chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 長野ふれあい村

    北九州市任意団体、長野ふれあい村実行委員会は北九州市小倉南区大字長野を本拠地に、主に野菜作り教室と花畑作りを北九州市民参加で行っています。毎年の稲刈りや餅つき等のイベントも好評です。参加希望またはお問い合わせは、長野ふれあい村電話番号090-5942-5763(仮)までお願いします。《これからの活動予定スケジュール》7月3日(日)夏野菜の管理と試食会……………………………………………………………………………………………………9時から12時頃※野菜作りをより本格的に体験してもらう為に、出来るなら隔週に限らずに毎週でも都合のいい時間に、ご自分達が植えられた野菜の管理に入らしてください。農業や自然に興味のある方等どなたでもいつからでも参加できます。ただし一度きりでは体験の良さを伝えきれませんので、数回ほど参加ご...長野ふれあい村

  • キュウリの苗植えと支柱立て

    6月26日の日曜日てす。昨日の雨か嘘のように今日も汗はむ程の好天気になりました。今日は先週からの続きてのキュウリの支柱立てとマルチ張っての植付け作業てす。しはらくは雨か降らない天候か続くのてたっふり水を含ませてからの苗植えになりました。ナスとトマトの芽かき作業も平行して行いました。夏野菜はまたこれから最盛期なのてすか、残りの畑はすでに盆を境に冬野菜の準備も視野に入れておかなくてはならない時期に来ています。キュウリの苗植えと支柱立て

  • ジャガイモ収穫と夏野菜管理

    6月19日の日曜日です。先週と同様に梅雨入りですが晴天の天気となりました。熱中症に気を付けないと行けないくらいです。今日はジャガイモの最終収穫とキュウリの苗植えとナスやトマトの芽かきや管理等の分業です。休憩を十分に取りながらの作業となりましたが皆さん、元気にこなしてくれました。夏野菜はどんどん上に向かって伸びて行きます。これからも充分な管理をお願いします。暑い中お疲れさまでした。これからもご参加お願いします。ジャガイモ収穫と夏野菜管理

  • サツマイモの苗植え

    6月12日の日曜日です。梅雨入り宣言が出ましたが、今日は汗ばむ程の好天気です。今日は前からマルチを張って準備していたさつまいもの苗植え作業です。ジャガイモやサトイモが種イモの植え付けからスタートするのとは異なり、サツマイモは、苗の植え付けからスタートします。生命力が旺盛なので、挿し芽からの栽培で収穫できるのです。長さ30cmほどの棒を用意し、マルチの上から斜め45度に棒を挿して植え穴を作り、植え穴に苗を3~4節ほど皆同じ向きに挿して植え込み、上から手のひらでしっかりと土を押さえて終了です。地植え栽培のサツマイモは、基本的に水やりは必要ありません。後は休憩をはさんでジャガイモ掘りとタマネギ収穫作業と続きました。ネギの植え替えや人参の雑草取りと時間まで続けて終了でした。ご参加ありがとうございました。サツマイモの苗植え

  • 夏野菜の管理と苗植え

    5月29日の日曜日です。今日も夏日のいい天気になりました。今日の作業は畑ごとの分業で参加者の皆さんは大忙しの日になりました。まずはスナップエンドウの後片付けで一端回収して最後の摘み作業と支柱の撤収、さらにキュウリの支柱立てと、スイカとメロンの苗植え作業と続きました。さらにサツマ芋植えの準備のマルチ張り、トマトの芽かきとジャガイモの収穫等それぞれ分業です。暑さにもかかわらず休憩もソコソコに皆さん頑張ってくれました。夏の野菜は上に伸びる分手入れと監視がより重要になります。暑さに負けずに頑張りましょう。ご参加ありがとうございました。夏野菜の管理と苗植え

  • 落下生のマルチ張りと苗植え

    5月22日の日曜日です。今日もお2人の新しい参加希望者がいらっしゃいました。勿論大歓迎です。それでもって今日はA地区の畑の肥料播きとトラクターでの代掻きの後、先々日に苗植えをした落花生を2条に植える作業になります。比較的畝が長いのでマルチ張りは一苦労ですが、後に隣にはサツマ芋を植える予定なので多めに男性陣に頑張ってもらいました。落花生(ラッカセイ)は花が咲き終わった後に子房柄(しぼうへい)が地面に突き刺さりさらに土の中にもぐって莢(さや)を作ります。開花したら中耕と土寄せをします。作業後は玉葱の収穫です。保存が利くので余ったやつは天井にぶらさげて保存です。暑い中ご参加ありがとうございました。落下生のマルチ張りと苗植え

  • ナス、トマトとピーマンの支柱立て

    5月15日の日曜日です。今日はいい天気になりましたが、前日来の雨で畑の所々はぬかるんでいました。今日はナス、トマトとピーマンの支柱立て作業が主になります。支柱は、果菜類にとってたいへん重要な資材です。支柱で安定させることにより、たくさん収穫できるように育ちます。支柱は、大きく分けて、野菜の株元にまっすぐ1本立てる直立式と、2列に並べた支柱を上部で交差させる合掌式の2つがあり、野菜の特性によって適用します。強風などで、根が切れたり、重要な枝が折れてしまうこともあるのでどれもしっかり立てて、しっかり結びつけて固定します。また、この時期は成長過程なのでわき芽かきと摘芯作業も行いました。また、新たな参加者も増えて作業はスムーズに終わる事が出来ました。ご参加ありがとうございました。ナス、トマトとピーマンの支柱立て

  • ポット植えと支柱立て

    5月8日の日曜日です。ゴールデンウィークの最終日ですが、優先して参加してくれました。今日はオクラとタイガーメロン、ここで種を取ったキュウリのポット植え作業からです。先々週に植えた落花生はやっと芽が出てきました。後は菜の花畑の整備、幾つかは種採りをします。さらにインゲン豆の支柱立て作業へと続きました。ここは風が強いので毎年倒れたりが度々ですので、しっかり立てないといけません。男性5人がかりで行いましたが、どうでしょうか。収穫は玉ねぎとスナップエンドウと高菜漬けでした。ご参加ありがとうございました。ポット植えと支柱立て

  • 豆類の整備と管理

    5月1日の日曜日です。ゴールデンウィークの初日ですが、晴天で畑作業日和でもあり、たくさん参加してくれました。今日は前日来の雨と風で倒されたスナップエンドウの支柱の立て直し作業です。ここは丁度竹林と隣接していて吹き下ろしの風の通り道になっているのとツタがたわわになっていたのが重なってしまいました。新たな支柱の補充作業とエンドウ豆の剪定を男性陣が、女性陣はトマトの支柱添え作業と雑草取りに分かれての作業でした。暫くは夏野菜、ナスやトマト、ピーマンの管理が続きます。お疲れさまでした。豆類の整備と管理

  • 落花生の苗作り

    4月24日の日曜日です。朝まで雨が残りました。畑はぬかるんでいるので仕事がしにくい状態になっていました。なので主に屋根の下での作業からの始まりです。先々週からの高菜漬けの出来具合作業と、干していた落花生の苗作り作業が行われました。さらに雨がやんでからの畑作業としてゴボウ掘りとスナップエンドウの収穫も行われました。また新たな参加者が加わって賑やかになりました。またご参加お願いします。落花生の苗作り

  • 夏野菜の苗植え

    4月17日の日曜日です。今日は春日和、畑仕事には最適な天候です。おまけに今日は新しい参加者が数組、本格的な夏野菜の苗植えには助かります。今日はナスビとミニトマト、ピーマンの夏野菜の苗植えです。全ての野菜は苗植えで、マルチ、支柱と言った準備が必要となり人手があるほど助かります。新しく参加した方もスタッフの指導のもと、頑張ってくれました。この先の成長の手入れもよろしくお願いします。平行して別の花畑では、ヒマワリの種を植えました。例年、緑地に訪れる方やドライバーの目を楽しませています。お陰さまで無事に最後の水やりまで終える事ができました。お疲れさまでした。夏野菜の苗植え

  • ゴボウと人参の種植えと高菜漬け

    4月10日の日曜日です。いい天気になリましたが、桜は見納めになりました。今日はゴボウとニンジンの種植えと高菜漬けの最終作業となりました。種植えは直播きの後に籾殻を撒いて、明日から雨模様なので水まきは無しで終了です。先週に続いての高菜漬けですが先週と同じくらいの量で樽が全部で5つになりました。畑も増々賑やかになります。今後もご参加よろしくお願いします。ゴボウと人参の種植えと高菜漬け

  • 高菜漬けとインゲン種植え

    4月3日の日曜日です。今日もいい天気になりました。今日も花見満開シーズンなので参加者は少なめですが、ご参加ありがとうございます。それで今日は立派に育った高菜の漬物作業から始まりました。毎年の恒例作業で皆さん手慣れた様であっという間に2樽の高菜漬けが終わりました。来週も残りを漬けます。後はインゲンの種植えとエダマメの雑草取り作業で終了です。お疲れさまでした。いよいよ春本番で、過ごしやすい日が増えてくる季節、畑も新生活を迎える時期でもあります。ご参加お願いします。高菜漬けとインゲン種植え

  • ジャガイモの芽出しと整備

    3月27日の日曜日です。いい天気になリました。いつもより集まりが少ないのは、皆さん、多分桜の開花で花見を選んだのかも知れません。今日は、ジャガイモの芽出し作業から始まりました。遅霜の心配が無い15度位の好天候で、ちょうどマルチを押している状態でした。尚、霜で被害を受けても、復活するそうです。ちなみにこの時期、芽の下には8〜10個くらいの実がなっているそうです。そうすると小さなじゃがいもがたくさんできて大きなじゃがいもになりません。小粒のじゃがいもには土寄せの中でも出てきたソラニンという有害な物質をたくさん含むようになり、ソラニンを多量に含むじゃがいもは食べることができません。時期がきたら間引きが大切になります。昨日降った雨で畑は、ぬかるんでいましたが集まってくれた皆さんはマイペースで整備作業をこなしてくれました...ジャガイモの芽出しと整備

  • エンドウ豆の支柱作りと収穫

    3月20日の日曜日です。寒の戻りで少し寒い天候となりました。今日も種植えや苗植えの前段階の畑の管理作業です。先々週に植えたエンドウ豆の支柱作りを新しく参加して下さった親子さんに手伝ってもらいました。あんどん式支柱の立て方で支柱を畝の隅に立てて網を張り、伸びて来る茎の直伸を助ける作業です。他の皆さんはそれぞれ自主的に植えている野菜廻りの整備作業に取りかかりました。先日の雨で土がぬかるんでいたせいで雑草も取りやすくなっていたようで、皆さん仕事が捗って、満足そうでした。ご参加ありがとうございました。エンドウ豆の支柱作りと収穫

  • 肥料撒きと収穫

    3月13日の日曜日です。気温もすっかり春らしくなりました。今日も新たな参加者さんを迎えて賑やかな畑作業の始まりです。今日は春夏野菜の為の農業の基本中の基本の土作り作業がメインになります。植物が生長するために必要な栄養を与えるのが肥料の役割です。その有機肥料に今回はけいふんを使います。けいふんは、成分のバランスがよいので、野菜などの栽培のときに重宝します。植物の生長に必要な、窒素、リン酸、カリウムがバランスよく含まれていて、植え付けるときに施す「元肥」としても、追加で施す「追肥」としても使うことができます。特に野菜や果樹といった栽培期間の長いものに対してよく施されます。冬野菜の収穫した跡地をほぐして平らにした畑に満遍なく撒いて行きます。新たに参加してくれたご家族も、農業の基本中のからの体験スタートになりました。後...肥料撒きと収穫

  • ニンジンとほうれん草収穫

    3月6日の日曜日です。寒の戻りで少し肌寒い天候となりました。今日も冬野菜の後始末と収穫作業となります。ニンジンの最終収穫とゴボウの収穫、ほうれん草の収穫と廻りの雑草取りやジャガイモとサツマ芋廻りの電気柵準備など参加者が各自の作業に散らばっての作業となりました。先週、見学にいらしたご家族も参加してくださり、お子さん共々、初回ながらニンジンの剪定や大根収穫など大活躍してくれました。これから春夏野菜の植付けで忙しくなります。なるべくのご参加お願いします。ニンジンとほうれん草収穫

  • ゴボウの収穫と雑草取り

    2月27日の日曜日です。寒気が去って春の訪れを感じさせる晴天になりました。今日も相変わらずの畑整備となりました。とはいっても着実に春夏野菜の準備の用意と言った所なのですが…。まずはブロッコリーの後始末、根っこと葉っぱが固くて重いので以外と重労働でした。後はキャベツの剪定作業、収穫ずれでの破裂や痛み無しの剪定作業やゴボウの収穫と玉葱の雑草取り作業で今日は終了となりました。休憩では参加者の持ち寄りの八朔を堪能できましたし、体験希望の見学も有り、充実した一日でした。ゴボウの収穫と雑草取り

  • 掲示板と畑の様子

    一週遅れの報告になりましたが、2月13日は朝から雨で、皆さん集まらなかったのですが、この機会に緑地の入口付近にある掲示板の紹介と、今の畑の状況報告とします。ふれあい村の掲示板ですが、過去の活動の様子や趣旨等の3種類制作していますが野外なので色褪せてくるので定期的に変えなくては行けません。これを見て参加された方もいらっしゃいますので新たなアプローチも考えています。畑の様子は収穫済やこれからという現状です。ジャガイモ、サツマ芋、豆類の成長待ちです。もう少しで春に向かってより賑やかになります。ご参加よろしくお願いします。掲示板と畑の様子

  • 冬野菜畑の管理作業

    2月6日の日曜日です。寒気圧の到来で肌寒い日曜日となりました。今日も植付け作業はお休みで、参加者それぞれの畑の整備作業となりました。サツマ芋のマルチの土掛けや葉物野菜廻りの雑草取りやトラクターでの作業等、休憩をいれながらこなして行きました。参加者は少々少なめでしたが、しっかり仕事をこなしてくれて充実した1日となりました。地味な作業が続きますが、野菜に取っては大事な事なのでこれからもよろしくお願いします。寒い中ご参加ありがとうございました。冬野菜畑の管理作業

  • ジャガイモと里芋の植付け

    1月30日の日曜日です。オミクロン株の拡大によって不穏な日々が続きますが、今日も皆さん、元気に集まって下さいました。今日はジャガイモと里芋の植付けを行います。手順ほ、畝の中央に溝を掘ります。30cm間隔で種芋を置いていきます。種芋と種芋の間に牛糞堆肥と化成肥料をおき、ジャガイモに直接肥料が触れないよう注意しながら、土で埋め戻します。ジャガイモも里芋も切らずに、そのまま植えます。半分に切って植えるより発芽も良く、切らない方が切り口からの腐敗もなく、安心です。その分芽が沢山出てしまいますので、芽かき作業が重要になります。土を被せたらその上から芽が発育するまでのマルチを張り、終了しました。その後は、芽が出たら芽かき作業、土寄せ作業と続きます。畝が長かったのでその分、作業も大変でしたが、その後のフォローも又お願いします...ジャガイモと里芋の植付け

  • 冬畑の整備

    1月16日の日曜日です。小雨がちらほらと言った具合の、優れない天候です。新年2度目の教室です。植える作業はまだ先なので、今週も畑廻りの整備作業となりました。昨年度末に植えたエンドウ豆やそら豆廻りの雑草取りや、ほうれん草やキンゲンサイまわりの雑草取り等皆さん散らばっての作業となりました。今の畑の状態はニンジンやキャベツと大根が最盛期で、白菜や玉葱がまだまだと言った感じです。この後の予定ではジャガイモ植えも控えています。豊作を楽しみに頑張りましょう。今日もお疲れさまでした。この後もご参加よろしくお願いします。冬畑の整備

  • 2022年度始めの集会

    新年明けましておめでとうございます。令和4年の最初の教室です。オミクロン株が拡大し始めての不穏な年明けですが、皆さん元気に集まって下さり喜ばしい限りです。今日は年度始めの顔見せと言う集まり色が強いのですが、暫く休んでいた畑の整備作業となりました。高菜の追肥や玉葱廻りの雑草取りや枯れてしまった菊の撤去等それぞれ分散しての作業となりました。正月の過ごし方等の談話を交えながら無事終了しました。今年も皆さんが無事に楽しく作業出来るように頑張ります。ご参加よろしくお願いします。2022年度始めの集会

  • 今年1年の反省会

    12月19日の日曜日です。寒気の影響で風も強く、寒い日になりましたが、幸いにも予報の朝の雨は止んでいました。今日は今年最後の教室です。美し村では恒例の餅つきを行っていましたが、コロナ禍の為もあり今日は、一年間参加して下さった皆さんに集まってもらっての餅米での山菜おこわの試食会での締めくくりとしました。コロナ禍において体調に十分注意しながらもお集まり下さり、皆さん全員が無事に参加して下さった事、代表者、スタッフ共々感謝し、又来る年も一緒に野菜作りが出来る事を願っています。ありがとうございました、そしてお疲れさまでした。来年も楽しくやりましょう。今年1年の反省会

  • 高菜植替えと雑草取り

    12月12日の日曜日です。このところ畑仕事には最適な暖かい日が続いています。今日は初めに先日来に植えていた高菜の間引き及び植替え作業を行いました。高菜はからし菜の変種で生息地は東南アジアと言われ漬物として使われる事で有名で優良発酵食品として九州では野沢菜、広島菜と並んで日本三大漬け菜の一つです。ビタミンK、B、Cなどが豊富に含まれ、食物繊維、鉄分や緑黄色野菜なのでカロテンも多い万能野菜です。ちなみにカツオ菜も同類種です。5~6畝に並列植えで終了です。後にここで高菜浸けを行います。教室は今年は後一回となりました。今年を締めくくる反省会です。是非ご参加をお願いします。お疲れさまでした。高菜植替えと雑草取り

  • ジャガイモ掘りと雑草取り

    11月28日の日曜日です。朝晩は冷えてきましたが、日中は過ごしやすい天候です。今日はジャガイモ掘りがメインですが、作業後には代表の提供での米を炊いてのおにぎりタイムもあります。仕事は分担でジャガイモ掘りと、先日来に刈上げた雑草の後片付けと先週やり残した畑の雑草取りと、おにぎり作りに分かれて作業に取りかかりました。メインのジャガイモは手入れが薄かったのか前回よりも小振りで数も少なめでした。ちょっとガッカリでした。仕事を終えてからのおにぎりタイムは、おおむね好評でした。恒例行事になるかもしれませんね。お疲れさまでした。今年もあっという間に過ぎて、本年度の教室も残り少なくなりましたが、コロナに十分に注意しながら年末を乗り切りましょう。ジャガイモ掘りと雑草取り

  • 豆類の支柱立てと雑草取り

    11月21日の日曜日です。今日は先週植えたスナップエンドウとそら豆の支柱立て作業とほうれん草や菜花回りの雑草取り作業となりました。スナックエンドウは、ほおって置くと人間の背丈以上にも伸びていきます日当りや通風が十分に得られ、作業に都合のよい高さに、支柱やネットを用意して、ツルや枝が絡みやすいようにします。ソラマメの草丈は最終的に1m近くまで生長し、風が吹くと倒れやすくなってしまうので、株の四方に支柱を立ててネットを被せて高さを調整します。毎年の事なので三、四人での作業で行いました。ほうれん草廻りの雑草取りは苗より雑草の方が伸びが早く摘み取るのにいつも苦労しますが、談話をしながらの作業なので結構楽しそうに見えます。収穫は大根、カブに人参と充実してました。ご参加有難うございました。次週はジャガ芋掘りです。豆類の支柱立てと雑草取り

  • 豆類の植え替えと雑草取り

    11月14日の日曜日です。肌寒くはなりましたが今日もいい天気になりました。雨が少ないと言っていましたが、平日に連続して雨が降り、少しは畑も潤ったはずです。今日はより元気になってもらう為にスナップエンドウとそら豆の苗の移植作業からです。玉葱を植えている畝の隣にマルチを張ってからの植えかえです。植え替えは、新しい土に入れ替える事によって新たにミネラルを補給し、根が成長する場所を確保し、老廃物や有害な微生物を捨て去ります。また同時に根の健康チェックで絡み合っている根をほぐしたりできるのです。後は雑草取りですが、キャベツやブロッコリーの一部、葉が見事に虫に食べられているのが気になりました。「モンシロチョウの幼虫(アオムシ)」が挙げられますが、ほかに「ヨトウガの幼虫(ヨトウムシ)」、株の中心部を食害する「ハイマダラノメイ...豆類の植え替えと雑草取り

  • 白菜の植え替えとピーマンの撤収

    11月7日の日曜日です。今日も畑仕事にはいい天気ですが、平日には雨が降ってほしいこの頃なのです。今日はその雨無しのせいで土が堅くなって中々育たない白菜の苗の植え替えとピーマンの撤収作業がメインとなります。新たにトラクターで作った3畝に移し替えた後は肥料を撒いて終了です。ピーマンの回収作業は支柱回収とマルチの撤収でいつもながら手間取りました。後は大根とカブの間引きや鷹の爪収穫等で終了です。この先予報では雨の気配もありますので畑の潤いを期待したいですね。白菜の植え替えとピーマンの撤収

  • ミニトマトの後片付けと玉葱の定植

    10月31日の日曜日です。今日も秋晴れのいい天気になりました。今日はミニトマトの後片付けとカブの間引き、玉葱の定植等の作業です。ミニトマトはまだ青いのも多かったのですがすべて収穫して支柱回収とマルチ撤去と進みました。青いのは後に黄色から赤くなりますがそれほど美味しくはないとの事ですが、もったいないので試してみる価値は有りそうなくらい有りました。カブも間引きにしては大きくくなりすぎていたし、少し手入れが後手に回っている感じです。今日は作業の終わりに、代表からのお米の提供で、ここで炊いて作った混ぜごはんによるおにぎりの差し入れがあり、皆さんは幾つもおかわりをしていました。ミニトマトの後片付けと玉葱の定植

  • 電気柵設置と撤去作業

    10月24日の日曜日です。今日もいい天気になりました。秋冬の野菜の種植えが一段落ついたところでの今日は、エンドウ豆とナスビ畑の撤去作業となりました。両方には支柱ありや網かけやマルチ等の撤去が伴うので案外と手間がかかるのですが、参加者の皆さんは手際よく1時間程で片付けてくれました。後、前回に引き続いてニンジンにイノシシの被害があったので水田に設置していた電気柵を急遽設置する事にしました。これでジャガ芋畑と2ブロック設置となりました。この所の被害の多さに、まだ新たに設置の予定です。今日はマルチ剥がしや支柱整理等面倒な作業ばかりでしたがほどなく終了致しました。ありがとうございます。次週は選挙の投票日と重なりますが都合の良い方はご参加お願いします。電気柵設置と撤去作業

  • 種蒔きと芋煮会

    10月17日の日曜日です。先週に比べるとめっきり秋めいた気温になりました。今日はエダマメやスナップエンドウ及び大根の種植え作業と、毎年恒例の芋煮会の実施です。又別の畑ではいつもながらの大事な雑草取り作業を行いました。それと平行して芋煮の調理も行われていました。東北の農家で「川原などで里芋を煮て食う」という秋の習慣から里芋の収穫時期に行われるのですが、「豚肉・味噌仕立て」と「牛肉・しょうゆ仕立て」レシピがあるのです。今回は豚肉の味噌仕立てで行いました。味はどうだったのでしょうか。新米のおにぎりも一緒でした。ごちそうさまでした。季節がやっと秋らしくなり畑仕事にとっても良い環境になりました。実りの秋らしく野菜も元気になります。ご参加をお待ちしています。種蒔きと芋煮会

  • ひたすらの雑草取りと間引き

    10月10日の日曜日です。今日も秋とは思えない真夏日となりました。今日は松井代表の言う所のみんなの大好きな?全作業通しての雑草取り作業です。この所ずっと雨が降らなくて土もカラカラに乾いているのですが、その反面皮肉な事に雑草は植えた野菜達より元気に茂っているのです。参加者の皆さんはそれぞれ人参畑やゴボウ、カブ等に散らばっての作業となりました。人参とコカブは、ついでに間引き作業も行いました。これは立派に食べれますので。作業後は先週収穫したの焼き芋を食す等などのご褒美がありました。暑い中の作業、お疲れさまでした。次週、17日は秋の恒例行事のひとつ、芋煮会を開催します。日頃頑張って下さっている皆さん、なるべくご参加ください。ひたすらの雑草取りと間引き

  • さつまいもと落花生の収穫

    10月3日の日曜日です。秋とは思えない程の真夏日になりました。今日はさつまいもの収穫とラッカセイの収穫作業です。さつまいもの収穫作業は伸びたツタを刈上げての運び出しとマルチの回収作業の後での掘り起しです。前回イノシシ襲来で一つも収穫出来なかったので今回の収穫の喜びは格別です。その代わりに対策をしていなかったラッカセイの畑が荒らされていました。おそらく、又やって来ると思いますので、そっちの方も急遽の収穫作業となりました。そう言う訳で皆さん頑張っての大量収穫となりました。お疲れさまでした。そして暑い中ありがとうございました。さつまいもと落花生の収穫

  • ネギの移植と冬野菜の種蒔き

    9月26日の日曜日です。暦の上では秋が深まってくる頃なのですが、今日はやけに蒸し暑い日となりました。今日はかねてから予定していたネギの管理と移植作業です。植え替えをする理由は、生育補助と効率のよい収穫の為ですが要はネギがかかりやすい病気よけのためが主な理由です。ネギの移植は深く掘った溝に等間隔に土を半分位に被せていきました。これからはさらに土を被せて伸ばして行きます。あと追加という形で新たに大根、ごぼう、小松菜や菜花の種植えを行いました。畝に平行な筋を入れて溝を作り種を撒いて行きました。雑草除けにその上から米ぬかを撒いて終了です。思わぬ夏日のような暑さでしたが皆さん冬野菜の管理作業等淡々とこなして行きました。勿論、休憩は十分に取り、氷の差し入れにホッと一息、最後の収穫まで頑張ってくれました。収穫はまだまだ採れる...ネギの移植と冬野菜の種蒔き

  • 白菜とキャベツ、ブロッコリーの苗植え

    9月19日の日曜日です。台風14号が通り過ぎて晴れの秋日和です。今日は白菜とキャベツ、ブロッコリーの苗植えです。台風の影響で畝の土が水を含んでいるのでマルチは無しの苗植えになりました。いずれも成長した時の大きさを考えての間隔を開けて植えていきます。大体50cmくらい開けての2条植えで、ブロッコリーは交互に、白菜とキャベツは平行に植えて行きます。後で根元にしっかり籾殻を撒いていきます。その他の作業は、風で倒れたさやえんどうの支柱たてがありました。これで倒れたのは2度目です。どんどん成長すると重くなるのと最初の支柱をしっかり立てなかったのもあります。サツマイモの蔓も伸びて来たので蔓返しや先週植えたカブやゴボウの雑草取り等の作業を終えて、今日は終了です。白菜とキャベツ、ブロッコリーの苗植え

  • 冬野菜の大根とゴボウ、カブ等の種まき

    9月12日の日曜日です。朝からどんよりと曇りの天候です。今日は冬野菜の大根、ゴボウ、カブ等の種まきです。肥料播きと耕運機で畝を耕してからの作業となりました。冬野菜は、寒さで凍ることがないよう細胞に糖を蓄積するため、糖度の高い野菜が多いこと、また体を温め、冷えを取り除く食材が多いのです。土の下で生長するものが多いので地上からしっかり観察管理が重要です。今回はマルチ無しの直播きなので最後はしっかり籾殻を撒いての仕上げでした。また、サツマ芋畑に続いて水田にも電気柵を設置しました。イノシシは穂が実る頃には荒らしにくるのですが、なんとかこれでくい止めたいものです。今日もご参加ありがとうございました。お疲れさまでした,、冬野菜の大根とゴボウ、カブ等の種まき

  • ジャガ芋と人参、玉葱の植付け

    9月5日の日曜日です。日差しの暑い晴天となりました。今日は人参とタマネギの種植えとジャガイモの植付け作業です。昨日までの大量の雨で畝の間のぬかるみで足を取られながらの作業となりました。ジャガイモは、半分に切って植えるのと丸いまま植えるのがありますが、30g程度の小さい芋なので前回同様まる植えです。人参は二度目の挑戦です。種を植えた後はタマネギと同じで籾殻を被せて終了です。後はネギ畑の鍬で持っての雑草取り作業です。後に移植が待ってます。水田の方ですが、稲からイノシシの監視用として待望の案山子が2体、設置されました。来週設置予定の電気柵と共に役立ってくれるでしょう。次週も各自の健康を十分に考慮してからのご参加お願いします。ジャガ芋と人参、玉葱の植付け

  • 長雨被害の畑整備2

    8月29日の日曜日です。長雨の後は真夏が暑さを増して戻ってきました。今日も熱中症アラートが出ていました。この天候で花畑のヒマワリが先週とは打って変わって元気に咲き乱れています。今日は長雨の被害の後片付けがメインとなります。支柱と網の回収作業から始まりました。暑い中なので皆さん、くれぐれもマイペースでお願いします。休みを各自、自主的に取るように心がけての作業です。品種ではキュウリとトマトが雨で終了です。イノシシの気配もありながらもサツマイモ畑は何とか電気柵で守れていますが、余談を許さない状態です。久しぶりの高菜漬けと赤くなったピーマン、ナス等の収穫で無事終えました。次週も各自の健康を十分に考慮してからのご参加お願いします。長雨被害の畑整備2

  • 長雨被害の畑整備

    8月22日の日曜日です。お盆休み明けの集会ですが、一週間以上も続いた雨の続きのぐずついた天候です。従って参加者も少なめです。畑の状態は、あらかじめ想像はしてたのですが、タイガーメロンの食べ散らかしとキュウリの支柱ごとの倒壊と、長雨とイノシシのダブルパンチで皆さんは声も出ませんでした。先に撒いた大根と人参の種も全滅です。植えたヒマワリも日当り不足で数本元気無く咲いていました。収穫の内容は救済の意味が大きいのですがミニトマト、花が咲いたニラと食べ残されたまだ熟していないタイガーメロン、地這えキュウリなど、それでも何とか実っている野菜を収穫して終了しました。地這えキュウリは種取り作業も行いました。農業は天候や害獣等に負けてはいられません。次週からは新たにリセットして頑張りましょう。長雨被害の畑整備

  • 大根とニンジンの種植え

    8月8日の日曜日です。台風が近づいているのですが、まだ晴天です。今日は大根とニンジンの種植え作業です。まずは肥料撒き作業で、その後トラクターでの耕運作業を行いました。大根は耐病総太りという、肉付きがよく、若どりもできて、全体的に均整のとれた利点のある種類です。ニンジンは、正月のおせちに欠かせない色ツヤのよい鮮やかな赤い本紅金時で2畝に二条播きでした。先に植えた夏野菜たちも収穫真っ盛りで大きく育っていました。廻りの整備作業で今日は終わりです。来週はお盆休みとなります。22日に参加お願いします。大根とニンジンの種植え

  • 夏のボランティア体験

    7月24日の土曜日です。今日は毎年恒例の北九州市こども家庭局主催の夏のボランティア体験の日です。今日は10家族、22名の参加者で行われました。普段の生活の中で買い物や食事の時に接する機会のある野菜がどのように育っているのか知る事が出来る機会なので、希少な体験だと位置づけてられています。今日はネギ畑の雑草取りと夏野菜の収穫体験を行いました。熱中症に気を付けながら休み休みの1時間半でしたが、無事に終わる事が出来ました。お子さん達も草むしり作業に積極的に参加していましたネ。休憩を挟みながらの作業の後は、夏野菜の収穫です。収穫のナスとキュウリの大きさに皆さん驚いていました。真夏の暑い一日でしたがお子さんは元気に作業してくれました。自分で収穫した野菜を食べるのが楽しみですね。ご父兄の皆さんご参加ありがとうございました。子...夏のボランティア体験

  • サツマイモの蔓返し

    7月18日の日曜日です。朝からの雨もやんで、比較的涼しい午前となりました。今日の畑仕事はサツマイモのつる返しから始まりました。サツマイモは養分の吸収力が極めて高くて、どんな荒れ地にも育つという有り難い野菜だけど放っとくと蔓ばかり増えて肝心の芋まで栄養が行かない、いわばワキ芽作業と同じで収穫の野菜に栄養が行くようにする作業です。やはり放っといてもいい野菜なんて無いってことですね。この時期特有の畑の廻りのほったらかしの雑草の伸びが凄い事になっているので草刈り機での作業もかかせません。あと代表の松井さんが珍しい野菜、芋がらを持って来てくれました。里芋などの葉柄の芋茎と呼ばれる部分でズイキとも呼ばれているそうです。どんな野菜で料理方法等は皆さんネットで調べて試します。感想は後ほど報告をお願いします。今日は又新しい方が加...サツマイモの蔓返し

  • 止まらない鳥獣被害

    7月4日の日曜日です。梅雨というのに、この所なかなか雨が降りそうで降らない天気です。今日は隔週日ではないので参加者は少なめの8人でした。先週サツマイモ畑の廻りに電気柵を設置したのですが、その周辺の畑に被害がありました。ニンジンはイノシシにすべて掘り起こされて全滅状態、キュウリとナスビはおそらくカラスが食べツツいたであろう残骸が多数散らばっていました。ミニトマトはまだ青いのであまり被害が無かったのですが、皆さんガッカリするやら、あきれかえっていました。笑えないジョークですが、一生懸命彼らの為に育ててあげて、自分達はそのおこぼれを頂くといった状態です。本業の農家の皆さんもあの手この手の対策で苦労なさっているのが少しながらも実感しました。そういう事で、とりあえずナスビとキュウリ、ミニトマトにはわき芽の作業の後に、支柱...止まらない鳥獣被害

  • ヒマワリの種植えと電気柵設置

    6月27日の日曜日です。今日もいい天気になりました。今日はヒマワリの種まきの日です。種はロシア産で、国花として多く栽培されている品種です。草丈が2mにもなる大きな品種で、直径が30㎝にもなる大輪の花を咲かせるのが特徴です。先日に耕運した7〜8畝に40~50㎝間隔で土に種をまいたら、1㎝くらいの厚さになるように上から土をかぶせます。ひまわりの種は嫌光性で光が当たると発芽しないため、覆土します。ちなみに見ているだけでポジティブな気持ちになれるひまわりの花言葉は、「あこがれ」や「あなただけを見つめる」などです。あと別作業として注文せていた電気柵が届いたのでサツマイモ畑に設置作業も行いました。少し早めの設置ですがイノシシに、この場所は危険だと周知させるには遅くはありません。うまく防御できますように願っています。ヒマワリの種植えと電気柵設置

  • 花畑の整備とタイガーメロン植え

    6月20日の日曜日です。今日も汗ばむ夏日となりました。今日は臨時召集なので各々がやり残した作業を行う事となりました。まずはピーマンとナスのわけ芽作業から始めました。この作業は中々難しく例年、スタッフの指導を聞きながらの作業となっています。後は雑草取り作業が常ですが、有志達は公園の入口付近に或る花畑の整備も行いました。それと少し時期が遅れましたがひと畝にタイガーメロンを植えました。うまくできると良いですが、カラスやイノシシに要注意なのです。そういう事で皆さん思い思いの作業を終えました。野菜は手を付ける程美味しくなります。毎週集まってくれて本当にありがとうございます。花畑の整備とタイガーメロン植え

  • サツマイモの苗植え

    6月13日の日曜日です。梅雨入りらしく先日の雨の名残なのか、今日は雨ではない曇りのものの過ごしやすい日曜日となりました。今日はやっと苗が入荷してのサツマイモの植付け作業です。先々週にマルチを張っていたので、今日は4畝に直接2条植えとなりました。それが終わるとキュウリの移植と支柱立て作業となりました。先週までの真夏日とは違って畑作業もはかどります。去年の反省で今年はサツマイモ廻りに新たに電気柵の設置予定です。今度こそは豊作を、と願っている皆さんでした。これからは豪雨や真夏日といった異常気象があるかもしれない時期になりますが、それに負けないで野菜作りを頑張って行きましょう。サツマイモの苗植え

  • ジャガイモの収穫

    5月30日の日曜日です。今日も梅雨の晴れ間のいい天気になりました。今日はジャガイモ掘りから始まりました。思い起こせば昨年の10月に、ジャガイモとサツマイモはイノシシの襲来で全滅という事件があったので1年越しの収穫となり、皆さんの思いもひとしおでした。後半はサツマイモの準備での耕運とマルチ張り作業やニンジンの雑草取り作業で終了しました。次週は自主参加でのお休みとなります。隔週の6月13日になります。梅雨時期ではありますが晴天も多いので畑仕事には最適な気候ですので、ご参加お願いします。ジャガイモの収穫

  • 野菜の収穫と後始末

    5月23日の日曜日です。梅雨の晴れ間と言った具合のいい天気になりました。今日も苗が揃わずサツマイモは延期になりました。そんな訳で畑での収穫と後片付け作業となりました。主にタマネギの収穫と耕運作業とスナップエンドウの収穫と支柱の撤去作業となります。その合間にナスやトマトのわき芽取り等を混ぜながら、天候のせいでしょうか、皆さんうっすらと汗をかきながらの作業でした。明日から又雨模様に戻るそうで。つかの間のいい天気を感じてくれた1日でした。野菜の収穫と後始末

  • ピーマンの剪定とネット張り

    5月16日の日曜日です。紆余曲折の五輪やコロナワクチン接種が現実味を帯びてくる今日この頃ですが、九州北部も早くも梅雨入りという異常気象が追い打ちです。雨曇りの中、今日は夏野菜の管理作業です。まずは、ピーマンの剪定の後ネット張り作業です。ピーマンのわき芽取り作業は、栄養が実にもっていかれて苗自体が弱ってしまうのを防ぐ為に行います。下の方にある細い枝や花を摘み取ってしまうのは少しかわいそうな感じもしますが、苗が小さいうちは花を摘み取ることが大切です。その他、夏野菜のトマトやナスビ、キュウリなども同様に不要な茎葉やわき芽などを取り除くための「わき芽かき」「摘心」という剪定作業をすることで、栄養分が一箇所に集中させ、収穫量や美味しさを増すことができるのです。剪定の後、ピーマンの枝は、伸びてくると裂けてしまうのでネットは...ピーマンの剪定とネット張り

  • 支柱立てと菜種取り

    5月9日の日曜日です。今日はキュウリの支柱立てと菜花の種取りが主な作業となりました。キュウリの支柱立ては、キュウリに好環境な風通しと日当たりが良い事を優先して垂直式支柱で行いました。つるが次々に伸びてくるキュウリは、支柱を1本仕立てにするとすっきりと整理できます。苗の根本から約10cm離れたところに、支柱を垂直に立てます。その後はネットをしっかり伸ばして張ります。別の畑では、菜花の種取り作業です。菜の花の花が咲き終わるとサヤが出来て、やがて種ができます。サヤがパリパリに乾燥すると種の採種ができます。枝ごと切り取り、十分に乾燥させてから、サヤを手でもみながら種を取り出します。取るのに手間がかかりますが、菜種(ナタネ)油が有名な健康食材なのです。臨時で参加者がいつもより少なめでしたが、順調に作業は終了しました。お疲...支柱立てと菜種取り

  • 夏野菜の支柱立て

    5月2日の日曜日です。又お一人参加者が増えました。楽しく学んで行きましょう。今日は朝は天気だったのですが、強風と後に大粒の雨の荒れた天候の中での支柱作業となりました。初めにナスビの支柱立てからです。目新しい支柱を購入、添え木用の短い支柱を結合して長い支柱としても使える物です。ナスの支柱は4本立てです。丁度風が強い日でもあったので4本だては、このくらいの風ではビクともしないはずです。後はトマトとインゲンなどの夏野菜の添え木やネット張りと続きました。途中、突然の大雨で中断するも、何とか終える事が出来ました。強風の為にスナップエンドウの支柱は悉く折れてたので補強作業も追加しながらの収穫とネギの土寄せ作業と菊の剪定で今日は終わりました。次週は天気ならばジャガイモのツタ処理などの作業があります。都合の良い方はお願いします...夏野菜の支柱立て

  • 夏野菜の苗植え

    4月18日の日曜日です。昨夜からの雨も止んでまずまずの天気になりました。今日は夏野菜の代表的なナス、ピーマン、トマトとキュウリの植付けです。キュウリ以外は苗植えです。いずれもマルチに穴を開けてからの植付けで短い支柱を添えます。代表の松井さんは植え方の配置や間隔等を自主的に考えて植えるようにアドバイスを参加者の皆さんに指導していました。畝が長いので大仕事ですが、参加者の皆さんはテキパキと働いて、終える事が出来ました。後はネギの土寄せとスナップ、ゴボウの収穫で終了しました。P.S.懐かしい写真を1枚。とても和やかな雰囲気のワンショットだと思います。本当に長い間のご参加ありがとうございました。心から感謝申し上げます。又これからもよりよい野菜教室を目指してがんばります。お疲れさまでした。夏野菜の苗植え

  • 春夏野菜の種植え

    4月11日の日曜日です。4週間ぶりに快晴の日曜日となりました。今日はまずはあらかじめ植えていたネギの移植とトラクターでの畝作り作業から始まりました。前回ネギ苗を植えた続きに、溝を掘って脇芽の育ったものから順に植えて、その後は脇芽が育ってきたら、少しずつ土を寄せて白身が上がるようにすればまた美味しい長ネギが食べられるのです。その作業がほどなく終わったら別の畑でトラクターで畝を作った後にモロッコ、ニンジンの種植え作業です。キャベツは涼しい気候を好む野菜でしたが、今では品種改良がすすみ、春、夏、秋まきが適期となりました。モロッコはマメ科インゲンマメ属の平ざやのさやいんげんで、さやが長くて平べったい形をしていて、やわらかい食感で特有の甘味があります。最後に植えたニンジンは、色が濃く、鮮やかなオレンジ色に仕上がり、すっき...春夏野菜の種植え

  • 雨の中の作業

    4月4日の日曜日です。今週も日曜日に雨です。よって参加者も少なめになりました。したがって皆さんカッパ姿で思い思いの作業です。畑では花畑と水田に全体に撒いたレンゲの花が満開になり、目の保養になります。作業としてはネギ廻りの伸びきった雑草取り作業、ゴボウとスナップエンドウ等の収穫。先日には夏野菜の畑作りの為にA地区、B地区、CとD地区の耕運と畝立て作業を行いました。さらに集会所の屋根の補修作業を行いました。毎週日曜日の雨の為に中々作業が進みませんが、次週11日の日曜日はネギの移植等を行いますので、ご参加お願いします。雨の中の作業

  • 高菜の二度漬け作業

    3月21日の日曜日です。今日は朝から雨ですが予定では屋根の下での作業なので有志が集まってくれました。今日は高菜の二度漬け作業です。一度目の浅漬けとしても食べられますが、高菜は灰汁が強いので本格的には二度漬けが必要です。樽から上げて灰汁をしっかり絞り加塩と鷹の爪を入れて二度漬けを行いました。茶色っぽい灰汁を捨てて漬け直し、1週間以上置いて、いい色に漬けあがり、食卓に上がるでしょう。雨の日にも関わらずご参加ありがとうございました。次週は又地味な作業ですが、ネギ畑の草取りですが、早春の折り、よろしくお願いします。高菜の二度漬け作業

  • 掲示板と高菜の点検作業

    2月28日の日曜日です。いい天気になりました。今日は女性達は先々日に漬けた高菜の出来具合作業で、男性達は緑地入口のふれあい村掲示板のリニューアル作業から始まりました。この時期は春の長雨が断続的に続く天候で、畑に取っては春夏野菜を植える為の自然の水分を蓄える待機時期でもあるそうで、種植えを待つ畝が多くある状態です。従ってここ数週間は畑廻りの整備と冬野菜の収穫が続いています。来週は高菜の最終収穫で、高菜漬けとなりました。この所天候のせいや種や苗の購入時期等ではっきりとしたスケジュールが立てられないと言った事で毎週参加して頂いている次第ですが、本当に感謝しております。これからも都合の良い方はご参加お願いします。掲示板と高菜の点検作業

  • 畑の整備作業

    2月21日の日曜日です。日差しも暖かく、ゴールデンウイーク頃の陽気になりました。今日は、参加者が各自で自主的に気になっている畑廻りの整備作業となりました。参加人数が少なめでしたが、やはり毎週毎の手入れはありがたい事です。専業農家は毎日の手入れが常識ですから、マメな手入れは助かります。数日前の雪の寒冷前線が嘘のようで、少し動いた程度で汗ばむ陽気の中、それぞれが休憩を取りながら時間まで畑の手入れ作業を行いました。ご苦労様でした。ツクシも出てきて本格的な春の到来と言った感がありますが、出来るだけのご参加をよろしくお願いします。畑の整備作業

  • ジャガイモの植付け作業

    2月14日の日曜日です。先週に続けての臨時教室で、ジャガイモの植付け作業になりました。通常じゃがいもの種イモは、芽を上に向けて植えつけていきます。一方、芽を下に向けて植える「逆さ植え」という栽培方法も、病害虫に強くなるとして植える方法もあります。切ってから植えるのは種いもの数が増えますが、腐敗や病気のリスクも高まります。一方、種芋を丸ごと一個植えるという方法もあって、栄養も豊富で切り口がないため、病気のリスクを減らせます。それで今日は種芋を丸ごと植えでの植付けを行いました。肥料を間に撒いた後に土を掛けて、マルチを被せて終了しました。後は一ヶ月程して芽が出てきた頃にマルチを破いて日にさらす作業があります。その後はジャガイモの芽が10cmくらいの高さまで育ったら、芽かきと行った作業があります。植付け作業の後は、いつ...ジャガイモの植付け作業

  • 毎年恒例の高菜漬け作業

    2月7日の日曜日です。予定としてはジャガイモの植付けでしたが来週に変更になり今日は大きく育った高菜の古漬け作業となりました。”高菜”は緑黄色野菜の”からし菜”の一種で、辛みの成分はマスタードと同じイソチオシアン酸アリルで、ビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維を多く含んで栄養たっぷりなのです。日本では九州地域を中心に生産されて、長野の野沢菜、広島の広島菜とならぶ日本の三大漬菜に数えられてる葉野菜です。長期熟成させた古漬けと新漬け(浅漬け)があります。九州では珍しく積雪する地域のため、雪の下で寒じめされた高菜は柔らかく味も濃厚のため、数ヶ月熟成した漬物だけでなく浅漬けにしても美味しいです。ここふれあい村でも、美し村から例年行っている作業なのです。参加者の皆さんも毎年色んなレシピで楽しんでいるようで、今日は、慣れた手...毎年恒例の高菜漬け作業

  • 畑と竹馬川支流の整備

    1月24日の日曜日です。前日の雨は」止みましたが、どんよりとした曇り日和になりました。さすがに参加者は少なめですが、ご参加ありがとうございます。今日は長野緑地公園を横断して竹馬川に合流している清流廻りの整備作業を主として行われました。ふれあい村の畑には欠かせない清流ですが、大雨時には川縁が倒壊してしまう事がたびたびですので以前から気にはなっていたのです。川縁に野放しになっている雑草木などが朽ち落ちて水流を遮断してしまうこともしばしばなので、時間範囲内でので伐採作業でした。女性陣は栽培調整の収穫と整備作業を行いました。次回は2月7日です。予定ではじゃがいもの植付けです。よろしくお願いします。畑と竹馬川支流の整備

  • 2021年度最初の教室

    令和3年1月17日の日曜日です。先週の日曜日が年度始めの教室の予定でしたが、年明け早々の大寒波で、ここ北九州も大雪に見舞われて中止状態になり、今回が新年初の教室となりました。今日も底冷えがする寒い朝となりましたが、皆さん新年のご挨拶がてら集まって下さいました。寒い中ありがとうございます。松井代表の挨拶の後の仕事初めは、元旦の過ごし方などの談話を交えながら、それぞれの自主作業となりました。年末年始手入れが出来なかった畑の点検とたき火や調理の為の薪集めなどを行いました。まだまだ寒さが厳しい中なので、たき火にあたりながらの作業となりました。今年もさらなるコロナ拡大での始まりとなりましたが、それぞれが自覚を持って、さらに充実した教室にして行きたいと思います。この一年も、スタッフ一同と共にコロナ対策を気を付けながらのご参...2021年度最初の教室

  • 2020年度最後の作業

    12月20日の日曜日です。朝冷えでしたが日差しのあるいい天気になりました。今日が令和2年の最後の教室となりました。本来は恒例の餅つきでしたが、新型コロナの第3波を受けてなむなく中止、参加者がそれぞれいつもの様に畑作業にて年末を締めくくる事となりました。常連の皆さんに置かれましては体調も崩す事も無く、ほぼ毎週参加して下さりました。感謝とともに来年もより一層充実した教室を掲げて行きたいと思っています。新型コロナの収束が見えないままの年末となりましたが、来年はふれあい村をより充実した教室としてスタッフ一同継続して行きますので、今後ともよろしくお願いします。皆様の来年が良い年でありますように願っております。来年初日は1月10日となります。ご参加よろしくお願い致します。2020年度最後の作業

  • 九条ネギの植付け

    12月13日の日曜日です。年内終了まであと2回となりました。新型コロナの世界的発生というこの先語り継がれるであろう令和2年、ふれあい村も慣れ親しんだ美し村からの移行という2重での、まさに激動の年でした。コロナでの感染も無く教室もスムーズに移行出来たのは本当に参加者皆さんのお陰だと感謝致します。今日は九条ネギの苗植え作業です。長めの3畝に大量に植えます。畝中央に出来るだけ深く溝を掘って行き底に等間隔に苗を植えて行きます。九条ネギは日本で古くより栽培される「葉ネギ」の種類で、いまも伝統的に栽培される「京野菜」の一種です。沢山種類のあるネギの中でも、土寄せもあまりしなくていい柔らかくて細い葉ネギで料理の薬味として欠かせない葉野菜なのです。その作業の後はほうれん草の間引きやスナップエンドウ廻り等の草取りを経て、ダイコン...九条ネギの植付け

  • 先週に引き続き雑草取り作業

    12月6日の日曜日です。霜が降りた寒い朝となりました。今日も先週に引き続きの雑草取りや畑の整備と地味な作業となりますが、変わらずのご参加を下さいました。農業は生き物を育てる仕事で、一般的に種まきや収穫といった農作業が浮かぶと思いますが、収穫までの世話が大半を占めているのです。その地味な作業には様々な人とコミュニケーションを取りながら一緒に仕事を進めることが好きな人とか、出来る人が長続きします。今日も笑いを交えながらそれぞれの仕事を終えました。始めての方でも気兼ねなく解け合える雰囲気をこのふれあい村でも大切にしています。今年の参加も残り少なくなりましたが、皆さんよろしくお願いします。先週に引き続き雑草取り作業

  • ネギ畑の雑草取り

    11月29日の日曜日です。温度がぐっと下がって寒い日となりました。今日はネギを移植して植えた畝の雑草取りが主となりました。とはいってもびっしりと生えた雑草が圧倒的で肝心のネギが埋もれていて、中々大変な作業になりました。農業において雑草の対策は野外栽培においては害虫、外敵対策と共に必須な課題です。皆さんはひたすら丁寧に作業をして頂き、長い畝も綺麗になりました。皆さんはこの単純で長い作業をこなすのに、様々な雑談に花を咲かせて笑いながら行うというコミュニケーション作戦で、今日も丁寧な作業をこなしてくれました。後は、ほうれん草畑での間引き収穫と一本ネギ収穫と枯れ草集め作業等をこなして終了しました。寒い中、お疲れさまでした。なお、終了の挨拶では今年は餅つきをやむなく中止する事が改めて発表されました。残念ではありますが、来...ネギ畑の雑草取り

  • 芋煮会と肥料撒き

    11月22日の日曜日です。今日は毎年恒例の芋煮会です。コロナ禍の中と肝心の里芋がイノシシの被害という悪条件で中止も止む終えなかった状態でしたが、代表の松井さんの里芋の提供と、参加者全員のコロナ対策徹底意識で開催される運びとなりました。芋煮の起源は諸説ありますが、東北の特に山形の農家で里芋の収穫の時期に、腐る前に全部食べきる必要があり、野外で汁物を作り歓談するという行事が全国的に定着したといわれています。農業においての収穫祭のようなもので、ふれあい村でも参加者の皆さんに味わってもらう目的で行っているのです。小規模ではありましたが、厳しい環境の中において、こういう形での収穫の喜びを味わってもらいたいとの思いで開催しました。畑では新しく作った畝に肥料撒きを行いました。今後も冬野菜の苗植えが控えています。こうしてコロナ...芋煮会と肥料撒き

  • タマネギの苗植えとエンドウ支柱立て

    11月8日の日曜日です。畑作業には最適な秋日よりになりました。今日はタマネギの苗植えとスナックエンドウの支柱立てとナス畑の撤去作業等と忙しい日になります。タマネギ作業は畝に肥料を撒いてから15cm間隔に穴のあいているタマネギ用の黒マルチに植えて行きます。株元に土を寄せて軽く押さえます。1回目の追肥は1月中、2回目の追肥が3月上旬、5月下旬~6月上旬ごろ、葉が黄色くなり、ぜんたいの3割程度の茎が倒れたら収穫時期になります。スナップエンドウ支柱作業ですが、呼び名はスナップエンドウかスナックエンドウなのかまぎらわしいのですが、正式名称はスナップ(snap=ポキっと折れる)エンドウで、スナックエンドウは「サカタのタネ」の商品名で、どちらも同じ豆だそうです。基本的な支柱の立て方の直立型です。苗の株元に支柱を垂直に挿して横...タマネギの苗植えとエンドウ支柱立て

  • ジャガイモ被害と冬野菜種植え

    11月1日の日曜日です。早いもので今年もあと2ヶ月となりました。今年の出来事としてはなんと言っても世界的な新型コロナの蔓延が一番ですが、ふれあい村の発足の今年としては、3密の徹底と共に、夏場の高温雨減や害敵対策と、特に悩まされた年でもありました。この3年位特にイノシシの出没が顕著になってきた感があります。今日ですが先週のサツマイモに続いて、やはりジャガイモも大半は食べられていました.従って今日も収穫無しでの、後片付けから始まりました。ほとんど残っていないたジャガイモの掘り起こしと散らかったツタの片付けでした。その後は、2種類のダイコンとカブと小松菜の2条種植えを行いました。収穫は最終ナスと白ネギで終了となりました。次の次の22日の日曜日は細やかながら芋煮会を予定しています。冬野菜の植付けと共に参加お願いします。ジャガイモ被害と冬野菜種植え

  • イノシシのサツマイモ襲来被害

    10月25日の日曜日です。今日も秋晴れの畑日和になりました。今日はサツマ芋の収穫でしたが、イノシシの襲来です。全滅です。イノシシ対策を購入して囲っていたのですが、ちょくちょく荒らしていたので効かないのかなって危惧してはいたのですが、その悪い予感が当たってしまいました。繰り替えますが全滅でした。一つも残っていませんでした。隣のジャガイモ畑も被害でした。一部は早取りしましたが来週が心配です。悩ましいですが、これからはより効果的な対策が必須となりました。気を取り直して、高菜とダイコンの間引き作業等を行い、今日は終了です。お疲れさまでした。これにめげずに頑張りましょう。イノシシのサツマイモ襲来被害

  • レンゲの種まきと野菜の追肥

    10月18日の日曜日です。先週に引き続き畑日和の良い天気です。今日はレンゲ草の花畑に背負式散布機での種まきと水田のトラクターでの耕運と種まき作業で始まりました。レンゲソウは、春の季節を感じさせてくれる花で、開花時期は4月~5月、意外と手間がかからず丈夫なので季節のガーデニングに向いています。寄せ植えにして育て方も簡単で、害虫や病気の心配もほぼないので、気軽に楽しめます。又レンゲソウ草は農業とは切っても切れない関係があるのです。種をまいておくと雑草防止になり、その後、畑や田んぼの肥料としてすき込み、とてもいい仕事をする花です。茎や花は窒素成分、花や実はリン酸、根や球根はカリという肥料成分になります。根が弱いため、種での直まきです。畑では冬野菜の種待ちなのでキュウリの後始末やダイコンの間引き、追肥などの作業です。新...レンゲの種まきと野菜の追肥

  • スナックとほうれん草の植付け

    10月11日の日曜日です。すっかり秋めいた畑仕事日和りの天候となりました。今日は主にスナックエンドウとほうれん草の種植えです。スナックエンドウはタネまき1カ月後と開花前に追肥、その後はつるが伸びてきて15~20cmの頃に、1.5~2mの支柱を立てて誘引します。ほうれん草は葉の生長に合わせて順次間引いていきます。目安として、本葉1~2枚の頃に3~4cm間隔に、本葉3~4枚の頃に5~6cm間隔に間引き、追肥も行います。隣の畝ではタイガーメロンやキュウリ等の後片付けや雑草取り作業を行いました。タイガーメロンはカラス対策の為に早取りなので皮ごと漬物が良いとの事でした。来週も種まき作業が続きます。ご参加お願いします。スナックとほうれん草の植付け

  • ハクサイとブロッコリーの植付け

    10月4日の日曜日です。秋日和の畑仕事には良い天候になりました。今日はいよいよ本格的に冬野菜の植付けが始まります。冬野菜は、葉物類と根菜類などの緑色系、白色系、茶色系が主流で鍋料理や汁ものなど、煮込んで調理する物が多くて、冬だからこそじっくり味わえる食材ばかりなのです。今日はハクサイとブロッコリーの種植付けから始まりました。両方とも種から直播きです。根を痛めやすい移植栽培よりも、直播き栽培の方がスムーズに生育します適度な間隔に均等に撒いたら土を被せて、もみ殻を撒いて終了です。その後は間引きや追肥と土寄せを行っていきます。後の作業は雑草取りと、まだ余っていたジャガイモの植え付け作業を平行して行いました。又、休憩を挟んでからは、他の畝でのソラマメの植付けと長ネギの土寄せ作業を行いました。ネギの土寄せは何度も繰り返し...ハクサイとブロッコリーの植付け

  • ダイコンとゴボウの植付け

    9月27日の日曜日です。今日からは本格的に冬野菜の植え付け作業が始まります。ダイコンとゴボウと、あと高菜の種植え作業です。種植えは間隔と粒を均等に植えなければならないので丁寧さが必要な作業です。植えたら雑草対策でモミ殻を被せます。根菜類は土の中で大きくなるので、目で見ての成長は解りません。上に伸びる葉での調整が大事になってきます。ダイコンは収穫までに2回ほど葉の間引きを行います。ゴボウも間引きから追肥、中耕、土寄せ作業と続きます。休憩を挟んでラッカセイの収穫作業を行いました。ラッカセイは少々早取りですが、隣の畝にイノシシが侵入していたので被害に遭う前にとの事です。平行してキュウリとトマトの撤収作業を行いました。キュウリともかく、トマトは暑い日が続いた為に収穫前に皮が破裂したり、落ちてしまったりと不作でしたね。な...ダイコンとゴボウの植付け

  • イノシシ対策と畝立て作業

    9月20日の日曜日です。恒例だった田植えと稲刈り行事が、今年は代表の移行と新型コロナの影響で、すべて機械で行う事となりました。子供達の食育体験として貴重な行事だったのにとても残念です。イノシシの事もあって収穫は平日にコンバインでの刈り取りが終了しました。コロナ収束後には水田体験の復活を期待します。水田被害のイノシシは畑にも襲来してサツマ芋と里芋にも被害が及んでいました。そういう事で今日は急遽、畑でのイノシシ対策作業から始まりました。対策の効果は実際の所まだはっきりとは現れていませんが実践あるのみです。台風で倒れたキュウリの始末や遊歩道の草取り作業と平行して冬野菜畑のための耕運機の畝立てと肥料播きと秋冬野菜の準備などで終了しました。遊歩道廻りと小川の対岸の草取り作業も終えて、来週からいよいよ種まきが始まります。2...イノシシ対策と畝立て作業

  • ネギ畑の草取り作業

    9月13日の日曜日です。先週は台風10号の襲来で九州全体が緊張に包まれましたが、幸いな事に被害は予想を下回りすぎて行きました。ここふれあい村ではキュウリ畑が支柱ごと倒れてしまいましたが被害はこれくらいでした。今日はネギ畑の草取り作業がメインで、後は他の野菜の修復と収穫作業です。水田の状況はイノシシ防止策が効いたのか、稲穂は順調でした。近々稲刈りです。台風の強い風によって地面に落ちた黄色のキュウリの種取りは、真っ二つに割って手で種をこそぎ取り、水に浸けて種を揉み出してしっかり乾燥させます。休憩時には小さい子供スイカ2個のお裾分けでの試食。そして新たに新規のご家族の畑見学とふれあい村の主旨説明と地味ながら色々あった教室でした。ご参加よろしくお願いします。花畑の草取りも同時に行い、秋冬の準備も整いました。畑仕事に最適...ネギ畑の草取り作業

  • ジャガイモの植付け

    8月30日の日曜日です。今日も猛暑と行っていい程の暑い日となりました。今日は先週の突然のスコールで中止となったジャガイモの植付け作業です。今回植え付けるタネイモは、皮が黄色いタイプのニシユタカです。煮崩れがしにくく、カレーやシチューなどの煮込み料理に好適との事です。畝の中央に、クワで深さ7~10センチほどの、浅めの溝を掘ります。に株間は最低30センチ置きに置いていき、その間に肥料をひとつまみ、その後、軽くふんわりと溝を埋め戻して今日は終わりです。後は無理しないようにメロンやラッカセイ、ネギ廻りの草取りを行いました。タイガーメロンは、草取りと同時にカラス対策として乾燥草で覆い隠す作業も行いましたが、効き目はどうでしょうか?後はそれぞれの野菜の草取り作業をお互いに声かけ合い、熱中症を気を付けながらの作業でした。本当...ジャガイモの植付け

  • 支柱立て後に雷雨にて中止

    8月23日の日曜日です。すっきり晴れて熱中症に注意しての作業になりました。今日は先々週に植えたキュウリの支柱立てと、ジャガイモや秋野菜の植付け作業の予定です。草刈り機での作業や、支柱とネットの回収とキュウリのネット張りと進みましたが、休憩を挟んでジャガイモ植えの下準備の堆肥播き作業の途中から、雲行きが怪しくなり、遠くで雷が鳴りだしてきた頃には、辺りが暗くなりだしてきました。ポツポツと降り始めたと思っていたら、アッという間に滝の様なスコールと雷で、皆さん屋根の下に避難でした。中々止まずにそのまま今日は解散となりました。ジャガイモの植付けは、従って来週という事になりました。作業は途中となりましたが、お疲れさまでした。来週参加をお願いします。支柱立て後に雷雨にて中止

  • ニラとタイガーメロンの植付け

    8月9日の日曜日です。今日も蒸し暑い日曜日になりました。今回はニラの定植とタイガーメロンの苗植えから始まりました。それぞれ追肥まで行い、乾燥させないように管理が重要です。タイガーメロンの植付けは長い畝での作業です。ツタが這うので植える間隔をなるべく長く取ります。収穫まで、これも特にカラス対策が必要です。さらにキュウリの植え付けとサツマ芋のツル返し作業と続きました。サツマ芋のツル返しは畝以外に伸びたツタをはぎ取って返す作業で、養分を分散させない為です。ティータイムの後は、男性陣は水田でのイノシシ対策作業です。通販で購入していたイノシシを寄せ付けない臭いの商品の設置です。効果はどうでしょうか、気に成るところですが信用してさらに追加する事になりました。平日に代表がヒマワリ畑の耕運作業を行っていました。畑での草取りを終...ニラとタイガーメロンの植付け

  • キュウリの植付けとネギの土寄せ

    8月2日の日曜日です。梅雨明けの最初の蒸し暑い日曜になりました。今回は、キュウリの苗植えとネギの草取りと土寄せ作業です。長い梅雨が明けての晴天は、雑草には最適な環境なので、この時期こそ草取りの頑張り所なのです、との代表の挨拶で作業が始まりました。今回もコロナ過と熱中症のダブル警戒のもと、皆さん十分に体調を考えての作業となりました。きゅうりの苗植付けは、マルチ張りから植付けと追肥まで行いました。支柱やネットに誘引は後日になります。雑草取り作業は、又炎天下の中で、黙々と続けられましたが、効率よく休憩を挟みながらの作業ですっかり綺麗になりました。ネギ廻りの草取りの後に土寄せを行いましたが、綺麗に雑草が無くなってネギの存在が如実になりました。暑い中、お疲れさまでした。キュウリの植付けとネギの土寄せ

  • 支柱立てと夏野菜の管理

    中々明けない梅雨の中ですが、どんよりと蒸し暑い日曜になりました。先週までに徐々にですが植え付けた夏野菜を長く収穫出来る為の補助作業が今日も続きます。先週植え付けた苗の蔦誘引の支柱と網掛け作業とラッカセイの補助作業などです。比較的細かいながらも重要な作業なので参加された皆さんは丁寧にやってくれました。その後は収穫や早取りの作業でした。お陰でそれぞれの野菜の出来映えは上々でした。これからも地味な作業が続きますが、ご参加よろしくお願いします。支柱立てと夏野菜の管理

  • ネギの雑草取りと土寄せ

    7月5日の日曜日です。今週も梅雨の中、どんよりとした曇りの日曜になりました。今週は先々週に植え替えたネギの廻りの雑草取りと土寄せ作業です。やはり梅雨時期は雑草があっという間に生え出して作業に根気が入りますが、この作業がとても重要な作業だと代表の説明がありました。追肥と土寄せは植え付けから1ヶ月後位に行います。分けつ部(葉が分岐するところ)の下まで、成長に合わせて数回行います。その後は夏野菜の管理と収穫を行い、今日の作業を終了しました。小さな参加者も精一杯お手伝いをしてくれましたよ。これからも雑草取りが続きますが、ご参加よろしくお願いします。ネギの雑草取りと土寄せ

  • ジャガイモ掘りと雑草取り

    6月21日の日曜日です。どんよりとした曇りの日曜です。今週はジャガイモを全て収穫します。男爵とメークインを植えていたのですが、特にメークインが大きく育っていました。男爵はホクホクしていて、メークインはねっとりしてて形が崩れないのが特徴です。後は夏野菜廻りの雑草取りと、トマトのカラス被害がひどい為に細い糸を張ってのカラス除け設置など各々が分担しての作業でした。梅雨の合間の涼しい天候だったのであまり汗もかかずに済みました。次週も無理の無いようにご参加お願いします。ネギの土寄せ作業等の予定です。夏のこの梅雨時期は特に雑草や害虫等の被害が多いので、毎週の手入れは大切です。本当に毎週のご参加ありがとうございます。くれぐれも、コロナ対策もあり体調に気を付けてご参加お願いします。ジャガイモ掘りと雑草取り

  • サツマイモとさやえんどうの植付け

    6月14日の日曜日です。梅雨入りして初めての日曜です。雨は午後から降る予報なので早速作業です。畑の長い畝2連を使ってのサツマイモの苗を植えて行く作業。土が湿っているのでマルチはピン止めです。幅広の畝に2条植えで植え方はオーソドックスな水平植えです。手早く終えてさやえんどうの苗も隣に植えました。時折雨がぱらつき、大降りの予感でしたが、畑廻りの草取りや収穫作業まで何とか降らずに済みました。それと例年行事の手作業の田植えでしたが、今年はトラクターでの作業となりました。楽しみにしていた皆さんには残念ではありますが、コロナ対策のためにご理解下さい。次週は草取り作業で、その次はまた植付け作業です。ご参加お願いします。サツマイモとさやえんどうの植付け

  • ネギの移植とキュウリの植付け

    6月7日の日曜日です。今日も畑仕事に最適な天気になりました。今日はネギの移植からのスタートです。切り取ったネギを根元から掘り起こして隣の畝に植え直す作業です。ネギの生命力は他の野菜と比べて強いため、比較的簡単に栽培できます。しかし、普通に食べられるほど再生することの出来る回数は限りがあり、大体3〜4回程度だそうです。その他の畑ではキュウリの苗の植付けです。支柱立てと網を張り、誘引作業までをこなしました。後は夏野菜の芽かきとジャガイモ等の収穫作業で終了です。本格的な夏に向かってのマスクしたままの作業がうっとうしくもありますが、皆さん適度に休みを取りながらの作業でした。次回は急遽苗の都合で連続の6月14日になりました。サツマイモの植付けになりますので無理の無いようにご参加下さい。ネギの移植とキュウリの植付け

  • 夏野菜の芽かきと誘引

    5月24日の日曜日です。畑仕事に最適な天気になりました。今日は夏野菜の芽かきと誘引作業が主になります。野菜を元気よく育てるためには必須な作業で、誘引は苗が倒れないように、芽かきは、わき芽を摘み取ることで栄養が実に送られるようにする作業です。この作業でトマト、キュウリ、ピーマンやナスなど出来るだけ長く実が採れる様になるんですね。汗ばむ作業ですが、皆さんマスク着用でコロナ対策も気を付けての作業となりました。自粛解除とはいえ、これからは当分皆さん、まだまだ注意を怠らない日常が続きますね。その後はタマネギとニンニク、エンドウの収穫となりました。タマネギは畑のすべてを回収したので集会場の軒先に吊るして保存です。次回は6月7日です。予定はサツマイモの植付けですが、変更もあります。ご参加宜しくお願いします。夏野菜の芽かきと誘引

  • 夏野菜の支柱立て

    5月10日の日曜日です。前日の雨もやんで、畑仕事もできそうな天気になりました。今日は前々回に植えた夏野菜の支柱立て作業が主になりました。支柱の立て方には種類があって野菜の特性によって異なります。背の高い野菜に向く直立型やネットが必要な、もっとも頑丈な立て方の合掌型や、直立型よりも風に強いやぐら型などです。地形や環境によって、また野菜の育ち具合により、アレンジして使い分けます。ここでも畝が長いので、特に風に倒されないような支柱を多めでの立て方で、ミニトマトやナス、インゲンなどに誘引やネット張り等の作業を行いました。天気予報では昼から雨でしたが、それもなく無事に終える事が出来ました。参加してくれた皆さん、お疲れさまでした。次は24日です。引き続きご参加お願いします。夏野菜の支柱立て

  • 今後の方針と苗作り

    5月3日の日曜日です。代表が変わっての3回目の教室です。朝からの本格的な雨で参加者も少なめでした。この機会に代表の松井さんから参加者だけにでしたが、今後の大まかな運営のあり方等の方針がありました。皆さんとの意見交換もあり近いうちに具体化されると思いますが、これからも宜しくお願いします。その後、モロヘイヤの苗作り作業を行いました。その後雨の中ですが、エンドウ豆やサニーレタス等の収穫を行いました。雨の中、ご参加有り難うございました。これからもご参加よろしくお願いします。今後の方針と苗作り

  • トマト・ナス等の夏野菜植付けと竹の子掘り

    4月19日の快晴の日曜日です。代表が変わっての2回目の教室です。相変わらずの新型コロナの影響の自粛で少なめですが、今日も参加者の皆さんが気を付けての作業となりました。今日からはいよいよ夏野菜の植付けが始まります。畑も忙しくなりますね。トマト・ナス等の植付けと支柱掛けは、マルチ掛けの後に均等に穴を開けて種を直播きと、苗植えと支柱に紐付け作業です。その後はそれぞれ竹の子掘り作業がありました。皆さん、沢山採れた見たいです。初めて参加希望のご家族にも体験して貰いました。皆さん、ご参加有り難うございました。またよろしくお願いします。トマト・ナス等の夏野菜植付けと竹の子掘り

  • ヒマワリ種まきと里芋植え

    4月5日の快晴の日曜日です。新型コロナの影響で参加者の自粛も当然で少なめですが、これからはリスクの3密に当たらない集会とはいえ参加者各自付かず離れすぎづの作業に気を付けての作業となります。参加された事のある皆さんも、今後は自分やご家族の体調に気を付けながらご参加を決めて下さい。こちらも国や市の指導に従いながら行って参りますので。それと4月からこのNPO法人も新体制になりました。内容はほとんど継続ですが、NPO法人の名前と代表の交代が決まりましたので、報告しておきます。農業体験教室の名称が“長野美し村計画実行委員会”から“長野実行計画”となり、代表は白石誠から松井清憲に交代します。松井さんは、長野において本職の農業全般のベテランで美し村の結成時から理事をやっているのでスムーズに受け継ぎることが出来、今まで通りの楽...ヒマワリ種まきと里芋植え

  • 畑の肥料撒きとマルチ張り

    3月22日の日曜日です。福岡でも桜の開花宣言があり、本格的な春になりました。今日は春、夏野菜の栽培の為の土壌作りです。畑に撒くのは代表的な有機肥料としては、米ぬかや鶏糞、油かす、草木灰、石灰など色々ありますが、これらの肥料で土中の微生物の働きも活発になります。加えて、長期的に作用してくれるので、野菜が元気においしく育ちます。今日はとりあえず米ぬかと生石灰を撒きました。後は草刈り作業や、3列畝にマルチ張り作業で終了です。これからは春夏野菜の本格的な種まきです。収穫までしっかり管理を頑張りましょう。畑の肥料撒きとマルチ張り

  • 高菜の収穫とほうれん草のトレイ撒き

    3月8日の日曜日です。今日天気になりましたが、先日の雨で畑には水たまりがある状態です。今日は高菜の収穫とほうれん草のトレイ撒きがメインになります。高菜は高菜浸けが有名ですが、日干しが必要なので今日は収穫だけです。いつもはここで高菜浸け教室をやっているのですが、今回は皆さん、それぞれの家庭で挑戦という事になりました。高菜は漬物の他に葉は、そのまま炒め物や煮物や汁物の具など白いご飯にはもちろん、和洋中といろいろな料理とも相性がよく、俗に「抗がんピタミン」といわれるβ‐力ロテン,ビタミンC・Eをそれぞれ豊富に含んで発がん物質の生成を抑制するほか,血液浄化作用で血栓を防ぎ,動脈硬化や心臓病の予防にも効果が期待できるそうですよ。高菜浸けは勿論、他のアレンジも挑戦してみて下さい。先々週に植えたエンドウ豆の支柱立て・誘引作業...高菜の収穫とほうれん草のトレイ撒き

  • ジャガイモの植付け

    2月23日の日曜日です。今日も暖冬にふさわしく、いい天気になりました。今日はジャガイモの植付け作業がメインになりました。畝に二列の溝を作り、半切りにしたいわゆる「種芋」を切り口を下にして均等に置いて行き、その間に肥料を撒き、土を被せてマルチを掛けて植付け作業を終了しました。後は高菜浸けの為の収穫と天日干し作業、大根、ゴボウ等の最終収穫と竹林での倒木での薪収穫作業と、それぞれ分業で終了しました。終了ではここで収穫した野菜での野菜スープでの一息タイムでした。新たに参加して下さったご家族共々、今後とも御参加をよろしくお願いします。ジャガイモの植付け

  • 畑の整備と食事会

    2月9日の日曜日です。例年に比べて暖冬にふさわしく、いい天気になりました。今日はタマネギや葉物廻りの雑草取り作業がメインです。例年に比べて暖冬で畑作業は随分と楽にはなりましたが、野菜作りの農家には、安定しない天候傾向での苦労はつきないと聞きます。ここ美し村も、野菜の出来、不出来が極端な傾向になっている様な気がします。後半は美し村の代表が、参加者の皆さんに感謝を込めての食事会を開催しました。季節柄の牡蠣などの提供で、皆さんアウトドアバーベキュー感覚で楽しそうに頂いていました。いつも集まって下さる皆さんは、新しく参加する方にもすぐに打ち解けて和気あいあいの中での雰囲気作りには、美し村として大変ありがたく思っています。今後とも、ご参加をよろしくお願いします。後半は、ゴボウや大根、ブロッコリー等の最終収穫で、今日の教室...畑の整備と食事会

  • 白菜と大根漬け

    1月26日の日曜日です。天気予報では雨でしたが、予想外の晴れ模様です。今日は予定通りの白菜と大根の漬物教室です。白菜漬けは従来通りですが、大根は色んな漬け方があり、今回はハリハリ漬けとべったら漬けに挑戦です。それぞれ出来上がりが楽しみです。作業は主に女性の方が担当で、男性陣は畑での雑草取り作業、主に一番厄介なタデ科の多年草のギシギシ取りです。地面にへばりつくように株の中心から放射状に多くの葉を広げ、根っこから抜き取るには厄介な雑草です。前日の雨でぬかるんだ畑で足を取られながらの悪戦苦闘でした。次回は2月の9日です。なぜか日頃の皆さんのご参加に感謝してか、代表のご好意?で牡蠣のご褒美があるそうで、好物の方は是非参加下さい。もちろん畑の整備作業もありますよ。白菜と大根漬け

  • 堆肥作りと収穫作業

    1月12日の日曜日です。北九州市では雨模様の成人式の日曜となりました。今日は堆肥作りの為の落ち葉集め作業がメインです。いつもは竹林に入って落ち葉を集めていたのですが、今回は不作だった水田のイノシシ被害で倒された稲わらを使う事になりました。程度の量を堆積して、発酵させて堆肥にしていきます。それと長野緑地の駐車場周りの落ち葉も使いました。緑地の美化運動にもなります。幸いにも駐車場周りの樹木は、水分、樹脂分が少ないため発酵しやすく、堆肥に向く広葉樹が多くあります。集めた稲わらと落ち葉に発酵を早めるヌカを撒いて交互に重ねていき、雨防止のシートを被せてまずは終了しました。後は積んである落ち葉層を定期的に上下ひっくり返し攪拌する「切り返し」を行います。畑では、数日前の強風のためにマルチが剥がれていた畝の修復作業や、キャベツ...堆肥作りと収穫作業

  • 堆肥播き

    明けて1月5日の日曜日です。明けましておめでとうございます。冬晴れの美し村、2020年最初の教室となりました。例年通りの野菜作りに欠かせない土壌作りで令和2年の始まりとなりました。見通しがつかない気象の変化の年が続いていますが、今年こそは四季折々に従来通りに戻ってもらいたいものです。今年も相変わらずに新鮮な野菜作りに邁進して行きましょう。宜しくお願い致します。堆肥播き

  • 年末恒例の餅つき

    12月22日の日曜日です。朝から雨が降りそうな曇り空でしたが、天気予報通りに小雨の餅つき教室となりました。昨年もこのような天気でしたが、今年は元気に総勢80名強の参加で行われました。今年の特徴としては、子供さん達の餅つき参加とあんこ餅作りの参加が積極的に参加したことです。小雨の中でしたが、雨や大人顔負けの賑やかの餅つき教室になりました。令和元年の教室も、参加者皆さんのお陰で賑やかに終える事が出来ました。有り難うございました。来年も変わらずに異常気象に対応しながら新鮮野菜を植え付けから収穫までの活動を続けて参ります。是非とも多くの皆さんの参加をお願いします。年末恒例の餅つき

  • 餅つき用の薪集めと石灰撒き

    12月8日の日曜日です。天高く秋晴れのいい天気になりました。新年令和の締めくくりの餅つきが近づいてきました。今日はその日の為に、先週に引き続いての薪集めと薪割り作業、畑では石灰撒き作業です。石灰を撒く目的は主に「カルシウムの補給」と「酸性土壌の中和」の2つです。今日は石灰資材の中で酸性中和力が高い生石灰を使用でした。先週に引き続いての薪集めと薪割り作業ですが、竹山に入っての伐採された木の運び出しから始まって電動のこぎりでの切り分けからの薪割りになります。薪はもち米を蒸し続ける為に火をきらしてはいけないのでいつも多めに作っておきます。昨年は途中から雨でした。野外実施なので、皆さん今から天気が気になりだしていましたね。いずれにしても一年の締めくくりですので頑張っていきましょう。餅つき用の薪集めと石灰撒き

  • 豆類とレタスの植付け

    12月1日の日曜日です。午後には雨になりそうですが何とか持ちそうな天気です。あっという間の年末の月、締めくくりの後2回程になりましたね。今日は臨時の週なので少人数でのエンドウ豆やスナップエンドウ、リーフレタスの植付け作業です。4棟の畝にマルチを張っての植付けですが、少人数なので土寄せはなしでUピンで地面に固定だけです。植付け作業もテキパキと手際よく済ます事が出来ました。後は年末の餅つきの為の薪集め作業などで、雨の前に終了する事ができました。お疲れさまでした。豆類とレタスの植付け

ブログリーダー」を活用して、長野美し村からさんをフォローしませんか?

ハンドル名
長野美し村からさん
ブログタイトル
長野美し村から
フォロー
長野美し村から

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用