searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

「りんご」と「れもん」さんのプロフィール

住所
三重県
出身
未設定

"りんご"と"れもん"の二人が、交互に記事を書いています。 写真好きな方も、そうでない方も、ぜひ、ご覧くださいね。    このブログを見つけていただき、ありがとうございます。 ちょっとでも「いいな」と感じてくださったなら、コメントを残していただければ嬉しいです♪        

ブログタイトル
陽あたり良好
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hiatari704
ブログ紹介文
夫婦で、ほんわかした日々のこと、黒柴のこと、うつろう自然などを、写真をメインにして綴っています。
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2011/12/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、「りんご」と「れもん」さんをフォローしませんか?

ハンドル名
「りんご」と「れもん」さん
ブログタイトル
陽あたり良好
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
陽あたり良好

「りんご」と「れもん」さんの新着記事

1件〜30件

  • 穴虫の郷のハス

    れもん*です。厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしですか。さて、先月18日のことになりますが、亀山市の穴虫の郷に、ハスの花を撮りに行きました。ここは、地元の町おこしの方々が休耕地を利用して作った憩いの場で、「穴虫」という変わった名前は、地区の古い字名に由来しているということです。園内には、池に浮かぶ橋や四阿(あずまや)もあります。お目当てのハスはというと少し遅くて、咲き終わったものも多かったです。花が疎らだったので広く撮るのは諦めて、綺麗な花を探しながら、園内をひと回りしました。ザリガニ釣りができるように竿が置いてあって、それを楽しみに、親子連れが何組も来ていました。見慣れない蝶を見つけましたメスグロヒョウモンでした。オスはほかのヒョウモン蝶と同じく、オレンジ色の豹紋模様ですが、メスは黒っぽくて、雌雄で翅のデ...穴虫の郷のハス

  • ようこそ! 茶々です 30

    茶々のアルバムよりphotobyれもん厳しい暑さが続きますね茶々は一日、ひんやりした玄関先で過ごしています。「ようこそ!茶々です」のシリーズでは、コメントを閉じさせていただいています。ようこそ!茶々です30

  • 茶々の白髪

    りんごです。東海地方も梅雨明けして、いっぺんに暑くなりましたね~なのに、茶々はまだ換毛期が終わらず、沢山の毛が抜けます。毎日ブラッシングしているのですが、浮いてきては抜けて、いつまで経ってもモサモサです。そんな中、お散歩をしていても目立つのが、尻尾のひときわ長い白い毛・・・白髪です茶々も13歳半、人間でいうと70歳ぐらいでしょうか~白髪があっても何の不思議もないのですが、この毛、実は今年の初めからずっとここに生えていて、ブラッシングしていても決して抜けることはありません3月に撮った写真です。今とあまり変わっていないように見えます。引っ張ってみると結構長いです体の一部分に1本だけ長く生えている白髪のことを、『宝毛』というと聞いたことがありますが、茶々のこの毛も宝毛なのでしょうかそうであってもそうでなくても、茶々に...茶々の白髪

  • 新しいブログを作りました

    【掲示板】れもん*です。ご訪問ありがとうございます。さて、もう既にご存じの方もみえるのですが、先月こっそりと、私だけのブログをオープンしました。ブログの名前は『風のスケッチブック』イメージ的には「れもんの写真帖」が独立したような感じになるのでしょうか。こちらでアップしきれなかった写真や、記事を書くタイミングを逸してしまった写真・・・そんな写真も交えながら、やっていきたいと思っていますので、『陽あたり良好』共々よろしくお願いいたします。さて、今日の写真は、天生湿原に行った時に立ち寄った白川郷です。上の写真は往きに、下は帰りに撮りました。展望台から下りて撮った合掌造りの風景も、新しいブログにアップしたのでご覧くださいねこちらからどうぞ。風のスケッチブックこのページのコメントは閉じさせていただいています。新しいブログを作りました

  • 石徹白の大杉と峠の狐

    れもん*です。先月上旬、天生湿原を歩いたほぼ一週間後、同じ白川村の白水湖に行ってきました。その写真はまた機会があれば見ていただくことにして、今回は、その帰りに立ち寄った石徹白(いとしろ)の大杉です。白山登山道の途中にあるこの杉は、推定樹齢1800年。幹周りは14mで、大人が両手をつないで12人でやっと囲めるという巨樹で、日本を代表する杉として、国の特別天然記念物に指定されています。主幹は途中で折れ、表皮は枯れて白骨化が進み、着生植物の衣を纏ったその姿は一種異様で、風格さえ感じられます。でも、私の写真ではなかなかその雰囲気が伝えられなくて・・・そんな中、石徹白の杉のことを調べていたら、とても丁寧に書かれていて写真も見応えがあり、この杉の魅力を余すところなく伝えてくれるブログ記事を見つけました。to-fuさんの『w...石徹白の大杉と峠の狐

  • 休日のお昼ご飯

    お久しぶりのりんごです。最近めっきり暑くなりましたね。皆様、お元気ですかさかのぼること昨年8月、夫が浜松の『大栗安の棚田』に行ったときに寄った道の駅で、お土産を買ってきてくれました。⇒道の駅と棚田の記事はこちら浜松ジビエ『鹿肉お茶カレー』最近忙しくお疲れモードの私・・・今日日曜日のお昼ご飯、手抜きをすることに決めました。3~5分熱湯で温めて、ご飯にかけるだけ・・・緑ですほうれん草のカレーとは違う、緑のカレーです。「けっこー辛いに」とありますが、とびぬけて辛いというわけではありません。具もたっぷり入っていて、とても美味しいです。疲れも吹き飛ぶ美味しさ晩御飯は手を抜かず支度することが出来ました。お勧めのカレーです休日のお昼ご飯

  • 犬がいた・・・

    れもん*です。写真以外の本を久しぶりに買いました。今年の本屋大賞第3位を受賞した本です。『犬がいた季節』三重県の八稜(はちりょう)高校に迷い込み、12年間そこで暮らした犬、コーシローが触れた、18歳の想いやきらめき、切なさを描いた青春小説です。え、なんでこの本を買ったのかって?実はこの小説の舞台になった高校、私の母校なんですよ~~八稜高校という名前は、母校の校章八稜星から取られています。モデルになったコーシローは実在の犬で、迷い込んできてすぐに、全校生徒のアイドルになりました。ここで特別に(笑)、私の卒業アルバムをお見せしましょう。実際のコーシローの姿が収められていますよ「事務用務関係」の職員写真に、堂々と名を連ねています。この頃は片仮名ではなく漢字だったんですね。「犬」と断りを入れてあるのがご愛敬です(笑)コ...犬がいた・・・

  • 天生の森へ

    れもん*です。白川郷と飛騨市の中間に位置する天生(あもう)県立自然公園一年の半分を雪に閉ざされる天生の森は、ブナの原生林やミズバショウの高層湿原など、変化に富んだ自然が広がる、花と野鳥の楽園です。国道の冬季通行止めが解除されて間もない6月1日、長年の念願かなって、この天生の森に行ってきました新緑輝く登山道。ブナの木のグリーンシャワーが降り注ぎます。程なく天生湿原へ。気持ちのいい青空と新緑。ミズバショウは終盤ですが、綺麗なものもまだ残っていました。湿原を後に、S字の木道。カラ谷分岐に到着。このあたり一帯は、サンカヨウとニリンソウの楽園です。緑の径を縫って・・・。ミズバショウ群生地は、ちょうど今が花盛り。一面のミズバショウにビックリです。5本のカツラの巨木が門のようにそびえ立つカツラ門ここまでで引き返す予定でしたが...天生の森へ

  • ガーデン倶楽部#27 清澄沢

    れもん*です。我が家に4種類ある山紫陽花の一つ、清澄沢千葉県の清澄山で発見されたのでこの名がついています。枝分かれが少なく、真っすぐよく伸びるので、苗木の頃はひょろひょろっとした感じでいまいちでしたが、植えて8年程経って、株もまとまっていい感じになりました。最初に撮ったのは5月30日。装飾花は、貝細工のような白い花です。咲き始めの頃は清楚な雰囲気で、ピンクの縁取りが可愛らしいです終盤になってくると、ピンクが濃くなったり、逆に薄くなったりいろいろで、この色の変化も楽しいですガーデン倶楽部#27清澄沢

  • 御池岳のリス

    れもん*です。前回に引き続いて、御池岳の番外編をお届けします。ちょっと時間も経っているし、しつこい感じが否めませんが、そこのところは目をつぶってくださいね去年、リスとアナグマに出会ったのを覚えてみえますか。⇒その時の記事はこちらアナグマの方はともかく、リスは望遠レンズが無くて悔しい思いをしました。今回はリベンジということで、頑張って、大きな望遠ズームを持っていきましたよ~その甲斐あって、愛らしい姿を何枚か撮ることができました。同じような背景ばかりなのが難点ですが、その成果をご覧ください待つこと30分ほど・・・。倒木の上に現れましたよ~苔むすフィールドを走り回って食べ物探し。草の実をムシャムシャと・・・と思ったら食べるのをやめて、何かを考えている様子です。身繕い。ほかの場所へ。美味しそう~♪一番近くで撮ったカット...御池岳のリス

  • コグルミ谷の花とカタクリ

    れもん*です。今回は御池岳の番外編・・・。コグルミ谷で出会った花たちです。コグルミ谷は、御池岳のメジャーなルートの一つです。新緑の樹林に心が洗われる5月は、特におすすめで花が多く、谷を登り切った六合目はカタクリ峠と呼ばれています。写真はメモ代わりにササっと撮ったものばかりですが、記録ということでご容赦くださいね。イチリンソウヤマブキソウコンロンソウヒトリシズカヤマルリソウミヤマハコベムラサキケマンオドリコソウかわいいピンク色のスミレを見つけました。クマガイソウはまだ早かったけれど、一輪だけ咲いていてラッキーでしたカタクリ峠では、カタクリの花が迎えてくれました。実はここ、ウン十年前に私が初めてカタクリを見た場所なのです。当時はリバーサルフィルムを使いだしたばかりで、その踊るような花姿に魅了されて、その後何度か通う...コグルミ谷の花とカタクリ

  • 梅雨入りの庭

    れもん*です。あの五月の眩しい日差しが恋しくなるような日が続いていますが、いかがお過ごしですか。さて、今日は朝のうちは少し日が差していたので、久しぶりに、庭にカメラを持ち出しましたカメラを持ち出そうと思ったきっかけがこれ、ゆすらです。ずいぶんと、実が色づいてきました。赤く熟した実も綺麗ですが、緑が残る実から黄色、オレンジ色と、さまざまな色が可愛い、色づき始めのこの時期も好きです。地植えにして7年目のヤマボウシは、今までになくたくさんの花を付けました。ツツジが終わった後にはサツキが咲いてきます。縁側の真正面にある、メインのサツキ。花の色や形、大きさなど、いろいろな種類があります。山紫陽花「黒姫」の隣では、ユキノシタがまさに花盛りでした。梅雨入りの庭

  • 御池岳テーブルランドを巡る

    れもん*です。去年よりも10日程早い5月4日、今年もまた御池岳に行ってきました。⇒去年の記事はこちら御池岳の山頂部は平らで広いカルスト台地が広がっていて、テーブルランドと呼ばれています。カルスト地形特有の、カレンフェルトと呼ばれる石灰石の岩や、ドリーネと呼ばれる摺鉢状の窪地を縫いながら、御池岳南東エリアを一周し、更に鈴北岳まで足を延ばしました。これから歩く、御池岳山頂(1247m)から奥の平(1241m)に続く稜線稜線上から、カルスト台地の草原を見下ろします。奥の平にてさらに奥へ、石灰岩が散らばる稜線を、踏み跡をたどって進みます。「青のドリーネ」と呼ばれる大きなドリーネカレンフェルト漸く、広大なテーブルランドの東の果てへ。東ボタンブチ付近から望む竜ヶ岳方面。たくさんの石灰岩が露出しています。ここからは、台地の南...御池岳テーブルランドを巡る

  • 今年もツツジ散歩

    れもん*です。今年もまた、茶々とツツジの中をお散歩してきました去年はGWの真っ最中に、九華公園に出かけましたが、⇒その時の記事はこちら今年はそれより10日ほど早く見頃になりました。場所は、九華公園からもほど近い、貝塚公園というところです。ここは、初代桑名市長の貝塚さんの別邸の跡地に整備された公園で、梅や桜などもたくさん植えられています。常緑樹の木陰も多くて夏でも涼しいので、茶々もよく散歩に行きます。広い庭園といった趣のこの公園は、茶々にとってもお気に入りです。楽しそうに、写真に納まってくれました。今年もツツジ散歩

  • 春爛漫・2021回顧編 ~若狭

    れもん*です。2021年の桜撮影回顧編・・・後半は若狭です。こちらは奈良県のときと違って、ポイントを絞り込みました。まず、常神半島の神子の山桜を午前中たっぷり撮って、景色の良い所で立ち止まりながらおおい町の佐分利街道に足を延ばし、その後、前に紹介した名田庄の桜並木でゆっくりして帰りました。【若狭町/神子の山桜】【若狭湾】【三方五湖(水月湖)】【おおい町/佐分利街道の桜】【小浜市西相生】この近くに妙祐寺のしだれ桜という立派な桜があるのですが、もうすっかり葉桜になってしまっていました。春爛漫・2021回顧編~若狭

  • 春爛漫・2021回顧編 ~奈良県

    れもん*です。今年こそはと張り切っていた桜撮影・・・出だしはまあまあだったのですが、異常な桜の開花スピードに追い付けず、結局、3月27日に奈良県、4月1日に福井県と2回撮りに行っただけで、急ぎ足の今年の春が過ぎ去ってしまいましたちなみにこの両日は、既に紹介した又兵衛桜と名田庄の桜のほかにもいろいろ回ってきました。回顧編ということで、そんな花風景をピックアップしたのでお付き合いください。2回に分けて、先ずは奈良県からです◇◆◇◆◇◆奈良県の旧西吉野村から吉野郡下市町にかけて、切り花用のサンシュユやハナモモなどが美しく咲いて、桃源郷と呼ばれる地区がいくつかあります。また、下市町の伃邑から立石、小路あたりはモクレンの里と呼ばれ、立派な白木蓮の姿も見られます。又兵衛桜を撮った後、その下市町をひととおり回り、その後、桜井...春爛漫・2021回顧編~奈良県

  • くらげの宇宙

    れもん*です。志摩マリンランドではクラゲも泳いでいました。『くらげの宇宙』ふわふわと漂う姿は、見飽きることがありませんね。こちらはカミクラゲその名のとおり、触手が髪の毛のようでした。くらげの宇宙

  • 志摩マリンランド

    りんごです。4月ももう後半に入ろうとしていますが、皆様お元気ですか?新型コロナの感染も第4波・・・医療の崩壊を防ぐためにも、私たちが出来る感染対策を頑張ろうと思います。さて、今日は3月31日をもって閉館した志摩マリンランドのお話です。1月末に閉館することが発表されてから、来館者が急増したそうですが、私も息子が小さなころ(本人は全く覚えていませんでしたが・・・)家族旅行で訪れたことがある思い出の場所に、もう一度行きたいと思っていました。夫は私が志摩マリンランドに行きたいと言い出すとは思っていなかったようですが、密を避けるために、学校が春休みになる直前の3月15日に、2人でお出掛けしてきましたよ~この日は東海テレビとNHKが取材に訪れていました。写真には撮りませんでしたが、地元の高校生も校外学習で楽しんでいました。...志摩マリンランド

  • 茶々と庭の花だより

    れもん*です。今年の春は、あっという間に季節が進んでいくように感じますね。我が家の庭も例外ではなくて、ユスラなどはとっくに散ってしまい、ハナモモも、もう花がら摘みにかかっています。そんな中、一番目立っているのは真っ赤なツツジ。アゲハチョウの姿も見かけるようになりました。先日の日曜日、そんな四月の庭の花を、茶々と一緒に巡ってみましたこれがそのツツジで、かなり前から咲き出しました。元々ほかのツツジより早咲きなのですが、それにしても今年は早い!実はこれ、どこからかやって来たひとりばえなのです。初めて花を咲かせた10年前の姿は、こちらでご覧いただけます。⇒「ツツジはどこから…?」いつもならゴールデンウィークに咲くような、ほかのツツジも咲き出しています。ジュウニヒトエの紫の花。日陰に咲いているのは・・・シャガの花です。ラ...茶々と庭の花だより

  • 名田庄の桜

    れもん*です。福井県遠敷郡名田庄村・・・平成の大合併で今は大飯郡おおい町になっていますが、名田庄と言うと私などは、高石ともやが当時住んでいた名田庄をもじって名付けたというナターシャセブンをいつも思い出してしまいます。それはさておき、その名田庄を流れる南川の堤防に連なる約2キロの桜並木、その名も「穏か桜並木」を歩いてきました。心穏やかな春の風景・・・どうぞごゆっくりご覧ください。4月1日福井県大飯郡おおい町にて名田庄の桜

  • 又兵衛桜

    れもん*です。流れ落ちる滝のようにこぼれ咲くこの姿・・・大和路の名桜、本郷の瀧桜です。四月の声を聞く前に、早くも各地から満開の便りが届いてきます。そんな今年の桜の初撮りが、この桜になりました。戦国武将後藤又兵衛の屋敷跡にあることから、又兵衛桜とも呼ばれて親しまれています。樹齢約300年という、見事な枝垂桜をお楽しみください3月27日、奈良県宇陀市大宇陀にて又兵衛桜

  • 絲印煎餅と河崎の町並み

    れもん*です。先日、久しぶりに二人で伊勢志摩にお出かけしました。伊勢の名物は数々ありますが、優しい甘さと軽~い食感の絲印煎餅もその一つです。7枚一包みに小分けされたものしか知りませんでしたが、立ち寄ったお店で、袋入りのお徳用品を見つけました。これだと手軽に好きなだけ食べられるのがいいですね見つけたのは伊勢河崎、1860年創業の「播田屋」本店です。懐かしい感じのガラスの陳列ケースに、袋がいっぱい並んでいました。さて、この河崎という町、勢田川の港として賑わい、お伊勢さんの台所として栄えた商業都市で、今も古い町家や商家の蔵など、江戸時代からの町並みが残っています。それでは、少し歩いてみましょう。伊勢河崎商人館は、「小川酒店」の建物を修復・整備した施設です。小川酒店は、広い敷地に蔵7棟と町家2棟を構える、河崎を代表する...絲印煎餅と河崎の町並み

  • ようこそ! 茶々です 29

    茶々のアルバムよりphotobyれもんオランダに行ってきました。な~んて、アクアワールド水郷パークセンターのオランダ風車です「ようこそ!茶々です」のシリーズでは、コメントを閉じさせていただいています。ようこそ!茶々です29

  • お散歩ルンルン

    みなさ~~ん、こんにちは~茶々で~す。お散歩はいつも家の近くばかりだったのに、この頃は毎週、りんごさんとれもんさんに、車で遠くに連れて行ってもらっていますここは、一か月くらい前に行った、東員町中部公園という広~い公園。ずっと前に一回だけ連れて行ってもらったことがあります。⇒その時の記事はこちら久しぶりだったので、嬉しくてウキウキしながら歩きました。ここには、珍しい健康遊具がたくさんあって、りんごさんも楽しんでいたみたいです。。。だって、わたしのことはほっといて、遊具に夢中だったんですよ~仕方がないので、ちゃんとりんごさんのことを見ていてあげましたりんごさ~ん、楽しかったですか~お散歩ルンルン

  • ようこそ! 茶々です 28

    茶々のアルバムよりphotobyれもん竜のモニュメントの前で場所は、海津市の羽根谷だんだん公園です。「ようこそ!茶々です」のシリーズでは、コメントを閉じさせていただいています。ようこそ!茶々です28

  • つぐみキラキラ

    れもん*です。我が家にはいろんな野鳥がやって来ますが、ツグミもその一つ。居ついているのは一羽だけですが、得意な小走りで庭を移動しては、あちこちで落ち葉をつついて、食べ物を探しています。冬の初めの来たばかりの頃は用心深かったこの子も、最近では慣れてきたのか、私の姿にも驚かなくなって、いろんな場所で写真を撮らせてくれるようになりました虫やミミズだけじゃなく、ピラカンサスの実が大好物です。でも、食べようとするとヒヨドリに見つかり追い払われて・・・木の下に降りて、じっと我慢しているつぐみちゃんいつも追い回されるヒヨドリは苦手なようですが、茶茶のことは、あまり気にしてないみたいですね茶々は茶々で、また来たの?っていう感じで見ていましたさて、そんなつぐみちゃんをもっと近くで撮りたいと、茶々の犬小屋の前でしゃがんで待っていた...つぐみキラキラ

  • クロッカスに誘われて

    れもん*です。昨日までの寒さとは打って変わって、今日はぽかぽかと暖かでしたね。春の日差しの中で輝いていた黄色いクロッカスに誘われて、久しぶりに庭にカメラを持ち出しました。黄色の他にも「紫」と「絞り」を植えてありますが、いつも真っ先に咲いてくるのは黄色の花です。昨日1輪咲いて、今日はもう1輪・・・。夕方に見たらもう一つ蕾が伸びてきていたので、明日には、もう1輪咲いてくれそうです。ニオイスミレは、庭のあちこちで小群落を作っています。1輪だけ、気の早いハナニラが咲いていました。いつの間に咲いていたのか気が付かなかったけれど、クロッカスの近くでは、スノードロップが可愛い花を咲かせていました何種類かある水仙は、種類や咲く場所によって花の時期が変わり、12月からゴールデンウィークの頃まで順番に咲いていきます。クロッカスに誘われて

  • ひっつみ

    りんごです。ここ数日、昼間は暖かな日が続いていますね。来週はまた寒くなるとか・・・皆様、お元気ですか?K市在住の私達、月に一度、隣の市のスーパーへお買い物に出かけます。普段利用しているスーパーにないものに出会えるので、結構楽しいです。物産展も然り・・・東北物産展で、今まで見たことがないものに出会いました。『ひっつみ』岩手の郷土料理です。小麦粉を練ったものを手で薄くちぎって鍋に入れ、季節の野菜と一緒に煮込んだ具沢山の汁ものです。引っ張ったりつまんだりすることを方言で「ひっつむ」ということからこの名前が付いたそうです。早速作ってみました。袋の裏にあった説明の通りに・・・最初は好みの野菜やお肉を炒めておきます。鶏肉、大根、人参、ごぼう、舞茸、シメジ、ネギ大きめの鍋に水を沸騰させ「ひっつみ」を一枚づつ入れて5分茹でます...ひっつみ

  • ロウバイ花盛り

    れもん*です。我が家の満月ロウバイは、苗木を植えて7年になる、樹高はまだ1mくらいの小さな木です。今年は例年になくたくさんの蕾を付けていて、先月の終わりあたりから、次々と咲いてきましたまだ蕾もたくさんありますが、傷んだ花もない今が、一番きれいなように思います。春の日を受けて輝く、そんなロウバイをご鑑賞ください。ロウバイ花盛り

  • 「茶茶」でお昼を

    りんごです。パラミタミュージアムを後にした私達、すぐ隣にあるお店でお昼です。『茶茶』自然薯料理のお店です。あっ、写真を間違えました1字違いの「茶々」は、我が家のワンコでしたこの日はお留守番していましたよ~さて、「茶茶」では、とろろめしや自然薯御膳、とろろそばのほか、季節の御膳や会席料理もあって、どれにしようか迷います。私達のチョイスは「とろろめし」に「自然薯とろりんプリン」でした。とろろめしのご飯はお替りできますが、しなくてもおなか一杯になります。プリンの中には小豆が・・・不思議なお味でした。「むかごの天ぷら」も頼んで、二人でシェアしました。自然薯菓子の「天薯」と自然薯せんべい「茶茶の詩」は、食事の前に付いてきましたよ~テーブルの上にも『茶茶』が・・・飛騨高山にも姉妹店があるこのお店・・・この日も多くの人が訪れ...「茶茶」でお昼を

カテゴリー一覧
商用