chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
遊爺雑記帳 https://blog.goo.ne.jp/yuujii_1946

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願

遊爺雑記帳
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/10/02

1件〜100件

  • 台湾有事、米国の戦略国際問題研究所が徹底シミュレーション 

    秋の共産党大会以後の中国軍による台湾侵攻危機が取沙汰される中、ワシントンにあるシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)がいま、中国が台湾に軍事侵攻した時の戦争シミュレーションを行なっているて、今年12月に結果が公開される見込みだが、概要が見えてきているのだそうです。「米国は多数の人的犠牲と物資を失うが、中国の侵略から台湾を守ることができることが分かった」とする一方、「台湾海峡を挟んだ戦争は、すべての交戦国にとって壊滅的な打撃になる」といった悲観論も出ていると、ジャーナリストの堀田氏。台湾有事、米国の戦略国際問題研究所が徹底シミュレーション米空母2隻撃沈も、中国ははるかに甚大な被害被る|JBpress(ジェイビープレス)2022.8.15(月)堀田佳男中国は本当に台湾を軍事侵攻するつもりなのか――。台湾...台湾有事、米国の戦略国際問題研究所が徹底シミュレーション

  • ペロシ氏訪台で過敏に反応した習主席 背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟

    ペロシ米下院議長の台湾訪問は、賛否両論がありますが、高まっている台湾海峡危機への牽制であることは事実。日本と戦っていた国民党を背後から攻撃する国共内戦で政権を横取りしたものの、国民党の台湾逃避を許してしまいました。毛沢東がなしえなかった、その台湾を併合し、実績を残したい習近平。秋の党大会で任期延長を達成後、是が非でも台湾併合に動きたいとは、世界が認めている事ですね。現在の中国経済は火の車。ゼロコロナ政策でのロックダウンで人民の不満も鬱積。それは、反習近平勢力が台頭するチャンス到来でもある。一方、バイデン大統領の民主党も、中間選挙を控え、アフガン撤退時の失敗で支持率を回復させておきたい。米民主党と浙江財閥は、日本の中国進出を阻止すべく、ルーズベルト大統領時代からの関係を持っていた。ペロシ氏の訪台は、習近平の...ペロシ氏訪台で過敏に反応した習主席背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟

  • ペロシ氏訪台で過敏に反応した習主席 背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟

    ペロシ米下院議長の台湾訪問は、賛否両論がありますが、高まっている台湾海峡危機への牽制であることは事実。中国共産党は、日本と戦っていた国民党を背後から攻撃する国共内戦で政権を横取りしたものの、国民党の台湾逃避を許してしまいました。毛沢東がなしえなかった、その台湾を併合し、実績を残したい習近平。秋の党大会で任期延長を達成後、是が非でも台湾併合に動きたいとは、世界が警戒している事ですね。現在の中国経済は火の車。ゼロコロナ政策でのロックダウンで人民の不満も鬱積。それは、反習近平勢力が台頭するチャンス到来でもある。一方、バイデン大統領の民主党も、中間選挙を控え、アフガン撤退時の失敗で下げた支持率を回復させておきたい。米民主党と浙江財閥は、日本の中国進出を阻止すべく、ルーズベルト大統領時代からの関係を持っていた。ペロ...ペロシ氏訪台で過敏に反応した習主席背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟

  • ロシア軍の侵攻が停滞 作戦変更しているとウクライナ軍高官

    ロシア軍とウクライナ軍の攻防は、米国他からの新兵器投入で優勢に転じていた露軍の侵攻が停滞し始めているのだそうです。停滞の責任を問われ、解雇されたり調査対象とされる司令官や将校が増えているのだそうです。また、HIMAR等による露軍の弾薬庫攻撃で、弾薬の補給が送れることで、空爆を増やしているのだそうですが、的中確率は低下しているのだとか。露軍停滞作戦に異変空爆倍増精度低く・司令官ら解任多数(8/13読売朝刊)【リビウ(ウクライナ西部)=工藤彩香】ウクライナ軍の高官は11日、首都キーウで記者会見し、ウクライナを侵略するロシア軍の攻撃手法の変化や部隊の現状について分析した。露軍は空爆の回数を増やしているが精度は低く、司令官や将校の多くが解任されるなど混乱ぶりが際立つという。ウクライナ分析高官は、露軍によるウクライ...ロシア軍の侵攻が停滞作戦変更しているとウクライナ軍高官

  • 中国の台湾侵攻 シンクタンクのシミュレーションゲームでは防御可能と

    ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問の後、中国人民解放軍は台湾をぐるりと囲む6つの区域で空前の規模の軍事演習を行いました。秋の共産党大会後、習近平の中国は、台湾の併合に乗り出すと警戒されていますが、ワシントンのシンクタンクが、シミュレーションというよりも未来の可能性を予見する戦争ゲームを実施したのだそうです。 米台、戦争ゲームでは中国の侵攻に対抗可能-WSJByWarrenP.Strobel(以下WSJと略称)2022年8月10日【ワシントン】台湾侵攻後の最初の3週間で、中国は何十億ドル相当の米空母2隻を撃沈したほか、日本全土とグアムの米軍基地を攻撃し、何百機もの最新鋭の米戦闘機を撃破した。中国の状況は、どちらかといえばもっと悪かった。中国軍は台湾に上陸し、台湾南部の3分の1を占領した。しかし、米国と日本...中国の台湾侵攻シンクタンクのシミュレーションゲームでは防御可能と

  • 中国の台湾封鎖演習」本当の問題はこれから 米空母台湾海峡通過や日本のEEZ内に打ち込まれたミサイルの意味は

    ペロシ米下院議長の台湾訪問ののち、中国人民解放軍は、対抗姿勢を示すため、8月4日正午から台湾を包囲する6か所にミサイル攻撃を開始しました。しかも、当初4日間の予定を延長実施。この中で、日本のEEZ内にミサイルを着弾させるという歴史的挑発も。演習は、ペロシ訪台に対する中国の一種の報復が名目ですが、同時に事実上の台湾封鎖演習であり、用意されているシナリオの内のひとつの実演でもあったようですね。元産経新聞の中国駐在記者で、中国への出入り禁止となった福島香織氏が今後の展望も含め解説いただいています。「中国の台湾封鎖演習」本当の問題はこれから、米空母が台湾海峡を通るとき日本のEEZにミサイル着弾、予断を許さない「筋肉ショー」の行方|JBpress(ジェイビープレス)2022.8.11(木)福島香織:ジャーナリストナ...中国の台湾封鎖演習」本当の問題はこれから米空母台湾海峡通過や日本のEEZ内に打ち込まれたミサイルの意味は

  • ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾 岸田首相や日本メディアの薄い反応は何故

    今月2~3日、ナンシー・ペロシ米下院議長が台湾訪問を強行しました。秋の党大会後と言われる、中国軍の台湾侵攻の可能性への抑止の行為とは、衆知のこと。中国共産党にとって、台湾併合は、国共内戦の完遂の毛沢東以来の悲願。習近平は、レガシー造りになんとしても達成したいとは、諸兄がご承知のこと。いわゆる「核心」のひとつ。激しく反抗してきて、台湾封鎖、侵攻の軍事演習を実施。演習は当初、4日間の予定だったが、10日現在、未だ延長実施されています。東の辛坊治郎と、青山繁晴参議院議員が賞賛する、ニッポン放送の飯田アナが、解説しておられます。中国、台湾周辺での軍事演習延長戦闘機や軍艦投入|ロイター【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝...ペロシ氏訪台と中国の激烈反応弾道ミサイルEEZ着弾岸田首相や日本メディアの薄い反応は何故

  • ウクライナを助ける為に、日本ができることは?

    プーチンのウクライナ侵攻は、一進一退。米国等の効果的な武器が善戦に届き始め優勢だった東部のロシア軍への防衛や、南部への反攻が始まっているようですね。日本には憲法上の制約があり、出来ている事は少ないのですが、今回の防衛白書に診られる姿勢は他人事の様と、潮匡人氏。公海のオホーツク海で、日米の共同演習をして、露軍の東部の戦力を釘付けにすることを提唱しておられます。ウクライナ軍を助ける「武力行使なき戦略」潮匡人-産経ニュース2022/8/3■結局は「他人事」でいいのか去る7月22日の閣議で報告、了承された最新版の『防衛白書(防衛省刊行)は、「ロシアによるウクライナ侵略」と題した新たな章を設け、13ページにわたって、関連情勢を解説した。そのなかで、「ウクライナの主権及び領土の一体性を侵害し、武力の行使を禁ずる国際法...ウクライナを助ける為に、日本ができることは?

  • 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」

    苦戦が予測されていた参議院選を勝利した岸田政権の自民党。しかし、最新の世論調査では支持率が急落、発足以来最低の支持率となっています。支持率低下の最大要因は、旧統一教会と、自民党議員との関係対応。それと関係があるのかどうか、岸田首相は、当初、9月上旬を軸に検討されていた内閣改造と自民党役員人事が大幅に前倒し、8月10日にも実施する方向で動いています。岸田氏の本当の狙いは、自民党内の二大派閥抗争での主導権逆転との声がきかれますが。。岸田内閣「支持」46%内閣発足後最低に「不支持」28%|NHK|選挙岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.8/8当初、9月上旬を軸に検討されていた内閣改造と自民党役員人事が大幅に前倒しされ、岸田...岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」

  • 安倍氏なき日本 対米、対中外交のありかたは?

    安倍晋三氏は、日本の外交・安全保障政策にこの半世紀で最も野心的かつ大きな変化をもたらした人物だ。首相在任中、日本の安全保障において、先手を打って行動する姿勢を「安倍ドクトリン」で明確に打ち出した。だが、同氏の主要な目的の1つは達成されなかったと、安倍氏を追悼しておられるのは、マサチューセッツ工科大学国際研究センター所長のリチャード・J・サミュエルズ氏。安倍氏なき日本、重要性増す米中とのバランス-WSJByRichardJ.Samuels2022年8月1日-------------------------------------リチャード・J・サミュエルズ氏は、マサチューセッツ工科大学国際研究センター所長。著書に「特務(スペシャル・デューティー)日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史」がある。-----...安倍氏なき日本対米、対中外交のありかたは?

  • 台湾包囲の軍事演習には、日本攻撃のシナリオも

    ペロシ米下院議長の訪台への抗議として行った、中国の台湾周辺へのミサイル発射。4日に台湾周辺海域に発射した弾道ミサイルのうち5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下しました。台湾有事を想定した演習ですが、台湾有事は日本有事と言われていることを、実際に示したものと受け取れますね。「台湾有事は日本有事」が現実に中国演習で高まる脅威-産経ニュース2022/8/5田中靖人(産経新聞台北支局長)中国が台湾周辺で4日に開始した軍事演習の想定に、沖縄・与那国島など日本への攻撃が含まれているとの台湾当局の分析が明らかになったことで、「台湾有事」が「日本有事」となる事態が起きうる現実が浮き彫りになった。中国軍は今回、演習地域を台湾東部に拡大。1995~96年の第3次台湾海峡危機と比べ、台湾侵攻のシナリオに沿った、より実戦...台湾包囲の軍事演習には、日本攻撃のシナリオも

  • 林芳正外相 ワシントンの研究機関で奇妙な「対中忖度」演説

    林外相は日米経済政策協議委員会(経済版「2+2」)への参加を主目的に7月28日からワシントンを訪問。翌29日午後には、米国の大手民間研究機関「戦略国際問題研究所(CSIS)」で「歴史的な岐路でのわれわれの将来=法の支配に基づく自由で開かれた包括的な国際秩序」と題する演説を行ったのだそうです。日米同盟の、対中抑止力を強化する新たな、「経済2+2」発足の為の訪米。なのに、ベタな「対中忖度」演説。日本で報じられている情報には接していませんでしたが、産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森氏が解説していただいています。中国批判を一切口にせず、林芳正外相の奇妙な「対中忖度」演説岸田首相とバイデン大統領の合意はどこへ?|JBpress(ジェイビープレス)2022.8.3(水)古森義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、...林芳正外相ワシントンの研究機関で奇妙な「対中忖度」演説

  • 米下院議長、厳戒の台湾入り 恫喝に屈しなかった米国に、中国は「虚勢を張ったものの自ら墓穴」

    習近平のレガシー造りで、毛沢東の国共内戦以来の悲願の台湾併合。今秋の党大会以後の危機が警戒されているのは衆知のこと。バイデン大統領と、習近平とが電話会談をしましたが、双方の主張は平行線。そこで、コロナ禍の為延期されていた、ペロシ下院議長のアジア歴訪が実施されることとなり、台湾へも訪問するかが注目されていました。勿論、自身の任期延長をかけた共産党大会を今秋に控える習近平にとっては、大きな牽制。あげて、脅しをかけましたが、客に脅しに屈することは出来ないペロシ議長に強行させることとなったと、石平氏。中国〝逆上演習〟空母2隻出港か米下院議長、厳戒の台湾入り恫喝に屈しなかった米国に「虚勢を張ったものの自ら墓穴」石平氏-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.8/3ナンシー・ペロシ米下院議長は2日夜、専用機で台湾入...米下院議長、厳戒の台湾入り恫喝に屈しなかった米国に、中国は「虚勢を張ったものの自ら墓穴」

  • バイデンの米国と習近平の中国は、リスクが高まるばかり

    プーチンのウクライナ侵攻で、世界が揺れていますが、習近平の台湾侵攻の危機も高まっていますね。武力衝突回避には、米国のジョー・バイデン大統領と中国の習近平国家主席は対面で会談する必要性が最も高いのですが、バイデン氏の大統領就任以降、一度も会っていない。2両の列車が同じレールの上を疾走し、このままでは正面衝突するという時には、地政学の世界では、回避行動を取るかどうかは運転士にかかっている。米国と中国のケースでは、それぞれが相手の列車運転の能力を疑っていると、英フィナンシャル・タイムズ紙の、EdwardLuce氏。プーチン大統領のウクライナ侵攻が長期化する一方、今秋の中国の共産党大会終了移行の習近平による台湾侵攻が懸念されていますが、英フィナンシャル・タイムズ紙の、EdwardLuce氏が解説していただいていま...バイデンの米国と習近平の中国は、リスクが高まるばかり

  • 沖縄県知事選 保守系乱立で、自民に暗雲

    沖縄県知事選が、25日告示、9月11日投開票の日程で実施されます。4年前の前回の知事選では、自称・オール沖縄勢が市町村選で連敗し、自民党・佐喜真氏が優勢な形勢でしたが、自称・オール沖縄勢が推す翁長氏が直前に急逝。弔い合戦の形となり、自称・オール沖縄勢の推す、玉城氏が当選。今回はそうした神風はなく、自民は1月の名護市長選と南城市長選、2月の石垣市長選、4月の沖縄市長選でいずれも勝利を収めてきています。最大の争点である、世界一危険とされる普天間基地の、名護市辺野古のキャンプシュアブへの統廃合(基地がひとつ減る)で、地元の名護市長を、今回も自民党が勝利しているのは大きい。ところが、さきの参議院選の選挙区選では、自民党は敗北。今回の知事選でも劣勢なのだそうです。世界一危険な普天間基地の、統廃合で受け入れる地元の名...沖縄県知事選保守系乱立で、自民に暗雲

  • 中国経済急減速 対策は打たないのか、打てないのか

    中国経済の成長に急ブレーキがかかる中で28日開催された共産党中央政治局会議。成長押し上げに向けた新たな刺激策、投資と消費に破滅的な打撃を与えているコロナ封鎖の緩和、そして何より重要な不動産市場に対する締め付け解除について、何も決定されなかったことが注目されていると、WSJのStellaYifanXieandJonathanCheng(以下、WSJと略称)の記事に惹かれました。中国経済の急減速、意外な「対策なし」の裏事情-WSJByStellaYifanXieandJonathanCheng2022年7月30日中国経済の成長に急ブレーキがかかる中で28日開催された共産党中央政治局会議では、予想外に「見送られた事項」が最大の注目を集めた。成長押し上げに向けた新たな刺激策、投資と消費に破滅的な打撃を与えているコ...中国経済急減速対策は打たないのか、打てないのか

  • どうなるペロシ米下院議長の台湾訪問 「断固たる措置をとる」これまでになく激怒する中国

    この秋の中国共産党第20回党大会を控え、米中日台を巡り動きが活発化してきつつありますね。元産経新聞の中国駐在記者で、中国入国禁止になった、福島香織さんが、展望を解説いただいています。米中軍事衝突の引き金に?どうなるペロシ米下院議長の台湾訪問「断固たる措置をとる」これまでになく激怒する中国|JBpress(ジェイビープレス)2022.7.28(木)福島香織:ジャーナリスト米バイデン大統領と中国の習近平国家主席が7月28日にテレビ電話会談を行う。その会談後に、おそらくナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問が実現するか否かが正式に決定するだろう。この会談は習近平にとって、秋の党大会前に人事などの調整を詰める非公式の「北戴河会議」直前の米中会談ということで、重大な意味がある。たとえば、バイデンを説得しきれずに、ペロシ...どうなるペロシ米下院議長の台湾訪問「断固たる措置をとる」これまでになく激怒する中国

  • 米欧から供与の兵器使いウクライナが反攻 プーチン氏の戦略目的は達成できない

    ウクライナでのロシアとの攻防は、東部では露軍が優勢で、ウクライナ軍の撤退が報じられていましたが、米欧から供与の兵器が戦線に配備されはじめ、反攻が戦果をあげてきている様子。プーチン氏の戦略目標は、明らかに達成できず、獲得地域の保持ですら無残に打ち砕かれるだろうとの見通しを示しておられるのは、前・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏。ロシア、東部で主導権失う米欧から供与の兵器使いウクライナが反攻、軍事支援1兆円で南部奪還へ「プーチン氏の戦略目的は達成できない」渡部悦和氏-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.7/28英PA通信は27日、西側当局者の話として、ウクライナ東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)でロシアが戦闘の主導権を「決定的に失った」と報じた。ウクライナは南部ヘルソン州でも反転攻勢に出るな...米欧から供与の兵器使いウクライナが反攻プーチン氏の戦略目的は達成できない

  • 中国の人口減予測 10年前倒し

    国際連合による人口推計は、数年に1回のペースで改訂されているのだそうですが、今回の改訂内容は非常に大きなものになっていて、これほどドラスティックに変えてもいいのかというくらいに、数値が変化していると、東京海上アセットマネジメントチーフストラテジストの平山氏。インドが、2023年に中国を超えて世界最多の人口国になると言われていましたが、「一人っ子政策」の影響で減少する人口に対し、第3子の出産を認める政策転換をしているのですが、人口減少の動きは加速され、3年前の2019年に改訂された推計では、2031年に14億6000万人でピークアウトして2032年から人口減少社会に移行するとされていたのが、10年も前倒しされる驚愕の内容に。10年も早まった中国の人口減、「一人っ子政策」の行く末は世界経済にも影響世界の人口動...中国の人口減予測10年前倒し

  • >英MI5、米FBIの両トップが警鐘「主敵はロシアではない、中国共産党だ」

    英情報局保安部(MI5)のケン・マッカラム長官と米連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ長官は7月6日、MI5の本部があるテムズ川沿いの「テムズ・ハウス」で産業界、学術界のリーダーを前に異例の合同演説を行い、「中国共産党が米英両国の国益にもたらす脅威が増大している」と警告を発したと、元産経新聞ロンドン支局長の木村氏。「FBIとMI5のトップが公の場で意見を交わすのは初めてのことだ。共通の大きな課題である中国に対して明確な意思表示をするためだ」と、英平両トップ。英MI5、米FBIの両トップが警鐘「主敵はロシアではない、中国共産党だ」政界、産業界、研究機関にも…西側社会に深く広く浸透する中国|JBpress(ジェイビープレス)2022.7.26(火)木村正人(元産経新聞ロンドン支局長ロンドン在住)異例の「...>英MI5、米FBIの両トップが警鐘「主敵はロシアではない、中国共産党だ」

  • 安倍元首相亡き後の「アベノミクス」は、官僚のやりたい放題になる

    安倍元首相亡き後、アベノミクスはどうなるのだろうか。民主党政権の、「製造業の六重苦政策」で沈没しかけていた日本経済を、成長基調に転換したのが「アベノミクス」。浜田宏一、本田悦朗、高橋洋一、黒田東彦他の安倍内閣の政策ブレーンによって生み出されたことは衆知のこと。そのメンバーの、高橋洋一氏が、安倍元首相亡き後の「アベノミクス」について語っておられます。財務省主導内閣で緊縮基調の岸田政権下、所信表明演説で、ほぼ゛40年ぶりに規制改革への言及がなかった岸田政権下、官僚のやりたい放題になるのではないかと懸念していたが、やはりそのようだと、高橋氏。官僚のやりたい放題になるのか…安倍元首相亡き後の「アベノミクス」はこうなる(髙橋洋一)|現代ビジネス|講談社2022.07.25■日本経済を真面目に考えない人たち安倍元首相...安倍元首相亡き後の「アベノミクス」は、官僚のやりたい放題になる

  • 停滞するウクライナ産穀物の輸出 再開へ合意

    封鎖解除で事態を打開したいウクライナに対し、ロシアは、欧米の対露経済制裁に同調しない中東・アフリカ諸国が、輸出停滞による食糧危機を回避できる程度に状況を改善させたい狙いがある。ウクライナ穀物輸出再開署名へ4者協議合意文書(7/23読売朝刊)【カイロ=上地洋実、ニューヨーク=寺口亮一】ロシア軍の黒海封鎖によりウクライナ産穀物の輸出が停滞している問題で、ロシアとウクライナ、トルコ、国連の4者は22日、トルコのイスタンブールで海上輸送の再開に向けた合意文書に署名した。ロシアのウクライナ侵略によって引き起こされた世界的な食糧危機の解決につながるかどうかが注目される。トルコ大統領府などによると、署名式は22日夕(日本時間22日夜)を予定し、ロシアからセルゲイ・ショイグ国防相、ウクライナからオレクサンドル・クブラコフ...停滞するウクライナ産穀物の輸出再開へ合意

  • プーチン大統領 制裁する欧州勢に天然ガスを武器に対抗。

    プーチン大統領はウクライナに戦争を仕掛ける一方、欧州にも天然ガスの供給で、「第2戦線」を展開していると、WSJの、JoeWallaceandStephenFidler(以下ではWSJと略称)。脱露体制を構築する欧州勢と、武器や資金の支援をする欧州勢の分断を狙うプーチン氏との瀬戸際戦術が展開されています。プーチン氏の心理戦天然ガス武器に欧州翻弄-WSJByJoeWallaceandStephenFidler2022年7月21日ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はウクライナに戦争を仕掛ける一方、欧州にも「第2戦線」を展開している。天然ガスを巡る戦いだ。ロシアが近く、保守点検作業のため10日間にわたって閉鎖していたパイプラインを稼働させてガス供給を再開するのか、欧州諸国はかたずを飲んで見守っている。プーチン氏...プーチン大統領制裁する欧州勢に天然ガスを武器に対抗。

  • 習近平が終身権力者になる前触れ?尊称 「人民領袖」となる習近平、総書記3期連任は確実になったのか

    香港紙「明報」(7月11日付)が、秋の党大会で正式に習近平に「人民領袖」の尊称が使われるようになると報じ、習近平の第3期目総書記連任は確実だという中国政治学者の意見を引用した。果たして本当に習近平総書記の3期目の連任は確実になったのだろうかと福島さん。中国共産党の秋の党大会を踏まえての、習近平が目指す終身権力者の道について解説いただいています。習近平が終身権力者になる前触れ?中国メディアが使い始めた、ある尊称「人民領袖」となる習近平、総書記3期連任は確実になったのか|JBpress(ジェイビープレス)2022.7.21(木)福島香織:ジャーナリスト中国共産党の秋の党大会はどうやら10月末頃に行われるようだ。情報筋からそういう観測がだんだん伝わり始めた。香港英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」(7月1...習近平が終身権力者になる前触れ?尊称「人民領袖」となる習近平、総書記3期連任は確実になったのか

  • 「勝共連合」から続く歴史、自民党は今すぐ旧統一教会(家庭連合)と手を切れ

    選挙応援演説中に凶弾に斃れた安倍元首相の事件の背景に、銃撃した容疑者の家庭環境があることが明らかになってきています。一家離散の原因となった宗教団体・旧統一教会(現・家庭連合)への過剰な宗教献金と、そこで生じたいわゆる「宗教二世」問題を指摘しておられるのは、情報法制研究所・事務局次長・上席研究員の山本一郎氏。「勝共連合」から続く歴史、自民党は今すぐ旧統一教会(家庭連合)と手を切れ安倍氏暗殺を奇貨に、終戦から続く政治と宗教の問題を適切に解消すべき時|JBpress(ジェイビープレス)2022.7.13(水)山本一郎(情報法制研究所事務局次長・上席研究員)奈良での選挙応援演説中に凶弾に斃れた安倍晋三さんの事件の背景に、銃撃した容疑者の家庭環境があることが明らかになってきています。一家離散の原因となった宗教団体・...「勝共連合」から続く歴史、自民党は今すぐ旧統一教会(家庭連合)と手を切れ

  • 債務の罠で国家破綻したスリランカ 一方の中国にも巨額貸し倒れリスクが

    スリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ大統領が、国家破綻宣言をして、大統領職を放棄し、モルディブに脱出しました。スリランカが「債務の罠」に犯され、ハンバントタ港が2017年7月より99年間にわたり中国国有企業・招商局港口にリースされるなど、その窮状はかねてより指摘されていましたが、国家のデフォルトという現実に至ってしまいました。スリランカのケースを、銀行と企業の例に当てはめてみると、企業が銀行から多額の借金をしたが、経営破綻した。その企業はお気の毒だが、多額の資金を貸し付けた銀行の側も、借金を踏み倒されることで蒼くなる。同様に、中国も蒼ざめていると、近藤大介氏。今後「第二、第三のスリランカ」が出現することが考えられるが、スリランカ同様に、中国からの投資総額がその国のGDPの10%を超えるケースは、47ヵ国に上...債務の罠で国家破綻したスリランカ一方の中国にも巨額貸し倒れリスクが

  • ウクライナの反撃、西側兵器で形勢逆転は可能か

    西側諸国が供与した最新兵器がウクライナに戦況の好転をもたらしつつある。だが、全面的な反転攻勢につながり、戦争の長期化を避けられるかは不透明と西側当局者は話していると、WSJのDanielMichaels,WarrenP.StrobelandGordonLubold(以後、WSJと略称)ウクライナの反撃、西側兵器で形勢逆転は可能か-WSJByDanielMichaels,WarrenP.StrobelandGordonLubold2022年7月18日西側諸国が供与した最新兵器がウクライナに戦況の好転をもたらしつつある。だが、全面的な反転攻勢につながり、戦争の長期化を避けられるかは不透明と西側当局者は話している。米国の高機動ロケット砲システム「HIMARS(ハイマース)」をはじめ、フランスや英国、ドイツ、ポー...ウクライナの反撃、西側兵器で形勢逆転は可能か

  • 岸田政権は、安倍元首相の遺志を継ぐことができるか? 先送りでは話にならない

    参院選では、自民は63議席、公明は13議席の76議席となり、非改選とあわせて146議席。過半数を超えたので、とりあえず政権は安泰だと、アベノミクス創出チームの一員だった、元財務官僚の高橋洋一氏。参院選挙直前あたりには、不思議だった内閣支持率が低下に転じ、危惧された選挙結果も、過半数越えの結果となったことは、安倍ロスの日本国にとって、幸いでした。高橋氏が指摘いただいている通りで、これは岸田内閣への支持ではなく、安倍元首相の弔い合戦の結果があると理解すべきですね。大勝した岸田政権は、安倍元首相の遺志を継ぐことができるか?先送りでは話にならない|現代ビジネス|講談社2022.07.11髙橋洋一経済学者嘉悦大学教嘉悦大学教授。■とりあえず政権は安泰でも参院選では、自民は63議席、公明は13議席の76議席となり、非...岸田政権は、安倍元首相の遺志を継ぐことができるか?先送りでは話にならない

  • 中国にうんざりの米企業 国内回帰へ

    新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(封鎖措置)で、上海の倉庫で2カ月間にわたり、有名デザイナーによる香水やコロンが放置。香水メーカー、インターパルファムの創業者で会長を務めるジャン・マダル氏は、この売り上げの喪失は中国と決別するという決断に確証をもたらすものだったと、WSJの、SharonTerlep氏(以後、WSJと略表記)の記事。新型コロナウイルスの蔓延で、世界のサプライチェーンが混乱し、脱チャイナや国内回帰が話題に上るようになって久しいのですが、米国企業で、動きが出てきていると、WSJ。中国にうんざりの米企業、国内で供給網構築-WSJ2022年7月13日BySharonTerlep上海の倉庫で2カ月間にわたり、有名デザイナーによる香水やコロンが放置されていた。新型コロナウイルス流行に伴うロック...中国にうんざりの米企業国内回帰へ

  • 日本の防衛力強化 島田前事務次官排除と安倍氏の喪失は危険に

    国連の常任理事国であり、核保有大国のプーチンが、核使用の脅しを掲げウクライナへの侵攻を進めています。欧州諸国はもとより、多くの国々で、自国の防衛について、見直しがなされているのは当然のことですね。米国は、かねてより、NATO諸国に対し、GDP比2%の防衛費予算を要請していましたが、ドイツ他の各国は消極的でた。ところが、今回のプーチンのウクライナ侵攻で、各国は防衛費予算増強に転換、メルケル氏が退陣したドイツも、2%を目指す様転換したことは、諸兄がご承知の通りです。日本の岸田首相も、G7サミット)で、日本の防衛力を5年以内に抜本的に強化し、防衛費の相当な増額を確保すると決意表明しましたね。外務大臣時代もそうでしたが、外面発言と、実際の行動が伴わないのが岸田氏の特徴。国内では、GDP比2%推進派の、島田防衛事務...日本の防衛力強化島田前事務次官排除と安倍氏の喪失は危険に

  • 安倍元首相 北に核使わせぬ抑止力議論を

    時事ネタの記事を検索していたら、産経の政治部次長の小川真由美政治部次長が、安倍元首相にインタビューされていた記事に偶然出会いました。"けんとうし"と言われる岸田首相。世論で批判がある事にも、日本にとって必要だと俯瞰して得た課題には、果敢に取り組んだ安倍首相からは、最近提言されることが増えてきていた様に感じていましたが、このインタビュー記事の安倍氏の話には、その根幹の一部が垣間見れると感じたのは、遊爺の考えすぎでしょうか。偶然、この記事にぶつかったのもなにかの縁かと、アップさせていただきました。【単刀直言】安倍元首相インタビュー北に核使わせぬ抑止力議論を-産経ニュース2022/3/25小川真由美ウクライナのゼレンスキー大統領とは首相在任中の2019(令和元)年10月、天皇陛下が即位を内外に宣明される「即位礼...安倍元首相北に核使わせぬ抑止力議論を

  • ウクライナ軍に、欧米の最新兵器が到着 訓練が進み前線配備 ロシア軍の優勢は逆転へ

    7月3日、ウクライナは、ルハンスク州のリシチャンスクから軍を撤退させた。ドンバス地方では、ロシア軍が優勢だ。しかし、ロシア軍の損耗も大きい。現在、ロシア軍の攻勢が東部地域に限定されているのは、戦力損耗が大きく戦闘能力の限界に近付いているためだと、元幹部学校戦略教官室副室長の西村金一氏。欧米からの武器支援が徐々に届き、訓練を経て善戦に配備され、稼働始める7月下旬から8月下旬にかけて、ウクライナ軍の反転攻勢が強まると。弾薬庫を狙い撃ちされ、戦闘不能に陥り始めたロシア軍ウクライナ軍への訓練が浸透、効果上げ始めた欧米最新兵器|JBpress(ジェイビープレス)2022.7.11(月)西村金一7月3日、ウクライナは、ルハンスク州のリシチャンスクから軍を撤退させた。ドンバス地方では、ロシア軍が優勢だ。だがその範囲は狭...ウクライナ軍に、欧米の最新兵器が到着訓練が進み前線配備ロシア軍の優勢は逆転へ

  • 米WSJ紙社説 安倍氏追悼

    安倍晋三元首相が8日、暗殺された。67歳だった。戦後の日本で、安倍氏ほど重要な指導者はほとんどいなかったと。同氏の遺産について「賛否両論」とみる向きは多いだろう。その見方は正しい。そうした論争をもたらしたことこそが安倍氏の贈り物だったと、WSJ社説。【社説】安倍晋三と日本再生-WSJByTheEditorialBoard2022年7月10日安倍晋三元首相が8日、暗殺された。67歳だった。戦後の日本で、安倍氏ほど重要な指導者はほとんどいなかった。同氏の遺産について「賛否両論」とみる向きは多いだろう。その見方は正しい。だが、日本が必要としているまさにその時、そうした論争をもたらしたことこそが安倍氏の贈り物だった。2012年末に安倍氏が首相に返り咲いた頃、日本はさまよっているように見えた。経済の奇跡は遠い過去と...米WSJ紙社説安倍氏追悼

  • 安倍元首相死亡 遊説警護に穴

    安倍元首相(67)が奈良県内の路上で参院選の応援演説中に銃で撃たれ、死亡した。容疑者の男は警察官に制止されることなく至近距離まで近づき、発砲していた。奈良県警察本部の鬼塚友章本部長が9日、記者会見を開き「警護、警備に関する問題があったことは否定できない」と述べました。選挙演説の警備は、難しいのだそうですが、世界に通用する稀有な元首相が凶弾に倒される、歴史的事件で、日本のみならず世界にとっても無念なす。安倍元首相銃撃奈良県警本部長「警備問題否定できない」|NHK|安倍元首相銃撃遊説警備に穴安倍元首相死亡(7月9日読売朝刊)容疑者接近制止なし安倍晋三・元首相(67)が奈良県内の路上で参院選の応援演説中に銃で撃たれ、死亡した。容疑者の男は警察官に制止されることなく至近距離まで近づき、発砲していた。現場の警備体制...安倍元首相死亡遊説警護に穴

  • ジョンソン首相のメルトダウン、ポンドにとっては一安心

    。ボリス・ジョンソン英首相は閣僚や与党議員の大量離反を受け、7日に辞意を表明。自ら定めたロックダウン規則を破るなど、次から次に不祥事が噴出。ジョンソン氏が起用したばかりの幹部に性的な不適切行為疑惑が浮上したことで、与党保守党内からも退陣を求める声が一気に高まったと、WSJのJonSindreu(以下、WSJと表記)。ジョンソン首相のメルトダウン、ポンドにとっては一安心-WSJByJonSindreu2022年7月8日――投資家向けコラム「ハード・オン・ザ・ストリート」***誰が英国の次の指導者になろうとも、ポンドが道を踏み外すことはなさそうだ。ボリス・ジョンソン英首相は閣僚や与党議員の大量離反を受け、7日に辞意を表明した。ジョンソン政権は新型コロナウイルス対策として自ら定めたロックダウン規則を破るなど、次...ジョンソン首相のメルトダウン、ポンドにとっては一安心

  • バイデン氏の中間選挙戦略 6つの過ち

    ジョー・バイデン米大統領の今年に入ってからの行動は、政策課題を政治的大惨事に変えるやり方を示す典型的な例だと、カール・ローブ氏。バイデン氏の中間選挙戦略を、6段階の道筋で解説しておられます。【寄稿】バイデン氏の中間選挙戦略6つの過ち-WSJ"target="_blank">【寄稿】バイデン氏の中間選挙戦略6つの過ち-WSJByKarlRove2022年7月7日――筆者のカール・ローブ氏は、政治活動委員会「アメリカン・クロスロード」の設立に関わった。著書に「TheTriumphofWilliamMcKinley(ウィリアム・マッキンリーの勝利)」(サイモン・アンド・シュスターから2015年刊行)がある***ジョー・バイデン米大統領の今年に入ってからの行動は、政策課題を政治的大惨事に変えるやり方を示す典型的な...バイデン氏の中間選挙戦略6つの過ち

  • プーチン大統領 ウクライナ東部で猛攻も〝敗戦必至"

    ロシア軍は5日、ウクライナ東部ルガンスク州を掌握したのに続き、隣接するドネツク州で攻勢を強め、市場や住宅地も標的になった。両州で構成するドンバス地域の制圧を目指して激しい砲撃を続けている。プーチン大統領は東部にとどまらず、広範な地域の制圧に固執するが、米国防当局者からは「目標達成は困難」との分析や、「プーチン氏の敗北」との予測が相次いでいるのだそうです。ロ軍、ウクライナ東部ドネツク州制圧へ攻勢市場や住宅地も標的に(ロイター)-Yahoo!ニュースプーチン大統領〝敗戦必至〟と米分析ウクライナ東部で猛攻も「壮大な目標達成する能力ない」国内では「美しすぎる検事」が解任も(1/2ページ)-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/15ロシア軍はウクライナ東部ドンバス地方の要衝セベロドネツクなどで包囲攻撃を強化...プーチン大統領ウクライナ東部で猛攻も〝敗戦必至"

  • 露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化

    権威・独裁主義国家である中露の軍事的恫喝(どうかつ)は常態化しつつある。ロシアは、ウクライナに侵攻戦争中。中国は、台湾や尖閣諸島への不法侵入を繰り返し、台湾侵略が注目されている。その、両ならず者国家が、連携した日本恫喝を繰り返しています。中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.7/5沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に4日、中国海軍とロシア海軍のフリゲート各1隻が相次いで侵入した。中露の艦艇が同じタイミングで尖閣周辺に接近するのは、2016年以来の特異な動向だ。日本は外交ルートで厳重に抗議したが、権威・独裁主義国家である中露の軍事的恫喝(どうかつ)は常態化しつつある。参院選(10日投...露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化

  • ロシアの報復 サハリン2の次は「中国による北方領土開発」か

    ロシアのプーチン大統領が6月30日、同国極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の運営をロシア側が新たに設立する法人に移管し、現在の運営会社の資産を無償譲渡するよう命じる大統領令に署名した。同事業に日本から参加する三井物産や三菱商事は今後、運営の枠組みから排除される可能性が出てきたことは、取り上げさせていただいていました。プーチンのウクライナ侵攻で世界が分断されようとしている今日、ロシアと中国の接近に対し、6月29日、30日にスペインのマドリッドで開かれたNATO首脳会議に、岸田首相、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領、オーストラリアのアンソニー・アルバニージ首相、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が、初めてオブザーバー参加しました。対露制裁包囲網で、プーチンが助けを求めるのは中国。しかし...ロシアの報復サハリン2の次は「中国による北方領土開発」か

  • 対露経済制裁 中露協調は着実に深化 中露はG7首脳声明をせせら笑う

    G7首脳会議で見え隠れするのは、西側の対露経済金融制裁の行き詰まりである。それを横目に薄ら笑いを浮かべるのは、ロシアのプーチン大統領ばかりではない。中国の習近平共産党総書記・国家主席もそうだろうと、産経。田村編集委員。【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う-産経ニュース2022/7/2先の先進7カ国(G7)首脳会議で見え隠れするのは、西側の対露経済金融制裁の行き詰まりである。それを横目に薄ら笑いを浮かべるのは、ロシアのプーチン大統領ばかりではない。中国の習近平共産党総書記・国家主席もそうだろう。■□■ウクライナへの残虐な攻撃を繰り返すロシアに対し、G7首脳が6月28日に発表した共同声明(コミュニケ)に含まれている対露追加経済制裁の目玉は、海上輸送によるロシア産石油についての輸入価格の上限設定...対露経済制裁中露協調は着実に深化中露はG7首脳声明をせせら笑う

  • サハリン2、ロシア側に無償譲渡 プーチン氏が大統領令

    プーチンのウクライナ侵攻に対する世界の主要国からの制裁。ウクライナを支援するG7の姿勢が改めて確認されました。対露制裁の効果については、諸説の情報がありますが、露側に効果があるのは間違いなく、苦しいプーチン。制裁への対抗として、原油や天然ガスの輸出禁止をしていますが、サハリン2の新会社移行の大統領令にサインをしたのだそうです。またか、とおもわれた諸兄は少なくないのでは?サハリン1,2の開発は、主力油田の枯渇に備え、シベリアやサハリンの極寒地での新規開拓の必要性に迫られているロシアが、自国での技術不足で、外資メジャーの技術と投資に頼って始めたものでした。そこに、日本の三井、三菱も参加した。困難な開発の完成の目途がたった時、ロシアは急遽出資比率の見直しを独断実施、ロシア側が、50%+1株とし乗っ取ったのでした...サハリン2、ロシア側に無償譲渡プーチン氏が大統領令

  • 日中の中間線付近の中国側海域で中国が掘削機材などを設置 ガス田共同開発違反

    東シナ海の、日中の中間線の中国側の海域で、中国が掘削を行うための機材などを設置したのだそうです。この中間線近辺のガス田開発は、共同開発することで合意していましたが、中国側が合意を無視し、一方的に開発を進める様になってきて久しいのですね。外務省の船越アジア大洋州局長は23日、中国外務省国境海洋事務局の洪亮局長と海洋問題をめぐって、およそ3時間、テレビ会議形式で協議を行った際、一方的な開発に当たり、極めて遺憾だとして抗議したのだそうです。“一方的な開発極めて遺憾”東シナ海ガス田開発で中国に抗議|NHK2022年6月23日日中の外務省幹部による協議が行われ、日本側は東シナ海のガス田開発をめぐり、日中の中間線の中国側の海域で中国が掘削機材などを設置したことは一方的な開発であり極めて遺憾だとして、重ねて抗議しました...日中の中間線付近の中国側海域で中国が掘削機材などを設置ガス田共同開発違反

  • 北欧2国のNATO加盟 トルコ一転支持 北欧、小異捨て大同

    プーチン氏がウクライナ侵攻で、大きな損失を産むこととなった、北欧のフィンランドとスウェーデンの2国のNATO加盟。全ての加盟国の承認が必要な中、エルドアン氏が異を唱え、行方が注目されていました。NATOとロシアの間で中立姿勢を保っていた2国が、NATO側につく国を防ぐためにウクライナに攻め込んだプーチンの目的を転覆させる中立放棄のNATO加盟。これほどプーチンの面目を潰し、大きな流れを変える結果はないのですが、機を観てただでは動かない曲者エルドアン氏が動きました。プーチン氏に与える打撃の大きさから、バイデン氏の米国も暗躍。トルコと北欧2国間の調停が実ったようで、なによりですね。トルコ一転支持、水面下で米調停北欧、小異捨て大同-産経ニュース2022/6/29【マドリード=大内清、カイロ=佐藤貴生】北欧2国の...北欧2国のNATO加盟トルコ一転支持北欧、小異捨て大同

  • 高支持率が不思議な岸田政権 ようやく評価が是正へ 

    発足以来6割台の支持率を維持してきた岸田内閣。聞く耳を売りにしてきましたが、聞くだけで、政策立案や具体的な行動が乏しいのに何故支持率が高いのかが不思議と言われて、「けんとうし」の称号さえ与えられていました。聞いて、検討しますと答えるが何もしない。何もしないので、メディアに叩かれることもない。叩かれないので、勘違いされて支持されると言われてきました。流石にその手は何時までも続かず、けんとうだけの正体が見抜かれ始め、支持率が急落してきましたね。【2022年夏・参院選】急落!!岸田内閣の支持率物価高・経済無策防衛事務次官人事に岩盤保守層失望パパ活議員にボーナス300万円でさらに逆風も-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/28参院選(7月10日投開票)は、自公与党が優勢に戦いを続けている。報道各社の序盤...高支持率が不思議な岸田政権ようやく評価が是正へ

  • まだ効かない対露経済制裁 今秋には顕在化か

    ロシアに対する制裁は、エネルギー価格高騰という予想外の恩恵によって相殺され、十分な経済的痛みを与えられずにいる。ロシアの戦争遂行努力を妨げ、ウラジーミル・プーチン大統領を交渉の席に着かせる狙いはうまくいっていないと、WSJ。ただ、この「耐性」は長続きしないと見られている。年内に深刻な景気後退が始まり、貧困が拡大し、経済的潜在力が長期的に低下すると多くのエコノミストが予測していると。対ロシア制裁、まだ効かないのはなぜ-WSJ2022年6月17日ByGeorgiKantchevandPaulHannon(以下、WSJと表記)ロシアに対する制裁は、エネルギー価格高騰という予想外の恩恵によって相殺され、十分な経済的痛みを与えられずにいる。ロシアの戦争遂行努力を妨げ、ウラジーミル・プーチン大統領を交渉の席に着かせる...まだ効かない対露経済制裁今秋には顕在化か

  • ウクライナ戦争勝利への米国の覚悟

    ウクライナへの軍事支援の拡大に消極的な姿勢が見え始めていた欧州の主要な同盟諸国に対する米国の姿勢について、産経新聞の副編集長兼論説委員の黒瀬悦成氏が、E・ルトワック氏を取材していました。真剣な支援を実施しているのは英国だけだと。バイデン米政権はこの10日間でウクライナに計14億5000万ドル(約19600億円)もの多額の追加軍事支援を発表。これまでに米国が表明した対ウクライナ軍事支援の総額は約61億ドルに達したのだそうです。米国の狙いは、ウクライナの敗北を何としても阻止することと、軍事支援の拡大に消極的な欧州の主要な同盟諸国に「道徳的な圧力」をかけることなのだそうです。【世界を解く-E・ルトワック】ウクライナ戦争勝利への米国の覚悟-産経ニュース2022/6/25黒瀬悦成ロシアによるウクライナ侵攻に関し、バ...ウクライナ戦争勝利への米国の覚悟

  • 「自分たちの国を守りぬく」というウクライナ人の気概 日本国民の国防意識は

    ロシアのウクライナ侵攻開始から24日で4カ月となった。プーチン大統領は、短期決戦で終えられると高をくくっていたが、現実は違った。それを阻んだウクライナの抵抗は、欧米諸国による武器・弾薬をはじめとした強力な物的支援が支えてきた。だが、それだけではあるまい。ウクライナの死闘の根底に何があるか。それは「自分たちの国を守りぬく」というゼレンスキー大統領をはじめとするウクライナ人の気概。日本でも、国防費の増量を容認する声が高まってきているが、「自ら国を守る」意識が同様に高まっているとみるのは早計だと、産経・政治部次長の小島氏。【政治デスクノート】ウクライナに学ぶ国守る気概憲法に「国防義務」を-産経ニュース2022/6/24政治部次長小島優ロシアのウクライナ侵攻開始から24日で4カ月となった。プーチン大統領は、世界第...「自分たちの国を守りぬく」というウクライナ人の気概日本国民の国防意識は

  • 激化する中国共産党の権力闘争、習近平派官僚たちを次々に襲う「不幸」

    秋の第20回中国共産党大会では、習近平が定年制を超え、毛沢東時代の専制体制構築する方向で邁進していると見えていましたが、習近平の失政の責任を負わされて左遷や自殺に追い込まれていく側近官僚が続出。意外や習近平が追い込まれていると指摘しておられるのは、福島香織氏。反習近平派の習近平暴走の阻止がなるのか、官僚の尻尾切で習近平が逃げ切れるのか。内情に詳しい福島さんが近況を教えていただいています。激化する中国共産党の権力闘争、習近平派官僚たちを次々に襲う「不幸」どれだけ権力と富が約束されてもなりたくない中国の官僚|JBpress(ジェイビープレス)2022.6.23(木)福島香織:ジャーナリスト秋の第20回党大会が近づくにつれて党内の習近平VS.反習近平派が繰り広げる権力闘争が激化してきたようだ。この争いでもっとも...激化する中国共産党の権力闘争、習近平派官僚たちを次々に襲う「不幸」

  • G7の“対中認識”悪化 台湾侵攻に50%以上の国が警戒

    G7(先進7カ国)で、ロシアのウクライナ侵攻を明確に非難しない中国に対し、「協力相手ではなく脅威」と見る人が増えていると夕刊フジ。G7の「安全保障観調査」で明らかになったのだそうです。各国のそれぞれ50%以上が台湾を念頭に、中国の領土的野心への警戒感を強め、イタリアを除く6カ国では、「ロシアに対峙(たいじ)しなければ台湾侵攻のリスクを高める」と過半数が回答したと。中国と対立する米国だけでなく、経済を背景に緊密な関係を築いてきた欧州諸国でも対中認識が悪化。「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」(岸田文雄首相)との危機感が日米欧全体に広がりつつあると産経。G7の“対中認識”悪化台湾侵攻に50%以上の国が警戒ロシアに対する非難決議の回避、結果的に「脅威」と見なす結果に-zakzak:夕刊フジ公式サイト202...G7の“対中認識”悪化台湾侵攻に50%以上の国が警戒

  • 大統領が高齢であることを民主党とメディアが突然指摘し始めた

    民主党が、バイデン米大統領はその職務を続けるにはあまりに高齢であり、辞めるべきだと指摘し始めるのは何時かを推測し合うのが、2021年初めのわれわれの職場での楽しみだったとWSJの記者。中間選挙で完敗を喫した後だろう、というのがコンセンサスだったが、大統領を追い出そうとする動きは既に始まっており、今年の早い時期と予想した同僚が職場での賭け金を勝ち取ったとWSJ。ニューヨーク・タイムズ紙は、誰もが知っていたバイデン氏が高齢であることを、進歩派の有識者たちが突然認めた内容の記事を掲載し始めた。これにより、追い出し運動の幕が上がり、進歩派メディアが次々と追随し、アトランティック誌が「ジョー・バイデン氏は2024年に再選を目指して出馬すべきではない。年を取り過ぎている」と主張する記事を掲載するに至ったとWSJ。一連...大統領が高齢であることを民主党とメディアが突然指摘し始めた

  • 中国次期外相トップと外相が混沌 習近平が破る「七上八下」の無実化も

    秋の党大会での習近平続投が注目されていますが、「七上八下」と呼ばれる党指導部の暗黙の定年ルールに該当する、外交担当トップの楊潔篪(よう・けつち)共産党政治局員(72)や、王毅(おう・き)国務委員兼外相(68)の後任が混沌としている様子。中国、次期外相有力候補が脱落ロシア通が仇か-産経ニュース2022/6/20三塚聖平【北京=三塚聖平】中国で次期外相の有力候補とみられていた筆頭外務次官が、畑違いのメディア管理担当部門に異動する人事が波紋を広げている。ロシアのウクライナ侵攻が影響し、外相候補から外れたとの見方が浮上。王毅(おう・き)国務委員兼外相(68)が引退年齢に達しているため、後任候補が早くも取り沙汰されている。中国政府は14日、外務省の楽玉成(らく・ぎょくせい)次官を国家ラジオテレビ総局の副局長に充てる...中国次期外相トップと外相が混沌習近平が破る「七上八下」の無実化も

  • 中間選挙を控えるバイデン政権 消費者物価指数の高止まりは大ピンチ

    ロシアのウクライナ侵攻と対露制裁で、世界中の消費者物価が高騰しています。米国も例外ではなく、5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.6%上昇と1981年12月以来の高水準となったのだそうです。市場の予想8.3%上昇を上回るものだ。前月も8.3%上昇を記録しており、インフレは3月をピークに落ち着き始めているという希望的観測は打ち砕かれたと、アベノミクス産みの親のチームの一員だった高橋洋一氏。ガソリン価格が高いと選挙は負けるといわれる車社会の米国。中間選挙が迫るバイデン政権は大ピンチに面していると。【日本の解き方】米国のインフレと中間選挙バイデン政権の環境政策で雇用や景気の悪化リスクも-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/17元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一米国の5月の消費者物価指数(CPI...中間選挙を控えるバイデン政権消費者物価指数の高止まりは大ピンチ

  • にわかに浮上した李克強待望論 長老たちの本音とは  習近平続投で中国共産党は生き延びる

    習近平のかたくななゼロコロナ政策と、不動産バブル等の経済不安。揺れる習近平政治に対し、国民の不満が募っている中国。中国経済を米国に追いつき追い越す迄の基礎を創った鄧小平の流れを継ぐ、共青団派の李克強首相への期待が高まっているという情報を見聞する機会が増えています。秋の共産党大会での人事を決めると言われる、現役指導部と長老とが集う「北戴河会議」。ここでも李克強への期待のふくらみが゜みられる節があるとか。。しかし、長老たちによって習近平続投が阻止されることはない。長老たちが一枚岩になって習近平を辞任に追い込むようなことは起きないと、ベトナム・ビングループ主席経済顧問の川島博之氏。今年の北戴河会議は長老たちが続投以降も自分や自分の一族が安全に暮らせるように、習近平に懇願する場になるのではないかと。にわかに浮上し...にわかに浮上した李克強待望論長老たちの本音とは習近平続投で中国共産党は生き延びる

  • 「円安」が日本にとって有利

    円相場は1ドル=134円40銭付近で取引されている。報道を見ると「とても悪いことなのか」と思いますが、ファクトとしては、円安になると実質国内総生産(GDP)は上がると高橋氏。為替というのは、中小企業には円安は不利です。ただし、エクセレントカンパニーには有利。プラスマイナスを合わせるとプラスの方が大きいので、GDPが増えると。GDPが増えるのだから、政策対応は簡単なのです。円安で大変な輸入業者や中小企業への対策をすればいいということ。GDPが増えるのだから、内需対策を打てば、ダブルパンチで景気は浮揚する。具体的には、「GoToトラベル」を今やるべきだと高橋氏。「円安」が日本にとって有利である「理由」高橋洋一が解説–ニッポン放送NEWSONLINE2022-06-14飯田浩司のOK!Cozyup!飯田浩司高橋...「円安」が日本にとって有利

  • プーチン大統領〝敗戦必至〟 米国防情報局(DIA)高官「露軍は日ごとに弱体化」

    ロシア軍はウクライナ東部ドンバス地方の要衝セベロドネツクなどで包囲攻撃を強化。プーチン大統領は東部にとどまらず、広範な地域の制圧に固執するが、米国防当局者からは「目標達成は困難」との分析や、「プーチン氏の敗北」との予測が相次いでいると夕刊フジ。プーチン大統領〝敗戦必至〟と米分析ウクライナ東部で猛攻も「壮大な目標達成する能力ない」国内では「美しすぎる検事」が解任も-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/15ロシア軍はウクライナ東部ドンバス地方の要衝セベロドネツクなどで包囲攻撃を強化した。プーチン大統領は東部にとどまらず、広範な地域の制圧に固執するが、米国防当局者からは「目標達成は困難」との分析や、「プーチン氏の敗北」との予測が相次いでいる。露軍はセベロドネツクなどで攻撃を強化、ルガンスク州の全域制圧...プーチン大統領〝敗戦必至〟米国防情報局(DIA)高官「露軍は日ごとに弱体化」

  • 「大国妄想」プーチンが忘れた「いつか来た道」 ロシア衰亡の前奏曲

    6月9日、ロシアの「ピョートル大帝」生誕350年記念展を訪れたプーチン大統領は、「(ウクライナなどの)領土を取り戻し強化するのは、われわれの責務だ」と発言したのだそうです。危ない誇大妄想だと、作曲家で、東京大学ゲノムAI生命倫理コア研究統括でもある伊東乾氏。プーチンのロシアの展望を説いていただいています。実はロシア衰亡の前奏曲、戦時景気とルーブル高「大国妄想」プーチンが忘れた「いつか来た道」|JBpress(ジェイビープレス)2022.6.13(月)伊東乾またしてもプーチンの危ない誇大妄想が報じられました。6月9日、ロシアの「ピョートル大帝」生誕350年記念展を訪れた際「(ウクライナなどの)領土を取り戻し強化するのは、われわれの責務だ」と発言(プーチン氏「領土奪還は責務」ピョートル大帝で侵攻正当化:時事ド...「大国妄想」プーチンが忘れた「いつか来た道」ロシア衰亡の前奏曲

  • 岸防衛相 中国、韓国防衛相と会談 

    岸信夫防衛相が、アジア安全保障会議(シャングリラ対話、10~12日)出席のために訪問したシンガポールで、中国の魏鳳和国務委員兼国防相と会談し、日本の毅然(きぜん)とした姿勢を示したのだそうです。一方、米国に配慮して日米韓防衛相会談では3カ国の連携強化を表明したが、海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件などのケジメを付けない韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防相との2国間会談は見送ったのだそうです。岸田、林の親中コンビ外交が危惧される中、岸田文雄内閣で「中国が最も警戒する閣僚」という岸氏が存在感を発揮した形になったと夕刊フジ。岸防衛相、対中対韓に〝毅然姿勢〟中露の軍事行動に「重大な懸念」伝達日韓防衛相会談は見送り「中国が最も警戒する閣僚」という存在感-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6...岸防衛相中国、韓国防衛相と会談

  • 聞く耳が売りの岸田政権 政治基本理念はあるのか

    岸田内閣が7日、政権初となる「骨太の方針」(経済財政運営の指針)を閣議決定しました。しかしその内容は、骨太どころか、水で薄めた「薄味の方針」だ。にもかかわらず内閣支持率は高い。この現象を、どう受け止めるべきかと、元東京新聞の東京新聞らしくない記者だった長谷川氏。【ニュースの核心】骨太から「薄味の方針」へ岸田政権、基本理念に不明確さ「勝負せず迎合」に国民が審判を下す「“3本の矢”から学ぶべき」米紙酷評-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/11長谷川幸洋岸田文雄首相は10~11日の日程でシンガポールを訪れ、アジア安全保障会議(シャングリラ対話)で基調講演を行う。中国やロシアを念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた取り組みや、主権の尊重、法の支配といった価値観の共有を目指す。参院選(22日...聞く耳が売りの岸田政権政治基本理念はあるのか

  • 米国中間選挙では、共和党が議会過半数を奪還する可能性が濃厚 高まる党内の不満

    超党派の選挙分析機関クック・ポリティカル・リポートが行った下院の分析によると、中間選挙では、共和党が議会過半数を奪還する可能性が濃厚なもようだと、WSJ。バイデン氏は、議会の立法実績の欠如と低迷する支持率に不満を募らせており、国内外で相次ぎ危機に見舞われる中、ホワイトハウスはここにきて手堅い実績を積むことに注力し始めているのだそうです。小さな勝利目指すバイデン氏、高まる党内の不満-WSJ2022年6月10日ByKenThomasandNatalieAndrews(以下、WSJと表記)【ワシントン】ジョー・バイデン大統領は、米国に著しい変革をもたらすとの目標を掲げて就任した。だが、国内外で相次ぎ危機に見舞われる中、ホワイトハウスはここにきて手堅い実績を積むことに注力し始めている。バイデン氏は、議会の立法実績...米国中間選挙では、共和党が議会過半数を奪還する可能性が濃厚高まる党内の不満

  • 「習主席排除」の全国経済大会開催 李首相が習主席から経済運営の主導権を奪い返しつつ、地方における支持を拡大している

    中国政府での経済政策は、首相が運営していましたが、独裁志向が強い習近平国家主席は、経済運営の主導権を首相の李克強氏から奪っていました。経済問題に関する重要な意思決定はすべて中央財経委員会会議において行われ、委員会の会議も例外なく習主席によって招集されて習主席の主宰下で進行されることになっていた。しかし、その習政権下の経済運営の慣例を完全に破って、中央財経委員会ではなく、国務院の主催による「経済大局を安定化させる全国テレビ・電話会議」が開催されたのです。国務院総理(首相)の李克強氏以下、4人の副総理全員や、経済関連の中央官庁責任者らが参加。習主席をトップとする中央財経委員会の存在は無視され、習主席自身は参加せず、会議において「習主席の指示」が伝達されることもない。習主席は、全国の行政幹部がそろって参加する大...「習主席排除」の全国経済大会開催李首相が習主席から経済運営の主導権を奪い返しつつ、地方における支持を拡大している

  • 日本を含めた西側のロシアウォッチ、とくにプーチン大統領に関する分析や論考に大きな間違いがある

    日本の「識者」たちが入手するウクライナ戦争に関する情報は、米国やイギリスの政府機関や研究所、メディアの発信に依存する部分が多い。だが、米英発の情報には基本的に間違った部分が多いと指摘しておられるのは、ロシアの女性政治学者、タチアナ・スタノバヤ氏。ロシア人ながらプーチン政権に対して客観的な立場をとる学者として米欧でも信頼されてきた方だと古森氏。フタノバヤ氏は、現在の西側陣営でのプーチン大統領考察には大きな錯誤があると指摘。西側の錯誤を5点ほどにまとめて発表しておられると紹介されています。「ロシア国内で反戦運動」「クーデターの動きあり」は本当か?鵜呑みにしてはいけない日本の“専門家”によるウクライナ侵略の分析|JBpress(ジェイビープレス)2022.6.8(水)古森義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、...日本を含めた西側のロシアウォッチ、とくにプーチン大統領に関する分析や論考に大きな間違いがある

  • 「何もしていない」岸田内閣、なぜ高支持率を維持できているのか

    日本経済新聞社とテレビ東京が実施した世論調査(5月27~29日に実施)で、内閣支持率が66%に達し、4月に記録した昨年10月発足以来の最高値を、更に上回る記録となったのだそうです。聞く耳が売りですが、聴くだけでなにもはない「検討使」と揶揄される岸田氏の内閣支持率が上がり続けているのは不思議でならず、原因に注目しているのですが、朝比奈氏が解説いただいている記事がありました。結論から言うと、売りの「聞く耳」が日本人気質にマッチしているからだと。「何もしていない」岸田内閣、なぜ高支持率を維持できているのか「改革疲れ」の日本、でも改革は待ったなし、岸田首相は二枚舌作戦で改革を(1/8)|JBpress(ジェイビープレス)2022.6.6(月)朝比奈一郎:青山社中筆頭代表・CEO岸田内閣の支持率が異常事態になってい...「何もしていない」岸田内閣、なぜ高支持率を維持できているのか

  • 習政権、泣きつき!? 米中首脳会談〝懇願〟

    習政権側が、ジョー・バイデン米政権に泣きついている。『米中首脳会談を早期に開催したい』と、あらゆるルートで懇願してきている。米情報当局関係者が、ジャーナリストの加賀孝英氏にそう漏らしたのだそうです。外務省関係者も「習氏は失脚危機に立たされている。『ゼロコロナ政策』の大失敗が大きい。中国経済は破綻寸前で、倒産・失業者が爆発、各地で人民の暴動が起こり、党内では反習一派の『習降ろし』が始まったと。【スクープ最前線】習政権、泣きつき!?米中首脳会談〝懇願〟の極秘交渉全貌「3期目政権」確保へ焦りか台湾めぐり裏取引、バイデン氏ブチ切れ-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/6加賀孝英中国共産党政府が、民主化運動を武力弾圧した天安門事件(1989年)から4日で33年となった。日本や台湾では抗議・追悼集会が開かれ...習政権、泣きつき!?米中首脳会談〝懇願〟

  • 独・ショルツ政権 中国への戦略的・経済的な依存脱却へ

    ドイツで長年君臨したメルケル氏から、ショルツ氏への政権交代があり、種々変化が見られます。ただ、メルケル氏は労働組合の会合で、退任以来初の公式の場での発言をし、ウクライナへの連帯を表明。「ロシアによる野蛮な侵略戦争を阻止するため、ドイツ政府と欧州連合(EU)、米国、先進7カ国(G7)、北大西洋条約機構(NATO)、国連によるあらゆる努力を支持する」と強調したのだそうで、流石の親ロ&親中メルケル氏でも、政権を継続していれば、脱中国経済依存への転換をしたのかもしれませんが。メルケル氏「野蛮な侵略戦争」引退後半年ぶり発言-産経ニュースドイツ「脱中国」鮮明VWの投資保証拒否-WSJ2022年6月3日ByWilliamBoston(以下WSJと表示)【ベルリン】ドイツ政府は、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の中国...独・ショルツ政権中国への戦略的・経済的な依存脱却へ

  • アメリカが「プーチン体制転覆」後に狙っている「本当の敵」の正体

    ロシアの侵攻から始まったウクライナの戦争は、どんな終わり方をするのだろうか。残念ながら「戦争の早期終結はない」とみる。最大の理由は「米国が望んでいない」からだと、元東京新聞の東京新聞らしくない長谷川氏。アメリカが「プーチン体制転覆」後に狙っている「本当の敵」の正体|現代ビジネス|講談社戦争はまだ終わりそうにない2022.06.03長谷川幸洋■先が見えないウクライナ情勢ロシアの侵攻から始まったウクライナの戦争は、どんな終わり方をするのだろうか。先行きは見通せないが、戦争終結の姿をめぐって、米国や欧州で議論が沸騰している。私は、残念ながら「戦争の早期終結はない」とみる。最大の理由は「米国が望んでいない」からだ。戦争を「どう終わらせるか」は、戦争の目標と裏腹の関係にある。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー...アメリカが「プーチン体制転覆」後に狙っている「本当の敵」の正体

  • ロシア軍 「大規模な損失による軍崩壊」を英機密報告書が予測

    東部ドンバス地域の完全制圧へ集中攻勢をかけるロシア軍により、ガイダイ州知事が5月30日、「大半の地域がロシアに支配された」と地元テレビに語る状況で、露軍の攻勢が報じられ、ウクライナ精鋭部隊の退避が報じられています。しかし、当初は失敗続きだったロシア軍が盛り返しているようにみえるが、「作戦レベルでロシア軍が成功を収めるのは難しい」と指摘するのは、元陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏。「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/2ウクライナ東部ドンバス地域の完全制圧へ攻勢をかけるロシア軍だが、「大規模な損失による軍崩壊」を英機密報告書が予測していることが分かった。モスクワでもウラジー...ロシア軍「大規模な損失による軍崩壊」を英機密報告書が予測

  • 安倍、菅政権時に沈黙していた財務省の財政再建優先が、岸田政権では露骨に

    財務省の財政制度等審議会が「歴史の転換点における財政運営」とする建議を行ったことの解説を、アベノミクス創立メンバーの一員だった、高橋洋一氏が解説および危惧を述べておられました。適切なマクロ経済運営も行ってきた、安倍、菅政権時代から、財務省の意見が通りやすい岸田政権となり、財政再建最優先への「歴史の転換点」を産み出したと高橋氏。【日本の解き方】財政審「歴史の転換点」の意味安倍・菅政権後に本音が爆発!意向が通りやすい岸田政権で露骨な「増税路線」と「ご都合主義」-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.6/1元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一財務省の財政制度等審議会が「歴史の転換点における財政運営」とする建議を行った。財政審の建議は、形式的には審議会委員が起草しているが、財務省の考えそのものだといえる。その内容は、...安倍、菅政権時に沈黙していた財務省の財政再建優先が、岸田政権では露骨に

  • 岸田内閣の支持率が高い謎と野党低迷の必然

    岸田文雄内閣は発足時から不思議な内閣であったと、元共産党参議院議員の筆坂秀世氏。普通、新しい内閣が発足した時には、“ご祝儀相場”と言われるように、比較的高い支持が寄せられるのに、昨年(2021年)、菅内閣から岸田内閣に代わったときは、30%から49%へと19ポイントしか上がらなかった。(NHKの世論調査)だがその後、調査の度にじりじりと支持率を上げてきて、5月には朝日新聞の支持率で59%になり、共同通信社に至っては、61.5%の支持率。(数字を比較するのに、ベースの調査会社を変えて比較するという算数能力の音痴さは、日本のメディアや国会議員にみられる特徴ですが。)聞く耳が得意で、政策立案・実行が稀な岸田内閣の、支持率高止まりは、不思議な謎ですが、その理由については、コロナ対策が評価されていることが大きいと思われる...岸田内閣の支持率が高い謎と野党低迷の必然

  • 中国 太平洋島嶼国との安保協定の合意失敗

    中国の王毅(おう・き)国務委員兼外相は、南太平洋諸国を歴訪の上、フィジーでオンライン形式での外相会議を開催しました。日米豪印のクアッド、米国の「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」提唱で、対中包囲網が強化される事への対抗と、台湾有事での、米豪の行動抑止の軍事拠点構築が狙いとは、諸兄がご承知の通りです。核必への札束外交で、台湾との国交断絶を進めるなど、優勢に展開している報道に接していましたが、王毅氏の歴訪に、太平洋への玄関口を抑えられかねないオーストラリアは、ウォン外相が対抗訪問し、防戦に努めました。その成果なのでしょう。一部の国から安保協定締結への反対意見が出され。中国の協定締結への野望は失敗に終わったようです。中国、安保協定の合意失敗太平洋島嶼国と会議-産経ニュース"target="_blank">中国、安保...中国太平洋島嶼国との安保協定の合意失敗

  • 習主席と李首相、コロナ対策で異なる発信 近づく共産党大会

    中国でのオミクロン株蔓延が止まらず、都市封鎖の長期化が、連日TVのワイドショー番組を賑わせています。習近平が固執するゼロコロナ政策への評価が問われますが、今年秋に迫った5年に1度開催の第20回共産党大会を控え、定年を無視する習近平と、遵守する李克強との対立が顕在化しはじめてきているようですね。WSJの、LinglingWeiandBrianSpegele両氏の寄稿記事(以下WSJと呼称)が、スポットを当てています。海外企業の投資も減り始めている様子。習主席と李首相、コロナ対策で異なる発信-WSJ2022年5月26日ByLinglingWeiandBrianSpegele【北京】中国の指導者2人が先週、同国の厳格な新型コロナウイルス対策に不満を募らせている外国企業幹部を安心させようとした際、指導部の見解が割れてい...習主席と李首相、コロナ対策で異なる発信近づく共産党大会

  • 「新疆公安文書」流出 ウイグル人「ジェノサイド」の衝撃の実態が明るみに

    米NPO「共産主義犠牲者記念財団(VictimsofCommunismMemorialFoundation)」上級研究員のドイツ人ウイグル問題研究者、エイドリアン・ゼンツが5月24日、多くの国際メディアと協力して、中国共産党によるウイグル人迫害の新たな証拠となる公安内部の文書や写真を集めた「新疆公安文書」を公表したと、元産経新聞中国特派記者の福島香織さん。この新たな資料から、新彊におけるウイグル人ジェノサイドが習近平総書記の肝いりの指示であることも判明したのだそうです。中国はこれでもフェイクと言い張るのか?「新疆公安文書」流出の衝撃膨大な写真と資料でウイグル人「ジェノサイド」の実態が明るみに|JBpress(ジェイビープレス)2022.5.26(木)福島香織米NPO「共産主義犠牲者記念財団(VictimsofC...「新疆公安文書」流出ウイグル人「ジェノサイド」の衝撃の実態が明るみに

  • 中国SNS ポスト習近平で3人の名が浮上

    秋の共産党大会での専制体制確立に向け、着々と地固めを進めている習近平かの様に見えますが、習氏の強引な政治手法は、党内や国民から不満を高めているとの見方が出てきていて、SNS上にポスト習近平の名が取沙汰されているのだそうです。夕刊フジが識者の見解を集めています。「ポスト習」に3人浮上中国SNSで〝退陣説〟の怪情報米中摩擦やコロナ拡大の多事多難共産党内の一強状態が崩壊か-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.5/26中国の習近平体制が揺らいでいるのか―。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた上海市のロックダウン(都市封鎖)や経済停滞、米中摩擦の長期化と激化、人権侵害への国際的批判など多事多難で、共産党内が以前のような「習一強」ではなくなっているとの見方がある。中国語のSNS上では「習退陣」の怪情報も流れた。今秋に...中国SNSポスト習近平で3人の名が浮上

  • 中国が失う〝成長のエンジン〟 日本でのインフラ投資困難に

    最近の中国への注目点は、バイデン氏が韓国、日本歴訪で出かけてきたこと。日本訪問では、クアッド首脳会談の日本での開催出席もありました。アフガン撤退での大失政を冒してまでも急いでいる、対中包囲網強化の一環の歴訪。IPEFをぶち上げたバイデン氏の国内外へのアピールの行脚でもありました。プーチンのウクライナ侵攻や、習近平の台湾侵攻。世界が、民主主義国と専制国家とへの分断が進む中、アジア回帰の一端をのぞかせたバイデン氏といった印象が残りました。そんな世界情勢の中、秋の党大会で一段と権力集中を実現したい習近平が、苦しい展開に面していると、アベノミクス創出チームの一員だった、高橋洋一氏が、中国の近況を解説いただいています。また、バイデン氏の窮状は以下も。バイデン来日の目的は本当に「対中包囲網」なのか?(ニューズウィーク日本版...中国が失う〝成長のエンジン〟日本でのインフラ投資困難に

  • 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし?

    韓国関連ニュースについては、文在寅政権との断絶への安倍政権の歴史的な外交方針転換に賛同し、取り上げることは極力避けてきました。尹錫悦(ユン・ソンニョル)新政権誕生でも、様子見で、韓国関連の話題は無視するように努めていますが、竹島周辺海域の新型海洋調査船就航との話題は、放置するわけにはいかず取り上げさせていただきました。もちろん伊政権以前の文政権時にスタートした案件で、伊政権の発案ではないのですが、就航運用は、伊政権の意思となります。韓国で早くも「反日」暴挙林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査地下構造や資源探査か「尹大統領は決して“親日”ではない」(夕刊フジ)-Yahoo!ニュース「竹島専従」新型調査船が就航韓国に関係改善の意思なし?外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙実効支配強化が加速する恐れ-zakzak:夕刊フ...「竹島専従」新型調査船が就航韓国に関係改善の意思なし?

  • G7 広島開催 岸田リアリズム外交に試練

    日米首脳会談が実施されました。岸田氏は、首相就任に伴い、恒例の米国大統領との面談を希望しましたが、バイデン氏が提唱した北京冬季五輪への「外交的ボイコット」に対し、中国との二股外交で逡巡したことで、日程回答を保留された挙句、直接の面談ではなく、オンラインでの面談に格下げされていました。ようやく直接の面談となりました。今回のバイデン氏の韓国を含む歴訪の第一番の目的は、自ら提唱する対中包囲網の「IPEF(インド太平洋経済"枠組")」の提唱と参画募集と、24日開催のQUAD(クアッド)主席。日本にとって大きく影響があったのは、岸田氏自らが明かした「私から日本の防衛力を抜本的に強化し、その裏付けとなる防衛費の相当な増額を確保する決意を表明した」こと。もうひとつは、来年の日本でのG7開催地を、広島とすることで、バイデン氏の...G7広島開催岸田リアリズム外交に試練

  • 露で広がる侵攻への疑問

    ウクライナ侵攻を巡り、ロシア国内で批判的な論調が広がってきたと、WSJのThomasGroveandMatthewLuxmooreによる投降記事(以下、WSJと表記)戦況や、世界の対露評価の情報が、ロシア国内にどのように伝えられているのか、そしてロシア国内ではどのように評価されているのかはなかなか知ることが出来ませんでした。概ね、国営放送での政府のプロパガンダ報道で、偏向情報が流され、プーチン氏への支持誘導がなされているとの憶測が見聞されていました。ところが、戦場での失態が増えるのに伴い、そのトーンにも変化が生じていると、WSJ。露で広がる侵攻への疑問、戦況膠着で風向き変化-WSJByThomasGroveandMatthewLuxmoore2022年5月20日ウクライナ侵攻を巡り、ロシア国内で批判的な論調が広...露で広がる侵攻への疑問

  • ウクライナ vs ロシア 戦況近況

    ウクライナ兵の退避が続く南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所。完全にロシア軍が制圧したと思っていてら、未だアゾフ大隊は抗戦を続けていて、副司令官は19日夜、SNSでビデオ声明を配信し、「自身や他の司令官は製鉄所内にいる。作戦は継続中」と述べ、籠城を続ける考えを示したのだそうです。また、ウクライナ軍参謀本部は19日、東部ハルキウ(ハリコフ)州で、反撃を表明した今月5日以降に奪還した集落は23か所に上ると説明。英国防省は19日、ハルキウ州で作戦を指揮していた露軍戦車部隊の司令官が、職務停止処分を受けたとする分析を発表。露海軍黒海艦隊の司令官も、今年4月の艦隊旗艦「モスクワ」の沈没を受け、同様に処分された可能性があるのだと。ウクライナ側の反撃戦果がみられる近況となってきていますね。ウクライナの「アゾフ大隊」、製鉄所で...ウクライナvsロシア戦況近況

  • 習近平早期引退 李克強暫定政権で環境整備後胡春華らでの集団指導体制

    秋の共産党大会では、習近平の独裁体制固めがなされるべく万事が進んでいると、万人が注視していますが、ゼロコロナに固執し、ウクライナ侵攻で世界中から袋叩きのプーチンを陰で擁護する習近平に早期引退、李克強への暫定政権移譲をし、環境整備後胡春華らに集団指導体制を託すと言う説が流行っていると、福島香織氏。上海のロックダウンの様子が連日報道されていますが、習近平の固執が、習近平の無能さの評価に変わろうとしているのでしょうか。大スクープかフェイクか、「習近平が秋に引退」説が飛び出た背景焦る習近平と、じわじわ盛り上がる李克強総書記待望論|JBpress(ジェイビープレス)2022.5.19(木)福島香織中国共産党中央弁公庁が5月15日、「新時代離退職幹部の党建設強化に関する意見」という文書を発表した。党中央弁公庁というのは党中...習近平早期引退李克強暫定政権で環境整備後胡春華らでの集団指導体制

  • プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 後継者出現!

    ロシア軍のウクライナ侵攻は、5月9日の対独戦勝記念日に、戦果を発表できず、プーチン氏の威信は失墜したはずですが、特段の情報は見聞できませんでした。ウクライナ侵攻の戦果では、東部ではむしろ劣勢で戦線後退もみられる状況でしたが、マリウポリのアゾフスタリ製鉄所のアゾフ大隊が、実質降伏しました。プーチン氏が盛んに口にしてきたネオナチからの救出が、なったと言い張ることは出来ますが、東部での戦況は、米国他からのウクライナへの最新兵器や戦車の支援で、ロシア軍は劣勢。NATOのストルテンベルグ事務総長は「ウクライナは勝利できる」と述べていますね。そこで、孤立化を隠し結束を示そうと招集した「集団安全保障条約機構(CSTO)」の首脳会合。参加国は、積極姿勢を示さず、むしろ逆効果。ロシア漫談家としても親しまれている、筑波大名誉教授の...プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か後継者出現!

  • 沖縄本土復帰50年に中国の影 尖閣周辺で中国船30日連続確認、空母「遼寧」発着艦も繰り返す

    沖縄県は、1972年の本土復帰から50年を迎え、15日沖縄と東京の2会場で記念式典が開催されました。米軍の沖縄上陸戦では、県民の一般市民の方々にも多くの犠牲者が出ました。太田中将が自決前に、海軍中将あてに打電した、「沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」の電文は、今でも多くの日本人に伝承されています。また、同時に、沖縄の陸上戦でも、対空戦力が劣勢と判っていながら防衛に出撃し撃沈された戦艦大和にも、日本国中の出身の将兵が参戦、戦死しました。そして敗戦後米軍の統治下におかれた沖縄が、1972年5月15日に日本に返還されたのでした。記念式典では、天皇陛下、岸田首相、玉城知事等の式辞を始め、メディアや解説者などの多くのコメントが発せられました。戦禍の悲惨さに続く、占領下(外国扱いで往来にパスポート...沖縄本土復帰50年に中国の影尖閣周辺で中国船30日連続確認、空母「遼寧」発着艦も繰り返す

  • 香港の枢機卿逮捕 宗教の自由にも弾圧の魔手

    中国政府が香港の次期行政長官に元治安当局トップの李家超(ジョン・リー)氏を据えてから1週間もたたないうちに、宗教の自由を標的にし、90歳のカトリック高位聖職者・陳日君(ジョセフ・ゼン)枢機卿等、4人を逮捕しました。4人は、2019年の民主化運動に参加した香港市民に法的支援・医療費その他の支援を行うために寄付を受け付けた「612人道支援基金」の信託人だった。今回の逮捕は、香港の政治犯を弁護する者はすべて阻止するという中国の考えを浮き彫りにする。中国でそうであるように、次は被告側の弁護士が標的になるかもしれないと、WSJ。【社説】香港の枢機卿逮捕と中国の抑圧術-WSJ2022年5月12日中国は香港で政治的反体制派・報道の自由・独立した司法制度を既に弾圧しているが、新たな標的は宗教の自由となった。これが陳日君(ジョセ...香港の枢機卿逮捕宗教の自由にも弾圧の魔手

  • 習近平独裁にブレーキか 次期首相に共青団派が台頭

    中国の共産党政権は、毛沢東の独裁政治の破綻の反省から、鄧小平が、集団指導体制と定年制を導入。日本の戦後の急成長を松下幸之助氏に学び、経済急成長を遂げたことは諸兄がご承知の通りです。以後、党主席又は総書記は、胡耀邦、趙紫陽、江沢民、胡錦涛、習近平と引き継がれてきました。その集団指導体制を、毛沢東時代の独裁体制に戻そうとしているのが、習近平とは、衆知のことですね。しかも、習近平の定年も撤廃。また、経済については代々首相が担っていたものを、習近平が担い、国営企業優先とし、鄧小平が日本の戦後復興から学んで産み出した、中国流社会主義経済で、いまやGDPでは日本を遥かに抜き去り、世界2位に上り詰め、更に米国をも抜き去ろうかという勢い。しかし、急成長する民間企業経営者を弾圧したり、安価な労働力での世界の工場モデルに人件費の高...習近平独裁にブレーキか次期首相に共青団派が台頭

  • 沖縄復帰50年 与那国島は拳銃2丁の護りから、電子戦部隊配備へ 宮古島、石垣島にも開設

    日本最西端の与那国島は、台湾から111キロ・メートルで、人口約1700人の国境離島。台湾有事が危惧される今、中国と実効支配争いをしている尖閣諸島と共に、沖縄=日本の護りに地政学上脚光をあびていますね。エマニュエル駐日米大使は、着任3か月で沖縄を訪問、玉城知事と会談、日米同盟を深化させる意義を強調したのだそうです。米軍は、新たな作戦「遠征前方基地作戦(EABO)」を公表。米海軍の制海権確保を支援するのだそうです。日米同盟の強化で、中国の台湾&尖閣侵攻抑止に役立てたい。沖縄復帰50年与那国有事の最前線人口1700人自衛隊配備進む(5/12読売朝刊){1}安全保障沖縄本島の509キロ・メートル南西に浮かぶ日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)は、人口約1700人の国境離島だ。台湾から111キロ・メートルの島は今、中国...沖縄復帰50年与那国島は拳銃2丁の護りから、電子戦部隊配備へ宮古島、石垣島にも開設

  • ラブロフの失言 「ヒトラーはユダヤ人」発言で、ロシアを無知で野蛮・冷酷と知らしめ、安保理常任理事国から追放も

    ロシアの対独戦勝記念日がそのピークである、プーチン氏等か、国民の意思を取りまとめる為に、盛んに使う、ナチスとの闘いとその勝利。ウクライナ侵攻については、ネオナチから護る為のやむを得ない戦いだと。しかし、プーチンが始めたウクライナ侵攻は、一般市民も含む無差別攻撃や、人道避難回路での選別、極寒シベリアへの移送等々、ヒトラーのナチがやっていたことと同じ。ウクライナに侵攻しているプーチンの露軍の方がナチス紛いと言ってきました。なんと、歴史を紐解くと、スターリンの方が実はヒトラーよりも先にユダヤ人虐殺に手を染めていた。ソ連では第2次大戦後、長らく大学に「ユダヤ人制限枠」が設けられ、プーチンが学んだ時期、レニングラード大学は、ソ連ユダヤ差別の一大中心になっていた。ラブロフが学生だった時期つまり中東戦争真っ盛りの「モスクワ国...ラブロフの失言「ヒトラーはユダヤ人」発言で、ロシアを無知で野蛮・冷酷と知らしめ、安保理常任理事国から追放も

  • 対ナチス・ドイツ戦勝記念日のプーチン大統領演説 戦果も示さず、「戦争宣言」もなし

    注目のロシアの「対ナチス・ドイツ戦勝記念日」のプーチン大統領の演説。戦果については、捏造は見送られて言及はなく。英国が発信源の「戦争宣言」もありませんでしたね。リハーサルでは飛んだ、ミグ29戦闘機の編隊飛行や、核戦争時に大統領らが搭乗する空中指揮機「イリューシン80」などの観閲飛行は、「天候不良」を理由に中止に。プーチン氏は演説で、旧ソ連軍が愛国心からナチス・ドイツと戦ったと述べ、現在のウクライナ侵攻を正当化した。ウクライナ侵攻と独ソ戦を重ねることで、国民の団結を促すに留める、抑制的論調でした。ロシア軍や保安機関の幹部が、プーチン氏に不満を抱えているという報道もある。クレムリンで何が起きているのかと夕刊フジ。ロシア軍に内部混乱か「終末の日の飛行機」観閲中止の背景「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏「空軍内部の反発...対ナチス・ドイツ戦勝記念日のプーチン大統領演説戦果も示さず、「戦争宣言」もなし

  • G7 ロシア産石油の禁輸に取り組むと表明 日本のサハリン事業はどうする

    G7首脳は日本時間の9日未明、ロシアによるウクライナ侵攻をめぐってオンライン会合を開き、対露経済制裁の眼玉の、ロシアへのエネルギー依存脱却に向けてロシア産石油の禁輸に取り組むと表明しました。サハリン1,2に投資している日本はこれまで、石油や天然ガス禁輸に難色を示してきていましたたが、岸田首相は会合で原則禁輸措置を取ると表明しました。「サハリン1」「サハリン2」の事業については、米エクソンモービル(エクソン)とイギリス&オランダの「ロイヤル・ダッチ・シェル」(シェル)は既に撤退を発表しましたが、日本は、商工会議所会頭や経団連会長の残留発言を聞き入れる岸田氏は、残留するという、自由主義陣営の流れに反する方針を表明してきたことは、諸兄がご承知のとおりです。今回、遂にG7でも、石油の禁輸推進が決定されました。天然ガスの...G7ロシア産石油の禁輸に取り組むと表明日本のサハリン事業はどうする

  • プーチンのウクライナ侵略戦争は、敗北に向かっている

    プーチンが始めたウクライナ侵攻は、ウクライナ側の善戦を読み違えたことで長期化。ロシアの敗北を予測し中国との関係に触れる記事がふたつありました。ここでは、国家基本問題研究所主任研究員の湯浅博氏の記事を取り上げさせていただきます。もうひとつは、【ニュースの核心】戦闘継続見込みなし、ロシアの敗北「決定的」か〝最大の不確定要素〟中国の目に見えない軍事支援に警戒戦勝記念日の事態打開は困難-zakzak:夕刊フジ公式サイトロシアの戦術的な勝利はありえても、すでに戦略的には敗北を喫している。ロシア軍の甚大な損害、国際的な孤立、そして経済制裁によってモスクワの惨めな衰退は避けられないと、湯浅氏。【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ-産経ニュース2022/5/6湯浅博ロシアの邪悪な独裁者は、侵略した隣国の首都攻防で苦...プーチンのウクライナ侵略戦争は、敗北に向かっている

  • ロシアのウクライナ侵攻 「私の政権ならばこんなことは決して起きなかった。可能性はゼロ、ゼロ、ゼロだ」とトランプ氏

    米国の中間選挙が近づいています。バイデン政権の実績への評価と、次期大統領選への出馬が取沙汰されるトランプ氏の動向が注目されていますね。ロシアのウクライナ侵攻について、「私の政権ならばこんなことは決して起きなかった。可能性はゼロ、ゼロ、ゼロだ」と、4月23日、米中西部オハイオ州コロンバス郊外で開かれた支持者集会でトランプ氏は言い切ったと、産経・ワシントンの大内氏。【「トランプ運動」は今(上)】「私なら侵攻なかった」続く熱狂、高まる孤立主義-産経ニュース2022/5/620:21大内清複雑な外交・安保問題であっても単純なメッセージで支持者をあおり立てる手法は健在だ。「私の政権ならばこんなことは決して起きなかった。可能性はゼロ、ゼロ、ゼロだ」。4月23日、米中西部オハイオ州コロンバス郊外で開かれた支持者集会。ロシアに...ロシアのウクライナ侵攻「私の政権ならばこんなことは決して起きなかった。可能性はゼロ、ゼロ、ゼロだ」とトランプ氏

  • 戦費に苦しむロシア 今こそ北方領土問題解決の好機

    ロシアが2月24日にウクライナ侵攻を開始してはや2ヶ月半が経過。ウクライナ東部の「ドネツク人民共和国」「ルガンスク人民共和国」の「二共和国」の独立を承認し、安保条約での要請により出兵の見え透いた旗を掲げ、一気に首都キーウまで攻め込んでウクライナを併呑しようしたプーチン。しかし、ウクライナ軍と国民の頑強な抵抗で、今や深手を負ったクマと化したプーチン。東部2州と南部の黒海沿岸の主要都市とに的を絞りなおしての攻防に変化。5月9日の対ドイツ戦勝記念日にそれらの占領宣言し、侵攻の正当化を国内外に誇示しようとしています。ところが、欧米諸国や、近隣諸国からのウクライナーの軍備等の支援と、ウクライナ軍の健闘で苦戦に陥っている現状。国内向けに誇れる戦果造りに汲々。費やした戦費は膨大。国力が衰退し、あるいは混乱期には領土の割譲や勢...戦費に苦しむロシア今こそ北方領土問題解決の好機

  • ロシア正教会司祭 投獄も覚悟でウクライナ侵攻を批判 

    プーチンのウクライナ侵攻は、5月9日の対独勝利記念日に、侵攻の成果を国内に誇示せねばならないことから、東部のドネツク、ルガンスクの2州獲得に熾烈さを増しています。しかし、ウクライナ側の抵抗が強く、2州の争奪戦でも、既に獲得したというアゾフスタリ製鉄所の在るマリウポリでさえ、未だに攻撃を続けているのが現状。プーチンが始めたウクライナ侵略戦争ですが、欧米の自由主義陣営(経済のEUor安全保障のNATO)との攻防の他に、ロシア正教会とウクライナ正教会との争いといった宗教の争いもあるのだとか。宗教に関しては、全く疎いので触れていませんでしたが、ウクライナとロシアの今回の戦争では、切れない関係がある様なので、素人ながら、備忘録としてアップします。プーチンと癒着していると言われる、プーチンはかつて「宗教と核の盾がロシアを強...ロシア正教会司祭投獄も覚悟でウクライナ侵攻を批判

  • ウクライナ東部 決戦の山場で露軍が苦戦?

    プーチンのウクライナ侵攻。首都キーウの侵略に失敗した露軍は、当初、御旗に掲げた、東部ドンバス地方(ドネツク、ルハンスク両州)の確保に戦力を集中し、戦果を挙げて、5月6日の対露戦勝記念日にプーチンが勝利を謳うとされていましたが、苦戦している様子ですね。戦勝記念日のパレードは、モスクワだけでなく、注目のマリウポリでも行うとロシアは息巻いていましたが、中止。決戦場の東部の主要都市ハルキウ(ハリコフ)周辺では、約40キロ東の地点への後退を余儀なくされているのだと。ロシア軍、東部ハルキウで40キロ後退…米高官「無気力という言葉がぴったりだ」:読売新聞オンライン2022/05/03【ワシントン=田島大志】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、自国に侵攻しているロシア軍が2日、南部オデーサ(オデッサ)の学生寮にミ...ウクライナ東部決戦の山場で露軍が苦戦?

  • 中国経済、「マイナス成長」の要素しかない

    習近平の「ゼロコロナ」政策のかたくなな推進で、上海や北京での徹底したロックダウンが、連日TVのワイドショー番組を賑わしていますね。秋に共産党大会を控える習近平は、掲げる「ゼロコロナ」政策を、ここで変更することはできないと、強行にロックダウン策を推進しているのですね。そうだとすると、中国政府の今年の成長率目標「5・5%前後」は達成できるのか。産経が、石平氏にインタビューしていました。【教えて!石平先生】中国経済、「マイナス成長」の要素しかない-産経ニュース2022/5/2読者からの声をもとに、評論家の石平さんに中国に関する質問をぶつけます。新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むためのロックダウン(都市封鎖)が上海などで行われる中、中国政府の今年の成長率目標「5・5%前後」は達成できるのでしょうか。--中国経済の今...中国経済、「マイナス成長」の要素しかない

  • ロシア原油輸出に急ブレーキ、買い手つかず

    ロシアへの経済制裁が世界規模で行われていますが、米国の同盟国の多くは、石油・ガス輸出を対ロ制裁の対象とすることは見送り、インドなど他国の買い手はエネ価格が高騰する中で、安価なロシア産原油の輸入を大幅に増やしていたのが現状。ところが、ところが、ロシア国営石油大手のロスネフチはここにきてタンカー船を埋めるだけの十分な買い手を確保することができず、輸出に急ブレーキがかかる事態が発生したと、WSJのJoeWallaceandAnnaHirtenstein両氏の寄稿記事(以下、WSJと略称)原油にかんしては、ロシアの輸出減少が構造的に進み始めている様子。しかも、一旦油井が閉鎖されると、閉鎖前の生産能力に戻すことは難しいとされるのだそうです。ロシア原油輸出に急ブレーキ、買い手つかず-WSJ2022年4月27日ByJoeWa...ロシア原油輸出に急ブレーキ、買い手つかず

  • ロシア軍に襲いかかる40カ国参加の“新同盟” 既にロシアの投入軍備上回る

    米国が中心になって、ロシアに対して積極的に立ち向かう国家間の集まりができつつある。世界約40カ国が集った、ある意味での「新たな同盟」と呼ぶことさえできる。それは、「ウクライナ国防諮問委員会」。ロシア軍に襲いかかる40カ国参加の“新同盟”、その威力とは支援装備は既にロシアの投入軍備上回る、見えてきた米国の狙い|JBpress(ジェイビープレス)2022.4.29(金)堀田佳男(ジャーナリスト)ウクライナ国防諮問委員会――。いま米国が中心になって、ロシアに対して積極的に立ち向かう国家間の集まりができつつある。世界約40カ国が集った、ある意味での「新たな同盟」と呼ぶことさえできる。米アントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官が4月24日、ウクライナのキーウを訪問してゼレンスキー大統領と会談した帰路、...ロシア軍に襲いかかる40カ国参加の“新同盟”既にロシアの投入軍備上回る

  • トラス英外相 中国の台湾侵攻をけん制

    トラス英外相は27日、中国が国際ルールに従って行動しなければ、超大国としての台頭に終止符が打たれると発言、西側諸国は台湾が自衛できる体制を整える必要があると述べたと、ロイターが報じています。ロシアの戦争犯罪を含むとも言われるウクライナ侵攻の状況下。中国による、台湾侵攻の気配に対し、G7の結束を示し、国際ルールを守る様牽制されたのですね。中国はルール順守を、台湾の自衛必要=英外相|ロイター2022/4/28[ロンドン27日ロイター]-トラス英外相は27日、中国が国際ルールに従って行動しなければ、超大国としての台頭に終止符が打たれると発言、西側諸国は台湾が自衛できる体制を整える必要があると述べた。同相は、北大西洋条約機構(NATO)の強化を改めて呼びかけた上で、ロシアを世界経済から孤立させる措置により、民主国への市...トラス英外相中国の台湾侵攻をけん制

  • ロシア 5月 9日の勝利宣言前にデフォルトの危機

    5月9日の独ソ戦の戦勝記念日に向け、今回のウクライナ侵攻の国内向け「勝利宣言」の成果を示すため全力をあげているプーチン。しかし、直前の4日以降にロシア国債の債務不履行(デフォルト)が正式認定されるとみられ、「国家破綻」の危機に直面することになると。各国の経済制裁で戦費調達も厳しく、「敗北」を歴史に刻む可能性もあると夕刊フジ。5・9戦勝記念日前にロシア「国家破綻」危機!国債デフォルト正式認定へハイテク武器生産にも遅れか「敗北」を歴史に刻む可能性-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.4/27独ソ戦の戦勝記念日である5月9日に向けてウクライナ侵攻の「勝利宣言」を狙うロシアのプーチン大統領。だが、直前の4日以降にロシア国債の債務不履行(デフォルト)が正式認定されるとみられ、「国家破綻」の危機に直面する。各国の経済...ロシア5月9日の勝利宣言前にデフォルトの危機

  • 世界経済見通しで、日本経済は千載一遇の好機

    国際通貨基金(IMF)が、19日、世界経済見通しを発表。全体をみると、ロシアとウクライナでは、経済成長率の大幅な低下とインフレ率、失業率の大幅な上昇が予想され、その他の国では、経済成長率の低下とインフレ率の上昇、失業率の低下という見通しだ。ウクライナ侵攻が長期化すればこの傾向は続くだろうと高橋氏。そうした中で、先進国の中では日本は相対的に良いパフォーマンスにみえる。これは日本にとっては千載一遇のチャンスであると。【日本の解き方】各国のデータ比較で分かった!日本経済は千載一遇の好機世界は金融引き締めが主流だが…追随は厳禁だ-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.4/26元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一国際通貨基金(IMF)は19日発表した世界経済見通しで、2022年の世界の実質成長率を3・6%(2021年は...世界経済見通しで、日本経済は千載一遇の好機

  • 危険な 1年に 中国が読み誤っていること

    新型コロナ(武漢熱)で、世界は経済との両立に向かっているが、ゼロコロナを掲げる中国は今、上海は市内全域がロックダウン(都市封鎖)されており、2500万人の住民がマンションに閉じ込められ、中国の検閲当局ですら隠し切れない食料・医薬品不足に見舞われている。そして、北京にも広まっている。ゼロコロナ政策は、中国共産党がすぐに出口を用意できない袋小路と化した。人々の不満が高まり、経済も低迷するにもかかわらず、秋に共産党大会を控える習近平は、ゼロコロナ政策の出口を示すことが出来ない。英エコノミスト誌が、中国は今年、3つの問題に直面していると分析しています。CNN.co.jp:北京でも新型コロナの感染増加、厳格な対策への懸念増大危険な1年に中国が読み誤っていることコロナ対策だけではない、経済とウクライナ戦争でも誤算|JBpr...危険な1年に中国が読み誤っていること

  • ウクライナ戦争 局面

    ゼレンスキー大統領は4月18日にロシア軍が「『ドンバスの戦い』を開始した」と述べ、同国東部2州制圧を目指し本格的な攻勢に入ったとし、ラブロフ外相も同19日に作戦が「新たな段階に入った」と表明しました。この「ドンバスの戦い」は、これまでとは違うと予想され、西側のウクライナへの支援も戦車など重装備の供与へと変化している。これは単に供与する兵器が変わっただけでなく、戦争そのものの本質的な変化も意味すると、サンケイスポーツ・梶川氏。【軍事のツボ】特別版7局面転換したウクライナ戦争、西側の重装備供与が意味すること-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.4/23ウクライナのゼレンスキー大統領は4月18日にロシア軍が「『ドンバスの戦い』を開始した」と述べ、同国東部2州制圧を目指し本格的な攻勢に入ったとした。ロシア側もラブ...ウクライナ戦争局面

  • ウクライナの戦いは「大戦争の序章」 バイデン政権のウクライナ支援は、戦後の主導権争いへの布石へ

    バイデン政権が、ロシアとの戦いに本腰を入れ始めた。単に、ウクライナへの支援だけではない。戦後の世界秩序づくりをにらんで、「プーチン体制の転覆」を視野に入れたのではないかと、元東京新聞の東京新聞らしくなかった長谷川氏。【ニュースの核心】〝プーチン体制転覆〟バイデン政権が本腰8億ドルの軍事支援の数日後に「追加の8億ドル」ウクライナの戦いは「大戦争の序章」か-zakzak:夕刊フジ公式サイト2022.4/22ジョー・バイデン米大統領は21日、ロシアの侵攻を受けるウクライナに対し、8億ドル(約1000億円)の追加軍事支援を行うと発表した。155ミリ榴弾(りゅうだん)砲72門と砲弾14万4000発、戦術無人機などが含まれる。ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシア軍が、ウクライナ南東部の制圧を狙って無差別攻撃を強めるなか...ウクライナの戦いは「大戦争の序章」バイデン政権のウクライナ支援は、戦後の主導権争いへの布石へ

ブログリーダー」を活用して、遊爺雑記帳さんをフォローしませんか?

ハンドル名
遊爺雑記帳さん
ブログタイトル
遊爺雑記帳
フォロー
遊爺雑記帳

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用