searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

BUN3さんのプロフィール

住所
芦屋市
出身
西宮市

定年後に、理科準備室で暮らしています。モノ作りが好きです。となりは、コンピュータ室。そちらの教材も作って、サーバーに入れたり、イントラネットのWebページに載せたりしています。

ブログタイトル
おもしろ理科
ブログURL
http://science.cafenadi.com/
ブログ紹介文
芦屋市の理科支援員(理科推進員) BUN3 の活動報告です
更新頻度(1年)

382回 / 365日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2015/09/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、BUN3さんの読者になりませんか?

ハンドル名
BUN3さん
ブログタイトル
おもしろ理科
更新頻度
382回 / 365日(平均7.3回/週)
読者になる
おもしろ理科

BUN3さんの新着記事

1件〜30件

  • テコの手づくりのてんびん棒 <てこのはたらき>

     コレをコロナ対応の2人×12班編成にしようと思って作業をしてました。 キャンドル台を作りながら、体育用のこの丸棒を枝代わりに使うってのが最初の発想だったが、自然木の枝が足りたので、無事にテコの実験用の天秤棒になることになった。

  • 春の教材の準備 <チョウを育てよう>

     寒くなってきました。陽の差す日にはモンシロチョウが飛んでいることもあります。 この寒い中でも、モンシロチョウの幼虫は育っています。このサイズのを見つけたので、PETボトルに取り込みました。 天敵のアオムシコマユバチの活動も下火になっている

  • ろうそく立ての収納 

     大きなサイズにしたろうそく立てだが、釘の出た板切れをうまく収納する方法を考えた。結局、家で櫛を刻んで持ってきた。  まずは、塗装。乾燥するのを待つ間に、台となるベニヤ板を刻んだ。困ったことに、水性のステインなので、水を吸ったら櫛がまがって

  • 簡易検流計の収納 2

     簡易検流計の収納の仕上げ。 黄色の塗装を3度塗りにして、持ち手のヒモをつけてみた。 「簡易」って名前のついたガルバノメーター(検流計)だが、一応、ムービングコイルの精密機器なのだ。そこで、底に発泡スチロールを1mmほどの厚さに切って、クッ

  • キャンドルファイヤー関係を片づけておく

     5年生の自然学校ウィークの最後は、キャンプファイヤーではなく、キャンドルファイヤーをやったらしい。 で、それらの関係の後片付け。 マジック点火の仕掛けと薬剤は理科準備室へ。 写真のキャンドルトーチは、理科だ、ってんで私の机の上にあった。ロ

  • 意外にこういうもんが要るんですねぇ

     4年生が浮沈子をつくったPETボトルが戻ってきた。6年生の水溶液の実験に使った炭酸水のボトルがほとんどだ。炭酸水のボトルは圧力に耐えるタイプのPETボトル。これだけで30本とちょっと。要るんだよね、こんなものが。 4年生で要りそうなのがコ

  • 釘を抜くための準備をしておく

     段ボール箱に入る大きさに切っておいた材木を出してくる。  テコの学習で、実際に釘を抜かせてみる。切っておいた材木に釘を打ち付けておく。4本は、頭が少々出た状態。どこを持って抜くと力が要らないか、って調べるために1人あたり2本。 そして、打

  • 浮沈子をつくってみる <とじこめた空気や水>

     とじこめた空気や水が終わって、テストも済ませて、4年生が理科室へやってきた。提案しておいた浮沈子を作ってみる実験だ。  理科室へ来始めると、いろいろ約束事があるんだが、一度に全部話したって身にはつかん。で、初めの5分ほどに小出しに話して、

  • 簡易検流計の収納

     ミノムシクリップの出たこのタイプの検流計が2台になってしまったので、新しく購入した。それも、新型コロナ対応の12班編成に合わせた台数。 新しいのは、メーター裏にミノムシクリップを収納することが出来る。スイッチのある部分には分流器を入れてい

  • ガスコンロの収納

     実験用の火口の小さなガスコンロは、なぜか9台。それはそれで、戸棚にうまく収納出来ている。 ところが、コロナの臨時休校後は基本2人班の12班編成でディスタンスをとっているので、3台足りん。とりあえず、家庭科室からカセットコンロを3台運んでき

  • 鍵が閉まりにくい 

     理科室入り口のカギが閉まりにくい。掃除当番の子らが苦労して閉めたって聞いた。なるほど、鍵で回すには重たすぎる。内側から閉めても途中でつかえて止まる。閉まってはいるんだが…。  で、内側の戸についている鎌錠を取り外して見てみる

  • 月の出の時刻を調べる <月と太陽>

     ステラシアターを起動して、月の出の時刻を調べる。 東の空に月が半分見えた時刻を見て、ノートに記録する。時刻と、月齢と、資料を見ながら月の別名、を書き込む。 設定で、星関係の名前や星座などは全部消してしまう。月と太陽と恒星だけにすると見やす

  • 今日のクラフトは

     自然学校ウィークの5年生。今日は朝から火起こし。ファイヤースターターを使って運動場で活動中。午前中はカレー作りだが、外での活動組は火おこしをして炊飯かな? で、午後は、焼き板。図工の先生の指示のもと活動が始まる。かれこれ30年前からやって

  • 月と太陽の位置と見え方 <月と太陽>

     月球儀を使ってライトで照らして実験をするというので準備。 用意したのはScratch。私がRemixしようと思って取り込んでおいたのを、ryochan-schoolさんがRemixしてくれている。それが本日の学習の目的を示すのに便利なプロ

  • テコを使っての準備

     自然学校ウィークということで、4泊5日の宿泊学習に行けなくなったので、学校での活動になった。その一つ、キャンプファイヤーの薪として間伐材が置いてある。長さが1mもあるが、囲む人数からしてちょっと長すぎる。そこで、理科室に運び込んでは半分に

  • プラネタリウムソフトで <月と太陽>

     月の満ち欠けの学習が始まる。ドッチボールを照らすしか方法はないんか?って言われる教材。 今日は、まとめの残り時間を使って、プラネタリウムソフトの設定の部分だけ。  プラネタリウムソフトは、夏の大三角なんかの学習に使うが、月と太陽でも使って

  • 味噌煮込みうどん作り

     宿泊行事がなくなったので、そのかわりの学校内での活動。 校内なんだけど、給食を断っておいて、昼食に作るのは「味噌煮込みうどん」。 煮込むための熱源はこのバーベキューコンロ。  実は、四半世紀前の阪神・淡路大震災の時に、鉄工所のメンバーが炊

  • コレ、何に使うと思います?

     余っているスタンドのパーツを集めて作ったのがコレ。少々、高さが不足で1本継ぎ足しているのでややこしくはなってますが。一体何に使うと思いますか? 実はこんなことに使います。要するにカメラスタンドですワ。いわば三脚。書画カメラの代わりにデジカ

  • キャンドルトーチにろうそくを使ったので

     何でか知らんが、ろうそくと言うと3号って2時間ほど燃える長いのがある。それを、キャンドルファイヤー台に取り付けて、大分消費出来た。 そして、それを短く2本に切ったものを、キャンドルトーチに使った。 消費するのは良いのだが、その短いのは、3

  • 竹とんぼ作り 

     宿泊行事がなくなった代わりの学校内でのクラフト活動で、竹とんぼ作りをするので、そのアシストを頼まれた。 竹の箸を作る様子を見ていても、竹トンボは無理だろう…、って思ったので、チカラワザで乗り越えようと、ベルトサンダーを持って

  • ろうそく立ての作り直し 

     キャンドルトーチを作るのに、今までのろうそく立てを使ったので、大きくしたろうそく立て新しくを製作する。 合板を今までの2割少々大きくしたサイズで裁断して、トリマーで角を丸めて、今日は塗装。塗っておかないと、こぼれたロウが剥がしにくいのと、

  • キャンドルファイヤーにどうやって点火するんだろ 

     キャンドルファイヤーの台がほしいというので作ったけど、どうやって点火するんだろ? 3年生の時に理科室でマッチのすり方を教えたけど、その後のコロナの臨時休校で実際に使う場面がなかったので、マッチで点ける、ってのも何だかなぁ…。

  • 竹細工で箸作り

     今日は4年生の教室で、竹を削って箸作りの指導。 世界では箸を使う人たちが3分の1、他は?って聞くと「手」って答えが先に出てきた。手が3分の1、ナイフ・フォークが3分の1ほどなのだ。手で食べるのは、熱い食事は無理だからねぇ。暑い国の人たちが

  • 身の回りの水溶液を調べる <水溶液の性質>

     朝、理科準備室のカギが出かけていっている。ってことは実験の準備をしてるってことなので、理科室へ急いだ。前の机の上には、さまざまな飲み物が置いてある。子どもたちのリクエストらしい。オリーブオイルってリクエストがあったらしいが、水溶液ではない

  • 机や椅子の高さを変えるのに便利

     3人班のために普通の教室用机を運んできて高さを変えた。準備室にあるものはパイプ用のプライヤだった。これで緩めて、締めるってのはボルトを傷つけてしまうし、作業効率が悪い。 で、我が家から運んできたのはコレ。 締める、緩めるを切り替えることが

  • 身の回りの酸・アルカリ <水溶液の性質>

     酸・アルカリの単元で、終わりごろには調べたい水溶液でpHを調べてみる。この時に、身の回りにあるものはほとんどが酸性。子どもたちの言うがままに進めていると、全部酸性になってしまう。 で、卵の「白身」、こんにゃくの袋の「水」なんてものを押し込

  • ゴミでも実験に使えるので便利

     これはプリンカップ。90mL程度の大きさ。給食で市内の洋菓子屋さんとコラボってメニューが出たので、そのカップを4クラス分ほど集めてきて洗って使っている。給食室がわざわざ買った良いカップなので、1回で捨てたらもったいない。 水溶液やら、プレ

  • いろいろな指示薬を使って <水溶液の性質>

     今日の実験は、6種の水溶液にBTB液を入れて呈色を見る。水溶液は、塩酸、食酢、炭酸水、水道水、重曹水、NaOHの6種。駒込ピペットの安全球の下まで吸い込んで、約3mLずつ。1吸いで分注しなくちゃ、80本ほどってのは大変な本数だから。 酸性

  • 自然木と銅板で、キャンドルファイヤー

     宿泊行事が無くなってしまったので、代わりの活動を校内でやるんだってことだ。で、キャンドルファイヤーをやるんだそう。「キャンドルファイヤーをやりたいんですよ、その台を作って」ってオーダーが来た。 そんなのなぁ、街路樹を見てるとあのてっぺんあ

  • 流水実験器を使って <風やゴムのはたらき>

     流水の働き実験器を借ります、って3年生の担任が来た。一体、何に使うんだろ? 「笹舟を作って浮かべるんです」って。なるほど! 何でこんなのがあるのを知ってるんだろ? あ、器具収納マップを見たのかも知れんな。  ウチの小プールは、大きなプール

カテゴリー一覧
商用