プロフィールPROFILE

どんぐり太郎とくるみママさんのプロフィール

住所
軽井沢町
出身
東京都

ドタバタ夫婦が繰り広げる軽井沢での週末ライフ。割と軽井沢通の夫と、まるで素人な妻。でも夫の情報は旧くて役立たず。かえって妻の新鮮な情報の方が核だったりもします。

ブログタイトル
ど素人の軽井沢ライフ奮戦記
ブログURL
http://oiwakedoggies.hatenablog.com/
ブログ紹介文
一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。
更新頻度(1年)

277回 / 322日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2014/11/22

どんぐり太郎とくるみママさんのプロフィール
読者になる

どんぐり太郎とくるみママさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 892位 963位 966位 1,037位 1,097位 1,119位 1,091位 977,775サイト
INポイント 450 370 440 420 360 260 400 2,700/週
OUTポイント 1,960 2,100 2,170 1,630 1,280 2,100 2,200 13,440/週
PVポイント 3,430 3,970 4,050 2,660 3,130 3,860 3,890 24,990/週
ライフスタイルブログ 244位 247位 251位 263位 273位 280位 273位 66,390サイト
週末田舎暮らし 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 162サイト
地域生活(街) 中部ブログ 3位 3位 2位 2位 2位 2位 2位 13,277サイト
北佐久郡軽井沢町情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 127サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 870位 869位 841位 903位 904位 898位 897位 977,775サイト
INポイント 450 370 440 420 360 260 400 2,700/週
OUTポイント 1,960 2,100 2,170 1,630 1,280 2,100 2,200 13,440/週
PVポイント 3,430 3,970 4,050 2,660 3,130 3,860 3,890 24,990/週
ライフスタイルブログ 366位 358位 361位 383位 383位 382位 389位 66,390サイト
週末田舎暮らし 2位 2位 2位 3位 3位 2位 2位 162サイト
地域生活(街) 中部ブログ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 13,277サイト
北佐久郡軽井沢町情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 127サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 1,240位 1,228位 1,216位 1,284位 1,275位 1,267位 1,259位 977,775サイト
INポイント 450 370 440 420 360 260 400 2,700/週
OUTポイント 1,960 2,100 2,170 1,630 1,280 2,100 2,200 13,440/週
PVポイント 3,430 3,970 4,050 2,660 3,130 3,860 3,890 24,990/週
ライフスタイルブログ 302位 301位 295位 316位 311位 312位 312位 66,390サイト
週末田舎暮らし 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 162サイト
地域生活(街) 中部ブログ 7位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 13,277サイト
北佐久郡軽井沢町情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 127サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どんぐり太郎とくるみママさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どんぐり太郎とくるみママさん
ブログタイトル
ど素人の軽井沢ライフ奮戦記
更新頻度
277回 / 322日(平均6.0回/週)
読者になる
ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

どんぐり太郎とくるみママさんの新着記事

1件〜30件

  • 犬のギックリ腰??

    過去10年ばかり痛い所がない時期がない満身創痍のどんぐり太郎です。 必ずどこかが痛いどんぐり太郎とくるみママに対し、ケンニャンはどこが悪いということもなくすこぶる健康体なのが取り柄だったのでありますが、ここへきて次男の八十助に異変が。 ある週末、連中に追分荘の留守番をさせて昼ごろ戻ってまいりますと、どうも八十助の様子がおかしく。呼びかけても寄ってこないばかりか、隅の方で小さくなって尻尾を丸めているのであります。 しかも歩様が変。まるで腰を痛めたおっさんが恐る恐る歩みを進めるような歩き方だったのであります。 あいにく軽井沢滞在時にいつもお世話になっている動物病院は土曜午後休診。しかし幸いなことに…

  • 追分の紅葉は正常運転?

    紅葉を見にいこうよう。 お約束。 どんぐり太郎です。 紅葉がどこかおかしい今年の秋の信州でありますが、それでも追分荘近辺は何とかこの季節らしい彩りを見せてくれておりまして。 どれほど雨が降ろうと、どれほど日照が足りなかろうと、こちらの木は裏切らないでありますよ。 特に、日を透かして見たときの美しさは格別でありまして。 タイミングがいいと見られる三色のまだら紅葉。 一本の木でこういうグラデーションを楽しめるのもいいでありますね。 ※くるみママ追記 紅葉と言えば、もみじ饅頭がすぐに頭に浮かぶと言ってどんぐり太郎に笑われました! お立ち寄り頂きましたおしるしに こちら ↓ をポチして下さると幸いです…

  • おかしな秋

    日常はまともな人間を演じるどんぐり太郎です。 今年の紅葉はおかしいと感じるのはどんぐり太郎だけでありますかね。 表現のしかたは難しいでありますが、多くの葉が落ちるべき時に落ちていないと申しますか、変な散り方をしているように見えるのであります。 あるものは紅葉し切らないうちに枝を離れ、あるものはしつこく枝に残って朽ちていたでありますよ。 例年なら秋特有の秩序あるリズムが感じられるでありますが、なぜか今年はそういうものがまったく感じられず、見た目もどこかみすぼらしい気がするであります。 これも10月の記録的な雨量とその分減った日照量が少なからず影響しているでありますかね。そういえばどこへ行っても風…

  • プチ登山にGo!

    堅実な山師のどんぐり太郎です。 久々に天気に恵まれた軽井沢の週末。どこか開放的な場所に行こうということになりまして。 浅間サンラインを一路西へ。 ここまで広く青空が開けるのはいつ以来でありましょうか。 雷電くるみの里の先の交差点を右に折れ、ひたすら登っていくこと数キロ。 こちら、湯の丸高原のスキー場。 少し登ってみたらけっこうな勾配でありますよ。先を行く人々はみなさん軽装登山の風情。靴からしてそれ用でないときついであります。 やはり諦めようかと思案しておりますうちに、 気づけば遙か先を行くくるみママ。 致し方なく息も絶え絶えに着いてまいりますと、そこかしこに鹿の糞でありますかね、このへんは。 …

  • Another軽井沢体験記(下)~いろいろな気づき

    追分荘には立ち寄らず、あえて軽井沢「星のや」に浮気してみるという企画。 総括として、二泊三日で感じたいろいろな気づきを。 何より感心したのは、プライベート空間を担保する工夫であります。 たぶんどの部屋も誰とも目を合わせないで済むような作りになっているでありますよ。このへんの微妙な立て付けが重要でありまして、随所に設計者の苦労が垣間見えるであります。 ただ意外だったのは、建物にしても内装にしてもいろいろと手が込んでいるようで、実はイニシャルもランニングも比較的ローコストになるように作られているということであります。 たとえば床でありますが、裸足では痛いほど硬い作りであります。これならフローリング…

  • Another軽井沢体験記(中)~癒やしのコンセプト

    追分荘というものがありながらあえて軽井沢「星のや」に浮気してみるという企画。 ふだんやらないことをしてみようというのがテーマであります。 ということでまずは食事でありますが、初日の夕飯はあえて部屋メシを選択。いちいち出かける必要もなく上げ膳据え膳という贅沢を味わうでありますよ。 ウーバーイーツみたいなのを背負ったお兄さんがやってきてセットアップしてくれるであります。文字通りの上げ膳据え膳。 この日のディナーは豚しゃぶ+ソーセージ+サラダ。 部屋にはBluetoothスピーカーが設置してありまして、スマホから好きな音楽を流せるであります。時代の要請をきちんと把握しているのはさすが「星のや」。 音…

  • Another軽井沢体験記(上)~その城へ

    ANAの搭乗口で葉加瀬太郎の『Another Sky』を口ずさんでいたら他のお客さんに失笑された経験を持つどんぐり太郎です。 実はこの秋、ある雨の週末にちょっと浮気をしてみたであります。 別に今の環境に不満があるからとかそういうことではなく。 言うなればちょっとした出来心と申しますか、たまには違うことをしてみたいと申しますか。 ただ、くるみママ同伴の浮気でありまして。 追分荘というものがありながら、同じ軽井沢のこんな所に来てみたであります。 鋭い方々にはもうおわかりかと。 レセプションで待つ間、甘酒を振る舞われまして。 チーン、ゴーンと大小様々な鈴や鐘を不規則に鳴らす不思議な癒やし演奏でおもて…

  • 軽井沢という選択肢はなかったか

    五輪中にご臨終の人が多数出るのを心配するどんぐり太郎です。 来年の東京五輪のマラソン競技が札幌で行われることが決まったようであります。もとより猛暑を通り越して酷暑ともいえる8月の東京で五輪開催ということからして正気の沙汰とは思えない暴挙でありますが、ともかくもこれで多くのマラソンランナーの命が危機にさらされることがなくなったのはめでたしめでたしであるのやもしれませぬ。 東京としては五輪の花形競技を奪われて緑のたぬきさんこと小池都知事も面目丸潰れでありまして。これで来夏、マラソン競技当日の東京がたまさか24度とかいう涼しい日になったとしましたら関係者一同改めて涙目ということであります。 それにし…

  • 追分荘で本格火鍋

    全世界の反対を押し切って追分のもこみちを自称するどんぐり太郎です。 昨日はよだれ鶏のたれをご紹介したでありますが、実のところ中華食材スーパーに行ったのは何よりこちらをゲットするためでありまして。 ずばり、火鍋の素。 いかにも本格的そうな素がいろいろ並ぶ中、こちらをチョイスしたであります。 左の花椒に至っては「上品なしびれ」と書いてありまして。できることなら「下品なしびれ」も試してみたいでありますが。ともあれこれがないと最高のしびれが出せないと力説しておりまする。 鍋は紅白にするためにパイタン鍋の素を対抗に置きまして。 くるみママが戻しすぎたキクラゲがすごい量でありますが、ともあれいただきますで…

  • よだれ鶏♪

    電車で寝るとよだれが出るので意地でも眠らないどんぐり太郎です。 ずいぶん前に大久保の中国食材スーパーで買ってまいりましたアイテムが活躍する日がようやく来たであります。こちら。 よだれ鶏のたれ。 よだれ鶏とはよだれが出るほど美味い鶏料理ということでありまして。 「口水鶏汁」と書くようでありますね。 まずは鶏の胸肉を1枚、当家の場合はネギの青いとことニンニク、塩少々で10分ほど茹でまする。 これを急冷室で冷やしまして、ネギをあしらってタレをかけるだけ。 いかにも四川風な色合いがタマランでありますよ。 もちろんお味も絶品。 もっと流行ってどこでもタレが手に入るようになるといいでありますね。 ※くるみ…

  • 失われし威容への哀惜

    物忌や方違をまじめに勉強したくなったどんぐり太郎です。 度重なる台風や豪雨の爪痕がまだ生々しい日本列島でありますが、追い討ちをかけるように南の方から悲報が飛んでまいりまして。 遺構部分が世界遺産にも指定された沖縄の首里城が全焼してしまったであります。 どんぐるみ夫婦も2016年の3月に当地を訪れておりましただけに、残念などという言葉ではとうてい片付けられない悲しみに浸っておりまする。 その折にはテーマの都合でうまくハマらずブログではご紹介できなかった写真がこちら。今は失われてしまった正殿のありし日の威容であります。 当日の朝は激しい雨でほとんど室内だけの見学にとどまり、外側を撮った写真はほぼこ…

  • 諸行無常栄枯盛衰

    おごれる者は久しからずというので人におごらないようになったケチなどんぐり太郎です。 軽井沢は常に栄枯盛衰と申しますが諸行無常と申しますか、四半世紀前と今とではずいぶん様相が違うであります。否、10年前と比べてもいろいろ変わっているであります。 その変化が成長のダイナミズムであればいいのでありますが、どちらかといえば衰退の側に向かうような波の中にいるであります。 たとえば仮宿の「おらんち食堂」はもともとセブンイレブンのあった場所で、そのセブンが信号を越えた先に打ち替えして、そのあとにラーメン屋さんが入ったでありますが、立地の悪さとパンチのなさゆえ一瞬で滅亡したのはかつてこちらでもお伝えしたとおり…

  • あーらヨット♪

    あーらよっ! 出前一丁♪ どんぐり太郎です。 くるみママは昨年あたりから海への情熱がひしひしと湧いてきたようでありまして、時おりどんぐり太郎を放置(解放)してひとり海へと出かけ、淋しい(のびのびとした)思いをすることもしばしばでありましたものの、その甲斐あっていつの間にやら小型船舶1級の免許を取得していたであります。 要はエンジンのついたクルーザーならたいていのものは乗り回せるようになったわけでありますが、今度はなぜかヨットに関心を持ち始めたようでありますよ。 ということで、降ったりやんだりの悪天候の中、やってまいりました東京湾、夢の島マリーナ。 どんぐり太郎も強制参加のヨット体験であります。…

  • 「信号機のない横断歩道」における歩行者優先についての実態調査

    赤信号、みんなで渡ればテロリスト。 どんぐり太郎です。 軽井沢滞在中にいつも感心するのでありますが、信号のない横断歩道を横切ろうとして待っていると、かなりの確率でクルマが停まってくれるのでありますね。東京ではまずありえないことであります。 無視してスピードすら落とさないクルマもあるでありますが、それはほぼ他県ナンバー。長野ナンバーのクルマはちゃんと停まってくれるでありますし、クルマでこちらが大通りへ出ようとしている際も、減速したり停まったりして行かせてくれることしばしばであります。 ちなみにJAFが2019年8月15日〜29日に行った「信号機のない横断歩道」における歩行者優先についての実態調査…

  • 犬も歩けば

    犬も歩けば棒に当たると申しまして。いろはかるたは最初から犬の災難を謳っておりまする。 さて本当に棒に当たったバカ犬に遭遇したことはないでありますが、穴に落ちることは往々にして起こるのであります。 ある日、ケンズを連れて追分近辺を散歩しておりました折、たまさか側溝のあなぼこが大きな所を通りまして。 まさかお犬様たるものがそんな所に足を取られることなどあるまじきとたかを括っておりましたら、なんとウタマロ氏がずぼりとやってしまったであります。 幸い怪我はなく、ウタマロ氏も「なんのことっすかね?」とすっとぼけておりまして。 ひとつ間違えば骨までやってしまいかねないリスクもあり、飼い主としては反省するこ…

  • カレーはどこまで許される?

    幸いまだ加齢臭とは無縁などんぐり太郎です。 世間にはマヨラーという人種がおりまして、それこそサラダはもちろん揚げ物や焼き物、果てはご飯にまでマヨネーズをかけるという強者をこれまで何人も見てきたであります。 同様に、カレー人という人種もおりまする。何でもカレー味に染めてしまうインディアな感じの人々が。カレー鍋、カレーうどん、カレー唐揚げ。まあそのへんまでは許容範囲と申しますか。 ただ、こちらは賛否かまびすしいのではないかと。 カレー焼きそば。 CoCo壱番屋ブランドであります。 確かにココイチのカレーは好きでありますが、やはりカレーはできるだけカレーとして食したい身としては、どんぐり太郎の聖域た…

  • 昼戻りという贅沢

    出不精になったらデブ症になったどんぐり太郎です。 軽井沢滞在の週末というと、金曜夜に入って土曜は少しゆっくり始動、ランチを兼ねて買い物に出て夕方早くに戻ってきて、という流れがほとんどでありました。 しかしこのパターンだと、ほぼ買い物して夕飯食べて終わりという印象でありまして、あっという間に軽井沢の週末が過ぎてしまうであります。 たぶんこれはどこか間違えているでありますね。 心身を休めるための週末がとっても慌ただしく、たっぷり充電していなければならないはずの日曜の夜にどこかぐったり、などということもしばしばでありまして。 思うに、土曜の使い方が悪かったのであります。 まず始動が遅いでありますね。…

  • 未知のスーパー

    この未知はいつか来た未知♪ どんぐり太郎です。 佐久軽井沢地域のスーパーといえばツルヤとデリシア、ベイシアといったところが代表的なところでありますが、いつものスーパーと申しますのは店舗が変わってもしょせんはチェーン店ゆえレイアウトも基本は同じで、どこに何があるか勝手もわかって買い物がしやすい一方、置いてあるものが変わらないので新たな発見がなくて面白味がないとも言えるであります。 その点、遠出した先で入る見知らぬスーパーはいろんな意味でスリルがあるでありますね。 こちら、海野宿へ行った帰りに立ち寄った東御市のやおふく。 大正時代の創業。上田市に本拠地を置き、4店舗を展開しておりまする。チェーンス…

  • 電子マネー時代

    QUICPayの決済時の音が「ケッサイ」に聞こえるどんぐり太郎です。 こないだ小諸のすき家で朝食をいただいた時にも感じたことでありますが、今どきはコンビニも外食チェーンもほぼすべての支払い手段が可能になったでありますね。 交通系ICはもちろん、クレジットカード、iD、QUICPay、あと、なんちゃらペイの類はほぼ網羅しておりまする。 逆にいえば、何かに対応していないということはそれすなわち機会損失になることを意味するのやもしれませぬ。 かく申すどんぐり太郎は日常もっぱらQUICPay。しかしながら、駅構内のNewDaysは今もなお交通系電子マネーしか受け付けないという不便さゆえ、致し方なくSu…

  • 雨は吉兆

    根っからの帝国臣民、どんぐり太郎です。 陛下がご即位を世界に宣明されましたことを心よりお祝い申し上げるであります。 昨日の即位の礼は日本国民、世界180ヵ国から訪れた要人はもとより、天までもが祝福するこことなりまして。 今上陛下はご成婚の折も雨に見舞われたこともあり、雨男などと無礼千万なことを申す輩もおりましたものの、どうしてどうして、祭事の雨はもとより吉兆なのでありますね。これは陰陽和合と申しまして、神様のお使いたる龍が来迎した証、それこそ神徳高き証なのであります。 それが証拠に、ご成婚の折はパレード直前に雨が止んだでありますし、このたびも、 正殿の儀に合わせて雨が止み、雲が割れて日が覗き、…

  • ヒヤリ、ヒアリ?

    いつもご覧いただき蟻×10ございます。 正攻法のどんぐり太郎です。 東京の青海埠頭で南米原産のヒアリの女王アリが多数確認されまして、政府が緊急対策に乗り出したと報じられているであります。 ヒアリといえば刺されるとショック症状が出ることもある恐ろしい外来生物であります。女王アリは6〜7年の一生で25万個もの卵を産むそうであります。たいへんな繁殖力でありまして、こんな連中が国内に定着したら生態系も壊れてしまうでありますし、公園で安心して寝そべることもできなくなるであります。それこそケンズの散歩もできなくなるであります。 2017年6月に日本でヒアリが初めて確認されてから2年。 本来、ヒアリは南米中…

  • 20号と21号

    「北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧で、かつ低気圧域内の最大風速が約17 m/s(34ノット、風力8)以上にまで発達したもの」の動向が気になるどんぐり太郎です。 またまた台風がやってくるようであります。 ご挨拶代わりに暖かい風を秋雨前線に送り込んでくれているようでありまして、明日22日あたりは日本の広い範囲でまとまった雨になりそうであります。 現在、20号と21号が寄ってたかって日本列島をうかがっておりまして。 まだそれほど発達してないでありますが、20号は直撃コース。仮に勢力が弱まってもまたすごい雨をもたらす可能性があるであります。 海面の温度はこれであります。気象庁が発表しており…

  • 被災地へ

    世間では「馬と鹿」なる歌がヒットしておりますが、当家は「虎と馬」。 どんぐり太郎です。 被災後初の軽井沢入りであります。 台風19号の通り過ぎた直後から上信越道は支障をきたしておりまして、暫くは松井田妙義から佐久までの区間が通行止め。 しかし幸いにして週末を迎える前の16日に何とか碓氷軽井沢ICまで開きまして。 バイパスの沿道では今も作業する人々が。 碓井軽井沢〜佐久の間を迂回する車で18号はけっこうな渋滞でありました。 湯川にこんな倒木があったり。 追分荘にも折れた枝が飛び散っておりまする。 それでも今は静かな軽井沢でありました。 さて、ここから正常化するでありますよ。 ※くるみママ追記 ま…

  • 大規模災害に際していろいろ思うこと

    本気で書き始めると一瞬で1千文字を超えるどんぐり太郎です。 まだまだ台風被害の全容がつかめない長野県でありますが、ここまでにいろいろと思うことがあったのでまとめて書いておくであります。 コンクリートの張り巡らされた東京と比べると、やはり長野県は自然が身近であります。剥き出しの土であったり、そこに生い茂る植物であったり、その間を縫って流れる川であったり。そこにいると、人間もこうした自然の一部なのだと感じること頻りであります。 それゆえ自然への畏敬の念も自ずと湧いてくるのでありまして。まして軽井沢であればすぐそばに生きた火山がでんと構えておりまして、時おりその威力の片鱗を見せつけることで、人間やそ…

  • ふるさと納税で復興支援

    アイコスとチューハイで常に納税しているどんぐり太郎です。 台風19号の被害の全容が明らかになってきたように映るでありますが、報道というのは残念ながら「絵になる」光景しか伝えないものであります。千曲川が決壊した長野市の惨状はやはりそういう意味で最も象徴的に伝えられているのでありますが、周辺の市町村にも相応の被害が出ているのであります。 もちろん軽井沢町や御代田町でもがけ崩れや道路の損壊など、かなりの被害が発生しておりまして。 何が大変かといって、復興のための費用であります。国からもそれなりの支援はあるものの、ここはどんぐるみ家でも佐久地域の市町村に寄付をさせていただくことに。 最も確実で速いのが…

  • 自家発電への道

    暗闇はわりと得意な夜目の男、どんぐり太郎です。 台風の影響で12日午後から続いていた軽井沢の停電でありますが、我が追分も本日16日夕刻までにほぼ復旧する模様であります。何よりでありますね。 今回の大規模な停電の理由はほぼ倒木によるものだそうでありまして、別荘で放置されている枯れ木や根の浅いもみの木などがいろいろ悪さしたのだとか。 倒木対策についてはほとんどが民有林であるため財産権の問題も絡んで遅々として進まないのが現状で、中部電力さんも頭を痛めているようであります。 なお、復旧の早い遅いについては苦情の声の大きさは関係なく、まずは病院、公共施設が優先されるということで、ワーワーと騒げば早くやっ…

  • 一人三獣疎開の巻(下)

    前略、どんぐり太郎です。 次々と明らかになってくる台風の被害には心を痛めずにはいられないであります。まして慣れ親しんだ信州の地がこれほどまでに痛めつけられるのは。 さて、通電する見込みもない軽井沢に見切りをつけ、くるみママは台風が通過してしまった日曜の朝、意を決して一路東京を目指したであります。 しかし、 高速道路ははぼ全線不通。 これも大いなる教訓であります。台風が通過したあとの高速はこうなるものと思っていた方がいいでありますね。 致し方なく下道を来たくるみママ。 東京からGPSでクルマの位置を追跡していたでありますが、ようやくお昼頃になって熊谷あたりに到達したようであります。 ここなら東北…

  • 一人三獣疎開の巻(中)

    この台風によりまして、報道されているもの、されていないもの含めて、各地に甚大な被害が出ているようであります。 長野県では長野市で千曲川の決壊により住宅や新幹線の基地が水没するなど、計り知れない被害が発生しているであります。 NHKのヘリ映像より 千曲川にかかる橋の崩落で車が3台転落した東御市の田中橋は先日行ったばかりの海野宿のすぐ近くでありまして。心が軋むであります。 あの清き千曲川の流れをこれほどまでに暴れさせてしまう自然の恐ろしさには身震いするばかりでありまして。 さて、東京にあって今回の台風で最も懸念されたのが、当家の場合、強風と停電であります。 強風に関しては外にあるものはすべて室内に…

  • 一人三獣疎開の巻(上)

    家庭でいつも暴風圏にあるどんぐり太郎です。 いろんな意味で未曾有の台風でありましたが、みなさまご無事であられたら幸いであります。被災なされた方々には心よりお見舞い申し上げるであります。 さてどんくるみ家におきましては台風19号が接近する金曜のうちに二人三獣の身の振り方について話し合いまして、台風の直撃を受けそうな東京の家はどんぐり太郎が守り、くるみママと二犬一猫は軽井沢に疎開することに決めたであります。 早退けして東京を出たくるみママ一行が追分荘に到着したのは20時すぎ。その時の室温は18度。床暖を焚いてもすぐには上がらないと見まして、どんぐり太郎のリモート操作のもと、くるみママ単独で薪ストー…

  • うんとこどっこい海野宿

    うだつが上がったり下がったりのどんぐり太郎です。 18号をひたすら西へ向かい、東御の海野宿(うんのじゅく)まで足をのばしたであります。 海野は平安から鎌倉時代にかけては東信の有力豪族だった海野氏の城下町として栄え、江戸時代からは北国街道の宿場町になったであります。 海野氏と申しますのは由緒あるお家でありまして、『保元物語』には源義朝の家来として「宇野太郎(海野太郎)」の名が。『平家物語』でも源義仲の侍大将として海野幸親・海野幸広親子の名が出てまいりまする(ともに戦死)。 さてさて歴史情緒漂う街道。今も100棟ばかり古民家が連なる歴史的な町並みを残しておりまして、「日本の道100選」のひとつにも…

カテゴリー一覧
商用