searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

BUN3さんのプロフィール

住所
芦屋市
出身
西宮市

定年後に、理科準備室で暮らしています。モノ作りが好きです。となりは、コンピュータ室。そちらの教材も作って、サーバーに入れたり、イントラネットのWebページに載せたりしています。

ブログタイトル
おもしろ理科
ブログURL
http://science.cafenadi.com/
ブログ紹介文
芦屋市の理科支援員(理科推進員) BUN3 の活動報告です
ブログ村参加
2015/09/25
本日のランキング(IN)
フォロー

BUN3さんの新着記事

1件〜100件

  • サーモインクのビーカーを温めてみる

     4年生、今日の実験はサーモインクの入ったビーカーの端から温めてみる。 別にやらんでもわかってるやろ、ってんで、予想を重点に発表する。 机間を巡視しながらめぼしいノートを発表させる。担任は一度カメラで撮影してから、静止画で発表させている。な

  • 本Blogの「別館」を作りました

     Blogは、画像と文字しか受け付けてくれないので、その他のファイルはあちこちに置いてます。それを、「別館」にまとめました。 大した事じゃないんですが、ちょっとはメニューを整理出来るかな、と。  でもねぇ、ココ、ケチンボで容量が無料の範囲は

  • 試験管に雪が降る

     5年生のもののとけかたで、析出してくるのが見えて楽しいのがある。 実は、30cmって長い試験管に水溶液を入れたまま7年以上経過している。湯煎で温め、全部溶かして、冷めるのを待つと、試験管に雪が降り始める。 温度が下がって、溶けていられなく

  • 銅版、液体・気体の温まり方のモデル

     金属の温まり方って、次々と送っていくのが、教室でプリントを配るのに似てる。で、Scratchでちょっと動きのあるのを作ってみた。  熱源の傍の金属分子が「熱ぅてたまらんわ、オマエも手伝え」っと隣の金属分子に熱を渡す、って絵。 固体は、動く

  • タブレットでカメラを使う台に

     これ、昔のOHPのパーツ。今どき、OHPと言っても通じないことがある。 ファンが回らんし、フレネルレンズを取り出して3年生の実験に使った跡だ。残念ながらステージガラスが破損したのでこんな姿になっている。 これにタブレットをのせると、安定し

  • もののあたたまりかた 液体編 1

     1時間目のクラスの子たちのノートと教科書が、すでに理科室に置いてある。たまたま目についた1冊の、前時のまとめを書いているところを撮っておいた。ところが、ノート指導で赤丸なんぞがたっぷりと入れてあるので、そのまんま打ち直しをした。 考察、ま

  • Scratchのタイマー用作品

     冬休みに毎日のように作ってきたScratchの作品。何と40個近い。 何で作ってきたかと言うと、タイマーってこれだけで動作する。 ところが、これだと動いているのやらどうやら不安になってくる。で、何か工夫をしろって課題でプログラムを組ませよ

  • サーモインクを用意しておく。

     液体の温まり方のために、サーモインクを分注して準備しておく。温まったのがモヤっと上に上がるのが見やすいように、試験管は24mmの太いの。普通の試験管立てには立たない。最初はゴム栓をしたまま転がしていたけど、不安になってコレ用に手作りした試

  • もののあたたまりまり方

     4年生のものの温まり方で、フリクションマーカーを使って、銅版の熱伝導を調べる実験。 冬休みを挟んで、久しぶりだけど覚えてるかなぁ、と授業を始める。とりあえず、実験用ガスコンロの使い方の指導。教科書に書いてあるのでそれを見ただけ。 コンテナ

  • Scratchのタイマー機能を使わなくては

     Scratchには、タイマーって機能がついてます。ただ、「0」にリセットして、その後の秒数をミリ秒までカウントします。その後の処理は各々のプログラマーが考えて表示するんです。 で、カンタンに作ったのが、ハァハァ猫。左右に向きを変えながらハ

  • うずまきタイマー

     ペンだけで描くタイマーです。6角形の渦巻きを描き終わるのに1分かかります。色を変えながら3回重ねて描いて3分タイマーになります。 鉛筆の先で線を描くように、コスチュームの位置を調整してます。 ちょっとずつ線の位置をずらしているので、最初は

  • ボールならべの3分タイマー

     もうやめようと思いながら作ってしまった。ありものばかりで、6年生なら作れそうなプログラム。  ボールのスプライトを、スタンプで並べていきます。 棒グラフのようにボールを10個並べて、見やすいようにと30秒ごとに隙間を空けてます。1分ごとに

  • テコ実験器を出しておく

     6年生のテコの学習の準備をしておく。ふつうのテコ実験器とおもりを15個ずつ、12班分。それと、木の丸棒の天秤棒を出しておく。 この丸棒、わかってくると楽しいのだ。決められたところにおもりを下げるのではなく、釣り合うところで、重さと長さを計

  • 正三角形を描く タイマー用

     ラーメンタイマーの待ち時間の過ごし方。プログラミングのためのアイデアで、思いついたものを作っているが、正三角形で連続模様を描くってのを作ってみた。 10秒経つと、目盛り上のボールが進んでいく。  ところが、周囲の目盛りの最初が欠

  • 廃液を回収するのに

     5年生のもののとけかたの実験が始まる。これで、飽和食塩水がたっぷりと出来上がる。それを回収しようって道具。 濃いとは言え食塩水なんだから、廃液処理をお願いしなくてもいいんじゃない、って思って、ペットボトルに回収している。  これは、4年生

  • 水溶液の性質の応用で

     今年のお節料理。三色のきんとん。左から「紫芋のフルーツ金団」「安納芋の栗金団」「空豆の金団」、信号みたいに、赤、黄、緑。 紫芋は、そのままじゃぁ黒っぽくなってしまうので、青森産の高級リンゴジュースとココナッツミルクを入れて、赤く、そしてち

  • モグラはかせのドリルを更新

     モグラはかせのドリルを甥っ子のためにとコピーして、確認のために動かしてみた。動かんではないか! 以前に使用していたPCはWindows7からUPしたWindows10、Officeは2003、その環境なら使えていた。新しく買い替えたPCは

  • デジタルタイマー(ベース)

     やさしく、これから作成しようとするデジタルタイマーの基になるファイル。  実際に子どもたちにプログラムを組ませるにあたって、手間のかかる画像を用意しておきました。 スタックを用意しておいたので、組んでみろ、ってことです。 なので、旗を押し

  • 音楽演奏 タイマー用

     タイマーが動作中に何かする、って一つに、音楽演奏を作ってみました。音楽好きもいるかな、と思って。 Aメロとリズムしか作ってません、が。4声の例なら [合唱練習]星の世界 を見てください。4パートの合唱練習用に作ったモノです。 キーボードか

  • 読み上げ タイマー用

     読み上げてくれるタイマー用のパーツです。 ただなぁ、「〇分〇秒」って読み上げるのは無理かな、ってんで、10秒ごとのカウントダウンにしてます。 1秒ごとだと音が重なるし、「〇分」って組むと、「ふん」「ぷん」の使い分けがややこしいし、ってんで

  • 四角く歩く タイマー用

     タイマーの待ち時間に表示する動き。上から見たスプライトがあったので使ってみました。男の子用も同梱。  四角く歩き回って、3分経つと中央に移動し、吹き出しで知らせます。  名前は 四角く歩く タイマー用 です。私のスタジオ に置いています。

  • 反復横跳び タイマー用

     サッカー少年のスプライトを加工して、右移動用、左移動用のコスチュームを作り、Beatnixさん作のマスクをつけさせました。タイマーの待ち時間の表示として、反復横跳びをさせました。コスチュームは、編集画面で各パーツごとに移動させることができ

  • 縄跳び猫 タイマー用

     Beatnixさん作の猫の中に、縄跳びをしているのがいたので、タイマーの待ち時間の横移動に使いました。  右へ行き、左向きで戻るときにはコスチュームで向きを変えています。  名前は 縄跳び猫 で、 私のスタジオ に置いています。 

  • Scratch 画像キット

     3分タイマーの画像キットを作りました。 やってみる、って子が、画像から用意するのは大変だと思うので。 今回の数字は、7セグメントで、非表示部分が薄色のタイプを作りました。  ついでに、スタックをコーディング部分に置いて、コメントをつけてお

  • バク転猫 タイマー用 

     タイマー動作中を示す絵として、猫にバック転回をさせました。 こんだけのプログラムでも、うまいことイカン。右へ行って、戻るときにさかさまになったんではアカンがな。「左右だけ」にすると、バック転回してくれん。で、スプライトを、左右反転させた画

  • デジタル3分タイマーの2

     ありもののスプライトで作れるようにと組んだデジタル3分タイマーは、スプライト、コスチュームがヤで、画像を作りました。途中で数字が揺れないのが良い。ついでに、キッチンタイマー風の背景も。 背景のせいで画面内にボタンをつけた。ボタンで動くよう

  • デジタル3分タイマー

     デジタルがかっこいいから作りたいって子が必ずいると思って、デジタル3分タイマー。 ありもののスプライトは、こんな数字しかない。 スプライト名は、一の位、十の位、分の位にしている。それぞれのスプライトの中のコスチュームの並べ方が大事。「次の

  • 矢印のラーメンタイマー

      目盛りとズレないタイマーを、もっと細かくしました。Catではなく、矢印が1秒ごとに動きます。10秒刻みに変えた目盛りにピッタリ。 こんな長い矢印はないので、スプライトを作りました。代用としては赤い「Line」が使えるかな。 スタックは1

  • あけましておめでとうございます

     新型コロナへの対応をした、「新しい理科室の日常」は、今年も続きそうです。 

  • 目盛りとズレない猫タイマー

     時計目盛りのまわりを、多角形の描き方で猫が回ると、目盛りとちょっとズレるんです。 それを改良したプログラム。 いちいち、猫が時計の文字盤の中心まで行って、時刻を表す方向を向いてから、目盛りのところへ移動をするってプログラムです。 中心へ行

  • ふくろうのラーメンタイマー

     簡単に数値で表示するプログラムを作ってみました。キャラクタはフクロウ。左右に向きを変えながらカウントダウンします。これなら、分かりやすいかも。アナログじゃないので、一応デジタルのラーメンタイマー。 「()と言う」は、吹き出しを消すためのス

  • ラーメンタイマーはデジタルにしたい

     アナログのラーメンタイマーが多い。デジタルにできるんだけど、初心者にはややこしいゾ。1秒ごとにしたら、繰り下がりのプログラムが要るし… そこで、やりやすそうなのを作ってみました。10秒ごとに数字が減っていくの。 20個の&l

  • データは消しておいてくださいね、って

     質問をもらいました。古いパソコンを下取りに出すときに、「データは消しておいてくださいね」って言われたと。  「あ、それは、ハードディスクを取り出して、ハンマーで回転軸だろうってところを叩いてブッ壊すと完璧」って答えました。 それよりか、ハ

  • 3学期教材の準備

      4年生のもののあたたまりかた、5年生のもののとけかた、の準備をしておいた。 年内は残っている年次休暇を消化するだろうけど、新年には新しく付与されたばかりの年休を使わず、3学期の準備をすることだろう。 で、ちょっと理科室で遊んで

  • まぁるく動かすプログラム

     ラーメンタイマーで、丸く動かすプログラムを使う。 その前に、正12角形〜60角形を描いてみる練習用のスタック。  何なら、180角形、360角形を作ってみてもいいけど。  ペン関係のスタックを外すと、ラーメンタイマーのスタックに応用できる

  • ラーメンタイマー その3

     ラーメンタイマーの3つ目。3分でCatが1周するプログラムです。1分、2分の目盛りを刻んでから動きます。 プログラムスタックはコレ。 ● 左のスタックが、目盛りを書くプログラム。書いたら、「スタート」ってメッセージを送ります。 「スタート

  • 時計猫のラーメンタイマー

     タイマーって言うなら、やっぱり文字盤がある方が良いってことになったら、って、アナログの目盛りを描きました。 時計のプログラムを拝借しようかと思ったけど、三角関数を使ってるのでヤメ。背景を目盛りにしました。 で、その目盛りの周りを猫が3分で

  • 時計回りのラーメンタイマー

     思いついたから、作っちゃいました。三角関数を使わないので小学生向き。称して「時計回りのラーメンタイマー」。多角形の描画とは違って、タイマーなんだからやっぱりCatは時計回りで動いてくれなくちゃ。 ラーメン鉢の周りをCatが3周回ります。色

  • 横移動のラーメンタイマー

     Catが180秒かけて右端に動くプログラムです。 スタックはこれだけ。・ 最初の「()と言う」は、吹き出しを出さないようにするため。続けて使う時に、前の吹き出しが出たままになるので消しておく。何も言わないのなら吹き出しが消えるのだ。&ld

  • プログラミングのネタをどうしようかナ

     6年の最後の授業のプログラミングは何をしようかねェ、って言う。 信号機をやったことはあるんだけど。半製品で、横断歩道で人身事故が起きるとパトカーがやってくるヤツだ。 多角形も過去にはやった。同じものをやるのは進化がないって気持ちらしい。 

  • 翻訳も使いようで

     翻訳ってのがやりやすくなって、Web上で使える。 その一方、学校に外国籍の保護者がいることが多くなってきた。学校からの連絡文書が全部伝わっているのか、そんな心配がある。  私がお知らせを配布しようとした時、翻訳しようって思った。その方法は

  • 理科でのタブレットの活用事例

     タブレットがわが校に登場してから約1年、理科でのiPADを活用した例を紹介。 (1) 天体学習のアプリ 6年生が暗室で太陽と月の位置関係の演示実験を見た後、iPADを見たい方向にかざしてアプリで観察している。指導が難しい星や月、太陽の単元

  • 予想してから、2m、4mのふりこで実験

     2mと4mのふりこで実験をする。もう、周期の予想は立てられるようになってもらわんと困る。予想させてみると、周期を2倍4倍にしてる子がいる。「前の実験、25,50,100cmの結果を見て考えて…」って修正を求めてまわる。  2

  • 考察文の接続詞

     考察を書く時のつなぎことばの参考に。 

  • 縦3個、横3個のふりこ

     長さを変えたふりこの実験結果をまとめる。 25cmで1.0秒、2倍の50cmで1.4秒、その2倍の100cmで2.0秒と各班の実験結果から均してまとめる。 さて、長さが倍で1.4倍。50cmと100cmについても2倍の関係が成り立つだろう

  • 火山灰を顕微鏡で観察するちょっとしたアイデア

     窓際にシャーレが並んでいる。全部で72個。椀がけ法で火山灰を洗い出して、ペーパータオルに乗せて、シャーレに保管して乾燥させておいたもの。今日は、コレを検鏡する。5日ほど乾かしているので、サラサラしている。 用意しておいたのは、スライドガラ

  • 標本箱の修理

     理科室に岩石標本がお出ましになっている。見ると、そのフタの一つの桟が無くなっている。 今日は授業に来るクラスが無いので、準備室に持ち込んで修理を始めた。しゃぁないわなぁ、古いのは40年近く、浅いのでも20年は経ってるから糊も弱くなるよな。

  • ふりこの糸巻きが

     授業がすすんでいるふりこだが、糸巻きが落ち着かない片付け方になっている。何でかがわかった。糸巻きをつるすためのヒートンがついていないのだ。ふつうはふりこ台のネジに適当に吊ることができるようにしてある。スマンな、支柱に糸で括り付けるなど工夫

  • 岩石を検鏡してみる

     自分で見つけた石を持って、6年生がやってきた。石は一部濡らしてある。実体顕微鏡を出して検鏡してみる。  よさそうで、きれいなのが見えたら、ノートにスケッチをする。色鉛筆を持参している。  「大きな石だから、もっと上だろ」と巡視しながら、粗

  • ふりこの長さと周期

     考察の書き方の画像を担任にメールで送っておいた。そして、拡大コピーをしておいて、と。 “分かりやすくて良いです”って。ふりこの長さを変えた実験の前に、考察の書き方を指導する。前の時間、片方のクラスだけ考察の書き方を

  • 電磁石の実験の釘を配るのに使おうか

     リトマス試験紙の収納のために作ったのがコレ。12個で良いのに、15個も穴を空けちまった失敗作。それに、穴を空けていたホールソーがずれて、やたらと嚙みついてしまった。その傷は、ボンドとおがくずで補修をしておいた。 それに足を取

  • 今から準備を

     5年生の教科書の最初に、アブラナの観察がある。この写真は中学校の教科書。小学校5年って書いてあるのはそのため。やっておかなくちゃなんない。 アブラナって言うからと寒咲花菜はだめですよ。これは、桃の節句に桃の花のあしらいに生ける菜の花。2月

  • ふりこの長さと周期

     拡大コピーをして、黒板に貼ろうと思っている資料。 

  • ふりこのきまりの2時間目を請け負って

     重さを変えた振り子の実験から、2時間目。今度は振れ幅を変えて実験をしてみる。 急に、英語の授業研究が入ったみたいで、1時間かわって授業をすることになった。同じような実験の2時間目だから楽なもんだと、二つ返事で引き受けた。  10往復の周期

  • 地層を作る

     ペットボトルに土と水を入れて、よく振って、堆積実験用の水槽に流し込む。 小さな口からは、水が先に出てきてしまう。机間巡視で、指で出口を押さえて、砂が口のあたりに落ちてくるのを待ってから、樋に出してやる。 樋にとまった砂は、コップの水で流し

  • 振り子の実験、タブレットを使って

     ふりこのきまりの1時間目の実験。今日は重さを変えて実験。同じような実験が続くので、振り子の長さを重点的に机間巡視して回る。「おい、短いんとちゃうか?ホラ、20cmやんか」って。長さを25cmにしているので往復1秒付近になるハズ。測定データ

  • iPADのスプレッドシートで平均を

     GIGAスクールってんで子どもたちにiPADが配られている。これを使わん手はない。それに、よく使わせていると、担任にはITに詳しい先生って風評が勝手についてくる。 そこで、ふりこの実験の授業では、iPADをストップウォッチとして使うのに加

  • ストップウォッチのメンテナンス

     やりかけていて、電池の在庫がなかったのでストップしていたストップウォッチのメンテナンスを始める。使っているのはこの一番安いタイプのストップウォッチ。大陸製で結構荒い作りになっていて、電池交換すらやりにくいのが気に入らん。 まずはコレ。スタ

  • 電子天秤などハカリの規格って

     ものの溶け方で、電子天秤を使う。電磁石がどれほどの釘を吸いつけたかを電子天秤で計ったりもする。時によると、3年生が「形を変えても重さは変わらない」のを確かめるために電子天秤を使う。  さて、ハカリには規格があるんだけどナ。そこまで考えて使

  • Virtual background

     TeamsとかZoomとか、オンラインミーティングってのが、コロナ禍の産物でして、学校でも使うことがあるみたいです。 TeamsとかZoom、skypeでオンラインのミーティングするときに、いろいろ荷物が置いてある職員室の壁が背景になって

  • 化石です

     昔々、岐阜県へ修学旅行に行っていた時代の土産として理科室に置いてある砂岩です。  貝殻がたっぷりと見つかる砂岩。瑞浪層群と言って、土岐川の河原から掘り出せる化石です。化石博物館を見学した後にフィールドワークをさせてもらって、持って帰ってき

  • Windows11にアップ

     Windows11にアップしました。新PCに無償アップの権利が付いてたので。 窓キーを押すと上のような窓が出ます。よく使うアプリをここに置いておけば良かろうってことだ。たまにしか使わんアプリは「すべてのアプリ」で出る。これで、アイコンだら

  • これが今年最後かな?

     畑に植えたキャベツが食われている。モンシロチョウの幼虫が付いているのを知ったまま放置していた。 終齢になったので、葉っぱごとちぎって持ち帰ってきた。全部で4個体。  4日ほどで蛹化したが、3個体はアオムシコマユバチの蛹が出てきた。無事蛹に

  • 金属の温度と体積

     空気、水とやってきた温度と体積の実験。今日は金属なんだけど、どっちかってぇとガスバーナーの点火の3回目。どこが一番熱いんやった?って確かめておく。「内炎の三角のてっぺん」ってのが定着してきた、みたい。ボーボー音をさせてくっきりと内炎を作っ

  • 金属膨張試験器のチェック

     空気、水と実験が進んできたので、金属膨張試験器の準備をする。コンテナに入れたのは、断熱版と膨張試験器、その他に、金属球を冷やすための昔の給食のアルマイトのお椀、そしてマッチ。断熱版と称しているサイディングボードの切れ端は、熱くなっている試

  • 水の温度と体積の実験

     空気に続いて、水の膨張の実験をする。鉄製スタンドを出して組み立て、水を入れたフラスコを取り付けたら、先生の手で、1.2mのガラス管を取り付ける。 この長いガラス管は取り回しが怖い。先生の手で取り付けることにすると、鉄製スタンドの組み立ての

  • PCを更新したら

     何しろ時代物のPCを使い続けてきたが、画像の処理中にパタリと止まってしまって再起動するハメになることが起きるので、買い替えた。Win7の時代で、32bitのOSにしたもんでメモリが少なすぎてハングアップしてしまうのだ。 それにOffice

  • 火山灰の検鏡

     ちょいと印刷室へ行って、共用の色画用紙を細かく刻んできた。サイズは、スライドガラスの大きさ。スライドガラスの上に乗せて使うつもり。 それに、3つ穴をあけて、そこへセロハンテープを貼っておく。 火山灰を椀がけ法で観察するが、検鏡するにあたっ

  • 火山灰の観察の準備

     大地のつくりと変化の準備として、桜島の火山灰と鹿沼土を椀がけ法で取り出す準備をしておいた。 蒸発皿が桜島、湯飲みが赤城山の軽石(鹿沼土)、3人班用に赤玉土を少々用意しようかと思ってる。 沖縄などを苦しめている、福徳岡の場の軽石も火山噴出物

  • 空気の温度と体積

     前日から湯沸かしポットに湯を沸かしておいた。警備員さんが消さないようにポットに張り紙をしておいて、朝から湯が沸いていることを担任が確認してくれている。 で、実験に備えて冷やすための氷を用意しておいた。先に準備室の冷蔵庫の臭いのする氷を先に

  • タブレットを使って、月と太陽

     6年生が来たぞ、と思ったら理科室前を通り過ぎて、となりの元コンピュータ室に行くみたい。それならば、ってんで、レフランプの光源を用意した。元コンピュータ室には、床置きのヘントバコって照明装置が置いてあった。  途中で見に行くと、タブレットで

  • ガスバーナーの使いかた 2

     4年生のものの温度と体積に入る前に、ガスバーナーの使いかたをやっておく。  まずは、教科書を読む。うちのガスバーナーにはコックがついてないので、まったくおんなじにはいかん。 「元栓」ってどれや?って聞くと、机を探しておる。何と水栓を指す子

  • ガスバーナーの使いかた

     アルコールランプの使いかたはやったんだっけ、って担任に質問をしておいた。“ベッコウアメ”作りで使ったって、って返事が返ってきた。そうだそうだ、見返してみると3年生なのにフルスペックでやってるじゃぁないか。火を点けた

  • 氷の準備

     4年生が、ものの温度と体積にはいる。その前に火器の使用の練習をすることになる。  で、本実験にそなえて、氷を準備しておく。氷は、家庭科室の冷凍室で大きな塊で作っている。それを運んできて、理科室の流しで小さく砕く。それをポリ袋に入れて、再び

  • リトマス試験紙の収納

     リトマス試験紙は、半分に切って長さを3cm程度にしている。そして、このような顕微鏡のレンズケースに入れて、そのまま配布出来るようにしている。 ところが、中身が軽い試験紙で、蓋が重いみたいでよく倒れる。倒れると転がる。 それと、赤色リトマス

  • ふりこが始まるのでストップウォッチの電池交換

     ふりこが始まるのでストップウォッチの電池交換をしようと思った。この安物タイプが2台表示が消えている。他に1台、表示がついたり消えたりだった。 取り込んでいる電池は、1個。1台の電池を交換して、さらに購入を依頼しておいた。  で、気が付いた

  • ともなって変わる二つの量

     算数での平均の学習が済むようで、理科でふりこの学習がはじまる。  理科なんだけど、「ともなって変わる二つの量」って関数の学習でもある。変わり方をグッとにらんで、4mのふりこでは何秒になるかってのを予測する。 もちろん、2mなら?ってところ

  • このBlogで検索できるしかけ

     このBlogには、単元別の表示ボタンを作っている。この機能はBlogに備わっているのではない。あるものは、普通にカテゴリー別の表示が出来ることぐらいだ。 ここに来られる皆さんが絞り込んで見たいのは、つぎに指導する単元の記事だ。Topにこれ

  • 写真を利用したいって

     問題集の一部です。このダイコンの写真が私の。これを来年度再版するにあたってベネッセから著作権の利用許可申請が舞い込んできた。 Blogのダイコンの子房の写真を使いたいというから、オリジナルのデータを提供したもの。営利利用で、著作権の許可を

  • 手羽先を使って筋肉と骨の観察

     手羽先を仕入れてきた。県内産の2kgパック。1つ50g超えの規格なので、30個と少々しか入っていない。個数が足りないので、あと1kg弱追加する。  尺骨に貼り付いている皮がめくりにくいので、授業前に骨から皮を切り離しておく。 「皮をめくっ

  • 給食です

     給食です。これねぇ、献立に加えたらどう、って提案した料理。 鶏とゴボウを甘辛く煮て白ご飯に混ぜた「吉野の鶏めし」。給食では、焼き飯、ピラフ、炊き込みってのが、量が多いもんでオペレーションがむずかしい。で、白飯に具を混ぜるってこのレシピなら

  • 手を洗うための石鹸

     手羽先の解剖をちょっと早めにやるって。手が脂だらけになるので、石けんが必要なのだ。 これで2年使っている石けん、新しいのを保健室にもらいに行った。  このコロナのせいで、手洗い場に置いている石けんはポンプボトルになっている。なので、昔なが

  • 臭くないヘチマタワシを作る

     今年のヘチマは、夏休みに水やりに励んだせいでたくさん実った。それをヘチマタワシにすると言う。 収穫してすぐの実らしいので、長さを計って人数で割ってみると1人6cmほどになる、って計算をした。それで、ヘチマを輪切りにして家庭科室の大鍋で煮る

  • 浮いたり沈んだりするわけは?

     4年生が浮沈子を作る。6年生が使い終わった炭酸水のボトルがあるので、それにおもりを付けた弁当用のソースビンを入れる。500mLボトル、1人1セットの個人実験。1卓2人なので、水道が込み合うこともない。  「下がれ!」って言いながら示範用の

  • リクエストで身の回りの水溶液を調べる

     今日の実験は、身の回りの水溶液のpHを計る。あらかじめリクエストをした水溶液を、デジタルpH計で計ってみる。 これをやると、だいたい、酸性のものばっかりリクエストされることが多いので、卵をこんにゃくを用意しておいた。 多くは酸性だが、今回

  • モンシロチョウの幼虫

     冬野菜としてキャベツのタネを蒔きました。大きくなってもうちょっとで植え時って頃に、葉脈の上に居るじゃあないですか。 これは、今から蛹化するとして11月半ばかな。気温が低いと成長が遅くなるから予測は困難だけど。ま、確実に越冬サナギでしょう。

  • 試験管立てを元の場所に

     6年の水溶液の性質の実験で、手持ちの試験管のほとんど、160本も使った。それを洗浄して、マスキングテープを貼ったまま収納。 窓際には試験管立てを並べる。試験管立てって単独で使うことはないので、適当な本数の試験管を立てておく。 えらんだ試験

  • pHメーターを買いました

     ポケットマネーでpHメーターを買いました。pH3からpH10まで計れます。酸性、アルカリ性って表示がそれっぽいでしょ。しかも、電池不要! プローブの先端はこんな感じ。筒はアルミみたいで、先端は何かな、銅合金だと思うんだけど。 電池なし、っ

  • リトマス紙の保存

     水溶液の実験が終わったので、出ていたリトマス試験紙を保存する。  この容器は、青色リトマス紙専用。班に配布するレンズケースに入れたまま、大きな容器に収納。 中には、アンモニア水をしみ込ませたティッシュペーパーを入れている。フタをあけたので

  • 酸・塩基と金属

     スチールウールを塩酸に溶かすって実験。どうもねぇ、モロモロと沈殿物があるのが気に入らなくて、これのせいで変なにおいがするんかもって思ってた時に、鉄粉ではどうだろう、って考えたことがある。 で、やってみた。アカン‼。鉄粉って入れ

  • ピペットの修理

     6年生の水溶液の実験でよく使った駒込ピペット。先が割れているのがあるので修理する。 とりあえず、削って尖った部分が無いようにする。電動砥石でおおまかに削った後、サンドペーパーを使って手仕事で削る。 先を丸めるためにガスバーナーで炙る。炎の

  • デジタルpH計の準備

     デジタルpH計ってのがありまして、以前のアナログのよりは簡単なのかと思ったら、表示部分だけがデジタルなんですな。 カバーで守られている中には、ガラス電極。以前のpH計と違うのは電極保存液の注入口が無いことぐらい。 内部に電極保存液が入って

  • ちょいと画像を加工してました

     何ということはない画像ですが、今時の横長PCの画面サイズに合わせた画像です。  このコロナ禍で、教員の研修もリモートってのをやってたりする。職員室の黒板が写り込むってのもどうかなぁ、後ろを他人が通り過ぎるってのもどうかなぁ、って思ったので

  • 集気びんのメンテナンス

     集気びんのちょっと曇っているのを、戸棚の中で端に寄せておいた。ちょいと時間があるので取り出して洗浄。 すると、口周りにかけた部分があるのに気が付いた。 電動ドリルに回転砥石を取り付けて削る。ケガをしなけりゃ良いのだから。 あまり褒められた

  • 金属が溶けた水溶液から金属を取り出せるか

     前時に一度やっている、金属が溶けた水溶液から水を蒸発させて取り出す実験。 各実験机の上には、前時からの器具コンテナを置いている。ところが、前に使った班の気を利かせる程度が違うので、内容物がさまざまなのだ。これを確認して回るのはヤメて、必要

  • アゲハのサナギを冷蔵庫に入れる

     見つけては、ペットボトルに収容して育てていたナミアゲハの幼虫。次々と蛹化して、5本もたまった。 まとめて割り箸に取り付けたサナギポケットに入れて、1つのペットボトルに収めて準備室の冷蔵庫で「越冬」させる。半年以上の越冬は長いかなぁ。乾きす

  • 金属が溶けた水溶液を蒸発させてみる

     前時の実験で、HclとNaOHに鉄とアルミを溶かした試験管が置いてある。 で、その水溶液を蒸発させてみる実験の準備から始める。  授業は、金属が溶けたことをまとめてから、蒸発に入る。 溶けたってことは、塩酸やら、水酸化ナトリウムは怖い水溶

  • 宿泊行事が出来なくなって

     昨年作ったキャンドルファイヤー台。今年も出番が来た。4年生が1泊で出かけるところを2〜3日に分割して実施するからだ。 5年生は4泊5日で自然学校に出かけるハズが、これも分割して自然学校ウィークと称して校内などで実施。バスで宿泊するはずだっ

  • ガラス瓶の割り方、って

     ガラス瓶を割るにはとうやれば良いか、って相談を受けた。図工で、理科で使った飲料水の色付きガラス瓶を取り込んでいたが、陶芸の作品作りでそのガラス瓶を使うらしい。 割って、カレットにして、素焼きにした粘土作品にカレットを置いて、熔けて流れてい

ブログリーダー」を活用して、BUN3さんをフォローしませんか?

ハンドル名
BUN3さん
ブログタイトル
おもしろ理科
フォロー
おもしろ理科
カテゴリー一覧
商用