searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

kaonyonさんのプロフィール

住所
愛知県
出身
愛知県

彼らの活動を追っかけながらの話の展開になってます。 BL有り・R18有り・彼らへの愛めいっぱい有り

ブログタイトル
BLUE NOTE
ブログURL
http://blue4pyonlady.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
ジョンヒョン×ヨンファがメインでCNBLUEのBL的な話です。※R18有リデス
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2013/12/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kaonyonさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kaonyonさん
ブログタイトル
BLUE NOTE
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
BLUE NOTE

kaonyonさんの新着記事

1件〜30件

  • 天使にラブソングを 17

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。自覚するということから恋がはじまると誰が言っただろう?予兆はあった。けれどそれが確信にかわり「好きなんだ」と気持ちをカタチにした瞬間、世界が変わる。仕事は順調・・・とはまだ言えない。顔...

  • 天使にラブソングを 16

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。陽が落ちた頃ジョンヒョンとミニョクが戻ると部屋では床に並んでヨンファとグァンジンが2人で眠っていた。2人は何度声をかけても目を覚まさず、死んだように眠り続けた。「ヒョン肉買ってきたんだ...

  • 天使にラブソングを 15

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。何度天に祈っても今のヨンファの願いが届くことはない。そんな場所に自分の意志で立っている。今もこれからもそうありたいから・・・「グァンジン、やめて」「その名を呼ぶのをやめろ」「グァンジン...

  • 天使にラブソングを 14

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。黒い翼を一度大きく羽ばたかせる。それを合図に床から姿を現したのは使い魔達だった。狭い空間を埋め尽くす数。それらがヨンファめがけて一気に襲いかかってくる。「ち・・・っ」ヨンファは寸でのと...

  • 天使にラブソングを 13

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。「ただいま」扉には鍵がかかっていた。ミニョクはレッスンに行くのだと言っていたのを思い出したがつい呟いてしまうのは癖みたいなものだ。頭の中ではさっき交わした会話がグルグルと回る。『逃げた...

  • 天使にラブソングを 12

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。『ヨンファ』陽が照らすより更に光さすその場所に彼がいた。『元気そうでよかった』長身で整った顔立ち。手足がすらりと長く優しげな眼差しの男をオレはよく知っている。もう長く会っていなかった懐...

  • 天使にラブソングを 11

    ※このお話はもちろんフィクションです。 名の似た人が登場人物ですが、読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。 し苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。その日は特別に宿舎下にあるカフェで夕食をとった。帰り道はお互いずっと無言のまま。前を行くグァンジンの背中を目で追いながら此処までやってきたんだ。「・・・・今日はごめん」アイスコーヒーの...

  • 天使にラブソングを 10

    風が吹き夏が終わる・・・空が高くなり、そこに浮かぶ白い雲もどこか軽やかで季節は夏から秋へと移り変わる中、ジョンヒョンはヨンファと連れだって小さなビルを訪れた。そこは只今準備中のFNCエンタ日本事務所。「どんな話かな」「自信持って行こうぜ、絶対良い話に決まってる」心配症なオレに対して、一足先に自国で知られるようになった彼は自信に満ちた顔でそう言った。オレにはまだそんな顔できない。眩しいばかりの笑顔に...

  • 天使にラブソングを 9

    「・・・・っ」熱めのシャワーが肌を打つ。人から受けた邪気をまとった肌を流れていく湯は落としするすると排水溝へと流れていく。ヨンファは自らの肌に触れ複雑な表情を浮かべた。「上のやつらには見せられないな」自嘲気味にぼそりと呟いた言葉は水音に呑み込まれていく。地上へ堕ちてから数年。人として今は存在しているヨンファに上からのコンタクトは一切無かった。未練も後悔もないけれど時折考える、美しく厳しい上司や弟の...

  • 天使にラブソングを 8

    「乾杯!!」儀式的な一言ではじまったその日の打ち上げ。久しぶりに飲む冷えたビールは、充実したライブの余韻も手伝ってメンバーを酔わせた。ライブ後で気分が昂っているせいもあるだろうが昨夜沸き起こった感情・・・いや、此のところ持て余していたものがジョンヒョンの酔いを更に加速させていた。「呑みます?」向かい側に座るグァンジンが瓶を持ち上げ伺う。ヨンファは偉い人に囲まれているし、ミニョクは酔い潰れて眠ってし...

  • 天使にラブソングを 7

    誰かのことを・・・ましてや男のことをこんなにも気にすることは試合の相手を気にすることもなかったジョンヒョンにとって初めての経験だった。もちろん、彼と出会うまではジョンヒョンは自分にそんな性癖があるかもしれないなどと微塵も疑ったことはない。しかし、そういう自分を近頃どうも疑いはじめている。それはきっと、生まれた国の性的抑制や思考のせいだろうとそう、そんなふうに考えていたのだ。それが原因で彼の容姿や身...

  • 天使にラブソングを 6

    ドン!とい大きな音で目が覚める。真夜中と言っていい時間。瞼を上げるといつもと変わらない風景が目に入る。2段ベッドの裏側。ギシリと音がしたのはミニョクも目を覚ましたからだろうか。けれどそのまま静けさが部屋に戻ったからジョンヒョンは暗闇に慣れた目で音の原因を確かめる。昨夜遅くに帰宅して倒れ込むように寝てるはずの向かい側のベッドの主。階段の昇降が面倒くさいという理由で年上の2人が陣取った下のベッドで眠っ...

  • ひとりごと_20190503

    更新したあと、気づけばあと数日で一か月・・・この数か月は、私にとって数年と同じぐらいの重みを持ち、変わっていくもの(人)が多いなか、それでもこの場所を訪れてくださった皆さんがくださった気持ちに癒されてなんとか今日も生きてます。(大袈裟?いやいやそれぐらい気持ち的に変化があったのです)いただいたコメントにお返事もできず申し訳ありませんでした。世間的にも自分的にもGWに入りやっと自分時間が持てたので、...

  • KIMIHE

    たった3文字きりの短いメッセージ。それだけでは人の気持ちなんて理解することは難しい。それなのにそれきりで会えなくて会いたいのに会えなくて致し方のない状況ではあるのだけれど、自由につかるようになったオレが、オレたちがそれで相手にメッセージをいくら送ったからといったって相手が受け取ってくれなければただの独り言。なぁ・・・元気?ちゃんと食べてるか?眠れてるか?会いたいな。文字だけでは伝えきれないだろ?文...

  • ショコラ ~兄たちの場合~

    「残された時間は自分の為に使え」国務を終えた経験者は皆口をそろえて語る。「そうだね。そうしなきゃだね・・・」ヨンファは持っていたカップを口に運ぶが手が震えて上手く飲めなくて必死にそれを押えこんで温くなりはじめたコーヒーを啜る。いろいろ・・・と、迷惑ばかりかける。今までずっとやっぱり上手くやれなかったなぁ・・・と、そう思うのだ。後悔ばかり浮かぶ。だからいつも結局最後は、ぎこちなく作る笑顔を相手に返す...

  • ショコラ ~弟たちの場合~

    待ちあわせの相手がやってくるとミニョクはクンと鼻を鳴らす。「・・・甘い匂い」部屋に入ってきてすぐ上着を脱ぎ、丁寧にパイプの椅子の背にかけるとドラムセットの脇までやってきたジョンシンからは、アルコールの匂いに混じって知らない甘い香りがした。くんと鼻を鳴らしたミニョクに気づいたジョンシンは、すぐにポケットの中に手をやり綺麗に包装された箱を取り出す。「これだよ。チェリーボンボンだってさ」開ける?と目くば...

  • 天使にラブソングを 5

    「オーディションには もう一人のイケメンと一緒に来てくれる?」ソウルからスターの卵を探しにやってきたという女性はジョンヒョンに笑顔で言った。「だれ・・・ですか?」それほど人見知りをする方ではない。けれど、ソウルまでのそこそこの時間を共にする相手を知っておきたいと思った。「んーーーーー、そうねぇ 待ちあわせの場所に行けばすぐに分かると思うわ」彼女の一言で相手の詳しいコトはうやむやにされた。そして心の...

  • 天使にラブソングを 4

    ねっとりとした異国の夏の空気が、薄い壁越しから室内に忍び込む。濃厚な熱気とどこか重苦しいような淀んだ空気は東京においてこの時期逃げられるようなものじゃない。大通り沿いの狭いアパートの一室。車通りが多いため、エアコンの排気ガスと熱がさらに気温を上げているに違いなかった。2段ベッドの部屋の片隅にある収納に押し込められた服。ギターにアンプにキーボード。机の下を占領するのは多国語の勉強に使う本たち。ジョン...

  • 天使にラブソングを 3

    「っちぃなぁ・・・」残暑が残る夏日の下、流れるように滴り落ちる汗をぬぐって怨みがましく太陽を睨みつける。空は青く高く済み渡り、かの世界を垣間見れるような錯覚を覚えた。とうとう来てしまった。□□□□「もう一度言ってくれないか?」綺麗な顔を歪めて上司がこちらに耳を傾けて聞いた。絶対に聞こえているくせになぜもう一度同じことを言わなきゃいけないんだ。ヨンファはそう思いながらもバカなお願いであることは間違いない...

  • 天使にラブソングを 2

    見つけたのは偶然だった。能天使のヨンファにとっては、人が送る人生なんていうものは普通これっぽっちも関係も接点もありはしない。ただ、「神様」という名前の尊いお方の命令が出たら目的の悪魔と戦うだけ。悪魔が大人しければ毎日が退屈で平和で、大暴れされれば地獄の日々だ。それは自らの存在が消えてしまうまで永遠に続く。人よりはるかに高次元の能力。不老不死の身体。それらを持つヨンファはふと思うのだ。毎日は幸せなの...

  • 天使にラブソングを 1

    「ヨンファ!ヨンファいないのか?」やわらかな日差しが差し込む美しい回廊に、似つかわしくない声が響き渡る。「ヨンファ!ったく、アイツはまたあそこか」美しい金の髪。恐ろしく整った顔立ち。すらりとした姿からは想像もしないようなぞんざいな口ぶり。おそらく、彼の配下のものが聞いたら目を丸くして驚いたことだろう。けれど天使庁の奥深くと言う場所なら話は別だ。ごく限られたものしか出入りすることはかなわない場所だか...

  • SSS_2018.12.30

    お勤め中でも今どきパソコン使える時間だってあるし携帯電話だって使える。そんなこと知ってたけどあえて表だっての発信を控えてきたのはオレ自身の気持ちの問題。マンネ達が行ってアイツが行って現在オレたちは完全休業中だ。定期的にそれは一方的ではあるけれど連絡も交わしているけれど、会えない・・・それは思ったよりも影響が大きくて、間接的に伝え聞く彼らの現況にざわついてしまうキモチは抑えようがない。季節は一巡りす...

  • Just Please 30

    ※R18:BLな表現が含まれます。ご注意くださいませ「・・・だめ、唇切れる・・・」「・・・っ、だ・・・・んん・・・・っ」際どい部分を指や唇を掠めるたびに、腰を揺らめかせる。「ほら・・・だめ・・・・」2日間の公演を控えているのだ。見える場所に跡も残してはいけない。ましてや唇にキズがあったら歌う度に痛むだろうと何度も声をかけるのだが、声を漏らしてはすぐに強く結ばれてしまう。首筋を吸い上げながら閉じた脚の...

カテゴリー一覧
商用