すさみ町で愛犬とのんびり暮らし
住所
すさみ町
出身
北区
ハンドル名
bellさん
ブログタイトル
すさみ町で愛犬とのんびり暮らし
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wada3bell
ブログ紹介文
愛犬ベルとの暮らし・周辺の散策・電子工作
自由文
-
更新頻度(1年)

36回 / 278日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2014/11/28

bellさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 39,687位 50,305位 49,988位 49,756位 49,722位 49,710位 45,860位 969,371サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 618位 906位 888位 888位 890位 888位 831位 16,743サイト
電子工作 9位 16位 17位 15位 15位 15位 15位 199サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 80,030位 80,775位 80,699位 80,606位 80,715位 圏外 71,088位 969,371サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 1,336位 1,362位 1,355位 1,345位 1,332位 圏外 1,114位 16,743サイト
電子工作 29位 29位 30位 28位 31位 圏外 22位 199サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,371サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,743サイト
電子工作 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 199サイト

bellさんのブログ記事

  • 奇絶峡・近くの山が大崩落

    奇絶峡から高尾山へよく登ってたのですが、小崩落を繰り返していた29号線沿いの山が大崩落して県道にも岩石が積もってしまいました。(人や車が巻き込まれなかったのは不幸中の幸いです)当分の間は高尾山へは上秋津からは行けません。では上芳養(かみはや)からはどうでしょうか?と思い偵察のため出かけました。高速道田辺ー上秋津田辺線(208)-田辺印南線(30)-県道田辺竜神線、上芳養(29)-奇絶峡208号線も30号線もほぼ1車線で急カーブの連続です。29号線通行止めの影響で対向車も多く対向車がバンバン飛ばして来るので気が抜けません。やっと県道29上芳養付近に出ましたがもう、ここから通行止めです。ガードマンの許可をもらって奇絶峡駐車場まで行き徒歩で崩落現場の写真だけ撮ってきました。奇絶峡の観光も高尾山への登山も全面禁止らしい...奇絶峡・近くの山が大崩落

  • ムラタ OKL-T6(3)-W12N-C

    今回はプリント基板にパナソニックの高放熱基板e-coolを使いました。前回のOKL-T3-W12N-C(MAXOUT3A)を使ったDCDCはモジュールの取り付けが難しいため逆向け(コイル側が下)にして作りましたが、今回は本来の表面ハンダ面取り付けに挑戦しています。前回の基板今回のもの基板カット図カタログから出力電圧5.0V時TRIM抵抗は+側10KΩ-側1340Ωなので1K+330+10=1340ですが330Ω持ち合わせないので680Ωパラレルで340Ωを合成しましたが誤差の調節で2kΩを並列追加しています。VRにするほうが調節楽です。モジュール名ーCの場合はON/OFF端子常時ONの場合はマイナス側直結でよいです。Sense端子は出力プラス側へ直結でOKです。完成(5VOUT固定)測定12V入力最低入力電圧や...ムラタOKL-T6(3)-W12N-C

  • 雨続き

    この時期、大雨、洪水が心配です。写真は2017年6月の写真です。穏やかな流れが・・こうなると恐ろしいですよ!下流では土砂崩れが起きて車では避難困難でした。梅雨前線や台風で何時こうなるか判りませんから天気図から目を離せません。友人にもらったMP3基板を使ってみました。USBとマイクロSDのMP3などの音源をチャンと聴けます。ヘッドホンでは、ステレオですがスピーカーではモノです。価格調べてみたら1枚160円(配送料無料)です。逆さまになっても160円では作れません!さらに、100円ショップで買ったLEDライトを修理してみました。ダニくらいのインダクタが切れていました。まだまだ大雨による災害の危険性はありますが、どこにも行けませんからストレス溜まります。雨続き

  • 新緑の伯母子岳

    7日から梅雨入りで雨の日が続くとの予報です。6日はまだ天気も良かったので新緑の伯母子岳に登ってきました。護摩壇山スカイタワーを通り越して丁度12時ごろ登山口着登山口あたりで1200mほどの高度があるので少し肌寒いが、動き出せば丁度良い感です。写真の時系列は前後しています。前回の4月17日の記事とは(https://blog.goo.ne.jp/wada3bell/e/42e8e433279ceb953c14f0a2c6a8a05e)違って季節が巡ってくると眠っていた木々達が一斉に生命力を爆発させているようです。14時頃山頂ー16時登山口本当に気持ちの良い山行でした。新緑の伯母子岳

  • 十津川芦廼瀬川

    奈良県十津川にある芦廼瀬(あしのせ)川情報収集に行ってきました。十津川折立付近国道168号線から425号線へ168は各所で道路拡張、トンネル工事進行中425は通行止め各所あり21世紀の森シャクナゲ庭園「21世紀の森」展望台からの七泰の滝遠望七泰の滝へは21世紀の森から可成り下った「小川」集落Uターンして入る。終点の砂防ダムに到着巨大な穴が開いた岩人工的?七泰の滝装備なしではここまでが限界!帰り道大泰の滝へ下る入口発見下りてみたが大変危険な道だった。水量が非常に少ない時でもこれだけの水量ですから大雨でも降れば恐ろしいことになりますね~十津川芦廼瀬川

  • 初夏の林道

    下戸川林道近況ウラシマソウ(テンナンショウ属)の若い果実有毒テングチョウが大発生我が家でも多いときは数十匹が飛び交う特に被害はないが排泄物で車を汚す、赤外線センサーに反応して(チョウが一時的に熱を遮ることによる)誤動作させるなどである。初夏の林道

  • ノートe- power 車中泊用ベッド

    後部の荷物室に置く専用のオプションもあるようですが、私は荷室にスペアータイヤを(シーズンオフのスタッドレスタイヤ)入れていますのでこれが後部座席倒したときにほぼ良い高さになりタイヤの上に板を乗せれば後ろ側はほぼフラットになります。問題は助手席を最大前にやった場合50センチほどのギャップが出来るがそれをどのようにするか?丁度良い箱などを入れる。角材や塩ビ管で構造物を作る。など考えましたがある日、助手席のヘッドレストにロープを架けてベットの骨組みを吊り下げられないかと思いつきやってみたら高さの調節も出来るますし、非常に簡単に取り外しも出来ます。(プラスティックのコネクターが付いたテープを使用)70Kgの全体重を乗せても大丈夫です。スノコは80センチ×50センチ2枚自作後部荷室に収容可能ベニヤ板は7ミリ厚パッドは裏滑...ノートe-power車中泊用ベッド

  • NJM2360 反転型DCDCを昇降圧型にしてみる

    反転型DCDCは0Vを挟んで極性が反転した出力を得られる回路です。この回路を見ていると例えば出力をマイナス5Vと設定した場合、入力が+3Vでも+10Vでも設定値のマイナス5Vは保証されるはずです。ということは・・出力のマイナス5Vと0Vを+5Vと0Vとして反転した極性を逆に考えれば入力3~10V出力5Vとなり昇降圧できることになりませんか?ただし、入力側と出力側は0V共通ですから今までの昇圧、降圧、のようにグランド共通でもよい回路では使えませんが、とりあえずは昇降圧できるようです。基板回路入力12Vでも3.5Vでも出力5V保持問題は効率が50%程度と非常に悪いことです。それでも使い道はあるように思いますが、今後の課題です。新緑のシーズンは、自転車もいいですよーすさみー日置川県道36号線電チャリで50Km走ってき...NJM2360反転型DCDCを昇降圧型にしてみる

  • 安川渓谷

    5月8日天気快晴新緑に誘われて日置川上流部安川のさらに上流部安川渓谷散策に出かけました。ハイキングコースとして整備されているらしい・渓谷に沿って階段やロープが設置されてはいるがかなり危険なところもある。崖っぷちの斜面は滑りやすく注意が必用特にロープは固定があまく頼りすぎるのはかえって危険です。雨乞いの滝帰り路出会った「ギンリョウソウ」雨乞いの滝までは渓谷沿いで比較的楽だが、帰り道は急峻な上り下りが続いて、なんでこんなに歩くの・・やっと県道へ出た。出口と入り口はトンネルを挟んで50mほどしか離れていない。ナビゲーションで確認川の中歩いてないけど・・・案内板暑くなったらリバートレック面白いかも・・またバカなことを考えている・・・さらに上流部でコサメ(アマゴ)釣りの人に出会ったが今日はあまり釣れなかったと言っていた。...安川渓谷

  • 七川ダムから229号線で松根

    県道229号線の松根(古座川上流)へ化石探し?に出かけた。松根川岸神社と付近の渓谷この吊り橋を渡って苔むした境内神社内の大杉河原で化石?探索(以前に来たとき・・らしきもの見たので)泥岩?を割るとこういうのが出るが泥岩が単に石を含んでいるだけとか・・何個か採取恐竜のキバかも???ハンミョウ君ーー「こんなとこに恐竜化石ナイナイ」帰りの七川ダム松根から数キロ先で以前に投降した道路陥没現場は未だ通行不可能でハリオの滝とか法師山、大塔山南側登山口には行けないのでご注意を!帰りの山道おそる恐ろるあまり対向車なしだった。やれやれ・・・七川ダムから229号線で松根

  • いつも連休だけど10連休

    毎日が連休だから何も変わりないが車が多くなりましたね~細い山道を強引に突っ込んでくるドライバーも居るので気を付けねばなりません。先日はまた電チャリで佐本から添野川林道まで約50Km走ってきましたが帰り道、強い向かい風で下り坂でもペダルを漕がなくてはならない状態でとうとう佐本を過ぎた頃に電池切れ!地獄のサイクリングとなりました。電池切れの電チャリは30kグラムほどあり、いつもは何でもない上り坂でも1速にして漕がなければ動きません。ついに自転車押し歩き約2時間、合計約4時間かかって帰り着きました。添野川ー将軍川線旧道添野川ー将軍川旧道いつも連休だけど10連休

  • 伯母子岳

    77才の誕生祝に伯母子山に登ってきた。彼方に護摩壇山スカイタワーが見える。名残りの山桜が咲いていて新緑にはまだ早いですが日差しが眩しい登山でした。登山口11時46分山頂13時46分丁度2時間の登りこの山は下りにも登りと同じくらい時間がかかり結構疲れます。今回はスマホのナビを使ってみました。まだ、習熟していないので何とも言えませんが、電池は4時間ほどで50%使っていました。アプリは山旅ロガーと地図ロイドでどちらも無料アプリです。国土地理院の地図でオフライン動作します。これでうまく使えるようなら写真も撮れるし、もちろん電話も出来ますからね!帰りに龍神温泉の露天風呂に浸かったのだがサクラのハナビラが舞い落ちてきて桜湯になっていた。伯母子岳

  • 安川渓谷 田辺市は広い!

    大塔山と法師山、いずれも南側からのアクセスが道路が通行止めのため不可能な状態です。北側の日置川の上流、安川林道に両方の登山口があるので情報収集の偵察に行って来ました。国道311ー県道219ー国道371ー乙女の湯ー県道219ー下川上ー安川林道安川林道は大杉トンネルの少し手前にあります。安川渓谷ハイキングコース法師山登山口は林道に入ってすぐにありました。熊出没・・田辺市は広い!安川渓谷田辺市は広い!

  • サクラ 2019

    サクラ2019

  • 嶽の森山

    古座川・一枚岩の正面辺りを「嶽の森」と称するそうです、この周辺はカルデラ噴火の名残りで出来ている地質ですから岩場が多く面白いです。トンネルの手前、川沿の脇道を50m程入った所に登山道の案内板があります。30分程歩くと見所の巨大な岩の谷道が続きます。もしも滑るとどこまで・・・さようならです!雄嶽を下降して雌嶽へ危険な岩場もありますが大体ロープがセットされています。(保障なし)雌嶽の方が危ないです!山頂表示板から一歩踏み出すと先がない!写真の周辺が黒いのは知らないうちにアートフイルターモードになっていた為です。帰りは雄嶽と雌嶽のコルを一枚岩方面へ下りました。こちらは危ないウオーターシュートも断崖もなく、涼しい樹林帯を30分ほどで国道へ出ます。国道へ出る手前の岩盤節理はジオですね~日陰にスミレが咲いていました。一枚岩...嶽の森山

  • 電源完成

    先日、出力側に電圧源を接続して壊した電圧コントロールICや精密可変抵抗器などが届いたので基板からそれらを取り外して再度組み立てて上手くゆきました。入力と出力側にはそれぞれ15アンペアのショットキーバリアダイオードを追加して逆接やバッテリーの充電にも対応できるようにしています。(ー0.2V程度の降下は仕方ありません)放熱フアンや表示機の電源は別のDCDCから供給しています。フアンは5V用ですが3.5V程度にして静粛化を図っていますがそれでも耳障りなので放熱器の温度を測定してON/OFFをする予定です。サクラは本日10%咲きです。電源完成

  • 大失敗の巻 8A DCDC

    ここまで出来て最終チェック持、DCDCのINとOUT逆に元電源(20V)を接続してしまいました。電圧調節のVR(20回転精密ヘリポット)回しても変化が無いので気づいたのですが後の祭りです・・・この基板(秋月電子SI-8010Y電源キット)はIN/OUTのポートが近いので危ないなーと思っていたのに・調べてみるとIC破壊は致し方ないとしても、何と高いヘリポットまで焼損!!ICはサンケン電子のSI-8010で15V8A可変で内部の電圧帰還(FB)端子は出力側に接続されていてそこに過大な電流を流したことが原因ですが回路等価ブロック図ではオペレーションアンプのマイナス側に接続されていますが実際の内部構造は不明なので多分このあたりがダメージを受けたと推測できます。自作のDCDCは必ず逆接続対策しているのに抜かったな~SI-...大失敗の巻8ADCDC

  • すさみ 東尾根 P354m

    すさみ町防地の持宝寺から神田城跡経由ー藤原トンネル上ーピーク354mまで往復した。目的は個人的な電波伝搬調査でありました。海が見えた!P326あたりからP354は展望不可。肝心のトランシーバーをベルトに通していたが何時の間にやら紛失した、付近探したが見つからず・・やはり大小のダニが食らいついてくる。このあたりの山は冬でも殺虫剤は必需品である。帰り、出来るだけ来た道を忠実に歩いて、トランシーバーを奇跡的に見つけた!よかった・・・すさみ東尾根P354m

  • NJM2360 降圧 電流拡大型

    NJM2360単体だけでも良いのですが負荷によっては数アンペアの電流が必要な場合が多いので2360ベースで5V、2アンペア位を狙ってみます。例によって環境にも財布にも優しい直線型基板でやっています。実験風景あまり効率が良くないので放熱器が必要です。トランジスターをFETに変えてみます。後ろの電圧電流計はモジュールを透明な箱に張り付けただけのモノですが重宝しています。欠点はマイナス側共通の負荷電流だけしか計れないことです。NJM2360降圧電流拡大型

  • NJM2360 昇圧型 DCDC

    NJM2360昇圧(StepUp)レギュレータの巻実際の基盤とは多少異なるところがあります。50KΩのVRが横向きしか持ち合わせがなかったので・・また、ICはNJM2360がなくなったのでシャープのIR3M03Aを使っていますが全くコンパチブルなデバイスですのでご安心を!3VからMAX44.5Vまで昇圧・・ただし実用電流は??3Vから12V程度は100mA問題なく動作効率は85%程度庭のサクランボが満開になった。NJM2360昇圧型DCDC

  • NJM2360 降圧DCDC

    ちょっと古いDCDCICNJM2360を使った降圧型電圧コンバーターを直線基盤でつくってみました。NJM2360はDIP型なのでハンダ付けも簡単で先日の昇圧型LMR62421とは比べてえらく楽でしたよ!ダイオードには今回ファーストリカバリダイオードを入手したので使っています。ショットキーバリアと比べてDCDCには良いとの評判ですがとにかく正常に働いています。12Vから5.0V1Aでは効率67%程でした。アナログ3端子のように発熱はほとんどありません。ICチップ単体の動作で1.5Aまで駆動できますが、電流がもっと少なければさらに小型化できます。秋月電子でもまだ取り扱いしていると思います。これのアップバージョンNJM2367は5A以上対応できるはずです。写真の1オームの抵抗が3個並列になっていますが0.33オームが...NJM2360降圧DCDC

  • 嶽山登山口

    田辺市下川(旧大塔村)にある嶽山登山口を見つけにドライブしてきました。場所は下川から和田川の上流部と大体判っていましたが、正確な登山口を探すために昼から出かけました。県道219号線は工事中で川の対岸へ迂回させられますがしばらく走って和田方向へ向かいます。こりゃー判らないはずですわ~ハガキ位の大きさの表示板を見つけました!この道を下りたらすぐに小川に出ます。橋は無いので渡渉するしかありません。水が少なければ転石伝いに・・でも、滑りそうな感じです。今日は登る装備はしていないので渡りませんでした。登山開始直後に濡れるのは嫌ですから渡渉の準備が必要ですね。山頂は多分このあたりでしょうか?地元の人に尋ねたら2時間くらいで登れるそうです。往復4~5時間かな~先日の三ツ森山と嶽山・・このあたりの散策が楽しみです。嶽山登山口

  • LMR62421 追加データーとトラ技3月号

    LMR62421を使った昇圧電源は少し変更しました。3.0Vから25Vまで昇圧できました。回路構成トラ技3月号完全自動運転車が販売されたら自動運転車のみ運転できる免許証できるんやろか?運転の必要ないから免許必要ないか?わしら返納、変脳言われるから気になりますわ!LMR62421追加データーとトラ技3月号

  • LMR62421 StepUp Voltage Regulater

    TexzsInstrumentsのLMR62421を使って昇圧型DCDCを作ってみた。(LMR62421のデーターなどは秋月のHPを参考にしてください)今回はデーターシートをよく読んでいなかったので思わぬ失敗をしました。このDCDCICはVfb(帰還電圧)がMAX3.0Vであるが、それを越えて電圧を掛ける様な回路になっていたので2コICを破壊してやっとデーターを精読して判ったのです。ICは1コ160円ですが1週間ほど悩みました。思いこみや経験に頼るのは危ないですね~苦労の残骸ICはSOT-23ですから基板ランドは1mm位でハンダ付けも老眼鏡+虫眼鏡でも難しいです。しかし、直線基板でランドを作るのは簡単です。エッチングではナカナカそうは簡単ではないですよ~完成品は一応入力電圧3.0Vから出力12.0V100mAは...LMR62421StepUpVoltageRegulater

  • ハイパワー紫外線LED

    紫外線硬化型接着剤などの光源として1WのUVLEDをリチウムイオン電池(18650型)と昇圧回路+定電流回路で駆動しています。LiPO電池3.6Vから約8Vに昇圧(可変昇圧モジュール使用)後ICのワンチップ定電流回路で350mAで駆動しています。良いケースがあればもっとスマートに作れたかと思いますが・・塩ビパイプ40mmを使いました。電池はこのままでは充電できないため電池ケースごとスライド機構で取り出せるようにしました。電線のケーブルモールが丁度電池ケースに合うものがあり、塩ビ管の内部にホットメルトで接着しています。回路全体後日、USB充電器取り付ける予定意外なモノが紫外線に反応して光ります。ハイパワー紫外線LED

  • 半作嶺

    関西100名山に登録されている、半作嶺(はんさみね893m)に登ってきました。尾根筋に出ると結構危険なアップダウンがあるので気が抜けない、転落したら一巻の終わりだ!ストックは使わない方が良いと思う峰続きの三ツ森山遠望の大峰、大台は雪化粧当日は高速上富田で下りて311号線で県道219経由大塔から富里乙女の湯越えて林道「熊野下川線」(百間渓谷へ出られる)熊野下川トンネル手前の登山口から入る。(現在山間部の道路工事があちこちであるので確認してから行く方が良い)(登山口12:30山頂13:30ほぼ1時間山頂が暖かかったので1時間ほど食事や無線を楽しんで、下りは約30分登山口の車に15:30だったが日が陰ってくるとさすがに寒く、早く温泉「乙女の湯」に入ろうと急いだが温泉は休みだった・・今回は三ツ森山へは行かなかったので次...半作嶺

  • 紫外線LEDと日置川

    こちらも雨が降らないので川の水も少なく、場所によっては水切れ状態です。日置川も同じ状態で河原が広くなっています。こんな時期は石拾いも楽しいですよ!こんなのと出会いました。ハイパワー紫外線放射LEDを購入何のため?紫外線硬化接着剤の光とか蛍光体検出とかetc...350mAの定電流回路で試験点灯CC(Constantcurrent)ICは6804ア!コイルが割れてるやん、効率落ちてるかも・・まともに見たら網膜損傷しますからご注意を!河原なんかでハイパワー紫外線放射したら、たまに光る石見つかります。もちろん暗闇でないとだめです。暗闇の河原で紫色の光出してたら怪しいですよね~紫外線LEDと日置川

  • 1cmピンポイントGPS

    トラ技の記事にとうとうラズパイでやれそうな天頂衛星「みちびき」対応の個人基準局の製作記事が載った。実際に作っている人がいるし、情報も揃っているから後は情熱だけでなんとかなるか?安いスペアナ買ったけど・・波形は判るが周波数もスペクトルも??電波が出ているかどうかが位しかわからないよ~1cmピンポイントGPS

  • 冬は古道「長井坂」

    古道「長井坂」は、ほぼ南に面しているので日中は大変暖かいのです。当日は口和深から和深川の古道口に車を止めて(3~4台OK)県道225号まで出てUターンしてきました。愛犬ベルがいた頃は散歩道だったのですが、久しぶりの快適ハイキングでした。(往復約2時間30分)いつも海が眼下に眺められる。見老津港知人宅にお邪魔して美味しいコーヒーを頂いて帰着しました。冬は古道「長井坂」

  • 県道229号線崩落現場

    佐本ー七川ダムから県道229号線(古座川ー熊野川線)で松根経由、「魚植えの滝」へ行くつもりで出かけたが松根の村からしばらく走ると通行止めの看板この写真だけ、なぜだか縮小できないので巨大になってしまいました。???道路崩落現場川まで20m以上ある大穴!周りもいつ崩れるか判らない・・足がすくむ道路情報で予測はしていたがこれでは無理ですね~修復には随分時間と労力が必要ですね~上にも集落はあるが迂回道路は無いので大変です。河原で石の収集して本日はUターン・行くなら平井から玉の谷林道経由になりますが、ここも通行保証はできません。雪が積もったら非常に危険な林道です。ジムニー欲しい!県道229号線崩落現場