プロフィールPROFILE

ガッテンさんのプロフィール

住所
徳島県
出身
徳島県

このブログを通じて、徳島カクタスクラブの活動状況を報告し、多くの人にサボテンと多肉植物の魅力を知っていただきたい。 併せて私個人の栽培記録を残していきたい。 日記のように毎日は無理でも、1週間に1度のペースで記事を書けたらと思っています。

ブログタイトル
ガッテンと徳島カクタスクラブ
ブログURL
http://tokusimakakutasu.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
私ガッテンの記事と、徳島を拠点にサボテンと多肉植物を栽培している徳島カクタスクラブの活動報告です。
更新頻度(1年)

160回 / 365日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2015/05/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ガッテンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ガッテンさん
ブログタイトル
ガッテンと徳島カクタスクラブ
更新頻度
160回 / 365日(平均3.1回/週)
読者になる
ガッテンと徳島カクタスクラブ

ガッテンさんの新着記事

1件〜30件

  • ベランダのキリン団扇が 半滅

     前号に続いての失敗談 (自称 本ブログ愛読者という女性会員のニマニマ顔が目に浮かぶ)自室のベランダに簡易フレームを作って、キリン団扇接ぎ苗を並べている。出窓フレームから溢れた苗の左遷先、窓際族から窓外族に成り下がったのである。冬季以外は内側を開けっぱなして管理しているのですが、念のためプチピチをカーテンのように垂らしたのが逆効果だった。 程良い隙間があるから 昼間も 閉じっぱなし にしていたのが ま...

  • 見事に失敗した 斑なし流雲錦

     植え替える時間が無いからと 会長から押し付けられた流雲錦の実生半年?苗 山盛り斑が入っているのは見かけなかったが 未だ小さくて分かりにくいからもう少し育ててみようかと 気乗りしないまま 約半分?植え付けたのが3鉢それも満杯になって 2回目の移植を実行した までは問題なかったが 撮影:2019.07.15 実生ポットからの初移植 3鉢に植え付け まだ相当残った が これ以上要らない ラベル R07 → R01 の間違い 約5ヶ...

  • これは! 積極的に水遣りしなきゃ

     例会で 会長の挨拶に 「今年の陽気に誘われて水遣りしたくなるが、思わぬ寒波に見舞われ痛い目に合う恐れがあるから慎重に判断してください」 と進言があった。 長年続けているスキーに行こうと 年末に履き替えたスタッドレスも出番なし。12月にリセットした温室の最低気温も 5.8℃ のまま動かない。昨季の睡蓮鉢には 一度たりとも 氷が張らなかった 。幼少期には 年に3度は雪合戦できたのに、地球温暖化が駆け足でやってきてい...

  • 今月の例会報告

      新年会(ノンアル焼肉)のあと 今年初の月例会参加者は23名年間行事計画 会計報告 展示即売会(再開)の賛否 に続いて    --- 一鉢研究 --- 小澤黒ピクタ ??? マッソニア・・・ 水遣りしたのかと思いきや 密が溜まっているらしい ダウベノア・・・ このあと 珍しいシクラメンが 多肉でも (。-`ω´-) なのに カクタスクラブ は何処へ! (泣きたいが ここは我慢) ♬ 時の流れに身を任せ ♬ 唯一の サボ...

  • 天賜丸の肌にうっとり

     ギムノカリキューム属の天賜丸 事典によると 「よく群生する。 径60cmになるという。」 当クラブの月例会で 何となく入手したものの、その気品に魅かれはじめている。 見頃になってきたかな? と思いきや 径が60cmにも なるとは 嘘でしょ (*´д`)?? 群生の総径なら判るが この大きさで 既に基部には 仔を数個付けているから 総径が正しいようだ  それにしても この美しい肌色 まだ開花したことはないが  今年は白...

  • これも軟弱マミか?

     ヤフオクで 2018.08 に入手したマミラリア属 ソリシオイデス 実生で育てていたが、調子がいまひとつ 思わしくない。1年経っても ちっとも大きくならないし 1個だけというのも頼りない。エルナンデシーで痛い目にあっているから 思い切って接ぎ木で育てることに方針変換。 多くの花を咲かせてくれたのは 想像以上だったが この凹みが 気になる すぐに手を打たないと手遅れに なりそうだ エルナンデシーを無くした症状 に...

  • マミラリア属 白鳥大文字追加画像&開花品種

     前号で 白鳥モンスト 大文字の接ぎ木苗を紹介したのですが、その特徴が分かりにくい画像だったので追加します。ついでに 現在咲いている マミラリア属の花も。 サンゴに覆いかぶさる天敵 オニヒトデを連想させるが 大文字にも見える刺の連なり これを外すのは気が引けた ので この株の容姿に影響が 少ない 基部の仔を外した のですが それには特徴が 出ていなかった 中央のはよく特徴が出ていると 思うのですが 大入...

  • 白鳥モンスト 大文字

     昨年 ヤフオクで入手した標記の竜神木接ぎ群生苗。台木の竜神木は弱り気味だったので、保険に 仔を3個外して 極太竜神木の脇芽に接いだ後即 植え替えたのが到着日の翌日。それから一ヶ月。 マミラリア属 白鳥モンスト 大文字 台木と共に 張りが出てきた 竜神木に保険接ぎしたのが 以下の写真 極太竜神木の脇芽に接いだ これと これ  これは実生の竜神木に接いだ柔らかかったカキ仔を接いだので心配だったが 3個とも...

  • 正月早々 植え替える羽目に

     年末のゴルフは 強風(狂風)のため? 散々な結果に。 (いつもの言い訳です)私の湯呑茶碗に書いてある「ゴルフとは朝に自信を与えるかと思えば、夕べには自信を失わせるものである」年忘れの日だったのが救いだと言い聞かせるが 今も気が重い。それが 翌日(元旦)の天気といったら、風は無く晴れ渡っていた。自室の出窓フレームを3日ぶりに覘いて もう待てないと どうしても植え替えたくなったのが。 フェロカクタス属 ホ...

  • 2020 謹賀新年

     今年のブログは この写真から フォトペイントソフトを使って 写真を絵画風に仕上げたもの あまり使った事がないソフト だから 思うように描けない 以前は油絵風,水彩画風,鉛筆風 とか いろんなタッチで描けた のですが 扱い方を忘れたので こんな筈ではなかった と後悔 これだと 写真と変わらないな これが 12月14日に撮影した 元の写真です フェロカクタス属 金鵄丸 正月用に温存していました 同属 日真玉の開...

  • ペクチニフェラの開花&枯葉と花殻

     ユーベルマニア属 ペクチニフェラ 接ぎ木苗が この時期(12/28)に開花した。蕾らしきものが盛り上がってきたな とは思っていたが まさか開花するなんて。 竜神木接ぎ苗の全容 この肌は緑色 本来の褐色は 出ていない この大きさであれば 花後に 降ろしてもいいみたい 一方の 袖ヶ浦短台付きにも 蕾が 上がっている 薄い斑が裏側にも入っている 小苗だから 今はこれくらいの 地味な斑が期待大 あと数日で開花しそうな...

  • フレームに置いたら こんなに甦った

     どうにも温室では育たなかったので フレームの特等席に移したところ こんなに元気になった。 エスコバリア属 レーイ 緑の肌が見えないくらい萎んで いるが 今まで こんな姿しか 見た事がない 見るに耐えられず キリンにも 接いでみた これはこれで良かったのですが 接ぎ降しに失敗したのか? 現在は行方不明 1枚目の被写体を フレームに 置いたら こんなふうに甦った 再度 キリンに接ごうと思って いたが その必...

  • 今月の例会で入手したマミ から じつは

     標記のとおり 入手したこれ、4個の寄せ植えですが 各単頭の大きさに惚れて 即売で威勢よく挙手したものだから 競合相手はいなかった。出品者は 当会きってのマミラリア属収集家でベテランの顧問。最近は 高齢につき 植え替えもままならなくなって 小さな多肉に移行している。 マミラリア属 雪白丸 と小さなラベルに書いてあった 練習用ゴルフボールと比べると その大きさが判る 来春には 単体植えにする予定  一方 家に...

  • キリン団扇接ぎ フェロカクタス属たちの成長ぶりは

     どうして キリン団扇に接ぐのか? は たびたび書いてきたのですが、念のため 今一度。私は 刺好きで なかでもフェロカクタスの刺が気に入っているのですが、拗らせ易いのが難。 刺物は拗らせてしまうと テコでも動かなくなるし、成長点の障害も起きやすい。そうなれば 刺落ちは避けられない、とういことは それで観賞価値がなくなってしまうのです。袖ヶ浦とか竜神木に接げばいいのですが、それでは芸がないし、なんとかならな...

  • そっくさんの リンゼイ と ポトシナ

     異属間でも 洞察力が弱い私には見分けがつかない程 似ているものが あるものだ。 エキノセレウス属 リンゼイ キリン団扇台付降し 奥の方は やや成長が悪い おそらく 刺の美しさでは 属中ナンバー1 であろう まだ見ていないが ピンクの 大輪で美しい花を 来春には 見られそう 他方  ロビビア属 ポトシナ 事典で調べると 和名:魔王丸 パロジア属にも 同名が載って いて そちらの方も似ているが 花を見れば一目瞭...

  • 金冠竜よ再び

     美しい黄刺の フェロカクタス属 金冠竜 は栽培容易だが、偏平に仕立てるとなると 実生では無理だと思っている。 左が実生の金冠竜 どうあがいても 偏平には 仕立てられそうにない 加えて 勢いが無いから大した 刺も期待できそうにない 黄刺刈穂玉  刺はいいものの 縦長なのが 気に入らない 株元が細いのは どうしても 安定感に欠けてしまう これは 高知の 故山崎氏の温室 を訪問し 譲って頂いた 純黄刺 の幼苗を 太...

  • 金鵄玉に蕾が

     刺も花も美しい フェロカクタス属  金鵄玉  今年も 蕾が3個顔を出して います 昨年 開花の様子が気に入って  アクリル絵を2枚描いたうちの 最初の1枚(会員の酒と交換) 2枚目の写真を撮っていなかっ たみたいで 見当たらない (自室の壁に飾ってある) このあと 作画意欲に駆られる サボテンに出合っていない 一方の こちらは  日真玉? : 日の出丸×真珠 真珠と言えば 気に入っていた のが突然動かなくな...

  • 前々号のテロカクタス属 この斑点は何? 続編

     前々回 写真が多過ぎて載せきれなかった 斑点病? の 両親です。  種親 リンコネンシス:凛烈丸  花粉親 獅子頭 良い肌色で 好みです  --- ついでに我が家のテロカクタス属 --- 緋冠竜 緋冠竜だけど天晃? 鶴巣丸 現在 刺落ちまっしぐら 植え替えが原因ではないかと 思っている 新しい用土が合わなかったか 鉢が大き過ぎたか (日当たり良好 遮光なし) 事典では 古い刺は繊維状にほつれてきて 異彩をは...

  • 今月の例会報告

     いよいよ今年最後の月例会、参加者は 13名でした。議題は 新年会の参加者、福引苗の手配、役員改正、会場が借りれなくなって6年ほど中断している 展示即売会について、新会場の話がまとまったから 復活させるか?    --- 一鉢研究 --- 紅葉ヘキラン  エイリアンタイプ モンスト? 手前に少し写っているのは 紅葉ヘキラン 共に袖ヶ浦に実生接ぎしてある どうやって降ろせばいいですか 翠晃冠錦 寄せ植え 来春の植...

  • この斑点は何?

      こんな斑点が全身 くまなく入ったが、いったい何なんだろう。赤ダニ? (違うと思う)50年余りサボテンを育ててきたが、不思議なことに 未だ赤ダニ被害に遭った記憶がない。だから 赤ダニによる食害跡を知らないが 画像で見た事はある。12/08 の例会に持って行って診てもらおうと 植え替えしたところ、嬉しい誤算 立派な根が。 テロカクタス属 リンコネンシス:凛烈丸 ×獅子頭 3頭立て 自家種子 全身に入った斑点 赤...

  • 異なる環境下のルエッティー

     マミラリア属 ルエッティーは実根で育てる自信がないから、すべて接ぎ木している。というか 花サボだと思っているので 台木の力を借りて群開させたいのです。ところが、ポツポツ咲くだけで 群開しなかったのは何故? 来春こそ (。-`ω´-) 以前紹介した2株 日当たり良好なフレームで管理 どちらも似たようなものでした  群開しないのは多頭過ぎるのが 原因なのでは? そこで 減頭してみたのが左側 減頭は仔を 曲げたメスで...

  • 期待のフェロ逝く

      フェロカクタス属の種子を購入し、発芽後2ケ月ほどしてキリンに接いだ中から 偶然 斑入りを見つけて 袖ヶ浦に接ぎ直した。ところが ・・・ 錦を購入してはいないのに こんな斑を発見 より早く育てたくて袖ヶ浦に 接ぎ替え 順調に育っていた おやっ と取り上げてみたら 分かりづらいので 刺を除いた 派手な斑だから期待していた ところが 腐りが ( ̄▼ ̄|||) そのままキリン根で育てれば 良かった 錦の種子を蒔いて...

  • 恐怖の長刺と胴切り王冠竜

     いくら 私が刺好きといっても これには恐怖を覚える。場所をとるので 欄鉢を逆さにした台の上に置いてあるから 付近の刺物(金鯱)を上から目線。  フェロカクタス属 烈刺玉の長刺タイプ 偉冠玉 ・・・だと思う 刺は 触れるとビンビンと 音がするほど硬い 今年はたくさん蕾ができたが 咲かなかった  刺落ちしないで育っている 刺落ちならまだしも拗らせると おしまいの刺物には気を遣う その割に安価なのは何故 (...

  • 巨大な金鯱

      嬉しいことに  だんだん偏平になってきた金鯱 去年 5年ぶりに植え替えた 効果か? 醜い花殻を 可能な限り除去し すっきりしたところ この個体が一番気に入っている が 開花年齢に達していない 王金鯱特有の頭部破壊 仔を吹いただけで 立ち直る かもしれない 玄関に鎮座している 巨大な 2鉢も それぞれ花殻を除去 露地栽培の割に刺が密生して こない 厳寒期にビニールで覆うだけ で 水も雨だけ 去年も植え替...

  • 僅かに咲いてる花を撮影

    有星類は ピークを過ぎても まだポツポツ咲いているが 群開している複稜般若が目に留まった。その他 バラ丸等も。 複稜般若 初期タイプ 捨てられなくて 大きくなり過 ぎてしまった この時期にこれだけ咲く? しかも 邪魔になる花殻を5個 除去して撮影した ツルビニカルプス属 バラ丸 アロンソイには及ばないが 接げば 良く咲く品種だ キリン団扇からの接ぎ降し ストライプが薄いこれは 精巧殿との交配か? 刺もそん...

  • 今月の例会報告

     今月の例会は 業者訪問で、参加者は10名でした。多肉に力を入れている業者だから 多肉音痴な私は 会計を担当していることもあって 二の足を踏みながらの参加でしたが、片道2時間余りの船内での雑談が仲間意識を強くしてくれました。訪問してすぐ サボテンハウスを一回り (写真撮影は慎みました) 予想どおり サボテンが少い中 これに興味を持ちました 今後のプシス台木はこれだと 直感 刺もこれくらいの長さが理想的 ラ...

  • 異属美化3品種の揃い踏み

     接ぎ台に使おうと 種を蒔いた大豪丸ですが 意外に気難しいことが判明。その話も交ぜながら その時 キリン団扇に 5個ほど接いだ一つが 3株の群生に育った。まだキリン根のままですが 同じものを3個接いでも芸がないと思って 標記の考えに至った。 先ずは 2018.08.26 に接いだ マミラリア属 ルエッティー ところが思ったほど成長しない 諦めの境地に陥ったが せっかく接ぎ台に仕立てたから 続いて 2018.10.20 に接いだ  ツ...

  • 菊水綴化をじっくり観察

     先月の合同例会で入手した標記品種を じっくり観察して 写真に収めた。 ストロンボカクタス属 菊水綴化 5鉢有ったうちのひとつ 台木の袖ヶ浦は発根未熟だから 支柱があるとのこと 一番気に入ったこれをゲット できた 反対側からは 台木が丸見え 翌日には 自家用土に植え替え 鉢も欄鉢に衣装替え 今が見頃の大きさだと思うが どうやって増やすのだろうか 以前 バラ丸綴化をカットして 増殖を計ったが 予想外の形状...

  • やっと咲いた 牡丹

     各ブログでは 早々に牡丹類の開花写真が載っていましたが 遅ればせながら うちでも咲いていた。紅葉前線に比例して うちのが遅いのは当然なのだろうが 急に咲くからびっくり。ここ数日の冷え込みでも 最高最低温度計の最低気温は11.9℃ 海岸に近いから 放射冷却の影響を受けにくいのだろう。 この属 サボテンらしくない ので あまり持ってません アリオカルプス属 ゴジラ? 袖台付き いつもより花数が少ないみたい 日当たり...

  • 急に大きくなってナマコに変身してしまった カルメナエ

     マミラリア属には 大きくなると見るに耐えれらなくなってしまうのが珍しくない。今回は そんな品種(と思う) カルメナエの成長過程をご覧になってください。 撮影:2016.01.18 束刺タイプ で入手した頃 美しくて うっとり 撮影:2016.09.19 刺の色が濃くなってきた (´Д`;)/ヽァ・・・ 撮影:2017.01.01 花付きが悪くなってきて しかも小さい 栽培技術が問われそうだが ここまでは許容範囲だと思う 同日に撮影した ...

カテゴリー一覧
商用