searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

いのさんのプロフィール

住所
清須市
出身
清須市

自由文未設定

ブログタイトル
*ウニとうみ* ダイビング&スノーケリングなぎさひろい
ブログURL
https://nagisahiroi.com/
ブログ紹介文
ダイビングで出会える生きもの達が持つ魅力を伝えたり、ウニの魅力について記事や動画で伝えています。 うみ遊び『ダイビング・スノーケリング・スキンダイビング』ツアー、ライセンス講習(OWD)、ビーチクリーン(海中ゴミ拾い)を開催中。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/nagisahiroi
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/inokohiroyuki/
YouTubeアイコン

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC_wEn5eL2cWhAs3TLikl-WQ
更新頻度(1年)

17回 / 56日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2014/06/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いのさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いのさん
ブログタイトル
*ウニとうみ* ダイビング&スノーケリングなぎさひろい
更新頻度
17回 / 56日(平均2.1回/週)
読者になる
*ウニとうみ* ダイビング&スノーケリングなぎさひろい

いのさんの新着記事

1件〜30件

  • 「コシダカウニ」ダイビングで出会えるウニ図鑑

    コシダカウニの生態情報「分類、学名、大きさ(殻径)、生息地など」、見つける・探すコツ、棘の構造、トックリガンガゼモドキとの共通点、叉棘の種類、コシダカウニ特有の症状と思われる「歯の噛み合わせ」などについて書いてみました。

  • 「海洋で漂流中」と「砂浜に漂着してから」のどちらで分解されたのかな!?

    今回は、生分解性と思われる植木鉢や境界を教えてくれる境界標など初めて出会うゴミがありました。ダイビング&スノーケリングなぎさひろいゴミ拾い活動記録2021年1月17日。主催:環境ボランティアサークル亀の子隊。場所:愛知県田原市にある西ノ浜海岸。

  • ウニ好きとアウトドア好きが織りなす相乗効果!?

    今回の焚き火会からは新しく購入した斧のお陰で針葉樹だけではなく広葉樹の薪割りも可能になり幅が広がりました。お陰で、焚き火料理の腕が上がった気がします。アウトドア好きなお客さんもホットサンドを作って下さったり、ウニの赤ちゃん(プルテウス幼生)の観察会をしてみたり、「それぞれが好きなことを持ち寄った相乗効果」で焚き火会の楽しみが増えました。なぎさひろい焚き火会in西尾(愛知県)2021年1月10日活動記録。

  • 2021年最初のゴミ拾いで気付く張り紙から伝わる過去のこと。

    ゴミ拾い活動をしていると普段見慣れた場所でも「目を向ける場所が変わる」ことで新しい気付きが生まれて面白い!毎回、考えさせられる出来事があります。うみと生きもの達に感謝を込めて!愛知県西尾市にある吉良ワイキキビーチ(宮崎海水浴場)のゴミ拾い(ビーチクリーンアップ)活動記録2021年1月10日(日)。愛知県清須市、ダイビング&スノーケリングなぎさひろい代表いのこひろゆき

  • バフンウニの発生実験(人工授精)を始めました。

    採取した卵と精子の準備が整いましたので、バフンウニの発生実験(人工授精)に挑戦しました。用意するものは「精子・卵、シャーレ、スポイト、滅菌した天然海水」です。一連の流れを写真付きで紹介したり、YouTubeに動画を載せていますのでどうぞご覧ください。なぎさひろいウニの一生日記2021年1月6日。

  • 浮遊珪藻(キートセロス・グラシリス)の培養を始めました。

    ウニの幼生「プルテウス幼生」を飼育するためにエサである浮遊珪藻「キートセロス・グラシリス」の培養を始めました。必要な物は「滅菌海水、培養する入れ物、酸素キット、メタケイ酸ナトリウム(もしくはゲゲルカルチャー)、KW21」。天然海水は物理ろ過をして不純物を除去した後に80℃で20分ほど加熱もしくは湯銭をして滅菌してから使用します。バフンウニの一生観察日記2021年1月5日(火)

  • 水槽のウニ達が好む環境は違うけれど大好きなエサは一緒みたい!?

    ウニは種類や個性の違いで好む環境(場所)や移動距離に違いが見られるように感じます。明るい場所でも平気なのか?暗い隠れ家が好きなのか?好む環境を知ることでダイビングやスノーケリングなどのうみ遊びで野生のウニと出会える可能性が高くなると思いますので、一緒に飼育ウニ達を観察していきましょう!ダイビング&スノーケリングなぎさひろいウニ飼育日記2021年1月2日(土)

  • 2020年最後のゴミ拾いは空きカン祭り!?in吉良ワイキキビーチ(愛知県)

    僕やゲスト様を楽しませてくれた広大なうみと生きもの達に感謝を込めて!身近な愛知県のうみで今年最後のゴミ拾いをしてまいりました。今回は、茂みの中に隠された大量のゴミを発見したり、足元に温かみのある小さな自然の光景があることに気付くことが出来ました。愛知県西尾市にある吉良ワイキキビーチのゴミ拾い(ビーチクリーン)活動記録2020年12月30日(水)。清須市にあるダイビング&スノーケリングなぎさひろい代表いのこひろゆき

  • ケガをしても生き抜く生きもの達の力強さ!? in 尾鷲市九鬼町(三重県)

    三重県尾鷲市九鬼町にあるダイビング施設『Sports man club MTK』のNAGISA゜さんのガイドでウミウシダイビングを楽しんできました。小指の爪よりも遥かに小さいウミウシ達のオンパレードにビックリ。初めて出会えたウミウシ達も多かったです。それに、ケガをしたアオウミウシや腕を再生中のアカヒトデと出会い、弱肉強食の自然界の厳しさ、ケガにも負けず逞しく生きる意志の力強さを感じました。2020年12月28日なぎさひろいダイビングツアー記録。

  • 海中&陸上ゴミ拾いスポット「吉良ワイキキビーチ」愛知県西尾市

    なぎさひろいゴミ拾いツアースポット情報『吉良ワイキキビーチクリーン(愛知県西尾市)』毎月第2日曜の午前中に吉良ワイキキビーチの陸上(砂浜、遊歩道、芝生、茂み)などに落ちているゴミを1時間程かけて拾います。夏期には、スノーケリング器材(マスク・スノーケル・フィン・グローブ・ウェットスーツ・海中メッシュゴミ袋など)を使用して海中に沈んでいるゴミも拾い、陸上と海中の両方から環境を守る運動を始めてみました。

  • 海辺で出会えるキノコがある!?

    毎月第3日曜日開催の環境ボランティアサークル亀の子隊の西ノ浜ゴミ拾い(ビーチクリーン)に参加してまいりました。久しぶりに海外製品のゴミ(おそらく韓国?)を拾ったり、流木に生えるキノコを初めて観察しました。うみを流れてきた(漂流)流木にキノコが生えて生息していましたので塩分耐性があると思われます。まさか、うみでキノコと出会えるなんて驚きでした。

  • ゴミ拾いで広がる人の輪を大切にしたい。

    愛知県西尾市にある吉良ワイキキビーチ(宮崎海水浴場)でゴミ拾い(ビーチクリーン)活動を僕を含めた3名で開催してきました。注意喚起の看板が草や土にまみれて埋もれていたり、ポイ捨て常習犯らしい人が捨てているゴミがあったり、高橋名人のアイスと初めてご対面しました。それと、ゴミ拾い活動中に地元の方々が声をかけて下さったり、グランピング・キャンプ施設moonのオーナーさんがコーヒーを振る舞って下さったり心がホッと温かくなる人と人との繋がりや出会いがありました。なぎさひろい吉良ワイキキゴミ拾い活動記録。2020年12月18日(金)

  • 「サンショウウニ」ダイビングで出会えるウニ図鑑

    ダイビングで出会えるウニ図鑑「サンショウウニ」の生態情報『分類、学名、大きさ(殻径)、生息域』などについて。棘の色合いや模様が美しい種類のウニ。カモフラージュ(擬態)やエサの確保(非常食)のために管足をつかって海藻を体表に貼り付けていると思われます。他のウニ類と違い、歩くときに水底以外の場所では側面を壁にくっつけて移動をするなど不思議な一面も併せ持つ潮間帯から水深40m近くまで生息するウニの仲間になります。

  • 焼いてきたアップルパイを焚き火で加熱!?

    吉良町にある産地直売つのひらで食材を購入して、岡ノ山遊ぼっ茶広場(愛知県西尾市)で焚き火会を開催してきました。漆黒に染まり黒光りして炭化した場所が美しくて見とれてしまいます。毎回お馴染みの焚き火料理『ジャガイモ&サツマイモの蒸し焼き、ウインナーの串焼き、フランスパン焼き』を楽しみながら、お客さんが作ってきてくださったアップルパイを再加熱して美味しくいただきました。なぎさひろい焚き火会in西尾2020年12月11日(金)

  • 棘に海藻を生やした新入りウニ(キダリス目)をお出迎え!?

    アクアショップで販売名『パイプウニ』で売られていたキダリス目(マツカサウニか外国産のタイセイヨウマツカサウニと思われる。)を自宅の棘皮動物海水水槽に出迎えしました。生きた化石と言われるキダリス目のウニの主棘は、海藻、コケムシ、カイメンなどの付着生物に覆われることがありカムフラージュに利用していると考えられているみたいです。2020年12月7日なぎさひろい海水水槽飼育日記。

  • 飼育で感じる野生の休み方!?巻貝は潜ってカニは日向ぼっこ。

    12月も入り水槽内の水温が20℃前後と低下してきましたのでマナマコ達が夏眠から目覚めて日中でも食事をするなど活動を始めました。貝(たぶんニシキウズガイ科の仲間)が砂利の中に潜って隠れていました。野生でも見る姿ですけど、きっと外敵から身を守って安心するために行う仕草・行動なのかな。コノハガニは擬態もせずに海藻の上に座って日向ぼっこしていました。こちらは野生だと見つかりやすい位置ですので、水槽内に外敵が居ないからこそ見れる仕草・行動のような気がします。

  • 決して諦めないカニの行動力!?くじけぬ心が夢を叶えた。

    コノハガニの子どもが海水水槽に仲間入りしました。可愛いこの子の行動を観察して見ると、隣の海藻に移ろうと健気に足を伸ばすのですが中々届かず、恥ずかしかったのか頭を掻いたり毛づくろいをして身だしなみを整えたりして誤魔化している仕草がかわいい。そして、くじけず諦めなければ夢を叶えることが出来ることを教えてくれました。なぎさひろい飼育日記2020年11月23日。

カテゴリー一覧
商用