プロフィールPROFILE

タカ長のタカの渡り観察さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
タカ長のタカの渡り観察
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takamist
ブログ紹介文
タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶ
更新頻度(1年)

378回 / 365日(平均7.2回/週)

ブログ村参加:2016/06/23

読者になる

タカ長のタカの渡り観察さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(IN) 43,987位 44,732位 44,805位 44,862位 44,965位 45,111位 44,350位 980,587サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 708位 727位 734位 730位 730位 725位 719位 11,958サイト
軽登山・トレッキング 51位 53位 50位 55位 55位 53位 53位 659サイト
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,758位 63,188位 63,195位 82,848位 82,993位 63,269位 57,144位 980,587サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 1,143位 1,162位 1,148位 1,419位 1,422位 1,166位 1,040位 11,958サイト
軽登山・トレッキング 68位 70位 68位 92位 89位 65位 62位 659サイト
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,587サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,958サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 659サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タカ長のタカの渡り観察さんの読者になりませんか?

ハンドル名
タカ長のタカの渡り観察さん
ブログタイトル
タカ長のタカの渡り観察
更新頻度
378回 / 365日(平均7.2回/週)
読者になる
タカ長のタカの渡り観察

タカ長のタカの渡り観察さんの新着記事

1件〜30件

  • 展望の山?

    古戦場の跡として、その名前だけは青春のころから知っている折敷畑山に登りました。このデータで見るように、小さな山です。しかし、帰宅したいま、足に疲れが残っているのは、終始厚く積もった落ち葉の上を歩いたからでしょうか?登山道に入ってすぐにこのような展望地があります。向こうに見えているのが安芸の宮島です。町の中を横切っているのが山陽自動車道です。なかなかの展望ですが、展望地はここだけで、、、、、それから先はこのようなところを登ります。かなり深い掘割り道を登るところもあります。何の写真か分からないでしょうが、これはキクラゲを採っているところです。乾燥していましたが、キクラゲですから山からのお土産になるはずです。思ったよりきつい登りをこなすと、古戦場の跡に着きます。ここでランチタイムです。毛利元就と大内陶氏が戦い、毛利元...展望の山?

  • 心拍のゆらぎ

    今日は月1回の検診日でした。先生の前に座って胸を出すと、チョッと冷たい聴診器。先生はいつになく長時間、聴診器で心臓の音を聴いておられるようでした。悪い自覚症状は何もないので心配はしていませんでしたが、それにしても長時間心音を聞いておられました。健診を終えた先生がひと言。「若いですねぇ。鍛えておられるから、、、、」先生のお話は次のようなことです。平素は意識しませんが、私たちの心拍はゆらいでいます。息を吸うときは少し早くなり、吐くときは遅くなります。このゆらぎは10代から20歳くらの時がゆれ幅が大きくなり、その後はゆれ幅小さくなります。このようにゆれていることは、自律神経のバランスがうまく取れているということで、健康の証でもあります。心臓病や糖尿病になるとこのゆらぎが激減するようです。もうひとつ加齢によってゆらぎが...心拍のゆらぎ

  • 先生のひと言

    吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞されることはとても明るいニュースですが、その吉野さんが化学を志すきっかけになったのが「ロウソクの科学」を読んだことだと、吉野さん自身が話されています。吉野さんに「ロウソクの科学」を読むように勧めたのは小学校の先生でした。NHKが昨夜その先生のことを紹介していました。それを見ながら思ったことです。その内藤先生(現在は津田姓)は吉野さんのノーベル賞受賞を喜んでおられましたが、小学校時代のことは記憶の外に消えているようだと話されていました。唐突ですが、ノーベル賞の受賞と団地の編集長の間には、その業績において「月とスッポン」以上の差があります。登山にたとえたら、裏山歩きとヒマラヤ登山以上の差があります。そのようなことは言うまでもないことですが、昨夜の放送を見ながら、吉野少年に「ロウソクの...先生のひと言

  • 燕三条だぁ、、、、

    今日の午後は広報関係の取材(?)を予定していました。相手は町内の忙しい人です。ところが、裏山から帰ったタカ長は昼食のあとウトウトしてて、その予定を忘れていました。そうしたら、、、、約束の時間にその人がわが家に乗り込んできて、、、、、、。でも、そのうっかりが幸いしました。約束を忘れないで、集会所で話しあっていたら、必要な資料をパソコンからパッと取り出すことはできません。わが家でのミニ編集会議になったため、タカカノや他の友だちも参加出来て、次の広報紙の姿がぼんやりと見えるようになりました。いま何かをしようとしたら、パソコンは欠かせません。だからと言って、パソコンを持ち歩くのは、いくらノートパソコンであっても億劫になります。パソコンを持って行ったとしても、集会所にはネット環境が整備されていないため、その場でネット情報...燕三条だぁ、、、、

  • 山火事のあとを

    昨日登った七国見山の話題です。ウォーキングセンターからのコースを登り始めると、山火事あとを登ることになりました。西泊公園の、観音像のそばを登るあたりから、登山道のまわりに焼け焦げた灌木が目立ち始め、その状態はずっと続きます。しばらく登って行くと、目の前に寺の鐘がありました。その意味がまわりを見てすぐに理解できました。ここが西楽寺で、その西楽寺は全焼しており、梵鐘だけが登山道のそばの手すりに掛けるように置かれていたのです。すぐそばには焼け落ちた瓦がひとまとめにして積まれていました。登山道はその中を伸びています。そこから登山道は急になります。そこを登って行くと、登山道の両脇に、地上から20㎝くらい出た鉄筋が続いていました。登山道につくった階段の木の部分が焼けて、それを止めるために打ちこんだ鉄筋だけが残されていたので...山火事のあとを

  • 展望の山?

    独りで七国見山に登りました。ファミリー登山の下見のつもりでしたが、この山はファミリー登山向きではないことを、登山開始早々に知ることになりました。その話題は後日として、、、、、今朝は曇り空、確かに瀬戸内海の光る海は見えますが、満足できる状態ではありません。でも、そのような不満を言っても仕方ないので、とにかく、山頂を目指しました。七国見山の山頂には展望台があります。その展望台からの風景です。青い海が光っていましたが、展望はこの程度です。七国見山は、七つの国、、、周防、安芸、備後、備中、豊後、伊予、讃岐の国が見えるから命名されたようです。しかし、安芸、備後など北側は木が茂っていて展望ナシ。あとはタカ長の独断ですが、讃岐も周防も木が茂って見えない感じでした。展望がウリの山だったはずですが、それにしては展望が狭いようです...展望の山?

  • 七国見山

    七国見山に来ました。まわりの木が茂り展望が狭くなっているようです。これでは七つの国は見えません。七国見山

  • 今日はダブルヘッダー

    先月、高校時代の同級生から、広島バスセンターの7Fにある「源蔵」に来るようお誘いがありました。同窓会とは言えないような小さな集まりです。タカ長はもちろん、参加です。今日がその日で、源蔵に行ったらタカ長を含めて9名が集まっていました。そこで昼食をしながらのおしゃべり、近況報告です。皆さん、病気の話ばかりするので、タカ長も負けないように(?)心臓カテーテルの話をしました。この話には、ここでは書けないような面白い話もありますが、これは省略します。病気はしていても、皆さんそれぞれが活躍していて、彼らの話を聞くのは楽しいものです。その中にはこのブログで紹介したいこともありましたが、タカ長はこれから町内会の役員会、それが終わってから忘年会、、、、と言うことになるので、この話題は後日の楽しみ、と言うことにします。今日は忘年会...今日はダブルヘッダー

  • 山グループの忘年会

    今日は山グループの忘年会でした。いつも通りの楽しい忘年会でした。今日は「男爵様」や「姫様」など、広島ではチッタァ~名も売れた(?)山屋さんも参加して頂き、楽しい時間を共有することが出来ました。黄色が姫様で、その向こうにトレードマークの髭が見えるような???ご馳走はこれだけではありません。写真を撮ることも忘れて騒いでいました。会場は某ホテルの8F,展望がウリの会場ですが、その展望も撮っていませんでした。何をしていたのでしょうか???と言うことで、コメントらしいコメントもナシです。タカ長も1曲歌ったのですが、だれか動画を撮ってくれたかなぁ?山が結んでくれた縁で、今日も楽しいひと時を過ごすことが出来てハッピーでした。皆さん、お疲れ様でした。そして、有難うございました。山グループの忘年会

  • 究極のくり返し

    時々、本当に時々ですが、愛知県一宮市の福厳寺の大愚和尚の講話をYouTubeで聴いています。昨夜は「究極の日常、人生で大切なことは毎日のくり返しの中にある」を聞きました。関心のある人はここをクリックしてお聴きください。その講話を聴いて、本題とは関係ないことかも知りませんが、自分の山歩きのことを考えていました。山を歩くということは、当たり前のことですが、左右の足を交互に前に出して行くという単純な行為です。日常生活の「歩く」と言う行為も同じことですが、ここでは「山での歩き方」についてだけ考えます。その山歩きを60年以上やってきました。登山回数は変動があるので、定年してからのことだけ考えることにしますが、、、、定年して、年金生活になって、1年間の登山回数は130回から150回の間で推移しています。今年は140回+αに...究極のくり返し

  • 気になることば

    キレイに晴れました。絶好の山日和です。しかし、今日のタカ長は山には行かないで、団地の編集長をしました。昨夜届いた団地新聞の配布です。と言っても各戸配布ではありません。町内会長宅まで届けるだけです。今回はそれで終わりますが、すぐに次の準備を始める必要があります。そのようなことをしながら、平家物語で読んだ言葉を頭に浮かべています。過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ特別な理由は何もありませんが、先日も紹介したこの言葉を何度も反芻しているのです。タカ長の母親は浄土真宗の熱心な(?)信者でした。その親に育てられたのですから、タカ長も何らかの影響を受けているはずです。しかし、仏教の勉強をしたことはありません。要するに普通の日本人です。ですから、その言葉を頭に浮かべながら、深...気になることば

  • 2軍はつらい?

    いつもの駐車場、このところいつもドラマチックです。私たちの団地のまわりの紅葉は今が見ごろみたいで、そこに陽が射すとドラマチックな風景が出現します。その駐車場に、今日は16名が集まりました。各自が出発準備をして、今日は50番鉄塔を目指しました。もちろん、本隊が先で、2軍の4名がその後を追います。その4名ですが、日曜日のファミリー登山の2軍よりは脚力があるので、椿尾根コースの登りならおしゃべりをしながら、ということになります。そして、、、カフェ50に到着です。今日は北寄りの風が吹いていたので、こちら側が風下になります。チョッと下りれば無風ですが、今日は太陽が顔を出す時間は短かったようです。足もとの倒木を処理するなど、小さな作業がありますが、タカ長はいつものように、高みの見物です。その作業、思った以上に時間がかかった...2軍はつらい?

  • 色々あって日が暮れる

    今日のファミリー登山、一週間も前から天気予報に一喜一憂し、、、、昨日も天気予報がハッキリしなくて、本当に実施するかどうか関係者一同気をもんで、、、、とにかく、エイヤァ、、で実施することに決定。その決定は正解だったようです。宗箇山からの風景です。曇り空ですが、昼食タイムには日が射してきました。思いのほかの好天、と言った状態でした。そのようなファミリー登山ですが、山の中ではオフレコの話など色々あって、無事に終わって見れば楽しい登山でした。そのファミリー登山では、タカ長は今日も2軍担当で、のんびりと歩かせてもらいました。山の中では色々あったので、下山してこの紅葉を見た時は輝いて見えました。竹がが茂った、暗い道を歩いて来たので、そこよりは明るい三滝寺の紅葉がより一層明るく見えたのでしょう。三滝寺と言うのは、境内に三つの...色々あって日が暮れる

  • 最初の忘年会

    今日は長寿会の忘年会でした。タカ長にとっては今シーズン最初の忘年会です。明日から師走ですが、その週末には山グループの忘年会など、二日間で三つの忘年会。そのあたりが今シーズンのピークになります。長寿会の忘年会は団地の集会所で行われます。ささやかな忘年会ですが、とてもフレンドリーなものです。長寿会ですからタカ長より先輩の人も多く参加されます。今日は58名の参加がありました。このようなイベントに出席できることは幸せなこと、タカ長もこの先何回も出席したいと考えています。宴席の後は恒例のビンゴゲームです。これは何時もダメです。タカ長はこの種のものはまったくダメですが、今回は特別ダメ、めちゃくちゃでした。ゲームが半分以上進んでいるのにこの状態です。リーチにもなっていません。呼ばれる番号は隣の番号ばかりでした。成績が良くても...最初の忘年会

  • それぞれの紅葉

    仲間たちとの裏山歩き、いつもの時間にいつもの駐車場に集まったメンバーが、いつもより少なかったのは、いつもより冷え込んだからでしょうか?いつもの駐車場から見る、いつもの裏山は、いつもと違ってとてもドラマチックでした。この風景を見るためにはチョッとだけ努力しないといけないようです。いつものように中国自然歩道を歩き、タカ長たち2軍選手はいつものところからひき返し、、、、、いつものように「カフェ46」に行きました。ここで「いつもずくし」は終わります。カフェ46に着いたらすぐにお湯の準備です。このケトルは「メイドイン燕三条」です。これで2,000円くらいですから、お値段も年金生活者向きです。これに1リットルの水をいれて湯を沸かしました。7分くらいで沸いたようです。彼らがカフェの準備をしている間、タカ長はまわりの紅葉を撮り...それぞれの紅葉

  • カフェ46

    ただ今カフェ46の開店準備中です。このケトルで湯が沸く時間を計測しています。カフェ46

  • 文化の違い

    ハッキリしない天気です。山続きだったタカ長は休養日です。懸案だった広報紙も出来たので、本当にくつろいだ気分です。10年前にベトナムのサパで撮った写真です。レストランの外を見た、平凡な風景です。そのとき私たちは昼食をしていました。隣の席では花嫁さんを祝っているようなグループがいました。そのお嫁さんが可愛かったので、大写ししましたが、その写真は紹介しません。これだけです。花嫁さんは可愛かったのですが、彼らの席の下は、私たちの常識では顔をそむけたくなるくらい散らかっていました。食べがらやナプキンなど、とにかく、散らかり放題。カメラを向けるのも憚られる状態で、写真には撮っていませんでした。日本では目をそむけたくなる状態でも、文化が違えば考えることは違います。たくさん散らかっているほどご馳走だった、というようなことになる...文化の違い

  • 今日もまた

    今日も裏山に行きました。相手をしていただいたのはganchanさんと丘の上の歌姫さんです。何で「歌姫」なのかなぁ?未だに聞き忘れています。ともに1日3万歩くらい平気な人で、今日はタカ長がお二人にガードしてもらった感じです。早い時間から山に入り、、、、いつもとはチョッとだけ違うルートを案内して、、、、、、今日もまた「カフェ50」に向かいました。主稜線に登り、落ち葉のたまった道を歩きます。この時間、太陽が出たりかくれたり、でした。陽が射すといい雰囲気でした。わが裏山の紅葉もまんざらではない、といったところです。その裏山で、、、姫様を独占、、、、、したわけではありませんが、とにかく、お二人とおしゃべりしながら歩きました。そして、、、、カフェ50でコーヒータイム。里山キングのカラビナコップで乾杯です。姫様差し入れのクッ...今日もまた

  • 今日の裏山

    朝早い時間は曇っていましたが、裏山に入るころには晴れてきました。いつもの時間にいつものように歩いて、50番鉄塔を目指しました。本隊はもう少し先まで歩いたようですが、、、、タカ長たちは50番鉄塔の先の「カフェ50(ゴーマル)」へ直行しました。この右斜面が「カフェ50」です。カフェ50では、青い空を見ながらのんびりとしたり、、、コーヒーの準備をしている仲間のそばで、斜面に寝転んで、、、、お世辞にもキレイと言えない紅葉や、青い空を見ていました。この時期ですが、今日は風が無くて、カフェ50でのコーヒータイムを楽しむことが出来ました。このような「のんびりタイム」は最高ですね。帰りは隊列を組んで、、、、、。チョッといたずらして、50番鉄塔を消してみました。この状態だとしたら、あそこで頭を打つ心配はないのですが、、、、、、。...今日の裏山

  • カフェ50

    仲間たちとの裏山歩きカフェ50で休憩中です。いい天気です。カフェ50

  • すったもんだの末に

    タカカノのスマホ写真ですが、すったもんだの末に何とか取り出すことが出来ました。昨日は他にも用事があり、その上にスマホ写真ですから、正直疲れました。その写真を使っての更新です。オーストラリアンキャンプではタカカノもタカの渡りに熱中したようです。大きなワシ、畳が飛んでいるような大きなワシが次々と飛んでくるので、平素は渡り観察に熱心ではないタカカノもついつい熱中したようです。スマホ写真を見るとこのような写真が何枚かありました。よく見ると鳥が飛んでいます。トリミングするとこのようになります。この中に3羽の鳥が見えます。同じように、、、、この写真を見ると何のことだか分かりませんが、、、、トリミングすると9羽の鳥が見えました。スマホでズームすることさえ知らないタカカノが撮りたくなるくらい近くを飛んだのでしょう。このようなワ...すったもんだの末に

  • 写真には撮ったけど

    タカカノたちのネパール旅行、帰宅してコンデジを見たら200枚くらいの写真が撮れていました。平素は写真を撮らなくて、旅行前に裏山などで「自主トレ」させた時も、1日に3枚か5枚しか撮っていませんでした。そのようなタカカノがコンデジだけで200枚くらい撮り、、、、スマホにもかなりの数の写真が見えるのですから、これは想定外のことでした。それは良いのですが、さて、その写真をどのように取り出すのか、スマホ初心者には分からないようです。そうなると、あれこれ考えるのは止めて、「駆け込み寺」、友だちのところに行くことになりそうです。それはいいのですが、その時間がいつ取れるのか、タカカノは今日もボランティア活動をしています。ヒマラヤのパワーをもらってきたのか、出発前より頑張っている感じです。オーストラリアンキャンプではこのような風...写真には撮ったけど

  • 女房殿のネパール旅行

    一昨日の夜、女房殿がネパールから帰ってきました。帰宅しての第一声は「雑巾をとって」でした。ネパールはほこりが多くて、旅行カバンもほこりもぐれになったのでしょうか、キャスターだけでなく全体を拭かないと家に持ちこめないようでした。その夜は映画の予告編より短い土産話を聞いただけ、タカ長は翌日早くから山に行き、、、女房殿は女房殿の生活があって、土産話らしい土産話は聞いていません。別に、、、、夫婦の会話が、、、、途絶えているわけではありませんが、、、、、。と言うことで、タカ長が勝手に判断しての土産話です。カトマンズからポカラへは、ヒマラヤの白い峰を見ながらプロペラ機で飛んだようです。距離的には遠くは無いはずですが、道路事情は日本とは違うので、近距離でも飛行機を利用することになるようです。ポカラに着いて、そこからカンテまで...女房殿のネパール旅行

  • 名残の紅葉

    スマホから投稿したように、今日は広島県中央部の天神嶽に登りました。天気は曇り、時間の経過とともに雲は厚くなってきましたが、雨の心配はありませんでした。本当はもう少し明るい空だったら写真的にも良かったのですが、そんなことを考えるのは贅沢かも分かりません。風が無いだけで良かった、とも思いました。紅葉はあまり期待していなかったのですが、思わぬ紅葉を楽しませてもらいました。東天神嶽からの展望です。このような写真が撮れるとは思っていなかったの嬉しかったです。それ以上に良かったのが中天神嶽の手前の紅葉でした。これこそ想定外でしたが、そこはチョッとした谷地形で、そのため強風の被害を受けなかったのかも分かりません。この紅葉をゆっくりと楽しんだあと、中天神嶽で昼食を済ませ、西天神嶽に行くのはキャンセルして、同じ道を下りました。雲...名残の紅葉

  • 天神嶽

    仲間たちと天神嶽に登りました。曇りです。名残の紅葉を楽しむことが出来ました。天神嶽

  • 臨時主夫は、、、

    今日は終日快晴、絶好の洗濯日和でした。タカ長のブログに「洗濯日和」とか言う言葉が出るとは思われなかったでしょうが、、、、実は、女房殿が旅行に出てタカ長は留守番でした。その女房殿が間もなく帰ってくるので、女房殿に叱られないように、洗濯や掃除に精を出したのですが、、、洗濯ものがキレイに乾いた頃になって、あれも洗濯しておけば良かった、これも洗うべきだったというものが出てきて、、、やっぱり「臨時主夫」はダメだなぁ、と力を落としているところです。洗濯には失敗したようですが、掃除のほうは頑張りました。旅行から帰ってみたらわが家はゴミだらけ、では気分が良くないので、それなりに頑張りましたが、、、、犬小屋に毛の生えた程度のボロ家でも、掃除をすればそれなりに時間がかかり、疲れてしまいました。ダメですね。でも、タカ長がこのような平...臨時主夫は、、、

  • 裏山の紅葉

    年金生活者のタカ長ですが、それなりにやることがあり、暇を持て余すことはないようです。昨日は裏山から帰ったあと雑用をしていたら、ブログの更新をすることをすっかり忘れていました。〇〇さんとか、ΔΔさんなど高齢の方のブログで失敗談を拝見して、思わず笑ってしまうこともありますが、タカ長も同じようなことをしています。まぁ、高齢者は大同小異の生活をされているのでしょうね。昨日の裏山、本隊と遅れてせせらぎ広場まで行きましたが、風を避けるところが無くて早々にひき返しました。そのコースでも紅葉を見ることは出来ますが、もちろん「全国区の紅葉」ではありません。完全な「地方区の紅葉」ですが、その紅葉も今年は良くないようです。先日、仲間の家で久住山に登ったときの写真を見ました。赤く落葉した上を歩いている写真が何枚もありましたが、ことしは...裏山の紅葉

  • 今日は団地の編集長

    雨模様の天気です。気温が下がったわけではありませんが、何となくうすら寒い天気です。だから、と言うわけではありませんが、今日のタカ長はパソコンの前に座りこんで、団地新聞の作成をすすめています。今回は団地特集号で、団地誕生のころのことを特集しています。団地新聞にもそれなりの歴史がありますが、今回の特集を作成するにあたり何名かの人から昔ばなしを聞きました。そのようなことをしていたら、世の中には几帳面に記録される人もいて、、、、子ども会発会記念餅つき大会が昭和52年4月10に行われた、と言う記録まで出てきました。調べてみたらその日は日曜日で、大安でした。関係者の心が伝わってくるような記録です。私たちの団地は広島湾を見下ろす山を造成して生まれた団地です。そこに住みついた「新住人」だけがつくった町です。そのためでしょうか、...今日は団地の編集長

  • 思い出すことなど~2

    14日に紹介した「焚火」は平成4年に650部の限定版として出版されました。その出版に事務局担当として関わったのが登山家の高見和成です。高見和成と言えば高名な登山家ですが、冬の大山北壁で遭難死しています。彼は私たちの仲間的な存在ですが、登山の面では月とスッポン以上の差があり、存命中一度も山行きに誘われたこともありません。またタカ長のほうから誘ったこともありません。しかし、彼が行っていた「自称文化人もどき」の活動にはタカ長も協力したことがあり、その縁で「焚火」の出版にも微力ながら協力しました。昭和48年10月、61歳で病没した加藤武三は多くの絵と詩を残していました。山が縁でその遺作を目にした高見が感激、それを出版することを思いつきました。しかし、出版してくれる会社は見つかりませんでした。そのため高見は自費出版を決意...思い出すことなど~2

  • とにかく好天

    里山キングを目指しているyamakashi君につきあって、中国自動車牛頭山トンネルの真上にある牛頭山に登りました。スマホから投稿したように、とにかく好天、一点の雲もない快晴でした。麓では今が盛りの紅葉を見て、、、、森の中の暗い道を登ります。距離は短いのですが、とにかく急登です。この登りは好きではありませんが、距離が短いのが救いです。そのようにして着いた山頂は快晴無風。広島県西部の山がすべて見えるのではないか、というような気がする山頂です。この画像の左端のほうに安芸の宮島が見え、その向こうに周防大島の嵩山も見えました。画像の中央から右にかけてわが裏山や窓ヶ山、東郷山、天上山などが見え、、、、よく見ると羅漢山、吉和冠山、立岩山、十方山、恐羅漢山など馴染みの山が数多く見られました。晴れの山を歩くことは珍しいことではあ...とにかく好天

カテゴリー一覧
商用