searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

工房アパート時々倉庫さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
工房アパート時々倉庫
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/xb9dv5
ブログ紹介文
仕事半分、趣味半分。
更新頻度(1年)

110回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2014/12/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、工房アパート時々倉庫さんの読者になりませんか?

ハンドル名
工房アパート時々倉庫さん
ブログタイトル
工房アパート時々倉庫
更新頻度
110回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
工房アパート時々倉庫

工房アパート時々倉庫さんの新着記事

1件〜30件

  • Mr.ポストマン

    先週のチョコレートの箱の中味はクリソの海に潜水艦。さて、今週の箱の中からは何が出てくるのやら・・・この木箱に入っていたのは確かワイングラスだったような気がしますがアルコールが全くダメなソウコオヤジが買うはずないし・・・とにかく、天安の佃煮から鳥めし弁当のスチロール箱まで大事にとっておくような自他ともに認める箱フェチなソウコオヤジがこの箱を利用して作ったものがコレ。いざ、オープン・セサミぃ~箱の中に「時計の街」を作ってみました。(作ったのは数年前?)家は全て発泡スチロール製のソウコオヤジ・オリジナル。針葉樹はバルサ材+透明インク、低木や芝生はNゲージ用。右下にとぐろを巻いた🐍がいるのが分かりますか?(㊟ーこの縮尺だと余りにも大きすぎる)因みに、この中の4軒は実際の当アパート縮尺模型です。中味はこの様に取り外せるし...Mr.ポストマン

  • クリソとイ-400

    さて、本日のタイトルは「クリソとイ-400」なんてご想像のとおり「セーラー服と機関銃」を意識しました。アイスクリームとサクランボが浮かぶソーダの海。その海に浮かぶのは旧日本海軍のイ-400潜水艦。特殊攻撃機「晴嵐」も搭載してます。潜水艦は古本屋で見つけた雑誌のおまけにアクリル絵の具で着色。アイスとサクランボは軽いナントカ紙粘土。緑の「海」は食品サンプル用のレジン液です。箱は良くもらったりする一口チョコの空き箱。イ-400の隣の潜水艦は専門外なので名称不明。エッ、何故こんなモノを作ったかって?そんな事を聞くのは野暮ってもんですよっ。PS➔レジンの海が波立たないで泡立っているのはご愛敬ということで・・・クリソとイ-400

  • 簾から箒へ

    「簾」書けません。「箒」勿論、書けません。パソコン、やはり便利です。でも、簡単な漢字も書けなくなりました。💻さて、8月中旬の酷暑の日の事です。自宅のあるところから突然出てきた薄汚れた簾。だいぶくたびれてはいてもしっかりした作りなので自宅の西日が当たる小窓の日よけ用に、いざリサイクル開始。自宅の小窓も西日を除けたいのは半分だけなので実際に使うのは三分の一程度で充分なので・・・残りは捨ててしまうには勿体ない。そこで閃いたのが細竹の箒。早速紐をほどいて取っ手部分にテープを貼って、はい完成。何だかリサイクルしても「作った感」がゼロなのが残念。因みに、一番上の「黒竹」の竿の部分も取り外して洗って桐生の骨董市で買った藍染の暖簾用に再利用するつもりです。🐳最後に、この作業をやりながら思い出した話が鯨の解体作業。確か鯨は髭から...簾から箒へ

  • 出窓の模様替え

    当工房の出窓は西向き。窓の外は花壇➔駐車場➔通学路、なので日当たり抜群。日当たりと言っても、午後から日没まで西日が結構キツいんですよ。なので、自作ソーラー風車は良く回るのなんのって。そのソーラー風車を眺める小学生たちもそろそろ飽きたようでして。それならばということで大人用に出窓も模様替えをしてみました。ソーラー風車から多肉植物+自作MB鉢へいざチェンジです。以前貰った窓用強化ガラスにレンガにキッチン小物でレイアウト。真ん中2~3段目の四角い箱は例のチョコ菓子のミニ缶にちょっと匂いのする(?)多肉植物の茎を指しておいたものです。四角い乳白マット釉鉢に植わっているのは多肉植物の「赤鬼城」ですがどこが赤鬼なのって思うほど今のところ赤くはないんですよね。かなり前に「アフリカン植木鉢」シリーズで作ったのでそれっぽい多肉植...出窓の模様替え

  • ミニ・ペットボトルその後

    向かって右側、貰い物のブルーベリー・ドリンク。そして、左側は自販機で見つけたゼリー飲料。ブルーベリー・ドリンクは混ぜ物なしの生一本の味。美味しいかと言えば???なんですが体に絶対よさそうな味。さて、本題のゼリー飲料は完全な衝動買い。この日は、まずブルーベリー・ドリンク試飲後にシャカシャカして飲みました。飲んだ後、ボトルがあまりにも可愛いので何かに使えないかと考えて前に買っておいたスポーツドリンクのパウダーの保存容器にしてみました。小袋に分けて入っていたパウダーをこのミニ・ペットボトルに移してみたけれどハッキリ言って殆どわざわざ移し替えるメリットはありませんでした。むしろ、袋からそのままペットボトルにパウダーを移したほうがどれだけこぼさず短時間にスポーツドリンクが出来るかを実感です。後日、もう一本買っておいたゼリ...ミニ・ペットボトルその後

  • 雲・雨・恐怖

    雲、好きです。真っ白い入道雲、思わずパチリ📸雨も、好きです。MB鉢の植物たち、猫額畑には恵みの雨。それにしても、程度ってもんがあるじゃないですか。降りゃいいってもんじゃないっ。目の前の駐車場が真っ白になって何も見えない。ここまで来ると恐怖を感じますここ数年来、夏のダラダラ酷暑に暴力的な台風。昔はこんなに・・・なんて言いたくないけれど。IT,Iot,5G,コロナ過等々生きてる時代は近未来。天気も地球規模で近未来なんでしょうかね。色んな意味でちょっと辛い近未来です。雲・雨・恐怖

  • 後悔の遮光ネット

    猫額畑の突き当りと工房の角のフェンス脇の遮光ネットです。この大きさのネットが実は3枚あるのですが・・・この写真は実は7月下旬のまだ雨ばかり降っていたころのもの。ネットを張ったばかりで、まだMB鉢の盆栽を移動していない状態です。あぁ、今年の夏を甘く見ていた。言い訳をしてもアフター・フェスティバル。そして、一か月後の今日9月1日。後悔、後悔、又後悔。横着しないで3枚きちんと遮光ネットを張っておけば良かった。この下に入りきらなかった鉢が多数残念なことになってしまった。9月は後悔と反省からのスタートです。グスッ後悔の遮光ネット

  • 祈りの花瓶

    今年の八月はコロナのせいで消化不良の夏です。我々日本人にとっての八月はあの世とこの世を行ったり来たりの特別の月。お盆に原爆に終戦記念日、そして夏祭りに甲子園に夏フェスに毎年あの世もこの世も非日常とハレの日だらけの八月なのに。しかし、近頃の異常気象と自然災害そしてコロナなどは全て我々人類の悪行に対する神仏からの警告だとしたら・・・。あぁ神様仏様、ソウコオヤジは先月から一度もレジ袋を貰っていません。不要不急の外出は皆無、でもしっかりお墓参りは行きました。さて、またまたここからが本題です。まずはコレ何だか分かりますか?実はコレ、ペットボトルと段ボール箱で作った花瓶なんです。箱の中を裏から開けると・・・切ったペットボトルが入るようになっています。材料費はホームセンターで買った小さい段ボール箱×2で400円くらい。あとは...祈りの花瓶

  • 「晴読雨耕」の日々

    晴耕雨読じゃありません。酷暑・猛暑・炎暑・残暑、もう、うんざりだっ。こう暑くては猫額畑はほったらかし。なので今では巨大🍆🥒の生産地に変身。ミニ🍅も収穫しても後から後から・・・こちらも今はもう観賞用トマトの木に変身。・・・と、ここまでがいつもの愚痴。まずは御身大切なので工房は午前中でオサラバしてあとは・・・酷暑+コロナ⇒エアコン+読書。・・・と言うことで、晴れた日は寝転んでひたすら読書三昧。Bookナントカで大量買いしておいた本からこの2冊をチョイス。まずは「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」ですが以前に話題になった本なので気になっていたので迷わず210円でゲット。太宰治からさくらももこまでよくもまあここまでパロッたもんだと感心。パロディ好きなソウコオヤジとしてはあまりの〇〇さに脱帽です。因みにソウ...「晴読雨耕」の日々

  • サバの缶詰

    ウイークデーは自宅から約5分、チャリンコで工房に「出勤」します。午前中は8時半から机に向かって一心不乱に事務処理をするソウコオヤジ(嘘)。そろそろリモートワークに切り替える頃かと考えながら工房から帰宅。さて、よく働いた後(嘘)はお昼ごはんだ。工房の玄関には念のためこの看板をぶら下げて置きますがまあ、必要ないんですけどね。🍛さて、ここからが本題です。前回が「多肉植物」の缶詰だったので今回は正真正銘「鯖」の缶詰。もう自他共に認める気力・体力・好奇心の三拍子をなくしたソウコオヤジだったのではありますが、今回は一度撤回させて頂きます。。もうだいぶ前から一度はやってみたかったことを実践しました。それが「サバ・カレー」を作ることでして・・・。以前にツレアイにサバの水煮缶詰を買っておいてもらったのでお昼にツレアイが外出してい...サバの缶詰

  • 肉の缶詰

    肉は肉でも牛でも豚でも鶏でもない肉はなぁ~んだ?それはネ、多肉植物・・・でした。その多肉植物を空き缶に鉢植えにしたのは半年前。随分とほったらかしても元気いっぱい。アンタはエライッ。確か使ったのは牛肉の大和煮缶詰だったような。🍖最近はあまりの暑さにあらゆる意欲が減退しておりますので本日はこれにて失礼いたします。肉の缶詰

  • 特大精霊馬

    今年のようなコロナ過でもお盆はお盆。仕方がないとはいえ今年は少数精鋭の寂しいお盆です。日本全国新旧のお盆の行事はそれぞれですが当地ではごくごくスタンダードにキュウリの馬でお迎えする旧盆スタイル。さて、今年の馬は・・・・猫額畑で獲れたコレ。フェンス脇の下の方にあったので、完全な獲り忘れ。それにしても割り箸の足をつけたら、ナンジャこりゃ。キユウリというよりはヤマタノオロチみたいだ。これがヤマタノオロチだったらコロナ過を退治してほしい・・・でも、この長さでご先祖様たちのソーシャル・ディスタンスもバッチリ確保。ところで、送り盆用のナスも地方によっていろんな説があるんですね。例えば馬でなく牛だったり、おみやげを沢山積めたり・・・。それに、お盆後のナス・キュウリをどのように処分するのが正しいのかも調べてみると諸説あるようで...特大精霊馬

  • 鉢の名前は?

    さて、この植木鉢orプランターを何と名付けたらよいか。省エネ植木鉢、カセット・プランター、ものぐさとっかえひっかえ鉢、カムフラージュ誤魔化しプランターetc・・・事の始まりはいつものケチケチ・スピリットから。工房裏に何年も使われていない大きな鉢が2個。せっかくなので使ってあげようと思っても鉢の大きさから花苗は一鉢に数個は必要。Kホームで花苗を買おうと思うと一個百円じゃ買えないし・・・そこで、ソウコオヤジに悪知恵がピッカーンと閃いた。💡さて、その悪知恵を早速実行。まず、鉢底にスチロール板を敷いて上げ底に。そして、真ん中に育苗ポットを針金で括り付けて完成。素焼き鉢はこんな感じ。プラスチックのプランターは底が浅いのでスチロール板は使わずそのまま育苗鉢を底に括り付けます。そして、大きな鉢と育苗鉢の隙間に培養土を入れてホ...鉢の名前は?

  • エアライン鯉のぼり

    例の鯉のぼりエアライン・シリーズを作っていたのは4か月前。あれ以降、地球が丸ごとまさかの坂を急降下(?)するなんて・・・。🌎あの頃は国際線シリーズの紙の鯉のぼりも作ってますなんてずいぶんと呑気なコトを言っていたのが今では嘘のようです。しかし、その後自作の「モックアップ」を使ってKLMにUNITEDにALITALIA、ついでに政府専用機まで作ってしまった。ヒコーキファンとしては羽田の駐機場にズラッとプラモデルのように旅客機が駐機しているのを見ると思わず「一機安く譲ってくれ」と勘違い。オットいけない、正当な自称アート系航空ファンとしてはこれらのエアライン鯉のぼりを作品に仕上げなければいけない。・・・という訳で、駐機場に止まっている旅客機が以前のように大空に羽ばたいていけるようにとの願いを込めた作品がこちらです。バル...エアライン鯉のぼり

  • カボチャ・タワー

    工房のフェンス脇に狭い猫額畑はありますが自宅のカーポートの後ろにもほんの数坪の家庭菜園。その菜園の自作生ごみコンポスト跡から自然発生した芽が去年食べたカボチャの種からだったとは気が付きませんでした。芽が出たときからツレアイはカボチャ、ソウコオヤジはズッキーニと頑なに主張。そして、御覧の通りツレアイの勝ち。それはさておき、狭い家庭菜園で育てているのはキュウリ・ナス・ミニトマト・シソ・バジル・枝豆・・・・。そんな中で植えもしないカボチャがグングン成長。去年の生ごみが堆肥として効いているのかもしれない。なので、あり合わせの数本の鉄杭と支柱で狭い菜園で効率よくカボチャを上に伸ばしていく作戦へ。ということで、カボチャ・タワーの完成。このまま更にグングン成長したら、ど、どうしよう。🌱今の気分は「ジャックと豆の木」ならぬ「オ...カボチャ・タワー

  • カラスの羽ペン

    「羽根ペン」or「羽ペン」、どっちが正解?早速ググってみたら・・・どっちもあるじゃないか。本日の話題はyoutuber的に表現すると「カラスの羽でペンを作ってみた」ってなるんでしょうか。🐦さて、某月某日猫額畑にカラスの羽根が落ちてました。先月はスズメの頭蓋骨(?)にバッタの交尾にイラガの大群等々。ポツンと一軒家じゃあるまいし・・・それはさておき、とにかくカラスの羽根が落ちてたんです。これを見てピーンと閃くのがソウコオヤジの真骨頂。「そ、そうだ、羽根ペンを作ってみよう」世間の殆どのことに情熱と好奇心を失ってしまったのに時々しょーもない事スピリットがムクムクと・・・。早速ナイフで切れ込みを入れて羽ペンの完成。インクは愛用のPILOT万年筆のカートリッジを使用しました。おっ、ちゃんと書けるじゃないか。何故か気分は羽根...カラスの羽ペン

  • カエル前に・・・

    日曜と祭日以外は工房に毎日出勤しておりまして・・・まず最初にやることは入り口のドアのカギを開けることからスタート。今は夏場なので、更に2か所のドアを開けてから工房の4か所の窓を全部開けてから冷房の準備です。冷房といっても毎度お馴染み「濡れタオル×3」と年代物の「家庭用」と「工業用」の扇風機が各1台づつ。これで気化熱がナントカなるとは思わないけれどタオルからポタポタ垂れる水滴を見ているだけでも・・・さてこの数か月、ご多分に漏れず当工房も来客がほとんどゼロ。こちらも3密を避けて外出もほとんどゼロ。そのせいで、工房ではオリジナル・アート作品が驚異のスピードで完成するし、ついでに猫額畑のナスは超大豊作。そんなこんなの毎日で、今は大相撲夏場所中なので4時半には工房を閉めて自宅へチャリに乗って帰ります。🐸さて、ここでいよい...カエル前に・・・

  • 恐竜鉢製作前後

    陶芸らしきものを初めて幾星霜。図らずも不燃ごみを大量生産してきた黒歴史。そこから得た教訓は数あれどモノツクリは段取りと実験。今回の恐竜鉢作りも過去の苦い経験からまずは段取りからスタート。長男が小学校で使っていた「机の引き出し(?)」に道具を出してみます。タイルボンド・マスキングテープ・ゴムベラ・大型ピンセット等々。次は割れて使えない素焼き鉢で色々と実験します。漆喰の濃度と素焼き鉢の相性、CMC糊の必要性も確認します。この段取りと実験結果を経て、いざ実作。後は技術と運次第ですが・・・実際にやってみると漆喰を塗るゴムベラさばきが難しい。更に、前回に書いた通り、不測の事態が次々と発生。ダメだ、こりゃ×3回。こんなはずでは×2回。死屍累々の素焼き鉢を積み重ねているところは全てカット。そして、出来上がった怪獣鉢に自宅で冬...恐竜鉢製作前後

  • 恐竜植木鉢

    さて、久しぶりのタイル植木鉢作りでは勘が戻らず苦戦でした。割った恐竜のレリーフとタイルのレイアウトも試行錯誤。どうもティラノザウルス2頭だけじゃ寂しいのでクッキーの型で作った「木」も貼り付けてみました。次は、鉢底に陶画用ゴム糊をアンモニアで薄めた自作の液を塗り鉢の上にはマスキングテープを張り付けます。更に、鉢の内側には一番小さい養生シート(?)をくっつけて漆喰が内側にかからないようにして準備完了です。いざ漆喰を水で溶いて硬さを調整、鉢の表面も霧吹きで湿らせてイッキに漆喰を塗ったのいいけれど・・・アレアレ、素焼きの鉢の給水スピードに作業が追い付かない。漆喰の乾燥スピードってこんなに速かったっけ?🦖右往左往に悪戦苦闘で課題を残しつつも、いちおうナントカ・カントカ完成しました。では、いよいよ顰蹙覚悟のタイル鉢作りを・...恐竜植木鉢

  • 新タイル鉢は・・・

    新タイル植木鉢はここからスタート。まずは、工房の裏手から古い素焼き鉢を探し出すところから。ホントは新しい鉢の方がタイルも貼りやすいけれどケチなソウコオヤジは古い植木鉢をリサイクルします。これぞフライベートなミニSDG'sのつもり・・・と言うよりは、製作途中で失敗するかもしれないのです。何故かと言いますと、今回はタイルだけでなく以前に焼いた陶片なども使うから。具体的にはこういう事でして・・・恐竜好きのYちゃん達が工房に遊びに来た時にあげようと思って作っておいた恐竜のレリーフ。今時の子供たちもステイホームから学校でも忙しいようですっかりご無沙汰になってしまい恐竜も出番ナシなので・・・。それならば、いっその事金槌で砕いて恐竜植木鉢に方向転換。ドクロ鉢があるのだから恐竜鉢があってもいいじゃないか。🦕とにかく、陶片の形や...新タイル鉢は・・・

  • 旧タイル植木鉢

    数年前に建築関係のKさんから貰ったタイルで作った植木鉢です。新築の家の壁面にモザイク画を描いたときの残り物のタイルの有効活用。Kさんが、どうせ捨てるならまずはソウコオヤジのところへ・・・という訳で有難く頂いて素焼き鉢に貼り付けて作ったモノ。今年は5月からこうやって5種類のベゴニアを植えて楽しんでいます。なお、工房内でもポトスとオリヅルランでタイル鉢を通年使用しています。もう何度も当ブログに登場している陶の💀とタイルのコラボレーション。相変わらずオバサン達には露骨に嫌われているこのドクロ鉢です。作者としては髑髏に観葉植物なんてユニークで面白いと思っているけれどまぁ「蓼食う虫もナントカ」ということで・・・・。さて、今回は室外用5鉢、室内用2鉢の旧タイル植木鉢のご紹介でしたが次回からは髑髏鉢以上に顰蹙を買いそうな新作...旧タイル植木鉢

  • 僅か半年で何が何だか分からない世の中にそして、誰を、何を、信じたらよいのか分からなくなってしまった。ケータイからスマホを片手に歩く人類を見て近未来を感じていたらコロナが突然やってきて完全に世の中が未来になってしまったようで・・・。ソウコオヤジの認知機能は完全にショーワでストップ。こうなったらヤケクソでBacktothefutureだっ。🚘さて、今日の愚痴りが終わったところで、今年も素焼きの蚊遣り猫or狸の登場。去年から使っている峠の釜飯容器+ミニ蚊取り線香も準備万端。アマリリスやユリも咲き終わってアパート花壇は蚊だらけ。勿論、腰につけるケータイ蚊取り線香も怠りなく標準装備完了。因みに、線香に火をつけるライターは5個も持っていた。ショーワオヤジには必需品のパイプ印(?)のマッチも当然持ってますよ。追伸➔先日Kホー...カ

  • 飯度迷怒の箱

    9年前にブログを始めた頃の目的も内容もすっかり変身。「工房アパート時々倉庫」も今では意味がなくなってしまった。そして、大震災にコロナを経て今では九割八分が暇つぶしのこのブログ。今日のタイトルを考えるのにも数時間のヒマがつぶれまして・・・。🍚さて、今日の写真はコレからスタート。あの佃煮で有名な「天安」の佃煮の詰め合せの箱です。毎年お正月の貰い物、一番の大好物です。ちなみに第二位はと「やらと」の羊羹。注➔アルコール類はNothankyou.さて、話を元に戻して「飯度迷怒」と書いて「ハンドメイド」とは。実は、当家の炊飯器のしゃもじを変えたところから始まります。以前は炊飯器の横にちょこっと「しゃもじたて」がついていてそこにしゃもじは立てかけられたのでアリマス。・・・が、ある日突然何の前触れもなくツレアイがしゃもじをハイ...飯度迷怒の箱

  • レタス・その後

    下の写真をアップしたのは確か6月上旬でしたよね。あ~ぁ、あの頃の猫額畑の採れたてレタスは美味かった。まだ小さくて結球したてのシャキシャキしたレタスはその後・・・今年は何故か育つのなんのって、猫額畑がレタスでいっぱい。ちょっと見ただけではレタスってことがわからないまでになりまして。ところが世の中そんなに思い通りにはいかないものですよねぇ。気が付かないうちに「招かれざる客」が大挙しておいでになりまして。アンタらを招待した覚えは無いっ。こんな時なんだから自宅待機してろって~のに。そして・・・結局、残念ながら・・・こんな感じで梅雨の晴れ間に天日干しをしてカラカラにしてから黒いビニール袋に入れてシラカシ落ち葉と一緒に腐葉土にしてみます。ここで悔しさまぎれにいつもの合言葉「倒れるときは前のめり」グスッ😢レタス・その後

  • アフターUFO

    「母さん、僕のあの麦わら帽子、どうしたんでせうね」このセリフで映画「人間の証明」を思い出す人はソウコオヤジと同年代。🎥ここで昔ばなしをしたいところをグッとこらえて、本日の話題です。さて皆さん、仙台上空のあの未確認飛行物体、どうしたんでしょうね。あれは確か6月17日だったと思うのですが・・・。白い球体にアンテナのようなものがぶら下がっていましたよね。あれだけテレビやマスコミで騒いでも何もわからないのだから正に未確認の飛行物体の定義そのものですよね。🛸UnidentifiedFlyingObjectまさか生きているうちにこんな形でホンモノのUFOに遭遇できるとは。でも、出来るなら昔の少年雑誌に出てくるアダムスキー型であってほしかった。それにしてもあのUFO、2週間経った今、どうなっているんでしょうか。色んな意味で未...アフターUFO

  • タッグdeパワーアップ

    以前に紹介したPublisher98で描いたアマビエののぼり旗。もっと以前に大量に作った陶のミニお地蔵君。アマビエがお地蔵君でタッグを組んでコロナ退散!ついでにペーパー鯉のぼりをくっつけて運気上昇だ。これからはコロナ+水害に地震等々の自然災害に備えなければ。そして、我々はやることやったら最後は神頼み。ちなみに、当工房のミニ神社も自然災害から守るために透明ドームにお引越し。ホントは先日食べたモンブラン・ケーキの容器を埃除けにしました。たまたまミニ神社にぴったりの大きさだったもんで・・・。タッグdeパワーアップ

  • メモ

    映画「博士の愛した数式」知ってますか?数学者の寺尾聰が事故で記憶が80分しかもたなくなる話。テレビで何回も見ましたが、なかなかいい映画ですよね。さて、博士ほどではないものの、#metooなんですよ。あの映画の中で博士は身体中にメモ用紙をはりつけていましたがソウコオヤジも数年前からメモ魔と化しておりまして・・・自宅には電話前・書棚横・机の下などなどあらゆるところにメモ用紙工房にもPC横・事務机の中・工具箱などなど。そして、メモしたものは工房の工具棚の一番目立つところにこんな感じでマグネットでベタベタと・・・メモは自分だけのメモなので文字も絵も訳の解らない記号ですね。さて、時々自分でも解らなくなるその記号の中味とは・・・全て工房でこれから作るしょーもない作品のヒントなどなど。例えば、スチロール額のデザイン、怪獣の鱗...メモ

  • 自作専守防衛装備品

    またまた憂鬱なこの季節。彼らだって生きていかなければならないけれど・・・。去年はほとんど全敗したので今年こそは早期防衛力強化です。さて、守るべきはクチナシの若葉、敵はオオスカシバ軍団。昨年は当方もスミチオン乳剤などで軍団を攻撃してみたものの時すでに遅しという感じで効果が見られずに敗北。なので、今年は早々と専守防衛のための装備を開発です。これがオリジナル対害虫防衛ネットです。骨組みはプラ鉢用の「台」をそのまま利用。それに防虫ネットをかぶせて出来上がり。早速アパート花壇のクチナシの木に被せてみました。見てくれは悪いけれどこれで防衛力はバッチ・グー(古っ!)さて、あまりにもクチナシ用防衛装備品が簡単に完成してしまったのでついでに自宅のシソの葉防衛のための装備品も開発しました。こちらは7号プラ鉢をカッターで輪切りにした...自作専守防衛装備品

  • 孤独のカレー

    如何にも高級そうなナントカチョコレートの缶箱。勿論いい年こいたオヤジが買う訳もなく貰い物(念のため)です。さて、中身を食べた後の現在は何が入っているでしょうか?実は家族にも絶対に秘密にしているアレを隠し持っています。正解は・・・4種類のカレースパイスでした。スパイスの瓶と缶の大きさが隠しておくのにピッタシカンカン。このスパイスは全部ご近所のスーパーで買ったもの。そして、今はナントカパッドで簡単に本格カレーのレシピがゲット可能。なので、一人の自炊ランチでは実検実験マタ実験。市販のルーは使わずにホールトマトから・・・もやってみた。クミンシードを工房にある陶芸用の乳鉢でパウダーにしてみたり・・・(良い子は絶対にマネしないようにネ)さて、今まで手打ちうどんやソバ打ちを自慢げに披露していたが前述の通りこのカレー作りだけは...孤独のカレー

  • トリの骨

    本日のブログ内容をアップするのに多少躊躇していますが・・・。気分を害された方がいらしたら今回だけはご勘弁をさて、倉庫の定期防火点検やメンテナンスで時々出てくるのがネズミのミイラや散乱した鳥の羽根などです。発見するのはU字鉄筋の溝の中。因みにこの鳥の頭蓋骨(?)は倉庫の中ではありませんが・・・。手のひらに乗るくらいだからスズメでしょうか。あまりにも完全な形なので工房まで持って帰ってしまいました。🐓🐦たまたま、最近は「骨」に関心がありましてこの骨を見つけてまず思い出したのがフライドチキンでした。次に思い出したのが子持ちガレイの煮つけとアユの塩焼き。山育ちの友達A子の芸術的なアユの骨抜きを思い出したり・・・。「生」と「死」を考えながら鶏肉や魚を食べていたらそれこそ故杉浦日向子さんにはオマエはアホかっ・・と言われそう。...トリの骨

カテゴリー一覧
商用