プロフィールPROFILE

小松達也さんのプロフィール

住所
港区
出身
兵庫県

暇つぶしに読んでみてください。

ブログタイトル
お先にどうぞ
ブログURL
https://kent0mg.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
損も得もありませんが、少しだけお付き合いください!
更新頻度(1年)

111回 / 257日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2016/02/16

小松達也さんのプロフィール
読者になる

小松達也さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 10,969位 12,340位 11,827位 11,302位 11,341位 11,349位 11,888位 978,435サイト
INポイント 40 20 20 10 20 30 40 180/週
OUTポイント 10 0 30 10 40 20 20 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 68位 79位 74位 68位 72位 74位 81位 27,362サイト
何気ない日常 2位 2位 2位 2位 2位 3位 3位 415サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,863位 29,624位 27,225位 25,986位 26,596位 27,410位 26,796位 978,435サイト
INポイント 40 20 20 10 20 30 40 180/週
OUTポイント 10 0 30 10 40 20 20 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 265位 235位 202位 197位 201位 212位 206位 27,362サイト
何気ない日常 9位 9位 5位 5位 5位 5位 5位 415サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,435サイト
INポイント 40 20 20 10 20 30 40 180/週
OUTポイント 10 0 30 10 40 20 20 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,362サイト
何気ない日常 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 415サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小松達也さんの読者になりませんか?

ハンドル名
小松達也さん
ブログタイトル
お先にどうぞ
更新頻度
111回 / 257日(平均3.0回/週)
読者になる
お先にどうぞ

小松達也さんの新着記事

1件〜30件

  • スキンケアの前にやるべきこと

    前回いただいたコメントへの返事をしていなかったことが気になりましたので、更新します。 step-iwasakiさん、八犬伝さん、ニッキーさん、hanamuraさん、ちぃさんへ皆さま、貴重なコメントをいただき、誠にありがとうございました。☆  ☆東西冷戦の象徴であったベルリンの壁が崩壊して30年も経ったというのに、 未だ少数民族を弾圧し、多くの罪のない人々を殺し続けているどこかの国とは違って、日本は自由に物事を考え、自由に行動できることが憲法で保障されている国です。安倍さんを応援するもよし、一日も早く安倍さんを政権の座から引きずり下ろし、野党政権誕生を声高に叫ぶのも自由です。いつだったか、中国の友人がモリカケ問題で答弁する安倍さんの姿を見て、「日本はいいよなぁ~。羨ましいよ!」としみじみ語っていたことを思い出しました。 さて、コメントへの返事ですが、私は予算委員会というものは人に例えるな..

  • つまらないものですが、

    (フリー画像から拝借) 先日から思わずため息が出てしまいそうなニュースがある。今日は他に思い付くネタがなかったので、あえて食いつきの悪いその政治ネタをひとつだけ。例のさくらの話です。以下、Yahoo! News から 「私物化」などとの指摘を受けている安倍総理大臣主催の「桜を見る会」について政府が来年の開催の中止を決めたことを受け、野党は国会でさらに追及する構えです。(中略) 野党側は今年、安倍総理の地元の後援会関係者約850人が招待されていた疑いが強いと主張していて、衆議院と参議院で予算委員会の集中審議を求めていく構えです。 立憲民主党・安住国対委員長:「『来年度はやめました』って言っても、今年やったこと、これまでやってきた安倍内閣のやり方は消しゴムで消せるようなものではない。むしろ非を認めたということなので、徹底的にやらせて頂く」(以下、省略) 野党は今年の「桜を見る..

  • 雪解け

    (撮るのを忘れていたので、フリー画像から拝借) ♪雪解け間近の 北の空に向かい…… 「春でもないのに、えらくご機嫌ですね。何かいいことでも?」 「いやー、取り立てて言うほどの事でもないんですが、実はこの間、些細なことで夫婦喧嘩しちゃいましてね」 「ほー、それは大変でしたね」 「それが、今朝起きたら、これ持って行けって」 「美味そう。後でビールのつまみにひとつください。でも、昔から喧嘩するほど仲がいいって言いますし……」 「んんーなこたぁーないですよ。まっ、お互い空気みたいなものですから」 てなことで、キンシャサの奇跡ならぬ「ドラマ・イン・サイタマ」で発生したカミさんとの冷戦状態は意外にもあっけなく雪解けを迎えた。 それは日曜日の朝、友人と約束していた大学ラグビー観戦のために家を出ようとした時、洗濯機のピッ、ピィーという音を鳴らしながら、私に背を向けたまま「お稲荷さん作っといた..

  • ヒットアンドアウェイ

    本日、緊急事態につき2日連続の投稿です。by こまたつ ☆ ☆カミさんの機嫌が悪い。その原因は7日に行われたWBA、IBF世界バンタム級王者、井上尚弥と5階級制覇王者ノニト・ドネアとの対戦にあった。戦前の予想では若さとスピードで勝る井上の早いラウンドでのKO決着とする見方が強かったが、迎えた第2ラウンド、ドネア必殺の左フックが井上の右目を捉え、まぶたを切られた井上は早くも劣勢に立たされる。私はまさに手に汗握りヒヤヒヤしながら画面に釘付けになっていた。その時だった。私の右斜め後ろから、「いけー、いけー」とカミさんの声が飛んできた。ただ、私はその声のタイミングがTVに映り出された井上の動きとは微妙にずれているように感じた。これまで、ボクシングの試合などほとんど見なかったはずのカミさんが料理そっちのけでエプロンを揺らし、握りこぶしを振り上げている。―― いったい彼女に何が起きてしまったのか..

  • 靴ひも

    高層ビルの谷間でわずかに揺れる月が浮かんでいた。達也が人通りの少ない十二社通りでほどけた靴ひもを結ぼうとしてかがんでいると、彼の髪に触れんばかりに一台の自転車が通り過ぎた。途端に尻もちをついた。達也はアスファルトの冷たさをお尻で感じながら、首を二、三度小さく横に振り、靴ひもを結ぼうと前かがみになった。コツ、コツ、コツ……、次第に靴音が大きくなる。目の前に小さな赤い靴と黒色のハイヒールが見えた。彼が見上げると、買い物袋をぶら下げた親娘が驚いた様子で速足で駆け抜けていった。蝶々結びを作ろうとするが、思うようにいかない。いつからだろうか、こんなにひもを結ぶのが下手になったのは。中学の野球部では試合前にスパイクのひもをしっかり過ぎるほど結べたはずだ。それから、何百回、何千回と苦も無く結んできた。彼の頭の中で蝶が舞い、また消える。夕方のアスファルトは達也の心を一層冷たくしていた。 「きっと、..

  • 病とダイエットと緑色のサポーター

    昨日は朝から青空が続いていたわりに涼しい一日だった。半袖のTシャツに薄手のパーカーを羽織っただけだったので、夕方の帰り道は寒くさえ感じた。この日、友人との昼呑みは午後2時から始まり、お店を出たのが午後5時。会計は一人4.5千円で済んだ。2年ぶりに静岡から出てきたその友人は1年前に慢性膵臓炎と診断され、その日から断酒と禁煙を続け、漸く今年のお盆あたりからお酒を飲めるようになったらしい。酒量が落ちていたのも当然だった。その昔、彼が経堂(世田谷区)に住んでいた頃は会社帰りに「そろそろ、終電だな」といいつつ、結局タクシーで帰ることが当たり前だったのが懐かしい。タバコについては、私は1日一箱程度だったが、彼は1日60本以上という超ヘビースモーカー。よく止めれたものだと思う。医者から「死にたくないなら、止めなさい」と言われたのが決め手になったと、彼は何かを悟ったように話していた。(出来ないことだと分か..

  • 達也、トップ10に入らず!

    あれまって感じで、11月になってしまいました。そうこうしているうちに、師走に入り、サンタクロースを相手にシャンペンを飲んだと思ったら、炬燵にはいって蕎麦をすする。そして除夜の鐘がボーン、ボーン……。まさに、月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた困ったやつです。はぁ? (フリー画像から拝借) さて、くだらない冗談はさて置き、以前の記事で名前は大切だ!というお話をさせてい頂きましたが、今日のYahoo! Newsに最新の新生児名前ランキングが発表されておりましたので、そちらをご紹介します。取りあえず、長々と書かれていた解説は割愛して、結果だけ。まずは男の子から、 1位 蓮/れん(昨年1位→) 2位 律/りつ(昨年47位↑) 3位 湊/みなと(昨年6位↑) 4位 樹/いつき(昨年4位→) 5位 蒼/あおい(昨年8位↑) (6位以下省略) つづ..

  • わたしのおすすめ in オータム

    令和元年10月28日(月) 今日は久しぶりに爽やかな青空でした。ただ明日はまた雨だそうです。このところの台風、大雨にはただただ驚くばかりで、人間の無力さを感じずにいられません。それでも知恵を絞って大事に至らないよう上手に付き合っていくしか方法はなさそうですね。 さて、今日はこの間図書館の芥川賞フェア棚で見つけた二冊の本をご紹介します。いずれも有名な作品なので既にご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、私は初めて読みました。村田紗耶香さんの『コンビニ人間』(第155回芥川賞)、青山七恵さんの『ひとり日和』(第136回芥川賞)、読んだ順。 コンビニ人間 (文春文庫) 作者: 村田 沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/09/04 メディア: 文庫 ひとり日和 (河出文庫) 作者: 青山 七恵 出版社/メーカー:..

  • 今年限りの祝日は雨でした。

    即位礼の前日、私は会社からA4用紙20枚ほどに纏められたレポートを二つ折りにしてカバンに押し込み自宅に持ち帰った。そのレポートは先月企画部に異動になったばかりの元部下から、ざっとでいいので目を通してほしいと頼まれたものだった。私は翌日の祝日を使って、レポートの疑問箇所に自分なりのコメントを書き入れるつもりでいたが、こういった予定は試験前に参考書を買った時と同じで、持って帰っただけで宿題が終わったような気分になる。案の定、その日の夕方までレポートを手にすることはなかった。この前の土曜日、急きょ飲み友達からランチに誘われ、毎週恒例の散歩を中止した。それもあって、週に一度の孤独を楽しむために、その日新宿に向かった。もちろんカバンの中にはレポートが入っている。外に出ると細かい雨が降っていた。折り返し地点の歌舞伎町一番街あたりで小雨は上がり、濡れた折り畳み傘をそれと同じ柄のカバーに包み、カバンの中に..

  • 2019-10-21の

       本八幡行きの快速電車を一本見送り、私はいつもと同じ始発電車に乗った。乗換駅である新宿までは5、6分なので席が空いていても座ることはまずない。優先席横のドアにもたれてスマホを立ち上げると、LINEのアイコンにメッセージの受信を知らせる赤い丸と数字の1が表示されていた。ここでLINEを開けてしまうと、すぐに返事をすべきかどうかを迷うことになる。また相手にもよるが、既読にしてしまうと返事をするまでずっとそれが気になってしまう。私はそのままスマホをバックにしまい、替わりに文庫本を取り出した。   午前8時30分、会社に到着。電車に遅延がない限り、20年近くほぼ同じ時間に1階エレベーターの前に立つ。エレベーターを待っている間に同じ会社の人間に会うとに、おはようございますと挨拶をするが、朝のエレベーターは混んでいることが多いので、中で目があった場合は口だけ動かして軽く会釈をする。 席につ..

  • 101回目は選択ミス

    皆様、こんにちは。いきなりですけど、『101回目のプロポーズ』というテレビドラマをご存知ですか? 実は私はそのドラマを一度も見たことがありません。ただ、その昔武田鉄矢さんのものまねを何度か目にしているうちに、それを知りました。今にして思うと、タイトルと役者さんを聞いただけで大体のストーリーが浮かんで来ます。101回目、プロポーズ、決してイケメンとは言えない武田さん……。試しに起承転結で表してみると、こんな感じになります。もてない男が、あるとき偶然美しい女性と出会う(起)。一目惚れした男は執拗に女性に迫るものの、全く相手にされない(承)。そんなある日、例えばその女性が大怪我をする、あるいは重い病にかかる。男は仕事上のトラブルに押しつぶされそうになりながらも、寝る間を惜しんで必死に女性を看病する。そんな献身的な男の姿に女性は次第に心を惹かれ、いつしか自分が恋をしていることに気付く(転)。..

  • 市販の目薬

    今朝起きると、左目に違和感があった。洗面所の鏡に映ったその目はウサギさんの目のように赤い。可愛い? ん~なことはない。三回も手術した目だから余計に心配になった。それでも朝の時間は普段より高速なので、心配には目をつぶってせわしなく支度した。違和感は通勤中も続き、零れ落ちるほどではないものの涙が溜まっているように感じた。 午前10時からの会議前に、ふと半年前に花粉症用に買っておいた目薬を思い出し、二滴差してみた。連休明けのせいか、覇気のない感じで会議は進んでいく。議長である社長からある事案について私に意見を求められ、いつもなら早口にならないように気を付けるところだが、沈滞した空気につられて短いコメントをゆっくり述べた。会議が終わり、トイレに入った。小水をしている時、目の違和感が治まっていることに気付く。手を洗いながら、鏡に向かって両目を大きく開くと、そこには可愛いウサギさんはいなかった。ウサギ..

  • 春の模様

      台風  わたしは公園のベンチに座り、缶ビールを開け、一口飲んだ。目の前の小学校から出てきた一組の親子連れが明るい声で話しながら自転車に乗ろうとしている。間もなくして、クリーム色の作業着を着た男性が現れ、ガッシャンと音を立て門が閉まった。暗闇に浮かび上がった白い校舎の上に、輪郭がぼやけた月が淡く黄色く光っていた。  わたしは56。来年の2月で57歳になるサラリーマンである。ここ半年ほど、会社帰りにこの公園で缶ビールを一本飲むのが習慣になった。ビールが残り少なくなったところで、バッグからスマホを取り出し画面を立ち上げる。これも一連の動作になっている。 「専務が一番よくお分かりだと思うんですが、我が社の現状の業績では役員を含め人件費をさらにカットせざるを得ません。来週で構いませんので、率直なご意見をお聞かせください」「あっ、それと……」わたしは急ぎの用事がありますんでと告げ、早足..

  • コンビニのキャッシュレス還元

      (昨日パスモで買ったもの) こんにちは! 食欲旺盛なこまたつです。 さて、先週からついに消費税10%が実施されました。米中貿易摩擦の激化や中東情勢の緊迫化、そして隣国の常軌を逸した振る舞いの数々など、昨今の日本を取り巻く国際情勢は一層厳しい局面を迎えようとしています。先行きへの不安はリーマンショックと同等、いやそれ以上と言っても過言ではありません。それでもなお増税に踏み切った背景には、予算を牛耳る財務省と政治家との力関係があるのだと思われます。 と、まぁ、天につばを吐くようなことをいくらほざいても10%は変わりません。しからば、ちょっと目線をミクロに合わせ、今回の増税に関連して始まった「キャッシュレス還元」とはどういうものなのかを見ていきます。ちょっとその前に、複雑怪奇な「軽減税率」について、コンビニの例を一つ。 お客様は必要なものを手に取り..

  • 食欲控え目の秋(つづき)

    今朝はいささか興奮気味に「ほんじゃ、行ってくるわ」と妻に声を掛け、家を出た。駅までの途中、パン屋さんのショーウインドウに自分の姿が映る。体を横向きにして、お腹のあたりに目をやると、心なしかワイシャツが沈んで見える。その時自分の身体全体に余計な力が入っていることに気付き、肩を落として弛緩した。途端にワイシャツは膨らんだ。やはり二日程度の断食では見た目には変化がないのか。それでも代わり映えのしない単調な日常に変化をもたらしてくれたことは言うまでもない。 断食初日、午前中の散歩を終え、午後は図書館へ予約していた本を借りに行く。いつもなら本を抱えて喫茶店にしけこむところだが、今の自分には誘惑が多すぎる。コーヒーは紅茶に変えるとしても、ショーケースに鎮座するスイートたちを危うくノックオンしてしまう可能性が高い。レジカウンターには一枚ずつ透明のビニール袋に包装されチョコレート色のクッキーが並んでいる。..

  • 食欲控えめの秋

    久々に二日連続の更新です。すぐに終わりますので、ちょっとだけお付き合いください。 (フリー画像集から拝借) 私には有給休暇がない。法律上自分の裁量で休むことは可能だが、実際は簡単には休めず、休日に出勤することもままある。年末年始の休みにいたっては大晦日と元日のみ。まさにブラック企業そのものだ!っと叫んでも、もはや労働基準法は助けてくれない。さすれば憲法25条を声高に叫ぶしかないのか。by 社畜☆ ☆令和元年10月1日 PM5:00 某オフィスにて 「金曜日(10月4日)、一日休みをもらうよ」 「それはいいかもしれませんね。ちょうど何も入っておりませんし、今月末から来期予算(我が社は12月決算)も始まりますから、取れるときに取っておいた方がいいと思います」 「それじゃ、お言葉に甘えて……」 「三連休でどちらか行かれるんですか?」 私は自分のお腹(胃の部分)に手をやり、ニヤリ..

  • 新宿中央公園は工事中

    先週の土曜日は食道癌で亡くなった知人の葬儀に出席するため、いつもの散歩は翌日にずらした。 令和元年9月29日 曇り日曜日の気温は27℃。歩き出すとすぐに汗ばむほど蒸し暑かったが、時折吹く風は明らかに秋の香りがした。散歩中に立ち寄る場所はだいたい決まっている。公園か、図書館か、紀伊国屋書店か、ヨドバシカメラ。この日は、自分のiPhone用のイヤホンが数日前から調子が悪かったので、新しいものを求めてヨドバシカメラに立ち寄った。新品はすぐに使いたくなるものだ。店を出て歩きながら透明のプラスチック製の箱を開け、さっき新宿ペペ前でYUNIKA VISIONからダウンロードしたケツメイシを聴いてみる。両耳から臨場感あふれるサウンドが飛び込んできた。初めて聴く曲ばかりだったが、心地よいリズムに合わせてゆっくり目に歩いているうちに、新宿中央公園まで来ていた。 しかし目の前の公園は自分よりも背の高い金..

  • ダスティン・ホフマンになれなかった?

    先週の散歩中、何気に通りかかった新宿の裏通りで、子供神輿の準備が行われていた。私は旅行者らしき東南アジア系の若者と肩を並べて、しばらくその光景を眺めていた。 「そうたくんは、力持ちだ!」「ゆいなちゃん、そのおりぼん可愛いね!」そうたくんとゆいなちゃん。おそらく最近流行りの名前なのだろう。そう言えば、何日か前に大穴と書いてダイアナと読ませる名前を付けられた少女を主人公とする小説を読んだ。その少女の父親が競馬好きだったから、という設定になっていた。物語ではダイアナという名前に起因する様々なエピソードが展開し、少女の苦悩が面白おかしく描かれていた。名前から勝手にイメージが膨らんでしまうということはよくあることだ。例えば、私が若い頃、非自発的?に連れていかれた風俗経験から言うと、「百恵ちゃん」という名前は地雷を踏む確率がかなり高かった。イメージしたものとのギャップが激しいのだ。また、母親や..

  • 俗人の休日

    最近、私の身の回りでちぐはぐなことが続いている。こういう時、俗人がとる行動の一つは神頼みであろう。先代のブログから何度も記事にしている場所なので全く新鮮味ないが、昨日松陰神社に行った。 (下高井戸駅前) 京王線下高井戸駅を下車。いつもならすぐに世田谷線に乗り換えるところを、気分を変えて、駅前をぶらりと散歩する。商店街の至る所にラグビーワールドカップのフラッグが風に揺れていた。日本代表の次回対戦相手は世界ランキング2位のアイルランド(28日、静岡・エコパスタジアム)。まず勝つことはないだろうが、ひょっとしたら、ひょっとしての奇跡があるかもしれない。松陰先生へのお願い事がひとつ増えた。松陰神社はいつもと変わらぬ質素で且つ明るい雰囲気だった。 先生も元気そうだ。 来月、『幕末維新まつり』というのが開催されるらしい。私は25年以上にわたって、年に4、5回ここを訪..

  • この秋注目のドラマ 「土にまみれたフラッグ」

    私は今、あるドラマに夢中だ。 主人公の二人は幼馴染。仮に一人をAとし、もう一人をBとする。二人は家柄が違うものの同じ地域に住んでいる。Aは小さい頃から近所に住むガキ大将Cに目を付けられ、執拗に虐められてきた。AがCに歯向かうことはまずない。CはAにとって強すぎるからである。そのせいか、Aは生来の性格でもあるのだが、どんどん卑屈になり、また自意識過剰な性格から平気で嘘をつくようになった。一方、Bの住む家はAの家と比較して地理的にガキ大将の家から遠くにあり、ガキ大将との接点はそれほど多くなかった。また、Bは生まれつき聡明で、性格が優しく、しかも喧嘩が強い。自然ガキ大将だけでなく、遠く離れた場所に住む強者達からも一目置かれる存在になっていた。こうなると、AのBに対する嫉妬心はさらに強くなり、それでいてAはプライドだけは異常に高いことから傲慢な振る舞いも目立つようになっていった。 ある日、AとBは..

  • 秋の夜長にこの一冊!「本屋さんのダイアナ」

    まずは、先般の台風により甚大な被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。 さて、漸く秋が近づいて参りました。秋と言えば、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、そして私が一番好きな季節、こまたつの秋?ですね。私は早速昨日この秋を先取りして↑↑1冊の本を読んでみました。柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』です。こちらは2014年に直木賞候補になり、当時TVや雑誌等で多く取り上げられ、かなり有名になった作品です。ただし、残念ながら直木賞受賞は見送られています。ご参考までに、その時の選考委員による評価は次のとおりです。 浅田次郎先生: 二人の少女の生活環境に、すこぶる類型的な設定をしたため、作家の想像力がかえって働かなくなってしまった。また、子供から大人になるまで、彼女らに精神的な成長が感じられないというのは、リアルな現実かもしれないが、小説..

  • セブンペイの失敗をついでに挽回?

    (アイスコーヒーのついでに買った軽食) 昨日のYahoo!ニュースで、私がよく利用するコンビニのセルフコーヒーについて書かれておりましたので、そちらをちょっとご紹介します。なぜ、コンビニのコーヒーは破格の「1杯100円」を実現できたのか? 9/11(水) 8:01 3ページにわたって書かれていた記事を要約すると、1杯100円で提供できる理由にはコーヒー豆相場が1986年から1988年にかけて急落して約半分の価格になったこと(2019年1月時点も同水準)がまず挙げられる。次に、コーヒーのついでに何かを買わせるという「ついで買い戦略」が功を奏しているということでした。そう言えば、私が土曜日の散歩で必ず立ち寄るドトールの子会社「エクセルシオールカフェ」でも、コーヒーだけではなく、つい甘い物に手が出てしまう。当然サンドウィッチやショートケーキの粗利は高いはずで、しかも先ほどにあるようにコーヒ..

  • 週末の風を感じて

    昨夜の台風は凄まじかった。ベランダから聞こえくる轟音に “ゆうべ眠れずに泣いていたんだろ”、と言われんばかりに目を腫らし、睡眠不足のまま朝家を出た。目の前の歩道には、まだ緑色の銀杏の葉が強風でなぎ倒された自転車とともにたくさん散っていた。 昨日の外は朝から台風の接近を予感させるような重たく暑い空気に包まれ、お昼前にはゲリラ豪雨に見舞われた。私はその雨が降る直前まで、新宿の紀伊国屋書店にいた。書店を出てすぐに降りだした雨の様子から、私はそれが短時間で終わると踏み再度店内に戻る。結局、集中豪雨は15分程で上がったが、その間に最近評判の本が目に留まり、思わぬ出費となった。 晴れ上がった帰り道、ユニカヴィジョンの前には大画面に映し出された映像を食い入るように見つめるたくさんの人がいた。しかしいつもと様子が違う。普段なら若者の姿が多いはずなのに、なぜか私と同じような白髪のおじさん、おばさんが..

  • いやぁ、映画って・・・

    私が小学校の卒業文集に書いた「将来の夢」、それは映画評論家になることでした。年の離れた兄たちの影響もあり、子供部屋はたくさんの映画雑誌やレコードで埋め尽くされ、私は小学校6年生にして、ベッドに転がり『小さな恋のメロディ』のサントラ盤を聴きながら、スクリーンを読むのという、かなり勘違いをしていた子供でした。 当時の映画評論家といえば淀川長治さんと水野晴朗さん(共に故人)が有名で、「毎日好きな映画を見て、その感想を喋るだけで生活できるなんて、いいよなぁ~」とこれほど楽な仕事はないと本気で考えていたようです。但し、大人になるにつれて、現実はそう簡単になれるものではないということに気付き始め、遂には映画鑑賞そのものからも遠ざかっていきました。 実は先日、そんな子供の頃の記憶を呼び起こすシーンに偶然出くわすことになったのです。さて、ここで問題です!以下の画像にある映画看板は当時私が繰り返し見た有名な..

  • スクカラス

    夏休みの最終日、長男に誘われて沖縄料理で一杯飲んだ。社会人3年目の彼とは、家ではほとんど会話が弾むことはないが、外で飲むと何故かしら私も彼も饒舌になる。 「出たよ、出たよ。親父の口癖が!」 はっ? そう言われてみればこの間次男と二人で外食した時もそんなことを言っていたような気がする。 「お母さんを大切に!」 これは、遠回しに私(父親)も大切にしてくれ!と言っているわけではない。正直なところ、私は自分の身体と頭が普通に動いてさえいれば楽しく生きていく自信がある。どちらかが動かなくなった時は、さっさと死ぬつもりだ。バカバカしくて誰も信じてくれないと思うが、正真正銘の本心である。 一方、カミさんの場合は私がいなくなると心配になる。というのも、結婚する時の約束だったのだが、彼女には人生の半分以上を専業主婦で通してもらった。子供たちが小さい頃は学校の行事やら、近所との付き合いやらで、彼女なりのコミュ..

  • 親切はうまい!

    ―― いつの間にか慣れっこになってしまった最高気温の声は何処へやら昨日今日と大変過ごしやすく、蝉の声も心なしか優しく聞こえる。それに比べお盆明けの土日は街中がギラギラしていて今にも燃えてしまいそうなほど暑かった。特に散歩コースの歌舞伎町あたりは地方からの若者と外国人観光客が入り交じり、方々から聞こえてくる歓声と雑音でなおさら気温が上昇しているように感じた。その日、私は歌舞伎町の人込みを避けるように、西新宿の外れにあるコンビニで缶ビールを買った。そして客の出入りの度に店内の冷たい空気が流れてくるゴミ箱の横でビールを飲もうとした。ちょうどその時私の前に4人の外国人が現れた。見た目から、フィリピン人の家族である。―― エックスキューズミー父親であろう男性が恐縮した表情で私に一枚のチラシを見せ、そこに書かれていた地図を毛むくじゃらの太い指でさしながら英語で尋ねてきた。チラシのお店に行こう..

  • ある夏の夜にスパムメールが来た

    いつの間にかお盆休みも終わり、ついでにと言っては何ですが、当ブログも長い休暇を頂きました。お陰様でお盆前の身体のだるさがすっかり抜け、心身ともに充実した日々を過ごしております。とは言いながら、人間をやっていますと思わぬところに心配事が顔を出したり引っ込めたりと、たまに熟睡できない日々もあるっちゃー、あります。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 さて、久しぶりの今日のブログは、旬の話題でもなければ、お役に立てる情報でもなく、単なるスパムメールのお話です。 以下、先日私のPCに何の前触れもなく突然送られてきたメール文章をそのままコピペしました。AIの進歩がどれほどのものかは承知しておりませんが、日本語の自動翻訳が如何に難しいかがお分かりいただけると思います。お時間がございましたら、是非どうぞ! -----------------------------------------------..

  • お盆休み 2019

     ♪ 麦わら帽子はもう消えた たんぼの蛙はもう消えた それでも待ってる夏休み~いよいよ明日から待望の9連休。昨夜帰宅後に長男が13日に帰ってくることをカミさんから知らされた。それとほぼ同時に、スマホを片手にアイスを食べていた次男のLINEに、「13日はみんなで出かけよう!」という長男からのメッセージが入った。加えて、息子たちの従妹、すなわち私の(義理の)姪っ子も参加することになった。しかし、どこで何をするかは全く決まっておらず、結局、例年通り家長である私にその日の企画が委ねられたのだった。さてさて、どうしたものか。この三人が子供の頃なら遊園地・プールで即決だったが、今はそうはいかない。大人になった三人の内、長男と姪っ子は堂々と飲酒ができる年齢に達しているので、まずはバーベキュー大会からのカラオケコースが候補として浮かぶ。が、近年の異常気象から、長時間屋外で過ごすのは避けたい。といって、今か..

  • 孤独を楽しむ お盆前のひと時

    先日の散歩中、淀橋に差し掛かったところで、下を流れる神田川を覗き込んだ。すると50mほど先に白いものが浮かんでいる。私はすかさず胸ポケットからスマホを取り出し、カメラをズームアップしてその物体を捉えた。どうやらそれはサギのようである。近頃の異常気温に耐えかねて水浴びをしているのであろう。私の生まれ故郷は白鷺(はくろ・しらさぎ)で有名な場所であるが、情けないことにサギという鳥についてはほとんど知識がない。というか、鳥全般についてはど素人と言っても過言ではない。それでもこの水浴びをしている鳥が、「ツル」や「コウノトリ」ではないことくらいは分かる。 何枚かの画像を撮っているうちに、サギは川の流れに逆らって私の視線から遠ざかっていく。このサギはどうして独りぼっちなのだろう。群れを成す習性はないのだろうか。いや、もしかすると本当はちゃんと帰れる巣があり、そのご近所にはそれなり..

  • そんな時代もあったねと

    今日はやはりこちらの話↓↓でしょうか。 世耕弘成経済産業相は2日の閣議後の記者会見で、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から除外することについてのパブリックコメント(意見公募)で、寄せられた意見が4万件超、そのうち95%超が賛成する意見だったことを明らかにした。これをうけ政府は2日の閣議で、ホワイト国から韓国を除外する政令改正を決定した。7日に政令を公布し、28日に施行する。 もしかすると、日本にとって世界中の国々の中で一番厄介な国は、この国なのかもしれませんね。ということで、ここ最近のニュースで見つけた”まさに開いた口が塞がらない”彼ら(国会議員)の発言を並べてみました。   ・経済戦争を中断して、歴史に謝罪しなければ、全世界が不買運動を起こすだろう。 ・自国企業の被害まで当然視する態度で「神風自殺爆撃が行われた真珠湾空襲」が想起さ..

カテゴリー一覧
商用