searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
やまなみ https://blog.goo.ne.jp/yamanaminokai

長野県自死遺族自助グループ「やまなみ」は年に6回分かち合いをしています。場所は、松本市と長野市です。

やまなみの会
フォロー
住所
長野市
出身
松本市
ブログ村参加

2012/04/30

1件〜100件

  • 通信63号

    通信63号です来月5月21日(土)午後1時半の分かち合いはいつものふれあいセンター5階ではなく、長野市中部公民館第5分室長野市南長野北石堂町1180-12長野駅西口下車徒歩約8分になりますので間違いないようにお願いします通信63号

  • やまなみ通信62号

    やまなみ通信62号世話人の中山さんが、次男智昭くんを見送って十三年目の思いを綴りました。珍しい雪灯籠の写真もやまなみ通信62号

  • 2022年2月19日礼拝

    2022年2月19日礼拝2022年2月19日礼拝

  • 岡先生を囲む会

    岡知史先生を囲む会3月5日(土)午後1時からJA会館12階E室50名ほど入る部屋岡先生は、上智大学社会学の教授で、自助グループを専門にしておられます今回は、自死遺族のグループをターゲットにした本をお書きになっており、遺族から直に話を聞いて執筆したいと、研究費で長野に出張してくださいます。参加は無料です。問い合わせは090-8519-8122(前島常郎)岡先生を囲む会

  • 岡先生を囲む会

    岡知史先生を囲む会3月5日(土)午後1時から長野市北石堂町1177-3JA会館12階E室50名ほど入る部屋岡先生は、上智大学社会学の教授で、自助グループを専門にしておられます自死遺族のグループをターゲットにした本をお書きになっており、遺族から直に話を聞いて執筆したいと、今回は、研究費で長野に出張してくださいます。参加は無料です。問い合わせは090-8519-8122(前島常郎)070-3324-0224(前島晴美)岡先生を囲む会

  • 分かち合い1月15日(土)予定通り

    「やまなみ自死遺族の分かち合い」は、予定通り、1月15日(土)午後1時半よりふれあい福祉センター4階にて行います。マスクは必須です。茶菓は出しませんので、必要な飲み物はご準備ください。分かち合い1月15日(土)予定通り

  • やまなみ通信61号

    やまなみ通信61号

  • やまなみ通信60号 ー 還暦を迎える

    還暦(60号)と言っても、特別なことは何もなしやまなみ通信60号ー還暦を迎える

  • 敬老の日の分かち合い

    やまなみの分かち合いは奇数月第三土曜日の午後1時半と決めている。しかし、今回は会場の都合で月曜の祝日となった。間違えて土曜日に来る人がいないかと心配したが杞憂に終わったようだ。お年寄りも、将来お年寄りになる予定の人も合わせて15名が集まった会場でしか話せないことなので、詳しくはネットにも書きません(そういう決まりです)次回は、11月20日(土)松本市中央公民館午後1時半4階です。待っています。敬老の日の分かち合い

  • 「旭川いじめ事件をどう受け止めるか?」 精神科医 野田正彰

    <注意>いじめの詳細な描写が読むに辛いかもしれません。被害者家族は読まない方が良いでしょう。筆者は、全国自死遺族会の活動に理解がある精神科医、社会学者です。ご本人の承諾のもとに掲載します。「旭川少女いじめ凍死事件」をどのように受け止めたらよいのか精神科医野田正彰今年3月23日、北海道旭川の公園に積もった雪が少し溶け、凍った少女の遺体が出てきた。廣瀬爽彩さん(当時14歳)は2月13日夕刻6時過ぎに自宅を飛び出し、行方不明となっていた。この事件は、8月18日、亡くなった少女の母親が実名で手記を公表し、学校と教育委員会が「いじめ」をもみ消そうとしていると訴え、北海道新聞のみならず全国紙に報道されることになった。それ以前より、「旭川14歳少女イジメ凍死事件」として精力的に取材していた「文春オンライン」(初出は21年4月...「旭川いじめ事件をどう受け止めるか?」精神科医野田正彰

  • 岡知史先生の講演

    2021年9月10日第14回全国自死遺族フォーラム(仙台市)基調講演おかともふみ岡知史悲しみについての3つの考え方:自死遺族の自助グループの場合1悲しみは愛しさ2悲しみとともに生きる3悲しみは私たちのもの講演のPDFダウンロードは、こちらから岡知史先生の講演

  • 9月の分かち合いは 20日(月)午後1時半です

    やまなみ長野県自死遺族自自助グループ分かち合い今月は、18日第三土曜日ではありません9月20日(月曜日)午後1時半長野市ふれあい福祉センター4階3号室長野市鶴賀緑町1714-5(市役所の東隣)会費100円午後4時半に終わります会員制ではありません。一回のみお試しも歓迎します9月の分かち合いは20日(月)午後1時半です

  • やまなみ通信59号

    やまなみ通信59号

  • 7月の分かち合いを終えました

    新型コロナ感染による緊急事態が始まり2回目の夏を迎えています。松本では、やまなみの開催を一度も休まずに続けています。と言っても、松本市では年に3回だけ。前回は3月、今回が二度目、次は11月になります。中信、南信在住者が多いものの、他県からの参加者もおられ、13名でした。ここだから話せる当事者のみの集いは大切です。やまなみの次回分かち合いは、9月20日(月)午後1時半から長野市のふれあい福祉センター4階です。9月は、お茶菓子も出せるようになるといいのですが。7月の分かち合いを終えました

  • 7月17日(土)午後1時半

    やまなみ(自死遺族の分かち合い)は7月17日(土)午後1時半〜4時半松本市中央公民館3階1号室3階Aにて開きます。(松本駅前から徒歩5分近くに有料駐車場有)公民館に隣接の駐車場は、割高です。会費100円入会費ではなく、参加費です。1時ごろにはおいで頂いても結構です。県外の方でも参加できます。飲食提供は禁止のため飲み物をご持参ください。人数により二手に分かれて分かち合います。どんなことでも、誰にも批判されずに話せます。アドバイスはされません。大事なのは、あなたが言いたいことを言い切ることです。参加条件は、家族を自死で失ったことのみ。初めての方は、090-8487-0124(中山恵実子)または070-3224-0224(前島晴美)までご連絡を7月17日(土)午後1時半

  • やまなみ通信58号です

    やまなみ通信58号です

  • 若者たちに死を選ばせない

    若者たちに死を選ばせない

  • 5月の分かち合い

    今回はレギュラーでご都合のつかない人が多かった。しかし新顔も数名あり、やまなみならではの分かち合い会をした。この時期なので飲食は無し。手拭きとテーブルの清拭をする。東信での開催を望む声も上がった。必要があるのだからなんとか実現したい。次回は、7月18日(土)午後1時半松本市中央公民館(エムウィング)の3階で。5月の分かち合い

  • NHKスペシャル6月6日

    2021年6月6日のNHKスペシャル午後9時にて「若者の自死」を特集します。10代から30代を取りあげるのだそうです。長野支局でも7月ににたテーマでつくるそうです。日程がわかりましたらお知らせします。NHKスペシャル6月6日

  • 5月15日の分かち合い

    5月15日の分かち合いは、いつもの長野市ふれあい福祉センターです長野市鶴賀緑町1714−5市役所の東側初めての方で道に迷ったら090-8519-8122(前島)までお電話ください。5月15日の分かち合い

  • やまなみ通信57号発行しました

    やまなみ通信57号発行しました

  • 5月15日の分かち合い

    やまなみ5月15日(土)の分かち合い午後1時半ー4時半長野市鶴賀緑町1714−5(有料駐車場)長野市ふれあい福祉センター4階3号室会費100円(お飲み物は持参ください)エレベーターを降り右に回り奥の左側おいでをお待ちしています(自死遺族のみ)5月15日の分かち合い

  • 5月15日の分かち合い

    やまなみ5月15日(土)の分かち合い午後1時半ー4時半長野市鶴賀緑町1714−5(有料駐車場)長野市ふれあい福祉センター4階3号室会費100円(お飲み物は持参してください)エレベーターを降りて右に回り、奥の左側おいでをお待ちしています(自死遺族のみ)5月15日の分かち合い

  • 松本エムウィングでの分かち合い

    3月20日春分の日午後1時半から4時半松本中央公民館3階1号室及び隣の視聴覚室12時から世話人会5名が出席1時半から分かち合い14名の出席(うち新しい方1名)男性が5名も出られたのは珍しいこと。ここでしか話せないこと、聞けないことを語り合う。互いの秘密は守る。次回は、5月15日(土)午後1時半から長野市ふれあい福祉センター4階3号室にて松本エムウィングでの分かち合い

  • 通信56号を発行しました

    3月20日(春分の日)午後1時半から松本市中央公民館4階で自死遺族が集まります。通信56号を発行しました

  • やまなみ通信56号

    やまなみ通信56号

  • 1月の分かち合い

    今年の初分かち合いは長野市でした。全国ではありませんが、緊急事態宣言が再度出る中で、どのくらい集まるか分かりませんでしたが、十名の自死遺族が集い、二グループに別れて、ここでしか語れないことを語りました。お茶菓子は取りやめ。4時に切り上げました。3月は20日(土)午後1時半に、松本市エムウィングで予定しています。ズームでの開催も考えてはいますが、操作に慣れない人が多いので、実現は難しそうです。対面が何よりです。1月の分かち合い

  • 1月16日(土)の分かち合い

    長野市で自死遺族の分かち合い1月16日(土)午後1時半より4時過ぎ長野市ふれあい福祉センター市役所の東側(有料駐車場有)4階3号室お待ちしていますお問い合わせは026-225-5421(前島)1月16日(土)の分かち合い

  • 通信55号です

    大変な2020年も暮れようとしています。来年はどのようになっていくのか、誰にも読めません。やまなみも出来ることを模索しています。今年の最後の紙面には、世話人の知人ですがハンドルネームで投稿していただきました。Y・Sさんは引き続き川柳を投稿してくださいました。通信55号です

  • やまなみ通信55号

    大変な2020年も暮れようとしています。来年はどのようになっていくのか、誰にも読めません。やまなみも、出来ることを模索していきます。今年の最後の原稿は、世話人の知人ですがハンドルネームで投稿していただきました。やまなみ通信55号

  • 無言のサイレン(信濃毎日新聞より)

    信濃毎日新聞が、7回に渡って子どもの自死を取り上げる。中学三年の男子は、何ら前兆を残さなかった。シリーズの次回は、12月2日に掲載される。無言のサイレン(信濃毎日新聞より)

  • 今年最後の分かち合い

    今年最後の分かち合いをエムウィング四階のいつものお部屋でしました。普段よりも少なめで五名。男性一名、女性四名。世話人のうち、四名が都合で来れなかった。全員が一グループのままでした。部屋は広く、密にならず、これも幸い。次回は、長野市ふれあい福祉センター四階三号の部屋。1月16日土曜日の午後一時半からです。今年最後の分かち合い

  • エムウィングが空調設備の工事中

    今年最後11月の分かち合い来週の11月21日(土曜日)午後1時半エムウィング4階一番奥のお部屋ですが空調設備の工事中で暖房が使えません。おいでになる方は、ぜひ暖かくしてお出掛け下さい小春日和だといいですねなお、初めての方は、0263-77-8897(中山)までお電話ください。エムウィングが空調設備の工事中

  • やまなみ通信54号

    今年最後の号になりました。5月の分かち合いはコロナ禍のためにお休みしましたが、通信は続けて出せました。11月21日は、松本市にて会いましょう。やまなみ通信54号

  • 新聞での人生相談

    2020年10月18日の毎日新聞に以下のような人生相談が載りました。これに、多少の違和感を覚えたので、投稿しました。以下の記事です。記事が載ってから、数名から連絡をいただきました。みな自死遺族でした。私と同じように、「違和感を感じた」中には「回答者に怒りを感じた」と言う人さえいました。誌面で人生相談に応じると言うのは難しい事です。特に自死遺族に対しては。新聞での人生相談

  • 通信54号です

    上記の詳しいパンフレットは以下まで。https://www.zenziren.com/blog/2020/08/15/日本・ポストベンション・-カンファレンス%E3%80%80パン/通信54号です

  • 第一回 日本ポストベンション・カンファランス

    https://www.zenziren.com/blog/2020/08/15/日本・ポストベンション・-カンファレンス%E3%80%80パン/第一回日本ポストベンション・カンファランス

  • 松本にて

    7月18日(土)松本のエムウィング4階にてやまなみ自死遺族分かち合いを開きました。レギュラー5名に、久しぶりの方、新顔の方など合わせて7名。最近は、ズームなどネットでの分かち合いも珍しくないらしい。自宅でできるのはありがたいが、それでも、スクリーンを通して話す特有の煩わしさがある。その点、同じ部屋での分かち合いはマスクをつけ、距離さえ取るならば、なんら恐ることはない。人間は、邪魔の入らない場所で話したいことを話したいもの。自死遺族にとって、この分かち合いは生命線だ。改めて、自分たちの存在意義を確かめられた。松本にて

  • やまなみ通信53号アップ

    裏面です日本で初めてのポストベンション・カンファレンス本年9月11-12日(金ー土)東京都神田神保町の専修大学(ポストベンションは「事後介入」という意味で遺族への支援の意味で使われる)カンファランスの目的は、自死遺族支援と自死防止の啓発。厚生労働省の補助金事業講師に木村草太氏(首都大学教授)岡知史氏(上智大学教授)など主催は、全国自死遺族連絡会(田中幸子理事長)参加費は無料電車でのアクセス・水道橋駅(JR)西口より徒歩7分・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分(法科大学院へは徒歩1分)詳しくは090-5835-0017田中幸子までやまなみ通信53号アップ

  • 高校生をなくしたお母さん

    発達障害で苦しんでいた息子(17歳)を自死で失った母親が、手記を発表した。掲載されているのは、「2020長野の子ども白書」5月27日発売発達障害と診断されたお子さんを教えたことがあるが確かに一筋縄ではいかない。いじめられやすいのはわかる気がする。「普通」ではないから。しかし、死を選ぶ子がいるとは!以下は、毎日新聞の記事。2020年5月27日。匿名。https://mainichi.jp/articles/20200526/k00/00m/040/190000c高校生をなくしたお母さん

  • やまなみ通信52号

    やまなみ通信52号です。今月は、残念ですが、分かち合いをお休みいたします。本当に残念です。でも、電話は大丈夫です。必要な方は、世話人までいつでもどうぞ。電話番号はこのページにあります。やまなみ通信52号

  • 5月の分かち合いの予定

    5月の分かち合いは16日(土)にふれあい福祉センターの四階にて予定しています。住所:長野市大字鶴賀緑町1714−5https://www.csw-naganocity.or.jp/access/page-c/fureai-fukushi-center出席資格:家族のどなたかを自死でなくした方茶菓代:300円初めての方は、下ののいずれかにお電話ください。026-225-5421(前島晴美),0263-77-8897(中山恵実子)090-8519-8122(前島常郎)5月の分かち合いの予定

  • 3月21日(土)の分かち合い

    やまなみは、3月21日(土)松本市のエムウィング4階にて自死遺族の分かち合いを予定していますが、新型コロナウィルスが未だ収束していないため、数日間、様子を見ることにしました。万一中止にする場合は、このブログで前日までにはお知らせいたします。3月21日(土)の分かち合い

  • 弁護士による無料相談

    14日正午から24時間連続で相談はLINEと電話、どちらでもできます。あす14日(土)の正午から15日(日)の正午まで24時間連続で。遺族の方が安心して落ち着いて相談ができるよう、真夜中でも早朝でも24時間体制で、大阪と東京、横浜、滋賀、広島の弁護士10人が交代で応対。全国どこからでも無料。連絡先は以下の通り。LINEID:@540ifphl電話:050-3786-1980LINEによれば上記時間以外でも毎週水曜日、昼12時から15時まで同じ電話番号で相談に応じるそうです。詳しくは↓https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20200313-00167473/弁護士による無料相談

  • 第51号(新連載開始!)

    第51号(新連載開始!)

  • 3月の分かち合い

    長野県自死遺族自助グループやまなみの3月の分かち合いは、松本市中央公民館エムウェーブ4階にて午後1時半から4時半までです。資格は、家族の誰かを自死でなくしていることです。家族ではなく、知人を自死でなくしたという方は分かち合いに出ることはできませんが、お電話で話を伺うことはできます。026-225-5421(前島晴美)090−8519−8122(前島常郎)あるいは0263-77-8897(中山恵実子)都合が悪い時には留守電にメッセージをお残しください。あとでこちらから掛け直します3月の分かち合い

  • 2020年初の分かち合い

    今年初めての分かち合いをしました。中部公民館第5分室もずいぶん慣れました。ただ、暖冬とはいえ、暖房が入る前の部屋はかなり冷えました。本日の出席は13名。新顔も1名。男性5名に女性8名。男性だけのグループでは、川柳が得意のY・Sさんを中心に川柳づくりをしました。お題は、「楽しみ」または「幸運」です。即席で作るのって、簡単ではありません。みな、ウンウン唸りながらそれでも90分後には、講師のYさんから講評を頂けました。講師も即席で作るんです。同席皆さんの作品もなかなかのもの。頭への良い刺激でした。「次回は私たちもやってみたい」という女性陣からのご意見もありました。次回の分かち合いは、松本市中央公民館(エムウィング)にて3月21日(土曜日)午後1時半からです。2020年初の分かち合い

  • やまなみ通信50号

    2020年1月やまなみ通信50号をお届けしますやまなみ通信50号

  • やまなみ通信49号

    「遺品整理」石井圭子川柳S・Y分かち合いの日時と会場のお知らせやまなみ通信49号

  • 2019年9月の分かち合い

    9月21日(土)午後、長野市中部公民館にて9月の分かち合いをしましたお昼前に昼食を持ち寄り、恒例の食事会も。午後の1時半からは、分かち合い。遅れて来た人も含めて、13名でした。今回は、南石堂町の公民館を使いました。食事会の前に、玄関のところで見知らぬ方に出会ったので、挨拶すると、「私は、〜〜会で来たのですが、お宅はなんという会ですか?」と聞かれるので、私が「やまなみの会と言います」と答えると、「どういう活動ですか?」と突っ込まれる。どうしようとは思ったが、世話人が怖気付いていてどうする、「自死遺族の会です」と打ち明けると、一瞬ひるんだ表情を見せる。なんと応答されるかと思ったら、「実は私も、弟を」と打ち明けられるには驚いた。ちょうどそこに、やまなみの仲間が入って来たので、彼も聞きつけて、「よろしかったらどうぞ」と...2019年9月の分かち合い

  • やまなみ通信48号アップしました

    1ぺージ「バカみたいに心配して」石井圭子川柳Y・S2ぺージ牧師室から出掛けてオーストラリア編その2大浜英樹3ページあるラジオ番組前島常郎9月の11月の分かち合い予定4ぺージ全国自死遺族フォーラム(9月14日土曜日宇都宮市)今年も全国フォーラムが開かれます。会場は、栃木県の宇都宮市です。やまなみ通信48号アップしました

  • ブログ更新、ほぼ一か月ぶり

    技術的な問題でブログ更新ができない状態が続いてしまった。それがようやく解決。ご迷惑をおかけしてすみません。慣れないウィンドーズを使わねばいけないが、そのうちに慣れるでしょう。ブログ更新、ほぼ一か月ぶり

  • 長野市中部公民館での分かち合い

    さる5月18日(土)午後、長野市中部公民館での分かち合いをした。去年の春、初めて使ったときには、道に迷う人がいたり、鍵の受け渡し手続きに至るまで、様々混乱しましたが、二度目の今回は、みんな多少賢くなりました。県内各所から13名が集い、自死遺族ならではの分かち合いができました。次回は、松本市の中央公民館にて7月20日(土)午後1時半に集います。長野市中部公民館での分かち合い

  • やまなみ通信46号をアップしています

    もくじ牧師室から天を仰いで大浜英樹川柳Y・S母の呼びかけ原義和分かち合いのお知らせやまなみ通信46号をアップしています

  • やまなみ通信45号をアップしています

    牧師室から天を仰いで(24)大浜英樹川柳Y・Sさん会場の変更について「光陰矢の如し」神林重子3月、5月の日程と会場のお知らせやまなみ通信45号をアップしています

  • シンポジウムを開いた

    シンポジウムを開催と言っても、やまなみが独自にではありません。全国自死遺族連絡会との共催です。昨年発行された冊子「自死遺族の直面する法律問題」をテキストに弁護士による解説と質疑応答をしました。この冊子は、連絡会がこの10年間続けてきた自死遺族の権利保護研究会の活動の集大成である。出席者は、講師以外に16名。やまなみのレギュラーメンバーが主な出席者だが、それ以外の自死遺族、新聞記事を見たという行政関係、医療関係者も。一般への広報のためには、信濃毎日新聞からの協力をいただけた。法律問題は、普段関わらないでいるので、正直、話にどれだけついていけるのか、自信がなかったのだが、弁護士さんが噛み砕いた話をして下さり、十分についていけた。分かち合い以外の社会的活動は、私たちやまなみが弱い部分なので、連絡会代表の田中さん、また...シンポジウムを開いた

  • やまなみ通信44号アップしました

    やまなみ通信44号アップしました

  • 「自死遺族が直面する法律問題」シンポジウム(信毎記事)

    1月11日(金)午後3時半〜自死遺族が直面する法律問題について、事情に詳しい弁護士(2名)がシンポジウムを開きます。長野市鶴賀緑町ふれあい福祉センター4階(市役所、長野市芸術館の道路をはさみ、東側5階建てのビル)入場無料シンポジュウム後に、やはり無料で個人相談に応じます。予約なしでも参加できますが、相談ご希望の方は、予めご連絡をお願いします。026-225-5421「自死遺族が直面する法律問題」シンポジウム(信毎記事)

  • 今年最後の分かち合い

    11月17日(土)松本市にて、やまなみ今年最後の分かち合いをしました。レギュラー8名、新顔1名の参加、2グループに分かれて、分かち合いました。今回は、大半が子どもを亡くした父母でした。ここに来る前は、「ひとりぼっち」と感じていた。「こんな思いをしているのは私だけ」「誰もわかってくれない」「どうやって生きていったらいいのか、わからない。「家族親族にさえ聞いてもらえない」「親戚が悩みのタネ」そう思っていた者たちが、様々なツテを通じて集います。誰に誘われたのでもなく、行きたいと思って来た。他で言えないことを口にできる。そして、目には見えないものをもらって帰る。辛いことは辛いけれど、気を取り直し、また生きてみようと思える。自助グループの力です。次回は、1月12日(土)午後1時半より長野市ふれあい福祉センターです。第3土...今年最後の分かち合い

  • 年明けにシンポジウムを開きます

    2019年1月11日(金)午後3時半に、全国自死遺族会および自死遺族のための権利保護研究会の主催やまなみの共催によりいつもの分かち合いの会場であるふれあい福祉センターで「自死遺族が直面する法律問題」シンポジウムを開きます。参加費無料個人相談も無料です。弁護士のうちの一人は、ご自身が自死遺族でもあり、親身に相談に乗ってくださいます。どうぞおいでください。お問い合わせは、チラシにある田中幸子さんかやまなみ世話人の前島(090-8519-8122)までどうぞ。年明けにシンポジウムを開きます

  • やまなみ通信43号アップしました

    43号内容表面「悲しみは私の一部」上智大学岡知史「川柳Y・S」裏面11月の分かち合い(17日)会場2019年1月11日(金)自死遺族の権利保護シンポジウム1月12日(土)の分かち合い会場世話人アレコレやまなみ通信43号アップしました

  • 自死遺族の分かち合いをしました

    9月15日(土)長野市のふれあい福祉センターで自死遺族の分かち合いを持ちました。今回は、長野市の会場に来るのが初めての方をお二人迎えました。全員で14名。グループ分けには、その度に司会者が色々考えて決めますが、今回の司会者は、くじ引きで決めました。4名、5名、5名の三班に。結果は、大成功。みなさん、満足した様です。私のグループでも、他のどこでも話せない事を分かち合えました。次回は、松本市の松本中央公民館にて、11月17日(土)午後1時半です。自死遺族の分かち合いをしました

  • やまなみ通信42号

    9月8日(土)には、横浜市で全国フォーラムがあります。一年前は、ここ長野市が会場でしたね。9月15日(土)は、長野市でお待ちしています。やまなみ通信42号

  • やまなみ通信41号

    表面裏面なお、いのちの電話広報誌2018年夏(Vol.52)号に投稿しましたやまなみ発足の紹介記事も一緒にアップいたします。やまなみ通信41号

  • 7月の分かち合いの会場

    7月の分かち合いの会場は、松本市です〒390-0811長野県松本市中央1丁目18番1号松本市中央公民館Mウィング4階(松本駅から徒歩5〜6分)同館の北側に駐車場ビルがありますが、少々高め。3〜4分歩くと安価な駐車場があります。7月21日(土)午後1時半〜4時半会費:300円参加資格:自死遺族世話人挨拶自己紹介グループ分けルールの唱和グループごとの分かち合い全体での振り返り自死遺族限定です。初めての方は、左のコラム(PC版)世話人方までお電話をください。なお、9月は15日土曜日午後一時半から長野市ふれあい福祉センターの予定です。7月の分かち合いの会場

ブログリーダー」を活用して、やまなみの会さんをフォローしませんか?

ハンドル名
やまなみの会さん
ブログタイトル
やまなみ
フォロー
やまなみ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用