searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Landscape Painterさんのプロフィール

住所
川越市
出身
川越市

風景画をメインに描いてます。 気が向いた時に更新しますので、気が向いた時にお立ち寄りください。

ブログタイトル
光のある処 -風景画ブログ-
ブログURL
http://landscape2011.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
風景画家・舘山浩丈のたまーに更新するブログ&ミニギャラリー
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2015/09/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Landscape Painterさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Landscape Painterさん
ブログタイトル
光のある処 -風景画ブログ-
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
光のある処 -風景画ブログ-

Landscape Painterさんの新着記事

1件〜30件

  • 謹賀新年2021

    ~ 風景画 その59 ~ 2021.1.17        ( 彼者誰時 P3 / 2020 )少し遅くなりましたが明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。今年は4月に初の個展が控えていますが近頃の状況では先が不透明で本当に開催出来るのか、出来たとしてもどれだけの方に来て頂けるのか等不安ばかりなのが今の正直な気持ちです。詳細はまた後程お知らせいたします。続く...

  • 秀作洋画展 松菱百貨店

    ~ 風景画 その58 ~ 2020.11.30( 朝の木洩れ日 P8 / 2020 )告知になります。12月2日より三重県の松菱百貨店にて開催される「秀作洋画展」に拙作3点を出品致します。上の作品はその内の1点で唯一の新作です。地元埼玉、越生町にある黒山三滝はモチーフにする為よく取材に行きます。今まで何枚も作品にしている所。どちらかというと滝そのものよりもそこに着くまでの山道が自分にとってとても魅力的で、今一番創作意欲が...

  • 中間平緑地公園

    ~ 風景画 その57 ~ 2020.11.9( 秋日和 P3 / 2020 )季節も進み秋も随分と深まってきました。自分としては一番好きな時期です。が、それはあくまでも普段過ごす上での話であって絵を描く立場からするとちょっと違ってきます。一応得意とする(自分で思ってるだけか?)のは緑色を中心とした夏の頃でありまして、以前も書きましたが今頃の季節の暖色系、赤っぽい作品は・・・う~んと唸りながらの制作になってきます。上...

  • 雨の作品

    ~ 風景画 その56 ~ 2020.9.25( 夏時雨 F4 / 2020 )少し時期がずれてしまいましたが自分には珍しく夏の雨の作品です。雨といってもどんより暗い絵よりもなるべく爽やかに仕上げたかったので、逆光を利用して明るめにしてみました。今回は「夏時雨 / ナツシグレ」という言葉の響きを気に入ってそこからイメージを膨らませ作品にしたといういつもとは違うパターンでの制作となりました。続く    ...

  • かわうそ新人賞終了

    ~ 風景画 その55 ~ 2020.7.25( 夏空の下で SM / 2020 )7月15日にかわうそ新人賞2020展が終了しました。お世話になったかわうそ画廊の皆様、審査員の皆様、お越しいただいた皆様に感謝申し上げます。自分は優秀賞という結果でした。評価を頂きこちらも感謝申し上げます。(上の作品は阪神百貨店のグループLoutre展に出品したうちのひとつで今回のかわうそ新人賞とは関係ありません。出品作は前回の風景画その54に載せ...

  • かわうそ新人賞2020展

    ~ 風景画 その54 ~ 2020.7.9( 緑陰 P8 / 2020 )今回も展示のお知らせです。4月から延期になっていました「かわうそ新人賞2020展」が今週11日から開催される運びとなりました。取り合えず一次選考通過作品(入選)がかわうそ画廊HPで発表になっていますが、初日の11日土曜日にその中からグランプリ含め各賞が決まるとの事です。上の「緑陰」が自分の出品作です。例年のようにレセプションパーティーや大勢集まった授...

  • 阪神百貨店 グループLoutre展

    ~ 風景画 その53 ~ 2020.6.21 ( 清明 M10 / 2020 )   展示会のお知らせです。6月24日から大阪の阪神百貨店で開催されるグループLoutre 夏の洋画秀作展に自分は5点出品致します。上の作品「清明」M10号はそのうちの1枚。「清明」とは二十四節気で4月5日あたりを指し、万物がすがすがしく明るく美しい頃という意味です。時期的に過ぎてしまった作品ですが(多少訳ありなのです)春の嵐山渓谷(らんざんけいこく/...

  • 気合です

    ~ 雑記帳 その22 ~ 2020.5.17  ( 1回のブラッシングで抜ける毛の量 )久しぶりの更新ですが犬の話ですみません。愛犬もこ(柴♀)の換毛期が始まりました。室内犬の為か時期が遅れてこれから夏の毛に生え変わります。本人(本犬?)も最近毎日あつそうにしているのでやっときたかと思ってるんじゃないでしょうか。写真は1日の抜け毛ですがこれはまだまだウン十分の一の量。完全夏仕様になるのは1~2ヶ月かかります。放...

  • 人物画と風景画

    ~ 雑記帳 その21 ~ 2020.3.31( 白の情景 P100 / 2011 )今年の白日会展が中止になったようです。自分は2011年に一度だけ出品した事が有りますが(上の作品)その時はちょうど東日本大震災の発生と重なり会期が半分になってしまいせっかくの国立新美術館での展示だったのでとても残念だった記憶があります。白日会との関わりは、それ以上でもそれ以下でもありませんが今回の中止という結果で大きな会場に展示・公開さ...

  • 地塗り

    ~ 雑記帳 その20 ~ 2020.3.23( 歴代の地塗りのための道具 )自分はお手製のパネルに、裏返したキャンバスを張るか綿布を貼り付けた支持体を使っています。その上にジェッソかミューグラウンド及び秘密の塗料(内緒)で地塗りをするのですが、どのように塗るかを中々決められずにいました。少し前まではちょっとした刷毛跡も嫌だったのでかなり神経質になってやすり等で時間をかけてツルツルにしていたのですが、一度描き...

  • 救世主?

    ~ 雑記帳 その19 ~ 2020.2.28 ( 待望の低周波治療器 )少し報告が遅くなりましたが全国サムホール公募展が終了しました。結果から言うと45票で奨励賞という結果です。落札もされず望んでいた結果にはなりませんでしたが投票して頂いた皆様に感謝申し上げます。自分の作風でのサムホールへの対応が今後の課題だと思いました。最近は出品作の制作が続いていて前もって発表できる作品画像がありません。正直言うと只今ネタ...

  • 第24回全国サムホール公募展

    ~ 風景画 その52 ~ 2020.2.16( 紫陽花 SM / 2020 )本日より開催される第24回全国サムホール公募展に上の作品「紫陽花」1点を出品致します。小さなサイズのサムホールには複雑な風景を描くよりも分かりやすい花の絵がよいかなと思い、打算いっぱいに紫陽花を選びました。リアルさよりも色彩の美しさと明暗のコントラストを強調してみたのですが果たして…久しぶりの紫陽花だったので要領を得ず10号並みの時間がかかって...

  • 新春展終了

    ~ 風景画 その51 ~ 2020.1.14( 緑影 F6 / 2019 )1月12日をもちましてかわうそ新春展が終了致しました。足をお運び頂きました皆様有難うございました。また、今回お世話になりました獺画廊の皆様、最終日にお話しさせて頂いた他の出品者の皆様にも心より感謝申し上げます。そして3点出品した中で上の「緑影」をお買い上げ頂いた事もとても嬉しく思います。これまたこちらも感謝申し上げます。残念ながら売れなかった2...

  • 2020かわうそ新春展

    ~ 風景画 その50 ~ 2020.1.8( 風光る P3 / 2019 )明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。本日より自分も出品致します企画展が始まりますのでお知らせします。・ 「 2020かわうそ新春展 」・ かわうそ画廊・ 東京都中央区新富1-8-11   東新ビル4F ・ 2020年 1月8日(水)~12日(日)・ PM12:30~PM18:00 (最終日PM16:00まで)上の写真「風光る」含め計3点自分は出品いたし...

  • 長瀞の紅葉

    ~ 風景画 その49 ~ 2019.12.24 ( 秋色の清流 F10 / 2019 )11月の終わりに長瀞へ行ってきました。紅葉真っ盛りで見るだけなら綺麗でいいのですがこれを絵にするとなると自分の場合はなかなか手こずります。色の氾濫というか赤黄橙緑、おまけに青空と一つの画面に収めるのに賑やかなり過ぎてまとまりがつかなくなりがちです。普段、赤やオレンジ系の色をあまり使わない自分にとっては難しく感じ少し躊躇しましたが、新...

  • リラックス

    ~ 風景画 その48 ~ 2019.12.6( 朝霧の小路 P8 / 2019 )今年も残り少なくなりました。自分としてはそれなりに充実できた1年だったと思います。昨年は技法的なものや取材の仕方を見直して公募展などの発表の場を避けひたすら新たな形を模索していたのですが、今年は久々に出品する機会を設け再び自分の作品が人目に触れる緊張感を味わえました。来年は年明け早々に出品を控えています。詳細は後ほどお知らせしますが新...

  • サムホール第5弾

    ~ 風景画 その47 ~ 2019.10.16( ツツジの咲く道 SM / 2019 )サムホールがしばらく続いています。銀座・京橋サムホール公募展に出品したもう1枚の作品です。自分の場合実際の景色をそのまま描く事は多くなく、大抵は理想の形に変えてしまいます。そこが一番の風景画を描く醍醐味と考えているので。この作品も同様です。先日の台風で自分が住む川越も被災しました。被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。...

  • 銀座・京橋サムホール公募展2019

    ~ 風景画 その46 ~ 2019.9.27( 木霊 SM / 2019 )事後報告になりますが自分が出品しました銀座かわうそ画廊様主催、「銀座・京橋サムホール公募展2019」がASK?P(アスクピー)という会場で9月16日~21日まで開催されていました。今回2点出品し【木霊(こだま)】で優秀賞を頂くことが出来ました。又、両作品ともお買い上げいただきこれまた恐悦至極の有り難き幸せ。最終日に授賞式とレセプションパーティーがありまし...

  • 加工した筆

    ~ 風景画 その45 ~ 2019.9.7( ふるさと SM / 2019 )全国サムホール公募展への出品作3枚目。風景画その29でも書いた事が有りますが最近は(特に小さなサイズの作品ほど)自分で加工した筆を使う頻度が増えてきました。全て穂先を自分で加工した筆これだけあっても一つ一つ描き味は違います。色々試しているうちにこれだけ増えてしまいました。上の絵ももちろん使用しており感覚としては1枚描くうち半分ぐらいは加工筆...

  • 結果報告

    ~ 風景画 その44 ~ 2019.8.9( 光の古道 SM / 2019 )東京交通会館にて開催されていた全国サムホール公募展が8月3日に終了しました。3点出品した内前回の記事(風景画その43)に載せた「早暁」で大賞を受賞する事が出来ました。106票頂いたようで投票して頂きました皆様には心より感謝申し上げます。残りの2点も奨励賞相当の得票でこれまた感謝申し上げます。(おそらく一人につき受賞は一つまでの模様)上の作品はそ...

  • サムホール展

    ~ 風景画 その43 ~ 2019.7.29 ( 早暁 SM / 2019 )昨日7月28日から8月3日まで東京交通会館にて全国サムホール公募展が開催されており、自分は計3点出品しています。上の作品「早暁」はその内の1点。今年の2月に初めて出品してから今回で2回目。1年に2回開催されるようです。来場者の投票によって賞が決まるのですが、それ以外にオークションも行われていて出品作品を購入する事も出来ます。ご興味のある方は是非ご来...

  • 爽やかに!

    ~ 風景画 その42 ~ 2019.7.2( 夏の訪れ P10 / 2019 )蒸し暑くジメジメの日が続いていますね。気分も重~く沈みがち。こんな天気が続く時はどうせなら爽やかで気分が晴れる作品を描きたくなります。最近はVRで色々な疑似体験ができますが(つい最近初体験)自分の絵もその場にいるような臨場感をとても大切にしています。上の絵は5月末のとても過ごしやすい頃。光の輝きや揺らぎ、みどり溢れる空気感、涼やかな水の流れ...

  • 制作過程

    ~ 風景画 その41 ~ 2019.5.21( 渓流の桜 F6 / 2019 )いささか以前に比べワンパターンなこのブログ。今回は少し変化をと思い出来たばかりの「渓流の桜」の制作過程をごくごく簡単ではありますが載せてみます。(よく一流の画家の皆様がやってらっしゃるのでその気分を少しだけ味わいたい‼)完成作品の画像を最初に乗せてしまうのはご愛敬。なお完成写真以外は電気の下での撮影ですので少し画質が劣ります。1日目あらか...

  • 今回も渋め!

    ~ 風景画 その40 ~ 2019.5.7( 山あいの春 P8 / 2019 )渋めの作品が続いていますが季節がら仕方ありません。少し地味過ぎたので桜を増やしてゴマカシてみました。手前に陰になっている木や草むらの面積が広すぎな気もしますが、丘の上の木々の間から春が訪れた谷間を覗いているという設定ですのでこれはこれで良しとしました。話は変わりますが、たま~に有り難いことに相互リンクをお願いされるのですがこのブログの...

  • 早春の湿原

    ~ 風景画 その39 ~ 2019.4.7( 早春の湿原 F4 / 2019 )家から車で20分の所に北本自然観察公園があります。人間の手を加えるのは最小限に留めていて、様々な種類の植物や動物を観察する事が出来ます。32.9haと広い敷地面積なので数時間かけてゆっくり散策するのが良さそう。と言いつつ自分の場合は絵になる構図を探しながらキョロキョロ速足でせわしなく歩いていますが。順光にしろ逆光にしろ太陽光がガツンと当たる作...

  • 白鳥のいる風景

    ~ 風景画 その38 ~ 2019.3.19( 白鳥のいる風景 F4 / 2019 )以前にも書いた事が有りますが隣町の川島町に白鳥飛来地がありまして今年も1月下旬に行ってきました。10月から3月ぐらいまで、多い時で100~150羽ほど観測できるそうです。朝7時頃着いたのですが30台位停められる駐車場はもうほぼ満車状態で何とか隅っこに1台分置ける場所を見つけたというなかなかの盛況ぶり。高級そうなごっついカメラを抱えた人がい...

  • 公募展終了

    ~ 風景画 その37 ~ 2019.3.2( 緑流 SM / 2019 )  東京交通会館(有楽町)にて開催されていました「全国サムホール公募展」が2月23日に終了しました。自分は「緑流」1点を出品しまして奨励賞を受賞する事が出来ました。来場者の投票で賞が決まるとの事で何票自分の作品に入るのか全く予想できなかったのですが、68票という結果で随分と入れて頂いたんだなというのが率直な感想です。ご投票いただいた皆様、本当に有...

  • 久しぶりの出品

    ~ 風景画 その36 ~ 2019.2.12( 初夏のせせらぎ F6 / 2018 )去年の初夏行った嵐山渓谷の風景。最近水の流れの表現を勉強中…というか結構凝ってます。光の反射、周りの映り込み、波の形など面白い要素がいっぱいで描き甲斐満点。面白いです。2月17日から有楽町・東京交通会館にて始まる「全国サムホール公募展」へ出品する予定です。上の写真の作品ではなく別の嵐山渓谷の絵を出品しますが、それも水の流れをフィーチ...

  • 森の息吹

    ~ 風景画 その35 ~ 2019.1.19( 森の息吹 F4 / 2018 )自分は海なし県埼玉出身なので海よりも山の方が馴染みがある…というか好きです。埼玉県民の例に漏れず海にはすごく憧れはあるのですが何か飲み込まれそうな恐怖を感じてしまうのであまり行かないし1枚も描いた事が有りません。自分にとっては緑のマイナスイオン(最近聞かない?)を浴び森の息吹を感じながら題材を探し求めるのがここ最近の定番。先日久しぶりに...

  • 謹賀新年(2019)

    ~ 風景画 その34 ~ 2019.1.4( 閑緑 P10 / 2018 )明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。昨年は新たな題材を求めて積極的に動くようになりまた技法的にも今まで頭の中になかった発想を発見、取り入れてみたりと変化が多かった年になりました。技法の習得に思ったより時間がかかってしまい表立って作品を発表する場がなかったのは残念でしたが、その分自分なりに研究に没頭することが...

カテゴリー一覧
商用