プロフィールPROFILE

よしぞうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yosizoukabu/
ブログ紹介文
投資資金1億円突破。中国株やアメリカ株に投資をしてアーリーリタイアを目指している個人投資家です。
更新頻度(1年)

176回 / 344日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2015/03/29

よしぞうさんのプロフィール
読者になる

よしぞうさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 2,481位 2,767位 2,316位 2,308位 2,049位 2,114位 1,890位 978,373サイト
INポイント 160 80 100 100 200 120 160 920/週
OUTポイント 2,360 800 1,850 1,310 3,000 1,040 2,710 13,070/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 71位 82位 72位 73位 71位 71位 66位 13,669サイト
中国株 2位 2位 1位 1位 1位 1位 1位 133サイト
米国株 30位 36位 30位 32位 31位 29位 29位 960サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 880位 1,044位 875位 930位 786位 839位 612位 978,373サイト
INポイント 160 80 100 100 200 120 160 920/週
OUTポイント 2,360 800 1,850 1,310 3,000 1,040 2,710 13,070/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 67位 80位 72位 74位 64位 72位 52位 13,669サイト
中国株 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 133サイト
米国株 34位 41位 35位 34位 34位 35位 32位 960サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,373サイト
INポイント 160 80 100 100 200 120 160 920/週
OUTポイント 2,360 800 1,850 1,310 3,000 1,040 2,710 13,070/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,669サイト
中国株 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 133サイト
米国株 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、よしぞうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
よしぞうさん
ブログタイトル
よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)
更新頻度
176回 / 344日(平均3.6回/週)
読者になる
よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)

よしぞうさんの新着記事

1件〜30件

  • このあたりの水準を想定しているかな

    現在、僕がキャッシュポジションを高めているのは来年ぐらいには景気の後退が始まると考えているからです。景気が後退するのであれば、その半年前ぐらいからは株式市場は下落を始めていく事になるだろうと思っているからです。ただ、確実に景気の後退を予測できるはずもな

  • テンセント2019年3Q決算(第三四半期決算)

    先日、テンセントの2019年第三四半期(7~9月期)決算が発表されていました。今回の決算ですが、良くはないですが悲観する程でもないと思っています。もちろん、悪いほうの決算だったと思いますが、テンセントなりに最低限は頑張っていた決算内容だったと思います。ただ、

  • 米中貿易戦争の合意

    最近は米中貿易戦争が一時休戦となり、関税の段階的な廃止や一部停止などが行われるのではないかと報じられるようになってきました。お互いが関税を掛け合っている貿易戦争は当然ながら景気への悪影響を及ぼすため、景気の事を考慮するのであれば関税は撤廃されたほうがいい

  • 強いなアメリカ市場は

    先日の11月11日はポッキーの日でしたね。それ以外にもこの日は、第一次世界大戦終戦記念日やチーズの日・サムライの日・介護の日・うまい棒の日・スティックパンの日などなど、11月11日は色々な記念日になっているんですね。さて、そんな11月11日の中国株市場(香港市場や

  • 市場の雰囲気よりも自分の感覚を信じて

    最近は自分の感覚を信じて投資を行っていこうと思っています。市場の雰囲気と自分の感覚が違う時があれば迷うことなく自分の感覚を信じて動いていけるようにしているつもりです。でも、その行動は時として人に批判もされるし、市場の動きや雰囲気と自分の行動が違うと、

  • 投資は楽しいですか?

    投資においては、インデックス投資が最適解であると思っていると前回の記事で述べていると思いますが、そう言っている僕自身は個別株に投資しているし、現在はキャッシュ比率を高めている状態です。株式に投資する上において、「暴落がいつ来るか」と考えるよりも、「暴落

  • 暴落が来るというオオカミ少年

    経済や株式市場の上昇が永遠に続くことはなく、いずれは下落することになるのは確実です。好景気・不景気を繰り返しながら経済は成長していき、景気の山と谷を繰り返すことで新陳代謝を図り、血液の流れが新しくなるように経済や産業の新しい流れが生まれ、技術の発展と共に

  • 翌日配達は必要なのか?

    最近のアマゾン決算は配達コストの増加が目立つようになってきました。これはアメリカにおける翌日配達への人件費や配達網の構築などの配達コストが増加しているためです。日本においては当たり前のように翌日配達をしているアマゾンですが、アメリカにおいてはネットで注

  • まだアマゾン買ってないの?

    最近、話題にあがらなくなってきたアマゾン。去年の一時期は、神銘柄と崇められて保有していない方が問題なんじゃないかというぐらいの人気銘柄だったのが、今ではアマゾンの話題を出す事すら恥ずかしいのだろうかというぐらいに誰もアマゾンの話題をする人は見かけなくなり

  • 短期的にはトランプ氏についていくのが一番かもね

    アマゾンとマイクロソフトの一騎打ちとなっていた米国国防省のクラウドコンピューティング契約である「JEDIプロジェクト」の受注企業が決定しましたね。皆さん、すでにご存じのようにマイクロソフトが受注しました。このJEDIプロジェクトは、10年間で総額100億ドル(1兆

  • 有望企業のIPO(新規公開株)は1~2年経ってから投資せよ

    将来性を有望視された企業がIPO(新規公開株)されると、ついつい欲しくなってきます。今後成長していけば、この企業は大きく成長すると言われている企業はIPO直後から人気があり、株価は高騰する事もしばしばあります。最近では鳴り物入りで上場したウーバーやジュ

  • メガプラットホーマーとして君臨する道

    先進国と違い、中国においては残念ながら個人の権利よりは国家の方針が優先され、個人の情報やプライバシーさえも国家が管理することに慣れてしまった現状においては、情報管理という点において国家的には有利に働く面があります。ほぼすべてのスマホに個人IDと銀行口座

  • アマゾン2019年3Q決算と今後の行方

    アマゾンの2019年3Q(第三四半期)決算が発表されていましたね。決算発表を受けて、その後の時間外取引では7%近く下落していたみたいですが、実際にアマゾンの決算はどのようなものだったのか。では、アマゾンの2019年3Q決算を・・・売上高   699億8100万ドル 

  • 次世代AI発展計画

    中国製造2025にて、世界の製造強国となるべく目標を掲げている中国。2015年に発布された中国製造2025を補完する形で2017年に発布されたのが「次世代AI発展計画」です。工場のスマート化や半導体などの自製化などを目指している中国において、次世代産業のIT産業やAI

  • 当初とは原因が変化した米中貿易戦争

    皆さんは、「中国製造2025」というものを知っているでしょうか?中国の企業に投資をしているのであれば聞いたことがある人が多いだろうし、日本株やアメリカ株に投資している人からするとあまり聞いたことのない言葉だと思います。文字からだいたい想像できるように

  • 次に投資する際の最有力候補銘柄

    現在キャッシュポジションが豊富な状態である僕にとって、次に投資する企業をどこにするのかを考える時間が一番楽しいのかもしれない。アマゾンなども当然ながら投資先となるのだが、アマゾンに投資するのと同じぐらいの資金量でアリババにも再投資しようかなと思っている

  • 次世代のAI・IT大国に投資せよ

    今後必ず訪れるAIやITの発展した近未来社会。その近未来社会において、世界をリードしている国はどこなのだろうか?今や世界のIT業界のみならず、世界の実質的社会や生活さえも支配しているのではないかと錯覚する程の情報量とシェアを武器に市場を支配しているア

  • アメリカ株式市場は今が高値圏のピーク

    先週末のアメリカ市場の株式市場は、米中貿易摩擦の緩和によって上昇して取引を終えました。この結果によってリスクオフになったと思われた方もおられると思いますが、僕は今回の貿易協議はたいした結果も出ず、今までと何ら変化がないものだと思っています。ゆえに、ア

  • 次の暴落時には狙いたいインドのEC(インターネットショッピング)業界

    人口増加や低いインターネット普及率の改善により、今後の経済成長が見込まれるインド。特にEC(インターネットショッピング)業界は、スマホの普及とともにインドにおいても更に成長していくとが想定されています。まずは、インドの通常の小売業の市場規模をみてみまし

  • 次の暴落後に仕込む事を検討しているインドの現状

    僕が今の資産を築き上げたのは、中国のIT市場の成長性に乗っかる事が出来たからだ。中国IT業界のトップを走るテンセントに投資をしたからこそ、1400万円の投資金額が今では7500万円にまで増えている。僕が中国のテンセントに投資をした2009年の中国のインターネット普

  • 四国旅行記(手打ちうどんよしや、久札大正町市場)

    今回の四国旅行のメインイベントは、キャニオリングやラフティング、そしてジンベイスイムでした。ただジンベイスイムはジンベイザメが今年は土佐清水市周辺までやってこずに実施することが出来ませんでした。普段は、海の中に網で巨大な生簀のようなものをつくり、その中で

  • 高知県土佐清水市「木のくじら」と愛媛県松野町「あざみ野」の宿泊感想・口コミ(四万十川・四国旅行)

    今年の四国旅行は、キャニオリングやラフティングをするために四万十川の上流付近に宿泊して、次の日はジンベイスイムをするために高知県土佐清水市に宿泊しました。最初に泊ったのは、森の国の宿「あざみ野」ここに決めた理由は、フォレストキャニオン(ツアー会社)

  • キャニオリング・ラフティングの体験感想と口コミ。(四万十川・四国旅行)

    今年の夏休みは、四国旅行に2泊3日で行ってきました。今回の旅の目的は、キャニオリングとラフティング、そしてジンベイスイム(ジンベイザメと海で一緒に泳ぐ)でした。ところが、今年はジンベイザメが土佐沖にやってこなかったので、ジンベイスイムは残念ながら出来ま

  • 7月~9月はディフェンシブ銘柄が買われて、ハイテクが売られていた

    前回のブログの記事で自分の資産の状況を書いていたのだけれども、ダウやS&P500などの指数は好調だったのに自分の銘柄であるアマゾンやテンセントは不調でした。テンセントは中国株なので、中国市場(香港市場)が下がっている現状においては当然ながら下落していくのは当

  • 投資資産の状況(2019年9月末)

    さあ、気が付けば9月が終わって、ラストの四半期に突入ですね。今年も残すところあと3か月となりました。今年の年末はどのような市場環境になってくるんでしょうね。波乱の展開になるのか・それとも上昇して終焉の美を飾るのか。今年度最後の四半期に突入です。さて、その

  • アメリカの中国株投資制限はチャンスである

    米国がアメリカ市場に上場している中国株に対して投資制限をかける可能性がある事が浮上してきました。これにより、アメリカ市場でADR(米国預託証券)を発行しているアリババやバイドゥなどが大きく下げていました。この中国株のアメリカ市場での規制は、強いものにな

  • 暴落時に買いを入れる勇気はあっても、それを保つ心の余裕はなかった

    暴落時は喜んで買い進めばいい。暴落時にたくさん仕込めると資産はかなり大きく増加します。投資をするのであれば誰もが知っている当たり前の事。大きく下がる暴落時は安く仕込めるバーゲンセールであり、株式市場が暴落を起こすようであれば、怖がらずに喜んで買いに走れ

  • 本当に暴落なんて怖くないのだろうか?

    「暴落が来ても保有している株は放置しておけばいいだけ」「暴落が来たら喜んで買い向かう」「投資なんて簡単、暴落しても売らずに我慢して、暴落時に買い増せばいいだけ」本当にそんなに簡単なのかな?これって、本当に真に受けてはいけない言葉だと思っています。

  • 集中投資なんておやめなさい

    資産を大きく増やすには集中投資がいい。僕は集中投資で資産を大きく増やしたので、この考え方は間違っていないとは思いますが、集中投資とは非常にリスクが高く、タイミングが重要であると思っています。今は集中投資を選択するには時期が悪いと思っています。僕が資

  • ビビッてキャッシュに換えて損しているんじゃないの?

    「ビビッてキャッシュに換えて損したんじゃないのw」「市場が高値を目指しているのに何しているのw」このように先日お便りをいただいたので、そういう風に思っている人も一定数いるのかなと思って、普段は個別にお返事するのですが、こちらでお返事を。まずは、何を基

カテゴリー一覧
商用