searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Fruitsさんのプロフィール

住所
豊島区
出身
釜石市

アラサーのつもりでしたが、今年でブログ10年目、いつの間にかアラフォーになってしまいました。 今は海外一人旅旅行記が中心の不定期更新です。 目下、アフリカ旅行記を更新中。

ブログタイトル
Plentiful Fruits
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/plentiful_fruits
ブログ紹介文
アラサーリーマン女の海外一人旅旅行記。出張以外で最低でも年に2回は海外逃亡するのを目標に働いてます。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/08/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Fruitsさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Fruitsさん
ブログタイトル
Plentiful Fruits
更新頻度
集計中
フォロー
Plentiful Fruits

Fruitsさんの新着記事

1件〜30件

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 7~最終回

    3月16日(土)StrollonginCapetownケープタウンの朝が来た!実は、ケープタウンもまた私の憧れの地の一つだった。きっかけは、中学校の地理で習った気候分布図。熱帯やら砂漠やらばかりのアフリカ大陸において、なぜか南の端っこだけが温帯の地中海性気候で、一体ここは何なんだろうと強烈な印象を残したのだった。それがケープタウン。ヨーロッパの人の保養地になっていると聞いて、日本人にとってのアフリカとの距離感と、欧州の人にとっての距離感は全然違うんだな、ということも思った。それと同時に、「それならいつか自分も行こうと思えば行けるんじゃない?」とも。東北の片田舎に住む中学生の自分には想像を超えた遥か遠くの地だったけれど、今、ケータイのGPSで現在地を示すとまさに自分がケープタウンにいる、ということに身震いしそう。...アフリカ大陸ついに上陸!Log7~最終回

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 6

    3月15日(金)NamibiatoCapetownナミビアの旅はまだ終わらない。朝6時半にホテルのエントランス集合で、日の出を見に出掛けた。メンバーは、私とガイドのPatrickとホテルスタッフのドイツ人男性の3人。ホテルのジープに乗せてもらって、ガタガタの道を走りながら高台を目指した。ホテルの周りには野生のオリックスがたくさん。そういえば、昨日の夜屋外でディナーを食べてるときにも、明かりの下に2~3頭ぼんやりと見えたな。見晴らしのいい高台にジープを止めて、コーヒーを飲みながら朝日を待つ。砂漠の砂が朝日を浴びてどんどん赤く染まっていく。私の泊まってたロッジにはたくさんの観光客がいたのに、今朝は365度見渡しても周りには他の誰もいない。砂地には何かの動物の足跡が残っている。私の足跡もあるけれど、一晩経ったらまたき...アフリカ大陸ついに上陸!Log6

  • ブログ開設10周年

    本日、ブログ開設から10周年を迎えました。この10年の間にSNSが生まれてこのブログも更新頻度やターゲットを変えたりしながら、マイペースで続けさせてもらいました。まだしばらくは旅ブログの形を続けたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします!ブログ開設10周年

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 5

    3月14日(木)WindhoektoNamibdesertアフリカでどの国に行ったか、という話をするときに「ナミビア」という国名を出すと、一体何がナミビアにあるんだかまったくイメージできない、という人が多い。自分も直前までその1人だった。でもこの旅でどうしても欠かせなかったのがナミビア。スケジュールを決めるときにかなり悩んだのだけれど(帰任直前にあまり長いこと会社を休みたくなかったので)、ここにどうしても行きたいがために、予定を2泊追加したのだ。そんなナミビアの最大の目的地はナミブ砂漠。日本では、2012年の紅白歌合戦でMISIAが中継で歌った場所として最近知られるようになったらしい。世界最古の砂漠とか、300mもの砂丘は世界最大、とかいろいろ言われるけれど、初めてここの写真を見てあまりの美しさに引き込まれて以...アフリカ大陸ついに上陸!Log5

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 4

    3月13日(水)VictoriaFallstoWindhoek昨日調子に乗って飲みすぎた赤ワイン+うっかり夜遊びがたたって、朝起きるのがあまりにもしんどかった。でも今日は早朝からゲームドライブ。まだ真っ暗い中、なんとか起き出して出発した。ジープでガタガタの道を進むので、二日酔いの身には少々キツイ。そして結構寒い。屋根も窓もないジープなので、ストールをすっぽりかぶっても寒く感じる。二日酔いと寒さに耐え忍びながらも、東の空に昇った朝日が美しくて、やっぱり起きて良かった!!と思えた。さて、このゲームドライブ。動物園じゃないので、どこに動物がいるかなんてわからない。運が良ければBIG5が見れるかもね、なんてレベルのものだ。最初はほんとに行けども行けども何にも見つからなくて、終いにはジープを止めて道端のフンコロガシの写真...アフリカ大陸ついに上陸!Log4

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 3

    3月12日(火)FinallyJohannesburgtoVictoriaFalls南アランドといえば、高金利の投資通貨として有名ですが、実物はこんなんです。どうぶつ王国だあ!!今日こそは南アを出国するぞ、ということで気合を入れて空港に再びやってきた。因縁のゲートで待っていると、昨日一緒に乗り損なったお姉ちゃんやおじいちゃんたちもいるいる。そして、我々のチケットはビジネスクラスへと勝手にアップグレードされ、シャンパンを楽しみながらのジンバブエ行きのフライトとなった。Yoohoo!ジンバブエには何しに来たかと言うと、もうこれしかない。街の名前そのまんま、VictoriaFalls。ビクトリアの滝。言わずと知れた世界三大瀑布の一つ!!ここは私の憧れの地のひとつ。昔見たNHKの番組でここを訪れていて、行きたいなぁ行け...アフリカ大陸ついに上陸!Log3

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 2

    飛行機に乗りそこなった私+ナンパ(?)した明日帰国の大学生4人+ガイドのローレンスでのSOWETOへいよいよ出発!SOWETOというのは、アパルトヘイトの時代に政府によって人種ごとに区分けされた居住区で、黒人居住区のことを指す。今ではもちろんその制度自体はなくなって、白人でもSOWETOに住んでいる人はいるし、立派な家の立ち並ぶエリアもある。政府が「SOWETO=危険」というイメージを払拭するための施策を行って、今ではだいぶ整備されているらしい。それでも、経済レベルによって厳然とした住み分けがされていた。一戸建ての立派な家が立ち並ぶ地域もあれば・・・いわゆる長屋が並んだエリア。一つの長屋に5家族が住んでいるそうだ。水道も共同なので、こんな風に水汲みする光景が見られる。長屋エリアの向こうに一軒家エリアが見えて、く...アフリカ大陸ついに上陸!Log2

  • アフリカ大陸ついに上陸! Log 1

    3月末をもって日本に帰国することがついに決まった。短期駐在だったので、人よりハイペースで旅行の予定を入れてきたけれど、いつも2泊3日でアジア圏内のショートトリップばかりだった。最後の最後はもうがっつり行ってやる!ということで、1週間の南部アフリカ旅行を決めた。費用はもう、思い出したくもない。。向こう2年分の旅行予算を使い果たしたわ笑!さすがに治安面を考えると、今回ばかりはツアーを使わないわけにはいかず。こちとら(年はともかく、一応)女一人だし。何かあってニュースになど出たくないし。でも、どうせ行くなら後悔のないように行こう、と思って、(高いけど)行きたいところ全部に行けるコースを選んでみた。(ツアーとはいっても、シンガポールの旅行会社に手配依頼して組んでもらうツアーで、だいたいいつも自分1人+現地ガイドなので、...アフリカ大陸ついに上陸!Log1

  • 週末ネパール旅行してみた Day 3

    ネパール3日目。最終日。昨日と同様、朝6時にピックアップ。ガイド曰く、昨日山頂で雪が降ったため、視界は良くなっているのではないか、と。空を見ると、東の空の方が少し雲が切れ始めている気がする。なんとかなるんじゃないか・・・と期待が高まった。昨日あれだけ降っていた雨はもう止んでいる。ただ、路上の水はすごい。聞くと、普段から道端にゴミが山積みになっているため、雨が降るとゴミが排水溝に詰まって、道路に水が溢れ出してしまうのだそうだ。そんな悪循環になるなら、ゴミなんか捨てるなよ!と思ってしまうのは、先進国民の発想なんだろうか。昨日と同じ手順を踏んで、国内線の待合所でしばらく待機した。周りを見渡すと、圧倒的に昨日より人が少ない。昨日あんなに見かけた日本人の姿も減っている気がする。一方、空はどんどん青い部分が広がってきている...週末ネパール旅行してみたDay3

  • 週末ネパール旅行してみた Day 2

    ネパール2日目。朝6時にピックアップで、空港へ向かう。この旅のメインとも、目的とも言える、マウンテンフライトでヒマラヤ山脈を見に行くのだ。・・・が、どうにも天気が良くない。厚い雲に覆われていて、どうにも見える気がしない。不安を抱えながらもとにかく空港に向かって、搭乗手続きをした。待合室でPassengercallを待っていると、「YetiAirlinetomountain,302」と最初の便の搭乗客が呼ばれて外に出て行った。どうやら、最初の1機がまずは飛んで状況を確認するらしい。如何せん、高度8000mの世界のこと。下界がどんな天候状況にあろうと、飛んでみないことには山が見れるかどうかはわからないのだそうだ。しばらく待つと、私が乗る便を含め、数機分の搭乗客が呼ばれ、それぞれバスに乗って待機するように言われた。ち...週末ネパール旅行してみたDay2

カテゴリー一覧
商用