と言うメロディを奏でます。この思想で新しいことは、高次元のことは人間の手の届かない雲の上にあるのではなく、人間の内にあること。ですから、今ここに高次元の音色を出そうと思えば可能だということです。人間はピアノの鍵盤。

  • 日記

    秋の彩り。陽に生えて、イチョウが目につきました。まずは、銀杏から。足元には実がいっぱい落ちていますが、アレルギーなので拾わない。日記

  • 新時代の幕開けには

    現在のチャネラーと哲理学者とが和合することが、宇宙文明新時代の幕開けになります。新時代と言いますと、宇宙始まって以来の新しい文明のようですが、事実は太古の昔にその文明はありました。一度そこに立ち帰り、その基礎の上に私たちの理想世界を築くことが新時代ということです。参照図。向かって左図、西洋、生命の樹、正相。右図、東洋、日本、根の国神道、逆相。惑星地球、現世、マルクト、国常立は同じ理念。神道は地の世界<形成界>を治める神尊が王ですので、地の底が王の玉座。※なぜこの世を治める王の座が、地下の底にあるか信じられない人が、この世の善悪観念から抜け出せていない人。真理を追及することと、人間情動といつまでたっても区別がつかない。カルマも人間情動での結果ではなく、天理の結果なので、人間には理解しにくいわけです。天理の結果とは...新時代の幕開けには

  • つぶやき

    最近のインスピレーション。〔ベルゼバブ曰く、人間とは、そのようにあつかましい動物なのだ。こまって被害者意識になった時だけ、人間は神に平和を要求する。邪魔をする悪魔もいなければ、なんでも与えてくれる神もいない。自由を与えている主のみ。〕〔恐ろしいということに関して、無知が最も恐ろしいと考える人は少ない。すべての恐ろしいことを、引き寄せたり、起こしたりする心因が、無知だから。無知は疑問の欠如、思考範囲が極端に狭い、気づきがないこと。無知な人に傷つけられることも恐ろしいが、人を傷つける自分の無知は永続する恐ろしさがある。〕つぶやき

  • 今日の直感

    2021年、巫女の横の繋がり、審神者の縦の繋がり、十字成る。十理の真。<ス>がしき風、吹き通る。今日の直感

  • 日記

    今日のお絵描き。ダレノガレさんと、またタナカミナミさん。ミナミさん、大変人気なのかおさがわせなのか、スタート画面に出ずっぱり。かわい~からいいか。またまた「俺は初めて、みんな知ってる」情報です。先月くらいか、筆でこんな便利グッズ買っていた。実は使い方しらなくて、はみ出た絵具を剥ぐのにいいなと思って買ったもの。筆軸のところに水を入れ、押し出す仕組み。ところがこれが優れもの、細かいところを描くのにとても簡単。ちょこっと塗って、色を変えるときも水を押し出して拭くだけですぐキレイになる。めんどうくさがりやの俺にとって、たいへ~~~んありがたい。ちょっとしたスケッチは、これ一本でOK。しかしもう絶対新しいものは買わないと誓っていた、誓いを破ることになってしもうた。あんまり、便利グッズ検索するのは止めよう。せっかく整理した...日記

  • 割合

    この世を観察する方法として、意識段階を大きく三つに見分けて見ることができる。(1)最も大多数なのが、この世の幸福追求。現世の常識善悪観念。(2)先天能力の霊感によって、霊的な宇宙知識を得る。(3)まったくの原始弱肉強食、優勢淘汰。およそ地球上の人間は、混在しながらこの三つの認識フィールド範囲で、生きている。現代文明社会では、この三大意識段階それぞれに、また三種の宗教観念と現実観念と言う信条がある。この三大意識次元と、その三千世界全体を見渡せる四番目の知性の魂が、極少数存在する。この知性は、どれが正しいかではなく、常にその時代と次元と割合を見て考慮、判断する。割合

  • 日記

    さて一応今年中に書きたいことをある程度書きました。一般向けではありませんが。輝かしい平和のイメージで湧いていますが、実態は相反発していたものが急激に接触するような衝撃が起こるでしょうから、ほんとうに何が起こるかは予想つきません。言わば、急激な浄化作用であることは確かでしょうから。これで来年を待つだけ。しかしほんと不思議な感じ、足元はぐらついているのに平和感が溢れています。これくらいの集合意識レベルで充分ならば、もう30年も待つ必要はないのですが、そこでいつもすこたんがっくり、やはり変わらなかったなのがこれまでの経験。そこでちょっと休憩、先日の散歩写真。日記

  • 爬虫類神の与える恐怖の気力

    今日一日の記事を読んで、さっぱり意味不明、認められない人がほとんでしょう。なかに「逆もまた真理」この箴言を思い出す人もいるかもしれません。爬虫類神の与える恐怖の気力。最低次元の人間は、他人を恐怖に陥れる気力を必死で得ようとする。そして<自分>は努力してそれを得たと信じているものなのですが、その気力は爬虫類の神が与えているものなのです。ですから用無しになれば、カスのように捨てられます。用無しの時とは、先天的運気を使い果たしたとき。爬虫類神の与える気力は、他人の尻尾を下げさせる恐怖の気力で、実はそれ以上のなにものでもありません。これは仮説ではありません。暴力社会では、それが当たり前のことを観察できるでしょう。それは邪教カルトも同じで、そのDNA環境のときだけのもの。転生にもってゆけるものではありません。邪教カルトの...爬虫類神の与える恐怖の気力

  • 政略結婚の歴史

    この論稿は、とくにオールドソウル向けです。政略結婚の歴史。闇勢力侵略の歴史で、主に使われて続けて来た手段の一つが政略結婚であり、その多様な手段がハニトラです。トロイの木馬は、常に女性子供、弱者を盾にして侵攻してきます。それに使われる人たちが、もっとも犠牲的で悲惨な運命を背負うことになります。大きな時代の終わり、この特別な時期にその運命を担った人が現在の〇后様。まだまだ多くは言えません。ここの旧い日記にはそれらしきことに少し触れているはずですので、もし読んだ人がいれば思い出してください。おそらくもう削除しているはずですが。個人的に、この間に挟まった人に助けられ、事実上命の恩人もいます。このタイプの人は双方に居て、私としてしてはこの人たちこそ幸福になってもらいたい。できれば叡智の道を進んでほしいと願っていますが、い...政略結婚の歴史

  • つぶやき

    もう書くこともないと思いながらも、次々と浮かんでくる。おそらくは、何かが近いことを予感しているのでしょう。そんなことで、今日はちょっと記事を多くアップするかもしれません。ぼちぼちコメントオープンにして、質問等を入れていただき、それを参考にして論考を纏めて行ければと思いますが、まだ時期早々。令和の浄化が始まったばかり、逆に闇は浮かび上がり最後の雄たけびを挙げているわけです。なんとて闇の手伝いをする邪教に乗せられた安易な人で9割。その邪魔する手段を知らないわけでもありませんので、いまだ一方通行にしております。それをご理解いただいて、今後も読み続けてください。これも高慢に聞こえるでしょうが、この天地間の真理が世に出るのはこのような時期だけ、このチャンスによくよく自分のものにしておいてください。メッセージでは相変わらず...つぶやき

  • 今日の迷想。

    いまは信じる必要のない話。人間天皇制度が設立され、国民に神聖を示すとともに、権力支配にも使われてきた。人間天皇制度の終わりの時。イギリスと日本は、父性と母性の関係、似たようなことがおこるでしょう。突然雨が止んだなど、奇跡のように騒いでいますが、霊視の後光も、狐狸にもできること少し頭においておきましょう。地球人類は、数千年間これらの奇跡パフォーマンス<心地好い波動と聖なるビジョン>で誘導されてきた。誘導に闇と光が有るのです。今日の迷想。

  • 令和の始まり

    いよいよ令和が動き出しました。民衆の時代、平和の時代と人々は祝福するでしょう。足元が、揺らいでも踊り狂います。今後しばらくは雅子妃の奇跡エピソードフィーバーになることでしょう。いよいよ浄化の本番です。令和の始まり

  • 火の調整

    錬金作業で言えば、火に当たるのがルシファーです。だから調節には慎重を期します。現世を観察するときは、できるだけ感情をマイナス<火を控えた>客観理知を保たなければ危険です。感情を制御できない理由に、悪魔の無関心の質量が少なすぎること。神の愛情が強いと、必ず巻き込まれます。弥勒の前身が布袋様で、布袋の前身が大黒天であることをまた改めて考えてみましょう。たんに悪魔と聞いただけで、この人は罪を背負った邪悪な人としか判断できないような人が学べることではありません。火を強めると愛情や意志力を強めます。冷やすと、冷静な客観理知を保つことができます。どこに愛情を注いで、どこを無感情で見極めるか。そこの火の調節には、体得された叡智が必要です。人間として往々にして間違いを犯しやすいのが、悲惨な光景を見て他の霊魂の運命を代えようとす...火の調整

  • 今日のブラックブラックジョーク。

    休日は、銀行ATMも時間外手数料?人おらんのに。お金預けて利子無し同然でまだお金払う?もうこのシステムお終いにしたらどうかいな。銀行は国営管理で、民営化なし。金利で設ける輩がいるから競争経済になり、貧富の差が大きくなる。オリンピック認定の座って金儲けている能無し大臣も、天罰が当たってほしいと念を込めて「ホウレンゲキョ~~~~ウ」生産供給と需要、そのバランスが崩れることで、誠実に物造りを生産していた本業者の生活が成り立たなくなって、より激しい競争経済観念になってきたわけ。闇の経済プロトコル「便利で安くてすぐ壊れるゴミを大量生産せよ」長く服用すればガンを誘発する科学薬品を安くして、安全で持久力をつける漢方薬品がなぜこれほど高価なのか。そして多くのゾンビがそれに従い、民営化、請負会社が乱立して無思慮な競争を始めた。貧...今日のブラックブラックジョーク。

  • 昨日の散歩道

    カメラ業界も衰退、こんな記事が目につきました。カメラ大好き人間の私には悲報。スマホの機能が上がったことによるのでしょう。なるほど軽い便利綺麗、魅力ありますね。年寄りの私には、細かすぎる機能は使いきれません。そんなことで、写し方の楽しみが多いのは今のカメラでしょうね。旧いレンズ引っ張り出して、写り方をいろいろ頭をひねって楽しむことができやすいわけです。細かい機能を使えばいろんな写り方を簡単だと思いますが、自分の手でいろいろとっかえひっかえの方が実感がわきます。いわゆるアナログの世界でしょうか。どちらがいいかは個人の問題。出来上がった作品には、少々の違いが有ります。概ねハイテク派は写実的で正確はっきり。アナログにはどこかあいまいが滲んでいるわけ。このあいまいに、何かが有るわけです。曖昧は不確かで悪いこと、なのでしょ...昨日の散歩道

  • とくに霊的開拓者に向けて

    自分の中で、この真理が確立し始めたころは、こんなシンプルなのだからこの<型>を見ただけで気が付く人は大勢いるはずと思っていたものです。それは大きな間違いでした。原因はナルチストエゴもありますが、他にたくさんあるわけです。その一つが「何の役に立つのか」です。解らない人は、今後も自分が何を欲しているかさえ解らないでしょう。真理を探していると信じながら、他の喜びを探しているのです。現在の聖職者、神学者たちさえ「父と子と精霊の御名において」この三位一体の原理さえ、解っていません。<旧い時代の、拝む対象のままです。>生命の鍵を真摯に研究してくれる人たちが増えているのが分かります。大変ありがたいと感謝しております。願わくばこの真理を自分のものとして応用できるように学んでください。土を耕す鍬のようにです。真理は、即時に自分を...とくに霊的開拓者に向けて

  • 日記

    今日の散歩。もうモミジがまっかっかを期待して行ってきました。ですがまだこれくらい。久しぶりに重装備、数十年前のオール手動、ミラーレフレックスとかいう500ミリで、数十センチまで寄れるマクロ。とんでもない性能ですがピンと合わない、もうなかカビだらけと言うレンズ。ですがその持ち味が面白い、ときたま神がかりのようなハレーションが写る。日記

  • 政治に関心を持つこととは

    チャネラーのメッセージでも政治に関心を寄せ、選挙にも積極参加するように言われ始めたわけです。ですが、いざ私たちがどのように考えて、どの人を選ぶかは何も言われてはいません。個人的考えで、現時点での闇権力と理想とのバランスを執れた人を選ぶことですが、それが全くわからない人ばかり。つまり、これまでの旧い時代の社会は、闇の知恵と力は大変強力でしかも表から見えず巨大なタブーでした。私たちの情報知識で、立ち向かえるものではなかったのです。それは現在でもそうです。ですから、もう少し全体の理知が上がるまで、闇勢力が弱まるまでは注意が必要です。いきなり理想的なことばかりを言って、権力の座につこうとする人には注意が必要、九分九厘の掌返し用心です。グレタさんの発言や太郎さんの理想経済の考え方自体は、同調できることたくさんありますが、...政治に関心を持つこととは

  • 運命ボルティックス

    運命とは、物語の渦を選び取ること。こういう表現もできるでしょう。自分が見ている現世ビジョンのスクリーンは無空間。そこに無数の物語の泡<ボルティックス>がクラゲのように漂っている。ボーっとしていると、そのどれかがくっついてくる。霊性を遮断された我々の現代社会では、そのボルティックスを生産して吐き出しているのがTV、マスメディア。無知である人間が現世の愛<情>を持つと、この世の善悪、正義を持つようになる。この世の正義とは、必然的に復讐心を生じるようになる。復讐の相対関係は、もっとも異常なストレスを生じる。ストレス解消しようと快感を求める。快感はSEX、酒、麻薬依存となる。霊性有る賢明な者は、この運命物語の循環を知っておくことです。怨念復讐物語のボルティックスが、どこから多く湧き出ているか。当然邪教カルトではあります...運命ボルティックス

  • 日記

    かなり朝晩はヒエヒエしてきたので、もうモミジの色合いはどんなんかいな~と思う。朝くらい行ってみるか、天気は良さそうだ。今日のお絵描き練習のモデルは、常盤貴子さんと、菊池桃子さんです。日記

  • 今後始まる試練

    たんに、聖書の言葉を並べて自己陶酔している人々には到底困難。どの宗教も、その八割はその時代に適応した説き方。その宗教発祥の地と、時代を考慮すると、たとえばイスラム教は、なぜそれほど戒律が厳しいのか、その答えも見えてくるでしょう。ですから、現代知識情報社会において、その八割を改善して、残りの真理を探究すれば世界中の宗教は一つに戻るでしょう。それがいつまでも解らない根本的な深層心理の一つが、ずっと言われ続けている「我を捨てよ」であり「ナルチスト・エゴ」に気づくことです。小我とは、たんなる愚かな欲望のことだけを意味するものではない。もっとも深いのが、この世の善人意識での自己陶酔。自己陶酔できるのは、先天環境に胡坐をかいているだけのこと。これからの試練とは、ここにも鉄槌が下されます。今後始まる試練

  • 古代叡智復活

    古代叡智復活、または新生の下準備だったのが雛形時代。東洋の代表が大本、ナオと王仁三郎。西洋の代表が神智学、ブラバッキーとシュタイナー。ですから時期と関係性が似ていることです。ナオとブラバッキーは、主に天の理を説きました。王仁三郎とシュタイナーは、主に地の哲理を説きました。王仁三郎は、素戔嗚。シュタイナーは、ルーシフル・グノーシス。この代表の役目は、大多数の注目を得るように、たいへん派手な霊的奇跡のパフォーマンスが必要でした。このパフォーマンスに隠れ沿って、第三の知識が有ることをよく見ておきましょう。その第三の知識に、古代の叡智の片鱗が有ったわけです。ですが実質には、そのまま肝心要のことは神事で降りてきているわけです。しかし人間にはそのレベルに理知意識が上昇するまで、何を言っているのかさっぱり意味不明なのです。古代叡智復活

  • 日本での古代叡智の霊系

    日本の場合、大本から派生した宗派は、古代の叡智の結晶化「生命の鍵」を研究するときです。黒住、天理、大本、心の法則、次元上昇で下準備、そこに唯一の古代真理が治まって成就。現代人の常識と神学者まで、いまだに物質の鉛を物質の金に代えようとする知識しか肯定していない。植え付けられた虚偽の善悪観念、この世の悪をまたさらに、心身の利害関係にあるこの世の善に変えようとする、そのようなカモフラージュしか、信じていないようなもの。または、それしか知らないこと。鉛の何たるか、金の何たるかの理解ができていないのに論争ばかりする。それは、霊の真では無い、愚かな大多数。闇の正体を知って、宇宙の法則に照らす、「汝の鳴るがごとく、汝に成る」この錬金法則は、神々にとっても同じ。鉛の正体を知って、法則で蒸留して、金を知ることです。この叡智と認識...日本での古代叡智の霊系

  • 独断芸術論(2)

    自然風景と女性美。現在のスピリチュアルの9割が、本心では外の幸福への願望。天の才の資質を持つ者は、インナースペイス、自己宇宙の表現を試みる者。だから常に斬新なことを表現する。さてウンチクから、男性が女性の美しさを愛でるのは、神世の昔からの真マコト。創造主はエロヒムと言います。その使いの四大天使は、ミカエロ、ラファエロ、ガブリエル、ウリエルと、すべてエロ、色、が付きます。色をこの世で見れば、彩、アヤ、妖艶しくなるんですね~。すべての色は、神様で、主のお使い。その色に男性原理と女性原理有り、濃く暗く薄く明るく。形にもあり、男性原理の表現は直線、女性は曲線、素戔嗚と天照ですね。女性原理は本来彩形、イロカタチを司ります。だから天照は、鏡です。ついでにもっと詳しく色は神、線引き区分けは尊、脳はマトリクスですね。それで地球...独断芸術論(2)

  • うんざり世相

    〔共産党は5日の第8回中央委員会総会で、台頭する中国への批判を盛り込んだ党綱領改定案を全会一致で採決し、2日間の総会日程を終えた。来年1月の党大会で正式決定し、16年ぶりの綱領改定が実現。志位和夫委員長は総会後の記者会見で「日本共産党が(覇権主義<他国を圧倒する勢力,特に軍事力をもつ国家の地位とその影響力の大きさ>を強める)中国の誤った行動を批判することは、大義ある取り組みだ」と強調した。米国への批判が弱まったとの指摘には「帝国主義的な侵略性が際立った国ということで、(綱領改定案でも)名指しで批判している」と反論した。〕また、見出しだけでスンマソン。じっくり読む気はさらさらない。日本共産党が中国批判、!世のなかも変わってきたものです。ついでにカルトのなかでカルト批判が高まってくれればなお幸い、たいへん世界平和に...うんざり世相

  • 最終段階

    現実はまだ十年ほど同じように見えると思いますが、霊魂の選別は来年で決定されます。ですから来年にかけて、とくに上昇するものと下降するものとをしっかり見分けられるようにしておくときです。実際そのように見分けられるように集団組織、宗教、政治姿勢が分離しているわけです。当然引き寄せの法則です。基本的これまでずっと書いてきましたように、選別の基本はその人の<本音のところでの闇の性質の有無>です。見た目の慈善事業やボランティアなどでは、けしてありません。なかなかすぐには見分けられませんが、その周辺を観察していると少しづつ見えてきます。外面着飾って、本心のところで集団殺人を肯定しているような人と、それに組みする人たちが上昇することは有り得ません。そこのところをなるべく明確に書いて行くことになります。最終段階

  • 宗教の成りたち

    宗教の成りたちの心因、本音のところでの心因に、身を守る集団性、情動性、創造の源理探究心との三種有ります。前者の二種がバラバラ争いの元凶。聖書をはじめ古の聖者賢哲の言葉、天の理でも現世の言葉になれば、万時万象に適応するものではなく、使い方で善にも邪にもなる。代表的なのが、神、愛、幸福「~を信じること」たいへん抽象的で、どのようにでも解釈可能。詐欺ペテンから闇のマインドコントロール宗教観念まで、幅広くそして基礎心理的に使われてきた。奴隷時代、最後のサイクル。こうして、大きな時代サイクルの終わりに、人類史上最低で最凶の宗教が生まれたのです。宗教の成りたち

  • 日記

    朝は寒かった、やはり半纏は買っておこう。今年は半そでから合い物を着る間もなく冬支度です。さて首里城の話ですが、航空写真が見たのですが、この時代は建物は四角でも城壁は自然の地形に沿って作ってある。これは美しいくもあるし、自然を壊さないことにも繋がるのでしょう。未来の都市造りはこうあってほしいものです。造るのに急がず、気学的立地条件と、住み心地とアートが調和した都市づくりですね。アントニオガウディを思い浮かべた方もおれられるのでは。確か首里城内にも気の噴出口があって、石畳をそこだけ開けていたように思う。検索してありました。〔園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)琉球石灰岩で造られた建造物、国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所。形は門になっているが人が通る門ではなく、いわば神への「礼拝の門」門の上部に掛けら...日記

カテゴリー一覧
商用