新・今日も成田日和
住所
佐倉市
出身
佐倉市
ハンドル名
A.Ishiyamaさん
ブログタイトル
新・今日も成田日和
ブログURL
http://naritabiyori.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
成田空港を中心に撮りためた今昔の飛行機写真を、つれづれなるよもやま話ととともに・・・。
自由文
-
更新頻度(1年)

35回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2015/02/12

A.Ishiyamaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 4,414位 3,880位 3,777位 4,048位 4,191位 4,662位 4,863位 969,707サイト
INポイント 10 80 110 90 110 90 50 540/週
OUTポイント 180 220 330 320 300 410 330 2,090/週
PVポイント 690 960 1,090 1,020 1,490 1,570 970 7,790/週
その他趣味ブログ 26位 22位 20位 24位 28位 30位 31位 16,756サイト
航空・飛行機 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 738サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,149位 5,694位 5,499位 5,433位 5,567位 5,609位 5,860位 969,707サイト
INポイント 10 80 110 90 110 90 50 540/週
OUTポイント 180 220 330 320 300 410 330 2,090/週
PVポイント 690 960 1,090 1,020 1,490 1,570 970 7,790/週
その他趣味ブログ 8位 8位 8位 8位 8位 5位 6位 16,756サイト
航空・飛行機 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 738サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 3,436位 3,336位 3,243位 3,328位 3,329位 3,502位 3,714位 969,707サイト
INポイント 10 80 110 90 110 90 50 540/週
OUTポイント 180 220 330 320 300 410 330 2,090/週
PVポイント 690 960 1,090 1,020 1,490 1,570 970 7,790/週
その他趣味ブログ 39位 37位 37位 38位 39位 41位 47位 16,756サイト
航空・飛行機 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 738サイト

A.Ishiyamaさんのブログ記事

  • 仲良くなっても、大型化の話は聞こえてこないようで・・・苦笑(中国東方航空のエアバスA330-200)

    大騒ぎをしているどこぞの”お隣さん”とは対照的に、最近なんだか妙に仲良しっぽくなっている、もう1つの”お隣さん”(苦笑)。羽田ではチャイナサザンが冬スケから広州線にトリプルをブチ込んでくるそうで、なんだかとても羨ましく感じてしまいますが、成田の方は、残念ながらまだそういう嬉しいニュースは飛び込んで来ていません。チャイナサザンは広州線を羽田に持って行かれて以降、ずっと321クラスのシップしか来ていませんし、...

  • 拍子抜けするほどの冷ややかな反応・・・苦笑(大韓航空のエアバスA220-300)

    例の日韓問題を受けてか、LCC勢に続いてFSCのコリアンもついに運休・減便計画を発表し、成田では済州線などがその対象となったようですが、こうしたニュースに関するネット上のコメントなどを読んでいますと、なんとまぁ日本人の冷ややかな反応(苦笑)。飛行機ファンとしても、ダメージとしては定期運航機材としてA220がいなくなる・・・というだけの話ですので、特に大きな懸念や落胆が湧き上がるはずもなく、まさに”苦笑”以外の...

  • そんなことより、10月以降はどうなるんだろう・・・?(ウエスタングローバルのボーイング747-400BCF)

    荷主とのトラブルで、ジャンボを1機差し押さえられたの押さえられないのと物騒な噂が駆け巡っているウエスタングローバル。「ジャンボの差し押さえ騒動」という話を聞くと、つい何年か前のセンチュリオンを思い出してしまうのが成田民の悲しい性(苦笑)ですが、反面、これによって成田線機材がN344KDからN356KDに代わってくれたのだとするなら、撮る側にとっちゃ悪くもない話・・・などと、つい不謹慎なことを考えてしまったりす...

  • 最近、成田で流行りの”タヌキ顔”・・・笑(フィリピンのエアバスA321neo)

    好きか嫌いかは評価が分かれるので触れませんが、A350が初めて成田にやって来た時、何をおいても注目されたのが、あの”顔”!操縦席周りの黒い縁取りが、まさに「新時代の飛行機」を特徴づけるものだったのです。そんな黒ブチには、いつの間にか”タヌキ顔”なんていうあだ名がつけられ、まぁそれはそれで愛嬌がある名前でいいのですが、そのタヌキ顔が、A350に限らずあちこちの機種で増え始めているからビックリ!最近エアカランで定...

  • 正直、小型化もへったくれもないワケで・・・苦笑(アシアナのボーイング777-200ER)

    相変わらず喧しいお隣さん。日本国民を覆う多くの論調を見ていても、なんだか「どーでもいい」に近い感情が芽生えているように思えてならないのですが、小型化や減便などについても、地方空港をターゲットにする割には、最もスロットを空けて欲しい成田に関しては、ほとんど手つかずに近い状態が続いていますから、意外とチャッカリしているのかも知れません。そんな中、アシアナの昼便(102/101便)については、相変わらずの”猫の...

  • 最後まで残るのは、スカンジ・・・?(スカンジナビアのエアバスA340-300)

    現在、成田に辛うじて残っている定期便の340は、スイス、スカンジ、ヌイの3社のみ。このうち、ヌイに関しては来月からB8へのスイッチが発表されていて、スイスに関しても来年2月からトリプルへのスイッチが発表されています。スカンジについても、359へのスイッチ方針は出ているものの、そのスイッチ時期に関しては未だ情報が錯綜している状態で・・・。成田の地元ファンからすれば、スイスだのスカンジだのの343は、別に意識せず...

  • どうなる?成田スカチの将来は・・・(エールフランスのボーイング777-300ERスカイチーム塗装機)

    デルタの成田完全撤退は、やはりそれなりに大きいニュースだったようで、ファンの間はもちろんのこと、一般のニュース記事にも取り上げられています。当然、いろいろな立場の方々が様々なコメントを寄せているのですが、なるほどと考えさせられる内容もあれば、どう考えても付け焼き刃の知識を寄せ集めて捻り出したとしか思えない陳腐な内容もあって、思わず失笑を禁じ得なかったり・・・して(苦笑)。改めて「ネットの情報は玉石...

  • 第二の”天安門事件”にならなきゃいいけど・・・(キャセイのエアバスA330-300)

    連日、駄々っ子のような大騒ぎを繰り返しているお隣さんはとりあえず放置しておいて、心配なのが香港の状況。よりにもよってその舞台が空港になってきてしまったことで、行き来する便数の多い成田にも、その影が少しずつ忍び寄ってきています。香港といえば、やっぱりキャセイがその筆頭格ですが、あんな騒擾が起こっているにも関わらず、大きな遅れもなくやって来ているのは、もはや”奇跡”としかいいようのないほどで、それだけピ...

  • 1タミ北、いったいどうなって行くのでしょう・・・(中国南方航空のエアバスA321-200)

    デルタの成田完全撤退は、成田の国際交通網にも大きな影響を及ぼすターニングポイントとなりましょうが、それ以外にも大きな問題点があります。それは「デルタが去ってガラあきになってしまう第一旅客ターミナル北ウイング(1タミ北)の様相がどう変わってしまうか?」ということ・・・。現在、1タミ北は主にスカイチーム加盟エアラインが使用していますが、午前中は主に欧州系のスカイチーム加盟エアラインが出入りしていても、午...

  • neoちゃん、着々と増殖中・・・笑(S7のエアバスA320neo)

    737Maxに未だ復帰の目処が立っていない中、成田の小型機たちの中で着々と勢力を拡大しているのがエアバスのneoシリーズです。320も321も、従来のceoに混じってneoちゃんが姿を見せるようになっており、目の前を飛んだり転がったりしているシップをボンヤリ眺めていて、初めて「あ!ここもneo入れたのか!」なんて気がつくこともしばしば(苦笑)。機体の基本的な形状は大きく変わっていないので、ボーッとしていると見逃してしまう...

  • 最近、やっと名前で呼んでもらえるようになりました・・・苦笑(圓通航空のボーイング737-300F)

    機材がB5からB3へ小型化された代わりに、週3便から週4便へと増便された圓通航空(YTOカーゴ)ですが、さすがに週4日もくるようになったこともあってか、管制とのやり取りでも自社のコールサインを使ってもらえるようになりました。これも一応、定期便として認めてもらえたということでしょうが、B5時代には一環して「HYT(ホテルヤンキータンゴ)9023」だったのが、最近はすべて「クイックエア9023」でやり取りをしています。B3自...

  • 787ロゴ、いよいよ絶滅寸前・・・!(全日空のボーイング787-8”787”ロゴ入り機)

    「塗り直し時にはロゴを消す」という発表が出た日から、ある意味では予想できたことであるには違いないのですが、全日空の787のうち、初期に導入されたシップにのみあしらわれていた”787”ロゴが、いよいよ残り4機となりました。ホンの数年前までは、このように「いくらでも飛んでいる」状態だった787ロゴ機も、今では探すのに苦労するほどで、あともう少し経てば、いくら探しても絶対に見つからない状態へと進んで行くのです。サバ...

  • 新塗装機、来ませんなぁ・・・苦笑(ユナイテッドのボーイング777-200ER)

    例のデルタ問題ですっかり意気消沈の成田北米勢ですが、もう一方の雄であるユナイテッドからは、今のところそうしたマイナスの話題は出ていません。ま、羽田の増枠はユナイテッドやアメリカンに対しても行なわれるハズですから、ある程度の大都市路線に関しては羽田に持って行かれることも覚悟しておかないといけません。全滅さえしなければ、少々の減便は我慢しないといけないのが、成田のツラいところなのですが・・・(苦笑)。...

  • 6と8はどこへ行った・・・?(日本貨物航空のボーイング747-400F)

    このブログがちょっとした冬眠に入っている間に、成田の空から消えてしまったものの1つがNCAの744F。1機、また1機と真っ白に塗り替えられ、アトラス便として成田へ来続けているのは周知の事実ですが、04KZ、05KZ、07KZがガンガン入り続けているのに対し、06KZと08KZはまったく音沙汰がありません。機体状況をチェックしてみると、どうやらまだ両機ともストア扱いになっているので、運用自体に入っていないことは想像に難くないので...

  • ついに成田からA340定期便が消える・・・?(スイスのエアバスA340-300)

    本当はとてもおめでたい話なのかも知れませんが、スイスが来年の3月から関西線を就航させることになりました。しかも機材が343ということで、関西ベースのファンの方にとっては非常に嬉しいニュースだと思いますが、問題は成田!関西線就航に先立つ2020年2月より、機材がどうやら343から77Wへとスイッチされる予定なのです。現在、成田にA340を飛ばしているのは、このスイス以外となると、スカンジとヌイの2者のみ・・・。このうち...

  • さすがにここに来て減ってきた旧塗装機・・・苦笑(キャセイのボーイング777-300)

    現在、新デザイン移行中のキャセイ。以前は「新塗装機が来れば撮りに行くけど・・・」みたいな感じでしたが、成田線にA350が日常的に入るようになったこともあってか、ここに来て旧塗装機の姿を見る機会がかなり減ってきました。最近の報道では、新造の359に1機だけこの塗装を施すそうで、それはそれで実に楽しみな部分もあるのですが、新デザインもなかなかオシャレでカッコいいものの、長年にわたって見慣れたこのデザインだけに...

  • 激震!2020年春でデルタが成田完全撤退か・・・?(デルタのエアバスA350-900)

    一部情報サイトが、デルタの本拠地があるアトランタの地元紙報道として「2020年の東京五輪までに、成田からデルタが完全撤退する」との情報が出ていることを発表しました。日本のエアラインには加盟のないスカイチームの雄であるデルタは、これまでも成田からソウル・仁川へのハブ移管などの動きを見せており、実際、スケ変を迎えるたびに便数が減り続けていたのも間違いないことですが、来年の羽田発着枠増加でもって、東京路線を...

  • 新時代到来!エヴァの78X、ついに成田へ見参!(エヴァのボーイング787-10)

    20日間ものストライキで、ずいぶんとヤキモキさせられたエヴァでしたが、スト終結後は怒濤の快進撃!昼の増便はもちろんのこと、8月からは予告通り、最新の78Xを成田線にブチ込んでくれたのです。正直、359よりもスマートに見える35Kに比べると、同じ長胴型でも78Xの方は少し間延びした印象を受けなくもないのですが、このエヴァのデザインに関しては、ドンピシャでよく似合う!(笑)さらにお客さんが増えるお盆期間は再び77Wに戻...

  • 今のうち撮っておかないと、マジでヤバいぞぉ・・・!(カタールのボーイング777-300ERワンワールド塗装機)

    日没時刻が少しずつ早くなってきましたね。つい1ヶ月前はギリで撮ることができた19時前後の到着便も、最近は撮るのがかなり厳しくなって来ています。そんな中、さり気なくチャンスが僅かになってきているのが、カタールの77Wワンワ!元々、カタール自体がワンワールド離脱騒動を起こしている上に、今度の冬スケからカタールの機材が77Wから35Xにスイッチされる模様なので、来年、再び陽が伸びて、カタールが撮れるようになってきた...

  • ”100”ロゴを見て、まずはホッと、ひと安心・・・笑(KLMのボーイング777-300ER”オレンジプライド”塗装機)

    世界で最も古いエアラインであるKLMが、いよいよ創立100周年を迎えることになりました。一部のシップには、これを記念したロゴがあしらわれるようで、これはこれで非常に嬉しいことでもあります。で、こないだ来ていたオレンジプライドにも、このロゴがしっかり描かれていたので、そりゃあもちろん、カメラでパシャリ!(笑)思えばこのシップの塗装は、リオ五輪を記念して生まれたものだったので、来年、東京五輪が開かれることを...

  • なぜか、コイツだけなかなか来てくれない・・・苦笑(中国東方航空のエアバスA330-200"緑地集団”塗装機)

    同じエアラインの同じ機種でも、いわゆる”コンフィグ違い”の関係で全然成田へ来てくれない・・・というのはよくある話なのですが、コンフィグがほぼ同じなのに、どういうワケか成田へ全然来てくれない・・・という、そういうケースがたまにあります。今回、取り上げさせていただいたチャイナイースタンの緑地集団などは、その典型!今回、やっと来てくれたのでお出迎えに行ってきましたが、昨年の8月以来、成田の土を踏んだのはほ...

  • 目に見えて減ってきました・・・(全日空のボーイング787-8”787”ロゴ入り機)

    このブログを半年ぐらいお休みしている間に、成田でもいろいろなことが起こりましたが、その中でも大きく変わってきたことの1つが、全日空のB8で”787ロゴ”が一気に減った・・・ということ。まぁ、考え方を変えれば、それだけ長い期間飛んでいるということでもあるのですが、サバ兄弟2機が消えた時と違って、ジンワリジンワリ少なくなってきているのがツラいところです。とにかく、基本的にこれから増えて行くことはないデザインで...

  • たまにはボンQも帰ってきて欲しい・・・苦笑(オーロラのボンバルディアDHC-8 Q400)

    この春からオーロラの成田乗り入れが一気に拡大し、しかも成田では唯一の所定A319定期便となりました。毎日1機、多い日には2機の319が、午後の成田に彩りを添えています。以前は「オーロラの319が来る!」なんていいますと、仕事をやり繰りしてでも撮りに行きたいと思ったものですが、今やオーロラの319も”当たり前の光景”になってしまいました。オーロラの機材が319に変わったことで、1つ、成田から消えてしまったのが「プロペラ...

  • 不具合をキッチリ修正して、一日も早く戻ってこーいっ・・・!(モンゴルのボーイング737-MAX8)

    今週末に公開する動画のために、成田に来る小型機を結構マジで撮り続けていたのでありす。それでもって改めて実感させられたのが「320にせよ321にせよ、ずいぶんとネオちゃんが増えていたんだなぁ」・・・ということ。初めてANAがA320neoを成田へ持ち込んできた時には多少ならずとも心躍る想いがしたのですが、今となっちゃceoに負けず劣らずneoちゃんがやって来ているので、違った意味で驚きを隠せません。その反面、2度の墜落で...

  • 球に来る332は、嬉しくもあり嬉しくもなし・・・苦笑(カンタスのエアバスA330-200)

    現在、ブリスベン線とメルボルン線の2路線で運航中のカンタス。基本は両方とも333のみの運用となっていて、カンタスの333には目ぼしいスペマ機も今はいないことから、せいぜい「旧塗装か新塗装か?」くらいの興味しか湧かないのですが、そんなカンタスに、最近ひょっこりと332が入るケースが出始めました。カンタスの332といえばワンワ機もいて、実際、それが成田線へ入ってくることも何度かありましたから、それはそれで喜んでお...

  • 来年の今ごろは、どうなっているんでしょう・・・?(デルタのエアバスA350-900)

    東京オリンピックの開催まであと1年ということで、それにちなんだ報道もあちこちから流れてきますが、五輪と成田の飛行機といえば、やはり何をおいても羽田の発着枠拡大という話を避けて通るワケには行きません。もちろん、世界中から多くのお客さんをお迎えするために、成田にも様々な飛行機がやって来るとは思いますが、羽田の発着枠が拡大されるたびに、いわゆる”主要幹線”が移管され続けている現状にあって、今度の発着枠拡大...

  • 実は”超”大型機・・・苦笑(セブのエアバスA330-300)

    成田の国際線機材において、A330ってのは別に珍しいワケでもなんでもなく、また、別に特別大きくも感じなければ小さくも感じない・・・という、まぁ「ごくごくフツー」の機材なのですが、意外と知られているようで知られていないのが、セブの333が、ある意味「すごい!」ということ・・・(苦笑)。セブの333コンフィグは全機オールエコノミーで、その席数はジャンボなみの436席!LCCとしてはド鉄板のタイ・エアアジアXですら、コ...

  • ロゴ位置が、ツラ過ぎる・・・苦笑(中華航空のボーイング777-300ER・創立60周年記念ロゴ機)

    ダイナスティが創立60周年を迎えるということで、各機種にこれを記念するロゴがあしらわれたシップが登場しています。ダイナスティのロゴのセンスはなかなかで、前回の50周年記念ロゴも秀逸だったのですが、今回も実にオシャレ!ただ、問題はその貼付位置・・・。ジャンボなどはそれなりに撮れる位置に貼ってくれたのでよかったのですが、今のところ週2ペースでしか成田線に充当されない77Wについては、ナント翼のすぐ後ろ・・・(...

  • 月曜日は、ご用心・・・笑(モンゴルのボーイング767-300ER)

    夏場が近づくほど運航日が増えることで有名なMIAT。基本は737-800が充当され、BVBロゴのシップが来るかどうかくらいしかネタがないのが現状(苦笑)なのですが、気になるのは月曜日の運航。スケジュールを見ていても、月曜日に関してはB6が入ってみたり、あるいはひと回り小さい737-700が入ってきたりすることもあるので、油断なりません。デザイン的にはなかなかカッコいいMIATですから、できれば少しでも大きな機材で来てくれた...