chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
日本人の知的能力を増進する提案ブログ https://blog.goo.ne.jp/kawatera

いつ売買するか悩んだり、パソコンの前に張り付いたりする必要はありません。

みんなでZuluを盛り上げましょう。

kawatera
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/12/22

1件〜100件

  • 適菜収氏  

    >ズブズブの広告塔「安倍国葬」で笑いが止まらないのは統一教会だ(適菜収)>日刊ゲンダイDIGITAL/2022年8月6日9時26分(略)>安倍晋三とその周辺が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)とつながっていることは政治に関心がある人なら誰でも知っていたし、これまで私も何度も指摘してきた。>たとえば安倍が主催した「桜を見る会」には統一教会の関連団体・世界戦略総合研究所の事務局次長らが招待されていた。>しかし、現在報道されているように自民党の中枢に食い込んでいたことには気づかなかった。自民党の指導者が腐っているのですから、腐敗は中まで浸透しますね。歯止めはかからないでしょう。>もはや「ズブズブの関係」や「カルトの広告塔」といった次元の話ではない。>文春オンラインによると、統一教会のダミー団体であるUPFジャ...適菜収氏

  • 千原ジュニア氏  

    >千原ジュニア、紀藤弁護士に質問旧統一教会問題で政治家「今後一切と発言しないが」>タレントの千原ジュニアが3日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGoSmile」で、旧統一教会と政治家の関係について、政治家側が「今後一切私は…と発言しない」と指摘し、紀藤正樹弁護士へ「本当に変わると思われますか?」と質問した。理詰めの説明が必要ですね。>番組では次々と明るみになっている旧統一教会と政治家の関係について特集。>石井亮次アナウンサーが「どれだけグレーなことがまかりとおってたんだって話です」とジュニアにコメントを求めると、ジュニアは「これだけ歴史的に関わってた統一教会、いろいろでてきた。>今までそういうことが暗黙の了解でという中で、今までもそうだが誰一人、今後一切私は…と発言しないじゃないですか」と政治家側の反応を...千原ジュニア氏

  • 山本太郎氏  

    >山本太郎氏「旧統一教会と関係切れない政治家は退場」発言に相次ぐ賛同…“アンチ”も「正論」「その通り」>8/5(金)6:00配信>女性自身>7月の参院選で当選した新人議員らが続々と初登院した8月3日召集の臨時国会。>NHK党の“ガーシー”こと東谷義和議員(50)が欠席し物議を醸したいっぽう、一目置かれた議員が。>それは、れいわ新選組の山本太郎代表(47)だ。そうですね。>山本氏は今年4月に衆院議員を辞職し、参院選に出馬する意向を表明。>7月の参院選では東京選挙区から立候補し、定員6名のなかに滑り込んだ。>同日の午前8時に国会正門が開くと、同じく同党から初当選した水道橋博士議員(59)と姿を現した山本氏。>報道陣に囲まれ、「政治と旧統一教会の関係をどう思われますか?」と問われると、こう言明したのだ。>「はっ...山本太郎氏

  • 政界汚染  

    >安倍元総理と統一教会の“ズブズブ癒着”に新証言「誰が統一教会の支援を受けるかは安倍さんの一存」>国内社会>2022年08月03日(略)>汚染は野党にも>ほかにも安倍元総理の「秘蔵っ子」と呼ばれた稲田朋美元防衛相は09年と10年に統一教会系の団体のイベントで講演を行っており、菅政権で官邸を仕切っていた前官房長官の加藤勝信氏は18年に関連イベントに秘書を代理出席させたほか、同氏が代表を務める自民党支部は関連団体に会費を支払っている。>汚染は野党にも及ぶ。>国民民主党の玉木雄一郎代表は「世界日報」の元社長から計3万円の寄付を受け、前原誠司氏は統一教会系米紙「ワシントン・タイムズ」の全面意見広告に名を連ねている。>それぞれの事務所に見解を尋ねると、細田事務所は回答ナシ。>稲田事務所は、「両集会への参加は事実です...政界汚染

  • 倉沢美左氏  

    >米名門校が「子どもにランク付はしない」納得理由>天才が出続ける学校が考える自信の持たせ方>倉沢美左:東洋経済記者>2022/07/309:00>そのため、教員寮の整備をはじめ、新卒の教員を採用できるよう、さまざまな取り組みを行っています。>正直なところ、物価が高いシリコンバレーに来るように説得するのは難しい。>それを実現することが、これからも私たちにとって最重要事項です。そうですね。‘孟母三遷の教え’が必要ですね。>教師にとって最も魅力的なのはハーカーの教育システムの中で子どもを教えることだとは思いますが、そのほかにもインセンティブを数多く用意しています。>彼らが専門分野で磨きをかけることもその1つです。>そこで、ガスナ財団という生徒の保護者がやっている寛大な財団と通じて、教師の専門的な能力開発を支援し...倉沢美左氏

  • 宮根誠司氏  

    >宮根誠司に拍手喝采!統一教会に切り込む姿に「かっこよすぎ」「国民の代弁者」>2022.08.0211:05(略)>7月31日の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)では、『世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)』と政治家のつながりについて報道。>司会の宮根誠司も「統一教会」に果敢に切り込んでいった。>以前と比べ、人が変わったかのような振る舞いを見せるここ最近の宮根に、称賛の声が相次いでいる。耳寄りな話ですね。>安倍晋三元首相の銃撃事件から早3週間。>さまざまな政治家たちと「統一教会」の関係が浮き彫りになった。>同日の番組では、木原誠二官房副長官の「政府として、反社会的勢力ということをあらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難」といった発言をはじめ、言い訳とも開き直りとも受け取れる発言を繰り返す政治家のコメ...宮根誠司氏

  • 岸田文雄総理大臣  

    >旧統一教会と政治「何が問題かわからない」福田氏発言で波紋…岸田総理が“初言及”>8/1(月)12:48配信(略)>AllNipponNewsNetwork(ANN)>先月31日夜、岸田文雄総理大臣が旧統一教会について、初めて言及しました。>自民党議員との関係が相次いで指摘されるなか、「政治家の立場から丁寧に説明していくことが大事だ」と強調しました。そうですね。説明がないと恨みを買って暗殺されるかもしれませんからね。>■教団との関係自民・福田氏「何が問題か…」>旧統一教会、現在の「世界平和統一家庭連合」と自民党議員との関係が指摘されるなか、波紋を広げているのは、自民党の福田達夫総務会長の発言です。>自民党・福田達夫総務会長:「正直、僕自身が個人的に全く関係がないので。何でこんな騒いでいるのか、正直よく分か...岸田文雄総理大臣

  • 福田達夫氏  

    >ひろゆき氏「人としてどうかと思う」自民・福田氏の「何が問題か分からない」発言に(略)>実業家のひろゆき氏が31日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演。>政治家と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係について言及した。>番組では、自民党と旧統一教会の関係を問われた自民党の福田達夫総務会長の発言について議論。>福田氏が「正直僕自身が個人的に全く関係がないのでなんでこんなに騒いでいるのか正直よく分からないというのはあります」「我が党が組織的にある団体から強い影響を受けて政治を動かしているのであれば問題かもしれないが、僕の今の理解の範疇だとそういうことが一切ない」「正直言います。>何が問題なのか僕はよく分からない」などとコメントしたことを紹介。自民党の福田達夫総務会長は批判精神ゼロの人のようですね。日本人と...福田達夫氏

  • 上久保誠人氏  

    >ダイヤモンド・オンライン>旧統一教会、日本会議、創価学会…自民党「宗教で票集め」の冷徹な実態>上久保誠人2022/07/2606:00(略)>安倍元首相の銃撃事件を機に、世間では「政治と宗教」に対する関心が高まっている。そうですね。二つの権力組織ですね。>歴史をひもとくと、確かに自民党をはじめとする政党は宗教団体と密接に関係し、選挙時の「集票マシーン」として利用してきた。日本人には自己が無い。個人は常に上からの指示を待ち受けていますね。宗教団体の集票マシーン化は上下社会の宿命ですかね。>その一方で、宗教団体が望む政策が実現したことはほぼなく、「政教分離」の原則は守られてきたといえる。>それでも筆者[上久保誠人]は、政党が宗教団体を集票組織として安易に使うことは控えるべきだと考える。そうですね。民主国家の...上久保誠人氏

  • 藤和彦氏  

    >ロシアは「ガス」を武器として使えない事情日本はEUの失敗に学ぶべき>国際>2022年07月30日(略)>ロシアと欧州(EU)を結ぶ主要天然ガスパイプライン(ノルドストリーム)は21日、10日間の定期点検を終えてドイツへのガス供給を再開した。>ノルドストリームはロシアからEUへのガス供給量の3分の1以上が通る地域最大のパイプラインだ。>懸念されていた点検期間の延長はなかった。ドイツは助かりましたね。>供給量は定期検査開始前と同じ水準(従来計画の40%に当たる日量6700万立方メートル)となる見通しだ。>ノルドストリームを運営するロシア国営ガス大手ガスプロムは、カナダに修理に出していたタービン(長距離ガス供給に不可欠な空気圧縮機の一部)の返却の遅れを理由に6月14日以降、供給量を40%に制限していた。>ドイ...藤和彦氏

  • 統治崩壊  

    >JBpress>「統治崩壊」でも勝つ不思議、なぜ日本人は自民党に票を入れ続けるのか?>白井聡2022/07/2906:00>2012年の総選挙で安倍晋三氏率いる自民党が大勝を収めて以来、自公連立政権がすべての国政選挙で勝ち続けている。>政治学者の白井聡氏は「この体制の統治パフォーマンスは決して褒められたものではない、むしろ統治の崩壊とも言うべきひどい水準にあるのに、なぜ退場させられないのか?」と疑問を呈し、その最大の理由は国民の「無知」のせいではないかと指摘する。そうでしょうね。日本人は政治音痴ですからね。>日本の有権者は、なぜ自民党に票を入れ続けるのだろうか。(JBpress)>(*)本稿は『長期腐敗体制』(白井聡著、角川新書)の一部を抜粋・再編集したものです。>維持されてきた「2012年体制」>今か...統治崩壊

  • 日本の教育  

    >2022年07月23日>日本の教育を“教育費”から考える。日本の教育に可能性はあるのか?>社会が大きく変わっていく中、将来を担う子どもたちの活力(≒能力)上昇は欠かせません。そうですね。子供たちには考える能力が必要ですね。>今回は、子どもたちの活力(≒能力)に大きな影響を与える『学校教育』について“教育費”という視点から考えてみたいと思います。>日本という国は、子どもたちの教育をどれだけ重視しているのでしょうか?>日本における、令和4年度の文教及び科学振興費は、5兆3,901億円。(このうち、文教関係費は4兆114億円、科学技術振興費は1兆3,788億円)>日本では、毎年5兆円程度が『教育』に充てられています。>この金額が果たして多いのか?少ないのか?>『教育に対する投資』を国別で比べているのがこちらの...日本の教育

  • デーブ・スペクター氏  

    >デイリースポーツ>デーブ「日本がナメられてる」旧統一教会と関係の政治家の「スタンスを疑う」>デイリースポーツ2022/07/2618:16(略)>映像プロデューサーのデーブ・スペクターが26日、日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」に出演し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)について「日本がナメられてる」と指摘した。‘和を以て貴しとなす’と心得ている日本人ですからね。舐められることも多いですね。>安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者は、母親が旧統一教会信者で多額の献金を繰り返し、生活が破綻。>同団体に恨みがあり、関連団体のイベントに動画メッセージを送るなどしていた安倍氏をターゲットにしたとみられ、同教会に注目が集まっている。宗教家と政治家のつながりは選挙において大いにありですね。>この日は安倍氏の実弟であ...デーブ・スペクター氏

  • 安倍氏の国葬  

    >zakzak>国家の流儀「斜陽国家」日本の汚名そそいだ安倍元首相「国葬」は絶好の機会、世界の指導者たちの評価とズレが明るみに…恐れる一部マスコミ>2022/07/2606:30(略)>凶弾に倒れた安倍晋三元首相に対して、世界各国の指導者がその業績をたたえている。そうですね。>だが、日本の一部マスコミは、安倍氏の「国葬」に猛烈に反対している。>それはなぜか。>国葬になったら来日した世界中の指導者たちが、こぞって安倍氏の業績をたたえる場面を報じざるを得なくなるからだ。>自分たちの報道が、いかに世界の指導者たちの評価とずれているのかが、バレてしまうのを恐れているのだ。日本人は国際政治が眼中にないですからね。マスコミは世界中の指導者とは安倍氏に対する評価が異なるでしょうね。>なぜ、安倍氏はそれほど評価されている...安倍氏の国葬

  • 認知革命  

    (略)>虚構を信じる力が人類社会の発展を可能にしたmisc[misc=miscellaneous:寄せ集め]>なぜ私たち人類はこの世の中にこれほどまでに高度に発達した社会システムを地球上に作り上げることができたのであろうか。>これに関して、ハラリ(2018)は、私たち人類の祖先は数十人からなる小さな生活集団で何百万年も進化してきたので、大規模な協力のための生物学的本能には欠けているという。>ハラリによれば、人類発展のカギを担うのが、7万年〜3万年まえに生じたと思われる認知革命である。[cognitiverevolution:認知革命]そうですね。すごい革命ですね。>これは遺伝子の突然変異によって、新しい思考方法、新しい意思疎通の方法が生まれたことを意味する。>その結果として言語とともに人類が獲得した決定的...認知革命

  • 日本の官僚組織  

    >東洋経済オンライン>ひろゆきと竹中平蔵が問う日本の官僚組織の問題抜本的に改革できない根本的理由はどこにあるか>ひろゆき,竹中平蔵2022/07/2310:00(略)>竹中平蔵さん(左、撮影:今祥雄)とひろゆきさん(右、写真:本人提供)の対談最終回です>日本一嫌われた経済学者・竹中平蔵。>現在パソナグループ会長を務める竹中氏は、〈派遣労働〉の象徴的な存在としては、多くの国民から嫌悪されています。>そんな竹中平蔵が嫌われる理由と背景を、今や日本を代表するインフルエンサーの一人である「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」設立者・ひろゆきさんが徹底追及する、最新刊『ひろゆきと考える竹中平蔵はなぜ嫌われるのか?』。>今回はその中から、日本で改革が進まない根本的な理由について議論している箇所を、一部抜粋してお届けします...日本の官僚組織

  • 二関吉郎氏  

    >日本の政党、特に自民党に英・保守党を見習って貰いたい事がある>FNNプライムオンライン2022/07/2117:10(略)>ジョンソン首相の辞意表明に伴うイギリスの政権党・保守党の党首選がいよいよ最後の2人に絞り込まれた。>この保守党の党首選を日本から見ていて、何とも羨ましいと感じることが幾つかあるので記したい。アングロサクソンに対する日本人の羨望はなかなか収まらないですね。>次期首相候補は少数派出身と女性の2人に絞られた>既に良く知られているが、党員投票による決選に進むのはインド系イギリス人男性のスナク元財務相と女性のトラス外相の2人で、9月に締め切られる郵便投票で、スナク氏が勝てばイギリス史上初の少数派出身の非白人首相が誕生し、トラス氏が勝てば3人目の女性宰相になる。そうですね。わが国では考えられな...二関吉郎氏

  • いいかげんさ  

    >378822すぐ空気に支配される日本人の「いいかげんさ」こそ国の底力である>匿名希望22/07/10AM01(略)>さて、『「空気」の研究』では、「臨在感」や「臨在感的な把握」なるものが主題の一つとなっている。>「臨在感の支配により人間が言論・行動等を規定される第一歩は、対象の臨在感的な把握にはじまり、(中略)感情移入を絶対化して、これを感情移入だと考えない状態にならねばならない。」そうですね。感情的な人間そのものに成り変わるのですね。山本七平は「『空気』の研究」のなかで、そのことを指摘しています。「驚いたことに、『文藝春秋』昭和五十年八月号の『戦艦大和』でも、『全般の空気よりして、当時も今日も(大和の)特攻出撃は当然と思う』という発言が出てくる。この文章を読んでみると、大和の出撃を無謀とする人びとには...いいかげんさ

  • 上坂徹氏  

    >ダイヤモンド・オンライン>なぜ、いい大学を出ても社会で生き残れないのか?>書籍オンライン編集部2022/07/2106:00(略)>情報が次から次へと溢れてくる時代。>だからこそ、普遍的メッセージが紡がれた「定番書」の価値は増しているのではないだろうか。>そこで、本連載「定番読書」では、刊行から年月が経っても今なお売れ続け、ロングセラーとして読み継がれている書籍について、著者へのインタビューとともにご紹介していきたい。>第1回は、2019年に刊行された山口周氏の『ニュータイプの時代新時代を生き抜く24の思考・行動様式』。>「人生のゲーム」が変わってきていることを、明快に記した1冊だ。>4話に分けてお届けする。>(取材・文/上阪徹)>成功者の思考・行動様式とよく似ていた>この記事を書いている私[上坂徹]は...上坂徹氏

  • 強制労働  

    >共同通信>日本の技能実習で「強制労働」米報告書、政府対応を批判>共同通信社2022/07/2006:48(略)>【ワシントン共同】米国務省は19日、世界各国の人身売買に関する2022年版の報告書を発表した。>日本で外国人技能実習制度の参加者が「強制労働」をさせられているとの報告があると指摘。実習生の負う過度な借金が強制労働をさせているのでしょうね。>人身売買に関与した悪質な仲介業者や雇用主の責任を日本政府が追及していないと批判し、4段階評価で上から2番目のランクに据え置いた。日本政府の追及がなっていないのですね。>国務省は過去の報告書でも日本の外国人技能実習制度を繰り返し問題視。日本の政治家でわが国の外国人技能実習制度を問題視する人はいないのですかね。問題は中国の新疆ウィグル自治区だけではありませんね。...強制労働

  • 学歴至上主義  

    >大学入試不正の背景にある学歴至上主義…Z世代が激しく議論>TOKYOMX+2022/07/1806:50(略)>◆大学入試のカンニングは当事者だけの問題ではない!?>一橋大学の留学生を対象とした入試で不正が行われた疑いがあり、偽計業務妨害容疑で2人が逮捕されました。>これは今年1月の入試の際、受験者の中国人男性が問題を動画撮影し、SNSで外部に送信。>これを受けた男の元家庭教師が「宿題を手伝って」とSNSで依頼し、解答を入手。>受験者は装着していたワイヤレスイヤホンでその解答を受け取り、入試に合格していました。その受験者は入学試験を技術の問題と捉えたのですね。>このニュースに、日本大学文理学部助教の大澤正彦さんは「入試はみんなの人生が懸かっていて、みんなの思いが詰まっている場所。>一番ズルをしてほしくな...学歴至上主義

  • 川崎哲氏  

    >「被爆国としての日本の地位は下がり続ける」核禁条約発効に大きく貢献した川崎哲氏が警鐘>日刊ゲンダイDIGITAL-3時間前>川崎哲(ICAN国際運営委員/ピースボート共同代表)>先月21~23日にウィーンで初めて核兵器禁止条約の締約国会議が開催された。>ウクライナに侵攻したロシアが核兵器の使用を示唆。そうですね。ロシアは残念な核大国ですね。>その脅威に呼応するように岸田政権は、防衛費増額と防衛力強化、米国の「核の傘」を含めた抑止力と対処力の拡充を打ち出している。平和を維持するには軍事バランスが大切ですからね。>「核なき世界」を標榜しながら逆行する岸田首相の欺瞞に、核禁条約発効に大きく貢献し、会議にも参加したこの人が警鐘を乱打する。わが国の政治が世界の動向と一致しないのは問題ですね。>◇◇◇>──現地の雰...川崎哲氏

  • 出井康博氏  

    >日刊ゲンダイDIGITAL>産業界、教育界に突きつけられた命題「ベトナム人なしでは成り立たない日本」でいいのか【水際対策緩和で蠢くベトナム人利権の闇】>日刊ゲンダイDIGITAL-昨日6:30(略)>新型コロナの影響で外国人の入国が停止していた間、頻繁に聞かれたフレーズがある。>「外国人なしでは日本は成り立たない」いよいよ国際協力の時代ですね。>誰もが納得してしまいそうな主張だ。>しかし、成り立たない「日本」とは、具体的に何を指してのことなのか。>特定の業種なのか。>そして「外国人」とは、どんな資格や立場を得ている人なのか。>その点は決まってボカされる。そうですね。わが国全体の活動ではないのですね。>前出の主張は、外国人労働者の受け入れを再開したい産業界の関係者、また業界とつながりの深い政治家などに目立...出井康博氏

  • 思考様式  

    >378923東洋人と西洋人の思考様式の違いは「コンテクスト」にある>匿名希望22/07/14PM05>コンテクストは対話者同士が暗黙の内に共有するルールであり、それへの依存度が高いほど「高コンテクスト文化」となる。>異文化交流が活発なほどルールが共有されない「低コンテクスト文化」が生じやすくなる。>■東洋は集団的思考、西洋は個人的思考>東洋人は、西洋人に比べてコミュニケーションに何らかの矛盾があってもそれを受け入れる傾向が強いとされている。>その具体例が、「過度の卑下は半分自慢」ということわざだ。矛盾を含んでいない全ての文は正しい考えを示している。正しい考え方を習得しましょう。そうでなければ、議論に参加できません。>1つの文の内に矛盾を含むことわざは東洋に多く、西洋ではあまり好まれない。間違いは誤りです...思考様式

  • 投票率の向上策  

    >社説:投票率の向上策政治参加の環境整えよ>京都新聞社-5時間前>有権者のほぼ半数の民意という現実を直視せねばならない。>今回の参院選の投票率は、選挙区で52・05%だった。>3年前の前回参院選の48・80%を上回り、2回連続の50%割れはかろうじて避けられたが、過去4番目の低さなのが実態だ。>今選挙では、生活に直結する身近な物価高対策などが争点となった。投票日直前、安倍晋三元首相が凶弾に倒れた衝撃も広がり、民主政治への危機意識が投票行動に結びついた可能性がある。>ただ、大幅な反転上昇にはつながらず、2人に1人が棄権している状況への根本的な問い直しが要る。そうですね。我が国民は無哲学・能天気であり、ノンポリ・政治音痴になっていますからね。世界観を持たないので‘来るべき世の中’の内容を思い煩う習慣もありませ...投票率の向上策

  • 牧野知弘氏  

    >文春オンライン>“お願い蔓延社会”でひそかに増殖する「考えない日本人」の行く末>牧野知弘2022/07/1206:10(略)>コロナ感染者数は最近では再び増勢に転じているとはいえ、重症者や死者数がかつてほど深刻ではなくなっているせいもあってか、世の中ではあまり話題にされず、一見すると日本社会は平穏を取り戻しているようだ。>だが、2年以上にわたって蔓延したコロナ禍は最近の日本社会、日本人の特性を炙りだしたともいえる。>「お願い」だ。>曖昧な「お願い」に従う日本人>コロナ禍では感染を防ぐという意味合いで、多くの「お願い」が発出された。法の問題もあって日本では欧米のような命令、罰金のような強い措置が取りにくいという背景もあるが、曖昧な投げかけである「お願い」に日本人はよく従ってきた。日本人には自己がない。だか...牧野知弘氏

  • モーリー・ロバートソン氏  

    >ウクライナ侵略と「自分」をつなげて考える議論が広がらないのはなぜ?(略)>2022年7月11日6時0分週プレNEWS>「今やグローバリズムが世界に大きな"バグ"を発生させていることは疑いようがない」と語るモーリー氏>***>「核兵器、軍、"帝国の野心"を持つ巨大な国における独裁政権がどれほど危険か、10年間西側に訴え続けてきたけれど、彼らはビジネスを優先した」。そうですね。西欧はロシアの天然資源に頼り切ってきましたね。>こう指摘しているのは、ゲリラ的な表現活動でプーチン政権を批判してきたロシアのアーティスト・アクティビスト集団「プッシー・ライオット」のメンバーです。>一部のメンバーが政治犯として有罪判決を受けたこともある彼女たちの立場から、「"モンスター"を育てたのは、グローバリズムのなかでひたすら資本...モーリー・ロバートソン氏

  • 田所雅之氏  

    >ダイヤモンド・オンライン>アメリカと日本の成長率の違いは、スタートアップにあった!>田所雅之-3時間前(略)>「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出てこないのか?」。>この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の『起業大全―スタートアップを科学する9つのフレームワーク』(ダイヤモンド社)だ。>ユニコーンとは、単に評価額1000億円以上の未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を創造する担い手」となる企業のことだ。>スタートアップが成功してユニコーンに成長するためには、経営陣が全てのカギを握っている。>事業をさらに大きくするためには、「起業家」から「事業家」へと、自らを進化させる必要がある、というのが田所氏のメッセージ。>同書のエッセンスを抜粋してお届けしてきた本連載。>特別編として...田所雅之氏

  • いいかげんさ

    >すぐ空気に支配される日本人の「いいかげんさ」こそ国の底力である>『「空気」の研究』(山本七平)で読み解く>秋山進:プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社代表取締役>著者の新規記事を通知>キャリア・スキル>名著で読み解く新常態>特集・連載の更新を通知>2020.11.193:50>さて、『「空気」の研究』では、「臨在感」や「臨在感的な把握」なるものが主題の一つとなっている。>「臨在感の支配により人間が言論・行動等を規定される第一歩は、対象の臨在感的な把握にはじまり、(中略)感情移入を絶対化して、これを感情移入だと考えない状態にならねばならない。」これは我が民族の危険な状態ではないでしょうか。山本七平は「『空気』の研究」のなかで、そのことを指摘しています。「驚いたことに、『文藝春秋』昭和五十年八月...いいかげんさ

  • 能條桃子氏  

    >AERAdot.>若い世代の政治参加をもっと当たり前に「NOYOUTHNOJAPAN」代表・能條桃子>2022/07/0317:00(略)>「NOYOUTHNOJAPAN」代表、能條桃子。>21歳の時、留学先のデンマークで若い世代を含む「みんな」が選挙を一大イベントとして楽しむ熱気に触れた。あなたは大変貴重な海外経験をしましたね。>この熱気を日本の若い世代にも伝えたいと、活動をスタート。>「わかりやすくポップに」をコンセプトにインスタで発信。>今では、8万人強に響くメディアへと成長したが、まだまだ道半ば。>誰もが生きやすい社会を目指し、笑顔で前へ進む。そうですね。若者には未来社会への期待が必要ですね。>***>その2階建てのシェアハウスは、車一台がやっと抜けられる、都心の路地の奥まったところに立っている...能條桃子氏

  • 服部倫卓氏  

    >MBSニュース>【専門家解説】日本への圧力?>ロシアの天然ガス開発事業「サハリン2」事実上の"国有化"専門家「日本撤退は政治的にやむなし」>毎日放送-火曜日(略)>突然のプーチン氏による大統領令で強制接収された石油・天然ガス開発事業「サハリン2」。>日本の商社が出資しているこの事業で日本はLNG輸入のうち9%をサハリン2に依存しています。>日本はこの事業から撤退するべきか、粘るべきか。>ロシアNIS経済研究所・服部倫卓所長は「未練はありますが、こうなったら政治的に撤退はやむを得ない」と話します。>継続しても今後ロシア側から「到底飲めないような条件」を提示される恐れもあり、事業継続は事実上難しいとの見通しを示しました。日本人には処世術(損得勘定)があって、政治哲学がない。現実(事実)があって、非現実(考え...服部倫卓氏

  • 山脇岳志氏  

    >GHQだけではなかった「漢字廃止論」いま、漢字を使い続ける意味を考える>グローバル教育考2019.09.28>本連載「グローバル教育考」では、海外と日本をつなぐ教育の動きを追っているが、今回、日本における教育の基本となっている「日本語」についても考えてみたい。>終戦直後、日本を占領した連合国軍総司令部(GHQ)は漢字を廃止し、ローマ字にしようとした。>日本語、中でも漢字の扱いについては、国語学者のみならず、知識人を巻き込んだ、戦後の大きな課題だった。>「漢字廃止論」や「漢字制限論」の歴史を振り返りつつ、日本語を思考に使う意味を考えてみる。>(朝日新聞編集委員・山脇岳志=写真も、文中敬称略)興味のある課題ですね。>京都・祇園にある八坂神社の周辺は、着物姿の女性が目立つ。>派手な柄の着物はレンタルショップで...山脇岳志氏

  • アジア版NATO  

    >現代ビジネス>対中国の「アジア版NATO」に、日本が参加できない「致命的な理由」「都合のいい国」と思われている>長谷川幸洋-7時間前(略)>NATO首脳会議への招待>北大西洋条約機構(NATO)が6月28日、スペインのマドリードで首脳会議を開き、ロシアや中国をはじめとする権威主義勢力との対決姿勢を鮮明にした。権威主義の国々に対する西欧の対決姿勢ですね。>一部には「アジア版NATO」創設という議論もある。>はたして「日本がNATOに加わる日」は来るのか。どうですかね。わが国は意思決定に障害のある国ですからね。五里霧中ですね。>まず、今回の首脳会議の意義を整理しよう。>ポイントは3つだ。>NATOがロシアと中国を、どう位置付けているか。>日本など、アジア太平洋のパートナー国との連携はどうなったか。>それから...アジア版NATO

  • 室橋祐貴氏  

    >朝日新聞デジタル(地域)>「問題意識ない人はいない」専門家が見た声を上げない若者側の事情>朝日新聞社-6時間前>【神奈川】選挙になると、なにかと「若者」が注目される。>いま、どんな状況に置かれているのか――。>10~30代の視点で各党や自治体に政策提言してきた一般社団法人「日本若者協議会」代表理事の室橋祐貴さん(33)に、若者をとりまく問題について聞いた。(略)>若者の投票率が低いと言われますが、なぜ投票に行かないのか。>それは「行ってもあまり意味がない」と思っているからです。そうでしょうね。政治に興味がないのですね。>グローバル化が進み、臨機応変さが求められるようになりましたが、日本の教育現場はルールに従って動くように指導してきました。>ルールを疑うことや変えられるということは教えてきませんでした。能...室橋祐貴氏

  • 戦争報道  

    >ダイヤモンド・オンライン>ウクライナ侵攻5カ月目…日本人は「戦争報道のインチキさ」今こそ検証を>窪田順生2022/06/3006:00(略)>マスコミも「ウクライナ侵攻」報道にお疲れ?>ロシアによるウクライナ侵攻が5カ月目に突入した。>欧米諸国では「支援疲れ」が見えてきたという。>当初は「国際社会で経済制裁をしてプーチンを追いつめろ!」と威勢のいいことを言っていたが、思っていたほど効果が出ていない。>むしろ、これまで散々世話になっていたロシアの天然資源が入らなくなって、自分たちの首を締めることになっている。>そんな長期化による「疲れ」は日本のマスコミにも見て取れる。>侵攻直後は「ウクライナと共に!」と芸能人たちが呼びかけ、ワイドショーも毎日のように戦況を紹介し、スタジオで「どうすればロシア国民を目覚めさ...戦争報道

  • 古森義久氏  

    >JBpress>日本は役立たず?国連安保理常任理事国入りを阻む本当の障害とは>古森義久2022/06/2906:00(略)>(古森義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)>日本がまた国連安全保障理事会の常任理事国になることを目指すようだ。いよいよ我が国の本気度が試されるときですね。>5月下旬の日米首脳会談で、日本のそんな希望を米国のバイデン大統領が支持すると言明したという。>だが日本のそんな動きが現実となると、必ず障害にぶつかる。用意周到でないと、またまた原発事故のような事故になりますね。>日本は現在の憲法下では、国連安保理が実行する平和維持活動などに必須の“集団的自衛権の行使”ができないからだ。国連の平和維持活動にも支障をきたすようでは、日本は常任理事国入りの希望を出す資格はありませ...古森義久氏

  • 成長しない国  

    >プレジデントオンライン>だから給料がちっとも上がらない…経済大国日本が「成長しない国」に転落した根本原因>柴田昌治-8時間前(略)>なぜ日本人の給料は上がらないのか。>多くの日本企業の変革を支援してきた柴田昌治さんは「日本人は、会社に忠義を尽くすことで高度経済成長を支えてきた。>しかし今は、その『まじめで勤勉』な性質が日本経済の停滞を生んでいる」という――。そうですね。日本人は意思がないので自ら動きださない。そして、思考停止をしているのでおとなしい。>※本稿は、柴田昌治『日本的「勤勉」のワナ』(朝日新書)の一部を再編集したものです。>努力が生産性の伸びにほとんど結びついていない>他の競合国がこの数十年の間に急速に生産性を伸ばしている中で、日本も懸命の努力は続けているのですが、その努力がバブル崩壊後の生産...成長しない国

  • 国境の海  

    >産経新聞>混沌の先に参院選2022日本を守れるのか緊迫続く「国境の海」>31分前(略)>紺碧の海に横たわる大きな島影。>北海道・知床半島の東側に位置する羅臼(らうす)町からは、ロシアが不法占拠する北方領土の国後島の稜線がはっきりと見えた。>根室海峡を挟んで26キロ。>目と鼻の先にある島との間にはロシア側が主張する「国境」が引かれている。残念至極な国境線ですね。>今年2月のロシアによるウクライナ侵攻後、日露間の領土問題の存在を痛感させられる出来事が相次いで起きた。>「人命がかかっているのに、北方領土の海域で日本が自由に捜索できず、もどかしかった」。自由は我々にとって高価なものですね。人命尊重の行為は残念ながら阻止されていますね。>知床半島沖で4月23日、乗客乗員26人を乗せた観光船が沈没した事故で、親族を...国境の海

  • 藤原直哉氏  

    >藤原直哉@naoyafujiwara>みんなよく考えたらいい。各人に哲学は必要である。Everyoneneedsaphilosophy.>政府に頼って未来が開けたか?これは、他力本願・神頼みですね。>相場に頼って未来が開けたか?これも、他力本願・神頼みですね。>ワクチンに頼って未来が開かれたか?他力本願・神頼みですね。>反対に、価値観を共有できる仲間と共に未来が開けた、大自然のエネルギーを自分で利用できるようになって未来が開けた、という人はいまたくさんいる。‘求めよさらば与えられん’ですね。Ask,itwillbegiventoyou.自己の意思表示により得られたものからは満足感が得られますね。>7:57AM·Jun15,2022·TwitterWebApp.藤原直哉氏

  • 御厨貴氏  

    >AERAdot.>プロファイルの表示>「野党ボロボロ国会」が閉会御厨貴「国民・玉木代表は妖怪のよう」>昨日6:00(略)>6月15日、通常国会が閉会した。>政府が提出した61本の法案は26年ぶりに100%の成立率となるなど「無風」状態。>闊達な議論が消えた国権の最高機関は、どこに向かうのか。そうですね。’我々は何処に行くのか’は、我々国民にとっても、特にわが国の政治家にとって重大な命題ですね。政治には‘時代の先取り’が命ですからね。現在のような受け売りと後追いの政治ばかりではどうにもならない。>御厨貴・東大名誉教授と松原隆一郎・放送大学教授が振り返る。>***>松原:岸田文雄首相はうまく日本維新の会などを使いながら、野党を分割するように持っていっている。>その結果、野党が野党にかみつくという、今まであり...御厨貴氏

  • 佐伯啓思氏  

    >東洋経済オンライン>誰も本心では信じていない民意に全てを委ねる訳「国民の意思」がデモクラシーを崩壊させる>佐伯啓思2022/06/2310:30(略)>7月10日には参議院選挙の投開票が行われる。>選挙とは「民意」を問うものであり、民主主義の根幹をなす制度といわれる。>だが、今日の不安定な政治や、国民の政治への無関心は、政治家やメディアが、なんら実体のない「民意」を持ち上げることによって、もたらされているのではないか。日本人は無哲学・能天気であるからノンポリ・政治音痴になっている。だから、政治には無関心である。だから我が国の政治には実体がない。>ウクライナ危機、コロナ禍、グローバル経済の矛盾、民主主義の危うさなど、現代社会の重要な問題について、思想家・佐伯啓思氏が文明論的視座から論じた新刊『さらば、欲望...佐伯啓思氏

  • 大澤真幸氏  

    >静岡新聞令和4年(2022年)6月23日木曜日総合(4)時代の岐路、本質的議論を(識者談話)>ロシアによるウクライナ侵攻や新型コロナウイルス禍、気候変動など世界が変化し時代の岐路にさしかかっているにもかかわらず、これらに対する本質的な議論が行われていない。>そのことが最大の問題だ。そうですね。日本人は議論下手ですからね。大問題ですね。>どのような世界をつくっていくかが問われているのに、与党も野党も主体的に参加する気がないと言っているに等しい。そうですね。日本人には世界観がありませんからね。どのような世界を作るかは常に大衆の想定外になっていますね。>物価高も円安も、ロシアの侵攻が原因でもある。>グローバルな社会で海外の問題と日本の身近な問題は直結している。そうですね。目先・手先の問題だけを扱っていても解決...大澤真幸氏

  • 日本低迷  

    >AERAdot.>日本低迷の元凶「思考停止社会」を変える、日本人の強靭な強みとは>2022/06/2107:00(略)>「どの部署で仕事をするか、勤務地をどこにするか」は、場合によっては自分の人生を決定づけてしまうような重大事項です。>しかし日本では、それらが自分の意向とは無関係に他の人の判断で決まることが当たり前のように行われてきました。>そのような思考停止した日本企業の経営姿勢にこそ、日本低迷の原因が潜んでいると、『日本的「勤勉」のワナ』の著者で、約30年にわたって日本企業の変革の現場に身を置いてきた柴田昌治さんは言います。>その真意を本書から一部を抜粋・加筆して解説します。>***>■予定調和や前例踏襲が生む「枠内思考」>多くの日本の会社が安定優先の経営姿勢を長年続けてきたことが、安定重視の社会規...日本低迷

  • 船橋洋一氏  

    >東洋経済オンライン>日本と中国「正常化」という永続的プロセスの本質日本に求められるパワーと国際秩序における役割>API地経学ブリーフィング2022/06/2009:00(略)>米中貿易戦争により幕を開けた、国家が地政学的な目的のために経済を手段として使う「地経学」の時代。>独立したグローバルなシンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)」の専門家が、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを、順次配信していく。>正常化を経て巨大な変化を遂げた日中関係>日中国交正常化からの半世紀、日中関係は巨大な変化を遂げた。>1972年、日本のGDPは中国の約3倍だったが、現在、日本の経済規模は中国...船橋洋一氏

  • 9党の党首  

    >22日の参議院議員選挙の公示を前に、与野党9党の党首がインターネット動画サイトで、物価高騰対策などをめぐり意見を交わした。>自民党岸田総裁「日本の物価高騰、エネルギーと食料品がほとんどです。>ぜひ、この2点に特化した物価高騰対策を行わなければいけない」、「(金融所得税課税については)お金を取るよりは所得を増やす、分配する方を優先する、これが順番ではないかと」>立憲民主党泉代表「(小麦は)全く対策が取れてない分野。>年金の追加給付が必要だということ。>やっぱり消費税減税、これは絶対に外せない。>これだけ物価が上がってますから、可処分所得を増やす。>それは消費税減税でやっていかなければいけない」>公明党山口代表「これから選挙の前後、政治空白が生じるので、補正予算を用意して、予備費5.5兆円を生かしてこれから...9党の党首

  • 6月参議院選 2/2  

    >戦争などできない現実原発54基も抱え(略)>Aただ、現実的に考えて日本列島は戦争ができる国土ではない。>原発を54基も抱えながら敵基地攻撃などといっているのを見ると、なにをイキっておるのかと思う。>やったらやられるわけで、現実が見えているのか?と。>原発がミサイル攻撃の標的に晒されただけでお終いだ。>陸続きのウクライナと違って国民は逃げ場がない。>ウクライナでの戦況を見ても、国際的な視線もあるなかで実際に原発へのミサイル攻撃が現実と化すかはわからないが、イスラエルがイランの原発にミサイルを撃ち込んだ例もあるわけで、軍事的には存在そのものが脅威だ。原発は廃止した方が良いですね。>あるいはライフラインを見ても、鉄道、道路、物流などがやられたらひとたまりもない。>電気、ガス、水道がやられるだけでもたちまち暮ら...6月参議院選2/2

  • 6月参議院選 2/2  

    >改憲による戦争か平和かの岐路6月参議院選の重要な争点日本列島を戦場にするな>政治経済2022年5月24日(略)>6月22日公示、7月10日投開票の参院選までおよそ1カ月余りとなった。>その後は3年間国政選挙がないことから、為政者がやりたい放題できる「黄金の3年間」などといわれ、改憲、消費税増税(財界は19%を求めている)、社会保険料の値上げ、諸々の新自由主義政策、対中包囲網を意識した好戦的外交・軍事力の増強など、さらに歯止めが効かずにのめり込んでいくことが予想されており、日本社会の針路を巡って極めて重要な選択となる。戦前は為政者がやりたい放題になっていましたからね。敗戦の経験は我々の有益な教訓にしなければなりませんね。>この選挙の争点は何か、とりわけ国際情勢がめまぐるしく展開しているなかで目玉となってい...6月参議院選2/2

  • 6月参議院選 1/2 

    >改憲による戦争か平和かの岐路6月参議院選の重要な争点日本列島を戦場にするな>政治経済2022年5月24日(略)>6月22日公示、7月10日投開票の参院選までおよそ1カ月余りとなった。>その後は3年間国政選挙がないことから、為政者がやりたい放題できる「黄金の3年間」などといわれ、改憲、消費税増税(財界は19%を求めている)、社会保険料の値上げ、諸々の新自由主義政策、対中包囲網を意識した好戦的外交・軍事力の増強など、さらに歯止めが効かずにのめり込んでいくことが予想されており、日本社会の針路を巡って極めて重要な選択となる。戦前は為政者がやりたい放題になっていましたからね。敗戦の経験は我々の有益な教訓にしなければなりませんね。>この選挙の争点は何か、とりわけ国際情勢がめまぐるしく展開しているなかで目玉となってい...6月参議院選1/2

  • 朝日新聞の没落  

    >現代ビジネス>「朝日新聞の没落は他人事ではない」グーグル日本法人元代表が指摘する「日本病」とは『朝日新聞政治部』書評>辻野晃一郎2022/06/1606:00(略)>ソニーでVAIOなどの大ヒット商品を手がけ、グーグル日本法人代表取締役社長を務めた辻野晃一郎氏が、「日本企業が没落する理由がこれを読めばわかる」と推薦する本が、『朝日新聞政治部』だ。>同書は、朝日新聞政治部の元エース記者だった鮫島氏が、ある事件をきっかけに失脚し、会社に最後まで抗いながら退職するまでの出来事が生々しく描かれている。>朝日新聞の凋落は「あなたの会社の凋落」に重なる>圧倒的な面白さで読み応え十分なノンフィクションだ。>新聞記者生活で鍛えられた鮫島さんの確かな筆力で綴られた本書は、一度読み始めたら引き込まれて止められない。>ところ...朝日新聞の没落

  • 平岩貴比古氏  

    >鉄のカーテンの内側はバーチャル?ロシアは政治に無関心な「受け身」の国民が支える【ウラジーミル・プーチンとは何者か】>日刊ゲンダイDIGITAL2022/06/1406:30(略)>ロシアがウクライナに軍事侵攻した2月下旬以降も、プーチン大統領の支持率が下がらない。ロシア国民はプーチン大統領と一心同体ですからね。>隣国で死なせた将兵数は国防省発表で1000人以上、英国推計で1万5000人。>制裁や外国企業流出で、国内経済はぼろぼろ。>それなのに政権は耐えられている。そうですね。‘欲しがりません、勝つまでは。’ですね。>背景には、プロパガンダや世論調査改ざん疑惑だけでは説明できない、独特の「民衆心理」がありそうだ。そうですね。'敗因について一言いはしてくれ。我が国人があまりの皇国を信じ過ぎて英米をあなどつた...平岩貴比古氏

  • 第三の開国  

    >東洋経済オンライン>衰退する国・日本には「第三の開国」が絶対必要だ楽天・三木谷氏×星野リゾート・星野氏が語る>三木谷浩史,星野佳路2022/06/0913:00(略)>いま日本は世界から「衰退していく国」というイメージで捉えられている。>コロナ禍で続く極端な内向き志向もこれに拍車をかけている。日本人は内向きでしか物事を考えられませんからね。衰退しますね。>しかし長く続く”令和鎖国”でその危機感すら薄れてしまってはいないだろうか。>新刊『JAPANTRANSFORMATION(ジャパン・トランスフォーメーション)日本の未来戦略』から、楽天会長兼社長の三木谷浩史氏と星野リゾート社長の星野佳路氏が考える「これからの日本ブランディング戦略」について紹介する。日本文化の海外向け宣伝ですね。>前回記事:>インバウン...第三の開国

  • ルイス・シモン氏  

    >▽軍事重要性、目覚めた欧州東アジア安保にも注力【ブリュッセル自由大・安全保障外交戦略研究所のルイス・シモン所長】>ロシアのウクライナ侵攻は2014年のウクライナ・クリミア半島の強制編入や08年のジョージア(グルジア)との軍事衝突のような限定的な侵略とは違い、主権国家への全面侵略だ。>欧州の安全保障にとって冷戦後、最も深刻な危機である。本当にそうですね。>冷戦後の欧州安全保障の主な議論は危機管理や欧州以外での任務についてであり、欧州での抑止力や防衛の議論は軽視されてきた。>今では主要議題はロシアなど大国を巡る抑止力と防衛に変化した。そうですね。大国をめぐる抑止力と対処力が大切ですね。>安全保障と防衛の重要性が再び欧州の政治的な議論の中心に戻った。>ウクライナ危機によって、欧州は米国との関係がいかに重要であ...ルイス・シモン氏

  • マルチン・ブジャインスキ氏  

    >▽東欧の安全、米関与が鍵武器供与でロシアの勝利を阻め【カジミール・プワスキ財団(ポーランド)のマルチン・ブジャインスキ上級顧問】>ウクライナはポーランドの隣国。>ロシアの軍事侵攻は人ごとではない。そうですね。ご心配の程お察し申し上げます。>わが国など東欧やバルト3国に対するロシアの侵攻や攻撃の脅威が高まっているのは確実だ。>ポーランドは地政学的にも歴史的にもロシアの脅威にさらされてきた。>彼らの思考方法を西欧よりも深く理解しており、危機を肌で感じている。ロシアの侵攻は蒙古の襲来に似ていますね。>特に危険なのは、旧ソ連構成国で北大西洋条約機構(NATO)に未加盟のモルドバやジョージア(グルジア)だ。>NATO加盟のポーランドやバルト3国に対する軍事攻撃はないと考えているが、挑発行為やテロ攻撃はあり得ると思...マルチン・ブジャインスキ氏

  • イアン・ブレマー氏  

    >▽ロシアと欧米「永続的断絶」対中新冷戦、侵攻が後押し【米国際政治学者のイアン・ブレマー氏】>ウクライナに侵攻したロシアは西側世界、特に欧米先進国から外交的にも経済的にも永続的に断絶されることになる。そうですね。>世界中からではない。>世界の大半がこの問題で西側につこうとしているわけではない。>中国や新興5カ国(BRICS)もそうだし、民主主義だろうと独裁政権だろうと発展途上国はどこもそうだ。これらの国々は立憲主義・人権・民主主義の発展に力を入れていませんね。>ロシア経済の大半が欧州を向いており、それが切り離されようとしている。>(侵攻開始からの)8週間を通じプーチン・ロシア大統領が欧州で失った信用の大きさは信じ難いほどで、それは二度と戻らない。>プーチン氏が権力の座にある限り、従来通りロシアと付き合うこ...イアン・ブレマー氏

  • 橘玲氏  

    >「ウクライナ問題とはロシアのアイデンティティ問題」>ウクライナ侵攻は30年近く前から予測されていた!>【橘玲の日々刻々】>ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月がたったが、いまだに戦争終結のシナリオは描けない。>プーチンは当初、数日で首都キーウを占領し、ゼレンスキー大統領を逮捕したうえで傀儡政権を樹立できると考えていたとされる。>これが戦略的な大失態であることが明らかになって、いまは東部のドンバス地方に兵力を集め、支配地域の拡大を狙っているようだ。>もちろん、ウクライナが国土の割譲を受け入れるはずもなく、停戦の条件は少なくとも2月24日時点の境界線まで戻すことだろう。>だがこれでは、プーチンにとって、これだけの犠牲を払ってなにも得られないことになり、権力の維持が困難になるのではないか。そうでしょうね。プー...橘玲氏

  • 岸田外交  

    >SPA!>岸田外交の3つの問題点。>軍事抜きの外交など無力だ/倉山満>日刊SPA!2022/06/0608:52(略)>◆岸田外交をそこまで持ち上げていいのか>岸田首相の褒めるべき点は、二つ。>一つは、何もやらないことで、支持率を下げないどころか、高支持率なこと。>もう一つはマスコミを手なずけていることだ。>リベラル色が強いと見られているので朝日が、既得権益の利益代表だと見られているので読売が、岸田内閣支持の論陣だ。>同じことを安倍晋三元首相がやれば反発するだろうが、岸田首相ならば許される傾向がある。岸田首相の人徳によるものですね。(略)>今回、アメリカのバイデン大統領が来日。>多くの外交日程をこなした。>マスコミは、かなりの大歓迎だ。>しかし、そこまで持ち上げていいものだろうか?>そらあ、立憲民主党の...岸田外交

  • 二―アル・ファーガソン氏  

    >東洋経済オンライン>「プーチンの本性」を見破れなかった西側の誤算歴史家が恐れる世界が「大惨事」へと至る筋書き>ニーアル・ファーガソン2022/06/0208:30(略)>2月24日に始まったロシアによるウクライナへの侵攻。>長期化する戦争はどこへ向かうのだろうか?>「いま、もっともすぐれた知性」と目される歴史家のニーアル・ファーガソン氏は、この戦争をどう分析するのか?>今回、5月に邦訳が刊行された新著『大惨事(カタストロフィ)の人類史』に収録された「日本語版刊行に寄せて」(2022年3月執筆)より、一部抜粋・編集の上、前半と後半の2回に分けてお届けする。それは興味ある話ですね。>歴史を予測することの難しさ>歴史を予測するのは、なんとも難しい。>未来を占うことを可能にする、すっきりした歴史の「周期」などな...二―アル・ファーガソン氏

  • 日本消滅  

    >東洋経済オンライン>「日本消滅」を避けるために取るべき未来への戦略楽天・三木谷氏とサイバー藤田氏からの提言>三木谷浩史,藤田晋2022/06/0114:00(略)>イーロン・マスク氏のツイート「日本はいずれ消滅する」がNHKで取り上げられるなど国内で大きなニュースとなった。>人口減少の日本はこのまま衰退の一途をたどるしかないのか?>そこに異を唱えるのがマスク氏と同じく実業家の楽天会長兼社長の三木谷浩史氏とサイバーエージェント社長の藤田晋氏だ。>2人が代表を務める新経済連盟が日本の未来戦略をまとめた新刊『JAPANTRANSFORMATION(ジャパン・トランスフォーメーション)日本の未来戦略』(KADOKAWA)から、人口減少に対する日本の打開策を紹介する。>人口減少問題、海外人材にもっと任せたほうがい...日本消滅

  • 感じる宗教  

    >西洋は「信じる宗教」、日本は「感じる宗教」>山折哲雄×上田紀行(その4)>山折哲雄:こころを育む総合フォーラム座長>2013/10/296:00(略)>西洋は「信じる宗教」、日本は「感じる宗教」>山折:それはやっぱり3つの問いにいくんですよ。>さっき宗教を信じるか信じないかという話が出ました。>やっぱり西洋の一神教的世界においては、神、あるいは神と類似のものを信じるか信じないかが重大な問題なのですが、多神教的世界における日本人にとっては、信じるか信じないかではなく、神々の気配を感じるか感じないか。>「感じる宗教」なのです。そうですね。>山折哲雄(やまおり・てつお)>こころを育む総合フォーラム座長>1931年、サンフランシスコ生まれ。>岩手県花巻市で育つ。>宗教学専攻。>東北大学文学部印度哲学科卒業。>駒沢大学...感じる宗教

  • 柴田昌治氏  

    >AERAdot.>日本人の努力はなぜ報われないのか?「職務に忠実で勤勉」が日本低迷の原因だった>2022/05/3106:00(略)>この数十年の間に他の競合国が急速に生産性を伸ばしている中、日本も懸命の努力は続けているのですが、その努力がバブル崩壊後の生産性の伸びにはほとんど結びついてはいない、という厳しい現実があります。>なぜでしょうか?>『日本的「勤勉」のワナ』の著者で、約30年にわたって日本企業の変革の現場に身を置いてきた柴田昌治さんにその原因を聞きました。>***>■個別の努力が全体の成果につながっていない>約30年前のバブル崩壊以降、日本の給料はまったく上がらず、世界の水準から取り残されてきている、という事実があります。>今、そのことがようやく問題だと認識され始めています。>努力は必死に続けている...柴田昌治氏

  • 年功序列  

    >東洋経済オンライン>日本人は年功序列賃金の弊害をよくわかってない単に歳を重ねただけで生産性が上がるのだろうか>野口悠紀雄2022/05/2910:00(略)>日本型報酬体系が、日本の変革を阻害している。>日本企業の報酬体系は、年功序列賃金と退職金制度を核として作られている。>労働力の企業間移動が必要な社会において、この報酬制度と社会的要請との齟齬が顕著になっている。そうですね。労働力の企業間移動が阻害されているのは日本病のようなものですね。>昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。>野口悠紀雄氏による連載第70回。>日本の賃金は年功序列型>日本企業の報酬体系は、年齢が上がるほど賃金が上昇する「年功序列型」の仕組みになっている。>これは、男子の一般労働者においてと...年功序列

  • かつぜん氏  

    >感動の名言!アインシュタインの名言の解説1「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ」>2017年1月22日2018年3月9日>こんにちは!かつぜんです。>今日のテーマは、「アルベルト・アインシュタイン」が残した、名言の解釈〈その1〉です。>20世紀最大の物理学者とも呼ばれる、アインシュタインが残した言葉は、妙に強い説得力を感じます(笑)そうですね。>けっこう好きな言葉が多い人です。>物理的な事実を根拠とした言葉であるからこそ、強い説得力をもっているのでしょう。それは印欧語族の考え方ですね。(略)>「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである」過去・現在・未来を語るのは印欧語族の特色ですね。前世・現世・来世を考えるのもその一つ...かつぜん氏

  • スギタシンゴ氏  

    >日本の教育が進化しない理由>スギタシンゴ(ンゴ先生)2022年4月14日09:05>日本の教育は、お父さんの代…いや、おじいちゃんの代から大きな変化をしていない。そうですね。学校は教えるところですね。>それは黒板を使っているなどの物質的な話だけではなく、もっと本質的な話である。そうでしょうね。>今の30代40代のお父さんお母さんも、学校に母校に行けば思わず「懐かしい」と口にしてしまうだろう。>それほどまでに時が止まっているのである。>その頃、社会はどうかというとポケベル→PHS→携帯電話(ガラケー)→スマートフォンと変わっている。>なぜ、このようなことが起こるのか?教育は単なる実学(技術)ではないですからね。>過去の成功体験が邪魔をする>日本は戦後、ものづくりで高度経済成長を迎えた。>その頃の日本を支えていた...スギタシンゴ氏

  • 文学と理論  

    >47NEWS>「文学」と「論理」は分けられるか教科書から見た高校国語教育>全国新聞ネット2022/05/2207:00(略)>国語教員はここ数年、一つの問いに頭を悩ませてきた。>「果たして『文学』と『論理』は分けられるのか」TBSブリタニカとブリタニカ国際大百科事典を作ったフランク・ギブニー氏は、自著<人は城、人は石垣>の中で、我が国の作家について次の様な感想を述べています。孤立は日本式スタイルを誇る詩人、随筆家はいうに及ばず、小説家において最も顕著である。これは外国人にとっては判断をはばかられる主観的な領域である。しかし文学界で最も尊重される文章が意味を省略し、あいまいさに富み、漢字をうまく使って読ませ、文法分析家を意気揚々と悩ます一種の「気分の流れ」であることは一般に真実である(私の思考パターンは取り返し...文学と理論

  • 御田寺圭氏  

    >プレジデントオンライン>これから日本は「いっそう人に冷たい社会」になる…どんどん貧しくなる時代に"幸福"をつかむための最終手段>御田寺圭2022/05/2610:15(略)>本当の意味で「多様な幸福を見つけ出すこと」が求められる時代になる>本当の意味で「多様な生き方(多様性)」が問われるのはこれからかもしれない。そうですね。個人の多様性が輝く時代の到来ですね。>これまでの時代に見出されてきた「多様性」は結局のところ、生産性や合理性の評価軸から抜け出すことはかなわなかった。そうですね。実学(技術)の中の多様性ですね。>次々に提唱される「新しい生き方」はいずれも最終的には経済的優位性・経済的合理性をどうしても意識しなければならなかった。>それ自体が資本主義を脱構築するものではなくて、資本主義からこぼれ出てしまう人...御田寺圭氏

  • ケネス・ワインスタイン氏  

    >産経新聞>日米同盟「対等」目指せ米ハドソン研究所前所長>3時間前(略)>【ワシントン=渡辺浩生】米政策研究機関ハドソン研究所の前所長で、トランプ米前政権下で駐日大使の指名を受けた知日派の国際政治学者、ケネス・ワインスタイン氏が産経新聞のインタビューに応じた。>中露や北朝鮮の現状変更行為を抑止するため、「反撃能力」確保など日本が「普通の国」として自らを守る決定権を持つべきだと主張。>日米の同盟関係が「対等」に深化するよう訴えた。そうですね。まったく同感です。だが、日本人には意思(will)というものがない。つまり、無心である。意思は英語の未来時制の文章内容であるが、日本語の文法には時制(tense)というものがないので、日本人には意思がない。意思のあるところに方法(仕方)がある。Wherethere'sawil...ケネス・ワインスタイン氏

  • 女性リーダー  

    >女性リーダーが活躍できない日本は世界に後れを取っている(三枝成彰)>日刊ゲンダイDIGITAL2022/05/2106:30(略)>プーチンの思考回路は20世紀のままらしい。>手前勝手な理屈をもとに力で他国の主権を踏みにじるさまは、かつてのヒトラーを思わせる。>時代錯誤も甚だしい。そうですね。>彼がよりどころとする武力による統治は、すでに過去の遺物となりつつある男性優位、マッチョイズムを体現しているように思える。>己がすっかり時代に取り残されていることに、彼はいったい、いつ気づくのだろうか?人生の終わりまで彼は気づくことが無いでしょうね。>すでに世界は、武力を頼みとせず、女性や性的マイノリティーの人たちが自由に能力を発揮する新しい時代に入っているというのに──。プーチンは宗教改革も無く、文芸復興も無く、産業革...女性リーダー

  • 宇城昇氏  

    >揺らぐ世界語るヒロシマ74回の「平和宣言」が訴える決意>毎日新聞-昨日18:00(略)>世界が揺らいだとき、ヒロシマは何を語ってきたのか。>広島市長が毎年8月6日に読み上げる「平和宣言」は、核兵器廃絶と戦争のない世界を目指す決意の表明であり、時々の国際情勢や国内の動きを投影してきた。(略)>「日本は平和の問題を広島に押し付けて来なかったか」‘日本は平和だ’、’広島は平和だ’というだけでは、どうにもならないですね。あくまでも連帯の効果が必要ですね。>ロシアによるウクライナ侵攻と核兵器使用の威嚇は、国際協調と平和主義の努力と積み重ねが、いとも簡単に崩れ去る現実を突きつけた。そうですね。強固な団結がなければ崩れ去りますね。>新書の前書きを執筆した川野徳幸・広島大教授(平和センター長)は「核兵器が使われたらどうなるか...宇城昇氏

  • 伊藤博敏氏  

    >現代ビジネス>“10兆円”大学ファンドは日本の「大学変革」につながるか?困難さも伴う、その行く末>伊藤博敏-10時間前(略)>“10兆円”大学ファンド>財政投融資を主な原資に10兆円の基金(ファンド)を設け、その運用益を政府の認定した大学に集中して配分、世界最高水準の研究成果が期待できる大学を育成しようとする国際卓越研究大学法案が、5月18日、参議院本会議で可決され、成立した。‘上と見るか・下と見るか’の話に熱中しますね。>日本の科学研究力の低下はかねて指摘されているところで、引用される頻度が高く「質が高い」とされる論文の数(トップ1%論文)は、90年代の世界4位から昨年は9位まで順番を下げた。>英教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」が発表する世界大学ランキングトップ100に入る大学は、東京大学...伊藤博敏氏

  • 見せびらかし  

    >JBpress>コロナ禍で崩壊した「見せびらかし文化」、威光を失った管理職の末路>太田肇-昨日11:00(略)>学歴や出世が「偉さ」のシンボルだったサラリーマン社会だが……>(太田肇:同志社大学政策学部教授)>アルバイト店員がいたずら動画をSNSにアップしたり、インスタで“リア充”をアピールするため高価な化粧品を買ったり、たいして興味もないのに海外旅行に出かけたり。>若者の「承認欲求」がひところ顰蹙を買った。安価な自己実現ですね。>ところがコロナ禍の外出自粛で承認欲求が満たせなくなり、ストレスを強く感じる若者が増えているそうだ。>注目すべきなのは、それが若者に限った話ではないということである。>サラリーマンの間にもいま、「承認欲求の危機」が起きている。>拙著『日本人の承認欲求』(新潮新書、2022年4月発売)...見せびらかし

  • 小林吉弥氏  

    >zakzak>いま田中角栄あらば…50年前に対米一辺倒から「自主的な資源外交」にチャレンジした田中角栄浮かび上がる統治者としての先見力、眼力、責任感>2022/05/1706:30(略)>ロシアのウクライナ侵攻への制裁措置として、岸田文雄首相はG7(先進7カ国)首脳のオンライン会合で、ロシア産石油を「原則禁輸」とする方針を表明せざるを得なくなった。彼は何が正しいかを判断したのですね。>日本が調達する石油は、ほぼすべてが海外産で、中東産が9割を占める。>ロシア産は4%にとどまっているが、今後、G7などが新たな調達先の確保に動けば、当然、原油価格の上昇に直結する。>伴って、日本国内の物価高にさらなる拍車がかかることは言うまでもない。そうですね。政治家はノンポリではいられませんね。>先行きの見えぬコロナ禍に加え、こ...小林吉弥氏

  • 太田肇氏  

    >東洋経済オンライン>在宅は出世に影響?近くにいるほど「高評価」の謎日本人の有休消化率はなぜこれほど悪いのか>太田肇2022/05/1607:40(略)>コロナ感染拡大から3年目の春。>街中では、外食を楽しむ人々が少しずつ増えてきた。>それまでテレワークを推奨していた企業でも、通常出勤を命じるところが増えている。>もともと日本企業では、「在宅では生産性が上がらない」という意見が多く、テレワーク推進の声も一時のものにとどまった印象だ。在宅では馴れ合いによる生産ははかどりませんからね。>太田肇・同志社大学政策学部教授(組織研究)は、ここに「日本型」企業に特有の「承認欲求」が潜んでいるという。そうですね。肌と肌の触れ合いによる承認要求ですね。>以下、太田氏の新刊『日本人の承認欲求テレワークがさらした深層』から抜粋・再...太田肇氏

  • 野口悠紀雄氏  

    >現代ビジネス>低学歴国日本の本音――大学進学より大企業就職の方がトクなのか?知識や能力を評価しないこの国の給与>野口悠紀雄2022/05/1506:00(略)>日本では、大学卒で小企業で働く人よりも、高校卒で大企業で働く人のほうが、生涯所得が848万円多くなる。>日本の給与体系が個人の能力を評価するものでないために、このようなことが生じる。‘寄らば大樹の下’ですね。個人主義が浸透しない日本の社会ですね。>「学歴が高いほど収入が多い」というが「学歴と収入は関連しており、高学歴ほど、生涯の給与が多い」と言われる。>賃金統計のデータを見ると、確かにそうした傾向がある。>図1は、賃金構造基本統計調査のデータを用いて、男性の一般労働者についての学歴別・年齢別の給与(きまって支給する現金給与額。月額)を示したものだ。>図...野口悠紀雄氏

  • 半田滋氏  

    >AERAdot.>「台湾有事が起きれば、沖縄戦の悲劇の再来が懸念される」と防衛ジャーナリスト>2022/05/1411:00(略)>復帰50年の今も、沖縄には在日米軍基地が集中し、近年では南西諸島への自衛隊配備も進む。>これからの沖縄について防衛ジャーナリスト半田滋さんに聞いた。>AERA2022年5月16日号の記事を紹介する。>***>ロシアのウクライナ侵攻後、NATO(北大西洋条約機構)と日本など米国の同盟国が集まった西側と、中国とロシアを軸とする国々との二極化が進むでしょう。>そんな中、東アジアでは台湾有事が現実味を帯びています。そうですね。>米軍のデービッドソン・インド太平洋軍司令官(当時)は昨年3月、「6年以内」の危機を表明。>中国の習近平主席の任期を念頭に置いたものです。>中国は2018年に2期1...半田滋氏

  • 金子隆一氏  

    >#5私たちは人類の大転機にいる?>金子隆一明治大学政治経済学部特任教授>Facebook(略)>少子高齢化は、人類の新しい文明のスタートかもしれない>前回、年齢で一律に老後と決めるのはおかしいという話を述べました。個人的なばらつきを是認しますとそうなりますね。>でも、65歳まで40年以上働いて、もう休みたいと思う人もいるでしょう。>もちろん、それもひとつの選択です。>要は、自分の人生は自分で決めれば良いのです。そうですね。’自分の事は自分で決める’ですね。>定年後、おそらく30年以上ある時間を、なにもしないで過ごすのも、自分のプロダクティビティを発揮し続けるのも、それを決めるのは、あなた自身なのです。そうですね。自己の意思決定が基本ですね。>社会制度は、一人ひとりのそうした多様な選択を実現できるよう支援するこ...金子隆一氏

  • 麻生太郎自民党副総裁  

    >時事通信>ロシアは過去に日本侵略=麻生氏>2022/05/1120:07(略)>自民党の麻生太郎副総裁は11日夜、千葉市で開かれた同党参院議員の会合で、ロシアのウクライナ侵攻に関し、「第2次世界大戦でわれわれはロシア(ソ連)と戦った。>(中立条約の)『日ソ不可侵条約』を結んでいながら、一方的に破って侵略してきた」と指摘した。そうですね。ロシアは全く信用できない国ですね。今回のロシアは非核保有国のウクライナに堂々と侵攻し、核で威嚇していますね。非核保有国の我が国はこの侵攻を他山の石として安全の確保を確実なものにする必要がありますね。>その上で「(現在は日ロ)平和条約も結んでいない。>今の方がはるかに厳しい条件だ」と警戒感を示した。そうですね。‘治に居て乱を忘れず’ですね。(易経・繋辞伝)災難が目の前に現れるまで...麻生太郎自民党副総裁

  • 城繋幸氏  

    >世界に逆行!減少する博士号取得者なぜ日本は「低学歴国家」に陥ったのか?(城繫幸)>J-CASTニュース2022/05/1112:09(略)>先日、SNSをふと見ると「低学歴国家」なる言葉がトレンドに上がっていて目にとまった。>なんのことはない。>わが日本国の博士号取得者が世界的トレンドに逆行して、減少していることを報じた記事がきっかけだったのだが、トレンドに上がるということは驚いた人が多かったということだろう。>いい機会なので学歴と雇用について、まとめておこう。日本の常識は世界の非常識ですね。>【参考リンク】>「『低学歴国』ニッポン革新先導へ博士生かせ教育岩盤揺らぐ人材立国」(日本経済新聞2022年5月2日付)>「揺らぐ人材立国(1)『低学歴国』ニッポン博士減、研究衰退30年産学官で意識改革を」(日本経済新聞...城繋幸氏

  • イーロン・マスク氏  

    >FNNプライムオンライン「日本はいずれ消滅」イーロン・マスク氏が警告>-1時間前(略)>日本の人口減少について、イーロン・マスク氏が警告。>アメリカ電気自動車大手「テスラ」のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、自身のツイッターで「出生率が死亡率を超えることがない限り、日本はいずれ消滅するだろう」とツイートした。そうですね。極めて正しい判断ですね。わが国に若い男女を沢山住まわせることでこの問題は解決しますね。政治家の努力により解決できますね。我々日本人は日本語と英語の両言語を良く学び、思考における時制の大切さを十分に理解する必要がありますね。英語にある時制(tense)を使った考え方を会得すれば、我々は自己の意思(will)を明らかにすることも可能になるし、自分自身の世界観(worldview)を持つこ...イーロン・マスク氏

  • 倉本圭造氏  

    >プレジデントオンライン>結果を出した菅首相も1年で退陣させる…「日本はダメ」しか報じないマスコミが日本をダメにしている>倉本圭造-11時間前(略)>日本のマスコミは、なぜ「マスゴミ」と嘲笑されるようになったのか。>経営コンサルタントの倉本圭造さんは「あらゆる現象を『権力vs反権力』の闘争に見たててしまう日本のメディアのあり方は、すでに限界を迎えている」という――。自己主張がない。ただ‘いやじや・いやじゃ’と駄々をこねるガキ。イザヤ・ベンダサンは、自著<日本教徒>の中で、議論のできない日本人について次の様に述べています。、、、だが彼[ハビヤン]は常に、その「破棄した部分」しか口にせず、その「内なる自らの基準」は明示していないのである。これは、、、、、今の日本人も同じであって、「反論」はできるが、その反論の基準と...倉本圭造氏

  • 山下英次氏  

    >JBpress>日本人が忘れてはならない4月28日、「悔恨の独立記念日」>山下英次-5時間前>サンフランシスコ講和条約で日本は独立したはずだった>さる4月28日は、サンフランシスコ講和条約が発効してちょうど70周年だった。>1952年(昭和27年)のこの日、わが国は占領軍の統治から解放されて、独立したはずだった。>日本の歴史上一つの重要な画期であったはずであるが、一般にそのような認識が乏しく、「独立記念日」としなかった。>本来、独立記念日とすべき日をしなかったという意味で、私は、この日を「悔恨の独立記念日」と呼ぶことにしている。我が国は独立戦争を戦わなかったから独立記念日がないのでしょうね。>4月28日、産経新聞が「占領の呪縛を解くときだ―ウクライナの悲劇から学べ」と題する一本扱いの長文の社説を掲載した。ロシ...山下英次氏

  • 堀有伸氏  

    >現代ビジネス>天皇の戦争責任という難題…ウクライナ政府「昭和天皇とヒトラー」写真掲載から考える>堀有伸2022/05/0406:00(略)>今年2月にロシアがウクライナに侵攻した。>当初は軍事力で勝るロシアが圧倒するという予想もあったが、ウクライナ国民が良く準備していて勇敢かつ頑強な抵抗を示していること、アメリカ・ヨーロッパを含めた多くの国がウクライナを支援していることもあり、情勢は長期化しつつある。学習の効果によりクリミヤ侵攻の二の舞にはならなかったですね。良かったですね。>日本も西側諸国の一員としてウクライナへの支援とロシアへの制裁に参加しているが、ロシアの関係者が核兵器の使用や、日本の領土への関心を口にするなど、安全保障の面でも憂慮するべき事態となっている。そうですね。ロシアの飽くなき領土拡張意欲を見せ...堀有伸氏

  • 日本外交  

    >日本外交は「言わざる、動かざる」自民・佐藤外交部会長が批判>2022/3/1514:17(略)>自民党の佐藤正久外交部会長は15日、党本部で開かれた会合で、米政府がロシアに付与した貿易上の優遇的地位「最恵国待遇」の剝奪を決めたことに関連して「米国は速やかに最恵国待遇の見直しを出したが、残念ながら日本の顔が見えていない」と述べ、早期に同様の措置を取るよう求めた。そうですね。日本人には意思(will)がない。つまり、無心である。意思は英語の未来時制の文章内容であるが、日本語の文法には時制(tense)というものがないので、日本人には意思がない。意思のあるところに方法(仕方)がある。Wherethere'sawill,there'saway.日本人には意思がない。仕方がないので無為無策でいる。おとなしい。優柔不断・...日本外交

  • 西修氏  

    >現代ビジネス>日本国憲法はなぜ「残念」なのか?憲法学者が考える“世界の化石”憲法の「数々の問題点」>西修2022/05/0305:00(略)>5月3日は憲法記念日。>日本国憲法は1945年の11月3日に公布され、1947年の5月3日に施行されました。>今年はちょうど75周年にあたります。>この間、一度も改正されたことはありません。そうですね。>ところが、この日本国憲法は、専門家に言わせれば“ざんねん”な部分がたくさんある憲法なのだとか。>どこが“ざんねん”なのか、憲法学の第一人者であり、『“ざんねん”な日本国憲法』の著書もある西修駒沢大学名誉教授に話を聞きました。(略)>75周年を迎えた日本国憲法は、人間ならば後期高齢者そうですね。>日本国憲法は、75年前の1947年5月3日に施行されました。>皇居前広場では...西修氏

  • 信天翁  

    >現代ビジネス>【難読漢字】「信天翁」って読めますか?読めたらびっくりされるかも!「しんてんおう」とも読みますが…>マネー現代クイズ部2022/05/0205:00(略)>一度は聞いたことがある鳥の名前!>突然ですが「信天翁」って読めますか?>果たして正解は?>気になる正解は?>正解は「あほうどり」でした。>「阿呆鳥」「阿房鳥」とも書きます。>いかがでしたか?我が国の‘かな漢字’は世界中何処の国に行っても通用しない。特にローマ字(alphabet)の代わりに仮名を使用することには英語の習得害毒がある。かな漢字表記による学習で自分は世界に通じていると思い込む。だが、これは事実ではない。勝手な解釈により世界に関する独りよがりの解釈は避けられない。私は宿泊先のアメリカ人の名前は知っている。しかし、その綴り方は分からな...信天翁

  • 欧米諸国と同じ立場  

    >ニューヨークタイムズ>世界のほとんどの国は、ロシア・ウクライナ紛争について欧米諸国と同じ立場に立っていない>MostcountriesintheworlddonotstandwithWesterncountriesonRussia-Ukraineconflict:NYTCGTNEnglishWarinUkraine-#649April202022>翻訳:池田こみち(E-wveTokyo共同代表委)>独立系メディアE-waveTokyo2022年4月21日(略)>本文>西側諸国の政府は、ロシアの「特別軍事作戦」に対して世界的に統一された異議申し立てがあるという印象を国民に与えているが、世界のほとんどの国はウクライナに援助を送らず、西側諸国の対ロシア制裁にも加わっていないと、ニューヨークタイムズは報じている。そう...欧米諸国と同じ立場

  • 石破元防衛相  

    >「異様なこと」日本の核シェルター普及率0・02%に石破元防衛相>FNNプライムオンライン2022/05/0109:56(略)>自民党の石破元防衛相は5月1日、フジテレビの報道番組「日曜報道THEPRIME」に出演し、日本で核シェルターの普及が進んでいないことについて「異様なこと」と述べ、早期の整備を訴えた。そうですね。イスラエルやスイスでは核シェルターの普及率が人口当たり100%だそうですからね。彼は今頃気付いたのですかね。>ロシアによるウクライナ侵攻で、プーチン大統領が核兵器の使用を示唆する中、日本において核シェルターは、ほとんど普及していない。我が国は世界唯一の被爆国ということで核兵器の使用は2度とないと国民は安心しているのでしょうかね。自国が核兵器を使用しなければ、他国も使用しないと日本人は信じて疑わな...石破元防衛相

  • ウラジミール・プーチン氏  

    >ロシア大統領ウラジミール・プーチンからの世界の国々に向けた大事なメッセージ!!!(必読)>2022-04-1422:08:07>テーマ:世界の真実>ロシア大統領ウラジミール・プーチンから>世界の国々に向けたメッセージです。>親愛なる私たちの素晴らしい惑星、地球の市民たちへ。>私、ロシア連邦の大統領ウラジミール・プーチンは、外交官や支配者、ジャーナリストを飛ばして、皆さんに直接語りかけることにしました。>ロシアには「降伏の時」というものがあり、そこでは、嘘をついたり、ごまかしたり、遊んだりすることができません。ロシアの歴史を見てくると、大事件の主役の終焉は、隠遁・逃亡・追放・投獄・惨殺と、とにかく二度と正常な状態で社会とかかわることが出来ない状況に追い込まれている。(沈思黙考)>だから、私は正直に言って、皆さん...ウラジミール・プーチン氏

  • 戦略大転換  

    >zakzak>ニュースの核心ロシア壊滅へ米欧40カ国〝戦略大転換〟ドイツは戦車提供を即決日本は戦後世界の中核メンバーに乗り遅れるな「北方領土周辺で日米合同演習を」>2022/04/3010:00>米国のロイド・オースティン国防長官主催の「ウクライナ支援協議」が25日、ドイツで開催された。>ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシアによるウクライナ侵攻が長期化するなか、NATO(北大西洋条約機構)加盟国や、日本やオーストラリアなど、40カ国以上の国防相や高官が参加し、ロシアに断固対峙(たいじ)する姿勢を明確にした。いよいよやりますね。>ジャーナリストの長谷川幸洋氏は、「自由・民主主義勢力」として、平然と「戦争犯罪」を続けるロシア軍の暴走を許さず、「ロシア打倒」「ロシア壊滅」も視野に入れた動きだと分析した。>◇>オ...戦略大転換

  • サピエンス全史  

    >『サピエンス全史』を読んで気付けた3つの思い込み>人類の誕生秘話、国家という存在、自由という価値観についての思い込み>話題の本『サピエンス全史』、上下巻に分かれていて、やっぱり長かったですがようやく読破しました。>読んでいて自分の思い込みに気付くことができたので、ここでご紹介します。それは良かったですね。>その思い込みとは、>・私たち現代人類種は、ネアンデルタール人から入れ替わるように進化したと思っていた>・国家や貨幣や有限会社といった現代の制度は、宗教や原始的なまじないとは一線を画するものだと思っていた>・自由や平等や人権、自分らしく生きるといった価値観は普遍的なものだと思っていた>の3つです。>今日はヘビーになりそうですね。普遍的とは千変万化しないということでしょうね。>私たち現代人類種は、ネアンデルター...サピエンス全史

  • ブリンケン米国務長官  

    >日本“強制参戦”危機!米国務長官「岸田首相がNATO会議参加」ブチ上げ発言に官邸てんやわんや>日刊ゲンダイDIGITAL2022/04/2814:20(略)>日本も戦争に巻き込まれてしまうのか。無為無策で過ごしていたらそういう事になるかもしれませんね。相も変わらず日本人は呑気な平和愛好家ですからね。>ブリンケン米国務長官が26日、上院外交委員会の公聴会で、6月下旬にスペイン・マドリードで開催予定のNATO首脳会議に日本が参加すると明言。>ロシアによるウクライナ侵攻について「日本が素晴らしい形で立ち向かった」と称賛してみせた。日本の素晴らしい形の立ち向かいになりましたね。>■プーチン大統領激怒>ブリンケン発言は、NATO拡大を忌み嫌うプーチン大統領を刺激したに違いない。そうですね。プーチン大統領はこのところ始終...ブリンケン米国務長官

  • 徳山あすか氏  

    >JBpress>在モスクワの日本人もびっくり、実態とかけ離れたロシア報道>徳山あすか2022/04/2806:00(略)>5つの「ありがち」フレーズ>ここ2か月、日本発のロシアに関するニュースやコメントでよく使われているが、ロシア暮らし9年目でロシア社会を取材してきた筆者にとっては、違和感があるフレーズがある。>「対露制裁を強めれば、国民が立ち上がり政権崩壊につながる」>「ロシア人が苦しむのは自己責任」>「若者は反政府、高齢者は親政府」>「情報統制が厳しく正しい情報が伝わっていない」>「ロシアはありえない国」>この5つだ。>本来のロシアの姿が「ロシアA」であるとするなら、上記5つの要素が合わさってニュースに登場することによって、日本人の中に「ロシアB」という、実態とズレたイメージが形成されているような気がする...徳山あすか氏

  • 支援に感謝  

    >読売新聞>ウクライナ、ツイッターに30か国の「支援に感謝」…日本は含まれず>読売新聞2022/04/2721:02>ウクライナ外務省は25日のツイッターで、「困難な時に揺るぎない支援に感謝する」などとして、米国やドイツなど約30か国の国名を挙げた動画を公開したが、日本は含まれなかった。残念でしたね。わが国は持てる力を出し切れていませんね。わが国は世界の中にあって世界に属していない。>外務省によると、ウクライナ政府からは「武器支援を行った国への謝意が示された」との説明があったという。>ウクライナは日本にも武器の提供を求めているが、日本からの供与は防弾チョッキなど非殺傷の装備品に限定されており、欧米諸国の支援とは落差がある。これは‘身から出た錆’ですね。ゼレンスキー氏は、ウクライナがロシアから欧州を守る「盾」にな...支援に感謝

  • 聖ロシア  

    >宗教史で考える聖ロシア>2022年04月26日|沈思黙考>ロシアによるウクライナ侵攻が続いている。>罪なき一般市民に心を寄せることは大変重要だが、数々の災害の延長線上でのみこの悲劇をとらえているだけでは問題の本質は理解できない。そうですね。人間の問題ですね。>本稿では、昭和以降の日本人にとって世界認識の死角となっている東欧・ロシア世界を、宗教という切り口で考えてみたい。(略)>現在のロシア正教会のトップ、すなわちモスクワ総主教はキリル1世である。>プーチンと同郷であり、プーチンの引き上げで総主教に選出されたという話もあるこの総主教は、今回のウクライナ侵攻を「祝福」すなわち支持している。総主教はプーチンのKGBの後輩ではないでしょうね。>またキリル1世は、2020年にロシア軍のために新築された聖堂に、プーチン大...聖ロシア

  • 二階俊博氏  

    >「一日も早く平和を」二階氏、ウクライナ大使と面会>2022/4/2617:05>政治(略)>ウクライナ侵攻>自民党の二階俊博元幹事長は26日、在日ウクライナ大使館でコルスンスキー駐日大使と会い「われわれは常に心を寄せている。>一日も早く平和な時代が訪れるよう共に頑張ろう」と激励した。政治家は来るべき世界の実現に日夜腐心すべきですね。平和の時代を得るために、いかなる政治的なチカラを現実に加えて世界を動かすかの問題ですね。その方策を記事の内容として世間に知らせるとマスコミの評価があがりますね。そうでなければノンポリ・政治音痴の人間ですね。わが国の政治家は果物や千羽鶴を用意しただけではどうにもなりませんね。それは小学生の段階ですね。小学生の段階もある。しかし、それが全てである大人では困りますね。>コルスンスキー氏は...二階俊博氏

  • 亀山郁夫氏  

    >AERAdot.>ウクライナ侵攻はロシア人の国民性につけこんだ行為神と大地に忠実で「強力なリーダー」を求める傾向も>2022/04/2311:00(略)>ロシアによるウクライナ侵攻に終わりが見えない。>プーチン大統領は、国際社会から非難を浴びながら、民間人への攻撃も続けている。‘やるしかない’ということですね。>プーチン氏の暴挙の背景には何があるのか。>AERA2022年4月25日号は、亀山郁夫・名古屋外国語大学学長に聞いた。>***>同じスラブ民族からなるウクライナとロシアは、ベラルーシとともに「兄弟」関係にあり、ウクライナはある意味で兄的な存在ということができます。>これはむろん、歴史的に右派が培ってきた思想です。>同時に、ロシアにとってウクライナは「母」の位置にあるといっても過言ではありません。>そうで...亀山郁夫氏

  • 池田沙絵美氏  

    >「自分が正解だって思い込まないこと」オーストラリア在住日本人からのメッセージ>日テレNEWS2022/04/2112:25(略)>ロシアによるウクライナへの侵攻。>世界中で1日でも早い解決を求める声が広がる中、様々な立場の方からのメッセージを紹介しています。>多くの国から留学生を受け入れているオーストラリアで暮らす日本人からのメッセージです。>◇◇◇>オーストラリア在住シェフ見習い池田沙絵美さん(31)「なんでこれが起きるのかっていうあたるところのない怒りじゃないですけど無力感がすごいですね。ここが思案のしどころですね。みんなで話し合いましょう。>絶対に自分が正解だって思い込まないこと。そうですね。考えの内容は人によりけりですからね。現実(事実)は見ればわかる。Seeingisbelieving.現実の内容は...池田沙絵美氏

  • 樋口讓次氏  

    >JBpress>国際法を完全無視したロシアの残虐性、その歴史的背景>樋口譲次2022/04/2206:00(略)>中国が日本に侵攻したら>中華人民共和国(中国)は、ロシアと同じように国際法を守らない国である。>また、自国の一方的な主張に基づく国際法解釈に沿って国内法を作り、戦狼外交で強引に実現を図ろうとしている。そうですね。中国人は自己中心的ですからね。中国の薛剣[シュエ・ジエン、53]・大阪総領事:ウクライナ問題から得た「一大教訓」は「弱い人は絶対に強い人に喧嘩を売る様な愚か(な行為)をしてはいけないこと」>南シナ海では、歴史的権利の主張の下に、ほぼその全海域をカバーする9段線を引き、その内側は中国の排他的領域であると主張し、南沙諸島の7つの岩礁を埋め立てて人工島を作り、あっという間に軍事基地に変えてしまっ...樋口讓次氏

  • 窪田順生氏  

    >ダイヤモンド・オンライン>在日ロシア人排斥、ウィル・スミス擁護…日本にはびこる「正しい暴力」の幻想>窪田順生2022/04/2106:00(略)>ロシア人への「正義ある暴力」は悪くないと考える日本人>「ロシア」への怒りを爆発させる「正義の日本人」が増えている。予想される出来事ですね。>例えば、読売テレビが4月15日に報じたところによれば、日本が好きになってロシアから7年前に来日して、大阪府内に住んでいる女性ユーチューバーの元には、こんなコメントが多く寄せられているという。>「ロシア人は詫びて死んでブタの餌になればいい」>「ロシア人全員が悪い!在日ロシア人は外出気をつけろ!」>こういう話を聞くと必ず「こんなアホは日本人の中でもほんのひと握り」と言い訳をする人がいるが、この女性のSNSには毎日のように誹謗中傷が投...窪田順生氏

  • 五十嵐仁氏  

    >安倍元首相が国際社会のクリミア併合黙認を批判…またも「おまえが言うな」の厚顔無恥>日刊ゲンダイDIGITAL2022/04/2014:00>19日付の仏紙ルモンドが、安倍元首相の寄稿を掲載。>今回のウクライナ危機を台湾有事に重ね、中国が台湾に侵攻した場合は米国が防衛する意思を明確にすべきだと主張する内容である。日本人が意思の事を述べるのは自分自身がそれにふさわしい状態にはないですね。日本人には意思(will)がない。つまり、無心である。意思は英語の未来時制の文章内容であるが、日本語の文法には時制(tense)というものがないので、日本人には意思がない。意思のあるところに方法(仕方)がある。Wherethere'sawill,there'saway.日本人には意思がない。仕方がないので無為無策でいる。おとなしい...五十嵐仁氏

  • 八木秀次氏  

    >zakzak>突破する日本>ウクライナ降伏論に通じる「関・森嶋論争」>ソ連の脅威復活で「『無知』な平和主義者の平和論」「軍備は果たして国を守るか」の論争勃発>2022/04/2006:30(略)>ロシアのウクライナ侵攻は、日本にも人ごとではなくなった。そうですね。我々日本人も思考停止ではいられなくなりましたね。>北海道侵攻の可能性が浮上している。>ロシアはソ連時代から北海道の北半分の領有を主張してきた。そうですね。ロシアは前々から北海道をほしがっていましたね。>冷戦時代には「ソ連の脅威」が語られてきた。>ソ連崩壊により脅威は去ったと思われたが、ウクライナ侵攻で復活しつつある。そうですね。元寇の再来を思わせるものですね。>ロシア海軍は艦艇4隻に津軽海峡を通過させ、日本海で巡航ミサイルの発射演習をするなど威嚇して...八木秀次氏

ブログリーダー」を活用して、kawateraさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kawateraさん
ブログタイトル
日本人の知的能力を増進する提案ブログ
フォロー
日本人の知的能力を増進する提案ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用