chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ナチュラリストの散歩道・電磁波被曝対策コンサル http://kanemasa.s1008.xrea.com/index.html

生活を支援する病気や症状に対する東洋医学的健康情報、癒し情報、風景写真、歴史的事件、電磁波環境対策コンサル等に関連したブログ

生活を支援する病気や症状に対する東洋医学的健康情報、癒し情報、風景写真、歴史的事件に関連したミステリアスなエッセイ情報、電磁波被爆対策、謎解き、かわいい動物や植物写真、イラスト作品、パソコン修理奮闘記、整体業開業マニュアル、ビジネス情報、ダイエット情報、本能寺の変、西郷隆盛の謎など幅広い題材を網羅したブログです。

momoandbon
フォロー
住所
久留米市
出身
未設定
ブログ村参加

2013/05/25

1件〜100件

  • いずれ国内に核シェルター設置の要望が出てくると予想してます!

    日本もかってシェルター設置が推奨されました!当ブログではここ数年間、余裕のある富裕層や学校に核シェルターの設置を度々呼びかけている。多くの日本人は笑うであろうが、今の時代だからこそ日本という国には強固な核シェルターが必要なのだと確信している。現在も北朝鮮からは間断なく弾道ミサイルといった飛翔体が日本海に発射されているし、ロシアは戦術核の仕様を示唆し続けている。北朝鮮から弾道ミサイルか 複数発射、EE...

  • 自転車はこれからも最高の乗り物であり得る!

    思い出の田舎道を走る田舎で育ったので、学校に通う道は当然田圃にかこまれた田舎道である。いわゆる農道であって、そうした畦道などは田舎では子供達の通学路にもなるわけである。いまでも時たまその田舎の通学路のことを思い出すことがある。いろいろな思い出のある道でもあるのだ。天気の日は良かったが、雨の日は舗装などされていないから田舎道はそれこそ泥んこ道であった。靴など泥だらけで、汚れっぱなしであった。それでも...

  • 食用キノコの種類は数が限られている!

    遭遇するのは大抵毒キノコに決まっている!歩中にふと道路脇を見ると、生姜焼きの薄煎餅らしきものがちらばって落ちているのに気付いた。よくみるとそれは煎餅ではなくキノコであって、しかもそれは有名な毒キノコのオオシロカラカサタケであった。直径6,7センチはあろうか。オオシロカラカサタケは、口にすると吐き気や嘔吐、腹痛、下痢といった症状に襲われるというから怖いのである。オオシロカラカサタケをあらためて我が目で...

  • あなたの生活はすでに外資に狙われている!

    日本がまず外資に買い叩かれる!かっては豊富な水資源が身近にあることなど、日本人にとっては当たり前過ぎることでしかなかった。私たち世代が育った時代背景でいえば、飲み水をお金を出して買うという感覚はこれっぽっちもなかった。美味しい水という表現はあったが、あえて美味しい水を探して買い求めるという状況ではなかったのだ。それが瞬く間に変わってしまったわけで、安全で美味しい水が無尽蔵にあるのは世界中で日本ぐら...

  • コンサートというのは最高のお・も・て・な・しなんです!

    秋の宵ならではの名演奏を聴く20世紀のアルゼンチンの作曲家であり、バンド・ネオン奏者であったアストル・ピアソラの作品に「リベルタンゴ」という名曲があります。いわゆるタンゴに革命を起こしたといわれる名曲です。ヨーヨーマのチェロ演奏でも知られるようになった楽曲です。「リベルタンゴ」はアルゼンチンタンゴという枠組みを超えて、幅広く演奏されています。チェロやバンド・ネオン、ギターなど演奏される楽器も多種多...

  • インバウンド観光の需要に日本経済の成否はすべて掛かっている!

    曼珠沙華 一むら燃えて 秋陽つよし そこ過ぎてゐる しづかなる道     この短歌は、大正14年(1925)『日光』という歌誌に発表された木下利玄の「曼珠沙華」連作10種のひとつとして知られています。いよいよ曼珠沙華がそこここに咲き始める季節となったわけで、今年は割と早く秋が訪れつつあるようです。ようやくあの猛暑はどこかへ行ってしまった感じで、庭のアベリアの白い花に大きなカラスアゲハが飛んできました。...

  • これから先病死より餓死の可能性が出て来ました!

    日本でもいずれ餓死者が発生する!世界の人口は2019年の77億人から2030年の85億人(10%増)へ、さらに2050年には97億人(同26%)、2100年には109億人(42%)へと、このまま推移し今後も増え続けることが予測されている。「世界食糧危機」いつから始まる? 気になる日本の穀物・コメ備蓄量、昭和30年代後半の食生活に逆戻りも…5/27 https://news.yahoo.co.jp/articles/7fc8b114e6d67d20a5fd59e33ddd67aea97d04d3いつものことである...

  • いまの円安は日本にとって最後のチャンスである!

    日本が国産ワクチンを造れないわけ!東京オリンピックを目前にして未曾有の新型コロナに右往左往した安倍政権下の日本政府は、それでも早期にコロナワクチンが国産化できると読んでいたようです。その予定が立つという前提の下に東京オリンピックも延期されたと云うことになります。しかしながらその目論見は大きく外れてしまい、結局は海外からワクチンを輸入するという後手の対策しか取れませんでした。このことは世界有数の医療...

  • 廃業よりは可能なら転業を考えるべきである!

    嗚呼!わが愛用パソコンついに起動せず!「馬を下りて大いに戦い、日中に至り、刀折れ矢尽き、慮も亦た引退す」『後漢書段熲伝』仕事に必要な備品機材というか、どうしてもそれを使わざるを得ない状況があって、いままで30年以上以前の古い旧式のパソコンを使い続けてきました。これほど長期にわたって同じ機種を使い続けるということは通常では考えにくいことなのです。それこそ使い慣れた道具なのでした。当然処理能力などの機...

  • 初秋に訪れたい大分湯布院の観光名所金鱗湖

    朝霧に霞む金鱗湖を散策する大分県の湯布院に金鱗湖という多くの観光客が訪れる有名な池がある。金鱗湖は由布岳の山裾から湧水を集めていて、大分川の源流にもなっている。周囲は400メートルほどで、池自体はそれほど大きくはないが秋口から冬にかけてはよく池の水面に朝霧が発生する。この景観に人気が集まるのだが、これは池の底から温かい温泉が湧き出ているためだといわれる。今回、JR由布院駅から金鱗湖までの1.5キロほどの...

  • 最後の日まで使い続けたい愛用品の話し

    男おいどんの愛用品日常の愛用品となるといろいろとあるのだが、それらは必ずしも日本製とは限らない。最近では新しく購入する品はほとんどが中国製品になりつつあり、それこそ家中で猛烈な勢いで従来の国産製品と入れ替わりつつある。家の中にある製品の表示を見れば、いまやどれもこれもが中国製品である。消費者として選ぶにしても目の周りでは日本製品はどんどん姿を消しているわけだし、中国製品が日本のデフレ経済にマッチン...

  • ここまで来たら、もう引き返せないという心境なんです!

    身近な危機管理の傾向と対策2022/07/06:スズメバチとの戦いはもはや避けられない!:2022/07/05:身近な危険・スズメバチとの戦い・その1:2022/07/04:クーラー取り付け予定は何と2ヶ月先なんです!:2022/07/01:10分で完了する「マイナポイント第2弾」の申請手続き!:2022/07/01:日本はまず電力不足を解消すべきである!:2022/06/29: ロシアは世界的な食料難を狙っている!:2022/06/29:円札の目減りはやはり避け...

  • 脳天気な日本人が気付かないハバナ症候群問題の推移

    何故に米国は激怒したのか?!謎の脳損傷、米外交官ら130人以上 欧州、アジアでも確認 NYタイムズ2021/5/13 https://news.yahoo.co.jp/articles/3fd2500b807de5868a1b79694735c085e50bdba1ロシアが関与!? 殺人電波兵器で米外交官、CIA関係者ら130人が脳障害2021/5/14 https://news.yahoo.co.jp/articles/5d31f92076df8d3360baf1f1e84f07c01900bf26ハバナ症候群、「電磁波」が原因か 米専門家委が報告 2022年2月3日 ゴ...

  • 電脳時代のおじさん世代はこうありたい!

    おじさんバンドがキレッキレの理由!ネット上ですごいテクニック揃いのおじさんバンドを見つけました。アマチュアなのかプロなのかわかりませんが、卓越した演奏テクニックや音の切れは最高です。そして年齢を感じさせないパワーがあります。和気藹々としたバンドの仲間の心意気が感じられて、とても恰好いいおじさんバンドだと思いました。40歳未満の若い世代は「二人の銀座」の曲名さえも知らないようなのですが、年齢格差には驚...

  • パソコンのために冷房を入れています!

    パソコンは意外にも猛暑に弱いのです! いまだに暑さによる熱中症対策が必要です。 暑さが体の不調を招くのも確かですが、ここに来て意外にもパソコンの機能にも影響が出てきているようです。 先日よりパソコンの動きが急におかしくなり始めました。 何だか動きが重く感じられてきました。 さてはCドライブの作業領域が少なくなってきたのか? あるいは、ここにきてよからぬマルウェアが入り込んだ...

  • 20世紀を疾走した名優ユル・プリンナー

    スキンヘッドで活躍した名優ユル・ブリンナー映画俳優ユル・ブリンナー(Yul Brynner, 1920年7月11日 - 1985年10月10日)はロシアの ウラジオストック出身で、スイス国籍のモンゴル人の父親とルーマニア系のジプシーの母親との間に生まれた。幼少時に北京に移住して中国大陸を転々とする生活を送ったという。10歳の時に一家はフランスに移住したが、彼はその東洋的風貌から学校では陰湿ないじめにあったともいう。孤独な少年時代を...

  • 日本語入力作業の効率化を考えてみませんか?

    テレワーク時代に最適の日本語入力!35年ほど以前にワープロ(OASYS)を操作する際には、日本語入力に専用の「親指シフトキーボード」を使っていました。それに対応したパソコンのフリーのソフトもすでにありましたし、とにかく親指シフトは日本語入力では効率的ですし、すべての文章入力には「親指シフトキー」にはスピード感がありました。片手入力でも全く不自由なく操作できましたから、通常のキーボードを使うよりは日本語入...

  • 凝った演出効果が一段と雰囲気を醸し出してくれる!

    お髭のおじさんはギターリストなのだ!あるときはヒゲを生やしたちょい悪おじさん、または船乗りの初老のおじさん、はたまた教会の神父さんというように見えてしまうから面白い。本当のMichael Lucarelli 氏は、プロのギターリストなのかもしれない。いや確かにそうに違いないのだと思う。巧みな演奏もであるが、その演奏されている場所には自然の風景が背後に設定されている。Michael Lucarelli 氏は、その風景の中に見事に溶け込...

  • 災害時のペット動物の犠牲をも回避するという発想

    災害時にはペットは置き去りにされる!災害時には人命だけではなく家庭で飼われているペットたちも犠牲になるわけで、多くの場合には家畜も含めてその場に置き去りにされてしまう。ペットを置き去りに出来ずに逃げ遅れてしまい、命を落とすという悲劇も度々耳にする。蔓延しているコロナ感染のいまにあっても状況は変わらないわけで、昨年の八月、コロナ感染した愛猫家の痛ましい自宅死をニュースで知った。コロナに感染した一人暮...

  • 主題曲でヒットしたサスペンス映画の名作

    不思議な感覚の名作映画とは?チター(独: Zither)というヨーロッパの伝統楽器をご存じであろうか?主にドイツ南部、オーストリア、スイスのアルプス地域などでよく使用される古風な卓上の弦楽器であるが、独特の音色が特徴である。竪琴や日本の琴にも似た形状をしていて、30本余りの伴奏用弦と5、6本の旋律用のフレット付きの弦が張られている。これを親指に専用の爪を付けて弾く。習得するのがとても難しいとされるが、有名なの...

  • 狐に鼻を摘ままれたよう話しはいかがですか?

    ぴたりと占って進ぜよう!占いの師匠と思える人に出会ってから、もうかれこれ40年近くになるであろうか。師匠といっても師匠同様に、当方が占い師をやっているというわけではない。占いの手ほどきを受けたというだけの話であって、占いの師匠との交流はそう長い期間ではなかった。こちらが弟子であると勝手に思っているだけのことで、師匠はそうした認識もなかったのかもしれないのだ。師匠は当時すでに70歳前後であったから、...

  • 田舎暮らしにも当然偏差値がある!

    これからは田舎暮らしがお勧め!ここ数年コロナ禍ということもあって、田舎に移住するとか田舎暮らしを望んでいるという人たちが増えてきているようだ。同時に多様な形でリモートワークが実現しだして、どこに住んでいようと今までと同じように仕事は継続出来る体勢は整ってきている。ビジネスは日本国内どころか世界中に広がっていて、実質24時間体制でまわっている事を考えればそうした対応も当然の流れと云うことになる。ライフ...

  • 人生に蹴躓いたときに思い出す文芸作品のこと!

    懐かしい火野葦平文学の世界時代と共に新しいものが生まれ出てくると、その一方では世の中から次第に失われていくものがある。それが時代の変化であり、世の中の流れである。それは人々の記憶の中の出来事であったり、あるいは記録として残る映像や文学作品である場合も少なくはないであろう。消えていくと云うことではある種の郷愁を覚えるものだと云えようが、郷愁というよりはより鮮烈な映像そのものであったりするように思う。...

  • 人生最後、誰も教えてくれない肝心なこと!

    突然目の前に死神が現れたらどうする!?人の死に際、いわゆる臨終の場には死神というものが必ず現れます。死神などいないという人もいますが、死神がそれに関与していることだけは確かです。人の死に際には死神が枕元までお迎えに来るわけです。(怖いですねー)死神が近付いてくるときにはかならずその気配が感じられるのですが、ときたま傍にいる身近な親族がその気配に気付くことがあります。それは特殊能力を持った霊能者とい...

  • 人生で最後に残るのはやはり最良の思い出だけ

    丘に登る二人の運命とは!1955年に公開されたアメリカ映画『慕情』(原題: Love Is a Many-Splendored Thing)は、ベルギー人と中国人の血を引くハン・スーインの自伝をもとに映画化されたものであった。特にサミー・フェインが作曲した主題歌は、第28回アカデミー­賞歌唱賞を受賞した映画音楽史上の名曲として知られている。映画のストーリーは、第二次大戦終了後のイギリスの植民地香港で、ヒロインのハン・スーイン(ジェニファ...

  • 鬼平が愛した大江戸の豊かな食文化?!

    お江戸の名店の芋酒が呑みたい!今回もようやく池波正太郎の「鬼平犯科帳」全24巻(文春文庫)を読破することが出来ました。これまでにも「鬼平犯科帳」は読んだことはありましたし、機会があれば「オール読物」に連載されている作品も何篇かその都度読んできていた記憶があります。今回はあらたまって全巻を片っ端から読み進めて見たというわけです。たしかに主人公の長谷川平蔵は江戸時代の実在の人物なのですが、これらの小説作...

  • 現代人は生活習慣病からどう脱出するのか!

    夏場にこそ筋肉は鍛えられる!どんなスポーツであっても基本となるのは筋力であるとはいえ、人並み以上の筋肉を付けるというのは大変に難しい。筋肉を鍛えるには持続し続ける強固な意志が必要であるし、それだけに筋肉を鍛え上げた男は同性からも一目置かれる。筋肉は一朝一夕では鍛えられないからだ。筋肉は使わなければ次第に痩せて萎縮していくし、年と共に当然筋力も衰えていく。筋肉は過度に使い過ぎてもいけないわけで、酷使...

  • 楽しく耳から学ぶ中国語講座はいかがですか!

    歌うだけで自然に学べる中国語講座近未来では中国文化圏がかならず台頭してきますから、中国語が世界中でひろく使われるようになるのではないでしょうか。若い世代は中国語を学んでおいて損はありません。中国語の基本は四音の違いをしっかりと聞き取ることにあります。まずは身近なところから試してみましょう。そこでテレサ・テンの日本語の歌詞と鄧麗君の中国語の歌声を両方並べてみました。二カ国語でそれぞれに歌いこなすテレ...

  • ひっそりとどこまでも静謐な感じ「星野リゾート界 湯布院」

    湯布院に登場したリゾート施設今月3日、所用で大分県由布市湯布院町に行くことになったのですが、ちょうど「星野リゾート界・湯布院」が開業するというので外から見学してみることにしました。宿泊するわけでもないのに見てみたいというのは、やはり物好きというべきでしょうか。なにしろ建物の設計は、著名な建築士隈研吾氏ということなので関心がありました。有名な「星野リゾート」が本格的に九州に展開してくると云うニュース...

  • 飼い猫も夏場は快適に過ごしたいのです!

    愛猫はシャワーが嫌いなんです!ペットの体を清潔に保つためにときたま風呂場で洗ってやるのですが、大抵の場合動物は水に濡れることを嫌がりひどく抵抗します。うちの飼い猫ボンも相当期間体を洗っていなかったので、夏場と云うこともあり今回シャワーで綺麗に洗ってやることにしました。猫は犬のようにあまり動物臭がしないのですが、ときたま入浴というか、シャワーで体を洗ってやります。家猫ボンにも事前に水を浴びると云うこ...

  • 中年離婚はいまに始まったことではない!

    歌人柳原白蓮と伊藤伝右衛門との確執柳原白蓮という歌人の名はそこそこ世間に知られていても、一方の伊藤伝右衛門という名を聞いても一体どこの誰のことだか分からないと思います。 伊藤伝右衛門。武士の名前といよりは何だか商人ぽい響きがあると思いませんか? 今回機会があって、九州の炭鉱王として知られていた伊藤伝右衛門の屋敷を訪れてみました。明治、大正、昭和にかけて福岡県の筑豊地域は、石炭供給日本一として栄えた歴...

  • 神国日本には病魔に対抗する最後の手段があるではないか!

    コロナ禍と不景気をドドンと追い払う!日本には太鼓の種類がいろいろあって、それこそ伝統的な各種催事などでも盛んに演奏されています。お祭りの太鼓や陣太鼓などはよく耳にしますし、古代より太鼓は日常的な祭祀や戦いの場でも幅広く使われていました。現代ではプロの太鼓演奏集団も多く世界でも活動しています。例年ですと町内でも7月末には夏祭りがあって、集会場で太鼓の稽古があるところなのですが、今年はどうなんでしょう...

  • 無性に木工がやりたくなるときがある!

    書棚は日曜大工で造る!いよいよ連日の猛暑日到来と云うことで、今回は汗をふきふき大型家具の木工製作に挑戦しました。図面はざっとしたメモ程度です。最初の予定では、高さは280センチ、幅187センチ、奥行き38センチほどの大きさです。いままでもっとも大きなサイズの木工ということになるのですが、入手した材料の木材の長さやサイズを考え、無駄が出ないように切り揃えてそれぞれ長さを調整していったら最終的にこのサイズにな...

  • アンチ・アメリカウェスタンと黒澤明映画の関係

    エンニオ・モリコーネの映画音楽多くの映画音楽を手掛けてきたイタリアの作曲家エンニオ・モリコーネが亡くなったのが一昨年の2020年7月6日であった。1960年代から1970年初頭あたりにかけてセルジオ・レオーネ監督らによって製作されたマカロニ・ウェスタンが当時世界的な人気を博した。マカロニ・ウェスタンは多分に黒澤明の映画の影響を受けていたこともあって、日本でも受けたし、これらは後にアンチ・アメリカウェスタンといわ...

  • 近未来の日本の食糧危機はもはや避けられない!

    珍味でございますー!その一九州は四方を海に囲まれているから海産物が豊富である。それだけに、九州だけで捕れる珍しい魚介類も少なくはないのだが、それが格別珍味であるとなるとなおさら関心がわいてこようというものである。たとえば、分類上その生物は、「顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ワラスボ属」ということであるのだが、地元であってもこのような長ったらしい学名なんぞで聞かれ...

  • 戦国時代の海外ビジネスモデルは人買いだった!

    「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」を紹介私事ですが、これまで書き溜めてきた原稿を整理していたのですがようやくアマゾンから書籍として出すことが出来ました。戦国時代に題材と取った特殊な分野のドキュメント作品なのですが、これまで10年近くブログなどで単発的に発表してきたものをまとめて、さらに近年新たに出てきた史料を加えて完成させたものです。つい最近までこうした日本人奴隷の話しをすると、日...

  • 少しも怖くないホラー映画が受けた理由

    テレビに始めて登場したホラー番組1991年に映画化された『アダムス・ファミリー』(The Addams Family)がヒットしたことで、1993年には続編が作られた。もともと『アダムス・ファミリー』は、チャールズ・アダムス原作の一コマ漫画から1960年代に制作された連続テレビドラマであって、随分昔に日本でも「アダムスのお化け一家」というタイトルで毎週日曜に放送されていた記憶がある。元を辿れば古い話しである。風変りなアダムス一...

  • 時代の流れに織り込まれたアニソンの名曲!

    意外と気にいっていた名作曲家作曲家の小林亜星さんが亡くなってたのは昨年の5月であったから、早いものであれから一年が経つ。小林亜星の作品というと好きな曲がいくつか記憶に残っている。昭和のテレビ草創期からつい最近まで活躍されていて、それも『北の宿から』といった歌謡曲を始め、例のわんさか娘のCM曲や『この木なんの木』なども手掛けられた。それこそ数多くの名曲で昭和という時代を賑やかに彩りつつ活躍したのだか...

  • 独立のチャンスは一度しかないという生き方!

    脱皮するセミを追跡する!昨日の夕方、コンクリート壁に羽化中のセミを見つけた。どうやらクマゼミの羽化中のようであったが、すでに殻から体全体が外に出た状態であった。しかも翅をもすでにきれいに伸ばしきっていたところをみると、羽化の最後の段階であることが分かる。通常セミは羽化のとき無防備な状態なので、スズメバチやアリなどに襲われないように薄暗くなる夕方に羽化する。セミの羽化にはそれなりに時間がかかるので、...

  • お裾分けのネットワークを足下から広げていきたい!

    おいしいブルーベリーのお裾分け!どうやら今年も例年通りブルーベリーがたくさん取れそうです。肥料も工夫しましたし、剪定したりして下草も度々取り除いてきました。これが今年最初のブルーベリーの収穫でした。枝にはたわわに実がなっていますが、実は小粒ですので枝がしなうことはありません。昨日はさらにたくさんブルーベリーが獲れました。ブルーベリーには、ブドウなどと同様にポリフェノールがいっぱい含まれています。さ...

  • ウクライナ戦争で思い出す戦災概況図

    連日、米軍の無差別爆撃と機銃掃射を受ける!忘れられた戦災記録と「都市戦災概況図」を見る いま住んでいる土地の百年前の様子はどうであったのかを調べてみたことがある。とはいっても町内には史跡や史料らしいものは見当たらないぼけで、手元にあるのは聞き書きと何枚かの古地図だけである。百年前であるから1920年(大正9年)当時であるが、当時の郷土史ということでわが町の歴史を古地図の変遷をもとに追跡してみた。これまで...

  • いままた注目されるホリスティックという観光ビジネス!

    湯布院盆地が九州の避暑地になった理由大分県の湯布院盆地は言わずと知れた有名な温泉観光地なのですが、古くから九州地方の避暑地としても知られていました。なぜこの地が避暑地なのでしょうか?これにはちゃんとした理由があります。湯布院盆地は海抜650メートル以上なので意外と夏場は気温が高くならないという特徴がありますし、その時期はいつも緩やかな気流の流れが心地よい風となって吹き渡ります。その爽快感は訪れた者...

  • インフレになったら多額の借金はどうなるの!?

    最高裁判所 の裁判長かて「そら払わなアカン!」ていいまっせ第二次マイナポイントの申請はされましたでしょうか?申請するだけで無償でポイントが給付されると云うことですから、これなどは天からの恵みか棚からぼた餅以上にありがたいことに違いありません。日本は本当に有り難い国というわけなのですが、で、今回はここからは話は変わって借金の話題になります。世の中インフレ傾向になってきたら、普通ですと金利が次第に上がっ...

  • ビジネス書と時代小説は同時に読むべし!

    お江戸の名店「五鉄」の軍鶏鍋が喰いたい!今回もようやく池波正太郎の「鬼平犯科帳」全24巻(文春文庫)を読破することが出来ました。これまでにも「鬼平犯科帳」は読んだことはありましたし、機会があれば「オール読物」に連載されている作品も何篇かその都度読んできていた記憶があります。今回はあらたまって全巻を片っ端から読み進めて見たというわけです。30年以上以前の若い時に読んだ鬼平シリーズと比較すれば随分と違った...

  • ペットも本能的に怖れる線状降水帯発生!

    夏場の線上降水帯の恐怖再び!今年は梅雨の季節が例年よりも短かったのですが、九州地方は相変わらぐずついた天気が続いていて毎週のように雨が降っています。今日も朝から激しく降っています。九州では大雨によるがけ崩れや冠水で通行止めの道路警報も各地で出てきています。なかでもこれから先の線状降水帯の発生がもっとも怖いのです。線状降水帯は積乱雲が帯状に長く繋がって発生し長時間停滞して大雨を降らせますから、一旦そ...

  • 関東と関西では何故ウナギのさばき方が違うのか!

    旨いウナギば食うてみんね、土用丑の日!石麻呂に吾れもの申す夏痩せに よしといふものぞむなぎとり召せ (大伴家持・「万葉集」)万葉集にも歌われた土用の丑の日をご存じだろうか?土用の丑の日といっても土用の日は毎年違うので、土用の丑の日も毎年その日にちが変わることになる。土用の丑の日には、慣例で日本中が老いも若きも皆うち揃ってウナギを食らうことになっている。「土用」そのものは立夏・立秋・立冬・立春直前の...

  • 人が眠っている間に世界は一瞬にして変えられる!

    小さな地球は一瞬で消せるらしい!CERNの大型粒子加速器が大幅改修され再始動! 陰謀論者「7月5日に私たちは並行世界に飛ばされた!」2022.07.14 THURSDAY https://nazology.net/archives/111961現在に繋がる人類種が地球上に現れてから約20万年が経過しているという。この間に人類の文明は高度に進歩すると、その度に科学力の暴走によって自ら災禍を招き二度三度と滅亡したという仮説がある。現代文明はそうした人類の3度目の...

  • 詐欺師たちは一体どこに目を付けるのか!

    ロマノフ王朝末期の不可解な謎!アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ(1901年6月18日 - 1918年7月17日)は、ロマノフ王朝最後のロシア皇帝ニコライ2世とアレクサンドラ皇后の第四皇女・ロシア大公女として知られる。1917年の二月革命で成立した臨時政府によって皇帝一家は全員が監禁されるとともに、翌1918年7月17日にエカテリンブルクのイパチェフ館においてヤコフ・ユロフスキーが指揮する銃殺隊によって屋外に連れ出され、...

  • 円高のきっかけを引き起こした銃撃テロ!

    日本には輝く近未来があるらしい!最近目にする情報というとは、ネット上でも暗い未来を示唆するものが少なくない。地球温暖化に始まって、次々と迫りくる異常気象や戦争の危機、巨大地震災害、ロシアのウクライナ侵攻に伴うさらなる世界経済の混迷といったことである。つい先日の7月8日には自民党の安倍晋三元首相が銃撃テロによって暗殺され、その事件は映像と共に驚きを持って世界中に報道された。治安が売り物の平和大国日本に...

  • 暴力的で孤独を愛するとはいかがなものか

    暴力過ぎて子供の目には触れさせたくない!身近な昆虫、カマキリのことをご存じですか?夏場から秋口に掛けて田舎ではよくカマキリを見かけます。昆虫といってもカマキリは貪欲な肉食系です。植物は一切食べないわけですから、葉っぱに似たカラダの色そのものはカモフラージュのためのものなのです。動くものを狙って何でも捕食してしまいますから、昆虫界の凄腕スナイパーと云うことになります。性格は攻撃的で凶暴と言えますし、...

  • UFO問題というのは実にスケールが大きい!

    謎のアガルタ伝説と南極UFO基地?!日本人には耳慣れないことであるが、西洋やアジア大陸の一部では古代より地底には別の王国があるといわれてきた。それがアガルタ伝説である。SF小説でもジュール・ヴェルヌが 1864年に「地底探検」を発表し、1959年には映画も作られた。アガルタとは、地球の中心に別世界あるという説であるだけではなく、それは人々があこがれる理想世界を意味しており、同時にアガルタは地底に存在すると...

  • スズメバチとの戦いはもはや避けられない!

    凶暴なスズメバチとの決戦に挑む!今回さらなるスズメバチとの熾烈な戦いが突然勃発しました。ここ何日か長雨が続くこともあって二階の窓を長く閉め切っていたのですが、先日久しぶりに夕方雨戸を開けた際に、家族が突然スズメバチに襲われてしまいました。なんとスズメバチが二階の軒下にいつの間にか大きな茶褐色の巣を作っていたのです。人を攻撃するスズメバチに遭遇するとはまたしても最悪の緊急事態です。よくみるとまたして...

  • 身近な危険・スズメバチとの戦い・その1

    スズメバチは何故に怖いのか!熊本県の山間部に住んでいる知人宅の庭先で話し込んでいたときのことであるが、どうしたことかそば近くまでミツバチが頻繁に飛んでくるのに気が付いた。 この自然一杯の知人宅では自宅近くにニホンミツバチを飼っていた。 その巣箱が林の間に置いてあったから身近にミツバチが飛んできても別段おかしくはないのであるが、それにしてもこれは何か様子が変だなあと思っているとそのうちの1匹がいきなり...

  • クーラー取り付け予定は何と2ヶ月先なんです!

    愛犬も喜ぶ懐かしの昭和ポップス昭和の懐かしい名曲を巧みに演奏されているomb3210さんの動画を見つけました。 リズム感のあるギター演奏がいつもながら冴えています。カラオケに合わせて見事にエレキを演奏されています。 どの曲を聴いても懐かしさが一気に湧き上がります。傍で聞いているomb3210さんの愛犬も聞き耳を立てているようです。小指の想い出 アルフ ARR BY OMB  エレキインスト想い出の渚 ワイルド・ワンズ京...

  • 10分で完了する「マイナポイント第2弾」の申請手続き!

    そう簡単ではないマイナポイント申請手続き6月30日から「マイナポイント第2弾」でポイントを獲得するための、申し込み手続がネット上で開設されました。皆さん、申し込みをされましたでしょうか?今回いよいよマイナンバーカードと健康保険証や個々の金融機関との紐付けが成されるわけですが、これによって個人情報の一元化が一歩進むことになりそうです。https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/?ui_medium=external&ui_sour...

  • 日本はまず電力不足を解消すべきである!

    いつ太陽は燃え尽きるのか?われわれが目にする太陽は燃えさかる高熱の天体であると信じられてきた。いまでも科学者や多くの人類はそう考えているはずである。太陽の表面温度は摂氏6000度であり、その中心部は10万度を超えると科学雑誌には書かれていた記憶がある。それこそあらゆる物が燃え尽きる灼熱地獄さながらの様相を誰しもがこれまで頭に思い描いてきたはずなのである。そうした巨大な核融合反応そのものが、太陽内部...

  • ロシアは世界的な食料難を狙っている!

    いずれ貧乏人はイモを食えと言われ出すに違いない!九州北部は梅雨明けしましたが、どうやらその合間にジャガイモを無事に収穫できました。先週までは雨天続きでしたので、なかなか収穫のタイミングが合いませんでした。ジャガイモの葉も枯れて黄色くなっていましたから時期的にはいいように思いました。雨天だと収穫してもジャガイモが傷みやすくなりますので、天気予報を確認して一気に収穫することにしました。手入れはほとんど...

  • 円札の目減りはやはり避けられないのか!

    低金利と円安で日本バーゲンセールが始まる!一昔前に『夜霧のしのび逢い』というギリシア映画があった。映画とは云え、しのび逢いとはまた古風な邦題を付けたものである。1965年の日本での公開にあたり、当時ヒットしていたクロード・チアリのギター演奏曲「La playa」が主題曲に差し替えられ、「夜霧のしのび逢い」として日本国内でひろく流行したのを覚えている。当時は映画主題歌というイメージは薄かったわけで、度々ラジオか...

  • 人に評価されるにはただ努力あるのみなのか?

    梅雨明け間近の名人芸・ギター演歌を聴く先日すばらしいギター演奏動画を見つけました。 youtubeのタナカさんのギター演奏なのですが、演奏テクニックはもちろんアレンジが見事なんです。 これだけの技量を持っておられるギターリストのは滅多に遭遇しないのではと思いました。どの演奏もギターの高い習熟度がそこここに窺えて、卓越した演奏のセンスを持っておられるようです。ギター特有のやさしい響きがいいし、その曲中の和音...

  • こういう発想が何だか好きなんだな!

    月面で発見された謎のミイラはかぐや姫だった!?三島由紀夫の小説に、「美しい星」というSF小説がある。SF小説といっても、たしかに作家三島由紀夫は決してそのスタイルからしてSF小説家として評価されていたわけではなかった。それでもSF小説まがいの作品も手掛けていたことだけは確かである。三島由紀夫は、生前「SF小説」は大人の童話だと云っていたし、意外なことにUFO研究会にも参加していた。日本の古典文学に...

  • 夏の風物詩ホタルの生息する山里めぐり

    ホタルが闇夜の渓流に乱舞するいよいよ今年もホタルが舞う季節となりました。酸模の咲く頃 北原白秋 作詞 山田耕筰 作曲土手のすかんぽ ジャワ更紗 昼は 蛍がねんねする僕ら小学尋常科 今朝も通ってまた戻る。すかんぽ すかんぽ 川のふち夏が来た 来た ドレミファソすかんぽの咲くころ    ホタルは自然環境の変化で突然姿を消してしまうことがあります。40年以前には住宅地...

  • いまから求められる核シェルター関連ビジネスという発想!

    いま学校に核シェルターが必要なのでは?当ブログではここ数年間、余裕のある富裕層や学校に核シェルターの設置を度々呼びかけている。多くの日本人は笑うであろうが、今の時代だからこそ日本という国には強固な核シェルターが必要なのだと確信している。それでも今回のウクライナ戦争をきっかけにして核シェルター関連業界へは問い合わせが殺到していると云うことであるが、平和大国日本らしい悠長さではあろうか。平和大国であれ...

  • 円安傾向はまだまだ止まらない!

    このまま円安は止まらない!何の変テツもないアニメ動画。 出てくるカニの姿を日本人に置き換えるとどことなく共感できる。 見方を変えると島国日本に暮らす、平和そのものの日本人に見えてくる。 そこで頭上から突然降ってくるヤシの実とは一体何のことだろうか? いまだに終息を見ないコロナ禍のことなのか。いやいや、海外から調達したコロナのワクチンの接種も4回目へと進めてくれば、それもどうにかおさまるはずである。何事...

  • 近い将来鉄道輸送が復活してくる!

     長旅ならさらばシベリア鉄道があるシベリア鉄道は、ロシア国内南部を東西に横断する鉄道で、その全長は9,297kmあって世界一長い鉄道ということになる。実際にはロシア連邦中南部に位置するチェリャビンスク州のチェリャビンスクからシベリア南東部の沿海州にある日本海岸のウラジオストクまでの7,416kmの区間がシベリア鉄道であるのだが、その他の路線も含めたモスクワ - ウラジオストク間9,297kmがそのように呼ばれている。...

  • 名刺は思い通りにデザインして印刷してみたい!

    名刺とラベル作成は印刷で決まる自前での名刺やラベル作成に挑戦するとなると、作業によってはいろいろな問題点が出てくる場合がある。名刺・ラベルを作成するにはまずそれらのデザインや編集に至る一連の作業が必要になる。名刺やラベル専用の用紙はいくつも市販されていて、それらには手軽に編集や印刷まで一通りこなしてくれるフリーソフトも用意されている。フリーソフトである場合は市販のものと比較したとき、いささか使用勝...

  • 詐欺師こそ最先端リモートワークのパイオニアだった!

    いきなり法務局管理センターからの通知!詐欺師という言葉がありますが、師が付けられているということは特殊な専門技術や高度な知識を要する職業と云うことになりそうです。職業に貴賎はないとかいう方便がありますが、詐欺師にはそれだけ特殊なニュアンスが付加されているのだといえます。やはり巧妙な詐欺になりますと、騙されても騙されていることにさえも気付かせないようです。いつの間にか当たり前のように金品を搾取されて...

  • 梅雨入り・水難事故はどこまで防げるのか?!

    落ちたら助からないように造られている!梅雨時から夏場になると河川の水位が上がってきます。水辺の事故も増えてきます。着衣のまま落水すると水を吸った衣服が体に纏わり付き、思うように泳げずパニック状態に陥りやすいのです。慌てずに水面に浮いて呼吸を保ち、救援を待つのがベストです。さらにため池(貯水池)にはまると自力では這い上がることが出来ません。意外なことですが、そこには蟻地獄のような恐ろしい仕掛けがされ...

  • 年末にかけて円安は150円まで進む!

    日本は国策第一の国十数年ぶりにデジカメを新しいのに買い換えようと思いカメラ屋に行きましたが希望するカメラは在庫がなく、納品まで2ヶ月待ちと云うことでした。家のクーラーも古くなってガタガタいい出したので、これも買い換え時と思い注文することにしましたが、これも在庫切れで取り付けまで3ヶ月待ちということでした。どうやらここにきて肝心な産業のコメとやらが不足しているらしく、多くの家電製品や車両、機械器具がま...

  • 戦国時代にみる土地の強制代執行とは!

    戦国最強の地上げ屋佐々成政とは天正十六年(1588)閏五月十四日、関白秀吉は尼崎の法園寺に拘禁され足止め状態に置かれていた元肥後隈本城主の佐々成政に対して、肥後国の統治に失敗した責任を償わせるべく切腹を命じた。このときの検視役は加藤清正であった。武士としての名誉ある刑罰としての切腹ではあったが、このとき成政の心の内には忸怩たる思いがあったのか、あるいは憤怒の感情に包まれていたのかは分からないところ...

  • 災難であってもビジネスに生かしてやろう!

    勝てる賭けに負けるとき不運とはこういうことだ。昨日、庭仕事をしようと長靴に足を入れたところいきなり足背部に痛みを感じた。しまったと思い慌てて足を長靴から引き抜こうとしたのだが、こういうときに限って直ぐには抜けないのだ。私には痛みの原因となるものには始めから目星が付いていたし、直感的に分かっていた。長靴を逆さまにして振ると、ムカデが転がり出てきた。私はこのときたしかにムカデに足を刺されていたのである...

  • 戦国時代という異文化をちょいと覗いてみませんか!

    激闘「柳河城黒門」の戦い立花統虎(宗茂)という武将は無骨千万な戦国の世にあって、多くの百姓領民に愛され、家臣に愛された希な猛将でもあった。さらにあまたの戦国武将にその武勇を愛され、はたまた天下人秀吉に「鎮西一の忠勇、天下無双の勇士なり」と絶賛されただけではなく、関ヶ原の西軍武将であったにもかかわらず徳川家将軍からも絶大な信頼を寄せられて、ついには一度失った旧領筑後柳河に藩主として復帰したことでも知...

  • 日本の食糧自給率はおそらく捏造されている!

    食糧なんざ海外からいくらでも買えるよね!世界の人口は2019年の77億人から2030年の85億人(10%増)へ、さらに2050年には97億人(同26%)、2100年には109億人(42%)へと、このまま今後増え続けることが予測されている。「世界食糧危機」いつから始まる? 気になる日本の穀物・コメ備蓄量、昭和30年代後半の食生活に逆戻りも…5/27 https://news.yahoo.co.jp/articles/7fc8b114e6d67d20a5fd59e33ddd67aea97d04d3いつものことである...

  • 地震予知程度なら素人の私にも出来ます!

    次は南海トラフか鬼界カルデラか?坂上忍、京大名誉教授が語る南海トラフ大地震の予想に驚き「ホントなんですか?」対策訴求も 2022/05/26https://times.abema.tv/articles/-/10024508?utm_campaign=others_times&utm_medium=web&utm_source=abematimes自然災害というものは、常にわれわれに不意打ちを食らわせてくる。忘れた頃、そして他の煩雑な事象にとらわれているときに災禍が襲うのである。コロナウィルスの騒ぎの...

  • 道端に何と罰金300万円の案件が転がっているらしい?!

    問題のオオキンケイギクをご存じですか?散歩中に目に入ってくるのは花壇の花や生け垣である。5月にもなると気温が上がってきて、早朝か夕方が良くなってくる。散歩道は公道であるのだが、意外と草むらが多い。レンガ敷きのところもあるのだが、夏草や雑草が生い茂っているところも少なくない。よく観ると外来種の野草もよく目にする。たとえば以前は園芸植物として花の苗がて売られていたものが、いきなり禁止植物になっているこ...

  • さて半世紀前と世界はどこまで変わったのか?

    いま何故映画『ひまわり』なのか?洋画の名作『ひまわり』(原題: I Girasoli )は、マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンが主演したイタリア・フランス・ソ連の合作映画で監督ヴィットリオ・デ・シーカ作品として1970年に公開された。半世紀前の映画作品であるが、内容はまったく古くさくない。というのも現在も継続しているロシアとウクライナ戦争を彷彿とさせるからである。この作品は、互いに愛し合いながらも戦争...

  • 愛犬家のためのリスク管理を考える!

    ます幼犬のときから習慣づける半世紀前というと、田舎では飼い犬は大抵屋外で飼われていて、繋ぎっぱなしか放し飼いという状態だったように思います。つまり普段飼い犬と野良犬との簡単な見分け方としては、首輪をしているかどうかで単純に区別するという感じでした。そこらに飼い犬も居れば、野良犬も目にしていたわけです。犬に対しては、いまのようなペットというような特別な意識はありませんでした。まずペットという言葉も日...

  • 不妊治療と費用対効果を考えてみました?!

    不妊治療の経済的コストを下げる方法不妊治療に関する取組 不妊治療の保険適用 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/funin-01.html30年ほど以前のことであるが、当時東洋医学を通じて交流していた獣医師に保坂先生という方がおられた。保坂先生は珍しいことに、当時獣医の治療分野で積極的に東洋医学を取り入れて商業動物であるいわゆる家畜の牛の治療を専門として活動してお...

  • 斬新さに人は惹き付けられる!

    怪盗ルパン三世との出会い「ルパン三世」の原作漫画は1967年『漫画アクション』8月10日号(創刊号)から連載が始まったとされる。 半世紀以前の話であるから驚きではある。「ルパン三世」のマンガを始めて目にしたのは、春休みに父親の病院通いに付いていったときのことであった。 その病院の待合室に普段目にすることもなかった大人の漫画雑誌『漫画アクション』が置いてあった。待っている間に手持ち無沙汰でその漫画雑誌を...

  • 意外な植物世界の深淵を垣間見る!

    樹木と楽しく会話してみませんか!「キノコは仲間と会話していた」衝撃論文を日本の菌類博士が読み解く2022/5/18https://news.yahoo.co.jp/articles/ebccb7c286764173c3a77be4c269d44fce0ab54e樹木やサボテンのような植物にも意識があって、人間が想像も付かないようなレベルで自分を表現する手段をもっているらしいという情報は、何十年も以前から書物から得ていた。そうした情報を最初に目にしたのは、日本国内よりはフランスな...

  • スタンリー・キューブリック監督の西部劇がありましたよね!

    逞しい野良猫らに再会する!観光地での散策中によく猫を見かける。人が集まるところだけに猫は多いわけだが、それが飼い猫なのか野良猫なのかはよく分からないときがある。猫が勝手に出入りしているお宿や店舗も少なくないからである。それこそペット同伴で泊まれるお宿だか、猫が居る旅館も意外と人気なのだ。そうした猫は観光地ということもあって大抵人馴れしているようで、近づいていくとちゃんと「にゃー」と鳴いて挨拶してく...

  • 雨天でも格別楽しくなる発想法があります!

    ずっと浴室の改修を考えています!ここ何日か低気圧が停滞して雨天が続いています。梅雨時とは違って、個人的にはこの時期の雨はそれほど嫌いではありません。それには理由があります。激しく降るというよりはじっとりと濡れそぼる雨は生き物にとってはありがたい潤いがもたらされるようにも思えてくるのですが、実はこの季節になると必ず思い出される特別な詩の記憶があるからなのです。それは西脇順三郎の有名な詩です。これは多...

  • ここ数年間は軍事関連企業の株価に注目せよ!

    いまだ終わりそうにないウクライナ戦争という悲劇2022年2月24日に開始されたロシアのウクライナ侵攻に対して、それまでは日本国内の専門家は侵攻はないとして大方楽観的な見方をしていた。それこそ平和大国から眺めていたら、ロシアが大きな経済的リスクを冒してまで軍事侵攻はしないというそうした穏健な甘い見解に執着してしまうのであろうが、現実には悲惨な戦争が現実のものとなった。当方は昨年末の12月時点に、2022年早々に...

  • 核シェルターに花壇は似合わないだろう

    花の名前を覚えました今時の季節はお散歩には最適ではないでしょうか。それほど気温も高くなく、少々歩き回っても汗ばむこともありません。目に飛び込んでくるのは季節の花々であって、そこここの小さめの庭や玄関の一画には素敵な花壇にもときおり遭遇します。近隣にもお花好きな人は結構おられるれるようで、ふと足を止めて見入ってしまうこともありますし、植物を植えるのが難しそうな小さなスペースでも工夫を凝らしてステキな...

  • コロナ禍はもはや自然消滅を待つのみなのか!

    海岸風景に癒やされる連休の行楽期にあっても出来るだけ街中を避けて、自然と野山に出掛けてしまいました。毎年この時期は必ず海を見に出かけるようにしています。昼間でもほとんど人影がありませんから、家からも近いこの場所は最適の癒やし空間とも云えます。まず、きれいな砂浜というと福岡県北部の糸島の海岸がすぐに思い出されます。糸島地方には砂浜だけの海岸もありますが、少し離れてそこに巨石然とした黒い玄武岩がいくつ...

  • まず手始めに腹のたるみを解消すべきごろう!

    理想のぺたんこお腹はいかがですか?つい最近までコロナ対策で室内に籠もってこられた方もおられたと思います。これが続くとなると当然運動不足に陥ってしまいます。そしてお腹のたるみも気になってきてしまいます。普段でもジムに通って筋トレなどで頑張っていたとしても、なかなかお腹は引き締まっては来ません。腕や足の筋肉はわりと鍛えやすいのですが、実際には体幹を支える腰回り、お腹回り、下半身からお尻の周りの筋肉はマ...

  • 日本人は何故に癒やしの空間を必要とするのか!

    昭和ポップスをエレキで奏でる昭和の懐かしい名曲を巧みに演奏されているomb3210さんの動画を見つけました。 リズム感のあるギター演奏がいつもながら冴えています。カラオケに合わせて見事にエレキを演奏されています。どの曲を聴いても懐かしさが一気に湧き上がります。 長い髪の少女 ゴールデンカップス Girl with long hair NORDIC GUITAR木綿のハンカチーフ COTTON HANDKERCHIEF NORDIC GUITARCof...

  • これからは国内旅行が一段と活発化する!

    南国の楽園ハワイが遠くなる!観光業が主産業のハワイでも新型コロナの影響が直撃しました。現在は、到着後10日間の自主隔離措置やマスク着用が解除されており、感染拡大防止策が続けられていてたハワイ全体ではようやく日本からの観光客も増え始めてきています。日本人にとってハワイは常夏の常に憧れの楽園でしたが、今回の新型コロナの世界的な蔓延ではその経済的基板である観光産業全体が大きな打撃を受けました。もちろん日本...

  • 少しばかり田舎暮らしの真似をしてみる!

    今年はやっと見付けました!今年も親戚が住んでいる里山まで行って、タケノコを探してみました。4月下旬頃から5月の連休辺りまでタケノコが出てくるそうなのですが、今年は気温が不安定で例年よりタケノコは不作のようでした。タケノコは竹藪に行けば見付けることは簡単ですが、慣れないと直ぐには見つかりません。竹藪から離れた杉の大木の間にタケノコの小さな頭がひょっこり出て来る場合もあります。タケノコを捜すときの目安と...

  • マスコミには取り上げられない海外情報とは何か?

    脳腫瘍の発生に繋がる原因とは何なのか?!https://news.yahoo.co.jp/articles/3457d69833a448521cf6fb8471a66249cd586c4e同じ高校の卒業生約100人が同じタイプの脳腫瘍を発症…ニュージャージー州の地元当局が調査を開始2022/4/27 https://www.businessinsider.jp/post-250102カナダ東部で原因不明の脳疾患が広がる…記憶喪失、視覚障害、けいれんなどの症状Andrea Michelson Feb. 04, 2022, 07:30 AM NEWS謎の脳損傷、米外交...

  • 最先端を行く量子脳理論と意外な温故知新

    東洋医学が再評価されるときが来たのか?!【衝撃】「人間はコンピュータである」米有名大学が実証へ! 意識や感情も“量子”で解明、人間観が劇変か!人間の脳が量子コンピュータである可能性が浮上。その解明に向け、米カリフォルニア大学の理論物理学者、マシュー・フィッシャー教授らがテストを行う予定だと、科学ニュース「Science Alert」(29日付)が報じている。(2018/03/31)http://tocana.jp/2018/03/post_16458_entry.ht...

  • 日本人に必要なのは明るい生活空間そのものである!

    質素な佇まいをみせる武家屋敷島原の武家屋敷を久しぶりに訪れました。島原市内の一角には江戸期の武家屋敷が、当時のままに保存されています。武家屋敷周辺は昼間でも閑静で、当時のままの佇まいを残しています。中央の通りに面して両側に石垣に囲まれたこぢんまりとした武家屋敷がいくつも並んでいます。屋敷前の通りの中央には、涼しげな水の流れのある石造りの水路が設けられています。昔からこの水路の流れは手入れが施され、...

  • メダカ養殖ビジネスの基本は種類別に分けること!

    今年も増えたメダカ新一年生以前メダカを知人から7匹ほど譲っていただいたのですが、春になったら何匹か増えていました。いつの間にかタマゴが生まれていたみたいです。新一年生は1センチほどです。メダカの大人といっても大きさは2センチあるかないかほどの小さな淡水魚なのですが、これがまた見ていると非常に可愛いのです。ぴっぴっと素早く泳ぐのですが、ずっと見ていても見飽きません。鉢の中に水草を入れてやっているので...

  • そろそろマスコミも本当のことを書いてみませんか?

    極東送りのウクライナ住民はどうなるロシアに強制連行されたウクライナ住民を待つ「極東で強制労働」の過酷な未来2022/4/15https://news.yahoo.co.jp/articles/72e7ac798bd05e9033788b9ea38bd6665a230146今回のウクライナ戦争では、多くのウクライナの住民が身分証を取り上げられ強制的にシベリヤやサハリンと云った極東地域に移送されていると云うことである。悲惨なことであるが、戦時下では当たり前のことである。西欧では伝統...

  • 必死に国土を守るイスラエルの新たな防空システム

    世界最強の防空システムとは何か?イスラエルはエルサレムを首都と宣言し首相官邸や国会など首都機能もおかれているが、市内には核シェルターや防空壕がいたるところに整備されている。警報アラートで生き残れると思っている日本人には意外だろうが、21世紀になっても世界には日常的にミサイルやロケット弾が飛来する都市がある。市民はまさにミサイル攻撃に曝され続けている。中東のイスラエルではハマス(パレスチナ自治区ガザを...

  • リスク管理とは三尺先をみること!

    「給付金受け取りましたか お父さん」新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されつつ、その傾向はいまだに続いている。当初は感染力がそれほど強くはないとか、高齢者が罹患しやすく若い人は重症化しないなどといったことが云われていた。 最近は10代の年齢層にまで影響が拡大してきている。しかもこれほど広範囲に拡散し世界規模にパンデミック化したことは、危機管理としてはWHOにしても政府機関にしても発生当初時点での判断...

  • 晴天の日に嵐のことを考える者はいない!

    いよいよ大輪の花の季節到来いまの時期になると普段から見慣れた風景なのですが、当地ではそこら中に赤、白、ピンクのツツジの花が咲き乱れています。個人の庭先はもとより、道路脇や公園、さらには山裾までツツジの花が埋め尽くすようにして咲いています。そうした中で、さらに一段と綺麗な芍薬の花が花壇には咲いています。芍薬は、ボタン科ボタン属の植物で、冬になると地上部が枯れてしまう多年草です。日本ではヤマシャクヤク...

  • 治に居て乱世を忘れず、とにかく外に出よ!?

    近くの花公園に出掛けました久しぶりに近くの自然公園に出掛けましたが、園内は春真っ盛りでした。敷地内には沢山のお花が咲き乱れておりました。そこの日本庭園の周りを一周してみました。池では大きな鯉が群れて泳いでいました。園内の一角にはルピナスが群生して花が咲き誇っていました。これだけ沢山咲いていると、ついつい立ち止まって眺めてしまいます。周囲にはそこここに花の香りが漂っているようにも感じられます。ちょう...

  • 一瞬にして獲物を掠め取られることを考えろ!

    狙い定めて急降下攻撃!ロシア黒海旗艦が沈没 ウクライナはミサイル攻撃主張2022/4/15 https://news.yahoo.co.jp/articles/b846402d6848ed8e19ef046bf50c118f4213cb5e黒海(Black Sea)に展開していたロシアの艦隊旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ(Moskva)」が爆発し沈没したという。ウクライナ南部オデーサ(Odessa)の軍報道官は、敵艦を2発のミサイルで攻撃したと主張している。ウクライナ国産巡航ミサイルであるネプチュ...

  • 今の時代にこそ日本の風情を堪能する!

    そこらじゅう桜と菜の花は満開なんです東京を始め、日本各地に新型コロナ感染がいまだ拡散した状況であって、賑やかな花見や各種行事は自粛中止となり、今年もまた寂しい春となってしまった。それでも外に出れば野山の自然は何も変わらず、桜も菜の花も春の到来を見せてくれている。市街地の花見は出来にくいだろうが、広々とした自然の中に行けば今までと変わらず、見事な春景色を眺めることは出来る。人出は当然少ないのであるが...

  • ビジネスにも使えるしたたかな真逆の発想法とは

    日本は何故平和憲法をウクライナに伝授しなかったのか?憲法でいう戦争放棄とは、即自衛権の放棄には繋がらないらしい。実際に自衛隊があるわけだから、現状ではそう解釈せざるを得ないだろう。戦争放棄とは、「戦争をしない」という国家的意思表示とともに「こちらから戦争を仕掛けない」という2つの意味が含まれるはずである。ここが重要である。われわれは他国の憲法の条文にはまったく関心がないのだが、本来日本国憲法は国家...

ブログリーダー」を活用して、momoandbonさんをフォローしませんか?

ハンドル名
momoandbonさん
ブログタイトル
ナチュラリストの散歩道・電磁波被曝対策コンサル
フォロー
ナチュラリストの散歩道・電磁波被曝対策コンサル

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用