プロフィールPROFILE

nawan13さんのプロフィール

住所
長久手市
出身
淀川区

自由文未設定

ブログタイトル
なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)
ブログURL
http://nawan13.hatenablog.com/
ブログ紹介文
中小企業のシステム管理者が大好きな日本酒やおいしくいただけるお店などを感じるままに書き綴りました。
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2015/09/20

読者になる

nawan13さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,442サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,599サイト
東京飲み歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 206サイト
中部飲み歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 36サイト
日本酒・地酒 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,062サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 77,242位 77,242位 77,310位 64,634位 64,854位 64,784位 64,820位 980,442サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 530位 530位 538位 444位 437位 430位 433位 7,599サイト
東京飲み歩き 39位 39位 39位 36位 36位 36位 36位 206サイト
中部飲み歩き 5位 5位 4位 4位 4位 4位 4位 36サイト
日本酒・地酒 128位 128位 131位 105位 103位 103位 106位 1,062サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,442サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,599サイト
東京飲み歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 206サイト
中部飲み歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 36サイト
日本酒・地酒 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,062サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、nawan13さんの読者になりませんか?

ハンドル名
nawan13さん
ブログタイトル
なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

nawan13さんの新着記事

1件〜30件

  • 今年(2019年)も開催されます!! 「所酒造 第6回新酒まつり」

    今年も「房島屋」を醸す所酒造の新酒まつりが開催されます!!毎会、朝一番に行って先着50名にプレゼントされる酒粕をゲットさせていただいています(^_^) 今までは10時開始だったのですが、今年はバスの時刻が変わったため11時開始となっていますので、お気を付けください。 揖斐駅から歩いても30分ほどですので苦にならない方は歩かれるのもよろしいかと思います。 私は例年は、行きはバスに乗って、帰りは酔い覚ましを兼ねてゆっくりと景色を眺めながら揖斐駅まで歩いてます(^_^) 毎度の楽しみはフードコーナーで肴を買って、有料試飲コーナーで所さんとお話ししながら房島屋を堪能することです。谷汲山のコンニャクがま…

  • 風の森 秋津穂

    『秋津穂 純米 無濾過無加水』 このお酒が「風の森」のスタンダードだと私は思ってます。 「風の森」を教えてくれたのは丸内酒食品店さんです。初めてこのお店に訪れたのは、屋守(おくのかみ)を買いに行った時のことです。丸内さんと話をするうちに、「風の森もいいよ~」と、ナチュラルに勧められました。今は「風の森」の一升瓶は無くなりましたが、当時はまだありました。一升瓶で¥2000強と非常にリーズナブルでした。そんな訳で印象に残り、2度目の来店で『秋津穂 純米 無濾過無加水』を購入しました。 勧められたのは「風の森」の中でも一番安価なこのお酒。後に丸内さんご自身がこの酒が気に入っているとのことを聞きました…

  • いただきました!! 「白老 H30BY千本錦 純米吟醸 槽場直汲み生原酒」

    「白老 H30BY千本錦 純米吟醸 槽場直汲み生原酒」をいただきました。 栄で開かれた「秋酒まつり」の帰りしなに購入したものです。このイベントでは各蔵のお酒を試飲(有料です(^_^;)して、気に入ったお酒を販売ブースで購入できるというものでした。 澤田酒造の副社長が見えたので、白老のブースに行きました。挨拶をして、「千本錦 純米吟醸」を注いでいただきました。白老の中でもこの「千本錦 純米吟醸」が以前から好きなのですが、改めて「美味しいなぁ~~」と認識しました。しかし、残念ながら販売ブースは場所が限られているため、試飲で用意されていたお酒が購入できるわけではなく、「千本錦 純米吟醸」はありません…

  • いただきました!! 「白木久 夏酒 純米生原酒」

    京丹後の白杉酒造のお酒「白木久 夏酒 純米生原酒」をいただきました。 数年前に京丹後に行った際に白杉酒造の蔵人Kさんとお会いして一緒に飲む機会がありました。Kさんの人柄、情熱に触れて「白木久」を味わいました。それ以来、贔屓にさせていただいている銘柄です。 「白木久 夏酒 純米生原酒」は丹後産コシヒカリ100%で醸されたお酒です。 なぜ今頃夏酒?という疑問があるかと思います。 実は、お店で夏に売り切れなかった分を見かけたものを購入したからです。保存の悪い酒屋でしたら売れ残りを買ったりはしませんが、その点は安心できるお店でしたので問題ありません。むしろじっくりと低温で熟成が進んでいるかも?という期…

  • いただきました!! 「房島屋 純米大吟醸 責め」

    先日の下記の「房島屋の会」で初めていただいたお酒です。 「房島屋 純米大吟醸」自体は、これまでに飲んだことがあり、その美味しさはよく知っていました。ですが、この「房島屋 純米大吟醸 責め」に関しては、飲んだことがないだけでなく、この会で初めてその存在を知りました。 nawan13.hatenablog.com 前回のブログでも書きましたが、「責め」は少量しかなく、年によっては出荷がない場合もあるとのこと。まだ蔵に在庫があると所さんに伺い、即注文し、我が家でもじっくりと飲ませていただきました(^_^) う~~ん、旨味、フレッシュ感(^_^)初めて飲んだ際は旨味、コクをすごく感じましたが、改めて家…

  • 行ってきました!! 「房島屋の会 @京・おばんざい素」

    先日、京・おばんざい素で開かれた「房島屋の会」に参加してきました。 下の写真がこの会のメニューです。 メニュー右下にペアリングとあるように、「房島屋」の蔵元杜氏である 所 優さんが用意したお酒に対して、この料理が合う!という形になっています。ワインで言うところの「マリアージュ」ですね。「マリアージュ」と言うと何となくワインを連想するためか、ここ最近、日本酒の世界では「ペアリング」と言われることが多いように感じています。 「房島屋」を醸す所さんです。会の始まりでこの会の趣旨である「ペアリング」について説明されているところです。 そしてい番手のペアリングは「房島屋 兎心(ところ)ホワイト」と「無花…

  • 開催されます!! 「房島屋の会」@京・おばんざい素

    所酒造が醸す「房島屋」の会が8月31日に本郷駅前の「京・おばんざい素」で開催されます。 もちろん蔵元杜氏の所 優さんも来られます。 詳細は下記をご覧ください。 obanzaimoto.blog.jp nawan13.hatenablog.com にほんブログ村

  • いただきました!! 「津島屋 美山錦 純米吟醸 生 中汲み&荒走り」

    「津島屋 美山錦 純米吟醸 生 中汲み」と「津島屋 美山錦 純米吟醸 生 荒走り」をいただきました。 同じタンクのお酒を「荒走り」と「中汲み」と一緒に購入したものです。購入時から、同時に飲むと決めていました。もし「責め」もあればきっと購入していたのですが、残念ながら商品化されていないとのことでした。すると「責め」の部分のお酒はどこにいったのだろうか?と疑問が湧きます。蔵人のまかない酒として飲まれたのでしょうか? 一般的には「中汲み」が一番バランスが良くて上物?で「荒走り」はフレッシュさと飲みやすさが売りで、「責め」は濃厚な味わいが特徴かと思います。いろんなお酒を飲んできましたが、私個人の好みに…

  • いただきました!! 「雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし」

    「雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし」をいただきました。 大垣の田中酒店さんで、「熟成しててオススメだよ!」と言われて購入したお酒です。 「ひやおろし」なので、一度火入れがされています。ですのでお店でも冷蔵庫ではなく常温で保管されていました。初めてのお店等、信頼関係がないお店だと常温保存のお酒は避けてしまいますが、ここ「田中酒店」なら大丈夫(^_^) 自宅でも、しばらく常温で置いときました。(冷蔵庫がパンパンでした(^_^;)そして、いざ開栓します。うむうむ、落ち着いた味わいです。当たり前ですが、老ねの老の字もありません。突出した点が無いので、インパクトは少ないのですが、いつまでも安心し…

  • 読みました!! 「畢竟(ひっきょう)の酒 義侠の真実」

    この本は、ある日本酒の会の利き酒で全問正解したご褒美!としていただいたものです。 「義侠」は私に「米の旨味」を教えてくれたお酒です。まだ社会人になりたての頃、先輩の車で、この本でも紹介されている「サケハウス」の前を通りました。その店の外観から「この店は日本酒がきっと充実している。」と感じ、後日、訪れました。正直、愛知県に「日本酒」のイメージは無かったのですが、お店の方にいろいろと話を聞いてその日「義侠」を買って帰りました。もちろん銘柄も聞いたこともなく、どんなタイプかも知りませんでした。「義侠」という名称から「その筋の人が好むのでは・・・」などと思ったりしました(^_^; そして、当時住んでい…

  • いただきました!! 「玉川 純米吟醸 手つけず原酒 無濾過生原酒(祝)」

    木下酒造の「玉川 純米吟醸 手つけず原酒 無濾過生原酒(祝)」をいただきました。以前にツイートで見かけて気になっていたお酒です。 玉川と言えば、しっかりした味わいで常温かぬる燗が旨い!、あるいはロックで頂く前提の「アイスブレーカー」のイメージでしたが、これはまた趣が異なる味わいです。 ただフレッシュなのではない。玉川らしく、根性がある感じの「ド!フレッシュ」とでも言う感じでしょうか?軽いフレッシュ感ではなく、重い?ガッツのあるフレッシュ感なんです。この日は出張先の宿で頂いたのですが揚げ物とのマリアージュもばっちりで、カニクリームコロッケ、ミンチカツがあいました。 日本酒の定番の肴と言えば魚貝で…

  • いただきました!! 「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒」

    先日、伏見のShusendo miniに行った際に蔵元の玄坂さんが見えていて、店頭で愛妻と一緒に試飲させていただきました。 元坂酒造では「酒屋八兵衛」という銘柄のお酒を醸しています。数年前に持ち寄りの日本酒の会に酒友大先輩が持ってこられて、それ以来お気に入りのお酒です。 試飲させていただいた中で一番気に入った「純米吟醸無濾過生原酒」を購入させていただき、後日ゆっくりと我が家で飲みました。 酒米は三重県産五百万石、山田錦の2種類が使われており、精米歩合は55%です。 豊かな旨味。そして旨味の向こう側に隠れている酸味が独特のバランスを作り出しています。 裏ラベルには 『グラス一杯の驚きよりも、一晩…

  • いただきました!! 「所酒造 ミーノ・デ・ブラン」

    「房島屋」を醸す所酒造が初めて白麹を使って醸したお酒です。 裏ラベルを見ると「美濃の地で酒屋を営む若手店主たちが企画した日本酒」とあります。そういう訳だと思いますが「所酒造」とはラベルにありますが「房島屋」とはどこにも書かれていません。さて、どんな味わいでしょうか?最近はいろいろな蔵で白麹が使われているので、全くの未知数ではありません。 そして味わいます。所さんとの付き合いは長いのですが、今まで飲んだ「房島屋」とは全く違う味わいです。 他の白麹の日本酒の特徴であるクエン酸感は、それほどでもありません。 しかし、「房島屋」と比べると、明らかに違うのは白麹の効果でしょう。 味わいは、生酒らしく、フ…

  • いただきました!! 「富久長 草(くさ) 純米大吟醸」

    「富久長 草 純米大吟醸」をいただきました。 映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」とコラボレーションした限定酒です。今田美穂さんの作品です。 「カンパイ!日本酒に恋した女たち」の主人公の一人である千葉麻里絵さんのお店「GEM by moto」に行かないと飲めないかと思っていましたが、偶然出張の際に、宿のそばの酒屋で発見しました!初めは気付かず、どれにしようかな?、と物色していたら、美穂さんからウィンクされた気がしました。そして、このお酒と目が合いました。もう、買わずには入れません(^_^) 会計時に店員さんとこの映画の話もできてテンションが上がりました。 nawan13.hatenablog…

  • 行ってきました!! 「菊石を醸す浦野合資会社の蔵開き」

    数年ぶりに愛妻と菊石の蔵開きに行ってきました。以前に行って雰囲気が良く気に入っていたのですが、中々予定が合わず、今年やっと行けました。 12時頃に蔵に到着したのですが、大盛況です。 販売しているお酒も、 既に「あらい彗星」が完売でした。残念!! 以前に「あらい彗星」をいただいた際の記事です。『いただきました!! 「菊石 あらい彗星」』 到着してしばらくすると、新井杜氏自らの説明で回る蔵見学が始まったので参加させていただきました。下の写真はその様子です。 下の写真、右側の扉の奥は室(むろ)だそうです。中は見れませんでしたが、奥行きがあって見た目よりは広いそうです。 下の写真、右側のタンクの上に何…

  • 行ってきました!! 「所酒造 初夏の蔵開き」

    房島屋を醸す所酒造の初夏の蔵開きに行ってきました。今までも冬には蔵開きはされていたのですが、この時期に開催されるのは初めてです。 今回、蔵元の所 優さんから開催の連絡をいただいたので、喜んで行ってきました。 従来の蔵開きも充分楽しいのですが、今回は改元記念酒の振舞い酒や、蔵開き限定酒の販売、そして「平成のお酒大放出、昭和のお酒もあるかも?」とチラシに唄ってあります。 この「昭和のお酒」と言うフレーズに強く心を惹かれました。特に古酒が好きと言うわけではないのですが、造りのしっかりしたお酒は時の流れにへたることがありません。むしろ、時の流れを深い味わいに変える熟成をもたらします。そんな訳で期待が膨…

  • いただきました!!  「日本泉 木槽しぼり 純米吟醸 無濾過生原酒 ふなくちとり」

    岐阜の「日本泉」という蔵をご存知でしょうか? 岐阜駅のすぐ真ん前にあり、ホームから「日本泉ビル」が見えます。 下の写真が以前、蔵見学をさせていただいた際に撮った蔵の外観です。と言っても全てが蔵ではなく、上がマンション、地下に蔵があり、1階に直売店があるという異色の蔵です。 昔は普通の酒蔵だったそうですが、岐阜駅前の再開発時に今の形になったそうです。この蔵では三日前までに予約しておけば1名からでも見学させていただけるので、ご興味のある方は蔵のホームページをご覧ください。見学の際には試飲もできます(^_^) 今回いただいたのは蔵見学の際に購入した「木槽しぼり 純米吟醸 無濾過生原酒 ふなくちとり」…

  • 開催されます!! 「房島屋を醸す所酒造 初夏の酒蔵まつり」

    房島屋を醸す所酒造の所 優さんから今年初めて初夏の蔵開きを行うと連絡をいただきました。改元記念酒のふるまい酒や蔵開き限定酒の販売、屋台、有料試飲Bar等々、楽しさ満点かと思います。 詳しいことは下のチラシを見てくださいね!! にほんブログ村

  • いただきました!! 「白老 自然栽培米 純米酒 生原酒」

    「白老 自然栽培米 純米酒 生原酒」をいただきました。 酒米の名前は大人の事情で名乗れない・・・と言うことですが、裏ラベルを見れば一目瞭然だったりします(^_^; 口に含むと、今まで知っている白老とはイメージが違うかな? 「酸」を強く感じます。実は酸の味わいは好きなのでこれはウェルカムです。 香りは何か独特のモノがあります。「何だろうか???」としばらく考え、ふと気づきました。そう、これはセメダイン臭です。ただ今まで感じたセメダイン臭とは異なるものです。「セメダイン臭」と言うとマイナスイメージですが、このお酒は嫌な感じではありません。 「セメダイン臭」のお酒全般に言えることかと思いますが、開栓…

  • いただきました!! 「射美 新元号限定酒(紫射美)」

    「平成」が終わって元号が変わるに当たって「射美」の限定酒が出るという話はしばらく前にキャッチしていました。しかし、ただでさえ今期の射美は数が少ないので限定酒となると、なお少ない・・・、購入するのはほぼムリ、お店でも飲めるかどうか不安でした・・・。 しかし、今回も無事に「京・おばんざい素」でいただくことができました(^_^) 新元号を記念して今回限りの「紫射美」です。ラベルの雰囲気も今までの射美と違います。今までのラベルは「射美」の文字のバックは模様がなかったのですが、今回は無地ではなく『揖斐の誉の稲穂?』や、『杉原酒造の建物?』などがデザインされています。 グラスに注がれると、いい香りが漂って…

  • いただきました!! 「蓬莱泉 仕込み体験2019 しぼりたて」

    「平成31年仕込体験 しぼりたて生 純米吟醸 ほうらいせん 吟醸工房」をいただきました。 2月に吟醸工房で仕込み体験をしたお酒です。 http://nawan13.hatenablog.com/entry/2019/02/11/212301?_ga=2.34513512.812421797.1555888862-703737683.1495374365 オーダー通りの、辛口だが旨味ありの、仕上がりになっています。 「キリッ」としていながら味がある。 昨年の経験から、このまま熟成が進めば酵素の頑張りで旨味が更に増していくと考えています。その変化を楽しむために4本購入してあります(^_^)一時は我…

  • いただきました!! 「BY30 射美 特別純米酒15」

    「BY30の射美 特別純米酒 15」を「京・おばんざい素」でいただいてきました。 グラスに注がれて、すぐさま口に含みます。うんうん、濃醇です。やっぱり「射美」はこうでなくては! 香りを確認するのも忘れていました(^_^;改めて色合いを見ると微かに「澱(おり)」が入っています。薄濁りって、好きなお酒が多いんですよね??。私のストライクゾーンなんです。 タルタルソースをかけたアジフライを、頬張りながら流し込むとしっかりとフライの味を受け止めてくれます。揚げ出し豆腐も良く合います(^_^) 裏ラベルを見ると「揖斐の誉」とだけかいてあります。と言うことは S7とAMS18のブレンドなのでしょうか? 昨…

  • いただきました!! 「射美 純米吟醸(BY30)」

    今期BY30の「射美 純米吟醸」を本郷駅前の「京・おばんざい素」でいただいてきました。 昨年の「揖斐の誉」の収穫が少なかったため、「射美」の生産量も少なく今期は射美が一本も購入出来ていません(T_T) それでも全種類飲めているのは大将が頑張って仕入れてくれているからですね。ありがとう、大将(^_^) グラスに注がれているだけで、「ふわ~っ」と程よい甘みが漂ってきます。決して強すぎる主張ではなく、心地よい程度の香りです。この塩梅がいいんですよね~。旨さを予感させてくれます。 色は軽く琥珀色がかかっています。 今期の射美は、味わいが全般的に軽めな仕上がりな印象なので、この純米吟醸もそうかな?と予想…

  • いただきました!! 「玉旭 WHITE」

    「玉旭ホワイトうすにごり」をいただきました。 瓶の底にはおりが見えます。 おりを混ぜて錫のぐい飲みに注ぐとうすにごりらしく白く薄くにごっています。私の好きな感じです。 フレッシュなのですが、どこか渋みを感じます。嫌な感じの渋みではなく、味わいにアクセントを与えるタイプの渋みです。 ただややアクセントが強いので、合わす料理を選ぶかもしれません。しっかりとマッチするとモアベターです(古いかな^ ^) 幸い、子持ちホタルイカの佃煮があったので合わしまた。玉旭酒造は山間部の蔵ですが、同じ富山県の肴、やはり合いますねぇ。 まだ試してませんが、カレーなんかも合うかも?富山だけに「ブラックラーメン」も合うか…

  • 行って来ました!! 「2019年3月 御代櫻醸造 蔵開き」

    またまた岐阜県美濃太田の御代櫻醸造の蔵開きに行って来ました。 御代櫻醸造の蔵開きは12月と3月の2回あるのですが、12月は、風邪をこじらせていたため行けなかったので久々の訪問です(^_^) 美濃太田駅から蔵に向かいます。いつもは、お酒を手にした蔵開き帰りの人とすれ違うのですが、この日はそれらしい人が見当たりません。「まさか日を間違った?」と不安になり蔵のホームページを見ると間違いではなかったので、歩を進めます。昨晩から気温が下がっているので出足が鈍いのかなぁ?と思いつつ十分ほどで蔵に着きました。ちゃんと蔵開きが開催されています(ホッ!) 蔵に入るとすぐに抽選会場があり、その向かいに振る舞い酒が…

  • いただきました!! 「玉旭 富富富(ふふふ)」

    富山県の玉旭酒造の「富富富(ふふふ)」というお酒をいただきました。 「富富富」は富山県で新しく開発されたお米で、「富富富」のホームページで次のように説明されています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「富富富」は、富山の水、富山の大地、富山の人が育てた富山づくしのお米であることをあらわしています。そして、ごはんを食べた人に「ふふふ」と微笑んで、しあわせな気持ちになってもらいたいという想いも込めました。食べてうれしい、もらってうれしいお米が「富富富」です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 富富富 – 富山づくしの新しいお米「ふふふ」|富…

  • 行ってきました!! 「醴泉(れいせん)を醸す玉泉堂 酒蔵見学」

    先日、「由紀の酒」の明さんからお誘いを受けて、岐阜県養老町にある玉泉堂に酒蔵見学に行ってきました。 玉泉堂さんの元々の銘柄は「美濃菊」ですが、今では「醴泉」の蔵というイメージが強いかと思います。私自身、「醴泉」の銘柄を最初に知りました。 蔵は養老電鉄の美濃高田駅から徒歩5分ほどの所にあります。蔵に到着して、まず会議室で山田社長と前杜氏の後藤相談役のお話を聞かせていただき、その後、後藤さんに蔵の中を案内していただきました。 初めに敷地内の精米場に行きました。現在稼働させている精米機は2台ありました。その精米機の前で後藤さんの細かな説明を聞かせていただき、疑問に思ったことを尋ねると丁寧に答えていた…

  • 行ってきました!! 「関谷醸造 仕込み体験(2019年)」 追記あり

    昨年(2018年)に引き続き、関谷醸造の仕込み体験に参加してきました。関谷醸造には「本社蔵」と「吟醸工房」の二つの蔵があり、仕込み体験は「吟醸工房」で行われます。 下のリンクは昨年、参加した時の様子です。 nawan13.hatenablog.com 自分の記事を読み返すと、昨年は吟醸工房付近は雪が積もっていたことが分かります。やっぱり今年は暖冬なのですね。今年は雪は全くありませんでした。 「酒造り体験」のパンフレットです。 下の写真は講師の遠山さんです。この写真では厳しく見えますが、いつお会いしても、ユーモアもあってダンディで、分かりやすいお話をしてくれました。 今回もいろんなお話を聞けたの…

  • いただきました!! 「射美 特別純米 (30BY)」

    今年も杉原酒造の「射美 特別純米」をいただきました。射美はただでさえ数が少なくて人気があるのでなかなか手に入りません。その上、昨年(2018年)の天候の影響で射美の酒米、「揖斐の誉」の収穫量が少なかったと聞いています。必然的に射美の生産量も減るということになるかと思います・・・(T_T) nawan13.hatenablog.com 6年ほど前に初めて飲んで以来、射美は大好きで、なかでも初めての射美である「特別純米」が一番のお気に入りです。だから「特別純米」は何がなんでも飲みたいのです。また昨年の「特別純米」がズバ抜けて良かったので、「今期はいかに!」と期待が高まっているので、なおさら飲みたい…

  • いただきました!! 「白木久 46903 shirokumasan all shirokoji」

    一口飲んで、まず驚きました!!全量白麹だと、もっと酸っぱいか甘酸っぱい味わいかと思っていたのですが、それほどではありません。 フレッシュ感が強いためか、それほど強い酸味を感じません。 ※ 日本酒造りでは一般的に黄麹が使われますが、中には焼酎で使われる白麹を使う場合があります。白麹を使用するとクエン酸が大量に発生するため、レモンっぽい酸味を感じることがあります。 裏ラベルにはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「美味しいお米で美味しいお酒」シリーズ!熊本の食味ランキング特A獲得の美味しいお米「森のくまさん」を、全量白麹を使用して仕込みました。白麹由来の…

カテゴリー一覧
商用