遊爺雑記帳
住所
出身
ハンドル名
遊爺雑記帳さん
ブログタイトル
遊爺雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yuujii_1946
ブログ紹介文
ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願
自由文
-
更新頻度(1年)

350回 / 258日(平均9.5回/週)

ブログ村参加:2014/10/02

遊爺雑記帳さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 8,538位 8,257位 7,961位 8,197位 7,941位 7,975位 8,059位 969,137サイト
INポイント 10 50 40 30 40 30 20 220/週
OUTポイント 10 50 30 30 40 30 30 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 23位 22位 23位 24位 25位 26位 24位 9,501サイト
ニュース感想 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 528サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,905位 24,620位 24,520位 23,458位 22,794位 21,914位 21,588位 969,137サイト
INポイント 10 50 40 30 40 30 20 220/週
OUTポイント 10 50 30 30 40 30 30 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 45位 42位 45位 43位 43位 42位 45位 9,501サイト
ニュース感想 3位 3位 3位 3位 4位 3位 3位 528サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,137サイト
INポイント 10 50 40 30 40 30 20 220/週
OUTポイント 10 50 30 30 40 30 30 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,501サイト
ニュース感想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 528サイト

遊爺雑記帳さんのブログ記事

  • 8月17日 (金) のつぶやき

    遊爺(@yuujiikun)さん/Twitter元朝鮮労働党幹部、張真晟氏寄稿「#金正恩に#文在寅の#太陽政策はもはや通用しない」https://special.sankei.com/a/international/article/20190817/0001.html8月17日(金)のつぶやき

  • 韓国経済ついに“崩壊”か!? 日韓関係よりも気になる急速な「ウォン安」

    米中貿易摩擦に加え、日韓も貿易摩擦。世界経済や日韓両国の経済への影響が懸念されます。中でも注目されるのが、急速なウォン安。「反日」に執着する文大統領が煽ることで、日韓関係はかつてない険悪な状況を招いていますが、急速に進んでいるウォン安で、韓国経済が崩壊の危機に面しているのだそうです。目玉の最低賃金値上げ政策の失敗で、輸出立国の韓国経済に大きな打撃を招いた文在寅政権(製造業の5重苦を招いて日本経済を沈没させかけた日本の民主党と似たいますが)。その失政責任を隠そうと、反日を煽っているのですが、そのことが韓国経済の悪化を更に助長し、崩壊の危機を招いている様子です。韓国経済ついに“崩壊”か!?頼みの「日韓通貨スワップ」は“反日暴挙”で絶望的…識者「ウォン暴落なら外資は一気に引き揚げ」-zakzak2019.8.16韓国...韓国経済ついに“崩壊”か!?日韓関係よりも気になる急速な「ウォン安」

  • アジアに次ぐ巨大市場のアフリカ TICADを含む日本の取り組みをG7が支持

    3億人の人口を抱えるアフリカが、「最後の巨大市場」として世界の注目を集めているのだそうです。中国が早くから大型のインフラ(社会基盤)整備などを推進し、借款などを通じて各国政府への影響力を強めていることは諸兄がご承知の通りです。国内市場の縮小に直面する日本企業にとって、アジアに次ぐ巨大市場としてのアフリカの重要性は増しているのですが、政情不安から出遅れていました。古くからアフリカに旧植民地を持つ国のひとつのフランスは、G7首脳会議のテーマの一つにアフリカを設定するなど、関心が高く、中国へのけん制も念頭に、TICADを含む日本の取り組みをG7が支持、アフリカ支援を進めることとなったのだそうです。13億人の鼓動[1]アフリカ新技術の実験場道は未舗装空にドローン(8/15読売朝刊)13億人の人口を抱えるアフリカが、「最...アジアに次ぐ巨大市場のアフリカTICADを含む日本の取り組みをG7が支持

  • 8月15日 (木) のつぶやき

    (19)遊爺(@yuujiikun)さん/Twitter遊爺@yuujiikun【石平のChinaWatch】異変うかがわせた「李鵬告別式」https://www.sankei.com/column/news/190815/clm1908150002-n2.html@Sankei_newsさんから日本を手本にして改革開放経済を推進し、今日の発展に至らせた鄧小平の流れの共青団派の復権の兆か!8月15日(木)のつぶやき

  • WTOの「発展途上国」は、制度上の不備

    第二次世界大戦後の1945年に誕生した国連。70余年を経過した今日、関連機関を含め数々の制度疲労というか、時代にそぐわない点が多いし、ロビー活動等で偏向した腐敗部分も少なくないことは衆知のことですね。国連憲章第53条、第77条1項b、第107条に規定されている「敵国条項」や、安全保障常任理事国などは大戦の名残のまま今日に至っています。その中で、今、日韓の間で注目されているのが、1960年に設立されたWTO。貿易条件で優遇される「発展途上国」に、発展途上ではなくなっている国が残ったままとなっていて、日米は制度改革を求めていますね。【主張】WTOの「途上国」中韓などの優遇を見直せ-産経ニュース2019.8.14時代にそぐわない世界貿易機関(WTO)ルールの典型といえよう。経済力のある中国や韓国などを「発展途上国」と...WTOの「発展途上国」は、制度上の不備

  • 人民元「破七」 米国相手に突っ張るしかない習近平、国民に「新長征」を強いる

    中国語で「破七、守七」と呼ばれる1ドル7元ラインは、これを超えると、中国政府としても制御できない勢いで人民元暴落が起きかねないと言われていたのだそうですね。米国東部時間で8月5日、月曜午前、1ドル=7.05元に急落。これは2008年5月以来の水準で、世界は米中貿易戦争が米中金融戦争に突入したと認識。中国が為替介入によって元を切り下げることを警戒していたトランプ政権は5日、中国を25年ぶりに為替操作国認定しました。人民元「破七」で金融戦争突入、捨て身の中国の勝算米国相手に突っ張るしかない習近平、国民に「新長征」を強いる(1/5)|JBpress(JapanBusinessPress)2019.8.8(木)福島香織今週、人民元が1ドル=7元のラインを突破した。米国東部時間で8月5日、月曜午前、1ドル=7.05元に急...人民元「破七」米国相手に突っ張るしかない習近平、国民に「新長征」を強いる

  • 沖縄知事が唱える「海兵隊不要」 考

    普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐっては、県と国との間の訴訟は一度も勝訴できず、昨年12月に始まった埋め立て工事は着々と進展しているのが現状。「オール沖縄」の有力者、赤嶺昇県議は7月1日の県議会で玉城県政を、「翁長雄志前知事は命をかけて辺野古建設を阻止してきた。ところが玉城県政になって、どんどん辺野古埋め立てが進んでいるように私は感じている」と批判したのだそうです。そのことと関係があるのかどうか、辺野古移設に反対する根拠について沖縄県の姿勢に変化が見られると指摘しておられるのは、産経新聞の杉本康士那覇支局長。玉城知事は、「米国は海軍と空軍によって中国・北朝鮮問題に対応することができる」と米海兵隊不要論をウィリアム・ハガティ駐日米大使ら米政府・軍関係者に5月に書簡を送ったのだそうです。また、記者会見でも「海兵隊...沖縄知事が唱える「海兵隊不要」考

  • 南シナ海に米空母が展開できなくなる日は近い

    中国海事局は、6月29日から7月4日までの間、南シナ海において航行禁止海域が設定されたと伝え、米国国防省は、この海域に中国が対艦弾道ミサイル6発の連続発射(サルボー発射)を実施したことを明らかにしました。中国はなぜ南シナ海で対艦弾道ミサイルの発射実験を行ったのか、なぜ6発を連続発射したのか。解説している記事がありました。南シナ海に米空母が展開できなくなる日は近い中国の対艦弾道ミサイル発射訓練は南シナ海支配の最終段階|JBpress(JapanBusinessPress)2019.8.9(金)軍事情報戦略研究所朝鮮半島分析チーム南シナ海は、世界の海上輸送量の3分の1が通過する海域であり、戦略的に重要な位置を占めている。中国は、南シナ海における航行および上空飛行の自由は確保されていると主張している。現実には、中国が...南シナ海に米空母が展開できなくなる日は近い

  • 韓国を失うのは誰か 誰が声高に笑うのか

    今月2日、日本は韓国を正式に貿易管理の「ホワイト国」から除外、韓国はこれを政治的報復と捉え全面対決を宣言。日韓の確執は、少なくとも2020年4月15日の第21代国会議員選挙、2022年3月9日の第20代大統領選挙まではつづきそうですね。宮家氏が、『「韓国を失う」のは誰か』と題して、宮家氏らしいタッチで、現状の展望を説いておられます。【宮家邦彦のWorldWatch】「韓国を失う」のは誰か-産経ニュース2019.8.870年前、中華人民共和国が建国された頃、ワシントンでは「誰が中国を失ったか」なる議論が横行した。いわゆるマッカーシー旋風、赤狩りである。全米で数百人の官僚、学者が告発され失職した。それから30年後、イランでイスラム革命が勃発、「誰がイランを失ったか」が問われた。共和党は当時のカーター大統領に責任あり...韓国を失うのは誰か誰が声高に笑うのか

  • 文在寅氏の暴走に、国内外から逆風

    韓国・文在寅大統領の反日暴走は止まる様子がみられません。経済政策の失敗による国内経済低迷の致命傷への批判回避と、2020年4月15日の第21代国会議員選挙、2022年3月9日の第20代大統領選挙に向けて、選挙公約だったと言っていい、北朝鮮への併呑政策に向けた、選挙対策反日キャンペーンとの見方が大勢ですね。そうした中、文在寅氏への逆風が吹き始めてきた様です。米国は、「従北・親中・反日・離米」姿勢をあらわにし、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄をチラつかせる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権への不信感を強めていて、「将来の在韓米軍撤退含み」とも見られるツイートを発信しています。文在寅氏の暴走に、国内外から逆風

  • 韓国・文在寅大統領の反日暴走 逆風も吹き始めている

    韓国・文在寅大統領の反日暴走は止まる様子がみられません。経済政策の失敗による国内経済低迷の致命傷への批判回避と、2020年4月15日の第21代国会議員選挙、2022年3月9日の第20代大統領選挙に向けて、選挙公約だったと言っていい、北朝鮮への併呑政策に向けた、選挙対策反日キャンペーンとの見方が大勢ですね。そうした中、文在寅氏への逆風が吹き始めてきた様です。米国は、「従北・親中・反日・離米」姿勢をあらわにし、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄をチラつかせる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権への不信感を強めていて、「将来の在韓米軍撤退含み」とも見られるツイートを発信しています。韓国・文在寅大統領の反日暴走逆風も吹き始めている

  • 韓国・文在寅大統領の反日暴走 逆風も吹き始めている

    韓国・文在寅大統領の反日暴走は止まる様子がみられません。経済政策の失敗による国内経済低迷の致命傷への批判回避と、2020年4月15日の第21代国会議員選挙、2022年3月9日の第20代大統領選挙に向けて、選挙公約だったと言っていい、北朝鮮への併呑政策に向けた、選挙対策反日キャンペーンとの見方が大勢ですね。そうした中、文在寅氏への逆風が吹き始めてきた様です。米国は、「従北・親中・反日・離米」姿勢をあらわにし、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄をチラつかせる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権への不信感を強めていて、「将来の在韓米軍撤退含み」とも見られるツイートを発信しています。韓国・文在寅大統領の反日暴走逆風も吹き始めている

  • 「Let us agree to disagree.(同意はしないことを同意し合おう)」 日韓も「冷たい平和」が通常の状態となっても不自然ではない

    日韓関係は、悪化の一途で出口は見えず、長期化の様相を呈してきていますね。日本が今後、韓国という国にどう対応していくかを検討するにあたって、両国の関係の歴史は大きな教訓となる。歴史は、韓国の国家や国民の生い立ちと、その特質を物語ると、日韓対立にまつわる2つの歴史的事実を挙げておられるのは、産経新聞ワシントン駐在客員特派員で、麗澤大学特別教授でもある古森義久氏。安倍首相、日韓会談は約束履行が条件=対立の長期化必至:時事ドットコムここまで歴史を捻じ曲げる国、韓国との対話は困難だ日韓は「冷たい平和」が通常の状態なのか|JBpress(JapanBusinessPress)2019.8.7(水)古森義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授日韓が対立するなか、終戦の月の8月がやってきた。日本では毎年、悲惨な...「Letusagreetodisagree.(同意はしないことを同意し合おう)」日韓も「冷たい平和」が通常の状態となっても不自然ではない

  • 日韓関係改善の為に日本がやるべき3つの事

    韓国の文在寅大統領の反日暴走がエスカレートを続けています。南北朝鮮の統合を掲げる文氏は、北朝鮮との共闘で日本に対抗したいとの意向を示しました。北朝鮮の僕の本性露呈ですね。「南北平和経済で日本に追いつく」文在寅発言を北がミサイルで撃破(高英起)-個人-Yahoo!ニュース南北協力で日本に対抗韓国大統領(写真=AP):日本経済新聞そんな暴走というか、夢想する文在寅政権に対し日本はどう対処すればよいか。李相哲龍谷大学教授が、3つの提言をしていただいています。【正論】“韓国除外”は関係正常化の一歩龍谷大学教授・李相哲-産経ニュース2019.8.6≪親日か反日か選択迫る≫日本政府が「ホワイト国」(グループA)のリストから韓国を外す政令改正を決めたことについて、文在寅大統領は「加害者である日本が盗っ人猛々(たけだけ)しく、...日韓関係改善の為に日本がやるべき3つの事

  • メドベージェフ首相 4度目の北方領土入り

    ロシアのメドベージェフ首相が、2日択捉島を訪問しました。4年振り4度目の訪問となります。報道陣からの「日本側の(訪問への)抗議を懸念しているか」との質問に、「島がロシア領である以上、当然、していない」などと答え、「日本側からの抗議が強まるほど、露政府要人が島を訪れる動機も高まるだろう」とも述べたのだそうです。露メドベージェフ首相、4年ぶり北方領土訪問-産経ニュース【主張】露首相の択捉訪問厳しい対応で増長を阻め-産経ニュース2019.8.4北方領土の不法占拠を固定化しようとする許し難い行動である。ロシアのメドベージェフ首相が択捉島に乗り込んだ。メドベージェフ氏が日本固有の北方領土に入るのは4度目となる。プーチン露政権には日本との北方領土交渉を真摯(しんし)に行う意思がない。安倍晋三政権はこのことを認識し、対露戦略...メドベージェフ首相4度目の北方領土入り

  • 日韓関係悪化を煽るのは文在寅大統領

    安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を外す政令改正を閣議決定されました。粛々と準備を進めてきたとは言え、ポンペオ国務長官にも関わらず予定通り実行したことは、過去の因習を断ち切る並々ならぬ日本政府のかつてない決意が見られ、強く支持します。ホワイト国除外「甘え」絶つ妥当な判断だ韓国は不信払拭の行動起こせ(8/3産経主張)■韓国は不信払拭の行動起こせ政府が、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を外す政令改正を閣議決定した。妥当な判断である。韓国の反発に揺るがず、国家の意志を貫いたものとして支持したい。韓国には、日本から輸出された、軍事転用の恐れがある物資の管理体制に不備がある。その改善に向けた信頼ある行動も期待できない。そのような国の特別扱いをやめるのは当然である。こうした...日韓関係悪化を煽るのは文在寅大統領

  • 近未来の東アジアを想定した演習

    キヤノングローバル戦略研究所が近未来の東アジアを想定した演習内容を、宮家邦彦氏が公開しておられました。202X年に2つの大事件が同時に起きると想定。その時、日米中韓朝台各国はどのように動くのか。あくまで仮想空間の話で将来予測ではないとのことで、頭の体操ですが、備忘録としてアップさせていただきます。【宮家邦彦のWorldWatch】近未来の韓国・台湾と日本-産経ニュース2019.7.25先週末、キヤノングローバル戦略研究所が近未来の東アジアを想定した演習を主催した。年に3回実施する政策シミュレーションは通算31回目。今回も約50人の現役公務員・自衛官、専門家、政治学者、ビジネス・ジャーナリズムの精鋭が集い、日米中韓朝台各政府・報道関係者を一昼夜リアルに演じた。彼らの知的貢献に謝意を表したい。今次演習では202X年...近未来の東アジアを想定した演習

  • アジアの覇権拡大を続ける中国

    米中の覇権争いが拡大・継続するなか、敗色が漂え習近平ですが、アジアでは覇権拡大の威力は衰えていない様ですね。「一帯一路」の債務の罠が浸透するなど、衣の下の鎧が知られ始めるなど順風漫歩とはいっていないのですが、アジアでの諸国の支持はいつまで続くのでしょう。南シナ海「域外国」焦点中国・ASEAN外相会議行動規範策定へ中国に反発も(8/1読売朝刊)【バンコク=田中洋一郎、中川孝之】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は31日にバンコクで外相会議を開き、南シナ海での紛争防止に向けた「行動規範」の策定について、従来の草案を整理した文書を承認した。今後の策定作業では、米国を念頭に置いた「域外国」の介入を避けたい中国に対し、ASEAN側には中国主導に反発する動きもあり、協議は難航するとみられる。◇草案整理承認されたのは、各...アジアの覇権拡大を続ける中国

  • ついに竹島へ来たロシア軍機、真の狙いとは

    7月23日、東シナ海と日本海で行われた中露合同軍事訓練に、ロシア空軍の「A-50」メインステイ早期警戒管制機も参加。中国軍H-6爆撃機2機が東シナ海から対馬を通峡し、日本海へ飛行。航空自衛隊は、中国爆撃機が我が国の防空識別圏に侵入したとして戦闘機を緊急発進。の後、ロシア爆撃機2機と中国軍爆撃機2機が空中集合。韓国合同参謀本部は、ロシアの軍用機が韓国の防空識別圏に侵入したため、韓国軍戦闘機を緊急発進。同時期に、ロシア空軍A-50機が、島根県竹島付近の領空を2回にわたり侵犯。韓国空軍戦闘機は、合計360発の機銃による警告射撃を実施しました。この中露合同訓練およびロシアA-50による竹島領空侵犯の狙い、中国軍事力の誇示と米軍への牽制、竹島領空侵犯と日韓関係について、分析し解説した記事がありました。ついに竹島へ来たロシ...ついに竹島へ来たロシア軍機、真の狙いとは

  • 中国による「尖閣諸島奪取作戦」 3つのシナリオで日中が勝つ方法

    中国の海監が、尖閣諸島の接続水域や日本の領海への連続侵入新記録を達成後も、連続侵入を続けていることは諸兄がご承知の通りです。連続侵入を続ける根拠は、米国が日米同盟を適用する根拠は、日本が実効支配していることを理由に挙げているからです。尖閣近海の定期的巡回で、日本の漁船を近づけず、実効支配の実績造りをしているのですね。さまざまな手段を講じて尖閣諸島を支配下に置こうとして、侵略をエスカレートさせているいる中国。中国が尖閣諸島を日本から奪取しようとする場合、3つのシナリオが考えられると、東京国際大学・村井友秀教授【正論】中国による「尖閣諸島奪取作戦」東京国際大学教授・村井友秀-産経ニュース2019.7.30現在、尖閣諸島(沖縄県石垣市)は実質的に日本の統治下にある。しかし、中国は尖閣諸島が中国固有の領土だと主張し、さ...中国による「尖閣諸島奪取作戦」3つのシナリオで日中が勝つ方法

  • 香港デモ潰し工作 デモ隊を襲撃した白シャツの男たち、その正体とは

    いまだ続いている香港の大規模デモ。しかし、このデモ隊を襲撃する白シャツの男たちの一団が出現したのです。少し前に、過激な行動をする一団が登場し、デモ隊が批難されましたが、その正体は不明でしたが、今回の白シャツの男たちは、地元の犯罪組織「三合会」のメンバーらとみられていて、中国政府筋の何者かの依頼によってデモ潰しに動員されたものだと、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏。犯罪組織を使った香港デモ潰し工作の卑劣さデモ隊を襲撃した白シャツの男たち、その正体とは(1/4)|JBpress(JapanBusinessPress)2019.7.25(木)黒井文太郎:軍事ジャーナリストデモが続く香港の元朗区で7月21日、白シャツの男たちの一団が、デモの参加者たちを襲撃した。男たちは地元の犯罪組織「三合会」のメンバーらとみられている...香港デモ潰し工作デモ隊を襲撃した白シャツの男たち、その正体とは

  • 英国に個性派ジョンソン新首相誕生

    英国で、保守党党首のボリスジョンソン氏が新たな首相として誕生しました。自転車にコンビニの袋をぶら下げて通勤する「変わり者」と見えて、実は上流階級の出のエリート。しかし、生粋のアングロサクソンではなく、オスマン・トルコ貴族の血も引くという超ユニークな人物なのだそうです。「10月末(総選挙のとき)までに、ブレクジットの議案を通し、党内を1つにし、わが国を元気にする!」と、誰にも分かりやすく、力強い言葉。日本のメディアは「英国のトランプ」などと陳腐な形容をするが、彼の物言いを、実は「多くのエリートが好ましく思っている」との評価があるのだと、有本さん。【有本香の以読制毒】日本の“平和ボケ”選挙の最中にも動く世界情勢米英を巻き込む日本版「有志連合」の青写真を示せ!-zakzak2019.7.26英国で新たな首相が誕生した...英国に個性派ジョンソン新首相誕生

  • 韓国 WTOの支持取り付け失敗

    日本と韓国は24日に開かれた世界貿易機関(WTO)の一般理事会で、半導体材料の対韓輸出規制についてそれぞれの立場を主張しました。英紙・ロイターは、韓国は国際社会を動員して日本の動きをけん制するために一般理事会にこの問題を持ち込んだが、会議では第三国による発言はなかった。日韓以外の複数国の代表はロイターに、複雑な歴史が絡む2国の対立に巻き込まれたくはないと述べたと報道しました。日韓がWTOで応酬、対韓輸出規制強化巡り(ロイター)-Yahoo!ニュース韓国「WTOの支持取り付け失敗」ロイター通信報道-zakzak2019.7.25【ソウル=桜井紀雄】韓国産業通商資源省は24日、日本政府が安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示していることについて、不当な措置であり、...韓国WTOの支持取り付け失敗

  • 露中軍機は何しに竹島上空へ

    韓国が不法占拠する島根県・竹島周辺に、ロシア、中国、韓国、日本の軍用機が乱舞し、その中でロシアのA50空中警戒管制機に対し、韓国の戦闘機F16が、計約360発の警告射撃をする事態が発生しました。ロシア側の発表や韓国の情報では、露中の合同訓練中に、A50空中警戒管制機は「意図したものではない」「機器の誤作動で計画外の地域に侵入した」ものだったのだそうです。CNN.co.jp:竹島上空に4カ国の戦闘機、中ロが合同軍事力を誇示ロシアが領空侵犯は「意図せず」と説明(共同通信)-Yahoo!ニュース竹島で露中が韓国に強圧!ボルトン氏訪韓日に露軍機が領空侵犯…弱体化の米韓同盟に揺さぶり?-zakzak2019.7.24ロシア軍機が23日、韓国が不法占拠する島根県・竹島周辺に2回、領空侵犯し、韓国軍機は計約360発の警告射撃...露中軍機は何しに竹島上空へ

  • ボルトン米大統領補佐官が日韓訪問 韓国へはトランプ氏の真意を最後通達か

    ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、日本(21~23日)と韓国(23~24日)を歴訪します。目的は、中東・ホルムズ海峡の安全確保のために結成を目指す『有志連合』構想について意見交換とされていますが、韓国訪問には、「米国の怒り」も伝える可能性が強いと、ジャーナリストの加賀孝英氏。日米韓の安全保障の基盤であるGSOMIAの破棄をチラつかせて、日本の対韓貿易見直しを脅したのですが、これは米国の警告への裏切り行為。ボルトン氏は韓国に不満を抱えているのだと。【スクープ最前線】“死神”ボルトン氏が韓国急襲!日米韓安保“破棄”チラつかせた文政権に最後通告か-zakzak2019.7.23日米両国が、韓国への不信感を強めている。日本政府による、韓国向け半導体素材の輸出管理強化に対し、日米韓の安全保障の基盤...ボルトン米大統領補佐官が日韓訪問韓国へはトランプ氏の真意を最後通達か

  • 参院選 考

    参院選の国民の審判をどう評価するか。主要紙の社説を斜め読みして独断でまとめてみました。安倍首相のこれまでの政権運営の総合評価の選挙との掛け声が多かったと認識していすが、各社の評価は自民党の単独過半数は護れなかったものの自公で過半数維持に一定の評価を示しています。一方、改憲勢力を切ったことでの論評も。安倍政権の評価はしつつ、勝か敗けかは玉虫色といったところでしょうか。読売はまんべんなく優等生論調。毎日、朝日も与党の勝利は認めながら、反安倍の論評がにじみ出ていますね。特に朝日。日経は、投票率の低さに注目し、戦記制度改革を論じています。[参院選]与党改選過半数安定基盤を政策遂行に生かせ:社説:読売新聞オンライン[社説]もっと投票しやすい環境づくりが重要だ:日本経済新聞社説:19年参院選自公が多数維持課題解決への道筋見...参院選考

  • 日ロ国境問題を解決できるのは、安倍・プーチン政権下での交渉が最後のチャンス

    北方領土問題は、2016年12月のウラジーミル・プーチン大統領来日時の交渉が、日本の四島返還の期待を砕く転機となり、以降、幾度の首脳会談でも問題解決へ具体的な一歩を踏み出せていないと、極東連邦大学(ウラジオストク)付属東洋大学・地域国際研究スクール日本学科・客員准教授の大崎巌氏。一歩を踏み出せていないどころか、両国首脳会談を重ね時を経るにつれゴールポストが動かされ、今ではゼロ島返還ての平和条約締結と日本からの投資の経済支援にまで話が変わってきてしまっています。それでも、領土問題解決と平和条約締結による日ロ関係の飛躍的発展を強烈に望んでいる安倍・プーチン氏のような首脳が今後両国に出てくる可能性は低い。安倍・プーチン政権下での交渉が恐らく最後のチャンスとなるだろうと、平和条約を締結し、最終的に国境を画定することの提...日ロ国境問題を解決できるのは、安倍・プーチン政権下での交渉が最後のチャンス

  • 河野大臣 韓国の南官杓駐日大使の発言に、「ちょっと待ってください。」「知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼でございます。」

    いわゆる徴用工訴訟をめぐり、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に韓国政府が応じなかったことから、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び出し、「国際法違反の状態をこれ以上野放しにせず、直ちに是正措置を取ることを強く求める」と韓国側の対応を批判しました。これに対し、南大使は韓国政府が日韓両国の企業の出資による問題解決案を日本側に提示したことで反論。怒った河野大臣は、「ちょっと待ってください」と発言を遮り、「韓国側の提案は国際法違反の状況を是正するものではないと以前に伝えている。それを知らないふりをするのは極めて無礼だ」と抗議しました。メディアに公開される面会の冒頭部分で、相手の発言を遮るのは異例なことなのだそうですね。あえて儀礼にそぐわない形で抗議した河野氏。日本側の「怒気」を示したのですね。内弁...河野大臣韓国の南官杓駐日大使の発言に、「ちょっと待ってください。」「知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼でございます。」

  • ホルムズ海峡周辺海域でのアメリカ海軍主導の有志連合 日本は加わるべきか?

    米国とイランとの対立で、ホルムズ海峡周辺海域でのタンカーの航行の危険が高まり、日本とノルウェーのタンカーが攻撃されたり、イギリスとイランとが互いにタンカー攻撃をする事件が発生しました。関連海域の航行の安全確保の為、アメリカ海軍主導の有志連合の立ち上げが進められていて、日本からは在米大使館から会合参加をしています。イランとも親交がある日本は、安倍首相がイランを訪問し最高指導者のハメネイ師と会談しましたが、その時日本のタンカーが襲撃される事態が発生しました。米国とイランとの間に立つ日本は、同盟国の米国主導の有志連合に参加すべきか否か、悩ましい立場に立たされていますね。アメリカ追従は悪手、日本は独自に軍艦を派遣せよと説くのは、軍事アナリストの北村淳氏。タンカー護衛の有志連合、日本は加わるべきか?アメリカ追従は悪手、日...ホルムズ海峡周辺海域でのアメリカ海軍主導の有志連合日本は加わるべきか?

  • 7月18日(木)のつぶやき

    遊爺(@yuujiikun)さん|Twitter遊爺さんがリツイート1Q3@1Qshan文政権が韓国紙日本語版を「売国的」と批判事実上言論統制https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170023-n1.html@Sankei_newsさんから新聞報道を名指しで細かく非難。政権が断末魔を迎えつつある証。それとも金王朝独裁圧政国家への併呑準備?#文在寅7月18日(木)のつぶやき